FC2ブログ

日々物語fc2

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
日々物語fc2 TOP  >  健康
カテゴリー  [ 健康 ]

減塩で死ぬ!殆どの国民が知らない【武田邦彦】減塩のほうが健康に良いなどという根拠は医学的には皆無です!動画あり「減塩」=「塩分悪者」にする必要があった「降圧剤」を売る連中の策略!減塩食はヘルシーではない!高血圧で血圧の基準を10下げると降圧剤が4千億円ほど余計に売れる!塩は生命の源、とても大切、生きる為に不可欠なモノ!

減塩で死ぬ!殆どの国民が知らない【武田邦彦】減塩のほうが健康に良いなどという根拠は医学的には皆無です!動画あり「減塩」=「塩分悪者」にする必要があった「降圧剤」を売る連中の策略!減塩食はヘルシーではない!高血圧で血圧の基準を10下げると降圧剤が4千億円ほど余計に売れる!塩は生命の源、とても大切、生きる為に不可欠なモノ!


【武田邦彦】殆どの国民が知らない「減塩で死ぬ」 - YouTube

減塩もほどほどに、by武田教授 ( 生活習慣病 ) - 情報収集中&放電中 - Yahoo!ブログ(記事は下記に)

減塩食は「ヘルシー」ではない!減塩のほうが健康に良い!などという根拠は医学的には皆無です!高血圧説も根拠なく、減塩の嘘!武田邦彦氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語

【武田邦彦】みんな騙されている塩分と血液の関係を暴露!実におかしい! - YouTube

【武田邦彦】医師がひた隠しにする血圧の真実!※永久保存版※ - YouTube




減塩もほどほどに、by武田教授 ( 生活習慣病 ) - 情報収集中&放電中 - Yahoo!ブログ


武田邦彦先生が、科学者という中立的な立場で、「健康」について、情報を発信しており、「塩と高血圧」の関係と、「血圧と健康」について、医学界の「異常識=減塩」を、斬っています。

☆「高血圧で、血圧の「基準」というのを10下げると降圧剤が4000億円ほど余計に売れる」
★減塩食は「ヘルシー」ではない!減塩のほうが健康に良い!などという根拠は医学的には皆無です!武田邦彦氏

お金は人生にとって大したことは無いとは言っても、やはりお金はお金である。
でも、やはり人生にとってもっと大切なものの一つは「健康」だろう。その健康までもお金に翻弄されている。

一番、危惧されているのは、
たとえば高血圧で、血圧の「基準」というのを10下げると降圧剤が4000億円ほど余計に売れると言われている。
だから少しずつ血圧の基準が下がってきた。

なかなか、伝わらないので、リチャードバックギア

【降圧剤】の矛盾は、顕著な社会現象になっている。ボケと熱中症を増産!
高血圧ビジネスは、ほとんど、詐欺同然だ!
ただの塩屋が言っているわけではなく、
科学者の武田邦彦氏が、言っているんです。
是非、聞いて見て下さい。
熱中症と降圧剤の関係 急に環境が、地球が「暑くなったわけではない」

,覆里法△匹Δ靴董◆崘中症」で倒れる人が増えたのか?

◆減塩?は、ヘルシーではない」高血圧のお話

武田邦彦 音声:「減塩食」は「ヘルシー」ではない・・・正しい医療の普及のために - YouTube

https://m.youtube.com/watch?v=Sv9_Cs_vnyQ
武田邦彦氏が、その謎を、説明しています。

======

問題は65歳以上の老人だ。現在の統計や臨床医のお話を聞くと、65歳以上は二つの原因がある。
一つは都市に住んでいるのに節約してエアコンをつけないで頑張る、
二つは血圧降下剤やそれと併用する利尿剤などを飲んでいる、という場合だ。

血圧降下剤やそれと併用する利尿剤は大会社が作っているし、大スポンサーなのでそれが熱中症の大きな原因であることは多くの医師が知っていて、テレビも知っているが「長いものに配慮」ということで、老人は死んで行っている。

健康を知る007 熱中症を防ごう・・・水ではないから : 武田邦彦 (中部大学)

======

ただのお塩屋は、「異常識」=「減塩」を、斬りまくる「お塩置き人」です。
「お塩は、生命の源」で、とっても、大切で生きる為に不可欠なモノなんです。
「減塩」=「塩分悪者」に、する必要があった「降圧剤」を売る連中の「策略」なんです。
「血圧」を下げるクスリが、多くの「ボケ」を、増産させています。
国も、グルなんです。一刻も、その「しかけ」に気がつかないと、日本が滅びます。

下記のスライドをご覧ください

https://m.youtube.com/watch?v=8ikd-_37X1g

https://m.youtube.com/watch?v=V39nM7niNiA

https://m.youtube.com/watch?v=Sv9_Cs_vnyQ

毒を売りまくる企業が、蔓延り、
まともなことをする少数の人たちが、ギリギリで生きて活動する世の中です。
10000人のうちの「たった一人」が、
「ある目的を持った人が、意図を持ってつくった常識に」、「NO」と言えば、世の中、変わるのです。

私は、国がすすめる「減塩指導」を、真っ向から「ダメ」だと言って、
「全国塩脚=実力行使」しております。

たった一台の軽トラック お塩ちゃん夕張号を走らせ、
「熱中症対策」を喚起しております。

国がすすめる「減塩指導の人体実験」のたまもの=結果が、
「熱中症で倒れる人、増え続ける」社会現象なのです。

==================

そのあおり(影響)は、弱い立場の子ども達、年配者、弱っている人たちに、襲いかかる。

【弱きを助け、強き(権力)をくじく】

(お塩のお話会)内容
・塩と塩分
・身体の中で、「塩分」は、どういう役割をになっているのか
・お塩の必要量は、身体が知っている
・高血圧の原因は、塩でなかった
・いい塩梅=舌(ベロ)メーター
・ボケの原因は、「降圧剤」だ
・減塩◎◎商品のおぞましい秘密
・「塩不足」で、「陰性体質」が、流産を引き起こす
・少子化の原因
・生命の源「腎」とは
・生理痛・生理不順は、単なる「塩分不足」
・お医者さんが、「原因不明」とする不定愁訴は、「塩不足」

◆◆◆◆◆
全国塩脚の日程(スケジュール)を、組んでおります。近くまで伺います。
空いている日程で、「お塩の真実」お話会の主催をお願いできませんか?

生き残れるスベ、元気になれる方法が、「お塩の未知」です。
一人でも多くの人に、知っていただきたい内容です。



★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆

随時、天日海塩750の「取扱店」を募集中です。

★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆
ーーーーーーー

===天日海塩750の全国塩脚===

ーーーーーーー
?命の大切さ叫ぶ声?
力にしていくよ 何度も
明日がその10001人目かもしれない…
一万人との出会いを、求めて 
===天日海塩750の全国塩脚===
軽トラキャラバン 
【減塩打破】?お塩不足解決? 
天日海塩750 総販売元 ご塩社ゆうばり
北海道夕張市鹿ノ谷三丁目3番地
0123-57-7139 
お塩相談電話 080-2386-2421
パソコン版 http://50goen.com/
スマホ版  http://50goen.com/sp/
facebookページ
https://www.facebook.com/osiogoen/
天日海塩ブログ
http://50goen.jugem.jp/?eid=50


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

減塩の嘘“高血圧説も根拠なく”減塩すべきは化学塩の食塩!自然塩で健康維持!…頻尿、冷え性など改善!

降圧剤の恐怖!がん、脳梗塞、認知症のリスクが高まる!基準値が180から50下げられ130になった!高血圧はほっとくのが一番!高血圧=脳溢血、その常識は時代遅れ!高血圧と言われても気にしなくていい理由!製薬会社の莫大な利益!上は180、下は110まで大丈夫!塩=高血圧は医学的根拠なく!- みんなが知るべき情報/今日の物語



集団検診被曝の背後に恐ろしい勢力の暗躍!朝日新聞が設立した【日本対がん協会】検診ムラ!生体実験・日本軍731部隊とX線胃がんバリウム検診の医療被曝【がん発症】日本は世界一、医療被曝が多い! 731部隊の指揮官は安倍の祖父・岸信介! - みんなが知るべき情報/今日の物語




米国公文書に明記!ガン3大療法もワクチンもブドウ糖点滴も人口削減計画の一環と!癌じゃないのに癌という診断を受けて本物の癌を発症!危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法の三大療法を受け、命を落としていると!癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません!重曹など癌対策記事あり! - みんなが知るべき情報/今日の物語


がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって変わる!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる…食事、運動、生活環境で!薬が病気をつくる!自分を守るのは医者ではなく自分自身!新説は癌治療の常識を変えるか!- みんなが知るべき情報/今日の物語




遺伝子は変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する! - みんなが知るべき情報/今日の物語


【睡眠薬の甘い罠】睡眠薬・睡眠導入剤、その一錠が病気をつくる、脳をダメにする!睡眠薬による眠りは麻酔薬と同じ!高齢者交通事故や殺傷事件の一部は薬の副作用か!薬を使わない薬剤師が教える本 /宇多川久美子著- みんなが知るべき情報/今日の物語



「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!元ハーバード大学准教授・荒木裕/癌は熱い風呂、味噌、重曹で治る位の病気!ガン細胞は糖質が大好物「三大療法」ではガンは治らない!減塩は悪魔のささやき!純ココア・高カカオチョコレート、カレー粉など!糖尿病、認知症、動脈硬化…生活習慣病!高齢者は、魚には必ず、卵か肉を、アミノ酸バランスが魚は不十分です。動物性蛋白質・脂肪で体を作り体温を上げて免疫力がアップします。プロティン、アミノ酸サプリメントの人工食品はは腎臓に負担をかけ副作用があります。卵はスーパーフードです。スポーツマン、受験生にも最適です。急ぐ時は生卵で。食品のコレステロールは余分な分は排出されます。- みんなが知るべき情報/今日の物語






フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



スポンサーサイト
[ 2019年07月17日 16:58 ] カテゴリ:健康 | TB(-) | CM(0)

パンと牛乳と小麦粉は【癌・糖尿病・認知症・生活習慣病】のリスクを高める!パンは腸と脳をこわす!牛乳は【がん細胞を活性化】骨と血管を弱くする!乳ガン患者はパンと牛乳と砂糖、糖質が大好き!疲れ、肥満、腸トラブル、うつ、湿疹!

パンと牛乳と小麦粉は【癌・糖尿病・認知症・生活習慣病】のリスクを高める!パンは腸と脳をこわす!牛乳は【がん細胞を活性化】骨と血管を弱くする!乳ガン患者はパンと牛乳と砂糖、糖質が大好き!疲れ、肥満、腸トラブル、うつ、湿疹!




『パンと牛乳は今すぐやめなさい』パンは腸と脳をこわす!牛乳は骨と血管を弱くする!乳ガン患者はパンと牛乳が大好き!小麦のタンパク質『グルテン』の怖さ!疲れ、肥満、腸トラブル、うつ、湿疹なども改善!自傷行為や異常行動がおさまった!/小麦のタンパク質『グルテン』の怖さー未消化のグルテンは体内では『異物』だ!臓器を攻撃する抗体ができてしまうー人間の臓器には、小麦のタンパク質とアミノ酸配列が似ているものがある!/人は牛乳のタンパク質を分解できない!中毒を起こすモルヒネ様の物資に変化する!日本人に不足がちな鉄の吸収を阻害する!詳細は本を読んで下さい、お勧めです! - みんなが知るべき情報/今日の物語



がん細胞~牛乳の功罪「がん細胞を活性化」牛乳は本当に、よくがんを育ててくれる!乳癌と乳製品と糖質の乳癌と乳製品と糖質の過剰摂取…そして放射能と原発再稼働!



パンばかり食べる人が密かに陥る【体調不調】小麦粉「グルテン」が脳に炎症を起こし、腸に小さな穴を開ける!味噌汁…1日1杯程で血管年齢を10歳ほど若返える!小麦粉のケーキやラーメン、パスタ、うどん、クッキー、菓子パン…長生きしたけりゃ!


菓子パンは超危険!人体が危機的被害…血糖値が乱高下!栄養ゼロで高カロリー!糖尿病、がん、生活習慣病…/食事が菓子パン、ケーキなど、大甘好き、炭水化物好きの人は要注意!子供たちのスポーツチームに怪我が多いのも栄養・食事に問題があるのかもしれない!


山崎製パンだけ【有毒で発ガン性添加物、パーマ液の成分】柔らかいパンの秘密!!-gooブログ


輸入される米国産小麦のほとんどから発癌物質グリホサートが検出!モンサントの有罪が確定した!元農水相山田氏の訴え/日清製粉等大手3社の小麦粉等からグリホサート検出!米国、EUでは今大変なことが起きています!安倍内閣に命令して「種子法」を廃止させたモサントの【除草剤】がん性で320億円賠償責任「ラウンドアップ」 - みんなが知るべき情報/今日の物語


集団検診被曝の背後に恐ろしい勢力の暗躍!朝日新聞が設立した【日本対がん協会】検診ムラ!生体実験・日本軍731部隊とX線胃がんバリウム検診の医療被曝【がん発症】日本は世界一、医療被曝が多い! 731部隊の指揮官は安倍の祖父・岸信介! - みんなが知るべき情報/今日の物語




米国公文書に明記!ガン3大療法もワクチンもブドウ糖点滴も人口削減計画の一環と!癌じゃないのに癌という診断を受けて本物の癌を発症!危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法の三大療法を受け、命を落としていると!癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません!重曹など癌対策記事あり! - みんなが知るべき情報/今日の物語


がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって変わる!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる…食事、運動、生活環境で!薬が病気をつくる!自分を守るのは医者ではなく自分自身!新説は癌治療の常識を変えるか!- みんなが知るべき情報/今日の物語




遺伝子は変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する! - みんなが知るべき情報/今日の物語

遺伝子は変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する! - みんなが知るべき情報/今日の物語



著名人は何故【癌でなぜ急死するのか】眠っているがんを起こしてはいけない!手術、抗がん剤、人間ドックやがん検診で命が縮む怖ろしい実情!オプジーボなど「夢の新薬」の闇!近藤誠著/樹木希林さん、有賀さつきさん、九重親方…有名人の闘病を例に、わかりやすく語る! - みんなが知るべき情報/今日の物語


末期がん患者の8割が改善!タマゴ・肉・脂質が主食『糖質制限』免疫栄養ケトン食!衝撃の最新科学研究!肉たまご、動物性脂肪…バター・ラードは体に良い…今までの説と真逆!良質なタンパク質と脂質を主食に!タマゴ肉の蛋白質が体・細胞を作り、体温を上げ、免疫力を高める!癌細胞は糖質が大好き、糖質、炭水化物の過剰摂取が自律神経を乱し、万病の元!動物性脂肪は脳の栄養!過剰摂取分は排出されます… 脳が疲れたら甘い物はウツの危険!肥満、体の脂肪は糖質の過剰摂取!動物性脂肪を摂取しない『糖質制限』は危険です! - みんなが知るべき情報/今日の物語





癌にタマゴと「がん治療に殺された人、放置して生きのびた人」の著者「近藤誠医師」も記述!元ハーバード大学准教授・荒木裕医師も「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!がんを切らない選択、抗がん剤だけはやめなさい、がんでもふつうに暮らし、穏やかに逝く極意!近藤誠医師も上記の本の中で、がん対策に卵で先ず栄養をとりなさいと。糖尿病、肝臓病の医師達も卵を1日3個以上を奨めています。- みんなが知るべき情報/今日の物語

熱中症、夏バテ対策に《たまご》で体つくり!卵はスーパーフード!卵の蛋白質とビタミン、ミネラルが体を作る!1日3個以上!麦茶より《ほうじ茶》タマゴに不足のビタミンCもとれる!牛乳はよくない、人は牛乳のタンパク質を分解できない!ホルモンバランスをくずして発ガンのリスクが増大する!卵アレルギーの人は肉!- みんなが知るべき情報/今日の物語

卵『タマゴ』は死に至る病の罹患率を下げる!英国、中国の科学者!脳卒中、心臓疾患、認知症、がん、糖尿病、生活習慣病! - みんなが知るべき情報/今日の物語



末期がん患者の8割が改善!タマゴ・肉・脂質が主食『糖質制限』免疫栄養ケトン食!衝撃の最新科学研究!肉たまご、動物性脂肪…バター・ラードは体に良い…今までの説と真逆!良質なタンパク質と脂質を主食に!タマゴ肉の蛋白質が体・細胞を作り、体温を上げ、免疫力を高める!癌細胞は糖質が大好き、糖質、炭水化物の過剰摂取が自律神経を乱し、万病の元!動物性脂肪は脳の栄養!過剰摂取分は排出されます… 脳が疲れたら甘い物はウツの危険!肥満、体の脂肪は糖質の過剰摂取!動物性脂肪を摂取しない『糖質制限』は危険です! - みんなが知るべき情報/今日の物語

卵のコリンが認知症の予防に!1日の摂取量は550mg、3個以上!さらに脳に良いカロテノイド、 緑黄色野菜野菜と一緒に食べると吸収率が8倍!元気で長寿の人は1日にタマゴを3個~5個!1日に10個以上食べてもOKが最新科学研究! 脳と筋肉に良いタマゴ!がん、糖尿病、動脈硬化、美容、ダイエット!*管理人はカロチノイドが含まれるカレー粉を生卵やタマゴ料理に使っています!- みんなが知るべき情報/今日の物語


がん、生活習慣病!医者が教える食事術『最強の教科書』20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68! 末期がん患者の8割が改善!タマゴ・肉・脂質が主食『糖質制限』免疫栄養ケトン食!衝撃の最新科学研究!肉たまご、動物性脂肪…バター・ラードは体に良い…今までの説と真逆!良質なタンパク質と脂質を主食に!タマゴは1日10個、食べてもOK!痩せたければ脂質をとれ!- みんなが知るべき情報/今日の物語


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語

緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!

がん、脂肪肝改善【高カカオチョコ】食前3食・間食前に…1日25グラム/生活習慣病、癌、糖尿病、認知症、肝臓、心臓疾患 、便秘、動脈硬化、高血圧 、免疫力アップ、脳卒中予防 、インフルエンザ、風邪、疲労回復、滋養強壮、記憶力、美肌、ダイエット、ピロリ菌など!純ココア=無糖カカオチョコ- みんなが知るべき情報/今日の物語

『皮付きピーナッツ』がん、認知症、糖尿病、目の老化予防、便秘、美肌、放射線障害、生活習慣病!ハーバード大研究でわかった最強食材!レスベラトロール栄養成分!1日の摂取量は30粒程度!井上教授の新刊ハーバード大の研究でわかったピーナッツで長生き!中国産の殻つきピーナッツも今は安全ですとあります!ー管理人のメイン『スーパーフーズ』は卵ですが、皮つきピーナッツもラインナップしました。味噌、重曹、カレー粉、高カカオチョコ、などと共に。 - みんなが知るべき情報/今日の物語




降圧剤の恐怖!がん、脳梗塞、認知症のリスクが高まる!基準値が180から50下げられ130になった!高血圧はほっとくのが一番!高血圧=脳溢血、その常識は時代遅れ!高血圧と言われても気にしなくていい理由!製薬会社の莫大な利益!上は180、下は110まで大丈夫!塩=高血圧は医学的根拠なく!- みんなが知るべき情報/今日の物語



【睡眠薬の甘い罠】睡眠薬・睡眠導入剤、その一錠が病気をつくる、脳をダメにする!睡眠薬による眠りは麻酔薬と同じ!高齢者交通事故や殺傷事件の一部は薬の副作用か!薬を使わない薬剤師が教える本 /宇多川久美子著- みんなが知るべき情報/今日の物語



乳がん検診、乳がんビジネスに殺されるな!乳がん死亡者数は増える一方!早期発見にて死亡者数は減るはずが逆に増加!乳がん検診にて患者狩りを行っている!そして抗がん剤を投与されて二度と帰らぬ人となる!マンモグラフィー等で撮影したレントゲン写真で、あなたはがんにされるのです。レントゲン写真にて、がんだか何だかわからないグレーなものまで含めて、あなたはがんだと判断されるのです。もっと悪質な病院となると、がんになっている他人のレントゲン写真と、検診に来た本人の写真を入れ替えて見せているそうです。そして、抗がん剤を投与されて二度と帰らぬ人となるのです。早期発見によって早期死亡しているからなのであります。がん検診を私達は信用してはいけないのです。 がん細胞は42度で死滅します。一日に数回、お風呂に入って体を温めればがんは治るのであります。たったこれだけなのです。 - みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



[ 2019年07月14日 19:50 ] カテゴリ:健康 | TB(-) | CM(0)

再生医療、がん治療の星!多能性幹細胞【ミューズ細胞】脳梗塞…治験開始、腎不全、皮膚培養、がん治療!体のさまざまな組織の細胞に変化する修復細胞!今ある医療現場の他の治療法に比べて製造コストも低く使い勝手もいい治療法となるだろう!脳神経細胞が死滅して起きる、まひなどの後遺症など!発見者・出澤真理教授・東北大学!ノーベル賞候補!

再生医療、がん治療の星!多能性幹細胞【ミューズ細胞】脳梗塞…治験開始、腎不全、皮膚培養、がん治療!体のさまざまな組織の細胞に変化する修復細胞!今ある医療現場の他の治療法に比べて製造コストも低く使い勝手もいい治療法となるだろう!脳神経細胞が死滅して起きる、まひなどの後遺症など!発見者・出澤真理教授・東北大学!ノーベル賞候補!ミューズ細胞は生体が傷ついた時、自然と集まって組織を修復する、誰もがもつ細胞=万能細胞なのです!


プレスリリース:脳梗塞に対するMuse細胞治療の治験開始 | 東北大学病院 脳神経外科 | 東北大学病院 脳神経外科(記事は下記に)


【現場から、】新しい時代に、注目のMuse細胞 研究本格化 TBS NEWS(記事は下記に)



【現場から、】新しい時代に、注目のMuse細胞 研究本格化 - YouTube


東北大、慢性腎不全マウスの組織修復に成功-ヒト多能性幹細胞を投与 | 科学技術・大学 ニュース | 日刊工業新聞 電子版(記事は下記に)

NEDO:Muse細胞を用いたヒト3次元培養皮膚が実用化へ(記事は下記に)

今、注目のMuse細胞の発見者 出澤真理氏が第4回がん撲滅サミットに登場!|第4回がん撲滅サミット実行委員会のプレスリリース(記事は下記に)

NEDO:Muse細胞を用いたヒト3次元培養皮膚が実用化へ(記事は下記に)




【現場から、】新しい時代に、注目のMuse細胞 研究本格化 TBS NEWS


【現場から、】新しい時代に、注目のMuse細胞 研究本格化

 シリーズ「現場から、新しい時代に」。今回は「Muse(ミューズ)細胞」と呼ばれる新たな万能細胞についてお伝えします。いま研究が本格化していて、近い将来、脳梗塞などの後遺症を点滴で治せるようになるかもしれないと、注目されています。

 仙台市に住む針生敏郎さん(66)。1年半前、脳出血で倒れ、妻の幸美さん(55)と一緒にリハビリを続けています。

 「痛がったり、したいことが伝わらない。聞いても答えてくれない。意思が伝わるようになれば」(妻 幸美さん)

 脳神経細胞が死滅して起きる、まひなどの後遺症。治療に効果を発揮すると期待されているのが、Muse細胞です。こちらの実験映像。脳梗塞を起こしたラットは歩くことすらままなりません。しかし、Muse細胞を投与してから3か月後、回復を遂げました。一体何が起きたのか。Muse細胞を発見した東北大学の出澤真理教授。この万能細胞には、壊れた神経細胞などを再生させる力があると話します。

 「血管に投与しただけで傷の場所に行き、壊れた複数の細胞に同時多発的になり代わってくれる」(Muse細胞発見した 出澤真理教授)

 Muse細胞を血液中に投与。すると、傷ついた場所までたどり着き、新たな細胞に変化して、機能をよみがえらせるというのです。驚くべき力を持つMuse細胞。実は、私たちの体内に存在しています。

 「体はいろいろな所が傷ついたり、細胞がなくなったりしている。それをメンテナンスして、恒常性を保つ一端を担っているのがMuse細胞」(Muse細胞発見した 出澤真理教授)

 しかし、まひなどの後遺症は、体内のMuse細胞では足りず、ドナーから取り出した他の人のMuse細胞を投与することで、あのラットのように回復が見込めるのです。

 そして、いま、実用化に向けた研究が本格化しています。東北大学病院では去年9月から、Muse細胞の点滴を実際の患者に投与する治験が始まっています。まひなどの後遺症を点滴で治せるかもしれないMuse細胞。厚生労働省の承認を得て再来年にも製品化される期待が高まっています。

 「すごく楽しみにしている。一日でも早く実用化されればトライしたい」(妻 幸美さん)

 「Muse細胞の点滴ができると、再生医療が一般のクリニックでもできるようになる。医療を大きく変えることができるのではないか」(Muse細胞発見した 出澤真理教授)


プレスリリース:脳梗塞に対するMuse細胞治療の治験開始 | 東北大学病院 脳神経外科 | 東北大学病院 脳神経外科


プレスリリース:脳梗塞に対するMuse細胞治療の治験開始

2018/09/07

9月3日に、共同研究を行っている株式会社生命科学インスティテュートと共に東京で記者会見を行いました。
内容は、「脳梗塞患者を対象としたMuse細胞製品の探索的臨床試験の開始」についてです。

Muse 細胞(Multilineage-differentiating Stress Enduring cell)は、2010 年に本学の出澤真理教授らのグループにより発見された、ヒトの多様な細胞に分化する能力を有する多能性幹細胞です。もとから生体内の間葉系組織内に存在する自然の幹細胞であることから腫瘍化の懸念が少ないことに加え、目的とする細胞に分化誘導する必要がなく、そのまま静脈内に投与するだけで傷害部位に遊走、集積し、生着して組織を修復するという特長を有しています。

私たち脳神経外科も早くからこの細胞に注目し、前臨床試験(動物実験)を行ってきました。前臨床試験の結果、Muse細胞で治療することにより、運動機能や知覚障害の有意な改善が得られることが証明されています。

今回の治験では、発症後亜急性期の脳梗塞患者さんを対象に、細胞製剤を静脈内投与することにより治療します。プラセボを対照とし、二重盲検で35例の患者さんを治療します。9月中に当院で治験を開始予定です。
本治療により、脳梗塞の患者さんの転帰改善につながれば幸いです。

NHK、テレビ朝日(報道ステーション)からはテレビ取材も入りました。下記にそれぞれの記事・動画へのリンクを用意しました。
文責:新妻邦泰


三菱ケミカル系バイオ企業、再生細胞で脳梗塞を治療へ  :日本経済新聞


三菱ケミカル系バイオ企業、再生細胞で脳梗塞を治療へ 

2018/9/3 15:25

三菱ケミカルホールディングス傘下の生命科学インスティテュート(東京・千代田、木曽誠一社長)は3日、開発中の再生医療製品「Muse(ミューズ)細胞」の新たな臨床試験(治験)を始めると発表した。すでに急性心筋梗塞の治験が1月からスタートしており、今回は2つめの治験として脳梗塞治療を狙う。有効性や安全性を確認し早期実用化を目指す。

治験について説明する生命科学インスティテュートの木曽社長(写真(左))=東京都中央区

脳梗塞の治験について説明する東北大の
冨永教授(東京都中央区)

ミューズ細胞は東北大学の出沢真理教授らの研究チームが発見した多能性細胞の1つで、様々な細胞に分化する性質が知られている。点滴で静脈に送り込むと体内の傷ついた場所に集まり、組織や細胞を再生する性質がある。この性質を使った様々な研究が進んでいる。

生命科学インスティテュートは東北大学病院で9月から脳梗塞患者を対象にした治験を始める。脳梗塞による年間死亡者数は6万人以上とされ、脳梗塞を含む脳血管障害は日本における入院原因の第2位。発症後に運動機能障害などの後遺症も起きるため、要介護になる可能性も高い。

これまでのラットを使った治療実験では運動機能の改善効果が確認されており、今回、実際の脳梗塞患者を対象にした治験で安全性や有効性を確かめる。

木曽社長は「今ある医療現場の他の治療法に比べて製造コストも低く、使い勝手もいい治療法となるだろう」と強調。研究代表の東北大の冨永悌二教授は「脳梗塞の後遺症は生活の質を落とす原因だが、ミューズ細胞で介助不要な状況に改善できる可能性がある」と話した。

今回の治験は脳梗塞発症後2週間以上が経過し20歳以上80歳以下の患者が対象で、身体機能の障害などを起こしていることが治験に参加できる患者の条件となる。約35人を対象に治験を進め、2020年1月の終了を見込んでいる。(高田倫志)


今、注目のMuse細胞の発見者 出澤真理氏が第4回がん撲滅サミットに登場!|第4回がん撲滅サミット実行委員会のプレスリリース


今、注目のMuse細胞の発見者 出澤真理氏が第4回がん撲滅サミットに登場!

2018年9月5日 10時00分第4回がん撲滅サミット実行委員会

 2018年11月18日(日)午後1時から東京ビッグサイト国際会議場で開催される第4回がん撲滅サミット(https://cancer-zero.com)。
 その医療スペシャル講演に先日の『報道ステーション』(ANN系列)でも取り上げられたMuse細胞の発見者 出澤真理氏(東北大学大学院医学系研究科細胞組織学分野教授)がいよいよ登場する。

 東北大学大学院医学系研究科   

細胞組織学分野教授 出澤真理氏

 Muse細胞とは2010年に出澤氏らのグループによって発見されたもので、現在、第3の万能細胞として期待されており、体のさまざまな組織の細胞に変化する修復細胞である。古代よりトカゲやヤモリなど生物の体中に存在していたMuse細胞だが、人間に関して言えば、進化と共に減少し、さらに老化によって失われていくため、Muse細胞の活力は他の動物に比べて減退していると言わざるを得ない。
 
しかし、もともと人間の体の中に存在しているものだから、これを人為的に補強することによりストレス耐性があり、腫瘍性を持たないため、他の幹細胞よりも短時間でDNA損傷の修復を安全に行うことができるのである。そこで、このMuse細胞を点滴で静脈に投与することで、脳梗塞、腎不全、肝障害、皮膚損傷などの医療に応用しようという動きが加速化され始めた。その一つに出澤氏の東北大学大学院と岐阜大学大学院とのグループで急性心筋梗塞患者への臨床が2018年1月から開始されたほか、早ければ今年の9月から脳梗塞患者への臨床試験が開始される予定である。

すでに出澤真理氏の発見は世界でも注目されており、2018年4月にこれまで29人のノーベル賞受賞者が受賞してきたノーベル賞への登竜門『米国National Academy of Inventors』を受賞している。
 
新しいことを開始した人を見ると、とかく委縮させがちな日本だが出澤真理氏や中村祐輔氏のように物事を発見したり、開発した人物の話を聞くことは個人的にも、国益的にも重要であろう。
 
 果たして出澤氏はMuse細胞をいかにして発見したのか、そしてMuse細胞は人類の医療にどんな変革をもたらすのか。その意外なエピソードは必聴、必見である。

第4回がん撲滅サミットの入場エントリー受付はすでに開始されている。詳しくは第4回がん撲滅サミット(https://cancer-zero.com)をご覧いただきたい。

お問い合わせは下記の通り。
【大会事務局】
公益財団法人がん研究会有明病院 総務課
〒135-8550 東京都江東区有明3丁目8番31号
TEL 03‐3570‐0397(直通)
担当:山﨑・高橋

【大会長事務局】
社会医療法人厚生会 木沢記念病院 経営支援部
〒505-8503 岐阜県美濃加茂市古井町下古井590
TEL 0574‐25‐2181(代表)
担当:南條


NEDO:Muse細胞を用いたヒト3次元培養皮膚が実用化へ


Muse細胞を用いたヒト3次元培養皮膚が実用化へ

-医薬品・化粧品等のスクリーニングや製品性能検証用キットとして販売開始-

2014年12月11日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
国立大学法人東北大学
株式会社Clio
DSファーマバイオメディカル株式会社

NEDOは、東北大学、(株)Clio等のグループとともに、Muse細胞から皮膚のメラニン色素を産生するヒトのメラニン産生細胞を安定的に調製する方法を開発し、ヒト3次元培養皮膚を作製する実用化可能な技術を確立しました。(株)Clioは今回確立した技術をDSファーマバイオメディカル(株)にライセンスし、同社がヒトMuse細胞由来のメラニン産生細胞を組み込んだ3次元培養皮膚の安定的な製造技術を開発することで、医薬品・化粧品等の開発におけるスクリーニングや製品性能検証等用途に用いるキットの販売開始に至りました。
 これにより、医薬品や化粧品などの開発において動物実験を用いず、ヒトの皮膚により近い培養皮膚を用いることで、医薬品や化粧品等による白斑症等の副作用や、化粧品による美白効果の検証が可能になることが期待されます。

図1.Muse細胞からヒト3次元培養皮膚による医薬品・化粧品等の研究・開発用キット作製の流れ

1.概要

20世紀末に多能性幹細胞※1の培養に成功して以後、これを用いて様々な細胞や器官を作製し、新薬開発や移植医療などへの利用を目指す再生医療技術は、従来の医療技術では根本的な治療が難しい組織・臓器の損傷や機能不全等に対する革新的な治療技術開発への取組として大きな注目を集めています。NEDOは、最先端医療技術の実用化を目指す中で、こうした再生医療技術の開発を進めてきました。その成果の一つとして、2010年に東北大学大学院医学系研究科出澤真理教授らのグループによって発見されたMuse細胞は、我々の皮膚、骨髄、脂肪等に広く存在する腫瘍性を持たない多能性幹細胞であり、生体内において傷害を受けた組織に自発的に移動し修復する働きを有していることから、こうした機能を利用することで安全で有効性の高い再生医療が実現されるものと期待されています。
 このたびNEDOは、「次世代機能代替技術の研究開発」(2010年度-2014年度)プロジェクト※2において、東北大学、(株)Clio等のグループとともに、Muse細胞から皮膚のメラニン色素を産生するヒトのメラニン産生細胞を安定的に作り出す方法を開発しました。また、そこで得られたメラニン産生細胞を用いてヒト3次元培養皮膚を作製する実用化可能な技術を確立しました。
 ヒトのメラニン産生細胞は皮膚において重要な役割を果たすものの、従来の技術ではこれを大量に培養することが難しく、メラニン産生細胞を含むヒトの3次元培養皮膚の安定的な製造は困難でした。(株)Clioは、今回確立した技術をDSファーマバイオメディカル(株)にライセンスし、同社がヒトMuse細胞由来のメラニン産生細胞を組み込んだ3次元培養皮膚の安定的な製造技術を開発し、医薬品・化粧品等の開発におけるスクリーニングや製品性能検証等の用途に用いるキットの販売を開始することで、本技術の実用化に至りました。
 この実用化により、医薬品や化粧品等の開発において動物実験を用いず、ヒトの皮膚により近い培養皮膚を用いた製品機能の検証が可能になるとともに、医薬品や化粧品等による白斑症等の副作用や、化粧品の美白効果も検証可能になり、安全性や効能の高い製品の開発が促進されることが期待されます。

2.今回の成果

メラニン産生細胞の安定的な供給が可能

メラニン産生細胞は、紫外線による皮膚の障害や悪性腫瘍の発生を抑えるメラニンを産生しますが、それ自体を大量培養することが難しい細胞であり、従来技術では安定的に得ることが困難でした。今回の技術は、培養したMuse細胞に分化誘導処理を施してメラニン産生細胞とすることで、再現よく大量に製造することが可能となり、これを用いた3次元培養皮膚の安定供給も実現しました。

図2.Muse細胞を用いて作製したヒト培養皮膚とヒト本来の皮膚の比較

3.今後の予定・計画

DSファーマバイオメディカル(株)が化粧品や製薬企業等に対してヒトMuse細胞由来のメラニン産生細胞を組込んだ3次元培養皮膚の販売を2015年1月15日から開始します。
 また、東北大学では、今回の3次元培養皮膚に関する成果を白斑症等の治療に用いるべく更なる検討を進めています。一方、Muse細胞の分化多能性を利用した技術開発については、皮膚以外の各種臓器細胞についても進んでおり、DSファーマバイオメディカル(株)ではMuse細胞から分化誘導した肝臓の細胞を用いた薬物代謝等に対する細胞アッセイ系として、実用化を進める予定です。

【用語解説】

※1 多能性幹細胞Muse細胞、iPS細胞、ES細胞等のヒトの体を構成する多くの細胞への分化能を有する細胞※2 「次世代機能代替技術の研究開発」プロジェクト内閣官房健康・医療戦略室が推進する9つの各省連携施策において実施

4.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO バイオテクノロジー・医療技術部 担当:阪本、吉村 TEL:044-520-5231

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:上坂、坂本、佐藤 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp


東北大、慢性腎不全マウスの組織修復に成功-ヒト多能性幹細胞を投与 | 科学技術・大学 ニュース | 日刊工業新聞 電子版


東北大、慢性腎不全マウスの組織修復に成功-ヒト多能性幹細胞を投与

2017/7/13 05:00

東北大学大学院医学系研究科の出澤真理教授らは、慢性腎不全のマウスにヒトの多能性幹細胞「ミューズ細胞」を投与し、腎臓の組織を修復することに成功した。静脈投与で障害を受けた腎臓に生着し、5週間後も効果を示した。慢性腎臓病の根本治療につながる可能性がある。日本大学との共同研究。成果は米科学誌ジャーナル・オブ・ザ・アメリカン・ソサエティ・オブ・ネフロロジー電子版に掲載された。

ミューズ細胞は出澤教授らが発見した、骨髄や脂肪などの間葉系組織に存在する多能性幹細胞。腫瘍性がなく、傷害を受けた組織の信号を認知して生着し、組織に適応して分化する特徴がある。

研究チームが免疫機能のない慢性腎臓病のモデルマウス10匹に対し、ヒト由来のミューズ細胞2万個を投与したところ、7週目までに腎臓に生着、分化したことを確認した。

さらに免疫機能が正常な疾患モデルマウスにも同様に投与すると、5週間後までに腎臓に生着し、腎臓の組織に分化し、機能が回復していた。免疫抑制剤を使わずにミューズ細胞は生着しており、異種間移植の可能性を示していた。

腎臓で不要なものを濾過する組織「糸球体」には、毛細血管を構成する「足細胞」が存在する。腎不全などで足細胞が変質すると、修復されない。ところがミューズ細胞を投与すれば、足細胞は修復していた。

年内の治験開始を目指しており、急性心筋梗塞で安全性を主に確認する第一相試験を予定。将来的には、健常なドナーから採取したミューズ細胞を慢性腎臓病患者に点滴投与するなどの治療法が考えられる。

出澤教授は「ミューズ細胞による治療は多くの疾患をターゲットにでき、次世代の修復医療となる可能性がある」と話す。



【文献】Muse細胞を用いることで脳梗塞モデルの治療に世界で初めて成功 : EARLの医学ノート


【文献】Muse細胞を用いることで脳梗塞モデルの治療に世界で初めて成功

■2007年に東北大の出澤真理教授のグループが多能性幹細胞のMuse細胞を発見しました.2014年に小保方らが報告したSTAP細胞も一時はMuse細胞ではないかとする疑惑もありました.Muse細胞自体は発見以降そこまで目立った進展の報道はありませんでしたが,2014年にヒトMuse細胞由来のメラニン産生細胞を組み込んだ3次元培養皮膚の安定化製造に成功し,医薬品や化粧品の開発で効果や副作用の検証を動物実験を介さずに検証が可能となり,2015年1月15日よりこの皮膚モデルが販売開始となっています.

■このMuse細胞は間葉系幹細胞に類似した特徴を持ち,かつ,事前の分化誘導を必要としないこと,静脈内投与するだけで傷害臓器にホーミングで生着し分化すること,腫瘍形成性が非常に低いことが大きな特徴とされています.

■脳梗塞では,これまで骨髄から分離した間葉系幹細胞や単核球を脳梗塞後に移植した臨床試験が行われていますが,安全性を示すに留まり,その有効性は限定的でした.以下に紹介する論文は,ラットの脳梗塞モデルにMuse細胞を移植することにより,梗塞で傷害された神経細胞や運動機能の回復を示した世界初の報告です.結果を見ると,移植後2カ月半頃から急速な回復が見られており,これまでほぼリハビリテーションしか治療手段がかなった脳梗塞後遺症(近年は経頭蓋刺激のrTMSが脳梗塞領域で非常に期待されていますが)に対して非常に有効な治療法となります.臨床応用も時間の問題で,東北大は2018年からの臨床試験を検討しているようです.
※私個人的にはこの細胞の発見はノーベル賞級だと思ってます.しかし,Muse細胞発見時も特に大きな報道はなく,今回の脳梗塞モデルの改善効果の報告に関しても,ニュースではローカルの仙台放送が報道したのみのようです.かといってSTAP細胞発見のときのマスコミ騒ぎのようなことにはなってほしくはありませんが.

線維芽細胞に含まれる特異的な細胞集団Muse細胞の移植は確固とした神経分化を介して実験的脳梗塞を改善させる
Uchida H, Morita T, Niizuma K, et al. Transplantation of Unique Subpopulation of Fibroblasts, Muse Cells, Ameliorates Experimental Stroke Possibly Via Robust Neuronal Differentiation. Stem Cells 2015 Sep 21 [Epub ahead of print]
PMID:26388204

Abstract
【目 的】
線維芽細胞内の既存の多能性様幹細胞として存在しているMuse細胞は,腫瘍性を持たず,三胚葉系細胞への分化能を示し,傷害モデルに移植されることで失われた細胞を補充する.細胞死およびヒト皮膚線維芽細胞由来Muse細胞の機能をラット脳梗塞モデルで評価した.

【方 法】
多能性幹細胞表面マーカーstage-specific embryonic antigen-3(SSEA-3)を用いて採取されたMuse細胞(30000細胞)を,中大脳動脈閉塞後2日目の脳梗塞ラットに対して脳の3か所に打ち込み,細胞の生物学的効果を84日間以上評価した.

【結 果】
梗塞脳のスライスを共培養すると,Muse細胞は自発的かつ速やかに神経/神経系細胞に分化していた.Muse細胞移植脳梗塞ラットは,対照群に比して,梗塞範囲の減少なしに70および84日目の神経学的機能と運動機能の有意な改善を示した.Muse細胞は84日間宿主の脳で生存し,脳皮質内でNeuN(成熟神経:~65%),MAP-2(~32%),カルビンディン(~28%),GST-π(希突起膠細胞:~25%)陽性細胞に分化したが,グリア線維性酸性タンパク質陽性細胞は稀であった.腫瘍形成は見られなかった.感覚運動皮質に生着分化したMuse細胞は,神経線維をを脊髄まで伸ばし,後肢の体性感覚誘発電位を示した.

【結 論】
Muse細胞は,宿主の脳環境下で生着後の神経細胞への高率な分化を示し,脳梗塞症状を緩和する神経回路の再構築が可能である点において,他の幹細胞よりも特異的である.ヒト線維芽細胞由来Muse細胞は,特に脳梗塞における自家細胞療法を検討する際に,遺伝子操作の必要性を回避する,幹細胞移植の新たなソースとなる.

■出澤らは,成人の皮膚,骨髄,脂肪組織の中に,多様な細胞になる能力を持つ多能性幹細胞があることを発見し,Multilineage-differentiatingStress Enduring(Muse)cellと名付けた[1].Muse細胞は,間葉系マーカーのCD105と多能性マーカーのSSEA(stage-specific embryonic antigen)-3を用いて分離でき,間葉系幹細胞分画中に混在する.間葉系幹細胞は,同じ中胚葉系の骨,軟骨,脂肪のみならず,内胚葉系にも分化でき,肝硬変や心筋梗塞でもある程度の組織修復が見られることが分かっており,これらの現象が間葉系幹細胞中に存在するMuse細胞によって説明できる可能性があるとされている. 

■Muse細胞は骨髄,皮膚,脂肪から採取でき,胚葉を超えて様々な細胞へと分化する多能性を有するが,iPS細胞に見られたような腫瘍形成性がほぼ見られない.また,回収し,そのまま静脈へ投与するだけで傷害組織にホーミング・生着し,その組織に特異的な細胞へと分化することで組織修復と機能回復をもたらす.すなわち,Muse細胞は生体に移植する前のcell processing centerにおいて事前の分化誘導を必ずしも必要としない,という点でiPS細胞とは大きく異なり,静脈内投与するだけで再生治療が可能である.

■Muse細胞は結合組織中や接着培養などの環境では間葉系幹細胞として振る舞う一方,血液中や浮遊培養などの懸濁状態においては多能性を発現するという二重性を有する.細胞懸濁液においてMuse細胞は増殖を開始し,懸濁状態でES細胞が形成する胚様体に酷似したES細胞を単独の細胞から形成できる点も他の幹細胞と異なる特徴である.

■山中らが発見したiPS細胞は,ヒトの線維芽細胞に山中因子(Oct34,Sox2,Klf4,c-Myc)を導入することにより得られる.出澤らは,ヒト線維芽細胞をMuse細胞と非Muse細胞の分画に分けて山中因子を導入したところ,Muse細胞はiPS細胞に変化したが,非Muse細胞分画からはiPS細胞は得られなかったと報告している[2].

■近年,集中治療領域において,急性炎症性の臓器傷害が生じた際に,傷害臓器細胞からのシグナルにより骨髄から幹細胞様の細胞が出てきて傷害部位に集積し,その部位の細胞へと分化することが近年分かってきており,この分化細胞はMuse細胞なのではないかとする説が出てきている.重症病態の多臓器不全,低酸素脳症,Post-Intensive Care Syndrome(PICS)において,このMuse細胞が治療の一手段となる日がくるかもしれない.

[1] Kuroda Y, Kitada M, Wakao S, et al. Unique multipotent cells in adult human mesenchymal cell populations. Proc Natl Acad Sci U S A 2010; 107: 8639-43 
[2] Wakao S, Kitada M, Kuroda Y, et al. Multilineage differentiating stress-enduring (Muse) cells are a primary source of induced pluripotent stem cells in human fibroblasts. Proc Natl Acad Sci U S A 2011; 108: 9875-80 

 by DrMagicianEARL | 2015-10-12 12:23 | 文献 | Comments(0)

<< 【文献】ICU患者への生食と他...【文献+レビュー】感染症疑いの... by DrMagicianEARL


【現場から、】新しい時代に、注目のMuse細胞 研究本格化 - YouTube


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって変わる!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる…食事、運動、生活環境で!薬が病気をつくる!自分を守るのは医者ではなく自分自身!新説は癌治療の常識を変えるか!- みんなが知るべき情報/今日の物語




遺伝子は変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する! - みんなが知るべき情報/今日の物語


集団検診被曝の背後に恐ろしい勢力の暗躍!朝日新聞が設立した【日本対がん協会】検診ムラ!生体実験・日本軍731部隊とX線胃がんバリウム検診の医療被曝【がん発症】日本は世界一、医療被曝が多い! 731部隊の指揮官は安倍の祖父・岸信介! - みんなが知るべき情報/今日の物語




米国公文書に明記!ガン3大療法もワクチンもブドウ糖点滴も人口削減計画の一環と!癌じゃないのに癌という診断を受けて本物の癌を発症!危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法の三大療法を受け、命を落としていると!癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません!重曹など癌対策記事あり! - みんなが知るべき情報/今日の物語


癌にタマゴと「がん治療に殺された人、放置して生きのびた人」の著者「近藤誠医師」も記述!元ハーバード大学准教授・荒木裕医師も「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!がんを切らない選択、抗がん剤だけはやめなさい、がんでもふつうに暮らし、穏やかに逝く極意!近藤誠医師も上記の本の中で、がん対策に卵で先ず栄養をとりなさいと。糖尿病、肝臓病の医師達も卵を1日3個以上を奨めています。- みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


[ 2019年07月07日 21:58 ] カテゴリ:健康 | TB(-) | CM(0)

がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる…食事、運動、生活環境で!薬が病気をつくる!自分を守るのは医者ではなく自分自身!新説は癌治療の常識を変えるか!

がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって変わる!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる…食事、運動、生活環境で!薬が病気をつくる!自分を守るのは医者ではなく自分自身!新説は癌治療の常識を変えるか!


薬が病気をつくる - 薬に頼らずに健康で長生きする方法 - 宇多川久美子/がん細胞は条件によって正常細胞に変わる/がん細胞は無限に増殖するは条件によって変わる!とP153に記述 : 本


「癌は細胞の先祖返り」新説は癌治療の常識を変えるか/
自己防衛のために先祖返り?癌が進化上の退行であるなら、そのきっかけは何なのか。引き金を引くのは、体が受けたダメージやストレスだと、デービーズは考えている。それは、ハードウエアに不具合が起きたコンピューターがセーフモードで起動するのに似ていると、デービーズは言う。DNAの複製にエラーが生じると、セーフモードとして単細胞生物化するというのだ。癌は「非常に古い起源を持つ防衛メカニズム」なのだと、デービーズは言う。「原始的状態に転換することにより、癌細胞は分裂のペースが速まり、絶え間ない外部からのプレッシャーに適応しやすくなる」と、グッドも説明する。 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
(記事は下記に)

遺伝子は変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する! - みんなが知るべき情報/今日の物語


楽天ブックス: 薬が病気をつくる - 薬に頼らずに健康で長生きする方法 - 宇多川久美子 - 9784860636609 : 本


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

1に運動、2に食事、しっかり禁煙、最後に薬。誰も言わない、薬、医者、医療の本当のこと。本当に人を健康にする答え。薬剤師、栄養学博士だからこそ知り得た本当の意味で、健康的な生活を送る方法。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 薬が病気をつくる(薬が毒になるとき/「新しい薬=いい薬」は本当か? ほか)/第2章 医療が病気をつくる(医者が働かないと死亡者が減る!?/自分を守るのは医者ではなく自分自身 ほか)/第3章 薬をやめると病気は治る(なんのために病院に行くのか/薬は「身体の声」にフタをする ほか)/第4章 薬をやめるとがんも治る(がんは自分でつくっている/がん検査で被曝という矛盾 ほか)/第5章 病気にならない身体のつくり方ー私が薦める11の健康法(何が「健康」で何が「病気」なのか/楽しく食事をとる ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宇多川久美子(ウダガワクミコ)
薬剤師・栄養学博士(米AHCN大学)・ボディトレーナー。一般社団法人国際感食協会代表理事。有限会社ユアケー代表取締役。ハッピー☆ウォーク主宰。NPO法人統合医学健康増進会常務理事。1959年千葉県生まれ。明治薬科大学卒業。薬剤師。講演、セミナー、雑誌等での執筆も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

薬が病気をつくる ~薬に頼らずに健康で長生きする方法: それでもあなたは薬を飲み続けますか - 宇多川久美子 - Google ブックス

『薬が病気をつくる!』宇多川久美子先生(薬を使わない薬剤師)統合医学を開く講演&実践塾 - YouTube

薬が病気を作る?薬剤師が教える薬の危険 抗うつ剤を飲むとうつ症状に、自殺や他害行為も | ビジネスジャーナル




「癌は細胞の先祖返り」新説は癌治療の常識を変えるか/
自己防衛のために先祖返り?癌が進化上の退行であるなら、そのきっかけは何なのか。引き金を引くのは、体が受けたダメージやストレスだと、デービーズは考えている。それは、ハードウエアに不具合が起きたコンピューターがセーフモードで起動するのに似ていると、デービーズは言う。DNAの複製にエラーが生じると、セーフモードとして単細胞生物化するというのだ。癌は「非常に古い起源を持つ防衛メカニズム」なのだと、デービーズは言う。「原始的状態に転換することにより、癌細胞は分裂のペースが速まり、絶え間ない外部からのプレッシャーに適応しやすくなる」と、グッドも説明する。 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


「癌は細胞の先祖返り」新説は癌治療の常識を変えるか

2017年8月1日(火)16時44分



現在の治療は基本的に、癌細胞の分裂を抑制することを目指す
STEVE GSCHMEISSNER-SCIENCE PHOTO LIBRARY/GETTY IMAGES

<ニューズウィーク日本版8月1日発売号(2017年8月8日号)は「癌治療レボリューション」特集。癌研究・ケアの現場で標準治療の殻を打ち破って新たな道を切り開く、常識外れの「革命家」たちに迫った。本記事は、特集の1記事「宇宙研究者が挑む癌のミステリー」を一部抜粋・転載したもの>

既存の癌研究の問題は明らかだと、宇宙の起源や地球外生命体についての研究で有名なアリゾナ州立大学(ASU)のポール・デービーズ教授は思っている。「金を費やせば問題を解決できると思い込んでいる」、つまりカネはつぎ込まれているが、知恵が足りておらず、その結果として癌は多くの謎に包まれた病気であり続けているというのだ。

理論物理学者のデービーズは、癌研究では「よそ者」だが、従来の考え方より優れたアプローチを見いだしたと主張している。「知恵を使えば、問題を解決できると思う」

デービーズは数年をかけて、癌のメカニズムに関して大胆な仮説に到達した。癌は、複雑な生命体が登場する以前へと進化のプロセスを逆戻りする現象なのではないかというものだ。この仮説によれば、癌になった細胞は、10億年前の地球に多く見られた単細胞生物のような状態に「先祖返り」する。

興味を示す研究者もいるが、ばかげていると切って捨てる研究者のほうが多い。人間の細胞が藻やバクテリアのような原始的な形態に逆戻りするという仮説は、多くの科学者にとって、あまりにとっぴに思える。

しかし次第に、ひょっとするとデービーズの仮説が正しいのかもしれないと示唆する証拠が登場し始めている。もしもこの説が正しければ、既存の癌対策のアプローチは全面的に間違っている可能性が出てくる。

デービーズはもともと、癌研究に取り組むつもりはなかった。しかし、07年のある日、国立癌研究所(NCI)の副所長だった生物学者のアナ・バーカーから電話がかかってきた。NCIは当時、化学、地質学、物理学などの異分野の知見を癌研究に取り入れたいと考え始めていた。

09年以降、12の研究機関がNCIの助成を受けて、異分野から癌研究にアプローチし始めた。この助成対象として選ばれた中に、デービーズの「ASU物理科学・癌生物学融合センター」の設立計画も含まれていた。

物理学者として、「宇宙はどのように始まったのか」「生命はどのように誕生したのか」といった根源的な問いを考えてきたデービーズは、癌研究にも同様のアプローチで臨んだ。まず考えたのは2つの問い。「癌とは何か」「なぜ癌は存在するのか」。これまで何十年もの歳月が費やされ、100万点を超す論文が書かれてきたが、これらの謎は解き明かされていない。

【参考記事】カーターの癌は消滅したが、寿命を1年延ばすのに2000万円かかるとしたら?

【癌と酸素の関係が示すもの】

デービーズが着目したのは、癌が多細胞生物の間で一般的な病気だという点だった。多くの動物が癌にかかるということは、ヒトという種が地球上に誕生するずっと前からこの病気が存在した可能性が高い。

14年には、ドイツのキール大学のトーマス・ボッシュ教授(進化生物学者)率いる研究チームが、ヒドラの2つの種で癌を発見している。ヒドラは、単細胞生物から多細胞生物への進化を遂げた初期の生物の1つだ。「癌は、地球上に多細胞生物が誕生したときから存在していた」と、ボッシュは当時述べている。

【単細胞生物と似た面がある】

癌が進化上の退行現象であることを示す証拠は、多くの動物が癌になるという点だけではない。デービーズによれば、癌には単細胞生物と似た面がある。哺乳類の細胞と違い、細胞死がプログラムされていない点はその1つだ。

それに、癌細胞は酸素が極めて乏しい環境でも生きられる。デービーズと、オーストラリアのチャールズ・ラインウィーバー(宇宙生物学)、ASUのキンバリー・バシー(生物情報学)らでつくる研究チームはそれを理由に、癌が地球上に誕生したのは10億~15億年前だったと考えている。大気中の酸素の量が極度に少なかった時代だ。

癌細胞は、代謝の在り方も普通の細胞と異なる。糖をエネルギーに変える速度が極めて速く、その過程で乳酸を作り出す。乳酸は一般に、酸素がない環境で代謝が行われるときに発生する物質だ。この現象は、1931年のノーベル生理学・医学賞受賞者オットー・ワールブルクにちなんで「ワールブルク効果」と呼ばれている。

癌の80%は、このワールブルク効果を示す。この点も癌が太古から存在した証拠だと、デービーズは考えている。酸素がない環境を前提にした性質を備えているように見えるからだ。

癌細胞は酸も生成する。腫瘍学者のマーク・ビンセントによれば、その酸によって、原生代、つまり地球上に生命が誕生して間もない時期に似た環境がつくり出されているという。

カナダのオンタリオ州にあるロンドン地区癌センターに所属するビンセントは、癌細胞内の環境と太古の地球の環境が類似していることに着目し、酸を生成する性質は癌の「原始性」を浮き彫りにしているのではないかと考えた。これも、癌を進化上の退行現象と見なす仮説を補強する材料だ。

オーストラリアのピーター・マッカラム癌センターの計算癌生物学者、デービッド・グッドらの研究チームによれば、いくつかの種類の癌では、単細胞生物に含まれる遺伝子(つまり古い時代に生まれた遺伝子)が多く見られる。それに対し、もっと後になって誕生した遺伝子は、癌の成長や活動で大きな役割を果たしていないという。

【参考記事】疑わしきは必ず罰するマンモグラフィーの罠

自己防衛のために先祖返り?

癌が進化上の退行であるなら、そのきっかけは何なのか。引き金を引くのは、体が受けたダメージやストレスだと、デービーズは考えている。

それは、ハードウエアに不具合が起きたコンピューターがセーフモードで起動するのに似ていると、デービーズは言う。DNAの複製にエラーが生じると、セーフモードとして単細胞生物化するというのだ。癌は「非常に古い起源を持つ防衛メカニズム」なのだと、デービーズは言う。「原始的状態に転換することにより、癌細胞は分裂のペースが速まり、絶え間ない外部からのプレッシャーに適応しやすくなる」と、グッドも説明する。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

米国公文書に明記!ガン3大療法もワクチンもブドウ糖点滴も人口削減計画の一環と!癌じゃないのに癌という診断を受けて本物の癌を発症!危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法の三大療法を受け、命を落としていると!癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません!重曹など癌対策記事あり! - みんなが知るべき情報/今日の物語


集団検診被曝の背後に恐ろしい勢力の暗躍!朝日新聞が設立した【日本対がん協会】検診ムラ!生体実験・日本軍731部隊とX線胃がんバリウム検診の医療被曝【がん発症】日本は世界一、医療被曝が多い! 731部隊の指揮官は安倍の祖父・岸信介! - みんなが知るべき情報/今日の物語




池江璃花子様、生クリームが乗ったケーキは白血病、がんの一因です!池江璃花子さんTwitter…19歳になりました、治療中は生クリームが食べられないから家に帰ったら美味しい生クリームが乗ったケーキが食べたい!ほどほどに…がんは砂糖、糖質、牛乳、乳製品が大好き!健康、スポーツ選手の食事術は みんなが知るべき情報/今日の物語カテゴリー「健康」 を参考されて下さい! - みんなが知るべき情報/今日の物語


「健康」のブログ記事一覧-みんなが知るべき情報/今日の物語

「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!元ハーバード大学准教授・荒木裕/癌は熱い風呂、味噌、重曹で治る位の病気!ガン細胞は糖質が大好物「三大療法」ではガンは治らない!減塩は悪魔のささやき!純ココア・高カカオチョコレート、カレー粉など!糖尿病、認知症、動脈硬化…生活習慣病!高齢者は、魚には必ず、卵か肉を、アミノ酸バランスが魚は不十分です。動物性蛋白質・脂肪で体を作り体温を上げて免疫力がアップします。プロティン、アミノ酸サプリメントの人工食品はは腎臓に負担をかけ副作用があります。卵はスーパーフードです。スポーツマン、受験生にも最適です。急ぐ時は生卵で。食品のコレステロールは余分な分は排出されます。- みんなが知るべき情報/今日の物語



スーパーフードたまご【インフルエンザ・風邪・ノロウィルスを予防】免疫力アップ、がん、糖尿病、生活習慣病!1日に3個以上!70歳の私…1日6個で筋肉増強、免疫力、認知症 、疲労回復、脳の栄養、受験生、スポーツ、若返り、心臓強化、熱中症、寒さに強くなる! みんなが知るべき情報/今日の物語


『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語

遺伝子は変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する! - みんなが知るべき情報/今日の物語

緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!

癌にタマゴと「がん治療に殺された人、放置して生きのびた人」の著者「近藤誠医師」も記述!元ハーバード大学准教授・荒木裕医師も「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!がんを切らない選択、抗がん剤だけはやめなさい、がんでもふつうに暮らし、穏やかに逝く極意!近藤誠医師も上記の本の中で、がん対策に卵で先ず栄養をとりなさいと。糖尿病、肝臓病の医師達も卵を1日3個以上を奨めています。- みんなが知るべき情報/今日の物語

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

認知症の改善・予防にカレー粉、ターメリック『たけしの家庭の医学』カレー粉の効能が凄い!癌、動脈硬化、糖尿病、生活習慣病、冷え症、貧血、ダイエット、美肌、若返り、加齢臭、幸せホルモンにIQが7も上がる!漢方学の権威語る…カレーは食べる漢方薬!- みんなが知るべき情報/今日の物語

がん、脂肪肝改善【高カカオチョコ】食前3食・間食前に…1日25グラム/生活習慣病、癌、糖尿病、認知症、肝臓、心臓疾患 、便秘、動脈硬化、高血圧 、免疫力アップ、脳卒中予防 、インフルエンザ、風邪、疲労回復、滋養強壮、記憶力、美肌、ダイエット、ピロリ菌など!純ココア=無糖カカオチョコ- みんなが知るべき情報/今日の物語

『皮付きピーナッツ』がん、認知症、糖尿病、目の老化予防、便秘、美肌、放射線障害、生活習慣病!ハーバード大研究でわかった最強食材!レスベラトロール栄養成分!1日の摂取量は30粒程度!井上教授の新刊ハーバード大の研究でわかったピーナッツで長生き!中国産の殻つきピーナッツも今は安全ですとあります!ー管理人のメイン『スーパーフーズ』は卵ですが、皮つきピーナッツもラインナップしました。味噌、重曹、カレー粉、高カカオチョコ、などと共に。 - みんなが知るべき情報/今日の物語


副作用なし癌治療『光免疫療法』日本でも2018年3月から治験開始!末期癌、相当量の癌、転移した癌でも治せる!楽天・三木谷氏が取締役会長!小林久隆・米国立衛生研究所(NIH)主任研究員、2020年世界同時実用化目指す! 三木谷浩史会長が資金支援を即決! - みんなが知るべき情報/今日の物語


【睡眠薬の甘い罠】睡眠薬・睡眠導入剤、その一錠が病気をつくる、脳をダメにする!睡眠薬による眠りは麻酔薬と同じ!高齢者交通事故や殺傷事件の一部は薬の副作用か!薬を使わない薬剤師が教える本 /宇多川久美子著- みんなが知るべき情報/今日の物語

降圧剤の恐怖!がん、脳梗塞、認知症のリスクが高まる!基準値が180から50下げられ130になった!高血圧はほっとくのが一番!高血圧=脳溢血、その常識は時代遅れ!高血圧と言われても気にしなくていい理由!製薬会社の莫大な利益!上は180、下は110まで大丈夫!塩=高血圧は医学的根拠なく!- みんなが知るべき情報/今日の物語

ガンは5年以内に日本から消える! - 宗像久男, 小林英男 - Google ブックス


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



[ 2019年07月05日 21:16 ] カテゴリ:健康 | TB(-) | CM(0)

池江璃花子様、生クリームが乗ったケーキは白血病、がんの一因です!池江璃花子さんTwitter…19歳になりました、治療中は生クリームが食べられないから家に帰ったら美味しい生クリームが乗ったケーキが食べたい!ほどほどに…がんは砂糖、糖質、牛乳、乳製品が大好き!健康、スポーツ選手の食事術は《みんなが知るべき情報/今日の物語カテゴリー「健康」を参考されて下さい!


池江璃花子様、生クリームが乗ったケーキは白血病、がんの一因です!池江璃花子さんTwitter…19歳になりました、治療中は生クリームが食べられないから家に帰ったら美味しい生クリームが乗ったケーキが食べたい!ほどほどに…がんは砂糖、糖質、牛乳、乳製品が大好き!健康、スポーツ選手の食事術は みんなが知るべき情報/今日の物語カテゴリー「健康」 を参考されて下さい!




(13) 池江 璃花子さんはTwitterを使っています: 「19歳になりました✌︎✌︎ 治療中は生クリームが食べられないから、 家に帰ったら美味しい生クリームが乗ったケーキが食べたい🤤🎂 #mybirthday https://t.co/tI5P1rT8jH」 / Twitter



池江璃花子選手の白血病!東京北部の放射能汚染地帯に住む彼女に【被曝病】のリスクがあると!東海アマブログ/東日本のプール管理者は、ただちに水質のストロンチウム90とセシウム137を検査すべきである!トップスイマーたちは、一日、8時間以上もプールにいるので表皮からの吸着が内部被曝が半端なものでない可能性がある!ゼオライトの大型フィルターを設置し、放射能を濾過する必要がある! 19/02/13 - みんなが知るべき情報/今日の物語


茹でカエル!恐ろしい【放射能汚染】の現実を受け入れられない日本人が大量にいる!年間16万人の被曝死者・重度障害者!2019年/自民党の核武装への陰謀/放射能の被害は、10年20年あるいは50年という長期を経て、人々を殺戮し、発癌地獄に陥れる!寓話「茹でカエル」では、湯に入れられたカエルは、ただちに逃げ出すが、冷水から煮られたカエルは、温度が上がることにも気づかないまま煮られて死んでしまう!- みんなが知るべき情報/今日の物語
「健康」のブログ記事一覧-みんなが知るべき情報/今日の物語




がん細胞~牛乳の功罪「がん細胞を活性化」牛乳は本当に、よくがんを育ててくれる!乳癌と乳製品と糖質の乳癌と乳製品と糖質の過剰摂取…そして放射能と原発再稼働!



『パンと牛乳は今すぐやめなさい』パンは腸と脳をこわす!牛乳は骨と血管を弱くする!乳ガン患者はパンと牛乳が大好き!小麦のタンパク質『グルテン』の怖さ!疲れ、肥満、腸トラブル、うつ、湿疹なども改善!自傷行為や異常行動がおさまった!/小麦のタンパク質『グルテン』の怖さー未消化のグルテンは体内では『異物』だ!臓器を攻撃する抗体ができてしまうー人間の臓器には、小麦のタンパク質とアミノ酸配列が似ているものがある!/人は牛乳のタンパク質を分解できない!中毒を起こすモルヒネ様の物資に変化する!日本人に不足がちな鉄の吸収を阻害する!詳細は本を読んで下さい、お勧めです! - みんなが知るべき情報/今日の物語



パンばかり食べる人が密かに陥る【体調不調】小麦粉「グルテン」が脳に炎症を起こし、腸に小さな穴を開ける!味噌汁…1日1杯程で血管年齢を10歳ほど若返える!小麦粉のケーキやラーメン、パスタ、うどん、クッキー、菓子パン…長生きしたけりゃ!


『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語

米国公文書に明記!ガン3大療法もワクチンもブドウ糖点滴も人口削減計画の一環と!癌じゃないのに癌という診断を受けて本物の癌を発症!危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法の三大療法を受け、命を落としていると!癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません!重曹など癌対策記事あり! - みんなが知るべき情報/今日の物語


「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!元ハーバード大学准教授・荒木裕/癌は熱い風呂、味噌、重曹で治る位の病気!ガン細胞は糖質が大好物「三大療法」ではガンは治らない!減塩は悪魔のささやき!純ココア・高カカオチョコレート、カレー粉など!糖尿病、認知症、動脈硬化…生活習慣病!高齢者は、魚には必ず、卵か肉を、アミノ酸バランスが魚は不十分です。動物性蛋白質・脂肪で体を作り体温を上げて免疫力がアップします。プロティン、アミノ酸サプリメントの人工食品はは腎臓に負担をかけ副作用があります。卵はスーパーフードです。スポーツマン、受験生にも最適です。急ぐ時は生卵で。食品のコレステロールは余分な分は排出されます。- みんなが知るべき情報/今日の物語



スーパーフードたまご【インフルエンザ・風邪・ノロウィルスを予防】免疫力アップ、がん、糖尿病、生活習慣病!1日に3個以上!70歳の私…1日6個で筋肉増強、免疫力、認知症 、疲労回復、脳の栄養、受験生、スポーツ、若返り、心臓強化、熱中症、寒さに強くなる! みんなが知るべき情報/今日の物語


集団検診被曝の背後に恐ろしい勢力の暗躍!朝日新聞が設立した【日本対がん協会】検診ムラ!生体実験・日本軍731部隊とX線胃がんバリウム検診の医療被曝【がん発症】日本は世界一、医療被曝が多い! 731部隊の指揮官は安倍の祖父・岸信介! - みんなが知るべき情報/今日の物語




遺伝子は変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する! - みんなが知るべき情報/今日の物語


緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!

癌にタマゴと「がん治療に殺された人、放置して生きのびた人」の著者「近藤誠医師」も記述!元ハーバード大学准教授・荒木裕医師も「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!がんを切らない選択、抗がん剤だけはやめなさい、がんでもふつうに暮らし、穏やかに逝く極意!近藤誠医師も上記の本の中で、がん対策に卵で先ず栄養をとりなさいと。糖尿病、肝臓病の医師達も卵を1日3個以上を奨めています。- みんなが知るべき情報/今日の物語

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

認知症の改善・予防にカレー粉、ターメリック『たけしの家庭の医学』カレー粉の効能が凄い!癌、動脈硬化、糖尿病、生活習慣病、冷え症、貧血、ダイエット、美肌、若返り、加齢臭、幸せホルモンにIQが7も上がる!漢方学の権威語る…カレーは食べる漢方薬!- みんなが知るべき情報/今日の物語

がん、脂肪肝改善【高カカオチョコ】食前3食・間食前に…1日25グラム/生活習慣病、癌、糖尿病、認知症、肝臓、心臓疾患 、便秘、動脈硬化、高血圧 、免疫力アップ、脳卒中予防 、インフルエンザ、風邪、疲労回復、滋養強壮、記憶力、美肌、ダイエット、ピロリ菌など!純ココア=無糖カカオチョコ- みんなが知るべき情報/今日の物語

『皮付きピーナッツ』がん、認知症、糖尿病、目の老化予防、便秘、美肌、放射線障害、生活習慣病!ハーバード大研究でわかった最強食材!レスベラトロール栄養成分!1日の摂取量は30粒程度!井上教授の新刊ハーバード大の研究でわかったピーナッツで長生き!中国産の殻つきピーナッツも今は安全ですとあります!ー管理人のメイン『スーパーフーズ』は卵ですが、皮つきピーナッツもラインナップしました。味噌、重曹、カレー粉、高カカオチョコ、などと共に。 - みんなが知るべき情報/今日の物語


【睡眠薬の甘い罠】睡眠薬・睡眠導入剤、その一錠が病気をつくる、脳をダメにする!睡眠薬による眠りは麻酔薬と同じ!高齢者交通事故や殺傷事件の一部は薬の副作用か!薬を使わない薬剤師が教える本 /宇多川久美子著- みんなが知るべき情報/今日の物語

降圧剤の恐怖!がん、脳梗塞、認知症のリスクが高まる!基準値が180から50下げられ130になった!高血圧はほっとくのが一番!高血圧=脳溢血、その常識は時代遅れ!高血圧と言われても気にしなくていい理由!製薬会社の莫大な利益!上は180、下は110まで大丈夫!塩=高血圧は医学的根拠なく!- みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します

[ 2019年07月05日 17:59 ] カテゴリ:健康 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

日々物語FC2

Author:日々物語FC2
日々物語

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR