今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  2012年12月
月別アーカイブ  [ 2012年12月 ] 

≪ 前月 |  2012年12月  | 翌月 ≫

福島原発事故は、甚大な事故でなかた、TBS、Nスタ。安倍の新原発推進の報道で。

福島原発事故は、甚大な事故でなかた、TBS、Nスタ。安倍の新原発推進の報道で。

驚愕の報道、TBS、2012年12月31日、Nスタ。偶然チャンネルを回すと

安倍総理の新原発推進する報道で、福島原発事故、女川原発も
甚大な事故でなっかた、という表現でアナウンサー。。

【テレビ は洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実】TBS 日本民間 放送連盟会長
社会を支配しているのは テレビ 。こ れからは私が日本を支配するわけです。
日本民間放送連盟会長:井上 弘。
日本人はバカばかりだから我々テレビ人が指導監督
http://t.co/oqzv0Zph?
スポンサーサイト
[ 2012年12月31日 18:15 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

反核、脱原発の【吉永小百合さんは年齢を超えて美しい】敬意。。。

反核、脱原発の【吉永小百合さんは年齢を超えて美しい】敬意。。。



安倍総理が新しい原発を作り続けると明言する狂気の日本政府。。

脱原発の闘いは続きますが

長年、反核運動、脱原発運動の吉永小百合さんに続けと。。

良き日本になりますよう祈り

映画・北のカナリアたち・の中で歌われた
小椋佳の、あなたに逢えての一節を、、(曲・詞 小椋佳)

いつだって 愛したい 愛されたいと 祈るわたし

いつだって 救いたい 救われたいと 願うあなた


北のカナリアたち

[ 2012年12月31日 10:56 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

狂気、凶器の日本総理【安倍首相、原発新設容認も 「福島第1とは違う」】

狂気、凶器の日本総理【安倍首相、原発新設容認も 「福島第1とは違う」】

税金も原発でむしる取る作戦でもある。。
ただ、狂気の日本である。。


東京新聞より
………………………

■安倍首相、原発新設容認も 「福島第1とは違う」



安倍晋三首相は30日、TBS番組で今後の原発政策をめぐり

「新たにつくっていく原発は、事故を起こした
東京電力福島第1原発とは全然違う。

国民的理解を得ながら新規につくっていくということになる」と述べ、

新規の原発建設を容認する姿勢を示した。

「福島第1は津波を受けて電源を確保できなかったが、

福島第2は対応した。その違い を冷静に見極める必要はある」と指摘した。

福島第1原発を29日に視察し、民主党政権が決めた

2030年代の原発ゼロ目標を転 換する考えを重ねて示していた。


東京新聞 2012年12月31日 より引用
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012123001001548.html
[ 2012年12月31日 10:08 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

私の年度最強馬【ゴールドシップ】二段ロングスパートの「白い怪物」

私の年度最強馬【ゴールドシップ】二段ロングスパートの「白い怪物」

ゴールドシップ


有馬記念の二段ロングスパートは、強烈な印象でした。
有馬記念歴、今回で50年。はじめて観た、二段ロケット。
(中学生からの競馬ファン、馬券には興味ない変な競馬ファン)

その母系には、お気に入りのメジロアサマ。
オルフェーブルと同じ、ステイゴールド×メジロマックィーン。

という事も、うれしく。。

ゴールドシップは三冠とれた可能性。ダービーの時は追い出すのが遅かった。
まだ、ゴールドシップの長くいい足が使えるのを騎手も知らなかった。
常識的な追い出しのタイミングだった。

菊花賞の前哨戦、神戸新聞杯で、ゴールドシップは、
いい足を長く使えると判断、このブログでの菊花賞予想は
【ゴールドシップ】 早めのスパートで、力は上。と。

まだ、まだ、強くなると思います。

オルフェーブルファンは、最強馬はオルフェーブルと。
問題は、ゴールの踏ん張りです。
凱旋門賞で負けた仲間、ディープインパクトも、そうでしたが
ゴール前の踏ん張りが効かないタイプ。

ゴールドシップは、ロングスパートしてきても、
ゴール前も踏ん張りが凄いのです。

ジャパンカップ優勝の牝馬三冠馬ディンテルドンナは、
ハンデ4キロ差と、上空映像で観ると、オルフェーブルに
明らかに失格でもしかたがない、ぶつかり方で、差し引き。

2位オルフェーブル、3位 ディンテルドンナ。

有馬記念で出遅れて3着のルーランシップ、、
出遅れていなければ、勝った!?
このタイプの馬はマトモに出ればでれで、
能力を出し切れないものです。。

来年も、オルフェーブル、ゴールドシップ、 ディンテルドンナなどで
競馬が楽しみです。。

………………………………

■菊花賞・予想【ゴールドシップ】 早めのスパートで、力は上。

早めのスパートで、力は上。

ゴールシップは、長くいい足を使えるタイプ。。真面目にゴールに向かう馬。

展開が紛れても、騎手がモタモタしなければ、二冠馬誕生と、予想します。

ゴールシップの父スティーゴールドも長い足で世界制覇。

母系の父系はメジロマックーイン⇒メジロティターン⇒メジロアサマ⇒パーソロン。

メジロアサマは、どのレースも必ずゴールに向かって上がって来た。

ゴールシップも、真面目さを受け継いで、長くいい足で、必ずゴールに。

同じ配合のオルフェーブル、何故クセ馬に・・?

メジロティターンがクセ馬だった、勝つ時は大勝ち、負ける時は大負け。

ちなみに、ゴールドシップもオルフェーブルも、奇跡の血脈なのです。

母系の父系の種牡馬メジロアサマは受胎率が悪く、
やっと生まれたのが、メジロエスパーダとメジロティターンでした。

人気種牡馬は何百頭、何千頭と子を残すなか、
数頭しか子を残さなかったメジロアサマ。

ゴールドシップもオルフェーブルも、メジロアサマの奇跡の血脈で走れ。。

http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11383509921.html?frm=theme
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11383509921.html?frm=theme
[ 2012年12月30日 19:41 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

日本政府は【巨大地震は来ない】と決めました。それとも、国民が犠牲になってもかまわないから原発

日本政府は【巨大地震は来ない】と決めました。

それとも、国民が犠牲になってもかまわないから原発

原発、いわゆる核兵器工場、、さらに不定日の時限原爆は
どの角度から考えても、核兵器工場、核のゴミ工場はいらない。

未だ、核のゴミの処理方法もない日本。

一部の者たちの欲望のために、子供らに未来に、ツケを押しつける日本政府。

さらに、廃炉の方法は、これからの研究だという。
まったく滅茶苦茶な原発行政。。
そういう連中が、いま大飯原発を動かしています。

無責任な人間らが、核兵器工場を。。

ウランの埋蔵量は80年位しかない、未来のない原発なのに。

やはり日本政府は以上。。国民は、、。。

2012年暮れに想う。。。
[ 2012年12月30日 17:40 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

化石燃料高く仕入れる予定、関西電力【総括原価方式で】世界的に燃料費が下落中の中!!

化石燃料高く仕入れる予定、関西電力【総括原価方式で】世界的に燃料費が下落中の中!!

……原発・核兵器工場ムラはやりたい放題。ツケは国民に払わせればいい。
……自民党は原発推進、発送電分離もやる気なく、総括原価方式も
……電力改革の意志なし。それでも、自民党がいいのが多くの日本人。

日々雑感 投稿者:heart_ikki 2012/12/26 より
…………………………………………………………

【総括原価方式で】関西電力、世界的に燃料費が下落中の中、
来年度は原油やLNGを全国平均の輸入価格の実績に比べて
8.3%も高く仕入れる予定【やりたい 放題】


クソ高い日本の仕入れ価格の中で、更にそれより8.3%も高く仕入れる気です。

関電「ほかみたいに安く仕入れれないんだもん」 (*・ε・*)
こんな事平気で言っちゃうほど、競争の無いぬるま湯の中でやってまいりました。

関電「だって安く売ってくれないんだもん」と能無し丸出し

有識者『ちゃんと交渉して安く仕入れろよ』

関電に燃料コスト削減求める

関西電力が申請した電気料金の値上げが妥当かどうかを
審査する政府の委員会が開かれ、
有識者から、値上げの根拠となるコストの大半を占める
LNG・液化天然ガスなど燃料の調達コストは、
産出国との交渉次第で引き下げられる余地があるという指摘が相次ぎました。

この委員会は、関西電力と九州電力が先月申請した
電気料金の値上げが妥当かどうかを審査するもので、
3回目の きょうは、値上げの根拠となるコストの大半を占めている
火力発電用の燃料費について議論が行われました。

この中では、原油やLNGの全国平均の輸入価格の実績に比べて、
関西電力が来年度からの3年間で輸入する原油の調達価格は
8.3%上回っていることが報告されました。

これについて電力会社側は、LNGや原油の契約では、
売り主側の主張が強く、値下げの要請がなかなか
聞き入れられないことを説明しました。
これに対して委員を務める有識者からは、
割安なアメリカ産のシェールガスが日本に輸出される
可能性があるという事情を使って、産出国とうまく交渉すれば、
調達コストを引き下げられる余地 があるという指摘が相次ぎました。

委員会は今後、2社の燃料費について、
契約ごとに内容を見直せるかどうか詳しく調べ、
コストとして妥当かどうか判断することにしています。

12月26日
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20121226/4436051.html

原油やLNGだって自由競争なんだもん。
産出国との交渉次第で仕入値段は安くできるはずだよね

関電はなんせ、今まで、わざと高く仕入れていたから、
交渉なんてできないんだろうね。

日々雑感 投稿者:heart_ikki 2012/12/26より引用
http://hibi-zakkan.net/lite/archives/21640444.html
[ 2012年12月30日 09:58 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

絵本【津波で74人が犠牲になった石巻市立大川小学校】★ひまわりのおか★最愛の我が子の思い

絵本【津波で74人が犠牲になった石巻市立大川小学校】★ひまわりのおか★最愛の我が子の思い

最愛の我が子の思い、東日本大震災、絵本【ひまわりのおか】 石巻、大川小学校。

フリーアナウンサー伊勢みずほさんブログより。
……………………………………………………………

■母から勧められた一冊。

津波で74人が犠牲になった石巻市立大川小学校。

亡くなった子供たちのお母さん方の気持ちが綴られています。

image


未だ。。。 帰らない最愛の我が子への思い。。。

全ての 「お母さん」に共通する思いだと思う。。。

「ひまわりのおか」 岩崎書店 1500円。 売り上げの一部は復興のために寄付。

伊勢みずほオフィシャルブログより転載
http://s.ameblo.jp/isemizufo/entry-11437528290.html

■東日本大震災支援絵本 「しんちゃんのランドセル」

南三陸町で津波の被害を受けた保育所で 実際にあった話をモデルとしました。

image


エイキミナコさんの絵には 被災地の子供たちの笑顔を祈る愛情があふれています。

一冊1000円で、その内100円が義援金となります。

第一印刷所から発売です。
しんちゃんのランドセル公式ホムペジ
http://www.dip.co.jp/shinchan/index.html

■伊勢みずほオフィシャルブログより。
http://s.ameblo.jp/isemizufo/entry-11239868526.html?

絵本を南三陸町に届けてきました。。。|伊勢みずほのオフィシャルブログ |Ameba (アメーバ)
[ 2012年12月30日 09:27 ] カテゴリ:伊勢みずほ | TB(0) | CM(0)

【大飯原発再稼働・嘉田などを脅した黒幕】今井尚哉次長・安倍秘書官に経産省「黒幕」就任

【大飯原発再稼働・嘉田などを脅した黒幕】今井尚哉次長・安倍秘書官に経産省「黒幕」就任

■今井氏 は、福井県の大飯原発を再稼働させるために、

■滋賀県の嘉田由紀子知事や京都府 の山田啓二知事に

■『再稼働しないと電力不足になる』などと、

■散々“脅し”をかけ て回った人物なんです」。

■つまり、今井氏は民主党の原発ゼロ戦略を骨抜きにした張本人。

■いわば“黒 幕”的な存在というわけだ。

■新日鉄会長や経団連会長を務めた今井敬氏の甥っ子で、
■将来の事務次官候補といわれています」(経産省関係者)

……国民の敵である人物。時限原爆、核兵器工場推進、今井尚哉(たかや)。

※週刊朝日 2013年1月4・11日号 ドットより
…………………………………………………………

■原発はどうなる? 安倍秘書官に経産省「黒幕」就任

2012年12月29日(土)12時0分配信 dot.(ドット)

「脱原発」が争点の一つとなった今回の衆院選。圧勝した自民党は選挙中、
「10 年以内に持続可能な電源構成のベストミックスを確立する」
というあいまいな表 現に終始したが、
そこはもともと原発推進で突き進んできた当事者である。

実は、ある男の首相秘書官“返り咲き”が内定したことで、
すでに舵が切られた とみられている。

経済産業省資源エネルギー庁前次長の今井尚哉(たかや)氏 だ。

「今井さんは東大法学部を卒業し、1982年に入省。
2006年の第1次安倍内閣でも 首相秘書官を務めた経産省のエースだ。

新日鉄会長や経団連会長を務めた今井敬氏の甥っ子で、
将来の事務次官候補といわれています」(経産省関係者)

原発問題を取材するジャーナリストの横田一氏が、こう解説する。

「今井氏 は、福井県の大飯原発を再稼働させるために、
滋賀県の嘉田由紀子知事や京都府 の山田啓二知事に
『再稼働しないと電力不足になる』などと、
散々“脅し”をかけ て回った人物なんです」。

つまり、今井氏は民主党の原発ゼロ戦略を骨抜きにした張本人。いわば“黒 幕”的な存在というわけだ。

「震災前は、菅直人政権で官房長官を務めて“陰の総理”と呼ばれた
仙谷由人氏を うまく取り込み、ベトナムへの原発輸出を推進した。

民主党がまとめた原発ゼロ 戦略も、
ことさら『(ゼロ戦略そのものを)閣議決定はしていない』と強調して
マスコミに吹聴して回る一方で、枝野幸男経産相をはじめ、
民主党政権の閣僚らには『こういう形でも、ゼロを目指すという
閣議決定であることには変わりな い』と説明していたようです。

自民党に政権交代したときに備え、
どちらにも取れるようにしておいたのでしょう」(民主党関係者)

案の定、さっそく“変化”は始まっている。

12月21日、安倍晋三次期首相は会見で、
民主党政権の「原発の新設を認めず、2030年代の原発稼働ゼロを目指す」
という方針を見直すことを示唆した。

※週刊朝日 2013年1月4・11日号
2012年12月29日(土)12時0分配信 dot.(ドット)ニフティより引用
http://s.news.nifty.com/domestic/governmentdetail/dot-20121229-2012122700019_1.htm
[ 2012年12月29日 19:51 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

子供らの未来より【自民党が取り戻したいのは、原子力ムラの住民の笑顔なのか】

子供らの未来より【自民党が取り戻したいのは、原子力ムラの住民の笑顔なのか】

日本を、取り戻す。そんなキャッチコピーで自民は大勝した。

取り戻したいのは、原子力ムラの住民の笑顔なのか。


東京新聞 筆洗より
……………………………

 福島県いわき市の中学二年生樋口侑希(ゆうき)さんの家では
原発事故から数日後、家族会議を開いた。

避難しようという母と、仕事でいわきを離れられない父がぶつかった。
居間に時計の音だけが響き、沈黙の時間が流れた

▼侑希さんはその体験を作文に書き、地元紙・福島民報の
「ふくしまからのメッセージ」コンクールで入賞した。

<私の体は、その時すごく熱くなって心臓がドクドクしていました。
父はそっと立ち上がるとリビングを出て寝室に向かいました。
その日は、誰も一言も話さずにそのまま寝ました>

▼翌朝、侑希さんが起きると、お父さんはホットケーキを焼いていたそうだ。
それも数え切れないほどの量を。夜通し作ったのか、
目の周りにクマができていたが、晴れ晴れとした顔で言った。
「これを持ってお前らは逃げろ」

▼<栃木県に避難する途中で一枚だけ父の作ったホットケーキを食べました。
焦げていて少し苦かったです。でもその時、
久しぶりに家族で笑顔になることができました>

▼安倍政権が発足早々、原発の新増設を容認する構えを見せている。

中には活断層の危険が指摘される地での計画もある。
巨額の税金を投じながら実現の目途が立たない核燃料サイクルも継続するという

▼日本を、取り戻す。そんなキャッチコピーで自民は大勝した。

取り戻したいのは、原子力ムラの住民の笑顔なのか。

東京新聞 筆洗 2012-12-28 より引用
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2012122802000106.html
子供らの未来より【自民党が取り戻したいのは、原子力ムラの住民の笑顔なのか】

日本を、取り戻す。そんなキャッチコピーで自民は大勝した。

取り戻したいのは、原子力ムラの住民の笑顔なのか。


東京新聞 筆洗より
……………………………

 福島県いわき市の中学二年生樋口侑希(ゆうき)さんの家では
原発事故から数日後、家族会議を開いた。

避難しようという母と、仕事でいわきを離れられない父がぶつかった。
居間に時計の音だけが響き、沈黙の時間が流れた

▼侑希さんはその体験を作文に書き、地元紙・福島民報の
「ふくしまからのメッセージ」コンクールで入賞した。

<私の体は、その時すごく熱くなって心臓がドクドクしていました。
父はそっと立ち上がるとリビングを出て寝室に向かいました。
その日は、誰も一言も話さずにそのまま寝ました>

▼翌朝、侑希さんが起きると、お父さんはホットケーキを焼いていたそうだ。
それも数え切れないほどの量を。夜通し作ったのか、
目の周りにクマができていたが、晴れ晴れとした顔で言った。
「これを持ってお前らは逃げろ」

▼<栃木県に避難する途中で一枚だけ父の作ったホットケーキを食べました。
焦げていて少し苦かったです。でもその時、
久しぶりに家族で笑顔になることができました>

▼安倍政権が発足早々、原発の新増設を容認する構えを見せている。

中には活断層の危険が指摘される地での計画もある。
巨額の税金を投じながら実現の目途が立たない核燃料サイクルも継続するという

▼日本を、取り戻す。そんなキャッチコピーで自民は大勝した。

取り戻したいのは、原子力ムラの住民の笑顔なのか。

東京新聞 筆洗 2012-12-28 より引用
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2012122802000106.html
[ 2012年12月29日 17:32 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

自民の税金略奪、核兵器工場帝国への道【成功しても核のゴミ増産・核燃サイクル継続の姿勢】

自民の税金略奪、核兵器工場帝国への道【成功しても核のゴミ増産・核燃サイクル継続の姿勢】

……この国策は、自民党議員らに金も回るシステムでもある。。金、利権。票。。


東京新聞より
…………………………

■原発ゼロ「再検討」 核燃サイクル 継続の姿勢明示

第二次安倍内閣の発足を受け、新閣僚は二十七日に記者会見し、
民主党政権が進め た「二〇三〇年代に原発稼働ゼロ」目標について、
茂木敏充経済産業相が「前政権の 方針は再検討が必要」と発言するなど、
これまでの主要政策の転換を鮮明にする方針 表明が相次いだ。

エネルギー政策は原発ゼロ目標から、維持・推進へと逆戻りする公 算が大きい。
政策転換は、社会保障や教育にも及び、私たちの暮らしや安全に影響が出そうだ。

茂木氏は同日未明の記者会見で原発の新増設について、
「今イエスかノーを決める のではなくて、
専門的知見を蓄積した上で政治判断したい」と話した。

民主党政権は計画段階にある原発九基の建設を認めない方針だったが、
将来的に容認する可能性があることを示唆した形だ。

九基には、活断層問題に揺れる日本原子力発電敦賀原発3、4号機(福井県)や、
安倍晋三首相の選挙区に近い中国電力上関原発1、2号機(山口県)も含まれる。

原発の再稼働に関しては「原子力規制委員会が新しい安全基準に
基づいて安全性を確認したものは、政治の責任で再稼働を決めていく」と述べ、
規制委が安全基準をつ くる来年七月以降、
全国の原発で順次、再稼働を求める考えを示した。

また、使用済み核燃料を再利用する目的で巨額の国費を投入しながら、
実現のめどすら立っていない核燃料サイクル政策は
「いま放棄する選択肢はない」として、継続していく姿勢を明確にした。

自民党は連立を組む公明党との間で「可能な限り原発依存度を減らす」ことで合 意。

しかし、茂木氏は「十年以内に(電源構成の)ベストミックスを確立する。
今の段階で再生可能エネルギーが何%と決め打ちするのは拙速だ」
と述べるにとどめ、
原発をどう減らしていくのかについての方針は示さなかった。

東京新聞 2012年12月27日 夕刊より引用
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2012122702000225.html
[ 2012年12月29日 10:43 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

上乗せの略奪電気代から【広告宣伝費・2兆円余。原発保有9社・42年間、米事故後に急増】

上乗せの略奪電気代から【広告宣伝費・2兆円余。原発保有9社・42年間、米事故後に急増】

……核兵器工場、時限原爆を全国に配置のために電気代が世界平均の3倍。
……福島原発事故は自民党だけでなく、加担してきたマスメディアも同罪である。
……自民党は再び日本を日本核兵器工場帝国を作り、税金だけでなく
……国民から電気代でも、金をむしり取るべく動き出した。


■地域の独占企業である電力会社には競争相手が事実上いないのに

■最近の普及開発関係費は年別で、計約1千億円に上っていた。

■この額は自動車・家電のトップメーカーと同規模だ。


朝日新聞より引用
………………………………

■原発保有9社、広告2兆円余 42年間 米事故後に急増

原発を持つ大手電力9社が1970年度 からの42年間で、
計2兆4千億円を超える普及開発関係費
(広告宣伝費)を支出し ていたことが、朝日新聞の調べで分かった。

米国・スリーマイル島で原発事故が起きた 70年代後半から急増。
メディアに巨費を投じ、原発の推進や安全性をPRしてきた実態が浮き彫りになった。

普及開発関係費は新聞広告やテレビC M、PR施設運営などにあてられる費用。
マスコミへの接待や 自民党 の機関紙へ の 広告費 に使われたこともあった。

各社の 有価証券報告書に記載されており、大手では初めてとなる
関西電力 美浜原発が稼働した70年度から2011年度(12年 3月期)
までの42年間を調べた。

9社総額は2兆4179億円で、会社別 の最多は 東京電力の6445億円、

次いで 関電の4830億円。東北、中部、九州の 3社も2千億円台半ばだった。
年別では、 79年のスリーマイル島事故までは9社で 計200億円弱だったが、
旧ソ連 ・ チェルノブイリ原発事故 が起きた86年には400 億円を突破した。

地域の独占企業である 電力会社には競争相手が事実上いないのに、
最近の普及開発関 係費は年別で計約1千億円に上っていた。
この額は自動車・家電のトップメーカーと同規模だ。

朝日新聞 2012・12・28より引用
http://www.asahi.com/national/update/1228/TKY201212280450.html
[ 2012年12月29日 09:34 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

日本政府は【地震は活断層だけが地震の原因と決めました】

日本政府は【地震は活断層だけが地震の原因と決めました】

ウソではないです、私は宇宙人ですが、日本という国は

原発問題で、地震に関して、活断層だけが地震の原因と決めたようです。。

多くの国民も、その党に投票したようです。

自殺や破滅が好きな人種なのでしょうか。
[ 2012年12月28日 19:07 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

安倍自民 3・11をもう忘れたか【時限原爆を着々配備へ!!核兵器工場帝国日本】

安倍自民 3・11をもう忘れたか【時限原爆を着々配備へ!!核兵器工場帝国日本】

……再稼働に新原発、核燃サイクル、自民党は、電力に無関係である
……核兵器工場を日本中に。それは時限原爆、核爆弾の配置でもある。。

東京新聞社説より
………………………………
原発維持方針 3・11をもう忘れたか

3・11は世界を変えた。ところが第二次安倍政権。

発足早々、何の議論もないままに、

原発の早期再稼働はおろか、新増設にも含みを持たすとは。

福島の被害は続くのに、もうあの衝撃を忘れたか。

 あまりにも乱暴すぎる転換だ。
自民党は何ら変わってはいないのではないか、そう思われても仕方ない。

 言いたいことは三つある。

 一つ目は、世界有数の地震国日本に原子力を持ち込んで、
五十基を超す原発を立地したのは、ほかならぬ自民党政権だったということだ。

核のごみの後始末も考えないままに、である。

 自民党が進めた国策という土壌の中で原子力ムラが醸成され、
安全神話が誕生し、福島の惨事につながったのではなかったか。

 福島の苦悩は終わっていない。多くの県民が仮設住宅で、
二度目の新年を迎えることになる。

 半世紀以上に及ぶ自らの原子力推進政策への検証と反省もないうちに、
拙速な再稼働を考えるのは危険であり、それこそ無責任ではないか。

 日本原子力発電敦賀原発は、原子力規制委員会が活断層の存在を確認し、
大地震の影響を受ける恐れがあるとした場所だ。

 その敦賀原発にさえ増設の含みを残すとすれば、
規制委員会の科学的判断と独立性を脅かす意図すらあるということか。

 次は、国民の多くは原発推進を支持していないという点だ。

 自民党は、先の衆院選には大勝した。

しかし、原発の是非を争点にするのを避けたのか、
公約では「再稼働の是非は三年以内に結論を出す」と言葉を濁し、
推進を打ち出してはいない。

国民の多数は原発推進を選択してはいない。

 一方、民主党の「二〇三〇年代原発ゼロ」は、
各種世論調査でも国民の過半が支持した政策だ。
それを軽々しく覆すことこそ、背信といえるだろう。

 三つ目は、いま強引な再稼働を企てる前に、現実的な方策を示せということだ。

 核のごみは行き場がなく、使用済み燃料を再利用する核燃サイクルもままならない。

核不拡散など米国との交渉が必要というのなら、
まず国民に向かって説明してほしい。

危険と隣り合わせにいるのは国民なのである。

 福島事故の収拾、被災者の早期救済、
あるいは自然エネルギーの開発促進はもとより、
立地地域の新たな雇用創出などこそ、最優先されるべきではないか。

東京新聞 社説 2012-12-28 より引用
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012122802000108.html
[ 2012年12月28日 18:29 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

勝俣前会長、 東電【株主代表訴訟、全電源喪失は予見可能】 久保利弁護士

勝俣前会長、 東電【株主代表訴訟、全電源喪失は予見可能】 久保利弁護士

久保利弁護士は…………

「地震か津波かはともかく、全電源喪失は予見可能だったから、
異常に巨大な天災地変とはいえない」という見解だ。

犬ではなくライオンを飼って散歩させていたのに、
『まさか噛 むとは思わなかった』では話が通らない。5兆円とはいかずとも、
おそらく賠償が認められることになるでしょう」


勝俣氏をはじめ東電経営陣は、責任を感じていないどころか、
『どうせ国は東電をつぶせない』となめきっている。
謝罪しても経済的メ リットがないので謝らず、態度も不遜になるのです」


2012年12月27日(木)PRESIDENT Onlineより
…………………………………………………………………
■なぜ東電の勝俣前会長は 堂々としていたのか

今年5月、国会事故調の委員会に参考人招致された勝俣恒久東京電力前会長を
見て驚いた人は多かろう。謝罪が一応はあったものの、責任について問われると、
「執行の責任は社長。原発の事象は発電所長」と他人事のような発言に終始した。

不祥事を起こした会社の記者会見で経営トップが深々と頭を下げるシーンを
よく見かけるが、どうしてそれと対照的な振る舞いをしたのか。
企業のコンプライア ンスに詳しく、今回の原発事故で全農など生産・流通業者側の
代理人を務める久保利英明弁護士は、勝俣前会長の胸のうちを次のように推察する。

「企業のトップが不祥事で謝罪するのは何より本人が責任を感じているからですが、
一方で、真摯な対応をしないと消費者に見放されて経営危機に陥る恐れがあるという面もあります。

勝俣氏をはじめ東電経営陣は、責任を感じていないどころか、
『どうせ国は東電をつぶせない』となめきっている。
謝罪しても経済的メ リットがないので謝らず、態度も不遜になるのです」

実際、東電や勝俣前会長に法的な責任はあるのか。

「原子力損害の賠償に関する 法律」第三条によると、
原子力事業者は原子力損害に対して無過失責任を負うこ とになっている。

しかし、但し書きに「その損害が異常に巨大な天災地変
又は社会的動乱によって生じたものであるときは、この限りでない」と免責規定があ る。

今回の震災が「異常に巨大な天災地変」にあたれば
東電に賠償の責任はないこと になるが、

久保利弁護士は、「地震か津波かはともかく、全電源喪失は予見可能だったから、
異常に巨大な天災地変とはいえない」という見解だ。

勝俣前会長を含めた現・旧役員27人は、
善管注意義務等に違反して損害を生じさせたとして、
計約5兆5000億円の賠償を求める株主代表訴訟を起こされている。

善管注意義務とは、善良な管理者が負う注意義務のこと。
業務を委任された人 は、通常人が期待する程度の注意を払い、
考えられるリスクに対して対策する義務を負う(民法644条)。

「原発の運営を任された東電取締役に課せられた注意義務は、
通常の企業のそれよりずっと重い。

犬ではなくライオンを飼って散歩させていたのに、
『まさか噛 むとは思わなかった』では話が通らない。5兆円とはいかずとも、
おそらく賠償が認められることになるでしょう」

法廷で経営陣は自分たちに法的責任はないという立場で争うことになる。

責任を認めたと受け止められるリスクを考えると、
経営陣が謝罪できないのもわからな いでもない。
これまで不祥事を起こした企業の多くは、法的責任の有無にかかわ らず、
平身低頭で謝罪会見を行っているが、それは、今後のビジネスを考慮し、
消費者や取引先を納得させるために行っている面がある。
地域独占の電力会社には、その必要もない。

ただ、「経営陣の謝罪には、国民が溜飲を下げることよりも大事な目的がある」
と久保利弁護士。

「それは、会社として反省して、真相解明や再発防止、
被害者の方への補償に積 極的に取り組むことです。トップの謝罪は、
その覚悟を社内に示すために必要。 上が開き直っていたら、下も本気で取り組みません」

今後、東電は原発という「ライオン」を飼い馴らす能力と責任感のある会社になれるのか。
その答えは、勝俣前会長の「姿勢」に表れている。

弁護士 久保利英明 文=ジャーナリスト 村上 敬

2012年12月27日(木) PRESIDENT Onlineより引用
http://s.news.nifty.com/magazine/detail/po-20121227-8074_2.htm
[ 2012年12月28日 17:29 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

電力改革、遠のく? 安倍新政権、業界寄り【やはり国民の敵、一部の連中の政権】暗黒の日本!!

電力改革、遠のく? 安倍新政権、業界寄り【やはり国民の敵、一部の連中の政権】暗黒の日本!!

東京新聞より
…………………………
2012年12月27日 朝刊

この夏の国民的議論を経て「原発ゼロ」へと歩み出したエネルギー政策は、
安倍政権の発足で転換を迫られそうだ。

特に脱原発の鍵となる電力会社から送配電網を切り離す「発送電分離」や、
各家庭が購入できる電力会社を選べる「電力自由化」といっ た電力システム改革は、
自民党とつながりの深い電力業界の抵抗が強く、実現が遠のく恐れがある。

現在、一般家庭向けの電力販売は地域ごとに大手電力会社が独占している。
自由化で新規参入を認め、新旧の電力会社同士が競い合えば、
料金の値下げやサービス向上 につながる。公平な競争の実現には、
再生可能エネルギー発電事業者をはじめ、誰も が送電網を公平に
使えるようにする発送電分離の実現が欠かせない。

民主党政権では、経済産業省の有識者会議が七月、
発送電分離と電力自由化を柱と する基本方針を決めた。

来年一月にも具体策を示した報告書をまとめる見通しだが、
ある委員は「報告書をつくっても新政権が放置して、
必要な電力改革が停滞するかもしれない」と懸念する。

不安の種は自民党の姿勢が、改革に否定的な電力業界寄りと思われるためだ。
電力会社は、自民党政権時代に二人三脚で国策の原発を推進してきた。
現在も「考え方は 民主より自民に近い」(電気事業連合会の八木誠会長)と
公言するなど、両者の距離は近い。

自民党は選挙公約で自由化や発送電分離について、姿勢を明確にしなかった。

発送電分離などに猛反発する電力業界へ配慮したとみられ、
電力システム改革の先行きは 不透明さを増している。

東京新聞 2012年12月27日 朝刊より引用
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2012122702000093.html
[ 2012年12月27日 22:48 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

安倍政権の恐るべき国民への復讐政治 【自民党に野党暮らしを強いた国民は覚悟しておけ】

安倍政権の恐るべき国民への復讐政治 【自民党に野党暮らしを強いた国民は覚悟しておけ】

2012年12月25日ゲンダイネットより
………………………………………………

安倍政権の長期化メチャクチャ政治
26日組閣 安倍自民の国民への復讐が始まる
<対抗政党消滅で自民の永久政権がまた始まった恐るべきこの国のこれから>

26日、正式に発足する安倍政権。何が異例かって、
組閣前から人事情報がボロボロ出てきたことだ。
それも、財務相に内定した麻生太郎元首相らの
“前科者”や“お友達”がゾ ロゾロ――。

こりゃ、国民に挑戦しているのではないか。
嫌がらせ、報復、復讐のような人事である。

「麻生財務相内定と聞いて、驚いた国民は多いと思います。
2009年の総選挙で、国民がノーを突きつけた首相ですよ。
それが今度は内閣の重しとして戻ってくる。国民に言 わせれば、『何だ!』でしょう。
麻生さんは総理就任後、すぐに解散すれば、それほど負けなかったのに、
グズグズしていて、墓穴を掘った。
決断力がなく、政治的判断を見 誤った人物が要職で復活なんて、
ふつうの国ではあり得ませんよ」(政治評論家・野上忠興氏)
だから、報復、復讐、挑発に見えるのだが、それは“お友達人事”の復活でも同じだ。

安倍は前回、あれだけお友達内閣を批判された。
周囲にイエスマンばかりをはべらせれ ば、肝心の情報が入らなくなる。
国民生活は不況で汲々としていたのに、
安倍官邸だけが「美しい国」とか言っていたのが典型だ。
完全な人事の失敗なのに、今度も山本一太や 下村博文、古屋圭司などのお友達が
「これでもか」と出てくる。 「その他の閣僚も“外相に○○”というのではなく、
まず“○○が入閣”という形で情報が流れました。

つまり、最初に入閣ありき。ポストはあとではめ込んだのです。
これほど、適材適所をあからさまに無視した組閣も珍しい」(大手新聞関係者)

政治評論家の森田実氏は「大臣病患者大集結内閣」と呼んだが、そんな感じだ。
要は権力さえ握ればいいのである。あとは官僚がやってくれる。

自分たちはうまい汁を吸うだけ。そんなところだ。
さあ、3年半も冷や飯を食ったのだから、その分、取り戻させてもらう。

自民党に野党暮らしを強いた国民は覚悟しておけ――。
こんな露骨な姿勢が見え てくる。

ゲンダイネット 2012年12月25日より引用
http://spweb.gendai.net/articles/view/syakai/140242
[ 2012年12月27日 18:40 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

【危機突入内閣】政治の暗黒時代は、始まった【原発逆戻り内閣、経済失敗の戦犯官僚】

【危機突入内閣】政治の暗黒時代は、始まった【原発逆戻り内閣、経済失敗の戦犯官僚】

金子勝氏のTwitterより

@masaru_kaneko:
安倍内閣がまもなく発足しますが、

経済再生相に「原発推進の親玉」の甘利明、

環境・原発担当相に核燃料サイクル政策を推進して失敗してきた石原伸晃です。

そして首相秘書官に原発再稼働で動く今井尚哉元資源エネルギー庁次官。

原発逆戻り内閣です。

@masaru_kaneko:
【危機突入内閣1】安倍内閣閣僚の半数が世襲議員です。

あまり能力的に高くなく、官僚支配になる可能性が高い。

安倍首相主導?首相近辺は、原発推進の経産省、イラク戦争加担の外務省、

小泉「構造改革」推進の財務省の戦犯官僚たちが配置されています。

@masaru_kaneko:
【危機突入内閣2】原発再稼動の今井尚哉首相秘書官の他、

イラク戦争時に官房副長官補であり安倍首相時代に

外務事務次官だった谷内正太郎氏、小泉首相秘書だった

丹呉泰健元財務事務次官が内閣府参与になっています。

財務、外務、経産失敗組が睨みをきかす?

@masaru_kaneko:
【危機突入内閣3】安倍「逆戻り」内閣は、過去の政策的失敗をした

トップ官僚たちを取り巻きに重用。

だが、 これはパナソニックなど民間企業にも共通します。

約1.4兆円の巨額赤字を作っても会長、相談役が居座り、雇用削減に励む。

無責任大国日本です。
http://twitter.com/masaru_kaneko/status/284048329111908352

兵頭正俊氏Twitterより
@hyodo_masatoshi:

すでに原発推進勢力は、

活断層の上の原発は廃炉という罠を作り終えた。

良心ぶって、これは活断層でなければ作っていい、

という政策へのワンステップである。政治の暗黒時代は、始まった。

それは「記者クラブ」メディアで、国民を洗脳しながら進行するのだ。
http://twitter.com/hyodo_masatoshi/status/283780560869007361


【再び原発事故の可能性高まる】原発再稼働へ前向きな考え、茂木経産相
再び原発事故が起きない事を祈りますが。再びの可能性は大。自民党らに投票した人々は共犯者なる。
いや犯罪者。人類史上、最も愚かで無責任な犯罪者として歴史に汚名を刻む#脱原発
http://kimito39.at.webry.info/201212/article_118.html
[ 2012年12月27日 17:38 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

【再び原発事故の可能性高まる】原発再稼働へ前向きな考え、茂木経産相!!

【再び原発事故の可能性高まる】原発再稼働へ前向きな考え、茂木経産相!!

自民党政権、 茂木経産相が原発再稼働に動き始めた。
小学生でも分かる、日本の全原発は震度5強に耐えられない。
津波でない、地震に耐えられない。巨大地震の周期に入った地球。

国民を騙し、活断層がないから安全だと洗脳して再稼働をする作戦です。
福島原発事故は、活断層の地震ではない。

再び原発事故が起きない事を祈りますが。再びの可能性は大。
その時、自民党らに投票した人々は、共犯者なる。いや、犯罪者。
人類史上、最も愚かで無責任な犯罪者として歴史に汚名を刻む。。

image


ゆかしメディアより
………………………………

■原発再稼働へ前向きな考え、茂木経産相

2012年12月27日(木)11時20分配信 ゆかしメディア

茂木敏充経産相が政府責任で原発再稼働を最終判断する考えを述べたが、
菅義偉官房長官は27日の会見で、「安全第一を最優先し、判断は政府がすべき」とし、
所管大臣の考えを尊重する考えを示した。

茂木大臣が未明の会見では、原子力規制委員会が安全と結論づけた
原子炉については、政府の責任で再稼働を決めるとの考え方を述べた。
また、前政権が掲げ ていた、2030年代に原発ゼロという政策についても、
「見直しが必要だ」とも語っていた。

菅長官は「所管の大臣が言ったので」と経産相の意向を尊重した上で
「責任あ る政府として、国会承認をしっかりして、
少なくとも安全第一を最優先し最終判 断は政府がすべき」とした。

ゆかしメディア 2012年12月27日 よりニフティ引用
http://s.news.nifty.com/economy/economyalldetail/yucasee-20121227-12690_1.htm
[ 2012年12月27日 16:36 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

【活断層上の原発は廃炉・騙しの罠トリック】福島原発事故は活断層ではないのに!!

【活断層上の原発は廃炉・騙しの罠トリック】福島原発事故は活断層ではないのに!!

……原発ムラ、自民党は、国民を原発推進で、原発の活断層論議で
……国民をダマそうと洗脳に入っている。
……福島原発事故は活断層でない。。海底地震。
……騙されていけない、政府、原発ムラ、マスメディアの罠なのです。

…………………………………………………
@hyodo_masatoshi:兵頭正俊氏Twitter

すでに原発推進勢力は、活断層の上の原発は廃炉という罠を作り終えた。
良心ぶって、これは活断層でなければ作っていい、
という政策へのワンステップである。
政治の暗黒時代は、始まった。それは「記者クラブ」メディアで、
国民を洗脳しながら進行するのだ。
http://twitter.com/hyodo_masatoshi/status/283780560869007361
……………………………………………

植草一秀の『知られざる真実』 より

■つまり、「活断層から離れた原発はセーフ」を導くために
■「活断層の上の原発はアウト」の実例が時間をかけて構築されているというのだ。

■武田氏は「活断層と原発」のフレーズに対する注意を喚起した。
■極めて鋭い警句である。このような感受性、鋭さを私たちは備えねばならないのだ。

■第一は、「原発-活断層」のキャッチコピーに対する注意喚起である。

■第二は、安倍政権の米国傀儡を示す事実の掌握と、今後への備え。

■第三は、既得権益と政治とのつながりを生み出す政治資金について。


植草一秀の『知られざる真実』 より引用
……………………………………………………………

■「大地震と原発」排除が目的の「活断層と原発」

12月23日のIWJ「饗宴Ⅲ」 では、極めて意義のあるシンポジウムが開かれた。
その一部はすでに紹介させていただいたが、

私たちが情報を共有しておかねばならないことがらが数多く示された。

そのなかの三つをここに明記しておきたい。

第一は、「原発-活断層」のキャッチコピーに対する注意喚起である。

第二は、安倍政権の米国傀儡を示す事実の掌握と、今後への備え。

第三は、既得権益と政治とのつながりを生み出す政治資金について。

いずれも、極めて重要な内容を含んでいる。

「原発-活断層」のキャッチコピーに対する注意を喚起されたのは武田邦彦氏である。

武田氏の言説に対する誹謗・中傷は非常に激しい。

このことが、武田氏の存在の重要性を物語っている。

山本太郎氏に対する誹謗・中傷も激烈だ。

私に対する誹謗・中傷も同様だと思う。

こうした誹謗・中傷を浴びるという事実に、
その人物の発言の重要性、重大性が示されていると思う。

武田氏はCO2温暖化説にも強い懐疑の眼差しを差し向けてきた。
私もCO2温暖化説に懐疑的である。

CO2温暖化説は、ある特定の勢力が人為的に創作した
「都合のよいフィクション」である。

すべては「カネ」の追求である。

米国を支配するのが「カネ」

この米国が世界を支配下に置こうとしている。

つまり、世界が「カネ」の力で支配されるということだ。

武田氏は「活断層と原発」のフレーズに対する注意を喚起した。

極めて鋭い警句である。このような感受性、鋭さを私たちは備えねばならないのだ。

何に対する備えか。

それは「情報操作」、「情報誘導」に対する「備え」である。

うっかりすると私たちは、気付かぬ間に誘導されている。誘導する側は、
用意周到に、できるだけ気付かれぬように「作為」を情報に忍び込ませる。

受け手は、その「作為」がどこに潜んでいるかを事前に知らされない。
一種のサブリミナル効果だ。無意識のうちに作為の餌食にされてしまうのである。

「原発の活断層調査」が大々的に報道される。

「活断層の上の原発はけしからん」との世論が創作される。

演出が巧妙なのは、この段階で、「活断層=危険」に反論する役者を登場させることだ。

暴漢に襲われたところに正義の味方が現れる。
被害者は正義の味方を本当の正義の味方だと勘違いしてしまう。
正義の味方についてゆくと、実は本当の悪は、
「正義の味方」 と信じていた人物だった。

このカラクリが展開されている。

「活断層の上の原発は廃炉」が決定されると、反原発派は拍手喝さいしてしまう。

これが「罠」なのだ。

いくつかの原発廃炉を決めたあとで、今度は、活断層の上には立っていない
原発を俎上に載せる。「活断層の上の原発はアウト」は
「活断層から離れた原発はセーフ」の論理 に使われるのだ。

つまり、「活断層から離れた原発はセーフ」を導くために
「活断層の上の原発はアウト」の実例が時間をかけて構築されているというのだ。

本当は、「大地震と原発」、「大津波と原発」を基準に考えなければならないのだ。こうなると、日本の原発はすべてがアウトになる。

「大地震と原発」のフレーズが広がらぬように、「機先を制する」ために「活断層と原発」のフレーズが流布されている。

11月14日、米国ヘリテージ財団北東アジア・アジア研究センター上級研究員のブルース・クリングナー氏が論文を発表した。

副島隆彦研究所の古村治彦研究員 がこの論文を紹介されている。

孫崎亨氏はこの内容を「饗宴Ⅲ」で紹介された。

安倍政権が提示している政策は米国の指令通りなのだ。

クリングナーは安倍晋三氏の対アジアタカ派発言を牽制し、
これを抑制する必要があると指摘したが、安倍氏は早速タカ派路線を修正した。

つまりは、米国の「言いなり」なのだ。

安倍氏は前回首相に就任した際、最初に中国を訪問した。
これが米国の逆鱗に触れた。今回は米国を最初に訪問して、臣下の礼を執る。

安倍傀儡政権の発足である。

植草一秀の『知られざる真実』 2012/12/25 より
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1001861/1026314/84517887

東通原発活断層「事実なら大変な説」=専門家 ら、東北電の主張一蹴
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-26X080/1.htm
[ 2012年12月27日 09:39 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

【活断層と原発の論議で国民を騙す罠】福島原発事故は活断層ではないのに!!

【活断層と原発の論議で国民を騙す罠】福島原発事故は活断層ではないのに!!

……原発ムラ、自民党は、国民を原発推進で、原発の活断層論議で
……国民をダマそうと洗脳に入っている。
……福島原発事故は活断層でない。。海底地震。
……騙されていけない、政府、原発ムラ、マスメディアの罠なのです。

■つまり、「活断層から離れた原発はセーフ」を導くために
■「活断層の上の原発はアウト」の実例が時間をかけて構築されているというのだ。

■武田氏は「活断層と原発」のフレーズに対する注意を喚起した。
■極めて鋭い警句である。このような感受性、鋭さを私たちは備えねばならないのだ。

■第一は、「原発-活断層」のキャッチコピーに対する注意喚起である。

■第二は、安倍政権の米国傀儡を示す事実の掌握と、今後への備え。

■第三は、既得権益と政治とのつながりを生み出す政治資金について。


植草一秀の『知られざる真実』 より引用
……………………………………………………………

■「大地震と原発」排除が目的の「活断層と原発」

12月23日のIWJ「饗宴Ⅲ」 では、極めて意義のあるシンポジウムが開かれた。
その一部はすでに紹介させていただいたが、

私たちが情報を共有しておかねばならないことがらが数多く示された。

そのなかの三つをここに明記しておきたい。

第一は、「原発-活断層」のキャッチコピーに対する注意喚起である。

第二は、安倍政権の米国傀儡を示す事実の掌握と、今後への備え。

第三は、既得権益と政治とのつながりを生み出す政治資金について。

いずれも、極めて重要な内容を含んでいる。

「原発-活断層」のキャッチコピーに対する注意を喚起されたのは武田邦彦氏である。

武田氏の言説に対する誹謗・中傷は非常に激しい。

このことが、武田氏の存在の重要性を物語っている。

山本太郎氏に対する誹謗・中傷も激烈だ。

私に対する誹謗・中傷も同様だと思う。

こうした誹謗・中傷を浴びるという事実に、
その人物の発言の重要性、重大性が示されていると思う。

武田氏はCO2温暖化説にも強い懐疑の眼差しを差し向けてきた。
私もCO2温暖化説に懐疑的である。

CO2温暖化説は、ある特定の勢力が人為的に創作した
「都合のよいフィクション」である。

すべては「カネ」の追求である。

米国を支配するのが「カネ」

この米国が世界を支配下に置こうとしている。

つまり、世界が「カネ」の力で支配されるということだ。

武田氏は「活断層と原発」のフレーズに対する注意を喚起した。

極めて鋭い警句である。このような感受性、鋭さを私たちは備えねばならないのだ。

何に対する備えか。

それは「情報操作」、「情報誘導」に対する「備え」である。

うっかりすると私たちは、気付かぬ間に誘導されている。誘導する側は、
用意周到に、できるだけ気付かれぬように「作為」を情報に忍び込ませる。

受け手は、その「作為」がどこに潜んでいるかを事前に知らされない。
一種のサブリミナル効果だ。無意識のうちに作為の餌食にされてしまうのである。

「原発の活断層調査」が大々的に報道される。

「活断層の上の原発はけしからん」との世論が創作される。

演出が巧妙なのは、この段階で、「活断層=危険」に反論する役者を登場させることだ。

暴漢に襲われたところに正義の味方が現れる。
被害者は正義の味方を本当の正義の味方だと勘違いしてしまう。
正義の味方についてゆくと、実は本当の悪は、
「正義の味方」 と信じていた人物だった。

このカラクリが展開されている。

「活断層の上の原発は廃炉」が決定されると、反原発派は拍手喝さいしてしまう。

これが「罠」なのだ。

いくつかの原発廃炉を決めたあとで、今度は、活断層の上には立っていない
原発を俎上に載せる。「活断層の上の原発はアウト」は
「活断層から離れた原発はセーフ」の論理 に使われるのだ。

つまり、「活断層から離れた原発はセーフ」を導くために
「活断層の上の原発はアウト」の実例が時間をかけて構築されているというのだ。

本当は、「大地震と原発」、「大津波と原発」を基準に考えなければならないのだ。こうなると、日本の原発はすべてがアウトになる。

「大地震と原発」のフレーズが広がらぬように、「機先を制する」ために「活断層と原発」のフレーズが流布されている。

11月14日、米国ヘリテージ財団北東アジア・アジア研究センター上級研究員のブルース・クリングナー氏が論文を発表した。

副島隆彦研究所の古村治彦研究員 がこの論文を紹介されている。

孫崎亨氏はこの内容を「饗宴Ⅲ」で紹介された。

安倍政権が提示している政策は米国の指令通りなのだ。

クリングナーは安倍晋三氏の対アジアタカ派発言を牽制し、
これを抑制する必要があると指摘したが、安倍氏は早速タカ派路線を修正した。

つまりは、米国の「言いなり」なのだ。

安倍氏は前回首相に就任した際、最初に中国を訪問した。
これが米国の逆鱗に触れた。今回は米国を最初に訪問して、臣下の礼を執る。

安倍傀儡政権の発足である。

植草一秀の『知られざる真実』 2012/12/25 より
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1001861/1026314/84517887
[ 2012年12月26日 22:18 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

原発の電気代値上げのトリック【火力発電所を増やし電気代は2分の1、日本繁栄】

原発の電気代値上げのトリック【火力発電所を増やし電気代は2分の1、日本繁栄】

……原発で電気代が高くなり国が衰退する。。
……同じ化石燃料を使うガスの値上げはない。不気味な電気代値上げ申請。
……世界平均の3倍の電気代が日本を衰退、国民生活苦難の原因。

……まさしく原発は、原爆であり、国民の凶器、核兵器である。

……その原発推進、原発既得権益らの安倍自民党がはじまった。
……武田邦彦氏のブログで、自民党などに投票した日本人よ目覚めないと。

武田邦彦ブログより
………………………………
■電気もそうで、電気を増産して値段が安くなると、
■生産が盛んになり輸出が伸び、国民の生活が快適になります.

■火力発電所を増やし、
■1.8億キロワットの生産を3.6億キロワッ トにしますと、
■電気代は2分の1になり、日本は豊かになるという政策がもっとも適切でしょう。

■くり返しますが、「火力発電所を動かせば石油を買わなければならない。
■その分だけ日本は赤字になる」という論理では
■「今後、どんな産業でも日本でやると赤字になる」ということと同じです.
■「購入する石油が余計にかかる」というは論理のトリックです.

■原発に出している直接的な税金が年間 5000億円.
■それに地元対策、自治体の負担、政治家への献金などが約2000億円.
■電力が原発などを維持するために負担している
■広告宣伝費が1 000億円で、約8000億円。


武田邦彦ブログより
……………………………
エネルギー・電力問題(1) 電気代値上げのトリック
・・・経産 省は値上げを認めてはいけない

「tdyno.39-(9:38).mp3」をダウンロード

原発を再稼働しないと電気代が高くなると言い、事実、
関西電力や九州電力は電気代の値上げを申請する構えです.

でも、この話は大きなトリックが含 まれています。

電気代は企業にとっても家庭にとっても大切ですから、政治 家や知識人、
マスコミなどにダマされないように正しい知識をつけたいと思います.

また値上げ申請を審査する経産省は「電力の株主」ではなく、
「国民の税金 で運営されているところ」ですから、値上げ申請を認めず、
もし電力が倒産 したら、それを機会に分割すれば良いと考えられます。

電気の売り上げは日本全体で約15兆円。そのうち原発は約3兆円.
そこで 「原発を止めたら大変だ。年間3兆円の負担が増える.
それに加えて石油な どを輸入しなければならないので、その負担がある」と説明されます.

まず、年間3兆円ということですが、
原発に出している直接的な税金が年間 5000億円.

それに地元対策、自治体の負担、政治家への献金などが約2000億円.

電力が原発などを維持するために負担している広告宣伝費が1 000億円で、
約8000億円ですから、原発を止める事によって発生する損害は、
約2兆円ということになります。

さらに原料の濃縮ウランを売れば(高く売れます)、電力費の 30%程度ですから、
さらに1兆円が浮きます.原発を止めても本当は 1兆円程度の損害で しょう.

もっとも費用がかかるのは「原発をある程度やって、ある程度は停止する」
というもので、この場合は相変わらず「原発対策費」は必要となり、
かつ原発の廃炉の経費もかかるということになります。これが現在の政策です.

・・・・・・・・・

次に、日本は1.8億キロワットの電気を生産していて、
この電気は原発が 無くなっても

「すでに日本国内にある火力発電所を稼働すればOK」
という状態ですであることを良く理解しなければなりません.

つまり、とりあえずは 施設を作らなくても良いので、
損害は「原発を動かさない」と言うことだけです。

火力発電所を稼働させれば、原発は要らないことは
すでに IEA(国際エネル ギー機関)やその他の方が指摘しています.

このシリーズですでに解説し、さ らに今後どこかでこの問題も取り上げますが、
ここでは「休んでいる火力発 電所を動かせば大丈夫」ということです。

火力発電所を稼働させるためには「石油などの燃料」を輸入する必要がありますが、
輸入のお金は国民が電気代として払いますので、
「購入する石油が余計にかかる」というは論理のトリックです.

たとえば、トヨタの自動車が好調に売れているので、10%増産をするとします.
そうすると、トヨタは現在より、鉄鋼や石油を10%多く輸入しなけ ればなりません.
もしこれが「日本の負担」、つまり負の負担になるのでし たら、
「トヨタの国内工場が好調で増産する」ことは「日本の負担を増や す」事になります。

でもそんなことを知識人やマスコミが発言したことはありません.
トヨタの 車が増産されることは日本の工業を盛んにすることで日本が発展し、
輸入分 の「ドルの流出」は輸出などでカバーされ、おつりが来ます.
また国民が豊かになり、その分だけ活動量が増えるので、それでも国は発展します.

何でも増産すれば、石油も鉄鉱石も輸入量が増えるのですが、
それが「損失になる」などということはこれまで
政府、知識人、経済学者、マスコミが一 度も言ったことはありません.

くり返しますが、「火力発電所を動かせば石油を買わなければならない。
その分だけ日本は赤字になる」という論理では
「今後、どんな産業でも日本でやると赤字になる」ということと同じです.

電気もそうで、電気を増産して値段が安くなると、
生産が盛んになり輸出が伸び、国民の生活が快適になります.
単に輸入量を減らすというのでは、日本は衰退します.狙いがよくわかりますね.

もともと、アメリカは8億キロワットを生産し、原発比率は日本の2分の1、
電気代は日本の2分の1、送電線は長く、燃料費は日本と同じです.

ま ず電気代を2分の1にする必要があります。
これは「鉄鋼業と電力業の類似性」ですでに証明されていますが、
現在の電力の経営陣が交代しないと、あまりに甘い体質なので無理と思います。

・・・・・・・・・

つまり、戦時体制である電力会社の独占を元に戻して自由競争にして、
加えて原発も「自分のお金とリスクでやりなさい」と言えば
自然に原発をやる電力会社はなくなります。

次に、火力発電所を増やし、
1.8億キロワットの生産を3.6億キロワッ トにしますと、
電気代は2分の1になり、日本は豊かになるという政策が もっとも適切でしょう。

簡単に言うと次の通りです.

1)日本人のことを考えれば、原発を止めて火力発電にする、
2)発電量を1.8億キロワットから3。6億キロワットに上げる、

3)電力GDP弾性率を1.0とすると、電力総売上は30兆円にな り、
GDPは15兆円あがるので、 1兆円から2兆円の損害をけすことが できる、

4)原発の損失が15年ほどで消えるので、その時に電気代を2分の1にする、

5)「原発を止めると電気代が上がる」というのは
「原発の利権8000億円から1兆円をとり続けたいから
電気代が上がるという」と言うこと、 と考えられます。

いわゆる「原子力村」と言われるグループの利権と権力はかなり強く、
自民党も長く便宜を受けているので、

「税金も使う、電気代も上がる」 ということになりますが、
企業も大きな負担を受けるので、企業(たとえば経団連や中小企業連合会)が
どのような態度にでるのかが注目され ます.

(平成24年12月24日)

武田邦彦
(C)武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ
より引用
http://takedanet.com/2012/12/post_6647.html

【世界が夢中の超臨界圧石炭火力発電】
■日本の総理、安倍は 詐欺師である【卒原発を絵空事と騙した】
■ 超臨界圧石炭火力発電を隠し
http://t.co/BWr8B3Wt
[ 2012年12月26日 19:59 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

スマホ、パソコンの疲労、 猫背、ストレートネック改善【猫背解消ストレッチ】

スマホ、パソコンの疲労、 猫背、ストレートネック改善【猫背解消ストレッチ】

スマホ、タブレット、パソコンで、首、肩のこり、腰痛、猫背に
なりやすい現代で生活。私が実行している簡単エクササイズ、
体操法をアップします。猫背解消ストレッチ、腸腰筋体操
ゲッタマン体操などを、日常生活のなかで適当にやってます。。

【猫背解消スト レッチ】はなまるマーケットより
…………………………………………………………………

現代の日常生活の中では猫背は仕方ないので、
ストレッチをして「埋め合わせ」をすることが必要。

【10秒猫背解消ストレッチ】

<やり方>

1. 手のひらが上を向くように身体の後ろで指を組みます。
(※痛い方はムリをしないでください)

2. 背中の肩甲骨を寄せて、手を下の方向に引きます。

image


3. 鼻から息を吸い、頭を後ろに倒しな がら口からゆっくり息を吐き出す。
(※この時、肩は落として力を抜い て下さい)

image


4. そのままゆっくり頭をおこして、1セット終了。

猫背解消ストレッチを教えていただいた先生
早稲田大学 保健体育講師 碓田拓磨 先生
……………………………………………………
※私は3回~5回。疲れた時にやってます。

はなまるマーケットより抜粋引用
http://www.tbs.co.jp/hanamaru/tokumaru/20121213.html

簡単【 腸腰筋 エクササイズ】で、ダイエット・腰痛・肩こり・姿勢改善!!
姿勢、足腰に、いい感じです。その場 足踏みは、体も温まり、秋冬に最適。
普段気づかない、深部にある、腸 腰筋を鍛えると、
姿勢も良くなり。はなまるマーケット。
http://t.co/adNw3N2T

超簡単ダイエット ゲッタマン体操
Vegetables Revolutionブログより
http://s.ameblo.jp/vegerevo/entry-11340364894.html
[ 2012年12月26日 17:39 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

【反核・反戦】中沢啓治さん死去 「ゲンは怒ってるぞ」戦争原爆が無ければ!!

【反核・反戦】中沢啓治さん死去 「ゲンは怒ってるぞ」戦争原爆が無ければ!!

……勇ましい政治屋が核武装、国防軍など、言いふらし、そうなりかねない時勢
……はだしのゲンを、かみしめ、意志を受け継ぐ事は、日本人の使命だろう。

……原発は核兵器工場である。。

東京新聞より
…………………………………………………

■中沢啓治さん死去 「ゲンは怒ってるぞ」

2012年12月26日 朝刊

「ふまれても ふまれても 強く まっすぐに のびる麦に…」

肺がんのため、七十三歳で亡くなった被爆者で漫画家の中沢啓治さんは、
代表作 「はだしのゲン」の作中で、母親が子どもたちに語り掛ける場面を描いている。

分かりやすい描写と強烈なメッセージで原爆や戦争を告発し、
核兵器廃絶と反戦へ の強い思いを最期まで燃やし続けた中沢さんだったが、

妻ミサヨさん(70)との恋愛話や、漫画家を目指した頃のことは、
にこにこと笑顔で話した。おおらかで、常に 前向きな姿は、
「麦のように」強く生きるゲンがそのまま大きくなったよう。

しかし、父や姉、弟を奪った原爆や戦争の話になると、目つきが鋭くなる。
「戦争、原爆がなければ、家族が散り散りになることも、
僕らの住んでいた広島がめちゃ くちゃになることもなかった」。

戦争責任と原爆の問題を世に問うため、
「こん畜 生、こん畜生」とペンに怒りをぶつけた、と語気を強めた。

二〇〇九年九月、白内障と網膜症、そして右腕の神経障害で漫画家引退を表明。
しかし戦争、原爆への怒りは、ペンを置いてからも続いた。

「しゃべれるうちは言いまっせ、ゲンは怒ってるぞって」。
入退院を繰り返しな がら、講演や取材の依頼を精力的にこなした。
家族が心配すると、「気力がある間はやるんだ」と答えていた。

昨年八月五日には、マツダスタジアムであった広島東洋カープの
試合の始球式に臨んだ。球団創設時からの大ファンだっただけに、
「俺は、どんなことがあってもやる」と心待ちにしていた。

初めてのマウンドは「ピーっと行く(投げられる)と思ったけど、
ベースまで意外と遠かったね」。
手ぶりを交えて振り返った満面の笑みが今も印象に残る。

「中沢さんにとっての平和って何ですか」と小学生に問われ、
「皆さんとこうして 自由に話ができ、意見を交わせること」と優しく答えた。

その背景には、言論の自由が認められず、
戦争に反対した父が非国民呼ばわりされた経験がある。
「どんなこと を言われても戦争だけは反対しろよ」。
そう呼び掛けた言葉は、そのままゲンの思いだろう。

中沢さんには、中学二年になる「元」という名の孫がいる。

核兵器や戦争のない世界を築いていってほしいとの遺志。

未来を担う若い世代が、ゲンとともに受け継ぎ、 実現させてほしい。
(二井理江)

東京新聞 2012年12月26日 より引用
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012122602000107.html

【はだしのゲン】ユーチューブ
http://www.youtube.com/watch?v=TjSxIK8ma0M&sns=tw
[ 2012年12月26日 10:38 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

震度6が襲う 千葉 確率75%の恐怖【日本列島の地殻変動は、まだまだ終わっていない】

震度6が襲う 千葉 確率75%の恐怖【日本列島の地殻変動は、まだまだ終わっていない】

……それでも原発推進で、いいのですか、日本。。


ゲンダイネットより
……………………………………………………

■震度6が襲う 千葉 確率75%の恐怖

「地震予測地図」2012年版 千葉市が震度6弱に襲われる確率は75%――。
政府の地震調査委員会が21日に発表した2012年版「全国地震動予測地図」は
ショッキングだ。

関東地方で巨大地震が発 生する確率が上昇しているというのだ。

「地震予測地図」は、今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を
地図上で示したもの。

前回の2010年版と比べると水戸市は31ポイント上昇し62.3%、
千葉市は12ポイント上昇し75.7%の確率で震度6弱が起きるという。

「予測地図は地盤の強さや断層など、さまざまな条件を考慮して作ったものです。
茨城沖などこれまで知られていない大きな地震の可能性も考慮しています。
震度6弱はカベが 崩れ、人が立っていられない状態です」
(文科省地震・防災研究課) やはり関東地方に危険が迫っているのか。
東北大災害科学国際研の遠田晋次教授がこう言う。

「3・11はM9という巨大地震だっただけに、
どうしても東日本の太平洋側は影響を受ける。
とくに震源地の北側と南側は、地震が起きる可能性が高い。

予測地図が示す通り 水戸や千葉で発生することは十分に考えられます。
心配なのは、M9クラスの大きな地震は、
8クラスの余震を引き起こすことが多いが、まだ起きていないことです」

不気味なことに、千葉県の房総沖は1677年の「延宝地震」以来、
巨大地震が起きていない空白域となっている。

エネルギーが一気に爆発する恐れがある。
もし、房総沖で M8クラスの地震が起きれば、東京も無傷ではすまない。
遠田晋次教授がこうつづける。

「見落としがちなのは、東北の日本海側です。M7クラスの地震が起きやすい。
内陸型なので被害の範囲は狭いが、ピンポイントで大きな被害をもたらす恐れがあります」
日本列島の地殻変動は、まだまだ終わっていない。

30年以内に震度6弱の地震が起きる確立 2012年/2010年/差 静岡/89.7%/89.8%/-0.1 津/87.4%/85.9%1.5 千葉/75.7%/63.8%/11.9 横浜/71.0%/66.9%4.1 奈良/70.2%/67.7%/2.5 高知/66.9%/63.9%/3.0 根室/65.3%/63.9%/1.4 徳島/64.2%/61.2%/3.0 大阪/62.8%/60.3%/2.5 水戸/62.3%/31.3%/31.0

ゲンダイネット2012年12月22日より引用
http://spweb.gendai.net/articles/view/syakai/140240
[ 2012年12月25日 22:11 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

日本が福島原発爆発で海に流した量【世界各国が海に投棄した放射線量の総量の10倍】魚は!!

日本が福島原発爆発で海に流した量【世界各国が海に投棄した放射線量の総量の10倍】魚は!!

武田邦彦ブログより引用
……………………………………………………

■短信:日本が福島原発爆発で海に流した量

「kaiyoutdyno.34-(3:22).mp3」をダウンロード

先回の食材シリーズで「日本が太平洋に放射性物質を流したのは残念だ」と
言いましたが、読者の方から情報をいただきました.

「20世紀半ばから始まった核兵器開発や原子力発電など核開発の初期に、
各国で廃炉になった原子炉、使用済み核燃料等の高レベル放射性廃棄物
などの放射性廃棄物が海洋投棄された。

1946年 アメリカによるカリフォルニア沖への海洋投棄(最初)
1975年 高レベル放射性廃棄物の海洋投棄が禁止、 1993年 全面禁止。

海洋投棄の大半は 1973年から82年の間に実施され、太平洋北東部、
大西洋北 西部と北東部、北極海、太平洋北西部に集中、
放射能の総量は8.5京ベクレル と推定されている。」

福島原発から出た放射性物質は約100京ベクレル.
その9割が太平洋にで たと考えられるので、
世界各国が海に投棄した放射線量の総量の10倍にも当たる.申し訳ない.

(平成24年12月24日)

武田邦彦
(C)武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ  より引用
http://takedanet.com/2012/12/post_1502.html
[ 2012年12月25日 21:03 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

不正選挙疑惑!システムを独占している【ムサシの社長、自民党に献金】ムサシ関係で過去に選挙無効も!

不正選挙疑惑!システムを独占している【ムサシの社長、自民党に献金】ムサシ関係で過去に選挙無効も!

正しい情報を探すブログより
……………………………………

■不正選挙疑惑!システムを独占しているムサシの社長、
■自民党に献金!ムサシ関係で過去に選挙無効も!


日本の選挙システムを独占してる「株式会社ムサシ」に関する興味深い情報を
教えて頂いたのでご紹介します。
なんと、株式会社ムサシの社長が自民党に献金をしてい たとのことです!

原子力団体だけじゃあ無く、自民党とも仲が良いとなると、
本当に集票システムのプログラムを変更して不正選挙を行った可能性が考えられますね。

なにせ、今回の衆院選挙では全国で反原発が盛り上がっていたにも関わらず、
反原発派の議員が壊滅状態になっているからです。

少なくとも、選挙の根幹に関わる仕事をしている人が、
特定の政党や勢力に肩入れしているという事実は、
選挙の公平性という観点から見ても間違っていると私は思い ます。
しかも、下っ端の社員ではなく、
代表取締役社長小林 厚一氏の名前が書かれているのです!

「日本中の選挙システムを独占している会社の社長が自民党を応援している」

この事実だけ見ても、「不正選挙があったかもしれない」と考えることが十分にできます。

今回の衆院選挙では選挙の繰り上げや無効票の多さなど、
数多くの不審点が指摘されていますが、
選挙システムを弄って不正に数字を変更したから、
このような変なことになったのでは?と私は思います。

現時点ではシステムを弄った瞬間の映像や、関係者の告発などが無いため、
まだ、不正選挙があったと言い切ることは難しいです。

しかしながら、過去の記録を調べてみると、
このムサシという会社が記録を改ざんや隠蔽したという情報があるのです。

しかも、その時の選挙は県の上告を最高裁が棄却し、
再選挙が決定しています。

正しい情報を探すブログ 2012/12/25 より抜粋引用
情報はコチラ↓↓
http://s.ameblo.jp/kennkou1/entry-11434643447.html
[ 2012年12月25日 19:38 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)

わたしたちとわたしたちの子孫のために脱原発【小出裕章氏と広瀬隆氏の講演】

わたしたちとわたしたちの子孫のために脱原発【小出裕章氏と広瀬隆氏の講演】

全原発と再処理工場を即時廃止しよう

日々雑感ブログより
…………………………………………

■「終焉に向かう原子力」第15回 全原発と再処理工場を即時廃止しよう

わたしたちとわたしたちの子孫のために

講演者 ■小出裕章氏 (京都大学原子炉実験所) ■広瀬隆氏 (作家、ジャーナリスト)

講演内容 ■小出裕章氏(00:03:25~) 『原子力を“即刻”終わらせたい』

■広瀬隆氏(2:07:15~)
『 IAEA と ICRP 国際原子力マフィアによる被曝強制の歴史と
福島県内の深刻な被曝の現実』

日時: 2012年12月22日(土) 場所:豊島公会堂 主催:
「終焉に向かう原子力」実行委員会

ご覧下さい!!

日々雑感ブログより 詳細、映像はコチラ↓↓
http://hibi-zakkan.net/lite/archives/21541863.html
[ 2012年12月25日 19:18 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

【新潟柏崎刈羽原発は核兵器工場、プルサーマル計画・世界一】猪瀬都知事が再稼働させたい訳!?

【新潟柏崎刈羽原発は核兵器工場、プルサーマル計画・世界一】猪瀬都知事が再稼働させたい訳!?

……柏崎刈羽原発は、世界一の核兵器工場です。
……猪瀬都知事が新潟を犠牲にしても柏崎刈羽原発を再稼働させたい
……理由のひとつが核兵器工場である事か!?

……新潟中越地震でも耐えられず危機一髪だっだ柏崎刈羽核兵器工場。

……事故が起きれば、新潟の地形から、日本の源風景、美しい自然も。。
……さらに新潟だけでなく日本滅亡ににつながる世界最大のプルサーマル。
……核兵器工場の核爆発事故は想像したくない。。が。。。

都知事選・猪瀬は言った【新潟を犠牲にしても東京に電気の輝きを】

地元市民団体は今日25日、、

【柏崎刈羽再稼働の是非問う 県民投票条例を直接請求】

全七基が停止している東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働の是非を問う
県民 投票条例制定を求め、市民団体「みんなで決める会」が二十五日、
新潟県の泉田裕彦知事に六万八千三百五十三人分の有効署名を提出し、直接請求した。
東京新聞 2012年12月25日 夕刊より引用
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012122502000227.html

【日本壊滅の危機にさらした事故】地震に耐えられなかった柏崎刈羽原発・新潟

女川原発 柏崎刈羽原発 危機一髪

……猪瀬都知事が新潟を犠牲にしても柏崎刈羽原発を再稼働させたい理由の
……ひとつの根拠となる、ブログです。
……山賀進(Yamaga Susumu)さんブログ。

山賀進(Yamaga Susumu)ブログより抜粋引用
…………………………………………………………

■(3) MOX燃料とプルサーマル計画

MOXとはMixed OXied(混合酸化物)の略である。
何が混ざっているのかというと、プルトニウム 239が混ざっている。
つまり、高速増殖炉開発のめどが立たず、プルトニウム239がたまる一方なの で、
少しでもそれを、現在の軽水炉の燃料に混ぜて消費してしまおうというものである。
これをプ ルサーマル計画という。

もともとそのように設計されていない既存の軽水炉で、
MOX燃料を使用しても大丈夫かとの不安の声もある。

2000年度から実施の予定だったが、MOX燃料を製造した
イギリスの会社のデータ改竄が明らかに なって、実施が延期されていた。

しかし、2009年12月2日九州電力玄海原発3号機(佐賀県玄海町) を最初に、
2010年3月には四国電力伊方原発も実施し、、他の電力会社も次々に実施の予定である。

■ただし、東京電力は2004年の新潟県中越地震の影響で、

■プルサーマルを予定していた柏崎刈羽原発が全面的に

■運転停止状態にあるために計画実施が遠のいている。

山賀 進(Yamaga Susumu)
(C) 2002-2012 All Rights Reserved より抜粋引用
詳細はコチラ↓↓
http://www.s-yamaga.jp/kankyo/kankyo-genpatsu-6.htm

さようなら柏崎刈羽原発プロジェクトへようこそ-gooブログ
[ 2012年12月25日 17:19 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

活断層調査やってます!!のトリック【原発全稼働・新原発への騙し】

活断層調査やってます!!のトリック【原発全稼働・新原発への騙し】

……福島原発事故は活断層の地震でない。。
……活断層だけを原発再稼働するかしないかの論理にすり替えて
……すべては、全稼働、新原発のための騙しでしょう。。

武田邦彦ブログより
…………………………………………………

■新原発・被曝問題(1) 活断層と安全性

「tdyno.31-(15:24).mp3」をダウンロード

原発再開に向けてマスコミは盛んに「活断層」の調査について報道をしてい ます.

この段階でマスコミが作る「空気」の本質を見破っておかなければな りません.

政府側はそれほど能なしでもうっかり屋さんでもなく、
私たちの 税金で優秀な人を多く雇って、
いかにしたら世論形成(国民を騙す)ことが できるかを検討しています.

政府の狙いとマスコミ報道の本質
1)原発を再開したい、
2)そのための「安全」のハードルをどうしたら下げられるか?
3)「活断層」で原子力規制委員会が OKする原発はすでに確定済み
(そのぐ らいは立地の時に調査してある。判定をほとんどしていないだけ.)

4)その結果、各電力会社で半分は稼働できる(特に関西、九州は OK)
5)そのためにマスコミ、知識人の根回しを十分にしておく。

原発を再開して欲しくないと思っている人は、「反対側」に立っていますから、
政府や指導層がどの程度の準備をしているかをウッカリすることがあり ます。
でも、政府と東大、それにNHKを上げて準備をしているのですから、
それなりの力はありますし、「原発が必要だ」という確信も持っています。

再開に反対の人でもウッカリ、活断層の論争に巻き込まれている人がいま す。

現在、敦賀、東通の原発が報道されていますが、これも作戦の順序に 従っています.
まずは「活断層がある原発は再開しない」ということで
「安全を確保してから原発を再開している」という「実績」をつける予定です。

もともと日本の原発の内、敦賀はもう古いし、東通は建設中ですから、
止まっても大したことはない、とりあえず敦賀は止まることになるから、
その時には日本原電が「公開質問状」を出して「真面目にやっている」
という形 を作るという作戦です.

・・・・・・・・・

原発の安全性の内、「耐震」は問題の一つだけです。原発の安全性を支配す る大きな問題は、
1)これまで原発が安全であるという概念の一つだった「固有安全性」が破 れた原因とこれまでの審査をやり直すこと(固有安全性は要らないのか)、

2)これまでのもう一つの概念だった「多重防御」が破れた原因とこれまで の審査をやり直すこと(多重防御は不要なのか)、

3)これまで「1万年に1度以下の確率の事故の場合、1年10ミリまで、 きわめて希に起こる事故の場合1年5ミリまでと決めていた被曝基準を変更 するのか(被曝基準が変わると安全基準が変わる)、

4」地震、津波、台風などの自然災害、制御室の爆破などのテロ、誤作動な どのエンジニアリグの故障などに対して上記1)から

3)までを再研究、

5)事故が発生した場合の避難の具体的方法の決定、食材、
土壌などの被曝 限度の設定(被曝限度が決まっていないと安全基準を決められない)、

などが主要な問題です.
この中には「活断層」は表面的には出てこないほど の小さなものです。

この他に、社会科学的な問題として、
1)実施者が事故の責任を免除される体制で安全を守ることができる原理原 則の研究、 2)技術者個人が設計施工に責任をもつ「専門家制度」の活用がなくても、 安全を保てる理論の構築、
3)安全にかんする国の関与の能力と御用学者・専門家の問題

等が未解決です.

つまり、「安全」とは「総合的」であり、かつ「論理的」なもので、
工学的 装置では抽象論、観念論、また思想などで決まるものではありません.
でも現在のところ安全を維持する上でもっとも重要でかつ禁じられている考え=
「必要だから安全」が主力になっています。

「原発は危険だといっている人がいるが、年間3兆円の損害をどうするの か?」
などがそれにあたり、まるで50年前の工学に帰ったような野蛮な考え方です.

私たちは日本の国民、国土を守り、子どもたちに対する責任を果たすために、
活断層のトリックにごまかされず、誠意を持って考えたいと思います.

またマスコミがこのことを伝えないのは、政府が「必要だから安全だ」
とい う立場を取り、それに右へならえしているからです。

(平成24年12月23日)

武田邦彦
(C)武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ
より引用
http://takedanet.com/2012/12/post_40e0.html
[ 2012年12月24日 18:21 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

【日本壊滅の危機にさらした事故】地震に耐えられなかった柏崎刈羽原発・新潟!!

【日本壊滅の危機にさらした事故】地震に耐えられなかった柏崎刈羽原発・新潟!!

…… 2004年、新潟中越沖地震により、東京電力の柏崎刈羽原発が
…… チェルノブイリ原発事故以上の危機にあった。

……それにも関わらず、この国は、原発安全神話維持?のため
……指摘されていたにも関わらず、何の対策もせず、福島が起きた。
……そして、また、原発推進の安倍自民党になった。
……多くの(一部の)日本人は自民党、原発推進を選んだ。。

以下■長周新聞より

新潟県の中越沖地震により、東京電力の柏崎刈羽原発では
火災発生や放射能漏れなど緊急事態が発生した。

柏崎刈羽原発は1~7号機まで総出力821・2万㌔㍗ あり、
1カ所の発電所としては世界最大規模である。

原子炉内の核燃料や運転によって蓄積された死の灰の量ははかり知れず、
1歩間違えばメルトダウンや大爆発もありうる寸前であった。

そうなればチェルノブイリ原発事故の何10倍という大量の放射能が放出され、
日本国土全体が壊滅的な大惨事となる危険性をはらんでい た。
民族の重大問題としてこれをあいまいにすませるわけにはいかない。

東電も国も「原発は地震が起きても放射能 が漏れることはない。
絶対に大丈夫だ」として、地震のさいの防災体制もとってこ なかった。

だが安倍政府は、「後は野となれ」という態度に終始している。

憲法を改悪してアメリカのための戦争に日本人民を動員しようという
安倍政府は、原発建設でも原爆の材料であるプルトニウムを生産し、
核武装化を狙っており、

日本人民の安全などはまったく念頭にはない。

【柏崎刈羽原発は、アリ地獄の砂丘に造られていた】|happyluckyのブログ |Ameba (アメーバ)


長周新聞より 7年7月20日付
………………………………………………

【日本壊滅の危機にさらした事故】地震に耐えられなかった柏崎刈羽原発

新潟県の中越沖地震により、東京電力の柏崎刈羽原発では
火災発生や放射能漏れなど緊急事態が発生した。

柏崎刈羽原発は1~7号機まで総出力821・2万㌔㍗ あり、
1カ所の発電所としては世界最大規模である。

原子炉内の核燃料や運転によって蓄積された死の灰の量ははかり知れず、
1歩間違えばメルトダウンや大爆発もありうる寸前であった。

そうなればチェルノブイリ原発事故の何10倍という大量の放射能が放出され、
日本国土全体が壊滅的な大惨事となる危険性をはらんでい た。
民族の重大問題としてこれをあいまいにすませるわけにはいかない。

放射性物質を大気中に放出。
今回の地震では、柏崎刈羽原発3号機から火災が発生し、
約2時間にわたって黒 煙を上げて燃え続けた。
消火用水の給水管も破損し、水が漏れて、消火作業もままならなかった。

また同6号機では使用済み核燃料貯蔵プールの放射能をふくむ水が 海に放出された。
緊急停止した7号機の主排気筒からも放射性物質が大気中に出 た。
ほかの6基の原発でも燃料プールがあふれている。

また低レベル廃棄物入りの ドラム缶約400本(当初は100と発表)が倒れて100本(当初数本と発表) のフタがはずれ、放射性物質が床から検出された。

貯蔵庫には低レベル放射性廃棄物入りのドラム缶約2万2000本が保管されていた。

東京電力の17日段階の発表では、50件のトラブルがあったということだが、
実際にはそれ以上の事態が起こっていることは明らかであるが、
全貌は発表されていない。

現地の住民は「東電はこれまでもデータの偽造や事故隠しをやってきてい る。
東電のいうことは信用できない。まだまだ重大な事態を隠しているに違いな い」とみている。

しかし、現段階でもいえることは、原子炉内の放射能が外部に
漏れるというもっ とも危険な事態が発生したことである。

東電も国も「原発は地震が起きても放射能 が漏れることはない。
絶対に大丈夫だ」として、地震のさいの防災体制もとってこ なかった。

従来の国の原発の耐震基準はマグニチュード(M)6・5の直下型地震に
耐えら れるように設計し、地上で確認できる大きな断層を避ければよい、
というもので あった。

しかし、2005年の宮城地震での女川原発でも、今年3月の、能登沖地 震での志賀原発でも想定をこえた揺れが起こっている。

また、中国電力島根原発近 くで発生した鳥取県西部地震や
新潟県中越地震ではそれまで知られていなかった断層が大地震を引き起こした。

国の基準では実際にあわないことがかずかずの地震で立証されている。

地震学者のあいだでは「今やどんな場所でも最大でM7程度の地 震を想定しなければいけない」という共通認識になっており、すべての原発で早期 に見直す必要性を強調している。

東電の柏崎刈羽原発は7基ともM6・5の耐震構造しか持たなかった。

今回の中 越沖地震はM6・8の規模であり、想定した2・5倍もの揺れで、
破壊力はすさま じい。使用済み核燃料プールの水が大きく波打ってあふれ、
放射能をふくむ水が外 部に漏れたことは当然起こるべくして起きたといえる。

地震の際の原発事故で最悪の事態は、冷却水の配管が破損することである。

冷却水が大量に失われると、メルトダウン(炉心溶融)という致命的な事故になる。
冷却水が失われると、核分裂反応はとまるが崩壊熱による発熱のため、
燃料集合体の 温度は10~60分後に数1000度になり、溶け落ちる。
30~120分後には 原子炉の鋼鉄も溶かし、
溶け落ちた燃料が水に触れると水蒸気爆発を起こす。

この爆発で原子炉格納容器が破壊されれば、チェルノブイリを上回る大事故になる。

原子炉内には大量の核燃料や使用済み核燃料、低レベル廃棄物なが蓄積されている。

100万㌔㍗の原子炉を1年間運転すると、
長崎型原爆1万発をつくれるプル トニウムと広島型原爆4万発分の死の灰が発生する。

これが毎年蓄積されていく。 柏崎刈羽原発では1~5号機が1基110万㌔㍗、
6、7号機が1基135・6万 ㌔㍗で合計821・2万㌔㍗。
ウラン燃料は原子炉1基で100㌧以上は装填され ている。

これに使用済み核燃料プールが7基ともにあり、
低レベル廃棄物のドラム缶が2万本以上も貯蔵されていた。
7基を1年間運転するだけで長崎型原爆8万発 分のプルトニウム、
広島型原爆32万発分の死の灰がたまっていたことになる。

今回の地震でも、冷却水用の配管が破損する危険性は十分にあった。
そうなれ ば、原子炉内にたまっていた死の灰が外部に放出され、
チェルノブイリどころでない大惨事になっていた。

危険な55基の原発 どれも地震地帯に立地。
日本には現在55基の原発が稼働している。

日本はすでに地震活動期に入ってい ると専門家は指摘している。

現在とくに危ない地域として、東海、関東をあげ、
とくに東海地震はM8クラスを想定している。

浜岡原発がその震源中央に立地してい ることに警鐘をならし、
柏崎、島根、伊方の各原発も要注意として警告してきた。

また、日本列島が地球上でもっとも地殻変動が活発な変動帯であり、

世界の地震の 10%は日本列島とその周辺海域で起こっており、
とくに日本の原発のほとんどが 地震危険地帯に立地していることを強調して、
早期に地震地帯での原発立地を見直 すことを進言してきた。

専門家の試算では、全国の原発を停止しても電力をまかなうことができるとしている。

地震による原発事故で、生命、財産、産業などが犠牲 になることを考えれば、

原発をただちに停止することの方が国の利益になることは 明らかである。

今回の新潟中越沖地震では柏崎刈羽原発の直下に断層があったことが判明した。

IAEA(国際原子力機関)なども「日本は原子炉の構造などについて、
全面的な 調査をおこなう必要がある」と重大視している。

だが東電やマスコミは早早と

地震による原発事故をかき消そうと必死になってい る。

東電などは、海に放出された放射能の濃度をごまかしたり、

倒れたドラム缶の 数を少なく発表したりし、

この重大時に及んで隠ぺい体質丸出しにして、地元住民 から厳重な抗議を受けている。

現地入りした安倍首相も短時間の視察でお茶を濁し ただけである。
国の利益からみるなら、柏崎刈羽原発だけでなく、
全国の稼働中の55原発を停 止させなければならない。

また新規立地計画はただちに白紙撤回すべきである。

だが安倍政府は、「後は野となれ」という態度に終始している。

憲法を改悪してアメリカのための戦争に日本人民を動員しようという安倍政府は、
原発建設でも原爆の材料であるプルトニウムを生産し、核武装化を狙ってお り、

日本人民の安全などはまったく念頭にはない。

アメリカの戦争のために日本の若者を肉弾として
差し出す道を切り開いた小泉政府の路線をひきつぐ安倍政府は、
日本をアメリカの原水爆戦争の戦場にしようとしており、
日本人民の生命、財産、 国土も丸ごと差し出そうとしていることが
今回の対応でも明らかになっている。

柏崎市や刈羽村では、計画段階から原発建設予定地の直下に活断層が
走っていることを指摘して原発建設に反対してきた住民は、
東電への抗議行動を開始している。

また「活断層はない」の判決を出して東電の原発建設を援護してきた東京高裁 も追及し、

全国的な原発反対の運動を巻き起こすかまえである。
また、全国の原発 立地点の住民も、今回の事態を重大視し、電力会社と国がぐるになり、
「原発は国策」「原発は安全」とだましてきたことに怒りを燃やし、

原発をやめさせる運動に 全国で立ち上がろうと呼びかけている。

長周新聞 7年7月20日付 より引用
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/nihonnkaimetunokikennnisarasitaziko%20subetenogennpatuwohaikiseyo.htm
[ 2012年12月24日 13:38 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR