今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  健康
カテゴリー  [ 健康 ]

芸能人のみなさん、SNSで 安易にがん検診を勧めないでください | 世界的に有効性が疑問視され始めている!20代、30代は原則的に放射線被ばくをするマンモグラフィは受けるべきではありません!がん検診を受けても寿命がのびる科学的根拠は一切ない!

芸能人のみなさん、SNSで

安易にがん検診を

勧めないでください |

世界的に有効性が

疑問視され始めている!

20代、30代は原則的に、

放射線被ばくをする

マンモグラフィは

受けるべきではありません!

がん検診を受けても

寿命がのびる科学的根拠は一切ない!


検診によって、命を奪わない病変を

「がん」と過剰診断されてしまうため、

無用な検査や治療による

健康被害に遭う人が急増している!

国ぐるみの【医療洗脳】

がん検診を信じるな~

「早期発見・早期治療」のウソ 』

鳥集 徹著

…文春オンライン





ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


芸能人のみなさん、SNSで安易にがん検診を勧めないでください | 文春オンライン


芸能人のみなさん、SNSで安易にがん検診を勧めないでください

若い人には害の方が大きいことも。がん専門医も認め始めた新常識

genre : ライフ, 医療, ヘルス, ライフスタイル

 芸能人やメディアのみなさんにお願いがあります。ブログやSNS、ネット記事等で、がん検診を安易に勧めないでください。無条件にいいことだと思われていますが、がん検診にはデメリット(害)もあります。よかれと思ってしたことで、かえって多くの人に害を与えてしまうことになるかもしれないのです。

 ここ数年、がんにかかったことを公表する芸能人が相次いでいます。昨年6月9日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが記者会見を開き、妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)が「進行性の乳がん」であることを公表し、大きな衝撃を与えました。この2月18日(土)にも、女優の藤山直美さん(58)に初期の乳がんが見つかったと報道されました。藤山さんは10年前から乳がん検診を受けており、今年1月の検診で要再検査となったそうです。

■医療機関に乳がん検診を希望する若い女性が殺到 


乳がん闘病を公表した小林麻央さん ©文藝春秋

 こうした報道があると、必ずと言っていいほどネットでは、がん検診の受診を促すメッセージが盛んに発信されます。北斗晶さんが乳がんを告白したときも、20代、30代の若い女性芸能人が相次いでブログやSNSなどで乳がん検診を呼びかけました。その影響で、医療機関には乳がん検診を希望する若い女性が殺到したそうです。

 芸能人のみなさんも、乳がんで命を落す人が一人でも減るようにと、良心から乳がん検診を呼びかけたのだと思います。ですから、その善意をとがめる気はまったくありません。

 しかし、乳がん検診の推奨年齢に制限があることを、みなさんはご存知だったでしょうか。

乳がん検診は現在、乳房専用のX線装置であるマンモグラフィで行われていますが、国のガイドラインによると、マンモグラフィ単独法の推奨年齢は40~74歳、マンモグラフィと視触診の併用法は40~64歳とされています。なお、超音波検査をがん検診(対策型検診)として行うことは、どの年齢でも推奨されていません(国立がん研究センター「科学的根拠に基づくがん検診推進のページ」)。
 若い女性の乳がん検診は害の方が大きい

 なぜ、20代、30代には、乳がん検診が推奨されていないのでしょうか。それは、乳がん罹患率が高くない若い女性が乳がん検診を受けると、メリットよりもデメリット(害)のほうが大きいと判断されているからです。

 乳がん検診に、どんなデメリット(害)があるのでしょうか。まず挙げられるのが、「放射線被ばく」に伴う発がんリスクです。このリスクは若い女性ほど高いとされていますから、しこりが心配で乳がんの検査を受けるとしても、20代、30代は原則的に、放射線被ばくをするマンモグラフィは受けるべきではありません。

 次にあげられるのが「偽陽性」の害です。偽陽性とは、結果として乳がんではなかったのに、「要精密検査」とされてしまうことを意味します。乳がんの精密検査では、乳房に針を刺して組織の一部を採取する「針生検」が行われていますが、針で痛い思いをするだけではありません。深刻なのは「がんかもしれない」と心配になることで被る精神的な苦痛です。結果が出るまで不眠になってしまう人や、検査後もずっと不安に苛まれる人がいるのです。

■米国では発見された「乳がん」の3分の1が過剰診断

 そして、もっとも深刻なのが、「過剰診断」の害です。これは「命を奪わない病変」をがんと診断してしまうことを指します。がんと言えばすべてが命取りになると思われていますが、そうではありません。自然に消えてしまうものや、ずっと大きくならないもの、大きくなっても命取りにならないものなど、さまざまな病変があります。

 乳がんでは、マンモグラフィ検診が普及した結果、「非浸潤性乳管がん(DCIS)」という超早期の病変がたくさん見つかるようになりました。この中には、放置すると周囲に広がって命を脅かすものもありますが、そのままじっとして広がらないものもあるそうです。しかし、現代の医学では、どの人がどちらなのか見分けがつきません。

 そのため、「がん」を見つけてしまった以上は、過剰診断だったとしても放置できないので、ほとんど全員が、手術、放射線、抗がん剤、ホルモン剤などの治療を受けることになります。つまり、無用な治療を受ける可能性を排除することはできないのです。

 実はここ数年、この過剰診断が予想以上に多いことが、欧米の研究で指摘され始めています。2012年に報告された論文では驚くべきことに、米国の検診でこれまでに見つかった乳がんのうち約3分の1が過剰診断で、過去30年間に約130万人もの女性が、無用な治療を受けたと推計されています(N Engl J Med. 2012 Nov 22;367(21):1998-2005.)

【世界的に有効性が疑問視され始めている】


藤山直美さんは今年の2月に初期の乳がんで舞台を降板 ©文藝春秋

 日本で、どれだけの過剰診断があるかは不明です。しかし、ある乳がんの専門医は私の取材に、「日本でも10~20%は過剰診断があるかもしれない」と明かしてくれました。現在、日本で乳がんと診断される人は1年に約9万人いますので、毎年9000人~1万8000人もの女性が、無用な治療を受けている可能性があるのです。

 過剰診断の害を被る可能性があるのは若い人だけではありません。高齢者は検診で早期がんが見つかったとしても、がんが進行して命取りになる前に、他の病気で亡くなる可能性があります。それに高齢者では、治療によって被るダメージが若い人より重くなりがちです。こうした理由から、乳がん検診では年齢に上限が設けられているのです。

 それだけではありません。ここ数年、欧米からは乳がん検診に死亡率を下げる効果はないという研究報告も相次いでいます。これを受けて日本乳癌学会も、2015年に改定した「乳癌診療ガイドライン」で、50歳以上のマンモグラフィ検診の推奨グレードをAからBに格下げしました。現在Bに格付されている40代は、今後推奨すらされなくなるかもしれません。

日本乳癌学会 乳癌診療ガイドライン

 拙著『がん検診を信じるな~「早期発見・早期治療」のウソ 』(宝島社新書)にも詳しく書きましたが、偽陽性や過剰診断の急増は乳がん検診だけでなく、前立腺がん検診などでも指摘されています。さらには、どのがん検診にも「命を救う」(寿命をのばす)という確たる科学的証拠はなく、世界的に有効性が疑問視され始めています(BMJ. 2016 Jan 6;352:h6080.)。
乳がん専門医も「そろそろ“がん検診神話”は捨ててほしい」

がん検診を信じるな ~「早期発見・早期治療」のウソ (宝島社新書) | 鳥集 徹 |本 | 通販 | Amazon

 こうした事実を知っている芸能人やメディアの方々は、恐らくほとんどいないのではないでしょうか。乳がん検診を推奨するのならば、少なくとも国や学会のガイドラインは踏まえておく必要があると私は思います。

 いまや、やみくもに乳がん検診を推奨する時代ではないのです。昨年12月11日付の「日経ヘルス」で、聖路加国際病院乳腺外科部長の山内英子医師も、次のようにコメントしています。
「そろそろ、必ず検診に行かねばならないという、“がん検診神話”は捨ててほしい。乳がん検診の場合、発症リスクの低い人が検診を受けることで、過剰診断や偽陽性、被曝のリスク、精神的な負担などの不利益が、検診による利益を上回ることも。発症リスクを考慮して、必要な人が、その人に合った方法で検診を受けてほしい」

 山内医師は、日本乳癌学会で理事を務める著名な専門医です。このとおり、がん検診に限界があることは、乳がんの専門医も認め始めています。がん検診を受けてはいけない人がいること、がん検診には深刻なデメリットがあること、そして「寿命をのばす」という確たる科学的証拠はないことを、ぜひ多くの人に知っていただきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ



がん検診を信じるな ~「早期発見・早期治療」のウソ (宝島社新書) | 鳥集 徹 |本 | 通販 | Amazon


内容紹介

芸能人ががんになるたびに繰り返される「早期発見・早期治療」の呼びかけ。
しかし、がん検診を受ければ寿命がのびるという科学的根拠はひとつもないという事実をご存知だろうか。

それどころか、「命を奪わないがん」をたくさん見つけて、無用な検査や治療を受ける「過剰診断」の危険性もある。

米国では、この「過剰診断」が検診で見つかった乳がんの3分の1にも及ぶと指摘する医学論文がある。

しかも、過去30年間に130万人! もの女性が無用な検査や治療を受けたと推計されているのだ。

日本でも前立腺がんや乳がんの過剰診断の害は深刻で、がん専門医たちも検診の無意味さや危険性に気づき始めている。

ところが、新聞、テレビ、ネットはいまだに「早期発見・早期治療が大切」と垂れ流し、国民を洗脳し続けているのが実態だ。
医師もメディアも言えない「がん検診」の真実を、『週刊文春』などで医療記事を執筆するジャーナリストがリポートする。

内容(「BOOK」データベースより)

国、自治体、医師、がんになった有名人、そして多くのメディアが、こぞって「がん検診」を推奨し、がんの「早期発見・早期治療」を呼びかけている。

しかし、がん検診を受ければ命が救われるという“常識”はまったくのデタラメだった―。

昨年、世界五大医学雑誌のひとつ『BMJ』に、「がん検診を受けても寿命がのびる科学的根拠は一切ない」という論文が掲載された。

それ以上に問題なのは、検診によって、命を奪わない病変を「がん」と過剰診断されてしまうため、無用な検査や治療による健康被害に遭う人が急増していることだ。国ぐるみの“医療洗脳”から脱するために、必読の一冊!


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

長生きしたければ、がん検診は受けるな! がん検診で、癌になる…CTなどの検査には、こんなに害がある!/岡田正彦・新潟大学医学部教授/早期発見・早期治療で寿命は延びない。それどころか、CTなどの検査には、こんなに害がある。検診で微細ながんを見つけ出し、激しい治療を施される不利益の方が、放置しておくよりも、むしろ大きいかもしれない。これ一つをとっても、がん検診の有効性には大きな疑問符がつくのです。乳がん検診で、乳がんによる死を防げるのは、1,000人中1人ということです。

抗がん剤が癌を治せないのは常識!名医たち、厚生省技官!米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている!/癌は砂糖、糖質が好き…がん治療にも糖質制限食が有効!そして食養生と栄養をしっかりとる…!合わせて適度な運動などで体温を上げ、免疫力を高める事が有効のようです!

医者自身が癌になったら、抗がん剤、三大療法は受けず!命を賭けたギャンブル!食事療法・食養に走る! 抗がん剤治療は確率の悪い、命を賭けたギャンブル!効果有効例は、160人中たったの6人!月刊宝島/ 2500人以上のがん死に接してきた、元消化器がん外科専門医・現ホスピス科医の切実な警告!



がん放置療法のすすめ!何もしないことが有効な治療法となる場合がある!癌は代替え療法、がん対策に有効な食べ物や運動、過労ストレス、放射能対策で癌は消えていくのではないか!抗がん剤、手術、放射線治療は危険!血糖値を急上昇させる食事は万病の元!



医薬品と核の最終処分場…それが日本!日本は欧米で売れなくなった抗がん剤、毒薬だとバレた薬やワクチンの最終在庫処分場!日本の破壊が進んでいる!がん対策の情報も多数掲載…

ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬!降圧剤、鎮痛剤、糖尿病の薬、抗血栓薬、抗うつ剤、認知症薬で暴力的な人格に!はげ薬でがんになる?新しい薬が新しい病気を作る…その「1錠」が脳をダメにする!薬、病院、医者好きの日本人は金づる、騙しやすい!

<恐ろしい日本の医療> 大量投薬・副作用大国 <殺される患者> 製薬会社に操られる医師・病院・厚生官僚!

米政府/抗がん剤・放射線・手術は、無効かつ危険!と発表 『三大がん治療効果なし』日本のがん治療は30年遅れ!代替療法を進めた米国では、がんによる死亡率減少!

血圧は200でもセーフ!降圧剤で脳梗塞に!コレステロールには『上限値は必要ない』ダマされるな医者と医療マフィア!血糖値は100でもアウト…この数値が「病気のボーダーライン」高血圧の嘘 (週刊現代) 


【危険】ロキソニンに重大な副作用「小腸・大腸の狭窄・閉塞」鎮痛剤が脳の免疫システムを壊す!厚労省…把握できる副作用には限界がある!その一錠が脳をダメにする!

インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな【危険】発がん性物質、薬事法上の劇薬です!国民は騙されている…医者が言う、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む…科学的根拠のないセリフ!過去に予防効果がないことから、定期予防接種から外されたワクチン!




癌を治す/1日に人参ジュース10杯とお風呂に3回【末期の子宮がん】その「1錠」が脳をダメにする/宇多川 久美子著/薬剤師が教える薬の害がわかる本(SB新書) 電子書籍/キャリアウーマンとして40年活躍した女性が、子宮がん末期、医師から手の施しようがないと宣言された。彼女は田舎に帰り、懸命に勉強して、抗癌剤治療はせず、1日にお風呂3回、人参ジュース10杯を飲み、3ヶ月で治した。3年後も再発していない。/降圧剤は、脳卒中、痴呆症を引き起こす!


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載


重曹でガンが治る!?歯科医とイタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ/医学的根拠あり!放射線被曝にも

癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!ガン予防、再発防止にも味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌、糖尿病、ダイエットなど「みそスープ」/ 腰痛、肩こり、ギックリ腰・経絡ツボ療術整体【くりはら施術院】古来伝承整健術/経験豊富、ここち良い全身施術/仙台市青葉区二日町



凄いぞ!味噌汁の長寿ホルモン…癌、糖尿病、認知症、動脈硬化、メタボ、内蔵脂肪、脂肪肝など! 1日3杯以上…塩分も問題なし!アディポネクチン…生活習慣病、ダイエットの味方…/腰痛、肩こり、ギックリ腰・経絡ツボ療術整体【くりはら施術院】古来伝承整健術/経験豊富、ここち良い全身施術/仙台市青葉区


『抗がん』万能の薬効スパイス 『ターメリック』生活習慣病、抗腫瘍、抗潰瘍、消炎作用、肝臓、胆嚢、腎臓、心臓、糖尿病、認知症、動脈硬化、老化防止、美肌、便秘、冷え性、貧血…二日酔い、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎不全 、血栓予防、アレルギー、血液浄化、ピロリ菌除菌など


純ココアが【癌から身を守る】&良質ビターチョコ!糖尿病や心臓疾患など生活習慣病の軽減!ダイエット効果…がん予防に簡単便利…/カカオの抗酸化物質が正常細胞の損傷を予防するという!不飽和脂肪酸オメガ3も豊富…/普通のチョコレートは純ココアに砂糖など混ぜものを入れて作ります。また無糖ビターチョコレートより純ココアの方が安価です。砂糖、ミルクなしが癌予防に効果的です。ただし、バランスの取れた食事の一部としてチョコを使用する場合に限ります!



カレー粉の効能が凄い!癌、若返り、美肌効果、加齢臭、認知症予防、動脈硬化…幸せホルモンにIQが7も上がる!

“朝カレー生活”が〈がんに効く〉漢方学の権威語る…カレー粉スープ/体温代謝上昇!ダイエット、冷え性…/なにより体を温めてくれるので、がんを寄せ付けない体作りの基礎になる。がんの嫌がる食事は、体を温めるスパイシーなメニュー。

乳ガンの原因の一つも、砂糖、白米、パン、麺類、スイーツ等、血糖値を急激に上げる食習慣!晩婚、少子化… そして放射能…!⇒食べる順食事で血糖値の急激な上昇を和らげられます。南雲吉則・乳腺専門、ナグモクリニック総院長


菓子パンは超危険!人体が危機的被害…血糖値が乱高下!栄養ゼロで高カロリー!糖尿病、がん、生活習慣病…/食事が菓子パン、ケーキなど、大甘好き、炭水化物好きの人は要注意!子供たちのスポーツチームに怪我が多いのも栄養・食事に問題があるのかもしれない!


健康とダイエットの秘策「食べる順番」ガン、糖尿病、痴呆症など生活習慣病「血糖値太り」秘策…



がん細胞~牛乳の功罪「がん細胞を活性化」牛乳は本当に、よくがんを育ててくれる!乳癌と乳製品と糖質の乳癌と乳製品と糖質の過剰摂取…そして放射能と原発再稼働!




アルツハイマー病・認知症は【脳の糖尿病?】砂糖、炭水化ー血糖値急上昇~食べる順番で予防~モーニングB



『100円ショップサプリ健康術』食物繊維とギムネマ!万病の元【血糖値スパイク】対策に!便秘、ダイエット、腸内環境、糖尿、癌予防など生活習慣病、体調維持!キャンドゥ、ダイソー!私の体験…

肉・タマゴを食べる人は長生きする【体を作るアルブミンタンパク質】筋肉、血管、免疫細胞、体温上昇


副作用のない抗がん剤【がん治療革命】誕生秘話!全身転移のがんが消えた…魔法の弾丸【PーTHP】誕生!しかし、なぜ保険薬にならないのだろうか…製薬会社が儲からない!P-THPに使われた抗がん剤は、企業にとって大きな利益をもたらさないということである!



がん治療に新たな光!近赤外線照射『 光免疫療法』相当量の癌、転移した癌、末期癌でも治せる!小林久隆主任研究員・米国国立保健研究所、がんの3大療法、外科手術、抗がん剤、放射線治療の弱点、すべてクリア!実用化、早ければ米国で5年~6年後?






フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

スポンサーサイト
[ 2017年03月01日 20:21 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)

血圧は200でもセーフ!降圧剤で脳梗塞に!コレステロールには『上限値は必要ない』ダマされるな医者と官僚と医療マフィア!血糖値は100でもアウト…この数値が「病気のボーダーライン」 週刊現代

血圧は200でもセーフ!

降圧剤で脳梗塞に!

コレステロールには

『上限値は必要ない』

ダマされるな医者と

官僚と医療マフィア!

血糖値は100でもアウト…

この数値が「病気のボーダーライン」

(週刊現代)



血圧は200でもセーフ!血糖値は100でもアウト!この数値が「病気のボーダーライン」(週刊現代) 赤かぶ

ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬!降圧剤、鎮痛剤、糖尿病の薬、抗血栓薬、抗うつ剤、認知症薬で暴力的な人格に!はげ薬でがんになる?新しい薬が新しい病気を作る…その「1錠」が脳をダメにする!薬、病院、医者好きの日本人は金づる、騙しやすい!


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

血圧は200でもセーフ!血糖値は100でもアウト!この数値が「病気のボーダーライン」(週刊現代) 赤かぶ


血圧は200でもセーフ!血糖値は100でもアウト!この数値が「病気のボーダーライン」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39292

2014年07月20日(日) 週刊現代 :現代ビジネス

"血圧・血糖値・コレステロール"これが正常と異常の分岐点です【第2部】



■高血圧には意味がある

医者の言うことを信じて病院に通い、毎日欠かさず薬を飲んできた身からすれば、今まさに繰り広げられている、「病気のボーダーライン」をめぐる争いに失望するのは当然だろう。

かたや、ひたすら基準値を厳しくして一人でも病人を増やそうとする製薬会社と、その手先となって動く医者たち。

かたや、今までの基準値をご破算にしてでも病人を減らし、医療費削減を目論む国と官僚―彼らの目には、国民の不安も混乱も、憤りも映ってはいない。自らの利益と保身がすべてなのだ。

いったい「健康」とは何なのか?いったいどこからが「病気」なのか?本誌は正常と異常、健康と病気を分かつ真の分岐点を探るべく、総力取材を行った。

まずは、従来の129と比べて大幅に高い147というボーダーラインが示され、最も大きな話題になっている血圧である。

「かつて、高血圧の基準値は上が180、下が100でした。それが年代が下るにつれ、140、さらに130と厳しく変更されてきたわけです。以前はそもそも『高血圧は病気であり、治さなければならない』という考え自体、私たち医師の間にも薄かったのですが……。薬屋さんは、実にうまくやったもんですよ」

第1部にも登場した、松本光正医師はそう語る。埼玉県で40年間内科診療に従事し、10万人以上の患者を診てきた松本氏は、高齢の患者を長年診察し続けるうち、こんな疑問にぶつかったという。

「なぜか血圧を下げる薬を飲んでいた患者さんばかり、脳梗塞になるんです。

庭のホースの中にゴミが詰まったらどうするか。蛇口を開き、水を勢いよく出して押し流すでしょう。薬で無理に血圧を下げると、血流の勢いが弱いので血栓が流れていかず、脳梗塞を引き起こす。高血圧にも、こういう役割があるということに気付いたのです。

しかし、誰もそれを指摘せず、頭ごなしに『高血圧は悪だ』と決め付けているのが医学界の現状です」

事実、東海大学医学部が'06年に行った調査では、降圧剤を飲んでいる高血圧患者が脳梗塞になる確率は、飲んでいない高血圧患者のおよそ2倍に達するとの結果が出ている。

「'60年代には脳卒中が死因のトップで、そのうち8割が脳出血でした。しかし現在、脳卒中は死因の第4位まで後退し、その内訳のほとんどが脳梗塞になっています。

昔に比べて栄養状態が良くなった現代人の血管は、めったなことでは破れませんから、血圧が上がっても脳出血は起きづらい。それよりも、ムリに血圧を下げることによって脳梗塞になることを心配すべきです。

今回新たに出された基準値も、緩和されたとはいえ、まだ厳しいですね」(松本氏)

では、本当の「高血圧のボーダーライン」はどこなのか。彼はこう断言する。

「高血圧の目安は『年齢プラス90』が基本だと考えてください。60歳ならば150、70歳なら160、80歳は170。この数字に10%をそれぞれプラスしても、まだ誤差の範囲といえます。40代から下の人は、血圧を気にする必要はありません。

年齢を重ねると、老化で血管が硬くなるのは仕方がない。その分、血液を体のすみずみまで送るために、自然と血圧は高くなってくるものなんです。それに、血圧はストレスや環境、運動などで簡単に変動します。たとえば70代の方なら、検査のとき一時的に200を超えるのは何の問題もありません。

60歳手前まで高血圧で悩んでいた患者さんが、定年で仕事のストレスがなくなった途端に血圧が下がったということもありました。血圧の変化は、体を守るために必要なものなのです」

■コレステロールも上方修正

医師でジャーナリストの富家孝氏も、こうした見解に賛同している。

「少し前までは、年齢に90を足したのが血圧の正常値というのは内科の常識でした。日本高血圧学会などが『正常』とする130は、あまりに厳しい値です」

実は、WHO(世界保健機関)が定める高血圧の国際基準は、'99年以降ずっと140のままだ。しかし、日本の医療関係者はこれを黙殺し、「日本では130以上が高血圧ということになっています」としか言わない。当然、どの文献を読んでも国際基準の扱いはとても小さい。

「上限が10変われば、1000万人単位で患者数が変わる。彼らは高血圧患者を可能な限り量産して、薬漬けにしようと考えているのです。数字を操作することによって高血圧患者が増やされてきたという事実を、日本人はもっと知らなければなりません」(富家氏)

医薬品業界には「ブロックバスター」という言葉がある。たった1種類で数千億円もの売り上げを叩き出すような、メガヒット薬を指すいわば隠語だ。ノバルティスファーマの不正によって知られるようになった降圧剤は、その代表格。降圧剤を売りさばこうという製薬会社の思惑が、高血圧のボーダーラインをどんどん厳しくしてきた。

降圧剤と並び称されるブロックバスターが、コレステロールや中性脂肪を下げる高脂血症治療薬である。実はこれらのボーダーラインについても、今回の新基準値発表を受けて「今までの基準値は不当に厳しかったのではないか」という疑問の声が上がっている。

従来、総コレステロール値の上限は全年齢の男女で一律199とされてきた。しかし、新たな基準値を見ると、男性は254、65歳以上の女性ではなんと280まで大幅にアップしている。さらにLDLコレステロール、いわゆる「悪玉コレステロール」でも、従来の上限119をはるかに上回る178(男性)、190(65歳以上の女性)という値が示された。諸悪の根源のように言われている悪玉コレステロールさえ、このありさまなのだ。

「今回示された数字はかなり踏み込んだものであり、評価しています。ただし、コレステロールに関してはもっと緩めてもいい」

富山大学名誉教授で、元日本脂質栄養学会理事長の浜崎智仁医師が言う。

「実は、コレステロールが本当に健康に悪影響を与えるかどうかは、きちんと解明されていないのです。

コレステロールが高いと心筋梗塞になりやすいと言われますが、これは調査対象の患者に『家族性高コレステロール血症』、つまり遺伝的要因で、生まれつきコレステロール値が450程度と高い人が含まれているのが原因だと考えられます」

■定説が次々に崩れる

家族性高コレステロール血症の患者は、そうでない人に比べて心筋梗塞になりやすいため、よく「コレステロールが心臓病の原因である」という定説の根拠として紹介されるが……。

「その原因はコレステロールではないことが分かってきていて、定説には疑問符が付く。むしろ全体の死亡率で見ると、総コレステロール値が高いほうが明らかに死亡率は低いのです。

さらに悪玉コレステロールには、体内に入った細菌やウイルスにくっついてブロックする性質があります。肺炎などの感染症や、バクテリアが引き起こす内臓疾患を防ぐのに役立ってさえいるわけです」(浜崎氏)

高血圧と同じく、高ければ高いほど危険とされ、良いイメージのないコレステロール。だが近年、「血液をドロドロにして血栓を作る」「動脈硬化の原因になる」という定説に疑義が示されているほか、海外では「女性ならば総コレステロール値300でも問題ない」という見方も出てきている。

「コレステロールは細胞ひとつひとつを包む細胞膜の材料であり、免疫を司っている重要な物質です。こう言うと抵抗があるかもしれませんが、私はコレステロールには『上限値は必要ない』と考えています。

総コレステロール値は死亡率と無関係であるというデータが出た後、日本動脈硬化学会は悪玉コレステロールに罪を被せたのですが、最近ではその悪玉コレステロールの害も否定するような研究結果が出始めている」(前出・浜崎氏)

かつて総コレステロールの上限値は260だった。しかし、'87年にこれを220に引き下げることが提唱され始め、その2年後に高脂血症治療薬の「メバロチン」が発売されたという事実がある。メバロチンは、ピーク時の'99年度には国内だけで年間1288億円を稼ぐメガヒット薬となった。

「今後、大幅に基準値が緩和されるとすれば、製薬会社には大打撃です。

メバロチンなどの『スタチン系』と呼ばれる薬には、発がん性やうつ症状といった副作用も報告されている。こんな薬を飲み続けてまで、無理をしてコレステロールを下げる必要は全くありません」(同・浜崎氏)

そのほか、特に今回の新基準値で気になるのは、糖尿病のボーダーラインとなる空腹時血糖とHbA1c(ヘモグロビンA1c、過去1~2ヵ月間の平均的な血糖レベルを表す)の値だろう。

新基準値では、空腹時血糖が従来の99から114(男性)106(女性)、HbA1cが従来の5・5から6・03(男性)6・20(65歳以上の女性)と大幅に緩和された。しかし、オハイオ州立大学助教授などを経て、北海道の愛し野内科クリニック院長を務める岡本卓医師はこう考える。

「すでに糖尿病を患っている人は、インスリンで無理に血糖値を下げると低血糖になり、心筋梗塞などを誘発するおそれがあるため、数値目標は緩めに設定すべきだと思います。

一方で、まだ健康な人の場合は、従来の値にならってやや厳しめに、空腹時血糖が100を超えたら気を付けたほうがよいでしょう。軽い糖尿病の場合は、食事や運動といった生活習慣を改善すれば、1年ほどで普通の生活に戻れる人が多いためです」

■それでも予防は大切です

つまりは、健康な人ならば空腹時血糖の新上限値として示された114(男性)、106(女性)は高すぎるので、予防のためにもこれまで通り99以下に抑えるべき、というわけである。

本誌は今回発表された新しい健康基準値が妥当なのかどうか、そしてこれまでの基準値と新たな基準値のどちらを信じればよいのか、信頼できる医師への取材にもとづいて独自に検証し、本当の「病気のボーダーライン」を算出した。

すでに紹介したとおり、高血圧・コレステロールに関しては「まだまだ緩められる」という結論に達した。しかし血糖値のほかにも、痛風の原因となる尿酸の値、そして肝機能障害の目安とされるγ-GTPの値については、「新基準は少し緩すぎるのではないか」との意見を述べる医師も少なくなかった。結果をまとめたものを次ページの表に示したので、参照してみてほしい。

さて、われわれ一般人ははたして、こうした病気の基準値とどのように付き合ってゆけばよいのか。前出の岡本氏が言う。

「患者を数値で切り分け、何でもかんでもすぐに薬に頼る医療には問題があります。しかし、早めに病気の芽を見つけて健康を維持することもやはり大切。今回、突然新しい基準値が出てきたことに戸惑う人も多いと思いますが、そうした基本を忘れないでほしいですね」

誰が健康で、誰が病人か―病気のボーダーラインは医療関係者や国の力でコロコロ変わり、それがカネ儲けに利用された例は数知れない。現に彼らは、いまも駆け引きの真っ最中だ。

しかし時代が変われど、人間のカラダがそう簡単に変わるはずがない。目先の数値に右往左往するのではなく、自分にとっての健康とは何か、落ち着いて見極めることが肝心である。

「週刊現代」2014年5月10日・17日号より


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬!降圧剤、鎮痛剤、糖尿病の薬、抗血栓薬、抗うつ剤、認知症薬で暴力的な人格に!はげ薬でがんになる?新しい薬が新しい病気を作る…その「1錠」が脳をダメにする!薬、病院、医者好きの日本人は金づる、騙しやすい!

癌を治す/1日に人参ジュース10杯とお風呂に3回【末期の子宮がん】その「1錠」が脳をダメにする/宇多川 久美子著/薬剤師が教える薬の害がわかる本(SB新書) 電子書籍/キャリアウーマンとして40年活躍した女性が、子宮がん末期、医師から手の施しようがないと宣言された。彼女は田舎に帰り、懸命に勉強して、抗癌剤治療はせず、1日にお風呂3回、人参ジュース10杯を飲み、3ヶ月で治した。3年後も再発していない。


純ココアが【癌から身を守る】&良質ビターチョコ!糖尿病や心臓疾患など生活習慣病の軽減!ダイエット効果…がん予防に簡単便利…/カカオの抗酸化物質が正常細胞の損傷を予防するという!不飽和脂肪酸オメガ3も豊富…/普通のチョコレートは純ココアに砂糖など混ぜものを入れて作ります。また無糖ビターチョコレートより純ココアの方が安価です。砂糖、ミルクなしが癌予防に効果的です。ただし、バランスの取れた食事の一部としてチョコを使用する場合に限ります!



癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!ガン予防、再発防止にも味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌、糖尿病、ダイエットなど「みそスープ」/ 腰痛、肩こり、ギックリ腰・経絡ツボ療術整体【くりはら施術院】古来伝承整健術/経験豊富、ここち良い全身施術/仙台市青葉区二日町



『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!がん対策情報多数あり

砂糖の害について「まんが」で分かりやすく!子育て、両親に砂糖の害を伝える為に描いた漫画です!著作権フリーです…

アルツハイマー病・認知症は【脳の糖尿病?】砂糖、炭水化ー血糖値急上昇~食べる順番で予防~モーニングB



健康とダイエットの秘策「食べる順番」ガン、糖尿病、痴呆症など生活習慣病「血糖値太り」秘策…



乳ガンの原因の一つも、砂糖、白米、パン、麺類、スイーツ等、血糖値を急激に上げる食習慣!晩婚、少子化… そして放射能…!⇒食べる順食事で血糖値の急激な上昇を和らげられます。南雲吉則・乳腺専門、ナグモクリニック総院長


『抗がん』万能の薬効スパイス 『ターメリック』生活習慣病、抗腫瘍、抗潰瘍、消炎作用、肝臓、胆嚢、腎臓、心臓、糖尿病、認知症、動脈硬化、老化防止、美肌、便秘、冷え性、貧血…二日酔い、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎不全 、血栓予防、アレルギー、血液浄化、ピロリ菌除菌など


『100円ショップサプリ健康術』食物繊維とギムネマ!万病の元【血糖値スパイク】対策に!便秘、ダイエット、腸内環境、糖尿、癌予防など生活習慣病、体調維持!キャンドゥ、ダイソー!私の体験…

副作用のない抗がん剤【がん治療革命】誕生秘話!全身転移のがんが消えた…魔法の弾丸【PーTHP】誕生!しかし、なぜ保険薬にならないのだろうか…製薬会社が儲からない!P-THPに使われた抗がん剤は、企業にとって大きな利益をもたらさないということである!


がん治療に新たな光!近赤外線照射『 光免疫療法』相当量の癌、転移した癌、末期癌でも治せる!小林久隆主任研究員・米国国立保健研究所、がんの3大療法、外科手術、抗がん剤、放射線治療の弱点、すべてクリア!早ければ3年後に臨床試験開始!




トランプの「メキシコの壁」は【麻薬の流入を阻止】するため!ヒラリー、ブッシュ、安倍晋三も麻薬密売人!フィリピンでも米国でも、今や麻薬やくざを軍隊で「駆除」する時代!安倍日本では麻薬暴力団を放置!日本人の成人40人に1人が覚醒剤、合成麻薬乱用者=13年調査!



卵のウソホント、1日2個以上はNG?=コレステロールを気にして=「卵を控えるのは間違い」コレステロールは、生命の根幹をなす人体の細胞膜の材料として、不可欠でホルモンの材料にもなる栄養素。

コレステロールの制限で『ガン・心臓障害』の死亡率2倍以上!厚生省の制限値は「死亡させるため」武田邦彦 - みんなが知るべき情報/今日の物語


トランプの公約【医療マフィアの粛清】大量ワクチン接種で自閉症の件!トランプ大統領は口だけで吠えているのではない!トランプの革命力「アメリカ大変身」日米マスメディアは報道しない - みんなが知るべき情報/今日の物語






フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


  
[ 2017年02月12日 17:46 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)

ロシア学者、薬物依存症の処方薬を開発!治療期間は平均で1年から2年に渡る模様!放射能汚染水・猛毒トリチウム浄化装置も完成!

ロシア学者、薬物依存症の処方薬を開発!

治療期間は平均で

1年から2年に渡る模様!

放射能汚染水・猛毒トリチウム

浄化装置も完成!



ロシア学者、薬物依存症の処方薬を開発 (全文は下記に)

ロシア、福島第一原発の汚染水を最大限効果的に浄化する装置を日本に提案!決定は、日本側にかかっている!安倍・官僚・原発ムラは果たして?/猛毒トリチウムを除去する技術、浄化の効果は日本側が必要とするものより100倍も高い水準!

安倍政府は、黙って国民を「トリチウム」を含む毒に、さらし続けている!放射能汚染の壮大な人体実験場!これほど夢のない、明日に希望のない国になったのは、戦後、初めてのことである。なにしろ安倍晋三が首相なのだから。兵頭正俊氏…/深刻なのは、福島第1原発も、放射能汚染も考えない家畜化された国民である。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

ロシア学者、薬物依存症の処方薬を開発

ロシア学者、薬物依存症の処方薬を開発

2017年01月30日

ロシアでは、麻薬物質からの満足を防ぐ分子を発明した。2023年までには、薬物依存症を治す初の主な国産薬となる予定だ。

ロシアメディアの報道によると、開発された薬剤はモルヒネの麻薬的な類似品ではない。

薬品が薬物依存の患者の血中に入ったとたん、体内では、麻薬が脳に侵入することを防ぐ抗体が生産される。このように、禁止薬物から満足感を得られないようになるため、最終的に薬物使用を止めるというものだ。

開発者の研究チームによると、新たな薬物はヘロインやモルフィネ、デソモルヒネからのオピオイド依存症治療の助けになる。

治療期間は平均で1年から2年に渡る模様。

伝えられたところによると、モスクワの国民調査技術大学「MISiS」はインドのテズプル大学と合同でコブラの毒を元にガン治療に役立つ新薬を開発。これを用いると組織の中の正常な細胞とガン腫瘍の境界線が明確に分かる。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


露、印が開発のガン新薬、土台はコブラの毒


露、印が開発のガン新薬、土台はコブラの毒

ロシア

2016年12月13日 00:25(アップデート 2016年12月29日 00:09)

モスクワの国民調査技術大学「MISiS」はインドのテズプル大学と合同でコブラの毒を元にガン治療に役立つ新薬を開発。これを用いると組織の中の正常な細胞とガン腫瘍の境界線が明確に分かる。

「MISiS」は開発を、テズプル大学は新薬の生物学的特性の研究をそれぞれ担当した。新薬は様々なガン腫瘍の予防に使われる医療テストシステムを作る上で利用されうる。

発表には、ガン細胞と正常な細胞の境界線を診断する薬品は今までも開発されてきたが、今回の新薬はそれを上回る効果を発揮すると書かれている。現時点では前臨床研究に向けた準備が進められている。

先にどういった果物がガン予防に役立つかについて、研究報告がなされている。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

がん治療に新たな光!近赤外線照射『 光免疫療法』相当量の癌、転移した癌、末期癌でも治せる!小林久隆主任研究員・米国国立保健研究所、がんの3大療法、外科手術、抗がん剤、放射線治療の弱点、すべてクリア!実用化、早ければ米国で5年~6年後?




副作用のない抗がん剤【がん治療革命】誕生秘話!全身転移のがんが消えた…魔法の弾丸【PーTHP】誕生!しかし、なぜ保険薬にならないのだろうか…製薬会社が儲からない!P-THPに使われた抗がん剤は、企業にとって大きな利益をもたらさないということである!



自民党と麻薬利権?麻薬は国や民族を亡ぼす、それが今の日本でも!フィリピン大統領が決死の覚悟で、やくざ組織壊滅に命を懸ける!安倍自民は麻薬を野放しにしている!日本…成人40人に1人が覚醒剤、合成麻薬乱用者=13年調査…!日本には莫大な量の麻薬・覚せい剤が密輸されている。これをやくざ暴力団が扱って暴利を得ている。自民党と右翼・やくざの関係は、安倍の祖父・岸内閣のもとで公然化した。中国では、事柄の重大性から極刑だが、日本は罰金やせいぜい数年の懲役刑で済んでしまう。要するに、麻薬を野放しにしているようなのだ。


麻薬レイプ【安倍利権の闇】強姦事件!やくざ放任の日本は最も危険な国!これが偽らざる日本の真実である!安倍自民党と麻薬利権…成人40人に1人が覚醒剤、合成麻薬乱用者=13年調査! - みんなが知るべき情報/今日の物語



【コカイン】第3のドラッグ拡大急速、摘発倍増【統一教会=安倍晋三、自民党さん】麻薬利権、儲かってまっか!? リチャード・コシミズ


ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬!降圧剤、鎮痛剤、糖尿病の薬、抗血栓薬、抗うつ剤、認知症薬で暴力的な人格に!はげ薬でがんになる?新しい薬が新しい病気を作る…その「1錠」が脳をダメにする!薬、病院、医者好きの日本人は金づる、騙しやすい!

インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな【危険】発がん性物質、薬事法上の劇薬です!国民は騙されている…医者が言う、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む…科学的根拠のないセリフ!過去に予防効果がないことから、定期予防接種から外されたワクチン!

【危険】ロキソニンに重大な副作用「小腸・大腸の狭窄・閉塞」鎮痛剤が脳の免疫システムを壊す!厚労省…把握できる副作用には限界がある!その一錠が脳をダメにする!

<恐ろしい日本の医療> 大量投薬・副作用大国 <殺される患者> 製薬会社に操られる医師・病院・厚生官僚!

満州国で安倍の祖父・岸信介もアヘンで大儲けし、巨大な富を築いた!生体人体実験の731部隊の指揮も岸信介!安倍晋三は死の商人の家系! 昭和天皇が嫌っていた松岡洋右と安倍晋三は親戚だった!

麻薬・やくざ退治を要請か!フィリピン・ ドゥテルテ大統領来日【麻薬やくざ利権の安倍晋三】に!フィリピンやくざは、日本やくざの下請け組織!ドゥテルテはアジアの救世主!【阿片戦争で大儲け岸信介】「ジャーナリスト同盟」通信/シャブ列島日本/成人40人に1人が覚醒剤、合成麻薬MDMA乱用者!13年、厚生労働調査…麻薬の大元締めは、CIA、ブッシュ、ヒラリー、そして安倍晋三は、暴力団利権を受け継いでいる!日本は麻薬犯罪に甘い法律、大物元締めが逮捕された記憶がない!やくざの親分と与党の要人が、麻薬販売を巡って裏取引していたことが、元自民党本部職員によって暴露されている!

福島原発、恐ろべきトリチウムは全く報道されない!いまも放射能漏洩はトテツモナイ量!東京が壊滅する日/広瀬隆…「 東京が壊滅する日 ― フクシマと日本の運命」「原子力緊急事態宣言」が発令中!現在も大量放射能放出が続いている!

猛毒トリチウムは海に!福島原発、新汚染水処理設備を公開ですが/トリチウムは雨に、水道水に、細胞DNAに!

大惨事以上の福島原発!600トンの溶融燃料が行方不明、極めて強い放射能!地下深く? 溶融コリウムはチェルノブイリの三倍以上!東電に取り出す技術はない!たぶん地中に潜り込んでいるであろう。福島型メルトダウンの経験が誰にもなく、誰も確実にわかっていないことだ!



テレビは【洗脳装置】嘘でも放送しちゃえば、それが真実!日本民間放送連盟会長【CIA・戦争テロ屋の手下】テレビ、メディア…鵜呑みにするな報道!息を吐くように嘘を吐く安倍日本! - みんなが知るべき情報/今日の物語



==========

『100円ショップサプリ健康術』食物繊維とギムネマ!万病の元【血糖値スパイク】対策に!便秘、ダイエット、腸内環境、糖尿、癌予防など生活習慣病、体調維持!キャンドゥ、ダイソー!私の体験…

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載



フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

[ 2017年01月31日 16:22 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)

副作用のない抗がん剤【がん治療革命】誕生秘話!全身転移のがんが消えた…魔法の弾丸【PーTHP】誕生!しかし、なぜ保険薬にならないのだろうか …製薬会社の弊害! P-THPに使われた抗がん剤は企業にとって大きな利益をもたらさないということである!

副作用のない抗がん剤【がん治療革命】誕生秘話!

全身転移のがんが消えた…

魔法の弾丸【PーTHP】誕生!

しかし、なぜ保険薬に

ならないのだろうか

…製薬会社の弊害!


P-THPに使われた抗がん剤は、

企業にとって大きな利益を

もたらさないということである!




Twitter→人生マジックアワー sohnandae Twitter


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

全身転移のがんが消えた…常識破り「副作用のない抗がん剤」誕生秘話(奥野 修司) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

全身転移のがんが消えた…常識破り「副作用のない抗がん剤」誕生秘話



■なぜこれが保険薬にならないのか



奥野 修司

【抗がん剤で治る確率は5%】

2人に1人ががんになる時代である。やがて誰でもがんになる時代がやって来るだろう。あなたががんになったとする。現在、そのがんが原発巣にとどまっているかぎり、治療法として考えられるのが外科手術だ。

ただし、これが転移したりするとやっかいである。外科手術ができないから、あとは抗がん剤となるが、これが問題なのだ。なぜなら、がん種にもよるが、ほとんど役に立たない。抗がん剤で治る可能性はわずか5%なのである。

さらにやっかいなのはその副作用だろう。痛み、発熱、吐き気、嘔吐、しびれ、呼吸困難……。それだけならまだしも、骨髄がやられると白血球や血小板が壊されて死に至ることもある。がんで死んだのか、抗がん剤の副作用で死んだのかわからないことがよくあるのはこういうことである。

薬といえば、ペニシリンのように「治す」というイメージがあるが、少なくとも抗がん剤は私たちの考える「薬」ではない。顧客満足度からいえばゼロに近いだろう。

がん治療にとって大事なことは、QOL(Quality of Life:生活の質)×生存期間である。

つまり、生活のレベルを落とさず、できるだけ長く生きること。ところが、現在の抗がん剤は副作用でQOLはガタ落ち。延命効果があってもわずか2~3ヵ月にすぎない。そんなとんでもない薬が、今や年間に1000万円を超えるのが当たり前になっているのだ。

せめて副作用のない抗がん剤があったら……。多くのがん患者の願いにこたえるように、そんな抗がん剤が誕生した。

「P-THP」といって、開発者は前田浩教授(熊本大学名誉教授・崇城大学DDS研究所特任教授)である。2011年には優れた研究者に与えられる「吉田富三賞」を受賞し、2015年のノーベル賞候補と目された人物だ。

「全身がん」が数ヵ月で…

実際にこのP-THPで治療を受けた患者を紹介する。

瀬山治彦さんは61歳の大学教授。ある日、突然研究室で倒れた。寝たら治ると思っていたが、妻に言われて同級生がやっている泌尿器科を訪ねところ、前立腺がんの腫瘍マーカー(PSA)が異常に高く、CTなどで調べるとすでに肺、肝臓、骨に転院していて末期だった。

セカンドオピニオンを聞こうと、別の同級生の医師を訪ねると、「もって3ヵ月」と宣告される。ところが、ここでP-THPの存在を知った。

早速2週間に1回のサイクルで投与を受け、並行して陽子線の照射も受けた。「全身がん」の状態だから治るはずがないと思われたのに、なんと数ヵ月でPSAが正常値になり、1年後には肺などの転移が消え、1年半後には骨転移も消失して「寛解」を告げられた。


瀬山さんのPSA数値

寛解というのは不思議な言葉で、本来ならがんが消えたのだから「完治」というべきところを、がんは完全に治せないという考えから、症状が一時的に消えたという意味で「寛解」という言葉が使われる。ただし、治る可能性があるのは寛解だけである。

瀬山さんに新しい抗がん剤を受けた感想を訊くとこう言った。

「さあ、これといった副作用は記憶にないし、末期がんの治療を受けたという実感がないんです。大学の講義は1日も休まなかったし、フィールドワークもやりました。なんだか騙されたみたいです」

前立腺がんと診断されてから約3年半経ったが、瀬山さんは今も元気に大学へ通っている。

瀬山さんの肺のCT画像(治療前)


瀬山さんの肺のCT画像(治療後)


もう1人紹介する。野口美子さんという40代の女性だ。たまたま検診を受けたら胃がんが分かった。腫瘍マーカーは正常だったが、リンパ節だけでなく、右肺にも左肺にも転移していて、余命は1年未満と告げられた。

どういうわけか、このP-THPは前立腺がんや乳がん、卵巣がんのようなホルモン依存性がんに著しい効果がある一方で、胃がんに対してはそれほどでもない。ただ縮小することが多い。

そこで、原発の胃がんが縮小したときに外科手術で切除し、肺に転移した腫瘍は冷凍療法といって、腫瘍を凍らせて破壊した。こうした併用療法ができるのもP-THPの特色だろう。リンパ節に転移した腫瘍はP-THPでほぼ消え、2年経った現在、野口さんは寛解の状態を維持している。

【抗がん剤はバクチ】

■理論的に「抗がん剤」は効かない

抗がん剤はなぜ効かないか。なぜ副作用があるのだろうか。そのことがわかれば、逆にこのP-THPが、通常の抗がん剤よりも治癒効果が高く、副作用がない理由も理解できると思う。

まず副作用だ。血管は閉鎖系といって出口はなく、その中を血液がぐるぐる巡っている。いわばドーナツのようなチューブだ。そのチューブに小さな穴が開いていて、ここから酸素や栄養素が漏れて体の細胞を維持している。

ところが、低分子の抗がん剤もここから漏れてしまうのである。猛毒の抗がん剤は漏れたところの細胞を壊死させるので、これが副作用となってあらわれる。

また多くの抗がん剤は、がん細胞が休みなく分裂するのを利用して、分裂するときにDNAの合成を止める仕組みになっている。つまり、分裂できなくして殺すのである。

ところが、がん細胞と同じように激しく分裂している細胞は他にもたくさんあり、そこがやられると副作用があらわれる。たとえば毛根だ。毎日のように細胞が分裂しているから、抗がん剤にやられて髪の毛が抜けるのである。

腸管上皮や胃の粘膜もそうだ。骨髄もやられやすい。つまり、がん細胞と一緒に正常細胞もやられることが副作用なのである。

そんな副作用がありながら、なぜ抗がん剤でがん細胞を殺せないのだろうか。

抗がん剤を点滴しても、がん細胞に到達したときは、点滴した量の100分の1以下に薄まっていることがその理由の一つだ。

では、薄まってもいいように、最初から100倍投与すればどうか。

こんな実験がある。抗がん剤が、がん細胞を殺す量はわかっているので、その量が腫瘍に届くように投与したらマウスはすべて死んだという。人間も同じで、がん細胞が死ぬ量を投与して、人間が耐えられる抗がん剤は存在しない。

つまり、どんな理屈をこねようとも、理論的に抗がん剤は効かないということだ。



次に考えられるのは、がん細胞のしたたかさである。実はこの40年間で、分子生物学者ががんを研究してきてわかったのは、がんはあまりにも複雑すぎてカオスの世界だということである。

たとえば、がん細胞が毒物に触れると、最初のがん細胞がやられても、次の段階で排出ポンプのようなタンパク質を働かせて、内部に入ってきた毒物を外に放り出してしまう。それだけではない。毒物を分解する酵素を出して毒性を消したり、毒物の分子を変えて毒性をなくしてしまうこともある。

その他にも、免疫細胞からの攻撃をかわすバリヤーを張ったり、人間の想像力を超えた能力を次々と繰り出しては生き延びようとする。これが薬剤耐性と言われるものである。

いずれも、生命が数十億年の時間をかけて獲得した能力だろう。

抗がん剤とは、患者を生きるか死ぬかの瀬戸際まで追い込んで、運良く腫瘍の方が先に死んでくれればラッキーという、まるでバクチのような「薬」なのである。

では今世紀に入って登場した分子標的薬はどうか。がん細胞上のある遺伝子をピンポイントで狙うから副作用が少ないといわれたが、皮膚障害のような副作用がけっこうあらわれる。そのうえ、思ったほど効かない。

なぜかというと、がん細胞が分裂するたびに、ターゲットである遺伝子が変異するからである。変身したら狙いが定まらない。つまり効かないということである。

さらに、がん細胞にしかないと思っていたそのターゲットが、他の細胞にもあったために、そこも一緒に狙われて副作用があらわれるというわけだ。

がんと闘うためには、これらの欠点をクリアしたものでなければならない。正常な細胞を殺さず、がん細胞にとって致死量にあたる毒物を一気に降り注ぐ抗がん剤だ。それが前田教授の開発したP-THPだった。

■「魔法の弾丸」誕生

【新しい抗がん剤の誕生】

実は、P-THPに使われているピラルビシンは、特許が切れた古い抗がん剤である。P-THPのPはポリマーで、THPはピラルビシン。つまり、ピラルビシンに、高分子のポリマーをくっつけたという意味だ。

簡単にいえば、P-THPとはこれだけである。たったこれだけで、在来型の抗がん剤とすっかり変わってしまったのだ。

このP-THPが、「魔法の弾丸」のように腫瘍に届くまでには、図のようなステップ(主に三段階)がある。


図:前田教授作成

第1のステップは、腫瘍にだけ集まることだ。

腫瘍にも血管があって、やはり正常な血管のように隙間があるのだが、正常血管の隙間をバレーボール大とすれば、腫瘍の血管は25メートルプールほどもある。それなら、ピラルビシンを自動車ぐらいの大きさにすれば、正常な血管からは漏れなくなるはずだ。

この自動車ぐらいの大きさにするのが、ポリマー(図の赤い〇)なのである。こうすると、体の中をぐるぐる回っているうちに、巨大な穴が開いている腫瘍の血管から漏れていくので、結果的に腫瘍だけに集まる。同時に、他の組織には漏れないから副作用がない。

第2のステップは、腫瘍血管から漏れたら、薬剤がポリマー(図の小さな〇)から離れなければならない。

ピラルビシンとポリマーをつないでいる紐は、酸性になると切れるようになっていて、腫瘍の周辺は、腫瘍の廃棄物で酸性の海になっているので簡単に切れるのだ。

第3のステップが難題で、ポリマーから離れたピラルビシンが、腫瘍の内部に取り込まれないといけない。

がん細胞は常に分裂しているから、大量のエネルギーを必要とする。そのために、トランスポーターという細胞を使って、ポンプで汲み上げるように外部のブドウ糖を取り込んでいる。

実はピラルビシンには、ブドウ糖に似た分子がくっついていて、がん細胞はピラルビシンをブドウ糖と勘違いして内部に取り込んでしまうのである。他の抗がん剤でうまくいかないのは、このブドウ糖様分子がないからだ。

実験では、通常の抗がん剤と比較すると、腫瘍の内部にその数百倍もの薬剤が取り込まれている。まるでトロイの木馬のように入り込んでがん組織を攻撃するのがP-THPなのだ。

分子生物学の権威であるアメリカのロバート・ワインバーグ博士によれば、転移していないがんで死亡するのは約10%、残りの90%は転移したがんで死んでいるという。つまり、抗がん剤は転移したがんに効かなければ治せないということだ。

従来の抗がん剤は転移したがんには効かなかったが、P-THPは先に述べた3つのステップで転移したがん細胞にも薬剤が届くのである。

発見というのは、あとで振り返ってみたら、あまりにも単純すぎて驚くことがよくある。ピラルビシンという古い抗がん剤にポリマーをくっつけただけなのに、従来の抗がん剤とは違う、まったく新しい抗がん剤が誕生したのである。

【前田教授とは何者か】

前田教授が「魔法の弾丸」のような抗がん剤の開発に気づいたのは1980年代だった。

低分子の薬剤を、分子量4万以上の高分子にすると、正常な血管から漏れずに腫瘍の血管だけに集まるのみならず、いったん腫瘍の内部に取り込まれると外に漏れなくなることを発見し、これを「EPR効果」として発表した。

もともと前田教授は東北大学で食糧化学を専攻していた。卒業後、フルブライト奨学生としてカリフォルニア大学大学院に留学したが、なんと受け入れ先がたんぱく質の研究室だった。

これがきっかけでたんぱく質が研究テーマになるのだが、帰国後、恩師である石田名香雄教授(のちの東北大総長)が、放線菌からネオカルチノスタチンという、世界で初めてたんぱく質の制癌物質を発見すると、この研究に携わるようになった。

このネオカルチノスタチンに世界最強の毒性があることがわかり、ハーバード大学から招聘を受けて、ファーバー癌研究所の研究員としてアメリカに渡る。

シドニー・ファーバー博士は化学療法の父とも言われ、がん治療の世界ではカリスマ的な存在だった。前田教授はこのファーバー博士に師事することになる。

帰国後、様々な事情があって熊本大学に移るのだが、ここでもネオカルチノスタチンを研究していた。これを高分子につないだら腎臓から漏れなくなるのではないかと考え、カーワックスに使われるポリマーにつないだ。

これを油性の造影剤に溶かして、動脈から肝臓のそばで放出すると、見事に肝臓の腫瘍に集まったのである。これが後に肝臓がんの治療薬として承認される世界初の高分子型抗がん剤「スマンクス」である。

前田教授が、スマンクスに続いて研究していたのがP-THPだった。

80年代、副作用が強くて効かない化学療法の限界をブレイクスルーするために、DDS(ドラッグ・デリバリー・システム)という概念が生まれた。抗がん剤をピンポイントで腫瘍に届けるシステムである。

前田教授もこのDDSを研究していて、メルシャン株式会社(ワインメーカーだが、豊富な発酵技術やバイオテクノロジーを利用して医薬品などを開発していた)に研究用の薬剤の提供を申し出たら、たまたまピラルビシンだったという。腫瘍内部に取り込まれやすいことが分かったのは後のことである。

【なぜ保険薬にならない?】

■末期がんなのに元気

昔、「エイリアン」というSFホラー映画があったが、これはがん細胞からヒントを得たと言われている。

実際、宿主の人間を動けなくしておいて、身体を食べ尽くすところがエイリアンにそっくりだが、決定的に違う点がある。それは、エイリアンはみんな同じ顔をしているが、がん細胞は、場所や人によって顔つきがまったく違うことである。

原因は、正常細胞の遺伝子がランダムに損傷を受けてがん細胞になり、長い年月の間にさらに変異を繰り返してきたからだ。分子標的薬が効かないのも、がん細胞はカオスのように変異だらけだからである。

P-THPは、理論的にどんながんもやっつけられそうだが、そうならないのは、がんはカオス的世界だからである。

たとえば、山藤ひろ子さんである。彼女は64歳のときに直腸がんが見つかった。

外科手術で取れたが、4年後に肺に転移したため抗がん剤治療を始めた。それ以来、1年半にわたって抗がん剤治療を続け、そのたびに猛烈な苦しみに耐えた。そしてもう限界と思ったときにP-THPに出会う。

2週間に1回のサイクルで投与を受けたが、結論から言うと、腫瘍マーカーが上がり続け、腫瘍も小さくなっていない。つまり、P-THPは効いていないのである。なぜ効かないのかわからない。

ところが、副作用はなく、食欲も落ちないから、体重は減っていないし、家事も自分でこなしている。つまり、末期がんなのに、QOLは非常に高いのだ。

また、山本健二さんは68歳のときに肺癌とわかった。この時点でステージⅣ、つまり末期で、余命は2ヵ月と宣告された。そのうえ、チェーンスモーカーだからひどい肺気腫で、横になると息ができなくて眠ることも出来なかった。

ところが、P-THPの投与を始めてから横になって眠れるようになり、「日常生活に不自由はありません」と言えるまでになった。

しかし10ヵ月後、自ら洗面所で髭を剃って身ぎれいにしてベッドに入ると、そのまま眠るように亡くなった。生前に山本さんが願っていた最期だった。

■ラーメンを食べに行く患者

これまでに200人近い方がP-THPの安全性試験に参加している。そのほとんどがステージⅣの末期患者だから一概に言えないが、大半は山藤さんや山本さんのようなケースだ。副作用がないことがQOLを高めているのだろう。

副作用がないことによるメリットはたくさんある。

たとえば、一般的に抗がん剤治療を行うと食欲がなくなり、やせ細って苦しむというイメージがあるが、どういうわけかP-THPは、治療を受けたその日にラーメンや焼き鳥を食べに行く患者が多い。

理由はわからないが、食欲が増進するらしい。食欲があるのとないのでは予後がまったく違う。口から食べられるうちは元気なのである。

がんは認知症と同じで、退職前にがんになると多くの人が勤め先を辞めさせられている。抗がん剤の副作用で仕事ができないと思われているからだろう。

ところがP-THPは副作用がないから、治療を受けながら仕事を続けられる。瀬山さんがそのいい例だ。その他にも、設計事務所を経営しながら、あるいは畑仕事をしながらP-THPの治療を受けている人もいる。今のところ、P-THPのために仕事を辞めたという人はゼロである。

通常、重粒子線治療や放射線治療を行うと、数ヵ月間は抗がん剤治療ができない。免疫が落ちているところへ、抗がん剤でさらに免疫を落とすと命に関わるからだ。

ところが、せっかく放射線治療でがんが小さくなっても、体の回復を待つうちに腫瘍が大きくなる危険性がある。ところが、P-THPだと、同時に併用できるのである。こんな抗がん剤は他にないだろう。

現在の安全性試験では、治癒力がどこまであるかは未定だが、寛解に至るケースがたくさんあることから、分子標的薬を含めた従来の抗がん剤と比較しても、P-THPの有効性をはるかに高いことは言える。

ただ、確実に言えることは、延命効果があることと、副作用は限りなくゼロに近いことだ。不幸にして亡くなっても、死の直前まで普通の生活ができるということである。

【製薬会社の弊害】

こんなすごい抗がん剤なら、なぜ保険薬にならないのだろうか。

保険薬にするには製薬会社が関わる必要がある。ところが、P-THPに使われた抗がん剤は、古い抗がん剤で薬価も決まっているから、何千万という高額な値段をつけられない。つまり、企業にとって大きな利益をもたらさないということである。

2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さんは、前田教授の研究を《癌との闘いに光明を示した一科学者の独創的な戦略と優れた戦術》と絶賛したが、製薬会社はそういうふうには見ないのである。

現在の創薬は、オブジーボのように免疫反応を抑制する分子に働きかけたり、分子標的薬のように細胞の表面にある遺伝子やタンパク質を攻撃するといった、分子レベルで働くメカニズムが中心だ。

日本の製薬会社は、世界がその方向なら、乗り遅れるなとばかりにどこもかしこも一斉に同じ方を向く。あるいは、アメリカでコンピュータによる創薬が流行すると、それに負けじと追いかける。P-THPのように、あまりにもアナログ的なメカニズムには関心がないのである。

かつて「2位じゃ駄目なんでしょうか?」と言って批判を浴びた政治家がいたが、世界の流行から遅れまいと、一斉に2位を目指して後追いする日本の企業に危うさを感じる。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

がん治療に新たな光!近赤外線照射『 光免疫療法』相当量の癌、転移した癌、末期癌でも治せる!小林久隆主任研究員・米国国立保健研究所、がんの3大療法、外科手術、抗がん剤、放射線治療の弱点、すべてクリア!実用化、早ければ米国で5年~6年後?




大発見【脳の再生・iSC細胞 】ヒトの体内で多機能性幹細胞が出来る…IPS、STAP細胞が!脳梗塞で死んだ細胞再生、兵庫医科大、定説覆す!体内で自然に生まれるiSC細胞(虚血誘導性多能性幹細胞)体のさまざまな細胞を作れる多能性幹細胞、この細胞の移植によって脳の再生にも期待できる!超ノーベル賞級の大発見…!脳細胞が栄養が届かない危機に多能性幹細胞として生き残る!STAP細胞のように激しい刺激で多機能性幹細胞が出来のでしょう。



がん放置療法のすすめ!何もしないことが有効な治療法となる場合がある!癌は代替え療法、がん対策に有効な食べ物や運動、過労ストレス、放射能対策で癌は消えていくのではないか!抗がん剤、手術、放射線治療は危険!血糖値を急上昇させる食事は万病の元!


放射能が6年近くもダダ漏れ状態!日本は多病・多死社会に…相変わらず火葬場が大混雑!安倍も被ばく症状が?大麻中毒、安倍家専用「大麻・マリファナ」栽培!急病人が異常に激増!



『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載


『100円ショップサプリ健康術』食物繊維とギムネマ!万病の元【血糖値スパイク】対策に!便秘、ダイエット、腸内環境、糖尿、癌予防など生活習慣病、体調維持!キャンドゥ、ダイソー!私の体験…

癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌など。ガン予防、再発防止にも「みそスープ」ダイエット、便秘、美肌にも!そして緑茶…



『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも!胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!




味噌汁は食事全体の塩分を減らす!がん、糖尿病、脳卒中、心臓疾患、痴呆症、高血圧などのリスクを下げる!食事の塩分量を減らすには味噌汁を飲め、実は万能な栄養源だった!

『抗がん』万能の薬効スパイス 『ターメリック』生活習慣病、抗腫瘍、抗潰瘍、消炎作用、肝臓、胆嚢、腎臓、心臓、糖尿病、認知症、動脈硬化、老化防止、美肌、便秘、冷え性、貧血…二日酔い、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎不全 、血栓予防、アレルギー、血液浄化、ピロリ菌除菌など


純ココアが【癌から身を守る】&良質ビターチョコ!糖尿病や心臓疾患など生活習慣病の軽減!ダイエット効果…がん予防に簡単便利…/カカオの抗酸化物質が正常細胞の損傷を予防するという!不飽和脂肪酸オメガ3も豊富…/普通のチョコレートは純ココアに砂糖など混ぜものを入れて作ります。また無糖ビターチョコレートより純ココアの方が安価です。砂糖、ミルクなしが癌予防に効果的です。ただし、バランスの取れた食事の一部としてチョコを使用する場合に限ります!



癌を治す/1日に人参ジュース10杯とお風呂に3回【末期の子宮がん】その「1錠」が脳をダメにする/宇多川 久美子著/薬剤師が教える薬の害がわかる本(SB新書) 電子書籍/キャリアウーマンとして40年活躍した女性が、子宮がん末期、医師から手の施しようがないと宣言された。彼女は田舎に帰り、懸命に勉強して、抗癌剤治療はせず、1日にお風呂3回、人参ジュース10杯を飲み、3ヶ月で治した。3年後も再発していない。/降圧剤は、脳卒中、痴呆症を引き起こす!


ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬!降圧剤、鎮痛剤、糖尿病の薬、抗血栓薬、抗うつ剤、認知症薬で暴力的な人格に!はげ薬でがんになる?新しい薬が新しい病気を作る…その「1錠」が脳をダメにする!薬、病院、医者好きの日本人は金づる、騙しやすい!

インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな【危険】発がん性物質、薬事法上の劇薬です!国民は騙されている…医者が言う、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む…科学的根拠のないセリフ!過去に予防効果がないことから、定期予防接種から外されたワクチン!

【危険】ロキソニンに重大な副作用「小腸・大腸の狭窄・閉塞」鎮痛剤が脳の免疫システムを壊す!厚労省…把握できる副作用には限界がある!その一錠が脳をダメにする!



人生マジックアワーsohnandae Twitter→人生マジックアワーTwitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
[ 2017年01月12日 17:26 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)

大発見【脳の再生・iSC細胞 】ヒトの体内で多機能性幹細胞が出来る…IPS、STAP細胞が!脳梗塞で死んだ細胞再生、兵庫医科大、定説覆す!体内で自然に生まれるiSC細胞(虚血誘導性多能性幹細胞)

大発見【脳の再生・iSC細胞 】

ヒトの体内で多機能性幹細胞が出来る…

IPS、STAP細胞が!

脳梗塞で死んだ細胞再生、

兵庫医科大、定説覆す!


体内で自然に生まれる

iSC細胞

(虚血誘導性多能性幹細胞)

体のさまざまな細胞を作れる

多能性幹細胞、

この細胞の移植によって

脳の再生にも期待できる!


神戸新聞NEXT|医療ニュース|脳梗塞で死んだ細胞再生 兵庫医科大、定説覆す

【今年注目 定説を覆す大発見】iPS細胞よりも 実用性が高いiSC細胞とは - YouTube


脳細胞が栄養が届かない危機に

多能性幹細胞として生き残る!

STAP細胞のように激しい刺激で

多機能性幹細胞が出来のでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

神戸新聞NEXT|医療ニュース|脳梗塞で死んだ細胞再生 兵庫医科大、定説覆す



脳梗塞で死んだ細胞再生 兵庫医科大、定説覆す 2017/1/5 06:20

 兵庫医科大(兵庫県西宮市)のグループが、脳梗塞の組織の中に神経細胞を作る細胞があることを発見し、それを採取、培養して移植することで、脳梗塞で死んでしまった脳細胞を再生させる研究を始めた。死んだ神経細胞は再生しないという定説を覆す発見で、グループは「今後2年余りで、臨床試験の前段階まで持っていきたい」と話す。(武藤邦生)

 脳梗塞は脳の血管が詰まり、脳の神経細胞が死んでしまう病気で、後遺症が出ることも多い。その組織の中に神経細胞を作る細胞があることを、同大先端医学研究所の松山知弘教授、中込隆之准教授らが2009年、マウスの実験で発見。15年には、血管の周囲の細胞が脳の一大事を受け、神経細胞などに変化できる「多能性」を獲得していることが分かった。

 体のさまざまな細胞を作れる多能性幹細胞といえばiPS細胞が有名で、それに比べると発見された細胞は多能性が低いと考えられるが、体内で自然に生まれる。グループは重症の脳梗塞を起こしたヒトの脳でも存在を確認し、「iSC細胞(虚血誘導性多能性幹細胞)」と名付けた。

 この細胞の移植によって脳の再生も期待できることから、既に培養したマウスのiSC細胞をマウスの脳に移植し、ある程度、正常に機能している状態を確認。さらに昨年11月、日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受けて始めた研究では、ヒトのiSC細胞をマウスに移植した場合の効果を確かめる。

 マウスで効果があれば、ヒトへの応用の可能性も開けるといい、「iSC細胞はもともと体内で作られるもので、移植しても、がんなどの危険性は低い」と中込准教授。研究責任者で、脳神経外科の高木俊範助教は「脳梗塞の脳には再生させようとする働きがある。そのメカニズムを生かした治療につなげたい」と話す。





ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

STAP細胞は何故ハーバード大が独占したのか!安倍晋三が深く関わったのは間違いない!小保方を犠牲にして/理研、東京女子医大、ハーバード大が共同で特許出願の予定だったが日本は権利を放棄した… 日米の闇!



小保方STAP細胞を、米国に渡したのは安倍晋三だろう!小保方を理研から追い出し、笹井芳樹を死に追いやった!/安倍晋三は、2014年6月に発表予定の成長戦略に、科学技術振興と女性の社会進出促進を盛り込む予定だった。しかし、米国の医・薬・保険業界の危機感を知ると、あっという間に、STAP細胞利用の計画を捨てた!


小保方【STAP細胞】米国に独占された?ハーバード大…脊髄損傷を治療…サルで実験!2014年、MSN産経ニュース/ 【STAP細胞】すでにサルで実験 ハーバード大、脊髄損傷を治療!


小保方STAP現象、理研で再現されていたことが発覚!若山教授が不当に実験成果物を大量持ち出し!ビジネスジャーナル


小保方氏「本当に殺されると思った」私、生きなければ… 瀬戸内寂聴氏との対談/ STAP細胞はあった!



STAP小保方晴子の勝利!STAP現象の確認に成功、独ハイデルベルク大学!がん細胞の分野で研究の価値大… ノーベル賞どころのレベルではない、小保方晴子は一挙に世界的存在になる!/責任逃れした理研と若山教授、早稲田大学の責任、問われる!

小保方STAP現象はあった!独ハイデルベルク大/黙り込むマスコミ、ネットクズらは恥を知れ!バッシングし続けた人間たちよ!/癌研究、がん細胞分野の研究に期待大!ノーベル賞どころのレベルではない、小保方晴子は一挙に世界的存在になる!

がん治療に新たな光!近赤外線照射『 光免疫療法』相当量の癌、転移した癌、末期癌でも治せる!小林久隆主任研究員・米国国立保健研究所、がんの3大療法、外科手術、抗がん剤、放射線治療の弱点、すべてクリア!実用化、早ければ米国で5年~6年後?




『100円ショップサプリ健康術』食物繊維とギムネマ!万病の元【血糖値スパイク】対策に!便秘、ダイエット、腸内環境、糖尿、癌予防など生活習慣病、体調維持!キャンドゥ、ダイソー!私の体験…

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載

【コカイン】第3のドラッグ拡大急速、摘発倍増【統一教会=安倍晋三、自民党さん】麻薬利権、儲かってまっか!? リチャード・コシミズ




sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
[ 2017年01月06日 20:44 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR