今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  東日本大震災

東日本大震災【悲劇の大川小学校】ここにいたら死ぬよ〈児童の訴えに〉先生たちは…津波で児童74名犠牲!もし先生がいなかったら児童は死ぬことはなかった!遺族が宮城県、石巻市を提訴…市、県が控訴…ここでも学校、教育委員会、行政の隠蔽体質!画像で

東日本大震災【悲劇の大川小学校】

ここにいたら死ぬよ

〈児童の訴えに〉先生たちは…

津波で児童74名犠牲!

もし先生がいなかったら

児童は死ぬことはなかった!

遺族が宮城県、石巻市を提訴…

市、県が控訴…

ここでも学校、教育委員会、

行政の隠蔽体質!

画像で、ニュースeveryより 2014・3・10



東日本大震災「石巻・大川小学校」ここにいたら死ぬよ〈児童の訴えに〉先生たちは…津波で児童74名犠牲! もし、先生がいなかったら、児童は死ぬことはなかった……画像でより

画像

画像

画像


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します








ブログランキング・にほんブ ログ村へ











ブログランキング・にほんブ ログ村へ




裏山には、授業でよく登ったが…なぜか山には避難しなかた。

校庭待機から50分後、

校庭より5メートル高い場所に

避難開始したが、直後、津波が……






ブログランキング・にほんブ ログ村へ








ブログランキング・にほんブ ログ村へ

大川小遺族が「明らかに人災」と提訴

総額23億円の損害賠償請求


ダイヤモンド・オンラインより

3月10日午後1時30分、学校管理下で東日本大震災の津波によって児童74人、教職員10人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の遺族が「救えるはずの子どもの命を守る義務を果たさなかった」などとして、宮城県と石巻市を相手に損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こした。

 訴えを起こしたのは、いまだに行方不明のままの子どもも含め、大川小で津波の犠牲になった。請求額は、児童1人あたり1億円、総額23億円に上る大型訴訟となる。

震災当日の過失責任のみならず、不誠実な事後対応も加味。

「本来は、提訴というで責任追及というのはあってはならないと思う」と学校の事後対応を厳しくい批判した中村次男さん

 震災発生当時、大川小学校では子どもたちを校庭で待機させ続け、川沿いの堤防に向かって移動を始めたのは、地震が起きてから50分近くも経ってからだった。

 その間、ラジオや子どもを引き取りに来た保護者が大津波警報を伝え、防災無線のサイレンが鳴り、広報車が高台への避難を呼びかけている。しかし、学校側は、すぐ近くの裏山に登ったり、スクールバスを使ったりすることもなく、子どもたちを1メートルも上に避難させることができないまま、津波に巻き込まれた。

 遺族たちは、訴状の「はじめに」の中で、こう訴える。

「児童は津波により死に至ったのではない。学校にいたから死ななければならなかった。

 もし、先生がいなかったら、児童は死ぬことはなかった。本件は、明らかに人災である」

教職員に対する複雑な胸の内について語る遺族。2人の息子を亡くした高橋春夫さんは、A教諭の口からの説明を求めた

 訴えによると、そうした学校側の災害対応マニュアルの不備や、津波の避難訓練を行ったことがないなどの事前対策を怠った校長、教頭、A教務主任の安全配慮義務違反を指摘。

 震災当日、校長、教頭、A教務主任、その他の現場にいた教諭が津波を予見し、被害を回避できたにもかかわらず、避難行為に出なかったという不作為(注意義務違反)によって児童の命が奪われたことから、石巻市は国会賠償法1条の責任を負うとしている。また、同校教職員の費用負担者である宮城県についても、損害の賠償をすべき責任があるとしている。

ブログランキング・にほんブ ログ村へ

 また、遺族たちが市教委から受けた震災後の不誠実な事後対応による精神的苦痛についても、遺族の強い意向により加味された。

 この事後対応を巡っては、震災直後から、市教委や学校側が、遺族たちには理解できないような対応を取り続けた。

 例えば、唯一、生き残ったA教諭はなぜ、逃げ込んだ整備工場に子どもたちの救済を求めなかったのか。なぜ当時の校長が被災した学校現場に来たのは、6日も経ってからだったのか。

校長が市教委に「残っていた児童を校庭避難」「引き渡し中に津波」と語った報告書が1年以上も遺族に開示されず、「校長の側聞」とされたのか。そして、震災2ヵ月後の市教委による子どもたちからの聴き取りメモは一斉に廃棄され、地震発生後に「山に逃げよう」と訴えた子どもの証言がなかったことにされた。

その後に開かれた第2回説明会も1時間で打ち切られたうえ、「説明会はこれが最後」と宣言されて、遺族たちが傷つけられた。

 こうした事後対応を含む真相の解明を期待されたはずの第三者委員会の検証も“失敗”に終わり、遺族たちを大きく失望させた。

「あの時に先生がいなかったら
子どもたちは助かったんじゃないか」

遺族の会見。仙台市内の会場は50社以上のメディアで入り切れないほど

 訴状を地裁に提出後、メディアの前で会見に臨んだのは、原告団のうちの8人の父親だ。

 当時小学5年生の千聖ちゃんを亡くした紫桃隆洋さん(49歳)は、こう語る。

「ここ数日、弁護士の先生と何度も何度も話をして、訴状の『はじめに』に思いを込めた。先生たちのことを悪くは言いたくないが、でもやっぱり、あの時に先生がいなかったら子どもたちは助かっていたんじゃないかと思う。

裁判では遺族の間で、子どもの命に値段をつけることについてどうしても違和感があって、何度も何度も話し合った。一律1億円にしたのは、学年や性別関係ないっていう遺族の思いを込めた。裁判は、これからが大変だと思う。遺族は今、みんな体調を崩している」

ずっと遺族の相談に乗り続けてきた、吉岡和弘弁護士。訴訟費用を勘案して、大きな弁護団とせず、斉藤拓生弁護士との2人体制で臨む

 当時小学3年生の健太君を亡くした佐藤美広さん(52歳)は、こう声を詰まらせる。

「なぜ安全である学校で、先生がついていながら、子どもは命を落とさなければいけなかったのか。第三者委員会できちんとした検証報告を待っていたが、叶えることができなかった。最後に残された道は、法廷の場で真実を知ることしかできない」

 また、当時小学3年生の亮太君、当時小学4年生の大介君を亡くした高橋春夫さん(54歳)は、こう訴えた。

「昨夜は興奮して眠れなかった。先生たちはプロのはず。子どものことを守れないのは、やっぱりおかしいっちゃ。

法廷の場で何が正しいのかをはっきりさせてほしい」

県教委の話
「まだ訴状の内容がう不明のため、現時点での具体的なコメントは差し控えます。なお、提訴の内容に関わらず、ご遺族に対してはこれまで通り、誠実に対応してまいります」

石巻市の話
「大川小学校の児童ご遺族の皆様に対しましては、学校管理下で多数の児童が命を失う事故が発生したことの道義的責任を感じ、お詫びを申し上げてきたところです。

 今般、一部のご遺族から提訴を受けたことにつきましては、ご遺族のお気持ちとしては、やむを得ないものと存じます。

 市としましては、過去に経験したことのない大災害の中で発生した事故であることを斟酌しつつ、他方、原告の主張もよく検討の上、真摯に対応してまいります。

 なお、ご遺族との話し合いにつきましては、捜索や心のサポート等も含め、可能な範囲・方法で続けたいと考えております」



◆2月23日に行われた児童遺族7人の父親による記者会見
大川小検証委「最終報告書」に“見切り”
空白の50分を明らかにすべく一部遺族提訴検討へ

◆2月9日に行われた遺族向けの報告会
大川小遺族が検証委に最後の訴え
不十分な最終報告書に「限界」明記を要望

◆1月26日に行われた遺族向けの報告会
大川小検証委、追加調査の可能性も? 
噴出する疑問点を消化できず報告会は持ち越しに

◆1月19日大川小検証委員会「最終報告案」
大川小検証委「最終報告書案」に落胆する遺族
委員長の「ささやかな達成感がある」発言に唖然

大川小学校関係者や地域の方、一般の皆さまからのお話をお聞きしたいと思っています。情報をお持ちの方は、下記までお寄せください。
teamikegami@gmail.com(送信の際は「@」を半角の「@」に変換してお送りください)

<お知らせ>
当連載の著者 池上正樹と加藤順子による新刊本『石巻市立大川小学校事故検証委員会を検証する』が、2014年3月11日、ポプラ社から発売されます。

当連載の内容に加えて、最新の動向や、一般的な学校事件・事故の検証委員会を巡る問題点も取り上げています。同検証委員会が、形作られる前の段階から、最終報告書の提出までを追ったルポ。


石巻市立大川小学校「事故検証委員会」を検証する (一般書): 池上 正樹, 加藤 順子: 本" >Amazon.co.jp: 石巻市立大川小学校「事故検証委員会」を検証する (一般書): 池上 正樹, 加藤 順子: 本
Amazon.co.jp: 石巻市立大川小学校「事故検証委員会」を検証する (一般書): 池上 正樹, 加藤 順子: 本

ダイヤモンド・オンラインより
http://diamond.jp/articles/-/49898?display=b


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

画像

画像


大川小学校を襲った津波の悲劇・石巻


大川小学校を襲った津波の悲劇・石巻
大津波の証言
大津波の悲劇
大津波への対応
原発事故・放射線
復旧・復興
サイトマップ
 石巻市釜谷地区の北上川河口から約4㌔の川沿いに位置する大川小学校は、3月11日の東日本大震災で全校児童108人の7割に当たる74人が死亡、行方不明となった。
 あの日、あの時、学校と地域で何が起き、人々はどう行動したのか。その報道記事を追ってみた。
 一連の報道の中、河北新報社は震災からほぼ半年となる9月8日、大川小学校の惨状を証言をもとに克明に検証しており、これだけの犠牲者を出した要因にも触れている。
 下図に小学校のマップとともに、当時の津波浸水予想図(市のハザードマップ)を貼った。河北新報社は、釜谷地区はこれまでに津波が到達した記録がなく、住民は大川小学校がいざという時の避難所と認識していたこと、しかも、山と堤防に遮られていて津波の動向が把握できない環境だったこと等が避難を遅らせた要因として挙げた。これらを勘案すると、宮城県も石巻市も昭和三陸大津波レベルなら大川小学校には津波が来ないことを公言し、それ以上の大津波への対応は全く考慮していなかったと言わざるを得ない。もし大津波が来たらここは危険との意識が住民に無かったのはそのためだったと言える。大地震だったにもかかわらず、5分で完了可能な裏山への避難が選択肢の後方へ押し下げられてしまったのは、大川小学校に集まった人々のほとんどに危機意識が欠けていたためであり、そのように仕向けてしまった一因は行政にあったと推察できる。


ブログランキング・にほんブ ログ村へ


【大川小学校の悲劇】津波予見できた…賠償命令!勝訴にも不満が残る遺族…唯一の生存教諭への尋問は見送られ「避難が遅れた理由」は十分解明されなかった!東日本大震災「想定外」免罪符にならず! 亡くなった子供が生きた証になるのではと思って…訴訟遺族!





石巻市、宮城県が控訴【悲劇の大川小学校】子どもの命より先生の名誉が大事!先生、裏山に逃げようと生徒は言った、しかし先生達は「子ども返して…」すすり泣きと怒号!





福島原発事故、作業員800人死去!自民党・高市の原発事故による死亡者は出てないは大ウソ!東北大学医学部附属病院が緘口令!惨状に堪えられない医師や看護師らから外部に次第に洩れ!


3・11巨大地震・大津波が襲うことを日本政府は知っていた、8日前に!!井戸川元双葉町町長演説!政府と東京電力と東北電力と日本原電が発表を止めてしまったのです!こんなことって許されますか【東日本大震災】 - みんなが知るべき情報/今日の物語



平安「貞観地震」の9年後に「関東巨大地震」その9年後に「南海トラフ巨大地震」東京五輪の年!古文書-


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します




フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter

地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
スポンサーサイト
[ 2017年03月09日 18:40 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)

3・11巨大地震・大津波が襲うことを日本政府は知っていた、8日前に!!井戸川元双葉町町長演説!政府と東京電力と東北電力と日本原電が発表を止めてしまったのです!こんなことって許されますか【東日本大震災】

3・11巨大地震・大津波が襲うことを

日本政府は知っていた、8日前に!!

井戸川元双葉町町長演説!

政府と東京電力と

東北電力と日本原電が

発表を止めてしまったのです。!

こんなことって許されますか?

【東日本大震災】







ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

「政府は3.11の8日前に知っていた」-井戸川元双葉町町長 | カレイドスコープ

2011年、津波のあった年の3月3日に、

  地震・津波のあることを日本政府は知ってました。

知ってたんですよ、8日前に。

  地震・津波の8日前に知ってました。

しかし、政府と東京電力と東北電力と

  日本原電が発表を止めてしまったのです。


こんなことって許されますか?みなさん。

  国民が知らなければならないのに、

この電力会社によって、

電力会社の都合によって、

  津波・地震情報が止められたんです。

恐らく、死ななくてもいい人が

  いっぱいいたんじゃないでしょうか。

これは、青森から千葉県まで、

  津波に遭って、亡くなられた方のことを思うと、

無念で無念でなりません


2013年7月16日(火)、新宿駅西口で演説する

  井戸川克隆・元双葉町町長。

福島県双葉町の元町長・井戸川 克隆さんの

街頭演説 @ 新宿 (1) [ 2013.07.16 ]

福島県双葉町の元町長・井戸川 克隆 さんの街頭演説 @ 新宿 (1) [ 2013.07.16 ] #井戸川かつたか - YouTube


カレイドスコープより
………………………………
「政府は3.11の8日前に知っていた」-井戸川元双葉町町長

「2011年、津波のあった年の3月3日に、地震・津波のあることを 日本政府は知ってました。

知ってたんですよ、8日前に。 地震・津波の8日前に知ってました。

しかし、政府と東京電力と東北電力と日本原電が発表を止めてしまったのです。

こんなことって許されますか?みなさん」。

「日本政府は、3.11の直前、巨大地震・大津 波が襲うことを知っていた」

これは、事実であると思います。

すでに、日刊ゲンダイ、週刊ポスト、週刊プレイボーイあたりが

動いているかもしれません。ネットなら、なんといっても岩上安身氏 のIWJでしょう。

国民が知らなければならないのに、この電力会社によって、
電力会 社の都合によって、津波・地震情報が止められたんです。

恐らく、死ななくてもいい人がいっぱいいたんじゃないでしょう か。

これは、青森から千葉県まで、
津波に遭って亡くなられた方のことを思うと、無念で無念でなりません。

もちろん、8日もあれば、東京電力は、
地震・津波への予防対策も できたんじゃないでしょうか。

それもしないで、津波のせいにして、
原発が壊れたのは津波のせい にしてしまったことは許せないんですよ。

あの(3月)11日のときは、私たちはパニックでした。

本当に、どうしていいか分らない。 津波から避難する、
原発事故から避難する、パニックの最中でした けれども、

3月3日、あの日の8日前に、地震、津波のことを分かっ ていた。

そういうことに対して、みなさん、
私たちは一方的に犠牲者にされたんです。


まずは、虚心坦懐に一読あれ。

↓↓詳細はコチラ カレイドスコープより

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2261.html


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

【重罪】東日本大震災、巨大津波を認識していた原発官僚・東電ら!報道されていれば犠牲者は減った!ー2015年09年9月ー3月11日の2年前!「クビになるよ」と津波対策を封殺─保安院職員ら…



3・11東日本大震災、復興したのは原発再稼働、官僚・大手企業の復興利権、戦争国家、自民党の献金増大…戦争国家、自民党の献金増大、官僚天下り、原発ムラ…

3・11人工地震は【純粋水爆】か!?関与の自衛隊技術者12人が暗殺!米ペンタゴン要請だった!? HAARP…

福島県沖地震は福島原発を狙った【人工地震】か!ニュージーランド地震の後に【日本に大地震法則】311東日本大震災のように!2016年11月22日早朝、東電福島事故原発の沖合で、M7.4 の海底大地震発生!戦時中に米軍は海底核爆発による地震津波兵器を開発済みである。事実をなぜ、日本政府もマスコミも日本国民に知らしめないのか!




人工地震【主犯は自民党】自民党と米軍の意志!1992年から日本で人工地震は報道禁止に!どの場所でも自由自在に地震を起こす事が可能!/阪神淡路、新潟中越、東日本大震災、熊本地震…など



それも米戦争屋のテロだった!チェルノブイリ原発事故、3・11東日本大震災、9・11テロ/プーチンだけが米国戦争屋と対峙している! ケネディ暗殺、 ウクライナ侵略戦争…安倍政権は米戦争屋の、その仲間!!!/新ベンチャー革命…


東日本大地震、 3.11事件【人工地震】は石原慎太郎ら『核武装派』への米戦争屋の警告恫喝!という説!日本に核武装させたくない米国戦争屋ネオコンからの強い要求!もんじゅ廃炉は日本を乗っ取っている戦争勢力からの強い要求!



東日本大震災「石巻・大川小学校」ここにいたら死ぬよ〈児童の訴えに〉先生たちは…津波で児童74名犠牲! もし、先生がいなかったら、児童は死ぬことはなかった……


石巻市、宮城県が控訴【悲劇の大川小学校】子どもの命より先生の名誉が大事!先生、裏山に逃げようと生徒は言った、しかし先生達は「子ども返して…」すすり泣きと怒号!


復興予算は、なぜ被災者支援に届かなかったのか?復興を食い物にする政治家、官僚 、一部企業との癒着!25兆円という莫大な復興予算を巡る省庁、官僚たちの予算ぶん捕り合戦と、被災者を無視したあまりに杜撰(ずさん)でいい加減な予算流用の実態である。


放射能汚染…東京、日本の惨状!2016年現在…東京32カ所が10倍基準超え/食品汚染 …TVを信じて5年間食べ続けてる日本人!…もう住めないよ!東京は、この惨状だから、関東を含めた東日本は…日本中に食品汚染…



芸能人のみなさん、SNSで安易にがん検診を勧めないでください!世界的に有効性が疑問視「早期発見・早期治療」のウソ!放射線被マンモグラフィは20、30代は原則的に放射線被ば受けるべきではない!がん検診を受けても寿命がのびる科学的根拠は一切ない!検診によって、命を奪わない病変を「がん」と過剰診断されてしまうため、無用な検査や治療による健康被害に遭う人が急増している!国ぐるみの【医療洗脳】がん検診を信じるな~「早期発見・早期治療」のウソ…鳥集 徹著/文春オンライン - みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
[ 2017年03月08日 16:18 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)

【大川小学校の悲劇】津波予見できた… 県・市に賠償命令!勝訴にも不満が残る遺族…唯一の生存教諭への尋問は見送られ「避難が遅れた理由」は十分解明されなかった「東日本大震災」亡くなった子供が生きた証になるのではと思って…訴訟遺族

【大川小学校の悲劇】津波予見できた…

県・市に賠償命令!

勝訴にも不満が残る遺族…

唯一の生存教諭への尋問は見送られ

「避難が遅れた理由」は

十分解明されなかった!


亡くなった子供が生きた証に

なるのではと思って…訴訟遺族!

東日本大震災「想定外」免罪符にならず!





<大川小訴訟>勝訴にも不満が残る遺族 | 河北新報オンラインニュース(全文は下記に)

<大川小訴訟>「想定外」免罪符にならず | 河北新報オンラインニュース(全文は下記に)

東日本大震災「石巻・大川小学校」ここにいたら死ぬよ〈児童の訴えに〉先生たちは…津波で児童74名犠牲! もし、先生がいなかったら、児童は死ぬことはなかった……画像で


ブログランキング・にほんブログ村へ



































ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

<大川小訴訟>勝訴にも不満が残る遺族 | 河北新報オンラインニュース
<大川小訴訟>勝訴にも不満が残る遺族

判決後、子どもの遺影が並ぶ前で記者会見に臨む遺族たち=26日午後4時10分ごろ、仙台市青葉区の仙台弁護士会館

 司法に託した願いが届いた。宮城県石巻市大川小津波訴訟判決で、仙台地裁は26日、学校の責任を認めた。

児童23人の19遺族が市の対応に失望を深め、提訴に踏み切ってから約2年7カ月。「一つの山を越えた」。

長い道のりの末、苦闘がようやく実を結んだ。

 「学校は津波を予見し、子どもの命を守らねばならないとの判決は一定の評価をしたい」
 遺族16人が出席した判決後の記者会見。6年生だった長男大輔君=当時(12)=を亡くした原告団長の今野浩行さん(54)は険しい表情を崩さぬまま、こう総括した。

 3年生だった一人息子の健太君=同(9)=が犠牲となった佐藤美広(みつひろ)さん(55)は「学校や、子どもたちの安全とは何か。裁判所が判決でくぎを刺してくれた。健太の眠る墓にやっと入れるとの気持ちだ」。胸のつかえが取れた様子でマイクを握った。

 遺族は東日本大震災後、市への不信感を募らせてきた。関係者の証言メモ廃棄、亀山紘市長の「自然災害の宿命」発言-。

判決は、市の事後対応を巡る責任を認めなかった。

3年生だった長女未捺(みな)さん=同(9)=を亡くした只野英昭さん(45)は「原告の意見が通らなかった」と、勝訴の判決でも不満が残ると強調した。

 児童たちがあの日、校庭にとどまった約45分間に何が起きたのか。遺族はその真相を求めてきたが、新たに判明した事実はほぼなかった。

遺族は「もやもやが残る」とする一方、市などとの協議を視野に「これから本当の検証が始まる」と口をそろえる。

 「裁判でなぜ子どもが死んだのか、原因究明はできていない。自問自答しても、何に勝ったのか答えが出ない。

原因を究明しないと、再発防止にならない。判決はスタートだ」

 6年生だった三男雄樹君=同(12)=を亡くした佐藤和隆さん(49)は改めて覚悟をにじませた。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

<大川小訴訟>「想定外」免罪符にならず | 河北新報オンラインニュース

<大川小訴訟>「想定外」免罪符にならず

 【解説】宮城県石巻市大川小津波訴訟の仙台地裁判決は学校教員に対し、震災発生から刻々と変化する事態に的確に対処する判断力と行動力を求めた。「想定外」は免罪符にはならないと、教育界に警鐘を鳴らした意義は大きい。子どもの命を預かり、守る覚悟が改めて教育現場に問われている。

 津波を予見できたタイミングについて、地裁は市広報車が高台への避難を呼び掛けた3月11日午後3時30分と認定。「津波の襲来まで7分間の余裕があり、教員は可能な限り被災を回避できる場所に児童を移動させる義務を負っていた」と指摘した。

 避難先を巡っては、土砂災害の恐れがあったとされる裏山と、避難先に選んだ標高約7メートルの北上川堤防付近(三角地帯)の安全性を比較。「大津波が迫る中、児童の生命を最優先すべきだった」と緊急時の判断ミスを過失と認定した。学校が住民と協議して避難先を決めたとされる点は「児童の安全を優先し、学校自ら決断すべきだ」と自主性を求めた。

 一方、大川小の危機管理マニュアルは、津波に対する検討の不備が遺族側から指摘されていたが、判決は詳しい言及を避けた。

 津波が襲来するまでの51分間を知る、唯一の生存教諭(男性教務主任)への尋問は見送られ、「避難が遅れた理由」は十分解明されなかった。病気休職中とはいえ、教諭は第三者事故検証委員会の聞き取りに複数回、最長3時間応じており、地裁の判断は極めて残念だった。

 岩手県の洪水被害や熊本地震など全国各地で災害が頻発する中、「想定外」という言葉が今も繰り返されている。大川小の児童・教職員84人の犠牲を無にしない、との誓いは教育界にとどまらないはずだ。(報道部・斉藤隼人)
          ◇         ◇         ◇
 東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった石巻市大川小の児童23人の19遺族が市と宮城県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁は26日、「教員らは大津波の襲来を予見でき、裏山に児童を避難させるべきだった」と学校の責任を認め、計約14億2660万円の支払いを命じた。学校の管理下で震災の津波の犠牲になった児童生徒を巡る司法判断は初めて。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

<大川小訴訟>仙台地裁 判決要旨 | 河北新報オンラインニュース

<大川小訴訟>仙台地裁 判決要旨

大川小津波訴訟の勝訴判決を受け、顔を覆いながら仙台地裁を出る原告の遺族ら=26日午後、仙台市

 津波で犠牲になった石巻市大川小の児童の遺族が県と市に賠償を求めた訴訟の26日の仙台地裁判決の要旨は次の通り。

 【事実経過】
 大川小の教員らは地震直後、児童を校庭へ避難誘導し、保護者らが迎えに来た児童以外の下校を見合わせた。学校は海岸から約4キロ離れ、県の浸水予測では津波は及ばないとされていた。集まってきた地域住民の対応をしながら、ラジオ放送で情報を収集。午後3時半ごろまでに、従来と格段に規模の異なる大きな津波が三陸沿岸に到来し、大津波警報の対象範囲が拡大されたことを認識した。
 石巻市の広報車は、遅くとも午後3時半ごろまでに津波が北上川河口付近の松林を越えたことを告げて高台への避難を拡声器で呼び掛け、学校前の県道を通過。教員らはこれを聞いていた。
 教員らはこの直後ごろ、大川小から西に約150メートル離れた河川堤防近くの県道と国道の交差点付近に向け、校庭にいた70人余りの児童とともに移動を決め、同35分ごろまでに出発した。大川小には同37分ごろ津波が到来。教職員と児童は歩いている間に津波にのまれ、裏山に逃れた教員1人と児童4人が生き残った以外、全員が死亡した。

 【注意義務】
 広報車による避難呼び掛けを聞く前は、学校に津波が到来し、児童に具体的な危険が及ぶ事態を教員らが予見可能だったということは困難だ。この段階では県内に津波が襲来するという情報しか得ていない。裏山も土砂災害の危険はあった。
 だが、広報車の呼び掛けを聞いた段階では、程なく津波が襲来すると予見、認識できた。地震は経験したことがない規模で、ラジオで伝えられた予想津波高は6~10メートル。大川小の標高は1~1.5メートルしかなく、教員らは遅くともこの時点で、可能な限り津波を回避できる場所に児童を避難させる注意義務を負った。

 【結果回避義務】
 移動先として目指した交差点付近は標高7メートル余りしかなく、津波到達時にさらに避難する場所がない。現実に大津波到来が予期される中、避難場所として不適当だった。
 一方、裏山は津波から逃れる十分な高さの標高10メートル付近に達するまで、校庭から百数十メートル移動する必要があったが、原告らの実験では、移動は徒歩で2分程度、小走りで1分程度だった。斜面の傾斜が20度を上回る場所はあるが、児童はシイタケ栽培の学習などで登っていた。避難場所とする支障は認められない。
 被災が回避できる可能性が高い裏山ではなく、交差点付近に移動しようとした結果、児童らが死亡した。教員らには結果回避義務違反の過失がある。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

【重罪】東日本大震災、巨大津波を認識していた原発官僚・東電ら!報道されていれば犠牲者は減った!ー2015年09年9月ー3月11日の2年前!「クビになるよ」と津波対策を封殺─保安院職員ら…



福島原発事故、東日本壊滅、日本滅亡の危機だった「吉田調書」未曽有の大惨事にならなかったのは、たまたま「偶然」が重なっただけだ!原発はとても人間の手に負えるシロモノじゃない!
画像


3・11東日本大震災、復興したのは原発再稼働、官僚・大手企業の復興利権、戦争国家、自民党の献金増大…戦争国家、自民党の献金増大、官僚天下り、原発ムラ…

復興予算は、なぜ被災者支援に届かなかったのか?復興を食い物にする政治家、官僚 、一部企業との癒着!25兆円という莫大な復興予算を巡る省庁、官僚たちの予算ぶん捕り合戦と、被災者を無視したあまりに杜撰(ずさん)でいい加減な予算流用の実態である。


天文学的【国民負担】福島廃炉費用…年数千億円に、想定2兆円を大幅超え!経産省、東電救済で!見通し立たない未知の廃炉作業、廃炉技術は現在ない、何百年か!?子どもたちに、未来に重い負の遺産!



大惨事以上の福島原発【収束・廃炉は不可能】か?現時点では!600トンの溶融燃料が行方不明、日本は溶けたウラン燃料を取り出す技術を持っていないことを認めた!国民負担の税金、電気代は上がり続ける?



sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

[ 2016年10月27日 14:05 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)

被災地・石巻、タクシーに乗る幽霊『呼び覚まされる霊性の震災学─3・11生と死のはざまで!恐怖感でなく大切な思い出…

被災地・石巻、タクシーに乗る幽霊

『呼び覚まされる霊性の震災学

─3・11生と死のはざまで!

恐怖感でなく大切な思い出…


死者たちが通う街~

タクシードライバーの幽霊現象!

を書いたのは工藤優花さん(22)

石巻市で何人もの

タクシー運転手に聞き取りをし、

震災の犠牲者だったのではと

思われる客を乗せ、会話もした

…といった複数の体験談に接した。

『呼び覚まされる霊性の震災学』から思う「時間」 | 雨宮処凛 下記に全文…


ブログランキング・にほんブログ村へ






宮城県石巻市のタクシードライバーの話。

震災後の初夏。季節外れのコート姿の女性が、石巻駅近くで乗り込み「南浜まで」と告げた。

「あそこはほとんど更地ですが構いませんか」と尋ねると、「私は死んだのですか」と震える声で答えた。

驚いて後部座席に目を向けると、誰も座っていなかった。







夏の深夜、コートにマフラーで一人佇んでいた小学生くらいの女の子。

「お母さんとお父さんは?」と尋ねると「ひとりぼっちなの」と言うので家の場所を聞き、

送っていくもののタクシーを降りた瞬間にスーッと姿を消したという。






季節外れの真冬のコートを着た乗客がタクシーに乗り、行き先を告げるものの、

気づいたらいないという「不思議な現象」について、そんな体験をしたドライバーたちに聞き取りをしたものだ。

また、やはり6月なのにダッフルコートに身を包んで乗車してきた青年は、「彼女は元気だろうか?」と言い、気がつくと姿はなかったという。








画像

画像


数多くの命を奪った東日本大震災について、東北学院大(仙台市)の学生らが、「死生観」を主題に向き合った。

被災地でのフィールドワークを基に、これまで忌避されがちだった「震災死」を真正面から捉え、論考を書き上げた。

論考は「呼び覚まされる 霊性の震災学 3.11生と死のはざまで」(新曜社)と題する本にまとめ刊行された。

 論考を書いたのは教養学部地域構想学科の金菱清教授(社会学)ゼミの4年生7人。2014年4月から約1年間かけて調査や取材を重ねた。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

東日本大震災【宮城県石巻、仙台空港の地下に幽霊】東日本大震災で、被害甚大だった仙台空港の地下。幼稚園の保育士さんに、聞いた話です。見学で仙台空港に行った、2012年も春。子供たちが、、【黒い着物と、白い着物を着た人が、いっぱいいる、と】付き添う父兄たちも、口々に。成仏出来ない人たちか!?亡くなった事が、まだ、分からない人たちか!?

Twitter
現地の僧侶からも聞きました> 東日本大震災

【宮城県石巻、仙台空港の地下に幽霊】


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

被災地、タクシーに乗る幽霊『呼び覚まされる霊性の震災学──3・11生と死のはざまで』|からすのひろいもん
からすのひろいもん

被災地、タクシーに乗る幽霊『呼び覚まされる霊性の震災学──3・11生と死のはざまで』

公開日: 1/20/2016

被災地、タクシーに乗る幽霊 東北学院大生が卒論に|朝日新聞

東北学院大学の社会学を専攻している大学生たちが、宮城県の石巻市でタクシー運転手たちに震災後の霊的体験についてインタビューしたのだそうです。

たとえばこんな話。

震災後の初夏。季節外れのコート姿の女性が、石巻駅近くで乗り込み「南浜まで」と告げた。

「あそこはほとんど更地ですが構いませんか」と尋ねると、「私は死んだのですか」と震える声で答えた。

驚いて後部座席に目を向けると、誰も座っていなかった。

他にも、葬儀社の社員や子供を亡くした母親などに聞き取りを行なったそうで、

論文をまとめた『呼び覚まされる 霊性の震災学 』という本が1月20日に新曜社から出版されるとのこと。

東北学院大のサイトに本の詳細が書かれていました。

金菱清ゼミナール編『呼び覚まされる霊性の震災学──3・11生と死のはざまで』新曜社 1月20日 発売予定

第1章:死者たちが通う街:タクシードライバーの幽霊現象
第2章:生ける死者の記憶を抱く:追悼/教訓を侵犯する慰霊碑
第3章:震災遺構の「当事者性」を越えて:20年間の県有化の意義
第4章:埋め墓/詣り墓を架橋する:両墓制が導く墓守りたちの追慕
第5章:共感の反作用:被災者の社会的孤立と平等の死
第6章:672ご遺体の掘り起し:葬儀業者の感情管理と関係性
第7章:津波のデッドラインに飛び込む:消防団の合理的選択
第8章:原発避難区域で殺生し続ける:猟友会のマイナー・サブシステンス

石巻には何度か訪れて、タクシーの運転手さんにもいろいろな話を聞きました。いずれこの本も読んでみようと思います。

しばらく前に、詐病の見破り方、「幽霊が見える」のが本当かどうかどうやって判定するの? 

という記事を書いたけれど、石巻の幽霊はもちろん詐病といった文脈で説明されるものではなく、

大きな喪失や、生と死の境界の混乱になんとか折り合いをつけようとするなかで生まれてくる物語なのだと想います。

追記(2016/2/11)
被災地の「幽霊」卒論が問う慰霊の在り方
という記事がYahooニュースに配信されていました。

「当事者のあいだでも、生と死はきれいにわかれていない。遺体が見つからないため、死への実感がわかず、わりきれない思いを持っている人の気持ちとどう向き合うのか。幽霊現象から問われているのは慰霊の問題であり、置き去りにされた人々の感情の問題なのです」


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

生と死向き合う「霊性の震災学」学生が刊行 | 河北新報オンラインニュース

生と死向き合う「霊性の震災学」学生が刊行

河北新報オンラインニュース


刊行した「霊性の震災学」に込めた思いを語り合う学生たち。金菱教授(左)がそばに立ち耳を傾ける=仙台市泉区の東北学院大

 数多くの命を奪った東日本大震災について、東北学院大(仙台市)の学生らが、「死生観」を主題に向き合った。被災地でのフィールドワークを基に、これまで忌避されがちだった「震災死」を真正面から捉え、論考を書き上げた。論考は「呼び覚まされる 霊性の震災学 3.11生と死のはざまで」(新曜社)と題する本にまとめ刊行された。

 論考を書いたのは教養学部地域構想学科の金菱清教授(社会学)ゼミの4年生7人。2014年4月から約1年間かけて調査や取材を重ねた。

 「被災地支援のボランティアに参加するなどしてきたが、震災による死を正視してこなかった面がある。きちんと向き合おうということになった」。

ゼミ長の菅原優さん(22)=栗原市出身=は一連の取り組みに込めた思いを語る。

 菅原さんは名取市の閖上中旧校舎に建立された慰霊碑に着目。「生ける死者の記憶を抱く」という論考にまとめた。

犠牲になった14人の生徒の名を刻む碑文は、生徒たちが生きていたという事実のみを記したと受け止めた。

 鎮魂などの言葉がある慰霊碑を追悼型、復興などの文字が記されたものを教訓型と分類。閖上中の慰霊碑はそのどちらでもない「記憶」型だとし、記憶型の慰霊碑の本質を考察した。

 「死者たちが通う街~タクシードライバーの幽霊現象」を書いたのは工藤優花さん(22)=秋田県五城目町出身=。

石巻市で何人ものタクシー運転手に聞き取りをし、「震災の犠牲者だったのではと思われる客を乗せ、会話もした」といった複数の体験談に接した。

 工藤さんはもともと輪廻(りんね)転生などに関心があり、亡くなった人はどうなるのかを考えてきた。石巻での調査を振り返り、「亡くなった方の霊魂は被災した人々の心に宿っていると感じた」と話す。

 このほか、「672ご遺体の掘り起こし~葬儀業者の感情管理と関係性」、猟友会をテーマにした「原発避難区域で殺生し続ける」など多様な視点からの論考が並ぶ。金菱教授も「共感の反作用~被災者の社会的孤立と平等の死」と題して一つの章を担当した。

 金菱教授は「『死者はずっと生きている』といった人々の受け止め方が見えてきた。学生の調査と考察を通して、新しい宗教観にもつながる提起ができたと思う」と話している。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

『呼び覚まされる霊性の震災学』から思う「時間」 | 雨宮処凛



『呼び覚まされる霊性の震災学』から思う「時間」 | 雨宮処凛

東日本大震災から、あと少しで5年だ。

生き残った私たちは5年分、年を重ね、亡くなった人たちの時間はあの日のまま、止まっている。

そんな節目を前にして、ある本を読んだ。前回の原稿で取り上げた「タクシーに乗る幽霊」の論文が掲載されている『呼び覚まされる霊性の震災学――3.11 生と死のはざまで』(新曜社)だ。東北学院大学の「震災の記録プロジェクト」(金菱清ゼミナール)の学生たちの論文はどれも非常に読み応えがあり、「あの日」と「あの日以降に起きたこと」、そしてそれが今も現在進行形であることに、改めて思いを馳せた。

第一章は、やはり宮城県石巻市のタクシードライバーの話。震災以降、季節外れの真冬のコートを着た乗客がタクシーに乗り、行き先を告げるものの、気づいたらいないという「不思議な現象」について、そんな体験をしたドライバーたちに聞き取りをしたものだ。

例えば、夏の深夜、コートにマフラーで一人佇んでいた小学生くらいの女の子。「お母さんとお父さんは?」と尋ねると「ひとりぼっちなの」と言うので家の場所を聞き、送っていくもののタクシーを降りた瞬間にスーッと姿を消したという。

また、やはり6月なのにダッフルコートに身を包んで乗車してきた青年は、「彼女は元気だろうか?」と言い、気がつくと姿はなかったという。

「ちょっとした噂では聞いていたし、その時は“まあ、あってもおかしなことではない”と、“震災があったしなぁ”と思っていたけど、実際に自分が身をもってこの体験をするとは思っていなかったよ。さすがに驚いた。それでも、これからも手を挙げてタクシーを待っている人がいたら乗せるし、たとえまた同じようなことがあっても、途中で降ろしたりなんてことはしないよ」

震災で母を亡くしたドライバーは言う。

「夢じゃない?」と思う人も多いだろう。が、実際にタクシーのメーターは切られ、記録は残る。不思議な現象は、事実上、「無賃乗車」という扱いになっているという妙なリアリティ。

不思議なのは、ある意味で王道の「幽霊話」「怪談話」なわけだが、著者がこれらの「不思議な話」の調査において、「幽霊」と口にすると「そんなふうに言うんじゃない!」と怒鳴るドライバーがいるということだ。

通行人の中にも「幽霊なんて蔑むように言うんじゃない!」と声を荒らげたり、「幽霊とはちょっと違うかもしれないね」と諭す人がいたという。

「幽霊」の話だけど、でも違う。そこには、少し前まで当たり前に生きていた誰かの存在が無数にある。だからこそ、「幽霊とは違う」という言葉が出てくる。

5年という歳月は、そういうものなのだと思う。亡くなった人は、幽霊なんかじゃない。

だけど、3・11直後とは違って、そんな「不思議な現象」を、ある意味多くの人がバッシングに怯えずに「きっとそういうこともあるよね」と語ることができる、そういう歳月。

「時間」という意味では、3章の「震災遺構の『当事者性』を越えて 20年間の県有化の意義」も非常に興味深かった。震災や津波の被害の甚大さを伝え、後世に残すため、震災遺構を保存しておくか否かという問いがテーマだ。

例えば気仙沼で津波により打ち上げられた「第18共徳丸」。市街地に打ち上げられた大型漁船は津波被害を伝える震災遺構として注目されたが、3・11から2年後の2013年9月、住民の意向で解体撤去された。

撤去前までは多くの観光客が訪れてその前で手を合わせ、写真を撮り、商店街も観光客で賑わっていたという。しかし、撤去後は観光客の数も激減。が、保存の賛否を問うアンケートでは約7割の市民が「保存の必要はない」を選択したそうだ。

身内を失った遺族からすると「そんなもの見たくない」というのが本音であろう。一方、教訓や追悼の場として保存すべき、という意見も理解できる。
 
さて、まさにこの問題に直面しているのが、南三陸町の防災対策庁舎。12メートルを超える津波に襲われ、町の職員を含む43名が犠牲になった。錆びた鉄骨の骨組みだけが残る無惨な震災遺構には、今も訪問者が絶えないという。

やはりこの防災対策庁舎も、保存するか否かで賛否が分かれているという。そこで、宮城県はある決断を下した。「20年間の県有化」だ。結論を出すことを一旦ストップして、県が維持費を負担し、20年後、改めて判断しようということである。

著者はここで、広島の原爆ドームの保存に触れる。言わずと知れた、原爆、そして戦争のシンボルだ。この原稿で初めて知ったのだが、原爆ドームの「永久保存」が決まったのは1966年、戦争が終わって21年も経ってからのことなのだ。

戦後間もない広島市民は、3割がドームの解体を望んでいたという。また、米国からは撤去の圧力を受けていた。保存か解体か、もしくは「放置」か。当時は生活の再建が最優先され、放置された結果、原爆ドームは66年、永久保存が決まったのである。

「当時の広島も保存の議論で町全体がぎくしゃくしていた。つらい遺族の感情は、戦争も震災も同じ。防災対策庁舎も、残すかどうかの結論を焦ってはいけない」

広島市民の声である。

今から20年後は、2036年だ。果たしてその頃、南三陸町の人々はどんな決断を下すのだろうか。

そんなことを思うと、3・11以降、時々、痛いほどに実感する果てしないような感覚を思い出す。私たちが生きている今・この瞬間そのものが歴史を紡いでいるのだと。一体どれくらいの時間が経てば、痛みは歴史に変わっていくのだろうと。

さて、もうひとつ、紹介したいのは第5章「共感の反作用 被災者の社会的孤立と平等の死」だ。

この章の主人公は、宮城に住むある女性。自宅マンションで被災し、津波の被害には遭わなかったものの、両親は津波の犠牲になり、故郷の町は壊滅。が、彼女は「被災者」として扱われることはない。

「震災後、避難所や仮設住宅、お年寄りや子どもに復興のスポットライトが強烈にあたるなか、夫も子どももいて、家も流されなかった『普通のおばさん』は蚊帳の外におかれ、焦燥感と虚無感に苛まれていく」

著者はこの女性のような立ち位置を「コールドスポット」と呼ぶ。ホットスポットという強い光の反作用としてできるコールドスポット。津波にやられた実家で「ボロ雑巾」のようになった母の亡骸を自ら発見し、また遺体安置所を巡って死後2週間の父の遺体と対面し、心は壊れそうなのに、彼女の立場は「より軽度とカテゴライズされ」てしまう。

実際、3・11で彼女よりひどい思いをしている人はたくさんいる。しかし、だからといって「あなたの苦しみは軽度だ」と誰に言えるだろう。

いや、誰も彼女にそんなことは言っていない。しかし、未曾有の大惨事の中、彼女のように「自分より大変な人がたくさんいるんだから我慢しなくては」といろんな気持ちを押し殺してきた人は大勢いるはずだ。
 
ホットスポットの影にあるコールドスポットで、口をつぐんでしまう人々。だけど、自分の苦しみや痛みを低く見積もると、あとで大変なことになる。手痛いしっぺ返しを食らう。彼女も一時、無気力に苛まれ、夜か朝かわからない状態で睡眠薬を飲んで無理矢理寝るだけの日々を送っていたという。

その後、彼女はスピーチコンテストで自分の経験、思いを語ったことにより、「私は震災に遭って、両親も亡くなり、故郷も失った」ことを自分で初めて認めることができたという。それまでにかかった時間は、実に3年8ヶ月。

学生たちによって紡がれた『呼び覚まされる霊性の震災学』(5章のみ編者)。

被災の現場で掬い上げた小さな声に耳を澄ますように書かれた本書から浮かび上がった大きなテーマは、私にとっては「時間」だった。

もう少しで、あれから5年。ふと、戦後5年の世界に生きていた人たちってどんなことを考えていたんだろう、と思った。

(2016年2月3日 「雨宮処凛がゆく」より転載)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

東日本大震災「石巻・大川小学校」ここにいたら死ぬよ〈児童の訴えに〉先生たちは…津波で児童74名犠牲! もし、先生がいなかったら、児童は死ぬことはなかった……


【重罪】東日本大震災、巨大津波を認識していた原発官僚・東電ら!報道されていれば犠牲者は減った! ー2015年09年9月ー3月11日の2年前!「クビになるよ」と津波対策を封殺──福島原発告訴団、旧保安院職員ら


東電の重大犯罪「津波」の表現を和らげるよう依頼、東日本大震災8日前!福島沖で過去に起きた巨大な貞観地震!2011年3月3日/2010年には津波対策に、あまり関わるとクビになるよ!


福島原発「吉田調書」未曽有の大惨事にならなかったのは、たまたま「偶然」が重なっただけだ!! 日本滅亡の可能性があった!


平安「貞観地震」の9年後に「関東巨大地震」その9年後に「南海トラフ巨大地震」東京五輪の年!古文書…


復興予算は、なぜ被災者支援に届かなかったのか?復興を食い物にする政治家、官僚 、一部企業との癒着!25兆円という莫大な復興予算を巡る省庁、官僚たちの予算ぶん捕り合戦と、被災者を無視したあまりに杜撰(ずさん)でいい加減な予算流用の実態である。


3・11東日本大震災、復興したのは原発再稼働、官僚・大手企業の復興利権、戦争国家、自民党の献金増大…戦争国家、自民党の献金増大、官僚天下り、原発ムラ…

東日本大震災の復興予算、自民に還流/2億円献金、違法の疑い/12年、トヨタ・キヤノン…補助金交付先から


福島原発事故、作業員800人死去!自民党・高市の原発事故による死亡者は出てないは大ウソ!東北大学医学部附属病院が緘口令!惨状に堪えられない医師や看護師らから外部に次第に洩れ!


福島原発事故、300キロ範囲は緊急避難の状況と理解、消防士の証言!東京越え長野、甲府…仙台越え盛岡~!福島県浪江町…放射能と闘った消防士たち…



ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します
放射線治療の第一人者 - みんなが知るべき情報/今日の物語" >内部被ばくの影響は10年後、必ずでてくる!西尾正道北海道がんセンター院長/放射線治療の第一人者インタビュー/ 財界さっぽろ


過酷事故から5年「汚染水たれ流し」の実態!福島第一原発「ノーコントロール」殆どの日本人は日々、被曝している事すら知らない、被曝を軽視している!


原発事故処理、国民負担3兆4千億円超!賠償・除染など/総額見えず際限なく膨張…電気代、税金から!福島原発 事故5年




sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

[ 2016年03月11日 15:21 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)

東日本大震災、津波/変わり果てた母、助けられず「ありがとう、大好きだよ」と伝え瓦礫に母残し4年

東日本大震災、津波/変わり果てた母、

助けられず「ありがとう、大好きだよ」と

…瓦礫に母残し4年


ブログランキング・にほんブログ村へ












ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

兵頭に訊こうより抜粋引用

「大好きだよ」瓦礫に母残し4年 19歳が誓った言葉」という記事が載っていた。

東日本大震災追悼式で、宮城県の遺族を代表して、菅原彩加(さやか)(19)が述べた「生きていくことが家族への恩返し」である。読んでみよう。(文章は、ディスプレイ上の読みやすさを考慮して、兵頭の方で、読点を増やしてある)

(春は忘れない)

「私は、東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市大川地区で生まれ育ちました。

小さな集落でしたが、朝学校へ行く際すれ違う人皆が「彩加ちゃん! 元気にいってらっしゃい」と声をかけてくれるような、温かい大川がとても大好きでした。

あの日、中学の卒業式が終わり、家に帰ると、大きな地震が起き、地鳴りのような音と共に津波が一瞬にして私たち家族5人をのみ込みました。

しばらく流された後、私は運良く瓦礫(がれき)の山の上に流れ着きました。

その時、足下から私の名前を呼ぶ声が聞こえ、かき分けて見てみると、釘や木が刺さり、足は折れ、変わり果てた母の姿がありました。

右足が挟まって抜けず、瓦礫をよけようと頑張りましたが、私一人にはどうにもならないほどの重さ、大きさでした。

母のことを助けたいけれど、ここに居たら私も流されて死んでしまう。

「行かないで」という母に、私は「ありがとう、大好きだよ」と伝え、近くにあった小学校へと泳いで渡り、一夜を明かしました。

そんな体験から今日で4年。

あっという間で、そしてとても長い4年間でした。家族を思って泣いた日は数えきれないほどあったし、15歳だった私には受け入れられないような悲しみがたくさんありました。全てが、今もまだ夢の様です。

しかし私は震災後、たくさんの「諦めない、人々の姿」を見てきました。震災で甚大な被害を受けたのにもかかわらず、東北にはたくさんの人々の笑顔があります。
「皆でがんばっぺな」と声を掛け合い復興へ向かって頑張る人たちがいます。

日本中、世界中から東北復興のために助けの手を差し伸べてくださる人たちがいます。そんなふるさと東北の人々の姿を見ていると、「私も震災に負けてないで頑張らなきゃ」という気持ちにいつもなることが出来ます。

震災で失った物は、もう戻ってくることはありません。被災した方々の心から震災の悲しみが消えることも無いと思います。しかしながらこれから得ていく物は、自分の行動や気持ち次第でいくらにでも増やしていける物だと私は思います。前向きに頑張って生きていくことこそが、亡くなった家族への恩返しだと思い、震災で失った物と同じくらいの物を、私の人生を通して得ていけるように、しっかり前を向いて生きていきたいと思います。

最後に、東日本大震災に伴い被災地にたくさんの支援をしてくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。また、お亡くなりになったたくさんの方々にご冥福をお祈りし、追悼の言葉とさせていただきます」

青春はすべてを語る、と思ったら、大間違いだ。青春の傷は深く、大きく、すべては語らない。語れない。「家族を思って泣いた日」「亡くなった家族」とぶっきらぼうに語るだけだ。しかし、忘れない。長じて、いや人生の晩年に、或る言葉に、意味に、辿り着くのだ。

こういう事例は、阪神・淡路大震災でも多く見てきた。衝撃があまりに強すぎて、深すぎて、言葉が、気持ちに追いつけない、うまく言葉で表せない。

救いは、苦しみを撥ね付ける青春の生命力の強さである。

兵頭に訊こうより抜粋引用
http://m-hyodo.com/circumstance-41/


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

津波の悲劇、宮城県・大川小学校!校庭に留まり、児童74名犠牲!先生ここにいたら死ぬよ!東日本大震災、悲劇を繰り返さないで…!


安倍晋三はいう「命を守る」のではなく「国を守る」のが総理!際限なく「命」が失われても国家!野党時代、鳩山元総理に言った! 殺人鬼か…戦前戦中も「命」は全然守らずに「国」を守ろうとした。


年金5割株運用/資金26兆円消失の衝撃!リーマン並の株価下落なら!GPIFリスク、損失のツケは国民へ!WJ Independent Web Journal


高齢者『早死に棄民計画』確信犯の汚染水垂れ流し、被爆隠蔽“高齢者扶養減らし”事故収束に本気でない

小澤征爾氏、戦争はもうやめなよ!戦争を繰り返さない!日本は戦争しない、そんな国できたのは初めてですよ


“原発は反社会的存在”…原発は国家ぐるみの粉飾決算=吉原・城南信金理事長インタビュー!


2015年に大地震は発生する!当たる予言者・科学者たちの見解を一挙紹介!富士山大噴火も…!日本列島大地動乱、関東大地震、東南海、富士山、桜島など!千年前の平安の地震、噴火大災害に似ている!


放射能対策、癌予防【玄米ジュース】発芽玄米ジュースを一日一杯!免疫力がアップする/兵頭正俊氏/玄米を超える発芽玄米ジュース/眼精疲労・疲れ目解消にも

渡辺謙、脱原発【ダボス会議スピーチ全文】報じたのは、東京新聞だけだった!必読、拡散希望…


sohnandae Twitter→復活Twitter

みんなが知るべき情報

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

[ 2015年03月14日 18:43 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR