FC2ブログ

日々物語fc2

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
日々物語fc2 TOP  >  健康
カテゴリー  [ 健康 ]

安くて安全にガンを消す放射線療法【コータック治療】1回僅か500円❗ほぼ副作用なく、がん細胞を弱らせることができる!乳がん…ほぼ全ての患者で乳房切除手術をせずに治療することが可能!オキシドールとヒアルロン酸を癌に注入するだけで「日本ベンチャー学会会長賞」受賞

安くて安全にガンを消す放射線療法【コータック治療】1回僅か500円❗ほぼ副作用なく、がん細胞を弱らせることができる!乳がん…ほぼ全ての患者で乳房切除手術をせずに治療することが可能!オキシドールとヒアルロン酸を癌に注入するだけで「日本ベンチャー学会会長賞」受賞


やのっち(。・ɜ・)d: 「[祝報]安くて安全にがんを消す放射線療法コータック治療は1回僅か500円❗️オキシドールとヒアルロン酸をがんに注入するだけで、ほぼ副作用なく、がん細胞を弱らせることができる。乳がんに対しては、ほぼ全ての患者で乳房切除手術をせずにコータックで治療することが可能。 https://t.co/R1nNCNWeWt」 / Twitter


安くて安全にがんを消す放射線療法「コータック」が「日本ベンチャー学会会長賞」受賞 | 女性自身(記事は下記に)

がん治療革命!放射線増感療法【コータック】過酸化水素+ヒアルロン酸のコンビが放射線治療をフル=3倍にする!すでに1000症例以上で実施!固形癌なら再発・転移でも治す画期治療法!安くて安全にがんを消す!小説家・藤原緋沙子氏の命を救った!いざというときのために記憶しておこう!  - みんなが知るべき情報/今日の物語





安くて安全にがんを消す放射線療法「コータック」が「日本ベンチャー学会会長賞」受賞 | 女性自身


安くて安全にがんを消す放射線療法「コータック」が「日本ベンチャー学会会長賞」受賞

投稿日:2019/08/03 15:50 更新日:2019/08/03 15:50

「今回の受賞で、安全・安価ですべての固形がん(塊を作るがん)に有効な『増感放射線療法・コータック』が世間に認知される可能性が広がることに、率直に喜んでおります」

 高知大学名誉教授で高知総合リハビリテーション病院院長の小川恭弘さんは、日本ベンチャー学会会長賞受賞決定の報を受けてこう語る。

 日本ベンチャー学会会長賞とは、文部科学省所管の国立研究開発法人「科学技術振興機構(JST)」と経済産業省所管の国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」が主催する「大学発ベンチャー表彰2019~Award for Academic Startups~」の賞の一つ。

 同賞は、今後の活躍が期待される、優れた「大学発ベンチャー」のうち、とくにその成長に寄与した大学や企業などを表彰するもの。今回は小川さんとベンチャー企業として製薬会社KORTUCの松田和之社長が選ばれた。

 『増感放射線療法・コータック』は小川さんが2006年に高知大学で開発した放射線療法。大きくなって放射線療法が効きにくくなったがんの効き目を3倍にする、画期的な治療法だ。全国の病院で臨床試験が行われ1千例を軽く超える治療実績がある。

 自身で20年来、研究・改良に心血を注いできた「コータック」の意義について、次のように話す。

 「(オプジーボを含め)数千万円もする高価ながん治療薬があるなか、コータック治療は1回わずか500円。というのは、コータックは消毒液でもあるオキシドールと、健康食品や美容液にも使われるヒアルロン酸をがんに注入するだけで、ほとんど副作用なく、がん細胞を弱らせることができるからです。わが国で1年間に約9万人の女性が新たに罹患される乳がんに対しては、ほぼすべての患者さんで乳房切除手術をせずにこのコータックで治療することができます。ほかにも多くの固形がんを手術なしに治療することが可能です」

 しかし、コータックには課題がまだ残されている。

 「コータックは現在までの本学の臨床試験で問題はなく、安全性は保たれていますが、保険適用されていません。治療できる病院も多くありませんので、ほかの高額な薬や治療を選択せざるを得ない人が多いんです。公的保険で高額の医療費を負担する分が膨れ上がると日本の国民皆保険制度も崩壊するでしょう。私は一刻も早く、より多くのがんに苦しんでいる患者さん、ご家族を救いたい」

 今回の受賞事由として、「大学発ベンチャー表彰2019」選考委員会は次のように評価している。

 《(コータックは)すでに国内複数の施設で多数の治療効果をあげるとともに、英国のがん研究機関との連携により臨床治験を進め、日本発のがん治療法の世界への展開にむけ着実に進展している点が高く評価された。がんに対する放射線治療の効果を安全かつ低コストで高める技術であり、対象市場が大きく、乳がんのみならず、様々ながん種に展開する可能性があることから、今後大きく成長することが期待される》

 ここにも書かれているように、コータックのイギリスでの臨床治験が順調に進むと、日本での保険適用も近づいてくる。

 6月に、これまでのコータック研究の過程と成果を自ら綴った著書『免疫療法を超えるがん治療革命 増感放射線療法コータックの威力』(光文社)を出版した小川さんは、今後の展望についてこう語る。

 「今回の受賞は、3年後の2022年を想定している国内認可~保険適用、つまり安価でのコータック実用化に向けた第一歩と言えます。開発者としての私の喜びはさておき、なによりこの『コータック治療』をまだご存じない方や、全国の『がん治療・放射線治療』に従事する方に、認識してもらうためのきっかけとなる賞をいただいたと思っております」

 『免疫療法を超えるがん治療革命』

著者:小川恭弘(高知大学名誉教授)
価格:1,500円+税
出版:光文社
https://www.amazon.co.jp/dp/4334951007/

 小川恭弘先生が研究を重ね、実績を積んできた増感放射線療法コータックを紹介。「コロンブスの卵」的な発想が生まれたいきさつや、コータックで命を救われた患者さんの声が満載。患者さん本位の治療を目指してきた小川先生の集大成的な書。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

副作用なし癌治療『光免疫療法』日本でも2018年3月から治験開始!末期癌、相当量の癌、転移した癌でも治せる!楽天・三木谷氏が取締役会長!小林久隆・米国立衛生研究所(NIH)主任研究員、2020年世界同時実用化目指す! 三木谷浩史会長が資金支援を即決! - みんなが知るべき情報/今日の物語


ノーベル賞対象の「オプジーボ」恐ろしい副作用、死亡例!製造販売元が警告 「がん免疫療法」超高額な治療費「夢の新薬」ではない!有効性が立証されていない!本庶佑氏にノーベル医学生理学賞!■実際に治療を受けた患者の声からは、モラルなき実態も浮かび上がる。ジャーナリスト・岩澤倫彦氏がレポートする。 ■日本人は「癌は死の病気」と医療マフィア、手下のマスメディアに洗脳されて、必要以上に恐れ、金儲け病院、医師のいいなりになり、挙げ句に「癌治療」で命を落とす人が多いのです。(管理人の見解)■ 本庶佑氏にノーベル医学生理学賞は、免疫システムの一部を解明した事は素晴らしい研究ですが、所詮、薬剤…抗がん剤は強い副作用が生じます。癌で死ぬのでなく、金儲け癌治療、副作用で死ぬのである。■癌は42度の風呂と食事術で治る位の病気である! - みんなが知るべき情報/今日の物語




著名人は何故【癌でなぜ急死するのか】眠っているがんを起こしてはいけない!手術、抗がん剤、人間ドックやがん検診で命が縮む怖ろしい実情!オプジーボなど「夢の新薬」の闇!近藤誠著/樹木希林さん、有賀さつきさん、九重親方…有名人の闘病を例に、わかりやすく語る! - みんなが知るべき情報/今日の物語



「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!元ハーバード大学准教授・荒木裕/癌は熱い風呂、味噌、重曹で治る位の病気!ガン細胞は糖質が大好物「三大療法」ではガンは治らない!減塩は悪魔のささやき!純ココア・高カカオチョコレート、カレー粉など!糖尿病、認知症、動脈硬化…生活習慣病!高齢者は、魚には必ず、卵か肉を、アミノ酸バランスが魚は不十分です。動物性蛋白質・脂肪で体を作り体温を上げて免疫力がアップします。プロティン、アミノ酸サプリメントの人工食品はは腎臓に負担をかけ副作用があります。卵はスーパーフードです。スポーツマン、受験生にも最適です。急ぐ時は生卵で。食品のコレステロールは余分な分は排出されます。- みんなが知るべき情報/今日の物語



癌にタマゴと「がん治療に殺された人、放置して生きのびた人」の著者「近藤誠医師」も記述!元ハーバード大学准教授・荒木裕医師も「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!がんを切らない選択、抗がん剤だけはやめなさい、がんでもふつうに暮らし、穏やかに逝く極意!近藤誠医師も上記の本の中で、がん対策に卵で先ず栄養をとりなさいと。糖尿病、肝臓病の医師達も卵を1日3個以上を奨めています。- みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


スポンサーサイト



[ 2019年09月02日 14:10 ] カテゴリ:健康 | TB(-) | CM(0)

肺ガンが増えた原因はCT検査!早期発見早期治療の罠!医療マフィア日本医療…早期発見早期治療をうたい文句にして、手術および生死をかけたギャンブルである抗がん剤治療となり命を落といく!元診療放射線技師

肺ガンが増えた原因はCT検査!早期発見早期治療の罠!医療マフィア日本医療…早期発見早期治療をうたい文句にして、手術および生死をかけたギャンブルである抗がん剤治療となり命を落といく!元診療放射線技師 【タバコが肺がんの主な原因】とは到底、考えられない!武田邦彦氏/癌の原因は放射線、強いストレス、添加物、砂糖・糖質、薬、抗がん剤、放射能など!癌は食事、生活環境で遺伝子も変えられる!


明日の世界 🍅QAnon応援🍅<非左非右>: 「「『肺ガンが増えた原因はCT検査です。… 早期発見早期治療をうたい文句(私的にはカルトな呪文)にしているバカ日本医療では、手術および生死をかけたギャンブルである抗がん剤治療となり、命を落としていく人が増えてるのです。あ、因みに私は元診療放射線技師です』」 https://t.co/IcMQ1ZLQtD」 / Twitter

長生きしたければ、がん検診は受けるな! がん検診で、癌になる…CTなどの検査には、こんなに害がある!/岡田正彦・新潟大学医学部教授/早期発見・早期治療で寿命は延びない。それどころか、CTなどの検査には、こんなに害がある。検診で微細ながんを見つけ出し、激しい治療を施される不利益の方が、放置しておくよりも、むしろ大きいかもしれない。これ一つをとっても、がん検診の有効性には大きな疑問符がつくのです。乳がん検診で、乳がんによる死を防げるのは、1,000人中1人ということです。




【なんてこと!】肺ガンが増えた驚愕の理由! - 愛詩tel by shig


【なんてこと!】肺ガンが増えた驚愕の理由!

愛詩tel by shig 19/08/13 07:13

強健ラボより転載
2016.01.31 

肺ガンが増えた驚愕の理由!

肺ガンが増えた驚愕の理由! | 強健ラボ

喫煙者は激減しているのに肺がん患者は激増していました!



 禁煙、何処もかしこも禁煙・・・

電子タバコが大流行・・ですが、表をご覧の通り、喫煙者と肺がんの比率が世間で言われている関係と全く一致しませんね?

喫煙者数は、どんどん減っているのに肺がん死亡者はどんどん増えています。

1950年を見ると、むしろ、男女ともタバコを吸ってるほうが肺がん死亡率が低いとさえいえます。

つまり、タバコ=肺がん、じゃ無かったのです!!!

実際は、無関係だったと言って良いと思います。

 95年以降の肺がん死亡者の減少傾向は、医療(巨大企業と政府)が隠蔽している真の健康法や、医療の裏側を、ネットの普及により個人で簡単に調べることが出来るようになったため、真の健康法を実践する人が増えたからかも知れません。

 しかし、こんな一目瞭然の政府(厚生労働省)が出したデータがあるのに、全く何をもって、未だに医療界は、肺がんの第一の原因を、タバコにしているのでしょうか?

 じつは、それが医療洗脳の可能性大です。

 タバコに責任を負わせ、つまり濡れ衣ですね、本当の原因から目をそらすためのビジネス戦略と位置付けすると話が繋がります。

 医療(政府)の上司は、巨大企業なのです。

本当の病気の原因は、大企業が売りまくる医薬品や抗がん剤、スーパーの99%の添加物食品などの化学物質類の摂取であることが濃厚です。

 抗がん剤は、最強の発ガン物質です。つまり酸化物です。

ガンの大好きな酸化環境を作っています。

これじゃ、放置よりずっと早く死にます。

 医療界は、大企業(製薬系企業)の利益のために、治らない薬、癌が成長する抗がん剤を、売らないといけないのです。

 売るのが第一の目的で、第二、第三は無くて、売るために患者をいかに騙すかが彼らの手腕です。。

 近年は、医療(政府)や、メディアが禁煙をうるさく言い続け、喫煙者が激減し、喫煙場所さえ、ほとんどなくなりました。

 これが、実に胡散臭い!

 庶民にとって本当に良い情報は、今まで完璧に隠蔽してきましたから、禁煙は、騙しで、彼らにとって何かしら都合がいいのでしょう。

 まだ、調査不足ではっきりといえませんが、つまり、タバコが人体に有効に働くことが大いに考えられるのです。

 上の表が論より証拠で、この不可解なデータを解明したときが正論ではないでしょうか?

 ロシアは、タバコの驚くべき能力を発表したそうですが、もちろん、我々には詳細情報は届きません。

 また、調べると、本当の素晴らしい民間療法や食品があっても、「薬事法」でことごとく抹殺してきた歴史があります。(このブログでかなり記事にしています)

薬事法とは、製薬会社の利権防衛のためのものだったのです。

 つまり、、、政府もグルで、お役人さんや、グローバルエリートさんは、別荘や超高級車に・・・お金が、とにかくたくさん要るのです。

 嘘つき政府に騙されないために、表情報に対して裏を読み取る思考スタンスでいることが医療に限らず大事かと思います。

 ついでに、もう一つの大きな洗脳、減塩の勧めです。

テレビも、医療も減塩、減塩といいます。

つまり塩も、タバコと同じように、生活習慣病の確信犯にされていますが・・・

実は、減塩は、人体を弱体化させる格好の手段なのです。

 人間の祖先は、海の生き物。。。

人間の身体のベースは、体液、血液、羊水など、ほとんど海水と同じ成分です。

ですので減塩がすすむと、病気に成り最終的には人間は死にます。

減塩は、死のふちまで追い込む行為なのです。

健康になってもらっては、儲からなくなるから、「減塩」をひつように薦めるのです。。。

 近年の痴呆症激増の原因は、減塩が大きく関与しています。

 そして重大な要素、塩のクオリティーの隠蔽です。

医療や政府の上司である巨大企業は、、自然塩の効果効能を隠蔽し、日本の海岸全域にあった伝統ある自然塩田を、見事にぶっ潰し、代わりに、塩味の化学物質である精製塩にすり替えました。。。

数十年間、塩は、JTが販売する化学物質塩に・・・

(現在は、解禁されています)

それから、始まったのです、花粉症や、アトピーに、うなぎのぼりの生活習慣病が!

一方、昔のように良い自然塩を十分に食べると、痴呆、血圧安定、花粉症、腰痛、アトピー、心臓病、ガン、糖尿・・などなど解消、すこぶる健康になっていくのです。

その証明である「卵醤」という強烈な健康法です↓

 「減塩食で弱体化」、「化学物質をてんこ盛り」が普及すれば、、誰だって病気になり、ガンやなんかで早く死にます。

 政府は、そこを、完全に無視して、「健康診断」ばかり勧めます。

高級人間ドッグを毎日受けようと、健康には一切なりません。

 病院の三大治療の甲斐も無く、年間37万人という途方もない方が亡くなられるガン患者、いざ、自分がガンになると病院を信頼し、まな板の鯉になる神経が私には良くわかりません。

何故疑問に思わないのでしょうかね~

一流芸能人(お金持ち)の発病者は、超高額の最新自費治療を受けているのに、あっさり亡くなられます、、ということは・・・

大金払っても西洋医学では治らない証明であり、がん保険を掛けて安心する心理もチャンチャラ無意味です。

 医療(政府)の上司である巨大企業が、庶民の懐と人工削減を狙う洗脳戦略が成功しているのでしょう。

 上の表の95年以降の、下降する肺がん死亡者数は、ネット情報から民間療法をする人が増えたから、、、

それと、塩の解禁と想像しますが、あくまで想像ですので。。。

 病気~ガンなんて、味噌、醤油、自然海塩、糠漬けなど軸とした和粗食つまり、ホンモノの伝統を継承していればまずなりませんが、現在はことごとくニセモノになっています。

 ただ情報には、暴挙(グローバル企業)側、庶民(消費者)側のそれぞれの対極の立場の意見があります。

要するに、真の情報があると必要以上に否定する工作員が雇われてます。

 最初は、どちらがどうかわかりませんが、それでもめげずに調べていくとだんだん自然に感性が研がれ、辻褄が見えてくると思います。。。

 この記事で、上の表について肺ガンが増えた理由を書きましたが、読者の方から非常に貴重な生きた情報を頂きました。(下に抜粋しています)

この方は、病院で長らく放射線技師をされていた方で、日々の経験から目の前で起こった事実を述べられています。

外野の妄想ではなく、現場の見たまま!です。これは、非常に意味があると思います。

医療ジャーナリストの船瀬俊介氏などが、「健康診断は、罠、がんもどきが存在する」とおっしゃっていましたがこのコメントからも、本当に恐ろしい罠であることが証明されました。

まさしく、現場の見たままの情報です。

私は、健康診断において、X線やCTの放射線で被爆して、ガンになる可能性が高まるのかな?と思っていましたが、それよりも、恐ろしい実態があったのです。

そんなものじゃなく、ここに、「早期発見、早期治療」とんでもないのカラクリがあったのです。

つまり、ガンでもないのにガンと診断され、抗がん剤治療の作用で初めて発ガンし、抗がん剤の強い発がん性により命を落としていた、ということです。

だから、メディアを使って、健康な人に盛んに健康診断をすすめて、新規さんからお金と命を奪おうとしているのですね。

想像を絶する悪行です。

そうでもしない限り、このグラフに見る異様な増加にならないですね。

 エイズウイルスは実際には存在せず、検診やワクチンで毒を盛られて免疫不全になるというカラクリが、最近解明されましたが・・・それと似たような信じられない真相です。

医者の少ない国ほど生活習慣病患者はいない、というデータがあります。

医療機関のないモンゴル遊牧民や、エスキモーの地域には、ガンはありません。

この流れに当てはまります。

 患者は、巧妙に生産されています

 
~以下、元診療放射線技師さんの貴重なコメント抜粋です~



 肺がんが増えた大きな原因のひとつはX線CTの発達です。

このクソ医療のなかで唯一確実に進化したといえるのは医療機器、特に検査機器です。

 CT、MRI、超音波、PETなどですね。特に日本はそれらの保有台数が飛びぬけて多いです。

CTは体全体をスキャンできますが特に肺には力を発揮します。

昔は発見できなかった腫瘍がいとも簡単に見つかります。

肺の場合0.5mmの腫瘍でも造影剤なしで見つかります。

 しかし小さい腫瘍の場合、画像診断では悪性なのか良性なのか見分けがつきません。

したがって医者は患者に「がんの疑いがある」と説明します。

一昔前では「異常なし」なのが今では「がん疑い」になるわけです。

 早期発見早期治療をうたい文句(私的にはカルトな呪文)にしているバカ日本医療では、手術および生死をかけたギャンブルである抗がん剤治療となり、命を落としていく人が増えてるのです。

 あ、ちなみに私は元診療放射線技師です。

 多くの患者の検査に携わった結果ようやく確信したのはこの国の医療は、無駄な検査、無駄な薬、無駄な手術、無駄なリハビリによって多くの患者が生産されそして若い世代が保険料の支払いに苦しんでいるということです。

 これからもブログ参考にします。

以上稚文拙文ながながと失礼しました。

 大変貴重な情報をありがとうございました。

 ーーー以上転載ーーー


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

「タバコが肺がんの主な原因」とは到底、考えられない。武田邦彦。 -


安倍政権のタバコ、酒の規制案は【麻薬密売一家】の安倍晋三カンパニーの大儲け物語か!楽しい時間、ストレス解消は麻薬で!呑んべぇ天国の日本で【飲み放題禁止】酒類広告規制の動き!高い税率を課して価格を大幅にあげる! - みんなが知るべき情報/今日の物語




集団検診被曝の背後に恐ろしい勢力の暗躍!朝日新聞が設立した【日本対がん協会】検診ムラ!生体実験・日本軍731部隊とX線胃がんバリウム検診の医療被曝【がん発症】日本は世界一、医療被曝が多い! 731部隊の指揮官は安倍の祖父・岸信介! - みんなが知るべき情報/今日の物語




乳がん検診、乳がんビジネスに殺されるな!乳がん死亡者数は増える一方!早期発見にて死亡者数は減るはずが逆に増加!乳がん検診にて患者狩りを行っている!そして抗がん剤を投与されて二度と帰らぬ人となる!マンモグラフィー等で撮影したレントゲン写真で、あなたはがんにされるのです。レントゲン写真にて、がんだか何だかわからないグレーなものまで含めて、あなたはがんだと判断されるのです。もっと悪質な病院となると、がんになっている他人のレントゲン写真と、検診に来た本人の写真を入れ替えて見せているそうです。そして、抗がん剤を投与されて二度と帰らぬ人となるのです。早期発見によって早期死亡しているからなのであります。がん検診を私達は信用してはいけないのです。 がん細胞は42度で死滅します。一日に数回、お風呂に入って体を温めればがんは治るのであります。たったこれだけなのです。 - みんなが知るべき情報/今日の物語



がん検診「陽性」でも99%は問題なし?陽性になった1万人ほどの人のうち、本当に癌である人は126人です!がんになる人は、そんなにいない!「陽性」でも99%はガンではないということです!意外と知らないデータの真実医療ジャーナリスト市川衛…近藤誠医師が言う【癌もどき】でしょうか!日本人の半分が癌になる?のは癌もどきの状態の多くの人々が必要のないがん治療を受け命を落としたり、縮めたりしているわけしょうか!医療ジャーナリスト市川衛…医師に、自分が癌にかかった時、現在、癌治療で最も効果的であるとされる「抗がん剤、放射線治療」などを受けるかと訊ねると、ほぼ100%が受けないと答えているのは有名な話ですが、同様に「がん検診」や「定期検診・人間ドック」などについて訊ねると「一切受けない」と答えます!※下記に癌対策の記事もあります! - みんなが知るべき情報/今日の物語



医者に殺されない47の心得!がんの9割は癌治療するほど命を縮める!恐れるべきは癌ではなく【ガン治療】国、名医たちも「抗がん剤治療に延命効果なし」癌ほど誤診の多い病気はない!乳がん検診の結果は全て忘れなさい!抗がん剤を拒否する決心がついた!抗がん剤を使えば命が延びるという医者を信じるな!癌検診はやればやるほど死者を増やす!ピンピン100歳への体づくりは「毎日タマゴ」から、タマゴは1日…5、6個食べてもOK!医師・近藤誠著氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語





著名人は何故【癌でなぜ急死するのか】眠っているがんを起こしてはいけない!手術、抗がん剤、人間ドックやがん検診で命が縮む怖ろしい実情!オプジーボなど「夢の新薬」の闇!近藤誠著/樹木希林さん、有賀さつきさん、九重親方…有名人の闘病を例に、わかりやすく語る! - みんなが知るべき情報/今日の物語

「禁煙治療薬」はこんなに危険!米国では「重篤副作用件数ワースト1位」飲み薬バレニクリン!利権の闇… 日刊ゲンダイ/早死にしたくなければ『タバコはやめないほうがいい』禁煙すると肺がんが増える!武田邦彦!
タバコと肺ガンの医学的データはありません⇒「タバコが肺がんの主な原因」とは到底、考えられない。



「電子タバコ」喫煙者の健康を深刻に脅かす!喫煙…蒸気中に大量の毒性金属が見つかる!含有量が基準の数10倍だったケースもあり!Sputnik 日本/肝臓に蓄積され、腎臓や腸、脳、免疫系にも深刻なダメージ!アトピー、アレルギー疾患、自閉症、キレやすい、不妊など…/普通のタバコが肺がんの主な原因は到底、考えられない!喫煙率が下がっているのに肺ガンが増えている!武田邦彦氏  - みんなが知るべき情報/今日の物語



コレステロールが低いと【ガンや精神病‥‥自殺‥‥】のリスクが高まる!!武田邦彦 - みんなが知るべき情報/今日の物語

重曹は癌に有効!ロシアの研究でもガン治療の助けになる<たまご>は癌、糖尿病、心臓疾患、認知症に有効!細胞新生には良質な蛋白質、ミネラル、ビタミンが必要!砂糖、過剰糖質が癌はじめ病気の元凶!糖質、抗がん剤は癌の応援剤!卵アレルギーの人はトリムネ肉!癌患者の血液中のアルブミンが不足しています、アルブミンの宝庫が卵です!炭水化物より動物性脂肪を多めに、バター、ラードは脳の栄養、体に良い、最新研究です!太りたくなければ脂肪を! - みんなが知るべき情報/今日の物語


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

重曹でガンが治る!?歯科医とイタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ/医学的根拠あり!放射線被曝にも


がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって変わる!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる…食事、運動、生活環境で!薬が病気をつくる!自分を守るのは医者ではなく自分自身!新説は癌治療の常識を変えるか!- みんなが知るべき情報/今日の物語




遺伝子は変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する! - みんなが知るべき情報/今日の物語

スーパーフードたまご【インフルエンザ・風邪・ノロウィルスを予防】免疫力アップ、がん、糖尿病、生活習慣病!1日に3個以上!70歳の私…1日6個で筋肉増強、免疫力、認知症 、疲労回復、脳の栄養、受験生、スポーツ、若返り、心臓強化、熱中症、寒さに強くなる! みんなが知るべき情報/今日の物語


「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!元ハーバード大学准教授・荒木裕/癌は熱い風呂、味噌、重曹で治る位の病気!ガン細胞は糖質が大好物「三大療法」ではガンは治らない!減塩は悪魔のささやき!純ココア・高カカオチョコレート、カレー粉など!糖尿病、認知症、動脈硬化…生活習慣病!高齢者は、魚には必ず、卵か肉を、アミノ酸バランスが魚は不十分です。動物性蛋白質・脂肪で体を作り体温を上げて免疫力がアップします。プロティン、アミノ酸サプリメントの人工食品はは腎臓に負担をかけ副作用があります。卵はスーパーフードです。スポーツマン、受験生にも最適です。急ぐ時は生卵で。食品のコレステロールは余分な分は排出されます。- みんなが知るべき情報/今日の物語



日本OS【TRON潰し】は自民党が行った最も恐ろしい売国政策!Windowsよりもはるかに素晴らしいOSであった!米国の要求に応えて日本政府が止めた!こんなに悲しく愚かな国が世界のどこにありますか!日航123便墜落【国家犯罪】知るのは中曽根康弘!マイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ氏は、ウィンドウズや関連アプリケーション開発の成功のおかげで、世界一の資産家となった!一方、坂村博士はトロンを使った金もうけは考えずオープンな無償提供にこだわった! - みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


[ 2019年08月15日 21:19 ] カテゴリ:健康 | TB(-) | CM(0)

重曹は癌に有効!ロシアの研究でもガン治療の助けになる<たまご>は癌、糖尿病、心臓疾患、認知症に有効!細胞新生には良質な蛋白質、ミネラル、ビタミンが必要!砂糖、過剰糖質が癌はじめ病気の元凶!

重曹は癌に有効!ロシアの研究でもガン治療の助けになる<たまご>は癌、糖尿病、心臓疾患、認知症に有効!細胞新生には良質な蛋白質、ミネラル、ビタミンが必要!砂糖、過剰糖質が癌はじめ病気の元凶!糖質、抗がん剤は癌の応援剤!卵アレルギーの人はトリムネ肉!癌患者の血液中のアルブミンが不足しています、アルブミンの宝庫が卵です!炭水化物より動物性脂肪を多めに、バター、ラードは脳の栄養、体に良い、最新研究です!太りたくなければ脂肪を!


食用の重曹、がん治療の助けになる可能性 - Sputnik 日本(記事は下記に)

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

重曹でガンが治る!?歯科医とイタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ/医学的根拠あり!放射線被曝にも

末期がん患者の8割が改善!タマゴ・肉・脂質が主食『糖質制限』免疫栄養ケトン食!衝撃の最新科学研究!肉たまご、動物性脂肪…バター・ラードは体に良い…今までの説と真逆!良質なタンパク質と脂質を主食に!タマゴ肉の蛋白質が体・細胞を作り、体温を上げ、免疫力を高める!癌細胞は糖質が大好き、糖質、炭水化物の過剰摂取が自律神経を乱し、万病の元!動物性脂肪は脳の栄養!過剰摂取分は排出されます… 脳が疲れたら甘い物はウツの危険!肥満、体の脂肪は糖質の過剰摂取!動物性脂肪を摂取しない『糖質制限』は危険です! - みんなが知るべき情報/今日の物語




注)管理人<牛乳、乳製品は癌発症のリスクが高い、チーズもリスクが高いという研究も増えています。牛乳の蛋白質カゼインを消化しきれず超を傷つけ、病気のリスクを高めるようです。腸を傷つける小麦粉とチーズの、あ美味しい食べ物もほどほどに、でしょうか。>

癌は敵ではなく【毒、異物から守ってくれる存在、浄化組織】がんは自然治癒力でしか治せない!抗がん剤はガン細胞が喜ぶ応援剤/日本人家畜化計画/池田整治著!医療と石油マフィアの金儲け人工削減計画!宮崎監督のナウシカの【腐海・ふかい】のような浄化装!がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって変わる!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる! - みんなが知るべき情報/今日の物語



【Ray:癌が完治しました!】重曹の驚きの真実 - Mutual Aid Japan/大腸癌でレベル1でしたが、術後ネットで知って毎日飲み(重層とクエン酸を小さじそれぞれ3分の1を水で割って)半年もしないうちに陰性になりました。そのほかにも虫歯が完治したり、術後の体力回復(体重が手術前82kg、術後70kg、現在77kg)、狭窄症などもいちじるしく回復しましたのでお伝えすることにしました。踏み切るまで、体が受けいるかなどテストしながらいろいろやってみました。(記事は下記に)

癌細胞は酸性で、健康な細胞はアルカリ性! すべての病気は、体内が酸性であることが根本原因! 【重曹水(重曹液)は、癌の「酸毒」を中和する『制酸療法』である!】 : 癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy(記事は下記に)

医者に殺されない47の心得!がんの9割は癌治療するほど命を縮める!恐れるべきは癌ではなく【ガン治療】国、名医たちも「抗がん剤治療に延命効果なし」癌ほど誤診の多い病気はない!乳がん検診の結果は全て忘れなさい!抗がん剤を拒否する決心がついた!抗がん剤を使えば命が延びるという医者を信じるな!癌検診はやればやるほど死者を増やす!ピンピン100歳への体づくりは「毎日タマゴ」から、タマゴは1日…5、6個食べてもOK!医師・近藤誠著氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語

●テレビ新聞では早期発見、検診を大々的に洗脳報道、日本人の二人に一人が癌にされ、がん治療で殺されています。信じたくない人も多いと思われますが。。。。




食用の重曹、がん治療の助けになる可能性 - Sputnik 日本


重曹(炭酸水素ナトリウム)は化学療法の効果を高めてがん治療の助けになる可能性があると、米ラドウィックがん研究所の研究チームが明らかにした。EurekAlertが報じた。

スプートニク日本

水に溶かした重曹により、がん細胞は治療の影響をより受けやすくなる。

腫瘍が大きくなると、大量のがん細胞は血管系から切り離され、薬品からも隔離される。がんには酸素が届かずに酸性度が高まる。だが重曹は酸性度を中性に戻すことができるとチームは指摘する。

チームは実験で、がん細胞をマウスに移植した。マウスは酸性度が高くなったため、活動量が下がり、治療の効果が弱くなった。マウスの水に重曹が加えられると、酸性度が通常になり、がん細胞が活発になった。こうして腫瘍は化学療法の影響を受けやすくなった。

EurekAlertによると、論文著者は「アイデアは非常に単純。これは年10万ドルかかる薬ではない。これは文字通り、ただの食用炭酸水素ナトリウムだ」と強調する。


癌細胞は酸性で、健康な細胞はアルカリ性! すべての病気は、体内が酸性であることが根本原因! 【重曹水(重曹液)は、癌の「酸毒」を中和する『制酸療法』である!】 : 癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy


『重曹水』に含まれる『炭酸水素イオン』を摂取することにより、
  癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』を改善する手助けをする

 武田英二博士がお話しされていましたように、血液の pH は7.4(pH7.35~7.45)で厳密に調整されています。
 血液の pH は、主に『炭酸水素イオン(HCO3−:アルカリ性)』と『炭酸(H2CO3:酸性)』の比によって決まります。
 体内の『炭酸水素イオン』が減少したり、『炭酸』が増加すると、血液は酸性に傾くことになります。

 『重曹水』には『炭酸水素イオン』が大量に含まれています。この『重曹水』を飲用することで『炭酸水素イオン』を大量に摂取して、体内の『炭酸水素イオン』を増加させれば、血液の pH が正常値の7.4(pH7.35~7.45)へと戻り、酸性に傾いた血液の pH を改善することができます。
 医薬品の「重曹」の「重曹「ヒシヤマ」- 添付文書」の【効能または効果】のところに『アシドーシスの改善』と明記されていますが、これは、『重曹水』の飲用によって「アシドーシス(血液の酸性度が高くなり過ぎた状態)」が改善される、という医療的事実を打ち明けているものです。

 癌細胞はミトコンドリアが機能せず、解糖系だけでエネルギー(ATP)を産生している細胞です。
 癌細胞の唯一のエネルギー源は「ブドウ糖」のみであり、解糖系におけるエネルギーの産生効率が非常に悪いため、癌細胞は正常細胞の16倍以上もの「ブドウ糖」を消費しています。
 (上述しましたように)酸素がある状態で、ミトコンドリアが機能していれば、解糖系で「ブドウ糖」が分解されて生成した「ピルビン酸」は、ミトコンドリアで「アセチルCoA」に変換されてエネルギー(ATP)産生に消費されます。
 しかし、癌細胞ではミトコンドリアが機能していませんから、「ピルビン酸」は「アセチルCoA」になることができず、ことごとく「乳酸」になってしまうのです。ですから、癌細胞でのエネルギー代謝の最終産物は「乳酸」のみとなります。
(ここは、「「解糖系」と「ミトコンドリア」におけるエネルギー産生の違い」記事を参照されてください:ブログ管理人)
 しかも、癌細胞は正常細胞の16倍以上もの大量の「ブドウ糖」を消費しているのですから、癌細胞における「乳酸」の蓄積量は尋常ではないはずです・・・。

 以上の理由により、癌細胞では「乳酸」の蓄積による『乳酸アシドーシス(乳酸が蓄積した結果、血液が著しく酸性に傾いた状態:参照記事)』が生じており、「酸性に傾いた」状態になっています。癌細胞で生成された「乳酸」と、「乳酸」の蓄積により生じている「アシドーシス(酸性度が高くなり過ぎた状態)」という「酸毒」、この2つを成長因子にして、癌細胞は成長していきます。つまり、癌細胞は、「乳酸」+「アシドーシス」=『乳酸アシドーシス』による「酸毒」を成長因子にして成長していくのです。この癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』を改善すれば、癌細胞の成長因子を削ぐことができますので、癌細胞の成長を弱めることができるのは言わずもがなです。よって、癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』を改善することが、癌治療の上で非常に重要な要素となります。

 上述しました通り、癌細胞で『乳酸アシドーシス』が生じているのは、癌細胞に「乳酸」が蓄積しているためであり、癌細胞で「乳酸」が蓄積しているのは、ミトコンドリアの代謝が正常に機能していないからです。ミトコンドリアの代謝不良を正常化しなければ癌細胞で生じている「乳酸」の蓄積は止まりませんから、『重曹水』を飲用して『炭酸水素イオン』を摂取しても、癌細胞で生じている「乳酸」の蓄積自体を止めることはできません。しかし『重曹水』のアルカリが血流を通して癌細胞に注ぎ込まれれば、癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』を中和して軽減することができるでしょう。
 癌細胞は「乳酸」の蓄積によって生じている「アシドーシス(酸性度が高くなり過ぎた状態)」という「酸毒」を成長因子にして成長しているわけですから、癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』の「酸毒」を『重曹水』のアルカリで中和して軽減すれば、それだけ癌の成長因子を削ぐことができますから、その分、癌の成長力を挫くことができるはずです。

 このように、『重曹水』を飲用して『炭酸水素イオン』を摂取すれば、癌細胞の成長因子である『乳酸アシドーシス』を改善する手助けをすることができますので、癌の改善に貢献してくれます。
 当然、『乳酸アシドーシス』を改善するには「ミトコンドリアの代謝不良を改善すること」が根本的に必要ですから、以上を武田英二博士のお話と併せて言いますと、食事で「ビタミンB1」などの「ミトコンドリアの代謝を改善する栄養」を摂取してミトコンドリアの代謝不良を改善していくと共に、『重曹水』を飲用して『炭酸水素イオン』を摂取することで癌細胞の『乳酸アシドーシス』を軽減すれば、癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』を改善する手助けをすることができ、癌の改善に貢献することができる、と言うことができるでしょう。
 ゆえに、癌細胞の成長因子である『乳酸アシドーシス』を改善するには、『食事療法(栄養療法・食事改善)』+『重曹水』のセットが有効するのです。

~中略~

 ただ、しかし、『重曹水』を飲用する上で必ず気をつけなければならないことは、「重曹」は胃酸(pH1.0~1.5)を中和する医薬(胃酸の中和剤・制酸剤)にもなっているくらいですから、食前と食後に『重曹水』を飲用しますと胃酸が中和されて消化不良を起こします。
 ですから、『重曹水』の飲用は、食前と食後は必ず避けること、つまり、『重曹水』は必ず「空腹時」に飲用することです。ここは、絶対に絶対に絶対~に守ってください。『重曹水』は必ず「空腹時」に飲用しましょう!

 『重曹水』を飲み、胃酸を中和してから(胃酸の消化力を失くしてから)食事を食べたら、絶対に消化不良を起こします。
 または、食後すぐに『重曹水』を飲んでも、胃酸が中和されて(胃酸の消化力が失われて)、同様に消化不良を起こします。
 こんなことされたりでもしたら、食物を消化できません・・・(涙)
 『重曹水』は必ず、絶対に「空腹時」に飲用されてくださいね!

注)管理人<重曹は胃の薬です、胃の薬として飲む時は説明書に従って下さい。胃酸型過多など>


【Ray:癌が完治しました!】重曹の驚きの真実 - Mutual Aid Japan(抜粋引用)


Ray:大腸癌でレベル1でしたが、術後ネットで知って毎日飲み(重層とクエン酸を小さじそれぞれ3分の1を水で割って)半年もしないうちに陰性になりました。そのほかにも虫歯が完治したり、術後の体力回復(体重が手術前82kg、術後70kg、現在77kg)、狭窄症などもいちじるしく回復しましたのでお伝えすることにしました。参考までに、ネットでヘルシーカンパニーというサイトでは重層1gが送料込みで500円と言う値段でした。クエン酸も送料込みで580円でした。踏み切るまで、体が受けいるかなどテストしながらいろいろやってみました。

 2017年1月30日驚きの健康情報harty

重曹はがんに効果がある?

イタリアのシモンチ-ニ医師によると、すべてのがんの正体は真菌の一種カンジダ菌であり、それがくっつきあってできているとの事です。
又それらは、がんが自然死(アポト-シス)するのを妨害する毒を出しているというのです。

では抗真菌剤で、カンジダ菌を殺せばいいのではないでしょうか?ところが、抗真菌剤はきかないそうです。何故ならカンジダ菌が自己防衛の為に変異し抗真菌剤を食べ始めるそうです。

そこでその代わりに見つけたものが、重炭酸ナトリウム。
つまり重曹の主要成分なのです。
重曹には強力な殺菌力があり、 薬物とは違い、カンジダ菌はそれに「適応」することが出来ないそうです。 

これがシモンチ-ニ医師が、がんを重炭酸ナトリウムで洗浄している動画です。

これは驚きです。大腸がんや気管支のがんが、重炭酸ナトリウム数回の洗浄で消えてしまいました。
又、シモンチ-ニ医師は次の様な治療法を紹介しています。

出典 がんの特効薬はミトコンドリア賦活剤http://16296315.at.webry.info/201404/article_5.html

========
注)急性蕁麻疹やアシドーシスに使用する【重曹水の静注 、点滴=メイロン】が癌に有効と思われますが、あまり安い薬価なので使用する医師はいないでしょう。が参考まで。。
炭酸水素ナトリウム静注7%「NP」
メイロン静注7%メイロン静注7% | 今日の臨床サポート - 診断・処方・エビデンス -
使用する医師はいないでしょう。
医療用医薬品 : メイロン


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

重曹の効用は凄い!アメリカ合衆国陸軍は放射線障害防止に重曹を推奨【米軍も認める効用】癌・被爆・肝臓病・インフルエンザ・腎臓病・胃潰瘍・痛風・虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも!重曹は元々、胃の薬です!食品添加物の重曹でもOKです! - みんなが知るべき情報/今日の物語

スーパーフードたまご【インフルエンザ・風邪・ノロウィルスを予防】免疫力アップ、がん、糖尿病、生活習慣病!1日に3個以上!70歳の私…1日6個で筋肉増強、免疫力、認知症 、疲労回復、脳の栄養、受験生、スポーツ、若返り、心臓強化、熱中症、寒さに強くなる! みんなが知るべき情報/今日の物語


「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!元ハーバード大学准教授・荒木裕/癌は熱い風呂、味噌、重曹で治る位の病気!ガン細胞は糖質が大好物「三大療法」ではガンは治らない!減塩は悪魔のささやき!純ココア・高カカオチョコレート、カレー粉など!糖尿病、認知症、動脈硬化…生活習慣病!高齢者は、魚には必ず、卵か肉を、アミノ酸バランスが魚は不十分です。動物性蛋白質・脂肪で体を作り体温を上げて免疫力がアップします。プロティン、アミノ酸サプリメントの人工食品はは腎臓に負担をかけ副作用があります。卵はスーパーフードです。スポーツマン、受験生にも最適です。急ぐ時は生卵で。食品のコレステロールは余分な分は排出されます。- みんなが知るべき情報/今日の物語





筋肉をつくる力「たまご・タマゴ・卵」70歳の実体験!筋肉強化、若返り、足腰、心臓強化、免疫力アップ、がん、生活習慣病、熱中症、寒さに強くなる! 「人工的なタンパク質」プロテインやアミノ酸サプリメントは腎臓を壊す!卵は死に至る病の罹患率を下げる!脳卒中、認知症、糖尿病…! タマゴはスーパーフード!医者が教える食事術 最強の教科書!





卵『タマゴ』は死に至る病の罹患率を下げる!英国、中国の科学者!脳卒中、心臓疾患、認知症、がん、糖尿病、生活習慣病! - みんなが知るべき情報/今日の物語



米国公文書に明記!ガン3大療法もワクチンもブドウ糖点滴も人口削減計画の一環と!癌じゃないのに癌という診断を受けて本物の癌を発症!危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法の三大療法を受け、命を落としていると!癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません!重曹など癌対策記事あり! - みんなが知るべき情報/今日の物語


集団検診被曝の背後に恐ろしい勢力の暗躍!朝日新聞が設立した【日本対がん協会】検診ムラ!生体実験・日本軍731部隊とX線胃がんバリウム検診の医療被曝【がん発症】日本は世界一、医療被曝が多い! 731部隊の指揮官は安倍の祖父・岸信介! - みんなが知るべき情報/今日の物語




がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって変わる!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる…食事、運動、生活環境で!薬が病気をつくる!自分を守るのは医者ではなく自分自身!新説は癌治療の常識を変えるか!- みんなが知るべき情報/今日の物語




遺伝子は変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する! - みんなが知るべき情報/今日の物語




著名人は何故【癌でなぜ急死するのか】眠っているがんを起こしてはいけない!手術、抗がん剤、人間ドックやがん検診で命が縮む怖ろしい実情!オプジーボなど「夢の新薬」の闇!近藤誠著/樹木希林さん、有賀さつきさん、九重親方…有名人の闘病を例に、わかりやすく語る! - みんなが知るべき情報/今日の物語

『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語

緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!

認知症の改善・予防にカレー粉、ターメリック『たけしの家庭の医学』カレー粉の効能が凄い!癌、動脈硬化、糖尿病、生活習慣病、冷え症、貧血、ダイエット、美肌、若返り、加齢臭、幸せホルモンにIQが7も上がる!漢方学の権威語る…カレーは食べる漢方薬!- みんなが知るべき情報/今日の物語

がん、脂肪肝改善【高カカオチョコ】食前3食・間食前に…1日25グラム/生活習慣病、癌、糖尿病、認知症、肝臓、心臓疾患 、便秘、動脈硬化、高血圧 、免疫力アップ、脳卒中予防 、インフルエンザ、風邪、疲労回復、滋養強壮、記憶力、美肌、ダイエット、ピロリ菌など!純ココア=無糖カカオチョコ- みんなが知るべき情報/今日の物語

『皮付きピーナッツ』がん、認知症、糖尿病、目の老化予防、便秘、美肌、放射線障害、生活習慣病!ハーバード大研究でわかった最強食材!レスベラトロール栄養成分!1日の摂取量は30粒程度!井上教授の新刊ハーバード大の研究でわかったピーナッツで長生き!中国産の殻つきピーナッツも今は安全ですとあります!ー管理人のメイン『スーパーフーズ』は卵ですが、皮つきピーナッツもラインナップしました。味噌、重曹、カレー粉、高カカオチョコ、などと共に。 - みんなが知るべき情報/今日の物語


減塩で死ぬ!殆どの国民が知らない【武田邦彦】減塩のほうが健康に良いなどという根拠は医学的には皆無です!動画あり「減塩」=「塩分悪者」にする必要があった「降圧剤」を売る連中の策略!減塩食はヘルシーではない!高血圧で血圧の基準を10下げると降圧剤が4千億円ほど余計に売れる!塩は生命の源、とても大切、生きる為に不可欠なモノ! - みんなが知るべき情報/今日の物語


がん細胞~牛乳の功罪「がん細胞を活性化」牛乳は本当に、よくがんを育ててくれる!乳癌と乳製品と糖質の乳癌と乳製品と糖質の過剰摂取…そして放射能と原発再稼働!


『パンと牛乳は今すぐやめなさい』パンは腸と脳をこわす!牛乳は骨と血管を弱くする!乳ガン患者はパンと牛乳が大好き!小麦のタンパク質『グルテン』の怖さ!疲れ、肥満、腸トラブル、うつ、湿疹なども改善!自傷行為や異常行動がおさまった!/小麦のタンパク質『グルテン』の怖さー未消化のグルテンは体内では『異物』だ!臓器を攻撃する抗体ができてしまうー人間の臓器には、小麦のタンパク質とアミノ酸配列が似ているものがある!/人は牛乳のタンパク質を分解できない!中毒を起こすモルヒネ様の物資に変化する!日本人に不足がちな鉄の吸収を阻害する!詳細は本を読んで下さい、お勧めです! - みんなが知るべき情報/今日の物語


パンばかり食べる人が密かに陥る【体調不調】小麦粉「グルテン」が脳に炎症を起こし、腸に小さな穴を開ける!味噌汁…1日1杯程で血管年齢を10歳ほど若返える!小麦粉のケーキやラーメン、パスタ、うどん、クッキー、菓子パン…長生きしたけりゃ!


降圧剤の恐怖!がん、脳梗塞、認知症のリスクが高まる!基準値が180から50下げられ130になった!高血圧はほっとくのが一番!高血圧=脳溢血、その常識は時代遅れ!高血圧と言われても気にしなくていい理由!製薬会社の莫大な利益!上は180、下は110まで大丈夫!塩=高血圧は医学的根拠なく!- みんなが知るべき情報/今日の物語



【睡眠薬の甘い罠】睡眠薬・睡眠導入剤、その一錠が病気をつくる、脳をダメにする!睡眠薬による眠りは麻酔薬と同じ!高齢者交通事故や殺傷事件の一部は薬の副作用か!薬を使わない薬剤師が教える本 /宇多川久美子著- みんなが知るべき情報/今日の物語



芸能人のみなさん、SNSで安易にがん検診を勧めないでください!世界的に有効性が疑問視「早期発見・早期治療」のウソ!放射線被マンモグラフィは20、30代は原則的に放射線被ば受けるべきではない!がん検診を受けても寿命がのびる科学的根拠は一切ない!検診によって、命を奪わない病変を「がん」と過剰診断されてしまうため、無用な検査や治療による健康被害に遭う人が急増している!国ぐるみの【医療洗脳】がん検診を信じるな~「早期発見・早期治療」のウソ…鳥集 徹著/文春オンライン - みんなが知るべき情報/今日の物語

長生きしたければ、がん検診は受けるな! がん検診で、癌になる…CTなどの検査には、こんなに害がある!/岡田正彦・新潟大学医学部教授/早期発見・早期治療で寿命は延びない。それどころか、CTなどの検査には、こんなに害がある。検診で微細ながんを見つけ出し、激しい治療を施される不利益の方が、放置しておくよりも、むしろ大きいかもしれない。これ一つをとっても、がん検診の有効性には大きな疑問符がつくのです。乳がん検診で、乳がんによる死を防げるのは、1,000人中1人ということです。

【がん】は切ると暴れる!本物の癌でも、すぐには死なない「ガンもどき」はしょっちゅう消える、人を殺さない!治療しなけりゃ大往生できる!抗がん剤は猛毒、命を縮めるだけ!癌の9割は癌治療するほど命を縮める!癌治療するほど命を縮める!すぐ余命を言う医者から逃げろ!早期発見で5年生存率が延びるというトリック!近藤誠の家庭の医学/ ガン宣告されても、絶望しないでください!ガン宣告されても、医者の脅しに屈しないでください!がん検診「陽性」でも99%は問題なし!ガン宣告されても、手術・抗がん剤・放射線被曝をしないでください!血圧は年齢プラス110までクスリで下げるな! 塩が足りないと病気になる!- みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


[ 2019年08月11日 14:33 ] カテゴリ:健康 | TB(-) | CM(0)

癌は敵ではなく【毒、異物から守ってくれる存在、浄化組織】がんは自然治癒力でしか治せない!抗がん剤はガン細胞が喜ぶ応援剤/日本人家畜化計画/池田整治著!医療と石油マフィアの金儲け人工削減計画

癌は敵ではなく【毒、異物から守ってくれる存在、浄化組織】がんは自然治癒力でしか治せない!抗がん剤はガン細胞が喜ぶ応援剤/日本人家畜化計画/池田整治著!医療と石油マフィアの金儲け人工削減計画!宮崎監督のナウシカの【腐海・ふかい】のような浄化装!がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって変わる!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる!







癌は敵ではなく【毒、異物から守ってくれる存在、浄化組織】がんは自然治癒力でしか治せない!抗がん剤はガン細胞が喜ぶ応援剤/日本人家畜化計画/池田整治著!医療と石油マフィアの金儲け人工削減計画宮崎監督のナウシカの【腐海・ふかい】のような浄化装置!


抗がん剤、放射線は癌を増やす、ガビが全身にはびこる。医療、石油マフィアの金儲け人工削減計画

化学物質、食品添加物、薬、農薬、砂糖、糖質の過剰摂取、放射能など毒、異物からアナタの命を守っている組織です。処理しきれない体の毒素浄化装置!

がんは、宮崎監督のナウシカの【腐海・ふかい】のような浄化装置!

文庫本も出版されています、本のタイトルとうり、金融マフィア、医療マフィア、石油マフィア、戦争マフィア、など幅広く勉強できます。

■癌は化学物質など毒素から体を守る防御装置。がん治療は医療マフィアの金儲け。世界は代替え治療が中心、生薬などの研究が進んでいる。

注)管理人記事 がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって変わる!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる…食事、運動、生活環境で!薬が病気をつくる!自分を守るのは医者ではなく自分自身!新説は癌治療の常識を変えるか!- みんなが知るべき情報/今日の物語

■大麻が麻薬に指定されたのは、戦後、石油マフィアの陰謀で、大麻は日本農家で普通に栽培され、大麻からの衣服は優れていた。石油マフィアは石油化繊で金儲けするため大麻栽培を禁止した。大麻はタバコより依存性が少なく、健康に優れた医薬品。農家の収入減でもあった。

■江戸時代はパラダイスだった。そのころのヨーロッパは、トイレの始末もできない汚い社会だった。フランスもドイツも。トイレ江戸日本は世界に類をみない循環型社会で、人の心も美しい時代だった。など安倍晋三時代の狂気が理解できる名著です。

プーチン大統領は金融支配層(金融マフィア)をロシアから追い出した!欧米日の戦争屋、金融マフィアに対抗できるのはプーチンが唯一無二の存在である!池田整治著 <密かに進行する日本人家畜化計画><日本人を騙し続ける支配層の真実> このままでは日本は「驚愕の末路」を迎える!マインドコントロール1・2/お勧めの本です!未だ占領下にある日本の是非を問う 日米地位協定を自衛隊元幹部が告発する!さらば在日アメリカ軍、脱植民地こそが日本サバイバルの鍵だ! - みんなが知るべき情報/今日の物語

注)名称や表現は、管理人の表現です。ほぼ間違いないです。


マインドコントロール1 日本人を騙し続ける支配者の真実 (コスミック・知恵の実文庫) | 池田整治 |本 | 通販 | Amazon

日本人よ、戦後70年間続く洗脳から目覚めよ! 

内容紹介

GHQによる自虐史観の刷り込み、宗教を隠れ蓑とした謀略、化学物質で汚染された食卓、ウイルス兵器で脅される世界…。
自衛隊元幹部が、「人類支配者」たちの恐るべき計画を告発する。

序章 オウム事件から、世の中の「真相」を求めて
第1章 日常生活に忍び寄る食品添加物の実態
第2章 第五の民主権力「インターネット」で流れを読み解け
第3章 「ヤマトごころ」を歴史から抹消せよ
第4章 現代日本へのマインドコントロール戦略
終章 人類文明の危機とアインシュタインの「予言」

内容(「BOOK」データベースより)

日本人よ、戦後70年間続く洗脳から目覚めよ!GHQによる自虐史観の刷り込み、宗教を隠れ蓑とした謀略、化学物質で汚染された食卓、ウイルス兵器で脅される世界…自衛隊元幹部が告発する!!人類支配者たちの恐るべき計画。

マインドコントロール2 密かに進行する日本人家畜化計画 (コスミック・知恵の実文庫) | 池田整治 |本 | 通販 | Amazon
このままでは、日本は「驚愕の末路」を迎える!!

暗躍する白いエゴ資本主義者たち、牙を剥く赤いエゴ資本主義国家、支配層が有色人種の抹殺を計画している…!?
騙され続けている日本人へ、自衛隊元幹部が警告する。

第1章 日本人を搾取する三つのエゴ資本主義
第2章 日常生活は情報と化学物質で汚染される
第3章 地震国家・日本に世界一の原発が存在する理由
第4章 教育洗脳と日本人劣化プロジェクト
第5章 牙を剥く赤いエゴ資本主義国家
第6章 暗躍する白いエゴ資本主義者と人類の次元進化

内容(「BOOK」データベースより)

このままでは、日本は「驚愕の末路」を迎える!!暗躍する白いエゴ資本主義者たち、牙を剥く赤いエゴ資本主義国家、支配層が有色人種の抹殺を計画している…!?自衛隊元幹部が警告する!!騙されない日本人になる方法。

未だ占領下にある日本の是非を問う 日米地位協定を自衛隊元幹部が告発する | 池田整治 |本 | 通販 | Amazon

未だ占領下にある日本の是非を問う 日米地位協定を自衛隊元幹部が告発する

内容紹介

さらば、在日アメリカ軍
脱植民地こそが日本サバイバルの鍵だ! 

敗戦後、GHQによる自虐史観の刷り込みと
日米地位協定によって日本の安全保障は骨抜きにされた。
反米ではなく媚中でもない。
脱米軍依存、脱植民地することが日本が真の独立国となるための鍵だ! 
元陸将補が「日米同盟」の実態を明らかにし、日本の存亡を賭けた安全保障論を提言する。

序 章 日米地位協定の正体を明らかにする前に
第1章 「日本の空は、すべて米軍に支配されている」は本当か?
第2章 「日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある」は本当か?
第3章 「日本に国境はない」は本当か?
第4章 「国のトップは『米軍+官僚』である」は本当か?
第5章 「自衛隊の実力は世界トップクラス」は本当か?
第6章 「自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う」は本当か?
第7章 「北朝鮮の核放棄」は本当か?
第8章 日本の存亡を賭けた近未来の安全保障政策

内容(「BOOK」データベースより)

さらば、在日アメリカ軍。敗戦後、GHQによる自虐史観の刷り込みと日米地位協定によって日本の安全保障は骨抜きにされた。脱植民地こそが日本サバイバルの鍵だ!元自衛隊陸将補が明らかにする「日米同盟」の実態と日本の存亡を賭けた安全保障論。

著者について

池田整治(いけだ・せいじ) 1955年愛媛県愛南町生まれ。防衛大学校国際関係論卒業。陸上自衛隊入隊。小平学校人事教育部長、陸上自衛隊陸将補を定年前に退官。空手道8段。1990年代半ばの第一次北朝鮮危機における警察との勉強会、それに続くオウム真理教が山梨県上九一色村に作ったサティアンへの強制調査に自衛官として唯一人同行支援した体験等から、世の中の「本当の情勢」を独自に研究している。主な著書に、『離間工作の罠』『マインドコントロール』『マインドコントロール2』(ともにビジネス社)、『原発と陰謀』(講談社)、『超マインドコントロール』(マガジンハウス)、『今、「国を守る」ということ 日米安保条約のマインドコントロールから脱却せよ』(PHP研究所)『未だ占領下にある日本の是非を問う』(コスミック出版)など、多数。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

池田/整治
1955年愛媛県愛南町生まれ。防衛大学校国際関係論卒業。陸上自衛隊入隊。小平学校人事教育部長、陸上自衛隊陸将補を定年前に退官。空手道8段(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

【重要】「がん」を考える3~癌治療は市場拡大のためにあった!? - 愛詩tel by shig

「ガンはうかつに治療するな!」はごく一般的選択肢 - るいネット/●日本は抗ガン剤20倍、手術17倍/肺ガンも同じ.日本では、ほぼ100%抗ガン剤を盛られ、放射線をあてられ、手術で切られます。ところが、カナダでは、もっとも多い治療法は『何もしない』なのだ。なんと「無治療」22%。最近の研究では「何もしない患者が、もっとも治りやすいことがわかってきたという。何というパラドックス………「手術」は、たったの6%.日本は.17倍)抗ガン剤はなんと5%(日本は20倍).「抗ガン剤」と「手術」は3%(日本は.33倍)……!日本では、国際的レベルにくらべて、抗ガン剤は20倍、手術は17倍も多い。メチャクチャに抗ガン剤を与え、メチャクチャに手術で切りまくっているのです。それが、どうして国際的標準といえるのでしょうか?

がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって変わる!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる…食事、運動、生活環境で!薬が病気をつくる!自分を守るのは医者ではなく自分自身!新説は癌治療の常識を変えるか!- みんなが知るべき情報/今日の物語




遺伝子は変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する! - みんなが知るべき情報/今日の物語


集団検診被曝の背後に恐ろしい勢力の暗躍!朝日新聞が設立した【日本対がん協会】検診ムラ!生体実験・日本軍731部隊とX線胃がんバリウム検診の医療被曝【がん発症】日本は世界一、医療被曝が多い! 731部隊の指揮官は安倍の祖父・岸信介! - みんなが知るべき情報/今日の物語




米国公文書に明記!ガン3大療法もワクチンもブドウ糖点滴も人口削減計画の一環と!癌じゃないのに癌という診断を受けて本物の癌を発症!危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法の三大療法を受け、命を落としていると!癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません!重曹など癌対策記事あり! - みんなが知るべき情報/今日の物語


「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!元ハーバード大学准教授・荒木裕/癌は熱い風呂、味噌、重曹で治る位の病気!ガン細胞は糖質が大好物「三大療法」ではガンは治らない!減塩は悪魔のささやき!純ココア・高カカオチョコレート、カレー粉など!糖尿病、認知症、動脈硬化…生活習慣病!高齢者は、魚には必ず、卵か肉を、アミノ酸バランスが魚は不十分です。動物性蛋白質・脂肪で体を作り体温を上げて免疫力がアップします。プロティン、アミノ酸サプリメントの人工食品はは腎臓に負担をかけ副作用があります。卵はスーパーフードです。スポーツマン、受験生にも最適です。急ぐ時は生卵で。食品のコレステロールは余分な分は排出されます。- みんなが知るべき情報/今日の物語



癌にタマゴと「がん治療に殺された人、放置して生きのびた人」の著者「近藤誠医師」も記述!元ハーバード大学准教授・荒木裕医師も「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!がんを切らない選択、抗がん剤だけはやめなさい、がんでもふつうに暮らし、穏やかに逝く極意!近藤誠医師も上記の本の中で、がん対策に卵で先ず栄養をとりなさいと。糖尿病、肝臓病の医師達も卵を1日3個以上を奨めています。- みんなが知るべき情報/今日の物語

著名人は何故【癌でなぜ急死するのか】眠っているがんを起こしてはいけない!手術、抗がん剤、人間ドックやがん検診で命が縮む怖ろしい実情!オプジーボなど「夢の新薬」の闇!近藤誠著/樹木希林さん、有賀さつきさん、九重親方…有名人の闘病を例に、わかりやすく語る! - みんなが知るべき情報/今日の物語

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語

緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!

がん、脂肪肝改善【高カカオチョコ】食前3食・間食前に…1日25グラム/生活習慣病、癌、糖尿病、認知症、肝臓、心臓疾患 、便秘、動脈硬化、高血圧 、免疫力アップ、脳卒中予防 、インフルエンザ、風邪、疲労回復、滋養強壮、記憶力、美肌、ダイエット、ピロリ菌など!純ココア=無糖カカオチョコ- みんなが知るべき情報/今日の物語

『皮付きピーナッツ』がん、認知症、糖尿病、目の老化予防、便秘、美肌、放射線障害、生活習慣病!ハーバード大研究でわかった最強食材!レスベラトロール栄養成分!1日の摂取量は30粒程度!井上教授の新刊ハーバード大の研究でわかったピーナッツで長生き!中国産の殻つきピーナッツも今は安全ですとあります!ー管理人のメイン『スーパーフーズ』は卵ですが、皮つきピーナッツもラインナップしました。味噌、重曹、カレー粉、高カカオチョコ、などと共に。 - みんなが知るべき情報/今日の物語




減塩で死ぬ!殆どの国民が知らない【武田邦彦】減塩のほうが健康に良いなどという根拠は医学的には皆無です!動画あり「減塩」=「塩分悪者」にする必要があった「降圧剤」を売る連中の策略!減塩食はヘルシーではない!高血圧で血圧の基準を10下げると降圧剤が4千億円ほど余計に売れる!塩は生命の源、とても大切、生きる為に不可欠なモノ! - みんなが知るべき情報/今日の物語



高樹沙耶が訴える【医療用大麻】がん、鎮痛、抗うつ、エイズなど万能薬!カナダでは20回分300円…世界23カ国で使用!高樹の訴えは真実…米国では麻薬患者の治療にも使われている!日本医療・製薬マフィアには邪魔だ!米国では麻薬患者の治療にも使われている!アンチエイジング、アルツハイマー…カナダが抗がん剤から脱出した理由も大麻でしょうか!米政府、合法大麻で年165億円の医療費を節約!Forbes JAPAN



安倍晋三・昭惠、夫婦揃って薬中ですか?桜を見る会【明恵の異常なテンション】大麻を一気に飛び越えて、覚醒剤ですか、昭惠さん?異常なはしゃぎっぷり…涙ぐんだかと思ったら、喜々とした表情で招待客と延々ハイタッチ!薬物中毒の「症状」そのまんまです【同じシャブ中の旦那】– richardkoshimizu official website - みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


[ 2019年08月07日 21:30 ] カテゴリ:健康 | TB(-) | CM(0)

減塩が病気をつくる【塩分が高血圧の犯人説】を覆す衝撃的な論文! 塩分摂取量が少ないグループは脳卒中や心筋梗塞になりやすく、摂取量が多いグループの脳卒中・心筋梗塞の有病率が最も低かった!

減塩が病気をつくる【塩分が高血圧の犯人説】を覆す衝撃的な論文! 塩分摂取量が少ないグループは脳卒中や心筋梗塞になりやすく、摂取量が多いグループの脳卒中・心筋梗塞の有病率が最も低かった!


「塩分が高血圧の犯人」説を覆す衝撃的な論文とは|NEWSポストセブン




「塩分が高血圧の犯人」説を覆す衝撃的な論文とは(NEWSポストセブン) 高血圧になるのを防ぐには塩分を控えると…|dメニューニュース(NTTドコモ)

「塩分が高血圧の犯人」説を覆す衝撃的な論文とは

NEWSポストセブン2017年12月12日07時00分



 高血圧になるのを防ぐには塩分を控えるというのが多くの日本人が信じる定説だった。だが、いま、その定説を覆す新たな理論が注目を集めている。『脳梗塞・心筋梗塞は予知できる』の著者で、循環器に詳しい真島消化器クリニック院長の真島康雄医師は、こう解説する。

「高血圧をもたらすのは塩分ではなく、血管に溜まったプラークです。プラークとは脂肪の塊のことで、日本語では『粥腫(じゅくしゅ)』と呼ばれ、その名の通りお粥のようにドロドロしています。これが溜まって血管の内側が狭くなるから、そこを流れる血液の圧力が高まる。実にシンプルな理屈です」

 そもそも、なぜこれまで「塩分」が高血圧をもたらす犯人とされたのか。『減塩が病気をつくる!』の著者でイシハラクリニック院長の石原結實医師はこう語る。

「塩分には、水を引き寄せる『吸湿性』があります。体内に取り込まれた塩分の吸湿性によって血液の全体量が増加すると、心臓が血液を押し出そうとするので確かに血圧が上がります。

 ただし、体内の塩分量は一定になるよう調節されており、健康な人ならば、摂取した塩分はほぼ同じ量が尿や汗として排出されます。そのため、塩分摂取による血圧の上昇は一時的なもので収まる可能性があります」

「塩分容疑者説」が広まったのは、1954年に米国のダール博士が発表したある調査が発端だった。

 ダール博士が日本の鹿児島と青森を含む世界5地域を調べたところ、1日の塩分摂取量が14グラムの鹿児島の高血圧発症率が20%であるのに対し、28グラムの青森では40%だった。そこでダール博士は、「塩分の摂り過ぎが高血圧につながる」と結論づけた。わずか5地域の調査には疑問の声も上がったが、当時は塩分と高血圧を結びつける考察は画期的だったため、瞬く間に世界中に広まった。

 1972年には、米国のメーネリー博士が発表した、「10匹のラットに毎日20~30グラムの食塩を摂取させたところ4匹が高血圧になった」という論文で「容疑者説」は「塩分犯人説」に昇華する。

「しかし、このラットに投与された量も、人間に換算すれば500グラムに相当し、厚労省の推奨値の約63倍にあたる。つまり、非現実的で極端な前提に立つため、塩分が“真犯人”と結論づけるには至らなかった」(前出・石原医師)

◆減塩して血圧が上がった!?

 そんな中で、高血圧と塩分は関連しないという調査結果が続々と発表される。中でも有名なのは、1988年にロンドン大学などが英国、日本など32か国、約1万人を対象に行なった大規模疫学調査「インターソルトスタディ」だ。

 この調査では、1日の塩分摂取量が6~14 の人たちには、塩分摂取と高血圧に相関関係が見られないという結果が出た。

「日本高血圧学会が推奨する『1日6グラム』はおろか、日本人が平均的に摂取する『1日10~12グラム』を上回る塩分でも、高血圧の原因にならないことを示唆する結果でした。厚労省の調査によると、山梨、青森、福島、福井など寒い地方の食塩摂取量が多い一方、高血圧疾患による男性の死亡率は大阪、福岡、佐賀などが高い。食塩摂取量が少ない都道府県でも高血圧で死亡する傾向があることから、塩分と高血圧に因果関係があるとは言いにくい」(同前)

 塩分と高血圧が関係しないどころか、「減塩で血圧が上がる場合がある」との研究結果も存在する。

 1987年の米国のミラー博士らの研究報告によれば、正常血圧の男女82人を対象にして1日の塩分摂取量を9.2グラムから4グラムまで12週間にわたって減塩したところ、血圧値にほとんど変化のない人が53%、血圧が下がる人が30%、そして17%は逆に血圧が上昇した。

 最も衝撃的だったのは、1985年に米国のアルダーマン医師が約20万人の生活調査を行ない、英国の権威ある医学誌『ランセット』に発表した論文だ。それによれば、塩分摂取量が最も少ないグループは脳卒中や心筋梗塞になりやすく、最も摂取量が多いグループ(8.94~12.80グラム)の脳卒中・心筋梗塞の有病率が最も低かった。

 イタリアでは高齢の軽度認知症患者172人を対象に血圧と認知機能低下の関連が検証され、降圧剤で血圧が低くコントロールされた患者ほど認知機能が低下していたことがわかった。

 また、降圧剤のなかでもARBやACE阻害剤、利尿剤などはインポテンツ(ED)を引き起こす可能性が高いとされる。この副作用は日本性機能学会が監修する『ED診療ガイドライン』に明記されている。2006年にギリシャで実施された調査では、降圧剤を服用した高血圧患者の40.4%がEDに罹患したという。また、1つの降圧剤よりも複数の降圧剤を併用している患者の方がED罹患率は高かった。

◆そもそも塩は人間に必要

 一連の結果から、塩分が高血圧を招かないどころか、塩分の摂取量が少ないと血圧が上がったり、重篤な病気を招く危険性が示された。前出・石原医師が指摘する。

「そもそも塩は人間の生存にとって必要不可欠な栄養分です。世界の専門家から減塩のリスクが指摘されるのに、日本の医学界では塩分を目の敵にしたような十把一絡げの“減塩処方”が目立ちます。腎不全など腎臓に持病のある人を除いて、極端な減塩をすべきではありません」

 塩分の評価が揺れることには、もう一つの理由がある。塩分を摂取しても血圧が「上がる人」と「上がらない人」がいることだ。

「食塩を摂取すると血圧が上がる体質を『食塩感受性』と言います。食塩感受性が高い人は、腎臓からナトリウムを排出する機能が弱く、塩分を摂取すると血圧が上がります」(同前)

 1995年に東大の藤田敏郎教授が公表した調査では、日本人のうち食塩感受性が高い人は約2割、低い人は約5割とされた。日本人の2人に1人は塩分を摂っても血圧は上がらないという結果だ。しかし、どんな人が食塩感受性が高くなる(低くなる)のかは判明していない。

※週刊ポスト2017年12月22日号


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

減塩で死ぬ!殆どの国民が知らない【武田邦彦】減塩のほうが健康に良いなどという根拠は医学的には皆無です!動画あり「減塩」=「塩分悪者」にする必要があった「降圧剤」を売る連中の策略!減塩食はヘルシーではない!高血圧で血圧の基準を10下げると降圧剤が4千億円ほど余計に売れる!塩は生命の源、とても大切、生きる為に不可欠なモノ! - みんなが知るべき情報/今日の物語

【武田邦彦】殆どの国民が知らない「減塩で死ぬ」 - YouTube

減塩食は「ヘルシー」ではない!減塩のほうが健康に良い!などという根拠は医学的には皆無です!高血圧説も根拠なく、減塩の嘘!武田邦彦氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語

減塩で死ぬ!殆どの国民が知らない【武田邦彦】減塩のほうが健康に良いなどという根拠は医学的には皆無です!動画あり「減塩」=「塩分悪者」にする必要があった「降圧剤」を売る連中の策略!減塩食はヘルシーではない!高血圧で血圧の基準を10下げると降圧剤が4千億円ほど余計に売れる!塩は生命の源、とても大切、生きる為に不可欠なモノ! - みんなが知るべき情報/今日の物語



大嘘サギ【130を超えたら高血圧】某飲料メーカーのCMは不正広告だ!金儲け医療マフィアが基準値を180から50下げ130になった!降圧剤の恐怖!がん、脳梗塞、認知症のリスクが高まる!高血圧=脳溢血、その常識は時代遅れ!高血圧はほっとくのが一番!減塩で死ぬ! - みんなが知るべき情報/今日の物語


熱中症、夏バテ対策に《たまご》で体つくり!卵はスーパーフード!卵の蛋白質とビタミン、ミネラルが体を作る!1日3個以上!麦茶より《ほうじ茶》タマゴに不足のビタミンCもとれる!牛乳はよくない、人は牛乳のタンパク質を分解できない!ホルモンバランスをくずして発ガンのリスクが増大する!卵アレルギーの人は肉!- みんなが知るべき情報/今日の物語

砂糖の害について「まんが」で分かりやすく!子育て、両親に砂糖の害を伝える為に描いた漫画です!著作権フリーです…

「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!元ハーバード大学准教授・荒木裕/癌は熱い風呂、味噌、重曹で治る位の病気!ガン細胞は糖質が大好物「三大療法」ではガンは治らない!減塩は悪魔のささやき!純ココア・高カカオチョコレート、カレー粉など!糖尿病、認知症、動脈硬化…生活習慣病!高齢者は、魚には必ず、卵か肉を、アミノ酸バランスが魚は不十分です。動物性蛋白質・脂肪で体を作り体温を上げて免疫力がアップします。プロティン、アミノ酸サプリメントの人工食品はは腎臓に負担をかけ副作用があります。卵はスーパーフードです。スポーツマン、受験生にも最適です。急ぐ時は生卵で。食品のコレステロールは余分な分は排出されます。- みんなが知るべき情報/今日の物語



がん、脂肪肝改善【高カカオチョコ】食前3食・間食前に…1日25グラム/生活習慣病、癌、糖尿病、認知症、肝臓、心臓疾患 、便秘、動脈硬化、高血圧 、免疫力アップ、脳卒中予防 、インフルエンザ、風邪、疲労回復、滋養強壮、記憶力、美肌、ダイエット、ピロリ菌など!純ココア=無糖カカオチョコ- みんなが知るべき情報/今日の物語

パンと牛乳と小麦粉は【癌・糖尿病・認知症・生活習慣病】のリスクを高める!パンは腸と脳をこわす!牛乳は【がん細胞を活性化】骨と血管を弱くする!乳ガン患者はパンと牛乳と砂糖、糖質が大好き!疲れ、肥満、腸トラブル、うつ、湿疹! - みんなが知るべき情報/今日の物語


集団検診被曝の背後に恐ろしい勢力の暗躍!朝日新聞が設立した【日本対がん協会】検診ムラ!生体実験・日本軍731部隊とX線胃がんバリウム検診の医療被曝【がん発症】日本は世界一、医療被曝が多い! 731部隊の指揮官は安倍の祖父・岸信介! - みんなが知るべき情報/今日の物語




米国公文書に明記!ガン3大療法もワクチンもブドウ糖点滴も人口削減計画の一環と!癌じゃないのに癌という診断を受けて本物の癌を発症!危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法の三大療法を受け、命を落としていると!癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません!重曹など癌対策記事あり! - みんなが知るべき情報/今日の物語


がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって変わる!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる…食事、運動、生活環境で!薬が病気をつくる!自分を守るのは医者ではなく自分自身!新説は癌治療の常識を変えるか!- みんなが知るべき情報/今日の物語





『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



[ 2019年08月02日 19:34 ] カテゴリ:健康 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

日々物語FC2

Author:日々物語FC2
日々物語

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR