FC2ブログ

日々物語fc2

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
日々物語fc2 TOP  >  映画

大林宣彦監督が生前、語っていた反戦の思いと【安倍政権下】の日本への危機感 【みんながしっかり怯えてほしい】大変なことになってきている!安倍政権下で進む戦争日本の歩みに憤りを覚えたことが【戦争をテーマ】にした映画を撮り続けさせたのだ!敗戦時の記憶 母親から、この短刀で僕を殺して自分も死ぬ」と…

大林宣彦監督が生前、語っていた反戦の思いと【安倍政権下】の日本への危機感 【みんながしっかり怯えてほしい】大変なことになってきている!安倍政権下で進む戦争日本の歩みに憤りを覚えたことが【戦争をテーマ】にした映画を撮り続けさせたのだ!敗戦時の記憶 母親から、この短刀で僕を殺して自分も死ぬ」と…



大林宣彦監督が生前、語っていた反戦の思いと安倍政権下の日本への危機感 「みんながしっかり怯えてほしい。大変なことになってきている」|LITERA/リテラ


大林宣彦監督が生前、語っていた反戦の思いと安倍政権下の日本への危機感 「みんながしっかり怯えてほしい。大変なことになってきている」

2020.04.11 04:08

戦争と平和をテーマにすえるようになったのかについて語っていた大林監督(ドキュメンタリー『大林宣彦の遺言』(2017年9月2日放送/NHK Eテレ)

 大林宣彦監督が、肺がんのため4月10日夜に82歳で亡くなった。新型コロナの影響で映画館が公開延期となったが、この日は、病魔と闘いながらつくりあげた最新作『海辺の映画館─キネマの玉手箱』の公開予定日だった。

 大林監督といえば、『時をかける少女』などの“尾道三部作”で知られているが、近年は、反戦と平和への思いを強く訴えるようになった。

 今回の新作『海辺の映画館』も久しぶりに尾道に舞台にしたエンターテインメント作品であり、同時に、戦争の歴史を無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルといった様々な映画表現で展開していく、大林監督の反戦と映画への思いがつまった作品となっているという。

 それにしても、大林監督はなぜ、戦争と平和をテーマにすえるようになったのか。それは2017年、前作『花筐/HANAGATAMI』が公開される際に、大林監督自身がその理由を語っていた。

『花筐/HANAGATAMI』は、檀一雄原作の、日米開戦直前を舞台にした青春群像劇で、やはり戦争と平和の問題が深く掘り下げられている作品だ。

 この『花筐/HANAGATAMI』の映画化は42年前に頓挫していた企画を復活させたものなのだが、大林監督はその理由について、ドキュメンタリー『青春は戦争の消耗品ではない 映画作家 大林宣彦の遺言』(2017年9月2日放送/NHK Eテレ)のなかでこのように語っていた。

「40年前はやっぱり僕は文学青年だから、放蕩無頼の檀さんのね、青春文学というものに憧れていた部分もあるし。あれから40年経つと、また日本がね、戦争ができる国になったいまになると、あの痛切な気持ちね、あの放蕩無頼っていうのは、“自分の命ぐらいは自由にさせてくれよ”と、戦争に行って、殺され、消耗品になる、そういう戦争を青春として過ごした人たちの無念の気持ちが、実はこれからまたやって来ると、(そう)いうときにね、ようやく、この『花筐/HANAGATAMI』をいま撮るべしという声が聞こえてきたんでしょうね」

 大林監督は、安倍政権下の日本の状況を見て、『花筐/HANAGATAMI』の時代に近づいているという危機感を強く抱くようになったと語ったのだ。

 なかでも大林監督が危惧していたのが、戦争によって若い人たちの命が奪われることになるのではないか、ということだった。それが、『花筐/HANAGATAMI』という映画のなかでキーフレーズとなっていた「青春は戦争の消耗品ではない」という言葉だった

 大林監督がこの言葉を使うにあたりイメージした人物がいる。それは、大林監督の父・義彦氏だ。義彦氏は医大の外科教室で研究をしていたが、1939年、30歳のときに戦場へ向かうことになる。大林監督は父が復員した後も戦場の思い出を聞くことはなかったというが、軍医として中国、マレー半島からジャワ島へと赴いた先で見たものが何であったかは想像するにあまりある。

 父は晩年、戦場で起きたことを手記に残しており、最近その手記が見つかった。前述ドキュメンタリーでは、1945年10月29日、復員して尾道に帰ってきた日のことがこのように綴られていたと紹介している。

〈やっと戦時生活も終わった。これで自分で考え、自分の意思で生きていける。本当の人生がまた帰って来た〉

 妻と子を日本に残し、研究者としての仕事も中断させられ、6年間もの歳月を軍医としての生活に費やさざるを得なかった父の無念の思いを、ドキュメンタリーのなかで大林監督はこのように語る。

「父のことを考えたら、人生丸ごと消耗品だったんだよね。精神の自由もなかった。なんという人生だろうね。でも、そのなかをきっちり青春があって、生きた。親父たちも自らを納得させていったんだろうと」

【大林監督が語った敗戦時の記憶 母親から「この短刀で僕を殺して自分も死ぬ」と…】

 戦争によって人生を消耗させられたのは父だけではない。1938年生まれの大林監督も同様に戦争で人生を大きく狂わされた。もしかしたら、戦後すぐに彼は死んでいたかもしれなかったのだ。

 九死に一生を得たのは、終戦後すぐ、尾道に進駐軍がやってくるという噂が立ったときのこと。ドキュメンタリーでは、その当時住んでいた大林監督の生家を訪れているのだが、寝室に使っていた部屋に入ると大林監督はこんな思い出を語り出した。

「いつもなら布団が敷いてあるんだけれども、それがなくて、ここに座布団があって、こっちに座布団があって、スーツをきちんと着た母親と僕が座って。なぜかここにこれぐらいの短刀が置いてありましたよ。なにか子ども心に、より切実に、夜が明けたらアメリカやイギリスの兵隊さんがやって来て、僕らを取って食べるんだと。だから、その前に母親はこの短刀で僕を殺して自分も死ぬんだと。そう納得してね。父親はまだ戦地から帰ってませんでしたから、『お父さんのお帰りを待てんけどね』と言って母親と話をした」

 結局、この心中は未遂に終わったのだが、その夜のことについて母に話すことはできなかったという。

「戦争中のことはね、親子といえども、というか、親子だからこそ探り合わない。探り合えばきっと傷つき合うんだということを子ども心に真剣に僕たちは承知していましたよ。そりゃだって我が子を殺めて自分も死ぬなんてことを母が決意していたってことをどうして子どもの僕が問い返せますか?」

 ようするに、この日の鮮烈な記憶、そして安倍政権下で進む日本の歩みに憤りを覚えたことが、戦争をテーマにした映画を撮り続けさせたのだ。

 周知のように、『花筐/HANAGATAMI』のクランクイン直前、大林監督は肺がんが発見され「余命3カ月」がと宣告を受ける。だが、大林監督は当時、「文藝春秋」2016年9月号にこんな随筆をよせている。

〈日本は復興・発展。高度経済成長期、僕は大人になった。すると今度は、日本人が自らの手で、日本を壊し始める。僕は町興しならぬ町守り映画を作る事こそが、「敗戦少年」の責務であると。斯くして「3・11」を経て、明治維新以降の日本の「戦争」と「平和」を見直す「古里映画」を作り続けております。敗戦後七十年は「平和〇年」の筈だった。然し今、この日本は!?
 人ヲ殺シテ死ネヨトテ、二十四マデヲソダテシヤ。
 僕は七十八まで生き延びた。まだまだ、死ねぬ〉

 そして、大林監督はがんとつきあいながら、『花筐/HANAGATAMI』を完成させたばかりか、その後も、映画を撮り続けた。それが最新作である『海辺の映画館』だ。

 前掲したNHKのドキュメンタリーのなかで大林監督は「戦争」についてこのように語っている。

「みんながしっかりと怯えてほしい。大変なことになってきている。過剰に怖がらせているように思われるかもしれませんが、過剰に怯えていたほうが間違いないと僕は思う。それが、実際に怯えてきた世代の役割だろうと思うので、敢えて言いますけどね。怯えなきゃいかん。戦争というものに対して。本当に」
 
 戦争の恐ろしさをしっかりと認識し、その凄惨さに怯えること。そして、その恐怖を乗り越えたら、今度は「平和を信じる力」を身につけること。大林監督の残したメッセージを私たちはしっかりかみしめる必要がある。(伊勢崎馨)
最終更新:2020.04.11 04:09




今の日本の支配者は戦争を知らない!山田洋次監督が大林宣彦監督にエール!戦争の恐ろしさを発信し続けなくては『花筐/HANAGATAMI』戦争は恐ろしいものだって学校で教えられているとは思えない! - みんなが知るべき情報/今日の物語





忌野清志郎、政治に無関心でいいなんて言っていると…君の息子なんかが/戦争に行っちゃう/わけよ…
忌野清志郎と安倍晋三【日本国憲法第9条】平和と戦争。国民をバカにして戦争にかり立てる!!






安倍晋三、徴兵制度の復活は【私の歴史的使命】2013年8月13日、後援会主催会合/あなたの子、孫が - みんなが知るべき情報/今日の物語



安倍晋三首相は【利権】で悪行の限りを尽くしている【黒い貴族】の仲間として!原発利権、ODA利権、郵政利権、文教利権、農業・畜産利権、IRカジノ利権、戦争武器利権、麻薬利権、暴力団利権などを独占!戦争を志向するいわゆる【黒い貴族】金融マフィア、麻薬マフィア、武器シンジケートの仲間として悪行の限りを尽くしている!板垣英憲氏- みんなが知るべき情報/今日の物語


売国奴【安倍晋三一族】明治からの死の商人!武器、麻薬密売人!祖父・岸信介は満州でアヘンで巨万の富!悪魔の生体実験【細菌兵器731部隊】の指揮官!東日本大震災、福島原発事故の主犯!人工気象兵器の一味!世襲した暴力団人脈とパチンコ御殿!謀略工作や裏社会との関係を先代から受け継いでいるのだ!オウム真理教サリンテロの黒幕!不正選挙ムサシの株主は父・安倍晋太郎! - みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍晋三は【殺人鬼】一斉休校を独断専行【五輪】のために国民を殺しても4選を優先!児童生徒の集団感染は中国・武漢でもなかった!国民は怒り狂うしかない!使える法律を隠し、感染者を野放しにした大罪!報道されている死者はごく一部なのだ?国民の生活重視は口先だけ!彼の頭は五輪開催一筋、そのため生きられるお年寄りが、どんどん亡くなっている!肺炎死者のなかに相当数の感染者がいる!- みんなが知るべき情報/今日の物語



新型コロナ収束に今すべき事は【治療薬・無敵アビガン】などで【治療・検査体制】をインフルと同じように町医者でも出来るようにする事!検査キットもある!医療崩壊もしない!緊急事態宣言は既に遅く爆発的感染している! - みんなが知るべき情報/今日の物語


新型コロナ、日本人すでに【免疫】持っているとの仮説!死亡率が低い日本人!集団免疫【新型コロナS型】が昨年11月から今年の1月まで中国人観光客は184万人入国していたため、すでに日本の一部で【蔓延】集団免疫に付与していた!満員電車・バス、パチンコ屋などから爆発的感染!安倍・小池らの緊急事態宣言は政治的意図!人気取りか、棄民政策【人口削減政策】 - みんなが知るべき情報/今日の物語





フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術

整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/

スポンサーサイト



[ 2020年04月12日 13:54 ] カテゴリ:映画 | TB(-) | CM(0)

羽生結弦『殿さま』役で映画初出演「殿、利息でござる!」阿部サダヲらと共演!仙台藩藩主・伊達重村役…

羽生結弦『殿さま』役で映画初出演

「殿、利息でござる!」阿部サダヲらと共演!

仙台藩藩主・伊達重村役

…故郷である仙台に実在した

人物たちの感動秘話に、出演を快諾…









阿部サダヲ コメント

殿役が誰か、

なかなか明かされず、

役者同士で色々予想を

してたのですが、

まさか羽生結弦さんとは

思いませんでした…。

撮影当日まで(ご本人と)

全く会わず扮装が全て終わって、

現場リハーサルで

いきなりぶっつけ芝居だった

にもかかわらずセリフも完璧に

入っていて素晴らしかったです…。





2016年5月14日ロードショー

5月4日宮城県先行公開

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

『殿、利息でござる!』最新情報 | 堺雅人主演で大ヒットした映画「武士の家計簿」などの著作で知られ、"平成の司馬遼太郎"との呼び声も高い磯田道史氏の近著「無私の日本人」を、中村監督が阿部サダヲとタッグを組んで映画化します。殿さまに千両を貸して、人助けする!?一世一代の"金貸し"事業で、疲弊する宿場町を救った貧乏町人たちの物語。実在した人々の歴史秘話を、豪華キャストでユーモアたっぷりに描く話題作!!


「殿」役で、羽生結弦が映画初出演 !!

2016.2.4

羽生結弦さんの役どころは、映画のタイトルにもなっている“殿”である、仙台藩藩主・伊達重村(だて・しげむら)役。

出演シーンは少ないながらも物語にとって重要な役柄であり、困窮する庶民の前に颯爽と現れる殿という役どころ。

今まで映画などに出演することはなかったが、故郷である仙台に実在した人物たちの感動秘話に、出演を快諾。

氷上での演技で世界中を虜にした名実共に世界最高のフィギュアスケーターである羽生さんが、マゲ姿でスクリーンに初登場します!

羽生結弦さんの映画への出演、また役者としての演技経験は本作品が初めてとなります。

160205

■羽生結弦 コメント
江戸時代の仙台藩を舞台にした映画「殿、利息でござる!」で、伊達の殿様役を頂き、初めて役者として、演技をさせていただきました。

お芝居はスケートとは違って振りが無く、言葉を使い、セリフに合わせて動かなければいけないのでとても難しく、撮影現場では緊張してしまいましたが、映画製作の雰囲気を感じられて、素敵な俳優さんたちにもお会いできて楽しかったです。

撮影は昨年の夏だったのですが、試合のプログラムだけではなくエキシビジョン、ショー等でも、表現者として今回の貴重な経験を活かすことができたのではないかと思っています。

このお話は実話を元にしているとのことですが、地元宮城にこんな素晴らしい話があったということに驚いています。

殿様として、威風堂々とした姿と優しさを兼ね合わせるそのギャップを、自分なりに表現出来ればと思い一生懸命やりました。ぜひ楽しみにしてください。

また、阿部サダヲさんをはじめ豪華俳優陣との共演にあたり、期待と喜びのコメントが届きました。

■阿部サダヲ コメント
殿役が誰か、なかなか明かされず、役者同士で色々予想をしてたのですが、まさか羽生結弦さんとは思いませんでした…。

撮影当日まで(ご本人と)全く会わず扮装が全て終わって、現場リハーサルでいきなりぶっつけ芝居だったにもかかわらずセリフも完璧に入っていて素晴らしかったです…。

本来、殿様を庶民が見てたら「頭が高い」と言われるんでしょうけど、もう、ずっと笑顔で見つめてしまいました(笑)キレイでした(笑)

普段は氷上で薄着だと思うんですが、撮影現場は夏で羽織袴に髷カツラで相当暑かったと思いますが、何度も何度も繰り返す撮影に文句言わず参加してくださったのが、さすが世界一のアスリートだと思いました。

■中村義洋監督 コメント
ついつい豪華キャストにしてしまったため、彼らが「殿様=雲の上の人」と仰ぐ俳優さん、というのがなかなか見つからなくなってしまいました。

そんな時に出たのが羽生さんの御名前。これはもう、問答無用の雲の上の人で、かつ、この映画の舞台となる宮城県の御出身ですから、どこかで伊達の殿様との縁やゆかりがあったとしても不思議じゃありません。

現場では、その立ち居振る舞いから目力の強さ、澄んだ声まで、殿様としての説得力に満ち溢れておりました。

それにしても、この伊達の殿様は、今や仙台藩どころか日の本一となり、果ては世界までも征服されておられるわけですから、本当にとんでもない人をキャステングしてしまったもんだよなあと、僕ら自身も今だにおののいている次第です。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!ガン予防、再発防止にも味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌、糖尿病、ダイエットなど「みそスープ」/ 腰痛、肩こり、ギックリ腰・経絡ツボ療術整体【くりはら施術院】古来伝承整健術/経験豊富、ここち良い全身施術/仙台市青葉区二日町


肩こり改善予防、90秒ストレッチ、簡単3つのポーズ! どこでも、いつでも…竹井仁教授モーニングバード!『アカデミヨシズミ』/腰痛、肩こり、ギックリ腰・経絡ツボ療術整体【くりはら施術院】古来伝承整健術/経験豊富、ここち良い全身施術/仙台市青葉区二日町


朝1分正座するだけで、ウエストが細くなる!背骨、骨盤矯正、姿勢、ポッコリお腹改善!朝が効果的、1分の正座/
腰痛、肩こり、ギックリ腰・経絡ツボ療術整体【くりはら施術院】古来伝承整健術/経験豊富、ここち良い全身施術/仙台市青葉区二日町



ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2016年02月04日 21:50 ] カテゴリ:映画 | TB(0) | CM(0)

清志郎復活!ライブ映画 「忌野清志郎ロックン・ロールショー」 反核・反戦・脱原発の伝説を再び!2月10日全国ROAD SHOW

清志郎復活!ライブ映画

「忌野清志郎ロックン・ロールショー」

反核・反戦・脱原発の伝説を再び!

2015年2月10日全国ROAD SHOW

竹中直人、忌野清志郎さんは

「唯一無二のすごい存在」




忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM ~♯1入門編~ 公式サイト 2015年2月10日全国一斉ROAD SHOW

ブログランキング・にほんブログ村へ


忌野清志郎と安倍晋三“ 平和と戦争”【日本国憲法第9条】それを誇りに思えない人たち…

忌野清志郎、戦争は嫌だせベイビー!銃を持ったら撃ちたくなる!軍隊を持ったら戦いたくなる!核を持ったら核爆弾を作りたくなる!平和憲法を忘れてしまう!


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

竹中直人、忌野清志郎さんは

「唯一無二のすごい存在」


シネマトゥデイ  2015年2月9日

竹中直人、忌野清志郎さんは「唯一無二のすごい存在」

忌野清志郎さんとの思い出を振り返った竹中直人ら



 俳優の竹中直人が9日、忌野清志郎さんのライブドキュメンタリー映画『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM ~#1 入門編~』公開前夜祭特別試写会イベントにワタナベイビー(ホフディラン)と出席し、生前交流があった忌野さんの素朴な素顔を明かした。

【写真】忌野清志郎さんとの思い出を語る竹中直人…

 忌野さんについて「とても優しい人。いると安心するんですよね。電話がかかってくるだけで、『もしもし、忌野ですが』っていう声が聞けたりして、もうたまらないっていうか。元気をもらえた」と振り返った竹中。

「清志郎さんの声がずっと記憶に残っていますよ。僕にとって憧れの人。唯一無二のすごい存在でした」としみじみ。

 一番の思い出は、忌野さんの30周年ライブで、忌野さんが竹中のために作詞作曲した曲を歌わせてもらったことだといい、「場所は武道館でね。たまらなかった」と感極まる場面も。

また、竹中が映画『東京日和』に出演した際は突然励ましの電話をかけてきてくれたといい、竹中が「明日、清志郎さん一緒にどうですか?」と恐る恐る映画に誘うと、「俺は毎日忙しいけど、明日だけは空いているぜ」と快諾。

映画館でたくさんのお客さんが入っているのを目の当たりにして、「竹中、やったな」と肩をたたいてくれたエピソードも披露した。

 ワタナベイビーも忌野さんのファンで、生前交流のあった一人。この日は忌野さんの衣装に身を包んで登場すると、ステージ上で「雨あがりの夜空」を披露。その後「夜中に留守電を入れるのが好きな人でした。

テープをマックス使い切るまでしゃべるのがポリシーだったみたいで、ツアーから帰ってくると清志郎さんのメッセージしか入ってなかったことがあった」と生前の忌野さんのおちゃめな一面を紹介していた。

 本作はRCサクセションを率いて2009年に亡くなるまで約40年にわたって活躍した忌野清志郎さんの名曲群を大迫力の映像とサウンドで伝えるライブドキュメンタリー映画。(取材・文:名鹿祥史)

『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM ~#1 入門編~』は2月10日より全国公開

シネマトゥデイより
http://www.cinematoday.jp/page/N0070459


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

忌野清志郎、政治に無関心でいいなんて言っていると…君の息子なんかが/戦争に行っちゃう/わけよ…


【宮崎駿メッセージ】「風たちぬ」「また、同じ時代がきたから・・」『9条と自衛隊いまのままでいい』



人質を安倍はなぜ見殺しにしたのか!二人の処刑によって、安保関連法案を通し、中東派遣を容易にするため!イスラム国人質事件…米国戦争勢力のポチである安倍晋三の悲願は、戦争ビジネスと徴兵制である!原発推進とともに…!



「イスラム国」への憎悪を利用して戦争参加を企てる、安倍晋三の辞任を求めよう!断じて許してはならない! 世界の安定のためにも…


美輪明宏、今の政治家は【戦時中の軍人】と同じです『平和憲法9条』を改悪する必要なんてありません!そういう連中が、憲法改正、改正と言って、また日本を戦争にひきずりこもうとしている。 彼らこそ非国民です。戦争って言葉をなくせばいいんですよ。「大量殺人」でいいんです。 正義の戦争なんてありゃせんのですよ。 そして徴兵制…!


戦争は【大量殺人 】兵隊は、殺し屋!美輪明宏/今の政治家は【戦時中の軍人】と同じです!平和憲法9条を改悪する必要なんてありません!


たった1年3ヶ月で海外へ52兆5400億円バラマキながら、子育て支援に3千億円不足だという! この安倍政権の詭弁は断じて許し難いものである!!


安倍、国内は増税!外国にはばらまき、株のためには年金献上!米国の軍産複合体に=日本若者の命献上!

福島、癌の発症率は61倍に上昇!国立癌研究センター長!安倍政府は全て隠蔽・洗脳ー彼らは殺人者だ!ホロコースト…メディアはそれを報道しない!


渡辺謙、脱原発【ダボス会議スピーチ全文】報じたのは、東京新聞だけだった!必読、拡散希望…


なかにし礼、平和憲法は“300万人の死者の血と涙”によって得たもの!日本が各国に運動すべき憲法!



忌野清志郎と安倍晋三“ 平和と戦争”【日本国憲法第9条】それを誇りに思えない人たち…


忌野清志郎、戦争は嫌だせベイビー!銃を持ったら撃ちたくなる!軍隊を持ったら戦いたくなる!核を持ったら核爆弾を作りたくなる!平和憲法を忘れてしまう!


2015年に大地震は発生する!当たる予言者・科学者たちの見解を一挙紹介!富士山大噴火も…!日本列島大地動乱、関東大地震、東南海、富士山、桜島など!千年前の平安の地震、噴火大災害に似ている!


便秘・下痢改善、ねじり体操と腸マッサージ!不調を招く「ねじれ腸」日本人のじつに8割!アカデミヨシズミ・モーニングバード



sohnandae Twitter→復活Twitter

みんなが知るべき情報


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します



[ 2015年02月11日 10:15 ] カテゴリ:映画 | TB(0) | CM(0)

高倉健の想い/生きて来るうちに、たくさんの人を傷つけて来たんだと思います。それをどこからか神様が観ていて…

高倉健の想い

/生きて来るうちに、たくさんの人を

傷つけて来たんだと思います。

それをどこからか神様が観ていて…


ブログランキング・にほんブ ログ村へ




高倉健の残した言葉…

生きて来るうちに、たくさんの人を

傷つけて来たんだと思います。

それをどこからか神様が観ていて…

おまえには、まだまだ

楽をさせてやらないと

言われているような気がしました。

………………………………

高倉健さんの言葉

…ひるおび!

2014年11月25日、加藤登紀子氏談…

私も高倉健さんの、この言葉を「戒め」として…

高倉健さんの生き様は、バイブルでした!








ブログランキング・にほんブ ログ村へ

高倉健の魂『人を想うこと』これ以上、美しいものはない!…まるで神様のような男だった!




高倉健さん死去、まるで神様のようなだ男性だった!史上いちばん男らしい男、中国も速報!日本人の美学を重ね、不器用な男!

高倉健、歌【挽歌】追加増産、八代亜紀/♪幸せなら…それでいいんです…この手紙…捨ててください♪



ブログランキング・にほんブ ログ村へ

高倉健さん死去:中国メディアも速報

中高年世代に知名度


毎日新聞 2014年11月18日

中国の映画大客員教授に就任。張会軍院長(左)らからの質問に答える高倉健さん=北京電影学院で2006年4月19日

 【北京・工藤哲】俳優の高倉健さんの訃報は中国の一部メディアも速報した。高倉さんは中国でも中高年世代を中心に知名度が高く、映画関係者に大きな影響を与えた存在として知られている。

 中国では、高倉さんが中野良子さんと共演した「君よ憤怒の河を渉れ」(中国名・追捕)が1970年代に大ヒット。高倉さんのファンが急増した。高倉さんは、中国雲南省などを舞台に張芸謀(チャンイーモウ)氏らが監督を務めた「単騎、千里を走る。」(中国で2005年公開)にも出演した。

 高倉さんの訃報を受け、中国版ツイッター「微博」には「小さいころから知っていた。こんな日本人はいない」、「まるで神様のような男性だった。残念」などと高倉さんを悼む声が書き込まれている。

毎日新聞より
http://mainichi.jp/select/news/20141118k0000e030228000c.html


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

インフルエンザ予防「あいうべ体操」小学校で激減効果!唾液の免疫物質が… お金をかけず、健康に美容に…!風邪、鼻呼吸、口臭、歯周病、いびき、顔のたるみ等、予防改善、老化防止ホルモン!考案者・今井一彰院長


sohnandae Twitter→Twitter


みんなが知るべき情報

ブログランキング・にほんブ ログ村へ
[ 2014年11月26日 11:24 ] カテゴリ:映画 | TB(0) | CM(0)

高倉健の魂『人を想うこと』これ以上、美しいものはない!…まるで神様のような男だった!

高倉健の魂『人を想うこと』

これ以上、美しいものはない!

…まるで神様のような男だった!




ブログランキング・にほんブ ログ村へ

画像 クローズアップ現代より

2014・11・20
NHK クローズアップ現代








ブログランキング・にほんブ ログ村へ














ブログランキング・にほんブ ログ村へ







ブログランキング・にほんブ ログ村へ







ブログランキング・にほんブ ログ村へ


高倉健さん死去、まるで神様のようなだ男性だった!史上いちばん男らしい男、中国も速報!日本人の美学を重ね、不器用な男!

高倉健、歌【挽歌】追加増産、八代亜紀/♪幸せなら…それでいいんです…この手紙…捨ててください♪



sohnandae Twitter→Twitter


みんなが知るべき情報

ブログランキング・にほんブ ログ村へ
[ 2014年11月21日 18:12 ] カテゴリ:映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

日々物語FC2

Author:日々物語FC2
日々物語

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR