今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  日本

秋篠宮さま、戦争を危惧!二度と繰り返してはいけない!両陛下の戦争体験…風化の危惧!安倍政権は…?

秋篠宮さま、戦争を危惧!

二度と繰り返してはいけない!

両陛下の戦争体験…風化の危惧!

安倍政権は…?







みんなが知るべき情報
ブログランキング・にほんブ ログ村へ

来年の戦後70年を前に

戦争についても語り、

子どもの頃からたびたび

天皇皇后両陛下から戦争の話を聞き

戦争というものを二度と繰り返しては

いけないと強く思った。とし、

戦争の中に日々の生活があった

両陛下にとって、戦争の記憶を

風化させることがないように

するという気持ちが非常に強くて、

それが国内、それから海外での慰霊

というものにもつながっていると

理解しています。と述べられました。

NKHニュースより



ブログランキング・にほんブ ログ村へ

秋篠宮さま 49歳の誕生日

NHKニュース 2014年11月30日

秋篠宮さまは、30日、49歳の誕生日を迎えられました。

秋篠宮さまは、誕生日を前に紀子さまと記者会見に臨まれました。この中で秋篠宮さまは、この1年を振り返って「広島の土砂災害、それから御嶽山の噴火による事故を始めとして、自然災害が台風なども含めて多かったというのが印象に残っています」と話したうえで、「災害に対するリスクの管理が非常に大事になってくると思っています」と述べられました。

また、ことし紀子さまと3度にわたって合わせて6か国を公式訪問した秋篠宮さまは、皇族の外国公式訪問について、単に親善ということでは目的があいまいになるなどとして「外交関係ができてから何十周年であるとか、日本と当該国との大きい文化行事があるとか、何か一つの核になるものがあるべきではないかと思います」と話されました。

さらに、来年の戦後70年を前に戦争についても語り、子どもの頃からたびたび天皇皇后両陛下から戦争の話を聞き「戦争というものを二度と繰り返してはいけないと強く思った」とし、「戦争の中に日々の生活があった両陛下にとって、戦争の記憶を風化させることがないようにするという気持ちが非常に強くて、それが国内、それから海外での慰霊というものにもつながっていると理解しています」と述べられました。

一方、紀子さまは、来月成年を迎えられる次女の佳子さまについて、「これからも、日々の暮らしや務めを支えている人が多くいることを心に留め、感謝の気持ちを抱きつつ、さまざまなことを学び、経験を積み重ねて、若い成年皇族として一つ一つの務めを大切に果たしてほしい」と話されました。
また、秋篠宮さまは、長男の悠仁さまについて、早起きして本を読んでいたりすることを披露したうえで、「少しずつ興味が広がってきているのかなという印象を受けます」と語られました。
秋篠宮さまは、30日は午前中、両陛下のもとを訪れてあいさつをするほか、夜にはお住まいの宮邸で両陛下などと夕食をともにされる予定です。
秋篠宮さまの講義の様子を公開

秋篠宮さまの誕生日に合わせて、宮内庁は、秋篠宮さまが大学院で講義をされる様子を初めて映像で公開しました。
秋篠宮さまは、公務のかたわら、ニワトリが人に飼育されるようになった過程の研究に取り組んでいて、東京農業大学の大学院などで非常勤講師として人と動物の関わりをテーマに講義をされています。映像には、秋篠宮さまがパソコンやプロジェクターを使って学生たちに説明されている様子が収められています。
秋篠宮さまは、研究の一環として東南アジアなどでもニワトリの調査に取り組まれていて、これまでに10回タイの大学から名誉博士号を贈られています。

NKHニュースより
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141130/k10013596571000.html


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

昔風に言やあ、安倍政権は『陛下の御信任』を失ったということだね!~陛下は~戦争を心配されている~


美智子皇后、憲法論議に言及。(お誕生日文書回答で)基本的人権の尊重や教育の自由の保障及び教育を受ける義務,法の下の平等,更に言論の自由,信教の自由など


天皇陛下、皇后様に続いて…皇太子殿下も「憲法順守」に言及!

安倍晋三は日本国民にとって、最も危険な存在である!戦争ビジネスのために若者を殺そうと…集団的自衛権。 戦争は、 1%にとってはビジネスで あり、莫大な金儲けに直結している!

日本消滅?次期安倍政権!高浜超老朽原発の運転延長、大間新原発働=危険なプルトニウム原発!衆院選…! … 川内原発再稼働!青森・大間プルトニウム原発の危険性、石油ストーブで“ガソリンを燃やす”と同じ!小出裕章ジャーナル。 プルトニウムという物質はウランに比べて放射能の特性が20万倍も高いというほどの猛毒物質なのです。世界にひとつフルMOXという原子力発電所!



解散総選挙目前、とにかく自民・公明党を落として!日本、国民の危機を回避!棄権、白票は止めよう!拡散希望…


☆☆☆☆☆☆☆

肩こり改善予防『90秒ストレッチ、 簡単3つのポーズ』どこでも、いつでも。竹井仁教授、モーニングバード


インフルエンザ予防「あいうべ体操」小学校で激減効果!唾液の免疫物質が… お金をかけず、健康に美容に…!風邪、鼻呼吸、口臭、歯周病、いびき、顔のたるみ等、予防改善、老化防止ホルモン!考案者・今井一彰院長


sohnandae Twitter→Twitter


みんなが知るべき情報

ブログランキング・にほんブ ログ村へ
スポンサーサイト
[ 2014年11月30日 22:00 ] カテゴリ:日本 | TB(0) | CM(0)

村上春樹氏/日本と日本人は、戦争と福島原発事故の責任を取っていない!「自己責任の回避」傾向へ苦言!

村上春樹氏/日本と日本人は、

戦争と福島原発事故の

責任を取っていない!

「自己責任の回避」傾向へ苦言!


村上春樹は、毎日新聞とのインタビューで、

日本の抱える問題に、共通して

自己責任の回避があると感じる。と述べた。

1945年の終戦に関しても

2011年の福島第1原発事故に関しても、

誰も本当には責任を取っていない

という気がする。ということだ。

来年の終戦70周年を控え、

近代日本の戦争を小説で扱った作家の

考えを尋ねた質問の返答でだ。

ブログランキング・にほんブ ログ村へ



村上春樹氏 東京電力の社長とか、刑務所へ行くべきだと思う!何より日本の検察庁が刑事告発しないのです。


みんなが知るべき情報

ブログランキング・にほんブ ログ村へ

村上春樹、毎日新聞による

インタビューで日本の

「自己責任の回避」傾向へ苦言

(海外メディアが注目!)


Peace Philosophy

村上春樹は3日、毎日新聞とのインタビューで、「日本の抱える問題に、共通して自己責任の回避があると感じる」と述べた。



「1945年の終戦に関しても2011年の福島第1原発事故に関しても、誰も本当には責任を取っていないという気がする」ということだ。来年の終戦70周年を控え、近代日本の戦争を小説で扱った作家の考えを尋ねた質問の返答でだ。

村上春樹、毎日新聞によるインタビューで日本の「自己責任の回避」傾向へ苦言(海外メディアが注目!)Author Murakami Haruki Criticizes Japanese for Evading Responsibility for WWII and Fukushima

11月3日毎日新聞に掲載された作家・村上春樹氏の単独インタビューのことをAFP通信の英語記事(11月4日)で知り、日本人の戦争や福島の核事故についての「責任回避」について強調しているので注目した。AFP記事のタイトルは、

Murakami Haruki

Author Murakami chides Japan over WWII, Fukushima responsibility
作家のムラカミ、第二次大戦とフクシマへの責任について日本を注意

日本の英字新聞、The Japan Times にも AFP-JIJI 配信ということで

Murakami chides Japan for ignoring role in WWII, Fukushima disaster
ムラカミ、第二次大戦と福島の惨事における役割を無視していると日本に注意

と同様の見出しをつけている。

AFP記事は、
Japanese writer Haruki Murakami has chided his country for shirking responsibility for its World War II aggression and the Fukushima nuclear disaster in an interview published Monday.日本の作家、村上春樹は月曜に発表されたインタビューで、第二次世界大戦における侵略と福島の核惨事について責任回避している、と自国に対する注文をつけた。で始まり、

日本人が自分たちを戦争の『被害者』だと思っていること、それでは中国や韓国が日本の戦時侵略行為に対して恨みを持つのも当然である、日本人は自分たちが加害者でもあったことを忘れがちである、フクシマについても全員が地震と津波の被害者だということになって誰も責任を取っていないといった発言をしていたと知り、これこそ今日本人が耳を傾けるべきメッセージではないかと思い毎日新聞のウェブサイトで探したら、簡単な紹介が出ていた。

村上春樹さん:インタビュー 楽観を目指す姿勢「若者に伝えたい」
http://mainichi.jp/shimen/news/20141103ddm001040190000c.html

この紹介では最後に、「来年で70年となる『戦後』に関連し、慎重な表現ながらも、戦争と原発事故に共通する日本の問題として『自己責任の回避』を指摘した」とあるが、タイトルからして随分異なるイメージだなと思った。

原文は紙面でしか見られないというので原文を取り寄せた。

毎日新聞11月3日朝刊の8面に特集記事が出ており、本人の文学者としてのヒストリーや海外での評価などについて「『孤絶』超え 理想主義へ」という見出しがついており、ページの左側に別枠で「日本の問題は責任回避」というセクションが設けられていた。

インタビュアーの「来年は戦後70年。作中で日本の戦争を描くこともあった作家は何を思うか」という問いに対し、

・・・僕は日本の抱える問題に、共通して「自己責任の回避」があると感じます。

45年の終戦に関しても2011年の福島第1原発事故に関しても、誰も本当に責任を取っていない。そういう気がするんです。

例えば、終戦後は結局、誰も悪くないということになってしまった。悪かったのは軍閥で、天皇もいいように利用され、国民もみんなだまされて、ひどい目に遭ったと。

犠牲者に、被害者になってしまっています。それでは中国の人も、韓国・朝鮮の人も怒りますよね。

日本人には自分たちが加害者でもあったという発想が基本的に希薄だし、その傾向はますます強くなっているように思います。

原発の問題にしても、誰が加害者であるかということが真剣は追及されていない。

もちろん加害者と被害者が入り乱れているということはあるんだけど、このままでいけば「地震と津波が最大の加害者で、あとはみんな被害者だった」みたいなことで収まってしまいかねない。戦争の時と同じように。

それが一番心配なことです。と答えている。

毎日新聞は「慎重な表現」としているが私には「慎重」どころか非常に直截的な批判に聞こえる。

特に、日本が戦争における加害者であったという発想が希薄であるという傾向が「ますます強くなっている」という部分に注目したい。

昨今、朝日新聞の誤報訂正に便乗して日本軍「慰安婦」(性奴隷制度)の歴史自体を塗り替えてしまおうという動きが安倍首相をはじめとする政府、マスコミや一般社会に広範に見られるが、村上氏はこのような動きを念頭に置いてこの発言をしたのではないかと思う。

冒頭のAFP報道はシンガポールを代表する新聞 Strait Times など世界中に発信されており、世界中のメディアから村上氏の「日本の戦争責任回避」発言が注目されている。

韓国の中央日報「村上春樹『日本、戦争を起こして責任回避』」の報道はヤフーニュースにも紹介されている。

東亜日報は論説文「村上春樹と塩野七生」において、村上春樹の発言を評価し、同じくノーベル賞作家で、日本の加害責任を重視し安倍氏を「憲法への畏れを持たない珍しい人間」と非難した大江健三郎などともに、「過去へ回帰しないよう内部でバランスを取る良心の声がさらに大きくなることを希望する」と論じた。

インタビュー記事全体を見ても、世界的な作家の村上氏が今の日本に対し苦言を呈したという意味ではやはりこの発言の重要度は突出している。「慎重」になっているのは村上氏ではなくこのインタビューの要の部分を日本国内で抑えめに報じている毎日新聞そのものではないかと思う。@PeacePhilosophy

Peace Philosophyより
http://peacephilosophy.blogspot.jp/2014/11/author-murakami-haruki-criticizes.html

ブログランキング・にほんブ ログ村へ

村上春樹「日本、戦争を起こして責任回避」

中央日報/中央日報日本語版]

2014年11月04日08時03分

村上春樹(65) 日本の小説家、村上春樹(65)が日本社会全般に広まっている責任回避傾向を批判した。

村上春樹は3日、毎日新聞とのインタビューで、「日本の抱える問題に、共通して自己責任の回避があると感じる」と述べた。

「1945年の終戦に関しても2011年の福島第1原発事故に関しても、誰も本当には責任を取っていないという気がする」ということだ。

来年の終戦70周年を控え、近代日本の戦争を小説で扱った作家の考えを尋ねた質問の返答でだ。

村上春樹は「終戦後、悪かったのは軍閥で、天皇もいいように利用され、国民もみんなだまされて、ひどい目にあったという考えがある」とし「結局、誰も悪くないということになってしまった」と述べた。

日本人が自ら犠牲者であり被害者という誤った認識の中にいるという説明だ。

村上春樹は「(日本が起こした戦争に)中国人も韓国人も怒っているが、日本人には自分たちが加害者でもあったという発想が基本的に希薄だし、その傾向はますます強くなっているように思う」と付け加えた。

福島原発事故にしても「誰が加害者であるかということが真剣には追及されていない」と指摘した。

村上春樹は「加害者と被害者が入り乱れているということはあるが、このままでいけば『地震と津波が最大の加害者で、あとはみんな被害者だった』みたいなことで収まってしまいかねない」と懸念を表した。

村上春樹は普段インタビューをしないことで有名だ。社会問題について、小説家はステートメント(声明)を出すのではなくて、フィクションという形に思いを昇華させ、立ち上げていくべきだということだ。

村上春樹は「僕らの世代は60年代後半に、世界は良くなっていくはずだというある種の理想主義を持っていた」と述べた。「ところが、今の若い人は世界が良くなるなどとは思わない、むしろ悪くなるだろうと思っている」とし、遺憾を表した。

その一方で「ある程度、人は楽観的になろうという姿勢を持たなくてはいけない」と強調した。村上春樹は「60年代に持っていた理想主義を新しい形に変換し、若い世代に引き渡していくことも重要な作業」とし「若い世代に向けても小説を書きたい」と述べた。

79年に『風の歌を聴け』で文壇にデビューした村上春樹は毎年ノーベル文学賞候補に挙がり、全世界に多くのファンを確保している。彼の作品は英語・韓国語など約50言語に翻訳、出版された。昨年夏には英語版『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』がニューヨークタイムズのベストセラー1位になった。

中央日報/中央日報日本語版]より
http://japanese.joins.com/article/205/192205.html

ブログランキング・にほんブ ログ村へ

村上春樹さん:インタビュー 

楽観を目指す姿勢「若者に伝えたい」


毎日新聞 2014年11月03日 東京朝刊

【インタビュー詳細】「孤絶」超え、理想主義へ

 作家、村上春樹さん(65)が東京都内で本紙の単独インタビューに応じ、国際的な評価や最新作について語った。本紙の取材に応えるのは2009年以来、5年ぶり。

 デビューから35年を迎えた今年、自作が初めて米紙でベストセラー1位になった。1990年代初め、米国へ渡り独力で読者を開拓した苦労に触れ、「だんだん実績を積み重ねてきた」と振り返った。

 村上さんは60年代後半に大学紛争を経験した世代に当たる。当時あった理想主義を今の若い人々へ、フィクションを通し「新しい形に変換して引き渡していく」重要さに言及。「ある程度、人は楽観的になろうという姿勢を持たなくてはいけない」と自身の考えを述べ、先行きを悲観しがちな「若い世代に向けても小説を書きたい」と話した。

 また、来年で70年となる「戦後」に関連し、慎重な表現ながらも、戦争と原発事故に共通する日本の問題として「自己責任の回避」を指摘した。【大井浩一】

毎日新聞より
http://mainichi.jp/shimen/news/20141103ddm001040190000c.html

ブログランキング・にほんブ ログ村へ

村上春樹氏 東京電力の社長とか、刑務所へ行くべきだと思う!何より日本の検察庁が刑事告発しないのです。

原発と沈黙の時代が始まる!福島原発は日々、放射性物質で地球環境を汚染し続けている!何百年間に渡って!

原発再稼働と放射能、汚染水漏れ、輸出/日本政府と日本国民に、世界の厳しい視線!ドイツでは毎日報道! 無責任な決断をしている日本政府と、それを許している国民はドイツでは理解されませ!


安倍政権が進める「戦争をするための13本の矢」日本を軍事的な【列強国】戦争なしでは生きられない国にする!国家の暴走、古賀茂明


川内原発再稼働の真の目的は?安倍政権が原発輸出に固執する恐ろしい理由!核武装はもはや空想ではない!


狂気の発言、 鹿児島県知事/原発事故が起きても「命の問題発生せず」避難の必要もない!悪魔が憑依の日本!

川内原発・再稼働を急ぐ、鹿児島県知事と九電の【蜜月関係】/新潟・泉田知事とは正反対!

年金/日本のデフォルト(債務不履行)の状況が深刻!国民の老後などは完全に捨てられている!兵頭正俊氏ツイート! 一番危機的なのは、国民が老後の頼りにして、積み立てている年金が株(博打)に大量に注ぎ込まれていることだ!

原発事故は、官僚に利権拡大の絶好チャンス!古賀茂明氏/川内原発が爆発しても、官僚には天下りの利権!

国家が破綻するほどの大失敗!世界はアホノミクスの失敗をとっくに断定!悪質な安倍晋三と大手メディア



sohnandae Twitter→Twitter


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

[ 2014年11月09日 15:36 ] カテゴリ:日本 | TB(0) | CM(0)

井の中のカワズ、日本サッカーの負け方=時代錯誤の安倍総理や某都議…自己中心的日本人、日本を過大評価…

井の中のカワズ、日本サッカーの負け方

=時代錯誤の安倍総理や

某都議…自己中心的日本人

…日本を過大評価…


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

新ベンチャー革命様より
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/33844980.html

井の中のカワズだった

日本サッカーの負け方を

目の当りにした世界のマスコミ人。

時代錯誤の安倍総理や

某都議に日本人の本質を観たのか…

ネトウヨや安倍総理は

日本を過大評価する傾向があり、

ともすれば、愛国主義者と

間違われることがありますが、その本質は、

日本を過大評価するインサイド・アウト人間

(自己中心的人間)に過ぎません。

セクハラやじで世界の笑いモノになった

某都議もネトウヨと同類のようで、

中国や韓国のみならず、

女性に対しても

差別意識をもつセクシストです。


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

井の中のカワズだった

日本サッカーの負け方を

目の当りにした世界のマスコミ人

:時代錯誤の安倍総理や

某都議に日本人の本質を観たのか


新ベンチャー革命2014年6月26日 No.916

2014/6/26(木) 午後 4:46

1.案の定、ワールドカップ・サッカーで日本チーム予選敗退

 FIFA2014のワールドカップ・サッカーで日本チームがあえなく予選敗退しました。筆者はとりたててサッカー・ファンではありませんが、日本のマスコミが異常なほどサッカー報道に入れ込むので、テレビを観たり、新聞を観ると否応なしに、FIFAサッカーのニュースが目に入ります。

消費財メーカーを中心にしてサッカー試合のスポンサーになっている日本企業は日本サッカーの負け方に大ショックを受けたのではないでしょうか。

これらの日本企業の多くは、特定の選手に高額な費用を払ってコマーシャルにも起用しています。

今後、これらのコマーシャルは取り下げられるのでしょうが、スポンサー企業にとって、下手すると、自社ブランドや自社商品のイメージダウンにつながります。

 日本サッカーを過大評価した日本企業や日本のマスコミは大きな誤算だったと思われます。

2.日本選手の負け方には根本的な問題があるのではないか

 今回のサッカーゲームを観て感じたのは、互角に闘って運悪く負けたのではなく、根本的に何かが欠落しているため、負けるべくして負けたような気がします。

年々、世界規模でサッカーが盛んになり、これまで埋もれていた才能ある選手が世界規模でドンドン発掘されているはずですが、日本の選手の能力をはるかに超えるような生まれつき才能のある選手が世界規模で輩出されるようになっているのではないでしょうか。

後進国に生まれた人の中に、山野を駆け巡って狩猟などで生きてきた人たちのDNAを強く受け継いでいる人たちが紛れていて、そのような人たちがサッカーのトレーニングを受けて世界大会に出場しているのではないでしょうか、はっきり言うと、もって生まれたDNAが違うということです。

 一方、日本の選手も、たっぷりとおカネを掛けてトレーニングされており、海外から一流の監督を招いて、しっかり練習を積んで試合にのぞんでいるはずで、勝つために必死になっているのは確かです、だから、日本の選手全員は決して手を抜いたとは思いませんが、もう努力の限界を超えていると思われます。

3.海外選手との能力差を一番わかっているのは日本選手自身であろう

 今の日本には日本全国にプロ・サッカーチームがいくつか存在し、国内では、毎日のように試合が行われ、おかげで日本には多くのサッカー・ファンが育っています。そこに日本企業が目を付けてプロサッカーのスポンサーとなり、さらにサッカー人気を盛り上げています。

その環境で有名な選手が何人か出現し、日本企業は彼らをコマーシャルなどに起用しているわけです。そして、一部の人気選手は実力以上に持ち上がられているのでしょう。

また、海外のチームに高額の契約金で移籍する選手も少なくありません。それに憧れるサッカー少年とその親がサッカー熱をさらに盛り上げています。

 今回のブラジルでのサッカー大会にて、一部の有名選手は実力以上に持ち上げられてヒーロー化されていることがばれてしまいました。

 このような事態がいずれ来ることを出場選手自身がよくわかっていたはずで、今回、思い切りボロがでてしまったわけで、一部のマジメな選手は穴があったら入りたいほど恥ずかしい思いをしているのではないでしょうか。

4.サッカーに関して、なぜ、これほどの内外格差が生じたのか

 プロ野球に関しては、日本で有名な選手は米国でも米国選手と互角の能力を発揮しますが、サッカーはそうはいかないようです、

なぜなら、日米中心のプロ野球と比べて、プロサッカー人気は、米国を除き世界規模であり、その愛好者の母集団がプロ野球に比べて格段に大きいわけです、

したがって、プロ野球業界では世界一流の日本人選手が輩出されても、プロサッカーの世界では同じ様にはいかないのでしょう。

その結果、プロ野球に比べて、プロサッカーは選手の能力の内外格差が際立っているということです。

 もうひとつ、日本は最近まで、GDP世界第二位の経済大国で、まぎれもなく先進国であり、多くの日本人は、日本のサッカーのレベルも先進国並みに一流と勝手に思い込んできた可能性が高いといえます。

5.日本人の思考法にも問題あり

 筆者はシナリオ・プラニングを研究していますが、シナリオ思考法は、アウトサイド・イン思考、すなわち、おのれを取り巻く外部環境に基づく思考法です。

筆者の経験では、日本人は職業や地位や学歴にかかわらず、一般的にインサイド・アウト思考の人が多いと思います、すなわち、自分中心の思考法です。

 ちなみに、インサイド・アウト思考の人は、井の中のカワズに陥りやすいといえます。

 サッカーに関し、アウトサイド・インで考えると、ブラジルなどBRICsに代表される新興国の台頭により、サッカーに向いた人材の発掘が進み、急速に、世界のサッカーレベルが向上しているとみなせます。

それに対し、日本人選手の能力レベルアップのスピードが追い付かないということではないでしょうか。

6.ネトウヨの代表・安倍総理は典型的なインサイド・アウト思考人間

 戦前の軍国日本を肯定し、日本の国力を過大評価して日本の軍国化に邁進する安倍総理は、上記、インサイド・アウト思考人間の代表です。また、安倍総理を支持するネトウヨも日本を過大評価する傾向があり、中国や韓国に対し、偏狭な差別意識をもっています。

セクハラやじで世界の笑いモノになった某都議もネトウヨと同類のようで、中国や韓国のみならず、女性に対しても差別意識をもつセクシストです。

 ネトウヨや安倍総理は日本を過大評価する傾向があり、ともすれば、愛国主義者と間違われることがありますが、その本質は、日本を過大評価するインサイド・アウト人間(自己中心的人間)に過ぎません。

 20年前の日本は確かにGDP世界第二位の経済大国で国際競争力世界一のすごい国家でしたが、現在の日本は、国際的にみて決して評価の高い国家ではありません(注1)。ところが、安倍総理のようなネトウヨは日本をすごい国と思い込んでいて、それが、中国や韓国に対する差別意識になっています。まさに井の中のカワズです。

 直近の日中のGDPを比較しても、中国はすでに日本を抜き去っています(注2)。もし安倍総理がアウトサイド・イン思考にて日中の国力比較を冷静にやれていたら、とても、あのように中国を敵視したり、挑発するような対中姿勢はとれないはずです。

 今回の日本のサッカーチームの負け方をみて、安倍総理のネトウヨ的思考が井の中のカワズでしかないことにわれら日本人は気付くべきです。

 安倍総理の戦前肯定思想や、安倍総理と同じ穴のムジナであるセクシスト某都議のセクハラやじに対する世界のマスコミの批判は、安倍総理や某都議のような時代錯誤人物を選挙で選んだ日本人全体に対する批判でもあります、われら日本人はそのことに気付くべきです。

注1:文部科学省、平成25年科学技術白書、第1-1-7図、IMD国際競争力ランキングの推移
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa201301/detail/1338121.htm

注2:世界経済のネタ帳“名目GDP(USドル)の推移(1980~2014年)
(日本, アメリカ, 中国)”
http://ecodb.net/exec/trans_country.php?type=WEO&d=NGDPD&c1=JP&c2=US&c3=CN

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

テックベンチャー投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html

新ベンチャー革命様より 2014年6月26日 No.916
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/33844980.html


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

日本人が、他人の立場、あるいは相手国の立場を考えてこなかった!今も…戦争、セクハラ議員、サッカー報道

都議会…セクハラ野次、デンマークでは=その政党は死に絶える!ドイツでは議員は直ちに辞職!都議会は…


アメリカの惨状を描いた著者の予言に、森永卓郎氏戦慄!書評=かくて地上最強の軍事帝国は滅亡する!


富士山大噴火まで1年切った!?明日でも…富士山周辺で不気味な地震続発!300年分エネルギー滞留…

高齢者『早死に棄民計画』確信犯の汚染水垂れ流し、被爆隠蔽“高齢者扶養減らし”事故収束に本気でない-


sohnandae Twitter→Twitter

ブログランキング・にほんブ ログ村へ



[ 2014年06月26日 18:58 ] カテゴリ:日本 | TB(0) | CM(0)

反体制の立場で【ウソ暴きたい】 報道写真家・福島菊次郎:1、映画「ニッポンの嘘」 人生の贈りもの

反体制の立場で【ウソ暴きたい】

報道写真家・福島菊次郎:1 

ドキュメンタリー映画「ニッポンの嘘」

~(人生の贈りもの) ~

――戦争中はどんな体験を



ドキュメンタリー映画「ニッポンの嘘」のポスターの前で。
日本の未来を見据えるまなざしは穏やかな中に鋭さも=山口県柳井市、郭允撮影(93歳)

ブログランキング・にほんブ ログ村へ

(人生の贈りもの)報道写真家・福島菊次郎:1 

反体制の立場でウソ暴きたい



朝日デジタルより

2014年5月26日16時30分

 ――半生を紹介したドキュメンタリー映画「ニッポンの嘘(うそ)」が一昨年に公開され、昨年は「92歳の報道写真家 福島菊次郎展」を開きました

 写真家土門拳が提唱した「リアリズム写真」、つまり肉眼で見る実物以上に実物である写真表現というものに影響を受け、この世界に入りました。

プロになったのは40歳のころ。広島の被爆者の記録、安保闘争、東大安田講堂攻防事件、成田空港建設に反対する三里塚闘争、公害問題など、反体制の立場で戦後史を撮ってきました。

 一つのテーマを追い始めたら長い。被爆者家族は10年、三里塚闘争は18年。内部に入りこんで撮影し続けた。最後はいつも権力が勝つという悔しさったらないね。だけど、結末だけじゃなく、そこに至る過程で何が起きたのかを残すのも大事だ。伝えずにいられなかった。撮ることは僕自身の人生の肥やしにもなった。

 約3300点の作品を戦後の政治問題を中心に20のテーマに分けてパネルを作り、約600会場に無料で貸し出してきました。作品に薬品をかけられたり、カッターで切り裂かれたりという嫌がらせもあったが、そんな作品の方が話題になり、行列が出来ました。

 ――ご自身を駆り立てる原動力は何ですか

 僕は「忠君愛国」の軍国青年だった。同級生の半数以上が戦争で亡くなり、自分が生き残ったやましさを抱えてきた。愚かさを恥じ、夢中でシャッターを切ってきた。胃がんで胃を3分の2ほど切除し、満身創痍(まんしんそうい)ですが、世の中の嘘を暴きたい。

 ――どんな幼少期でしたか

 今の山口県下松市の漁村で、漁師の網元の家に生まれました。2歳で親父(おやじ)が亡くなり、母が家業を継いだが、廃業。僕は小学校を卒業し、時計屋に3年間丁稚(でっち)奉公に出ました。店のショーウインドーに、ピカピカの高級カメラが飾ってあった。いつか使ってみたいと思ったのが、写真家になった原点です。

 ――戦争中はどんな体験を

 召集令状が来て、広島の部隊に入った。途中で部隊を変わり、広島に原爆が落とされる1週間前に宮崎の海岸へ。爆薬を背負い、手投げ弾を両手に持ち、連合国軍が上陸したら、戦車に飛び込む自殺部隊でした。4メートルおきに頭だけが出る深さの穴を海岸に掘り、じっと息を潜めていました。

 食事は1日2回、おにぎりだけ。穴の外には出られず、小便も穴の中。鉄砲も水筒もなく、わらじばきのこじきのような格好。使い捨てのぼろ切れみたいだった。思考力は奪われ、怖いという人間的な感情も失った。早く敵軍が来て、自爆して死ねればいいとさえ思った。

 (聞き手・山根由起子)

     *

 ふくしま・きくじろう 1921年、山口県生まれ。広島の被爆者家族を撮った「ピカドン ある原爆被災者の記録」で、日本写真批評家協会賞特別賞を受賞。代表作に「戦争がはじまる」「証言と遺言」など。

 ◆5回連載します。


朝日デジタルより
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11156968.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11156968


ブログランキング・にほんブ ログ村へ


「戦地に国民」へ道!!解釈改憲検討…首相が表明 集団的自衛権…【守るべきは平和主義】東京新聞

原子力規制委ナンバー2“退任に追いやる”自民党 【規制が厳しすぎる】からと!!

驚愕【テレビは洗脳装置】嘘でも放送しちゃえばそれが真実!日本民間放送連盟会長!…鵜呑みにするな報道

NHKは原発推進のための=二酸化炭素温暖化説の放送を止めよ=すでに否定されるいる25年前の論文…
原発マフィアの税金略奪システム…福島原発、凍土遮水壁6月着工へ!=不適切工法=を、原子力規制委が容認

吉田調書、国民に公開しないとなると、いったい誰のために、何の目的で聴取?!原発は人の手に負えない!

3万人診た専門家が断言、美味しんぼ「子どもの鼻血は放射線に由来する」北海道がんセンター

3・11福島第二原発もメルトダウン寸前だった!電源ケーブルを9キロ人海戦術で繋ぐ、あと2時間の危機

高齢者『早死に棄民計画』確信犯の汚染水垂れ流し、被爆隠蔽“高齢者扶養減らし”事故収束に本気でない-


sohnandae Twitter→Twitter

ブログランキング・にほんブ ログ村へ

[ 2014年05月28日 17:01 ] カテゴリ:日本 | TB(0) | CM(0)

驚愕【テレビは洗脳装置】嘘でも放送しちゃえばそれが真実!日本民間放送連盟会長…鵜呑みにするな報道!

驚愕【テレビは洗脳装置】…嘘でも

放送しちゃえばそれが真実!

日本民間放送連盟会長…

鵜呑みにするな報道!


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

るいネット 様より 2012・10・15 より
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=269651



日本は選ばれた人間である我々によって

白にも黒にもなる、TBS代表取締役会長

テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実。

社会を支配しているのはテレビ。

これからは私が日本を支配するわけです。

TBS代表取締役会長・

日本民間放送連盟会長:井上弘



日本人はバカばかりだから、

我々テレビ人が、指導監督してやっとわかるんです。

……これがマスメディアの真実だ。。

……これらの発言はみな、入社式で。。

……真っ当な報道したいと新入社員は入社したはず。。

※※※※※※※※※※※※※※※

『日本は選ばれた人間である我々によって白にも黒にもな る』

マスコミが洗脳機関であることは、

周知の事実だろうと思いますが、

まさか放送連盟のトップが堂々と

発言しているとは思いませんでした。

しかも、呆れてしまう驚きの内容です!

TBS代表取締役会長・日本民間放送連盟会長:井上弘 リンク リンク

◆(1998年 TBS副社長時代 入社式にて)

「テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実。」

◆(2002年 社長就任時 入社式にて)

「社会を支配しているのはテレビ。

これからは私が日本を支配するわけです。」

◆(2003年 入社式にて)

「日本人はバカばかりだから、

我々テレビ人が指導監督してやっとわかるんです。」

◆(2005年) 「NHK受信料を値上げして

その一部を民放にも分配するべき。」

◆(2012年 民間放送連盟会長就任 入社式にて)

「君たちは選ばれた人間だ。

君たちは報道によって世の中を動かす側の人間。

対して一般国民は我々の情報によって動かされる人間だ。

日本は選ばれた人間である我々によって白にも黒にもなる。

>金貸し支配に都合よく作り上げられたのが近代市場社会であり

それは民主主義や経済学・近代科学という近代観念による

騙しやマスコミ による共認支配によって成り立っている。

つまり、洗脳によって成り立っているが

近代市場社会であると云える。(269475)

るいネット 様より 2012・10・15 より
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=269651

happyluckyブログより
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11398024321.html?


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

集団的自衛権、憲法解釈…憲法破壊政治に同意することは、日本が北朝鮮化する事だ!政治は外交である…

「集団的自衛権」の次は…兵役の義務化=徴兵制が待っている!自分は関係ないと、若者が思っているとしたら



汚染水 外洋流出続く…首相の「完全ブロック」破綻!!海への汚染が続いている!…魚は…

美味しんぼ、一時休刊…【言論弾圧】放射能汚染、被曝の真実が闇に…表現の自由も…!変病死日本になる

NHKが意図的に伝えない“ノーベル平和賞ノミネート”平和憲法9条…

安倍政権の「福島切り捨てが鮮明に」金子勝氏…“非人道的政策”を許してはいけない!

1億3000万人の後悔!!安倍自民、さあ、やりたい放題。恐怖のアルマゲドン!!


sohnandae Twitter→Twitter

ブログランキング・にほんブ ログ村へ
[ 2014年05月17日 23:18 ] カテゴリ:日本 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR