FC2ブログ

日々物語fc2

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
日々物語fc2 TOP  >  2013年02月
月別アーカイブ  [ 2013年02月 ] 

≪ 前月 |  2013年02月  | 翌月 ≫

電気代値上げ国民負担で【電力9社、日本原電の破綻回避の為、1200億円超検討】

電気代値上げ国民負担で【電力9社、日本原電の破綻回避の為、1200億円超検討】

☆電力9社、電気代を値上げするくせに、日本原電の破綻回避の為、1200億円融資

☆銀行も原発なんてリスクが大きすぎて融資するには
☆値しないと本当は解っているんですね。
☆国の保護(融資分を保障してくれる)があるから金が貸せるだけで。


日々雑感ブログより
……………………………………

電力9社、電気代を値上げするくせに、日本原電の破綻回避の為、1200億円融資

電力9社、原電支援へ 破綻回避へ1200億円超検討

朝日新聞デジタル 2月22日(金)10時7分配信

電力業界と日本原子力発電、日本原燃との関係

image


沖縄電力を除く9電力会社は、原発専業の日本原子力発電が
資金繰りに行きづまらないよう支援する方針を固めた。
1200億~1300億円規模の債務保証や資金支援をする方向で調整している。

敦賀原発(福井県)など3基の原発を動かすめどがたたないため、
銀行から融資を受けられないおそれがあるからだ。

しかし、電力会社は相次いで電気料金値上げを決めており、
業界内の 支援にお金を使うのは利用者の反発をまねくおそれがある。

日本原電は4月に借入金1040億円の返済期限が来る。
銀行から借り直そうとしているが、
一部の銀行は電力業界が保証するよう強く求めている。

もし借りかえができなければ、日本原電は借金を返せずに経営破綻(はたん)する。

このため、日本原電から電気を買っている
東京、関西、中部、北陸、東北5電力のうち、
原発事故を起こして実質国有化された東電を除く
4電力が1040億円分の「債務保証」をする。

返せなくなった時に返済を肩代わりする約束だ。

朝日新聞社
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130222-00000019-asahi-ind


日本を滅ぼす電力腐敗 (新人物往来社文庫):Amazon.co.jp:本


全く発電しない原電に757億円が電力会社から電気代として支払われ
(もちろん、全部国民の電気代から)

コレね

原電、発電せず最高益 本年度上半期 電力5社から資金
2013年1月12日

日本原子力発電(原電)の二〇一二年九月中間連結決算の純利益が、
保有する原発三基が停止中で電力を販売しなかったのに
過去最高の二百九億円に上ったことが分かった。
電力の販売先の 東京電力など大手電力五社が
電力の買い取りの有無にかかわらず支払う
「基本料金」を七百五十七億円納めた一方、
定期検査や修繕の工事費が発生しなかったため。

(中略)

原電への維持管理費は電力各社が
電気料金を決める際の原価に含まれており、
最終的には消費者が負担することになる。

関西電力は昨年十二月の値上げ申請で原価に
年四百六十六億円の原電への支払い分を盛り込んだ。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013011202100005.html

またさらに、原発を維持するために1200億円融資しようとしている。

なぜ電力会社の、見通しの甘さのせいで出た損失を、
『国民が』負担させられて、電力会社は責任も取らないのか!?

後、一昨日の記事ですが、

日本原電がウラン売却=再稼働見通せず、借入金返済で
時事通信 2月20日(水)21時40分配信

電力各社が出資する原発専業の発電会社、
日本原子力発電(東京)が原発燃料である
ウランを一部売却したことが20日、分かった。

同社は売却先などは明らかにしていない。電力会社が、
保有するウランを売却するのは極めて異例。
日本原電は敦賀原発1、2号機(福井県敦賀市)、
東海第2原発(茨城県東海村)の計3基の原発を保有するが、
いずれも再稼働の見通しが立っていない。
経営の不透明さが増す中、売却で得 た資金は
4月に期限が迫っている借入金の返済に充てるとみられる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130220-00000163-jij-bus_all

>日本原子力発電(東京)が原発燃料であるウランを一部売却したことが20日、分かった。
同社は売却先などは明らかにしていない

国外には売れないでしょうから、国内の業者に売り払ったんでしょうけど、
結局販売先なんて、融資元の電力会社でしょ?

それって、通謀した外部企業(グループ企業)に在庫を転売する、
押し込み販売=粉飾にならないの?

あと、

一番上の元記事にあった >敦賀原発(福井県)など
3基の原発を動かすめどがたたないため、
銀行から融資を受けられないおそれがある。
銀行も原発なんてリスクが大きすぎて融資するには
値しないと本当は解っているんですね。

国の保護(融資分を保障してくれる)があるから金が貸せるだけで。

日々雑感ブログ2013・2・22より転載引用
http://hibi-zakkan.net/lite/archives/23802480.html
[ 2013年02月23日 17:26 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

<原発被曝の健康被害> 驚愕すべき事態が周辺で発生している【福島原発事故チェルノブイリ症候群】

<原発被曝の健康被害> 驚愕すべき事態が周辺で発生している【福島原発事故チェルノブイリ症候群】

☆放射能被曝による健康被害は、既に現れている。
☆これから本格化するとも認識すべきではないだろうか。

☆「風邪か」 と信じ込んでいた中高年の隣人が「肺がん」と診断されたのだ。

☆<頻発するチェ症候群> 驚愕すべき事態が周辺で発生している。
☆いうところのチェルノブイリ症候群である。

☆福島県で早くも、幼児への甲状腺がんも見つかってきている。
☆間もなく2年。3年から4年になると、これが 数倍に膨れ上がるだろう。

☆幼子の居る家庭の心配はただ事ではないだろう。
☆「さまざまな体調の狂いに対して放射能被曝が関係している」
☆と疑ってかかるべきかもしれない。

☆<中高年を直撃> 体力的に衰えている中高年に被曝の影響は
☆より急ぎ大きく出るだろう。

☆健康的弱者に被害は、より大きく出るだろう。
☆被曝の脅威を侮るなかれ、である。 中高年のうつ病も多発しているようだ。

☆老人の奇行が目立つ。おかしな言動も。精神が狂い出している。

☆<呼吸器にダメージ>

☆「牛乳はブレンドされて販売されている。
☆これをほとんどの日本にいる市民は飲まされている」というのだ。

☆市民の「無知の無知」を幸いとばかりに政府と自治体、
☆そしてマスコミ宣伝も手伝って全国に拡散させている。
☆官僚など為政者の脳が狂ってしまっている。

☆<医者は原因を逃げる>

☆思い出してしまった。アメリカ学者のブログである。
☆それは「都心の高層住宅のエアコン・フィルターを測定したら、
☆実に高濃度の放射能汚染が確認できた」というものだ。

image


本澤二郎の「日本の風景」より
……………………………………………

<東電原発被曝の健康被害>

3・11から数カ月後に原子炉溶融(メルトダウン)判明で、
多くの国民は事態の深刻さに気づかされた。
他方、政府・マスコミは、パニックを恐れて真相を隠し続けた。

そして嘘つき野田首相 による嘘の「収束宣言」に国民は騙され、
再び警戒心を緩めてしまった。

だが、放射能被曝による健康被害は、既に現れている。
これから本格化するとも認識すべきではないだろうか。

「風邪か」 と信じ込んでいた中高年の隣人が「肺がん」と診断されたのだ。

<頻発するチェ症候群> 驚愕すべき事態が周辺で発生している。
いうところのチェルノブイリ症候群である。

福島県で早くも、幼児への甲状腺がんも見つかってきている。
間もなく2年。3年から4年になると、これが 数倍に膨れ上がるだろう。

幼子の居る家庭の心配はただ事ではないだろう。
「さまざまな体調の狂いに対して放射能被曝が関係している」
と疑ってかかるべきかもしれない。

3・11以後に現れた健康被害というと、筆者の場合、目の様子がおかしい。
「パソコンのやりすぎ」と言われて、
それを信じてきたのだが、時期的にみると、
被曝も災いしている可能性もある だろう。

糖尿病が悪化、失明の危険から急きょ、
手術をした40歳前後の女性も、近くで確認した。

「風邪が2カ月も続いた。こんなことは過去に
経験していないという知り合いもいた。筆者の風邪は1日で治した。

理由は免疫力を高める「強ミノ」を打ったせいである。

「病は気から」というが、正しくは「免疫力の低下」による。
チェルノブイリ症候群は、持病など体力が低下している部分に、
真っ先に襲いかかる。甲状腺がんに限らない。

それぞれの個人の弱 点に致命傷を与えてくるのだ。

<中高年を直撃>
体力的に衰えている中高年に被曝の影響は、より急ぎ大きく出るだろう。

健康的弱者に被害は、より大きく出るだろう。
被曝の脅威を侮るなかれ、である。 中高年のうつ病も多発しているようだ。

老人の奇行が目立つ。おかしな言動も。精神が狂い出している。
脳障害も起きているのだろう。油断できない。

一段と癇癪持ちになる老人が目立って増えている。
異様な行動を取る老人らである。
精神の不均衡から現れる疾患について、本人も周囲も気付かない。

「加齢のせいだ」と片付けてしまいがちだが、
加齢に放射能被害が加わることで、症状は急速に悪化する。
この1、2年以内の 健康異常に東電福島原発放射能が関係している、
と決めつけるべきではないのか。
瞬く間に精神と肉体を破壊する。

この深刻な事態に医療はついていっていないと断定したい気分である。
無知の無知が健康被害をより大きくさせている。

<呼吸器にダメージ>

一般に目・口・鼻から被曝する。目だと白内障が子供にも出るという。
鼻に被曝した知り合いは、鼻血に驚いた。
マスクを使用することで、症状の悪化を食い止めている。

放射能を口や鼻から吸い込むと、まず消化器系に被害が出てくる。
当たり前であろう。

「治りにくい風邪」もその一つだ。
「咳をする。止まらない」という症状だと、肺がやられている。
確かに都会の交通量から、
PM2・5という超微粒子が大気中にまき散らされている。

先日も親類が来て窓際を拭いていて驚きの声を上げた。
「白い雑巾が真っ黒になった」という。

筆者は既に確認している。
都心の大気は車から放出される微粒子で汚染されている。
環境省と自治体の怠慢である。業界の圧力に屈しているせいなのだ。

そこに放射能が連動すると、突然、肺がんが起きることになろう。

「止まらない咳」は要注意だ。

<ブレンド牛乳?>
いうところの内部被曝の脅威に無関心ではいられない。
微量でも五体に深刻な影響を与える。特に中高年に対して。
若者には将来襲いかかることになろう。

無知の無知を決め込んでいた筆者は
「年寄りは覚悟するしか生きられない」と諦めの境地にいたのだが、
周囲に不可解な病状が現れてくると、そうもいっていられない。

政府は原発継続路線のため、真相を隠し続けているのだから、
市民は自己防衛をするしかない。
こんな情けない政府・自治体を恨んでも仕方がない。
民度以上の体制など手にできないのだから。

せめてマスコミが頑張ってほしいのだが、
金縛りにかかっていて真実を報道できない。
事情通が意外な情報を持ち込んできた。

「牛乳はブレンドされて販売されている。
これをほとんどの日本にいる市民は飲まされている」というのだ。
言われてみて思い当たる市民は多いだろう。
東北産の牛乳が店頭から消えてしまって いる。
福島の酪農家はほぼ全滅しているようだ。

しかし、それ以外の酪農家は、いまも続いている。
それなのに? 事情通は
「放射能汚染牛乳と、
汚染されていない牛乳を混ぜて販売されている」と断定する。

「乳製品は健康にいい」と言われるが、
ヨーグルトも完全ではない、というのだろうか。
要するに、東北や首都圏の人たちに限らない。
列島に住む人間は全て内部被曝の対象者なのだ。

しかも、ご丁寧に人道的観点と称して
放射能汚染がれきを全国にばらまいてしまっている。
そこで も被曝拡散である。

さらに、それも利権がらみときている。
福島の50キロ圏内に人は住んではならない。健康に生きられない。

従って放射能瓦礫は、そこに保管するしか方法はないというのに、
市民の「無知の無知」を幸いとばかりに政府と自治体、
そしてマスコミ宣伝も手伝って全国に拡散させている。

官僚など為政者の脳が狂ってしまっている。

<医者は原因を逃げる>

困ったことに病院も医師も真実を隠している。
真相究明に走る勇気ある医師は、年配の一部のものだけである。
彼らの証言やデータを報道しないマスコミによって、
ネットで調べないと、正義の医師の声を察知することが出来ない。

医の倫理など存在しない日本なのだ。真っ当な医学者がいない。
こんな日 本なのである。

<北風にマスク>

友人は「北風にマスクを」と訴えて、自身も実行している。
筆者も数日前から実践するようにしている。
近所に、風邪も引いていないのにマスクをするおじさんがいた。
「おかしな人だ」と思っ たりしていた。馬鹿は自分の方だった。

首都圏民は放射能にずっとさらされている。特に北風の時は。
「北風にマスクをしよう」と叫びたい。花粉症の季節だ。
花粉症にPM2・5、プラス放射能にさらされる都民も情けない。

思い出してしまった。アメリカ学者のブログである。
それは「都心の高層住宅のエアコン・フィルターを測定したら、
実に高濃度の放射能汚染が確認できた」というものだ。

「疑ったらきりがない」という市民もいるに違いない。
しかし、この健康な地球に存在してはいけない核を甘く見てはならない。
疑ってかかれ、である。

2013年2月21日7時45分記

「ジャーナリスト同盟」通信 :
本澤二郎の「日本の風景」(1285)より転載引用
http://blog.livedoor.jp/jlj001/lite/archives/52022227.html

image


低線量汚染地域からの報告、26年後【甲状腺がん、心臓疾患、 白内障、慢性疾患の増加】放射能汚染

☆子供の甲状腺がんはもちろん、大人や子供を問わず、
☆循環器系疾患をはじめ、消化器系、神経系・感覚器系、
☆および呼吸器系疾患などあらゆる病気が、
☆事故後顕著に増えている。

☆チェルノブイリから26年後のコロステンの現状は、
☆目をそらすことなく凝視すべきだろう。

☆しかし、子供たちの75%以上が何らかの
☆疾患を抱えているという「現実」はあまりにも重すぎる。

☆特に、健康な子供たちが
☆ほとんどいないという驚くべき事実には、心が痛む。

☆本書は、低線量被曝でも健康に大きな影響を及ぼしうる、
☆というチェルノブイリの痛切な経験から日本人への警告の書である。

今日の驚きブログより 詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/5ed93daffdd08f8ee5241c6cb50f8e02/?cid=f7835ea1757dadc7333898ccd550674c&st=0

福島の子供10人,甲状腺がん【更に200名程度の二次検査対象者がいる!既にチェルノブイリ超え】

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ba75ec9f231b13f5b9f5c628a2298213


原発が放出する放射性ガスや放射性物質の粒子は『日本の美しい山脈に降り注ぎ!ガン、糖尿病など』
今日の驚きブログより
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ba711e70289ff158e37ec36c8a28ec1c

image


image
[ 2013年02月23日 09:35 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

安倍政権と自助 頑張れない人どうする 【その機能が弱った今、ただ自立を求められても】

安倍政権と自助 頑張れない人どうする【その機能が弱った今、ただ自立を求められても】

☆「頑張る人が報われる社会にする」と安倍晋三首相は言う。

☆その機能が弱った今、ただ自立を求められても
☆頑張れない人は追い詰められるだけだ。

☆「ブーツォルグ」という高齢者の地域ケアを担う非営利団体が
☆オランダで注目されている。

☆看護師を中心に最大12人の小さなチームが
☆各地に点在して町で暮らす高齢者を 支えている。
☆一人の看護師が一人の高齢者のアセスメントから
…介護計画の作成、直接介護まで行う。


毎日新聞 社説:視点より
……………………………………………

■安倍政権と自助 頑張れない人どうする

「頑張る人が報われる社会にする」と安倍晋三首相は言う。

自助・自立が自民党の社会保障政策の核だ。

頑張れない人はどうするのだと言いたいところだが、
高齢化と人口 減少を考えると、
財源なしに甘い政策ばかり並べる時代ではないとも思う。

「頑張る人」とはまじめに働いて税金や保険料を納める人、
他人に負担をかけずに暮らす人を指すのだろう。

たしかに、高齢になっても誰かの役に立ち、社会貢献もしたい という人は多い。

しかし、頑張りたくても頑張れない人が自立するにはそれなりの前提条件がいる。

これまでは家族や地域の互助・共助のクッションがこうした人を守り、
自立できる環境を提供してきた。

その機能が弱った今、ただ自立を求められても
頑張れない人は追い詰められるだけだ。

「ブーツォルグ」という高齢者の地域ケアを担う非営利団体が
オランダで注目されている。

看護師を中心に最大12人の小さなチームが
各地に点在して町で暮らす高齢者を 支えている。
一人の看護師が一人の高齢者のアセスメントから
介護計画の作成、直接介護まで行う。

財政や職員採用、教育も各チームに任されている。
組織の拡大とともに分 業が進んで職員が歯車化するよりも、
個々の看護師が権限と責任を持って自律的に動くことが
仕事へのモチベーションを高めるというのだ。

最大の特徴は、看護師が高齢者の自助の力を引き出し、
家族や近隣住民を巻き込んで支え合う状況を作り出すと、
自分たちは手を引いていくことだ。

頑張って成果を上げる ほど仕事がなくなり収入は減るが、
職員の満足度は同業者の中で最も高い。

高齢者にとっても日替わりで介護されるよりも、
看護師とじっくり信頼関係を築き、
家族や友人に囲まれて自立生活する方が満足度は高いという。

設立6年目で計540チーム(看護師6500人)を
擁する団体に成長したが、事務職員は最小限に抑え、
絶えずネットを使って連絡を取り合いながら
医療やケアの知識や 技術を身につけている。
運営コストは極めて低く、政府関係者や企業から見学者が絶えないという。

実は、日本でも似た活動は見られる。
財政破綻で知られる北海道夕張市などでも地域の
人々が参加する在宅医療・ケアの輪が広がっている。

どの先進国も財政難の中で高齢化に直面しており、
目指すべきものは共通している。
規制や既存組織の壁がないところでは理想が実現しやすいということではないか。

壁をなくす--政治の役割はこのあたりにあると思う。

(論説委員・野沢和弘)

毎日新聞 社説:視点 2013年02月22日 より
http://sp.mainichi.jp/m/news.html?cid=20130222k0000m070114000c&inb=mo&fm=rnk10
[ 2013年02月22日 21:07 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)

津波では無く地震で壊れた福島原発事故 【地震で炉心溶融に至ったのです】避難前の住民が高線量に

津波では無く地震で壊れた福島原発事故【地震で炉心溶融に至ったのです】避難前の住民が高線量に

☆「ベント」を始める約5時間前から、
☆放射性物質が約10キロ圏に拡散していたことがわかった。
☆福島県の放射線モニタリングポストに蓄積されていた観測データの解析で判明した。

☆放射線量が通常の700倍超に達していた地点もあり、
☆避難前の住民が高線量にさらされていた実態が初めて裏づけられた。

image


今日の驚き - Yahoo!ブログより
………………………………………………

福一は、津波でもなく、全電源喪失でもなく地震で炉心溶融に至ったのです。

と言う事は原発の再稼働は地震で壊れない耐震性の改善が基本で、
電源対策でお茶を濁すのは悪質なデマだと言う事です。

【福島第1原発>ベント前 放射性物質が10キロ圏に拡散】

毎日新聞 2月22日(金)2時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130222-00000013-mai -soci

2011年3月12日の福島第1原発周辺で観測された空間放射線量推移
東日本大震災による東京電力福島第1原発事故で、
11年3月12日に1号機格納容器の水蒸気を外部に放出する
「ベント」を始める約5時間前から、
放射性物質が約10キロ圏に拡散していたことがわ かった。
福島県の放射線モニタリングポストに蓄積されていた観測データの解析で判明した。

放射線量 が通常の700倍超に達していた地点もあり、
避難前の住民が高線量にさらされていた実態が初めて裏づけられた。

【発見されたデータは】福島第1原発ベント前 放射性物質の拡散データは放置

県が原発周辺に設置していたモニタリングポストは25基。
5基が津波で流され、20基は地震によ る電源喪失でデータ送信できず、
事故当時、住民の避難に活用することはできなかった。

県は昨年9月 下旬までに20基の蓄積データを回収し解析。
県のホームページに解析結果を掲載し、関係自治体に連 絡した。

しかし、ベント前に放射性物質が拡散していたことは周知されておらず、
国会と政府の原発事 故調査委員会も把握していなかった。

最初のベントは3月12日午前10時17分に試みられ、
4回目の同日午後2時半ごろに「成功した 」とされる。

しかし、観測データによると、主に双葉町の▽郡山地区
▽山田地区▽上羽鳥地区▽新山地区− −の
4地点でベント前に放射線量が上昇していた。

震災前の線量は毎時0.04~0.05マイクロシー ベルトだったが、
原発の北2.5キロの郡山地区では
3月12日午前5時に0.48マイクロシーベル ト、
同6時に2.94マイクロシーベルトと上昇。
さらにベント開始約1時間前の同9時には7.8マ イクロシーベルトになった。

西5.5キロの山田地区ではベント直前の同10時に
32.47マイクロ シーベルトと通常の約720倍を記録した。

国の平時の被ばく許容線量は毎時に換算すると0.23マイクロシーベルトで
各地で瞬間的に上回 ったことになる。
数値の変動は風向きの変化によるとみられる。

国会事故調の最終報告書などによると 、
1号機では11日夜から12日未明にかけて、
全電源喪失を原因として炉心溶融(メルトダウン)が 発生。
圧力容器などが損傷し、放射性物質が外部に漏出したと推定されている。

当時、住民への避難指示は、県が11日午後8時50分に2キロ圏
▽国が同9時23分に3キロ圏
▽ベ ントを前提に国が12日午前5時44分に10キロ圏−−に拡大。
だが10キロ圏内の住民(約5万人) の多くが圏外へ避難を始めたのは
12日午前8時ごろとされ、放射性物質が広範囲に拡散し始めたのは 、
4回目のベントとその後の同日午後3時36分の
原子炉建屋の水素爆発によるものとみられていた。

4回目のベントの約30分後には、原発の北西6キロの
上羽鳥地区で線量が1591マイクロシーベル トに急上昇している。

ベント前に観測された線量は、1時間浴びたとしても胸部X線検診1回分を下回る。

放射線防護に詳 しい野口邦和・日大歯学部准教授は
「ただちに健康に影響する線量ではない」としながらも、
「どのよ うに放射性物質が拡散し、住民がどのくらいの線量を浴びたのかは
検証されなければならない」と指摘 した。【神保圭作、栗田慎一】

◇避難指示が出る前に放射性物質の拡散が始まる

東京電力福島第1原発事故で、国の10キロ圏避難指示が出る前に
放射性物質の拡散が始まっていた ことが県の解析データで判明したが、
当時、周辺で暮らしていた住民はその事実を知らず、避難もしていなかった。

東日本大震災で福島第1原発周辺のモニタリングポストが電源を失い、
機能不全に陥って いたためだ。
これは住民放射線防護の根幹に関わる重大な問題だ。

福島第1原発事故ではモニタリングポストのほか、
事故対応に当たるオフサイトセンター(緊急事態 応急対策拠点施設)や
SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測システム)も活用できなかった。

これ らの事実は、従来の備えでは深刻な原発事故に対処できないことを示している。

モニタリングに関しては、
国の原子力規制委員会で事業者や自治体を交えた議論が進む。
その会議に 参加した福島県の担当者は積極的な発言はせず、
司会者から促されて、事故時にモニタリングポストが
使えなかったことなどを伝えるだけだった。

だが、観測データを住民避難に生かせなかった失敗を
福島県が重く受け止めているのであれば、
モニ タリングポストの電源や通信手段の多重化を図るよう、
原発のある他の自治体に提言することもできるはずだ。

「同じ事故を二度と起こしてはならない」と主張する福島県は、
自らの事故対応を再検証し、国が新たに作る
「原子力災害対策指針」策定の中心となり改善を求めていくべきだ。
【神保圭作】

★放射線モニタリングポスト 空気中の放射性物質の濃度を自動観測する装置。全国の原発周辺地域 に設置されている。1時間ごとの平均線量を監視施設などにリアルタイムでデータ送信し、避難指示な どに活用する。電源喪失で送信できなくなっても、非常用バッテリーで観測データを機器内に蓄積し続 けることができる。

今日の驚き - Yahoo!ブログ 2月22日より
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8460119.html

image


原発が放出する放射性ガスや放射性物質の粒子は『日本の美しい山脈に降り注ぎ!ガン、糖尿病など』
今日の驚きブログより
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ba711e70289ff158e37ec36c8a28ec1c

image


低線量汚染地域からの報告、26年後【甲状腺がん、心臓疾患、 白内障、慢性疾患の増加】放射能汚染

☆子供の甲状腺がんはもちろん、大人や子供を問わず、
☆循環器系疾患をはじめ、消化器系、神経系・感覚器系、
☆および呼吸器系疾患などあらゆる病気が、
☆事故後顕著に増えている。

☆チェルノブイリから26年後のコロステンの現状は、
☆目をそらすことなく凝視すべきだろう。

☆しかし、子供たちの75%以上が何らかの
☆疾患を抱えているという「現実」はあまりにも重すぎる。

☆特に、健康な子供たちが
☆ほとんどいないという驚くべき事実には、心が痛む。

☆本書は、低線量被曝でも健康に大きな影響を及ぼしうる、
☆というチェルノブイリの痛切な経験から日本人への警告の書である。

今日の驚きブログより 詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/5ed93daffdd08f8ee5241c6cb50f8e02/?cid=f7835ea1757dadc7333898ccd550674c&st=0

image


image
[ 2013年02月22日 19:54 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

「発送電分離」決定の裏で、 原発再稼働の 「密約」暴走する安倍政権・官僚ら!!

「発送電分離」決定の裏で、 原発再稼働の 「密約」暴走する安倍政権・官僚ら!!

☆電力業界が、「電力システム改革」をしぶしぶ受け入れた理由は、
☆安倍晋三政権とある「密約」が交わされたからだとの指摘がある。
☆発送電分離とのバーターとして、「原発再稼働の約束が結ばれた」
☆と自民党の関係者はいう。

☆原発の新設・増設に 対し、前向きな発言をしている。
☆さらに安倍だけでなく現政権には、原発の再稼働、新設、増設に
☆対して意欲的な政治家・官僚が多い。

☆原発利権の裏に、経産省官僚の動きあり

☆そして、経産省から政務秘書官となった今井尚哉。
☆今井は、民主党政権時代に陰の首相といわれた仙谷由人
☆(元国家戦略担当大臣)の懐に飛び込み、
☆国家戦略として“原 発輸出”を掲げさせ、UAE(アラブ首長国連邦)、
☆トルコ、ベトナムなどへ原発を 売り込んだ。
☆今再び、原発の“政官タッグ”が生まれている。

☆今夏の参議院選挙まで“寝たふり”を決め込んだ自民党。
☆参院選挙後は、一気に原発再稼働へのギアが入れられる。

…………………………

自民・官僚原発マフィアの強欲、極悪狡猾さは
以前にも増して、暴走し続けるのか。

………参院選次第。。。。果たして、国民は。。。

image


PRESIDENT Online
2013年2月22日(金) :@niftyニュースより
………………………………………………………

「発送電分離」決定の裏で、交わされたある 「密約」

「大きな改革を実行することにした。懸念があるから、
前に進めることができない、今はまだ決められないでは、困る」

1月30日、電気事業連合会(電事連)会長の八木誠 (関西電力社長)、
電力業界の首脳を前に、茂木敏充経済産業大臣は断言した。

茂木が“大きな改革”と 言ったのは、「発送電分離」のことだ。
なぜ、大臣が、発送電分離を大きな改革と明言したのか。

昨年1月、電力市場に対して競争原理を持ち込む
「電力システム改革専門委員 会」が発足し、
電力システム改革の議論が始まった。委員会の議論の中心は、
「発送電分離」を実行するかどうかだった。

1月21日、「電力システム改革専門委員会」から発送電分離を盛り込む
「電気事業法改正案」が発表された。
これで発送電分離の流れは固まり、
順調に進むはずだったが、簡単にはいかなかった。

「電力システム改革専門委員会」案が提出された同じ日に、
電事連も、A4用紙4 枚の意見書を提出したのだ。

電事連は、電力会社で構成され、
原子力事業を推進して発送電分離に反対してきた、いわば業界団体だ。

電事連は、日本の電力市場 は、発電部門、送電部門が高度に統合されていて、
発送電分離を行えば、良質で安定した電力を
供給しづらくなるという主張を繰り返してきた。
さらに、電事連 は、今回提出された意見書の
「電力システム改革の進め方」で、反対の理由を、 こう述べている。

「原子力事業リスク
(不稼働、無限責任、バックエンド、ストランテッドコスト化等)が
今後、どのようになるのかが判然としない中、
さらに経営の不透明さを増すような分離形態の是非を今判断することは、
経営として極めて困難であることをご理解いただきたい」

原子力事業を続けるのが困難な環境下で、
「発送電分離」が盛り込まれたら、経営が成り立たないという論調である。

電力会社は自民党に、選挙協力や資金など様々な形で支援してきた過去がある。

「電事連の幹部が、自民党の経済再生担当大臣、甘利明
(旧商工族、経産相経験 者)や自民党政調会長、
高市早苗などを頻繁に訪ねて、発送電分離反対である
電事連の立場を説明して協力を求めていた」

と、経済産業省の幹部は語る。

それだけに、21日に「発送電分離」への「賛成」と「反対」の2案が提出されてから、
電力事業の所管大臣、茂木が、どのような判断をするのかを、
電力業界は息を殺して見守っていた。

それから、9日後に告げられた「発送電分離」のGOサイン。
この茂木発言に、電力業界幹部は一瞬表情を強ばらせたが、
激烈な拒否反 応はなかった。それはなぜか?

発送電分離が決定しても、電力小売りの完全自由化までには、数年かかる現実もある。

しかし、電力業界が、「電力システム改革」をしぶしぶ受け入れた理由 は、
安倍晋三政権とある「密約」が交わされたからだとの指摘がある。
発送電分離とのバーターとして、
「原発再稼働の約束が結ばれた」と自民党の関係者はい う。

■原発利権の裏に、経産省官僚の動きあり

安倍首相自身、昨年末に政権に復帰するやいなや、
民主党が決めた「2030年原発ゼロ」の見直しを明言した。

安倍は、福島第一原発の事故原因を冷静に見極めたうえでと前置きしながらも、
「今後、新たに建設する原子力発電所は、
40年前に造られた福島第一原発とは全然違うものだ。
国民的な理解を得ながら新たに造っていくことになる」と、

原発の新設・増設に 対し、前向きな発言をしている。
さらに安倍だけでなく現政権には、原発の再稼働、新設、増設に
対して意欲的な政治家・官僚が多い。

現政権で経済再生を担う甘利は、
経産相在任中の2007年4月、世界第2位のウラ ンの埋蔵量が
確認されているカザフスタンを訪れるために、
官民挙げて結成した 大訪問団の中心にいたことがある。
この大訪問団には、東京電力をはじめとする
電力各社の社長だけでなく、原子炉メーカー、商社の首脳も加わっていた。

当時、世界的な“原子力ルネサンス”の動きに対して、
経産省の立場で支援したのが、柳瀬唯夫総理秘書官
(当時資源エネルギー庁原子力政策課課長)だ。

そして 経産省から政務秘書官となった今井尚哉。
今井は、民主党政権時代に陰の首相といわれた仙谷由人
(元国家戦略担当大臣)の懐に飛び込み、
国家戦略として“原 発輸出”を掲げさせ、UAE(アラブ首長国連邦)、
トルコ、ベトナムなどへ原発を 売り込んだ。
今再び、原発の“政官タッグ”が生まれている。

今夏の参議院選挙まで“寝たふり”を決め込んだ自民党。
参院選挙後は、一気に原発再稼働へのギアが入れられる。

PRESIDENT Online 2013年2月22日(金)
:@niftyニュースより転載引用
http://s.news.nifty.com/magazine/detail/po-20130222-8586_1.htm

電力会社も普通の会社として倒産させるべき:古賀茂明氏
今日の驚きブログより
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/268a2853057de5e8d1275e6de24dddec/?cid=f7835ea1757dadc7333898ccd550674c&st=0

廃炉産業が世界の潮流【原発解体、フランス原発58機の廃炉解体費は320億ユーロ、乗り遅れる日本 】

今日の驚きブログより
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/5d886bd954c8122f10b9980c3e21da89

電力利権を解体せよ!総括原価方式から見る原発問題【高額電気代の元凶】

今日の驚きブログより
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/278e34e8cd1b860ce4beafd883438856

image

image

「原発にもメーカー責任を」キャ ンペーン始まる
今日の驚きブログより
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ffe8185ceaf1e0dc8d001c648e8a61e1/?cid=f7835ea1757dadc7333898ccd550674c&st=0
[ 2013年02月22日 18:29 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

日米首脳会談でのTPP参加表明は万死に値する【米国の米国による米国のための仕組み】

日米首脳会談でのTPP参加表明は万死に値する【米国の米国による米国のための仕組み】

☆日本はTPPに参加するべきでない。
☆一度参加したら最後、元には戻れなくなる。
☆TPP参加で日本は根底から変質することになる。

☆米国の最重要ターゲットは次の三つだ。
1.医療・薬品・医療機器・医療保険
2.各種共済制度
3.農業
☆この三分野で日本市場を完全浸食しようとしている。
☆国内論議を経ずにTPPに突き進むことは、まさに「亡国の道」である。


TPPで国民健康保険が崩れていく仕組み【日本は国民健康保険を崩す方向に動いている】 孫崎 享
今日の驚きブログより
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/98f20e87ca2bc4017a6617e6e8515c14

image



☆昨年12月16日の総選挙に際して安倍晋三氏は
☆「日本を取り戻す」と唱えて いたが、この発言の真意は、
☆「米国が日本を取り戻す」
☆ということであったと見られる。

☆米国にとっての関心事項は、日本の対米隷属。
☆この根本が揺らぐことを米国は断じて許せないわけだ。
☆安倍晋三氏は、「(米国が)日本を取り戻す」ことに
☆全面協力する政権であるとして、
☆いま、この安倍政権を全面的に支援している。

☆これは、日本国民にとって著しい不利益を与える行為になる。
☆TPPはひと言で表現すれば、「米国の米国による米国のための仕組み」であ る。

植草一秀の『知られざる真実』より
………………………………………………………………

■日米首脳会談でのTPP参加表明は万死に値する

二つの重要問題に焦点が当たっている。

TPPと日銀幹部人事だ。

日米首脳会談が行われる。

米国は安倍政権が発足して「日本を取り戻す」ことに全力を挙げている。

昨年12月16日の総選挙に際して安倍晋三氏は
「日本を取り戻す」と唱えて いたが、この発言の真意は、

「米国が日本を取り戻す」

ということであったと見られる。

米国にとっての関心事項は、日本の対米隷属。

この根本が揺らぐことを米国は断じて許せないわけだ。

2009年9月に発足した鳩山由紀夫政権を米国が徹底的に嫌ったのは、
この政権が米国の言いなりにならない姿勢を示したからである。

鳩山政権の屋台骨を支えたのは鳩山由紀夫元首相と小沢一郎氏であった。

この小沢-鳩山ラインは日本政治が米国の言いなりになる路線、
日本の対米隷 属路線を否定しようとした。

このために、小沢-鳩山ラインは米国から猛攻撃を受けたのである。

米国は鳩山政権をつぶして、米国傀儡の菅政権、野田政権を樹立させた。

そして、昨年12月の選挙を通じて安倍政権を発足させた。

安倍晋三氏は、「(米国が)日本を取り戻す」ことに
全面協力する政権であるとして、いま、
この安倍政権を全面的に支援している。

だからこそ、円安誘導政策が国際社会から糾弾されることから
安倍政権を守るために、米国は全面的な協力姿勢を示しているのである。

「米国が日本を取り戻す」ための具体的な「アジェンダ」は次の五つだ。

1.中国との軍事緊張の演出

2.米軍への全面支援

3.TPP参加

4.原発推進

5.米国への資金供与

当面の焦点はTPPである。

安倍晋三氏は「聖域なき関税撤廃」の原則に例外が設けられなければ
TPPに は参加しないことを表明している。
これは、TPP交渉に参加するための方策であると見られる。

つまり、完全撤廃の例外をたったひとつでも設定させて、
これをTPP参加の口実にしようというわけだ。

安倍氏はオバマ氏との会談で、「例外設定の可能性」についての
感触を判断す ると発言しており、日米首脳会談で安倍氏が、
実質的なTPP交渉参加の方針 を表明する可能性がある。

これは、日本国民にとって著しい不利益を与える行為になる。

TPPはひと言で表現すれば、「米国の米国による米国のための仕組み」であ る。

米国は日本市場を侵食するために、これまで25年にわたる取り組みを続けて きた。

最初は1989年発足のブッシュ父政権だ。
SII=日米構造協議と呼ばれた 構造改革の協議が行われた。

日本の諸制度を変革して米国資本が日本市場で活動できる環境を整えようとした。

1993年のクリントン政権発足後、年次規制改革要望書が作成され、
内政干渉の指令書としてこの文書が米国から日本に提示されてきた。

クリントン政権は「協議」では結果が得られないとして、
「数値目標」の設定 を強く求めた。

2009年の鳩山政権の発足後、「年次規制改革要望書」は撤廃された。

しかし、その代わりとして「日米経済調和対話」と呼ばれる
新しい文書が作成された。名称をリニューアルしたものである。

これと同時に米国が立ち上げたのがTPPである。

TPPは日本の諸制度改変のための新しい策謀なのである。

米国は米国傀儡の菅直人政権にこのTPPを投げつけて
菅政権に前向きの姿勢を示させた。
そしていま、これを日本に呑ませようとしているわけだ。

日本はTPPに参加するべきでない。

一度参加したら最後、元には戻れなくなる。

TPP参加で日本は根底から変質することになる。

米国の最重要ターゲットは次の三つだ。

1.医療・薬品・医療機器・医療保険

2.各種共済制度

3.農業

この三分野で日本市場を完全浸食しようとしている。

国内論議を経ずにTPPに突き進むことは、まさに「亡国の道」である。

絶対に安易なTPP交渉参加表明は許されない。

安倍氏が日米首脳会談でTPP交渉参加の意思を
表明することは万死に値する行為となる。

「植草一秀の『知られざる真実』」
2013・2・20より転載引用
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-0bfb.html

image


image
[ 2013年02月22日 13:35 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)

【日本国民を被爆から守るために】放射線関連技術者に・・・信念ある職業倫理を求めます。

【日本国民を被爆から守るために】放射線関連技術者に・・・信念ある職業倫理を求めます。

☆放射線のことを知らない普通の人が困っています。
☆今こそ、技術者は職業倫理を守り、
☆日本国民を被爆から具体的手段で守ってもらいたいと思います。

☆政府が怖いと言って職業倫理を放棄しないでください。

☆日本が法治国家であり、原子力や放射線の専門家が
☆自らの職業倫理を守るなら、どうしてもしなければなりません。

☆危機が訪れたとき、普段からやっていたことを放棄するなら
☆それは専門家とは言えないからです。

武田邦彦ブログより
…………………………………

放射線関連技術者に・・・信念ある職業倫理を求めます

「housyasenshokugyourinritdyno.59-(8:27).mp3」をダウンロード

福島の原発事故以来、非科学的な作業が多く見られます.
私たち原子力、放射線関係の技術者が、
「原子力や放射線の発展のため」に
「日本人に余計な被曝をさせないため」、必ずやってきたことがあります。

それを思い出して、 法令に従い、
次のことは必ず実施するように呼び掛けます。

放射線のことを知らない普通の人が 困っています。
今こそ、技術者は職業倫理を守り、
日本国民を被爆から具体的手段で守ってもらいたいと思いま す。

1)放射線による被曝の恐れがある場所での作業

2)放射性物質の汚染の恐れがある物品や食材の取り扱い

3)管理区域の線量を超えている所の人や物品の出入り

私たちは原子力や放射線技術の正常な発展のために、
国民に被曝による被害を出さないために
さまざまな規制を守ってきました。

それは福島原発事故 が起こったからと言って変わりませ ん.

つまり「福島原発事故が起こったから、
日本人が被曝について強くなっ た」と言うことは無いからです。

言うまでもないのですが、福島や近県、
東京の北東部などは汚染がかなり になるので、

1)に該当します。その 場合、そこで生活する人は、
1)線量計を付け、 2)被曝量を測定し、 3)記録を付け、
4)内部被曝を含めて1年1ミリを超え るときには退避させる、

ことが必要なことは技術者は全員がよく知っています。
日常的にこれまでし てきたことです。
政府が怖いと言って職業倫理を放棄しないでください。

次に、福島や近県から持ち出される物 品、食材などについては、
1)法令に沿った表面線量率を測定する、
2)必要に応じて放射線で汚染された ことを示すラベルを貼る、
ことであることも知っているはずで す。

第三に、福島県を中心とする土壌汚染地帯
(1平方メートル4万ベクレル以 上、線量率が1年5ミリ以上)は管理区域として、

1)囲いをする、 2)線量率を監視する、
3)汚染者(東電)を呼んで除染させ る、 をすることです。

このようなことはそこに住んでおられる方の希望がどうあれ、
日本が法治国家であり、原子力や放射線の専門家が自らの
職業倫理を守るならどうしてもしなければなりません。

危機が訪れた とき普段からやっていたことを放棄するなら、
それは専門家とは言えないからです。

(平成25年2月20日)

武田邦彦

(C)武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ
より転載引用、音声もコチラ↓↓
http://takedanet.com/2013/02/post_ff59.html


image


image


image


image
[ 2013年02月22日 11:01 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

アベノミクス 値上げ地獄が始まった! 来月上旬ガソリンはリッター160円になる

アベノミクス 値上げ地獄が始まった【来月上旬ガソリンはリッター160円。さらに電気代もか】

☆日本はLNGを輸入する際、その価格は原油価格と連動する仕組みになっている。

☆電力会社がおかしな契約を結んでいるからで、
☆そのため、日本は世界一バカ高いLNGを買 わされている。
☆これが電気代に跳ね返ってくる。

ゲンダイネットより
……………………………

アベノミクス 値上げ地獄が始まった!
来月上旬ガソリンはリッター160円になる

2013年2月20日

電気代も青天井に 世間はアベノミクスの
バブル株価に浮かれているが、おめでたい話だ。

その間にも値上げラッシュの足音がひたひたと迫っている。
中でも見過ごせないのがエネルギーだ。

ガ ソリン代、電気代、ガス代。すでに上がっているが本番はこれからだ。
庶民の生活はもちろんのこと、企業の生産活動にも重大な影響を及ぼすことになる。

レギュラーガソリンの小売価格は
今月12日、153.8円(1リットル)となった。

前週比2.1円増。10週連続の値上がりで、
累計8.3円増。軽油は133.2円で
こちらも11週連続、累計で7.6円も上がった。

もちろん、円安の影響だが、実は為替の影響は
3週間後くらいに小売価格に跳ね返る。

つまり、ここにきて急落した円安分は、
まだ価格に組み込まれていなくて、本格的な価 格上昇はこれからなのだ。

その場合、ガソリン価格はどれくらい上がるのか。

「来月上旬にはガソリンは158~160円になります。
軽油は137~140円に行く。これはほぼ確定です。
1月は1ドル=89円台だった為替レートが
2月中旬には94 円台の半ばまで行ったからです。

それでなくても原油は昨年10月比で6%以上上がっている。
そこに円安要素が加わった。1ドル=100円なんて事態になれば、
昨秋比で3 割以上の値上げになります」
(エネルギー関係のアナリスト)

福田康夫内閣の時にガソリンは一時、156円になった。
このときは原油高騰・下請け中小企業に関する緊急対策がまとめられ、
国会では民主党のガソリン値下げ隊が大暴 れ、
暫定税率が一時、引き下げられる騒ぎになった。

それなのに、今回はアベノミクスに浮かれて、何もなし。
これじゃあ、庶民は見殺しにされるようなものだが、
もうひとつ、見過ごせないのがLNG価格だ。

日本はLNGを輸入する際、その価格は原油価格と連動する仕組みになっている。

電力会社がおかしな契約を結んでいるからで、
そのため、日本は世界一バカ高いLNGを買 わされている。
これが電気代に跳ね返ってくる。

言うまでもないがLNGは火力発電のエネルギーになる。
原発停止と円安がダブルパンチになるわけだ。

「日本のLNG輸入価格は16~18ドル(100万BTU=英国熱量単位)で、
主にカタールから輸入している。これは法外な値段です。

シェールガスもあり、LNG価格は 世界的に値崩れしているんです。
南米、西アフリカから米国向けは3~3.5ドルです。
許せないのは日本と同じように原油連動型の欧州向けの
LNGも9~13ドル程度で、 日本よりはるかに安いこと。

日本は吹っかけられているんです。
日本の電力会社はいくらコストがかかっても、
電気代に上乗せできる。向こうもそれを知っているから、強気。
日本はカモにされているんです」(電力会社関係者)

これじゃあ、電気代は青天井だ。
すでに値上げを実施済みの東電のほか、
関西電力、九州電力、東北電力も値上げ申請中。
四国電力、北海道電力も近く、値上げ申請する。
値上げ幅は約1割程度だが、もちろん、これは入り口に過ぎない。

アベノミクスが続くと、庶民の暮らしはヘタってしまう。

浮かれていたらバカを見る。

ゲンダイネット2013年2月20日より
http://spweb.gendai.net/articles/view/syakai/141052

アベノミクスがパスタ、オリーブオイルを直撃する【イタリアン受難の時代 円安で小麦また値上げ】

今日の驚きブログより
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/b391f99bf939356d1cdc54c62fabde16
[ 2013年02月22日 09:49 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

原子力規制委員会が「甲状腺検査を途中で打ち切る」ことを検討!福島では物凄い事態が発生している!?

原子力規制委員会が「甲状腺検査を途中で打ち切る」ことを検討!福島では物凄い事態が発生している!?

※原発ムラ、日本政府、日本中枢は悪魔か!!
※反社会的な組織である。。

正しい情報を探すブログ 2013/02/21 より
………………………………………………………

原子力規制委員会が「甲状腺検査を途中で打ち切る」ことを検討!
福島では物凄い事態が発生している!?

原子力規制委員会が「甲状腺検査を途中で打ち切ることを検討している」
という情報が入って来ました。
本来は規制する側の原子力規制委員会からこのような提案が出 たことに驚愕です。
彼らは一体何を考えているのでしょうか?

☆福島の子、甲状腺検査の短縮検討 規制委「地域や年齢で」

URL
http://apital.asahi.com/article/story/2013022000012.html

引用: 福島県の子ども約36万人対象の甲状腺がん検査について、
原子力規制委員会の検討チームは19日、
被曝(ひばく)線量や居住地などにより実施期間の短縮も
検討すべきだとする総括案を出した。
東京電力福島第一原発事故の影響を調べるため、
全員、生涯にわたり検査する計画だった。県関係者からは反発の声も出ている。

県は現在、事故当時18歳以下だった子ども全員を
対象に甲状腺の超音波検査を行っている。
検討チームは検査実施期間について、被曝線量が低いと推計されるか、
線量が低いとみられる地域の子どもは、
検査を途中で打ち切ることも検討すべきだとした。
総括案は近く規制委員会に報告され、同委員会は提言を出す予定だ。

検討チームの一員、木田光一・同県医師会副会長は
「甲状腺被曝の実態も低線量被曝の健康影響も不明だ。
生涯、検査し、安心につなげるという枠組みを崩すことは おかしい」と批判。

今回の内容は過去4回の会合で議論していないという。
甲状腺検査などを実施する山下俊一・同県立医大の副学長は
「健康を生涯にわたり見守る方針に変化はない」と話す。
(大岩ゆり) :引用終了

大方、福島での甲状腺癌患者数が増加して大変な事態になってきているので、
それを必死に隠そうとしているのでしょう。
当ブログでは前にご紹介しましたが、福島の子供3人から甲状腺癌が発見され、
7人に甲状腺癌の疑いがあり、200人以上が2次検査の対象となっています。

image


☆福島県甲状腺検査 3人が甲状腺がん、7人に疑い
URL
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00240449.html

引用: 福島第1原発事故を受けて、福島県が進める甲状腺の検査で、
3人が甲状腺がんと診断され、また7人に疑いがあると報告された。
福島市では、医師などが出席して、
原発事故の健康への影響について検討する会議が開かれている。
この会議で、福島県内の3人の子どもが、甲状腺がんと診断され、
7人が、その疑いが強いと報告された。
福島県は、18歳以下の子どもを対象に、甲状腺の検査を進めている。
13日の会議でも、3人の甲状腺がんについて、
原発事故の影響とは考えにくく、もともとあった、
がんを発見したという見解が示された。
:引用終了

正しい情報を探すブログ 2013/02/21より
詳細、データ画像もコチラ↓↓
http://s.ameblo.jp/kennkou1/entry-11475461261.html

image


福島の子供10人,甲状腺がん【更に200名程度の二次検査対象者がいる!既にチェルノブイリ超え】
今日の驚きブログより
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ba75ec9f231b13f5b9f5c628a2298213

洗脳>『放射能は安全です。福島の食べ物は安全です』福島の中学生達が訴えていたのを見 てゾッとした

これまで幾度となく彼らの前に
放射能を安全と謳う大人達がやってきては、
自分達は風評被害遭っていると刷り込まれてきたのだなと
容易に想像がつきました。

そんな彼らの行く末にはどんな未来が待って いるのだろう…
大人達に嘘を教え込まれ、

今日の驚きブログより
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/1982d5e9203a9f9c50ee43fff93be48e

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/1982d5e9203a9f9c50ee43fff93be48e

image
[ 2013年02月22日 09:43 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

なぜ人は犬猫ペットを愛するか!?

なぜ人は犬猫ペットを愛するか!?

人は【史上最強の、狡猾で、残忍な弱肉強食の生物】だから、です。。

犬猫の方が、弱肉強食さ、狡猾さが、人間より、ましだらです。。

狡猾で弱肉強食の社会が蔓延、強化する日本。。

安倍政権、原発ムラら、、の日本。に思う。。
[ 2013年02月21日 22:19 ] カテゴリ:犬猫 | TB(0) | CM(0)

大間原発 核燃料サイクル対岸から/フルMOX、厳しい目【すでに破綻している】

大間原発 核燃料サイクル対岸から/フルMOX、厳しい目【すでに破綻している】

<「破綻している」> < 技術確立されず>

「なし崩しに建設、稼働するのか。安全が確保されるとは思えない」
使用済みMOX燃料の再処理技術はウラン燃料以上に困難で、
国内では確立されていない。

再処理せずに地中に埋める「直接処分」も、発熱量が長期間、
減少しないなどの難しさがある という。

image


河北新報ニュース
……………………………

■核燃料サイクル(3)対岸から/フルMOX、厳しい目

<「破綻している」>

「なし崩しに建設、稼働するのか。安全が確保されるとは思えない」

昨年10月1日、北海道函館市役所。工藤俊樹市長は、
大間原発(青森県大間町)の工事再開を報告する電源開発
(Jパワー)の担当者に詰め寄った。

「核燃料サイクルと言うが、一般の見方として(サイクルは)既に破綻している」

核燃料サイクルで、大間原発は使用済み核燃料再 処理工場(青森県六ケ所村)
にたまり続けるプルト ニウムの「消費装置」として重要な役割を担う。

完成すれば、全ての炉心(燃料棒)にウランとプルト ニウムの
混合酸化物(MOX)燃料を装荷する世界初のフルMOX原発となるからだ。

運転開始は2016年5月以降となるが、Jパワ ーが目指す
「稼働後5~10年での全炉心装荷」が 実現すれば、
普通の原発でMOX燃料を使う「プル サーマル」に比べ、
原子炉1基当たり3倍のペース でプルトニウムを消費する。
だが、ここでも棚上げされている問題は少なくない。

< 技術確立されず>

「使用済みMOX燃料は搬出できない。
サイト内のプールは20年で満杯になる」
(工藤市長)というのが、その一つだ。

使用済みMOX燃料の再処理技術はウラン燃料以上に困難で、
国内では確立されていない。

再処理せずに地中に埋める「直接処分」も、発熱量が長期間、
減少しないなどの難しさがあるという。

国は2010年以降、使用済みMOX燃料を再処理する
「第2再処理工場」の建設など、処理方法を検討しているが、
具体的な成果は挙がっていない。

大間原発の工事再開は、建設推進で結束してきた
青森県大間町と隣接の佐井、風間浦両村の 間のあつれきも表面化させた。
早期完成にこだわる大間町と、両村の距離が広がっている。

<3町村の間に溝>
3町村でつくる「大間原発3ケ町村協議会」。国への要望事項が議題と
なった8日の会合では、「原発建設の推進」を筆頭項目にしたい
大間町に対し、佐井村の太田健一村長が

「福島の事故で原発に不安を抱く村民が、相当数いる」と訴えた。
原発立地による交付金などが大間に比べて薄いことへの不満もあり、
両村から「原発が完成 して栄えるのは大間だけだろう」
といった発言も飛び出したが、協議はいつも通り、
大間町が 押し切る形で終わった。

協議会で、これまで核燃料サイクルの先行きが議論されたことはない。
津軽海峡の対岸に位置する函館市は現在、
大間原発の建設差し止め訴訟と国による
原子炉設置許可の無効確認訴訟の準備を進めている。
1月に弁護団と委任契約を結び、
市民団体や周辺自治体との共闘態勢の構築にも力を入れる 。

大間原発からの距離は市域の近い所で二十数キロ。
天気が良いと、海を挟んで建設地が見え る。
同市の三原克幸原子力担当参事は

「いくら金を積んでも、核のごみを引き受ける自治体は出てこない。
行き場のない使用済みMOX燃料は大間にたまり続ける。
大間町とけんかをするつもりはないが、『対岸の火事』では済まない」と話す。

[大間原発]改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)。
出力は国内最大級の138万キロワット。
電源開発は東北電力に売電する。

2008年5月着工。福島第1原発事故による中断を経て、
12年10月1日に工事を再開した。
同年9月決定の政府の新エネルギー戦略は、
原発の新増 設を認めない方針を示したが、
大間は「原子炉設置許可が与えられた既設原発」として継続を 決めた。

国の原子力委員会は1999年6月、ABWRの全炉心MOX燃料装荷を認めた。

反対派からはMOX炉心はウランに比べ制御材が効きにくかったり、
異常時に炉内の圧力が上昇 しやすかったりするとの指摘もある。

河北新報 2013年02月21日より転載引用
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1098/20130221_01.htm

【大間原発 青森「推進」北海道「凍結」】

河北新報より
……………………

昨年10月に建設が再開された電源開発大間 原発(青森県大間町)をめぐり、
「推進」を訴 える下北半島の4市町村と、
「凍結」を求める 北海道側の6市町が19日、
相次いで経済産業 省に要望書を提出した。
同じ日に津軽海峡を挟 んだ両地域が行った要望は正反対で、
関係者は 「偶然が重なったのか」と戸惑い気味だ。

宮下順一郎むつ市長や金沢満春大間町長らは 菅原一秀副大臣に、
核燃料サイクル政策の堅持を求める要望書を手渡した。
この中で、サ イクルを支える大間原発の推進を訴えた。
宮下市長は要望後、「意味のある要請活動だっ た」と述べた。

一方、工藤寿樹函館市長らは赤羽一嘉副大臣に、
大間原発建設を無期限で 凍結するよう訴えた。

大間原発から50キロ圏内の人口は青森県側約9万人に対し、北海道側は約37万人。
函館市は一部が事故時に避難を検討する区域(UPZ)に含まれるが、
工藤市長は「事業 者は地元に何の説明もなく建設を再開した」
と怒りをぶちまけた。

赤羽副大臣は事業者の 対応に疑問を呈したという。
函館市は工事差し止めの提訴に向け準備を進めている。
工藤市長は「事故前の安全神話の中で出された
大間原発の設置許可は見直されるべきだ」と強調した。

北海道側の要望に関し、大間町の金沢町長は

「各自治体はそれぞれの考えの中で進んで いる。
私が批判したりできる話ではない」と述べるにとどめた。

河北新報2013年02月20日より
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/02/20130220t21008.htm

【高レベル放射性廃棄物を処分する方法が日本にはない】地層処分も地震国で

それでも、原発と核のゴミを造りたい日本国の狂気。。
キケンすぎる原発ゴミを大量に抱えたまま、処分方法も定まらない。
それが 日本の現状なのだ。

今日の驚きブログより 詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/1f01fe58cd6bcc154bf9c36809227947

【プルトニウム大間原発は、まさしく時限原爆】 大間原発の真下に活断層
危険極まりないプルトニウム大間原発。。
そんな中、大間原発建設反対で、頑張る方々のブログがありました。
【大間の海は宝物、函館の海も宝物、子孫へ残そう宝の海を】

今日の驚きブログより、詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/0559719d008b5b118c61a11173e93e60

室井佑月氏、核燃料再利用問題に「限界、無 理無理」【全原発停止を恐れ、無理な核燃再利用】

核燃再利用なぜ止めない。
再処理から撤退→
工場に貯蔵中の使用済み核燃料が各原発に送り返される→
収容しきれなくなり→全原発が即時停止。
というシナリオを国も電力会社も最も恐れているからだという。

今日の驚きブログより、詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/8baf646099449e2241838011c0af5f9a

廃炉産業が世界の潮流【原発解体、フランス原発58機の廃炉解体費は320億ユーロ、乗り遅れる日本 】

今日の驚きブログより、詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/5d886bd954c8122f10b9980c3e21da89
[ 2013年02月21日 19:46 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

【プルトニウム大間原発は、まさしく時限原爆】 大間原発の真下に活断層

【プルトニウム大間原発は、まさしく時限原爆】 大間原発の真下に活断層

危険極まりないプルトニウム大間原発。。

そんな中、大間原発建設反対で、頑張る方、方々のブログがありました。

=============

【大間の海は宝物、函館の海も宝物、子孫へ残そ う宝の海を】ブログより

大間原発建設工事再開を許さない !

2012/10/04

大間原発訴訟の会と大間原発反対現地集会実行委 員会は、2012年10月1日、連名で

電源開発㈱社長及び大間町長へ「大間原発建設工 事再開を許さない!」と文書にて抗議をし

ました。

2012年10月1日

電源開発㈱社長 北村雅良 様

大間原発訴訟の会

大間原発反対現地集会実行委員会

大間原発建設工事再開を許さない!

青森県大間町で建設工事「休止」中の大間原発に ついて、事業者である電源開発㈱は、

年内にも建設工事を再開する方針を固め、本日、 大間町、佐井村、風間浦村、また、北海

道や函館市に対して「工事再開」、を一方的に通 告しようとしているが大間原発建設工事

再開は「暴挙」であり、絶対に許されるものでは ない。電源開発㈱に、大間原発建設工事

再開の断念を求める。

大間原発は、世界初のフルMOX原発で、商業用 原子炉で売電を行いながら実験を繰り

返すものである。そこには、市民の安全を無視し て利益を得ようとする、また、国策に従

順であろうとする企業体質が明確に現れている。 多くの国民の「原発ゼロ」を求める声や

大間原発建設に反対する青森県民、北海道民、特 に道南地域住民の訴えを聞こうともせず

一方的に「建設再開」を通告することは断じて許 されない。

大間原発が仮に大事故を起こせば、大間町、佐井 村、風間浦村、むつ市、そして、函館

市を含む道南地域に壊滅的な被害が及ぶと指摘さ れている。このような原発が、東京電力

福島第一原発事故の徹底検証が行われないうちに 建設されることは、まさしく「暴挙」と

言うほかない。

函館市の工藤市長も「きわめて遺憾なんてもので なく、とんでもない話。国民的な理解

も得られない」と語り、国や電源開発㈱に対して 建設工事再開中止を求めている。また、

建設工事を差し止めるための裁判も辞さない意向 を示し、大規模な反対集会も計画中であ

ると報道されている。この市長発言や計画は、工 藤市長一人のものではなく、道南地域の

首長や各議会、商工会、農漁業団体、そして、こ れまで反対活動を続け、裁判を起こすな

どをしてきた多くの市民団体の総意でもある。

国と電源開発㈱は、下北地方や道南地域で、これ までただの一度も一般住民に対して説

明会を開くことをせず、今また、電源開発㈱が一 方的通告のみで建設工事を再開させるこ

とに大間町民は大きな不安を抱いている。また、 「建設再開」は、より多くの市民の反発

を受ける事態となることを電源開発㈱は自覚する べきである。

我々は、大間原発建設工事の着工以来大間町で現 地抗議集会を開催してきたが、今後は

単なる集会にとどまらない大間原発建設に反対す る行動を提起していく。完成すれば世界

一危険な原発になると言われる大間原発をとめる ために、全力で行動を続ける。電源開発

㈱には、大間原発建設を断念するよう重ねて求め る。

以上

なお、大間町の金沢満春町長宛にも、同上文書の 内容、
主旨と同様の抗議文を差し出しておりますが内容を省略いたします。

【大間の海は宝物、函館の海も宝物、子孫へ残そう宝の海を】
ブログ2012/10/04 より転載引用
http://s.ameblo.jp/ooma/entry-11371204559.ht ml
[ 2013年02月21日 18:47 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

室井佑月氏、核燃料再利用問題に「限界、無 理無理」【全原発停止を恐れ、無理な核燃再利用】

室井佑月氏、核燃料再利用問題に「限界、無 理無理」【全原発停止を恐れ、無理な核燃再利用】

☆核燃再利用なぜ止めない

☆再処理から撤退→
☆工場に貯蔵中の使用済み核燃料が各原発に送り返される→
☆収容しきれなくなり→全原発が即時停止。

☆というシナリオを国も電力会社も最も恐れているからだという。

2013年2月21日(木)dot.(ドット)より
………………………………………………

原発の稼働に際して避けて通れない、使用済み核燃料の問題。
しかし核燃料の再利用について、日本だけでなく世界各国、
現在決定的な解決策は見いだせてい ないようだ。
この状況について作家の室井佑月氏は次のように話す。

* * *

本当のことをいえば、どの国も、もうこの件に関しては
お手上げ状態って感じ なんじゃなかろうか。

それなのにそう言えないのは、莫大な金をかけてしまっているから?
他の国がこの件から降りるといってくれないから? けど、違ったな。
もっと単純な話だった。

8日の毎日新聞、「虚構の環(サイクル)」というコーナーに、
このことが詳 しく書かれていた。

見出しは【経産省「撤退派」を次々更迭】だ。
記事のなかで 現職の経産省資源エネルギー庁課長級職員は、
こう言っていた。

「核燃サイクルは恐らく完成しない。早く撤退した方がいいと思う。
でも実際の政策となると無理」

なぜなのか。
「再処理から撤退→工場に貯蔵中の使用済み核燃料が各原発に送り返される→
収容しきれなくなり全原発が即時停止」

というシナリオを国も電力会社も最も恐れているからだという。

ああ、そうか。「核燃料の再利用、やっぱ無理」といえないのは、
原発の問題点をいえないからという、もっと単純な話なのであったのね。

全国の原発の使用済み核燃料貯蔵庫は、いつか一杯になる。
そんな遠くない将来だろう。だから、それはいつなのか。

なぜ発表しないのか。
ずっと夢見てろっ ていわれても、もう限界。

無理無理。

※週刊朝日 2013年3月1日号@niftyニュースより
http://s.news.nifty.com/domestic/societydetail/dot-20130221-2013022000007_1.htm

image


核燃料95%リサイクル、実際はわずか1%!既に破綻している核燃料サイクル!|正しい情報を探すブログ

正しい情報を探すブログより、詳細はコチラ↓↓
http://s.ameblo.jp/kennkou1/entry-11377881874.html

…………………………………

■虚構の環(サイクル)第1部・再処理撤退阻む壁/6止 上層部「維持」で意思統一

毎日jp毎日新聞2013年02月08日 東京朝刊

◇経産省「撤退派」を次々更迭

04年6月、原子力政策決定の鍵を握る経済産業省資源エネルギー庁の
電力・ガス 事業部長と原子力政策課長が交代した。
新任の安達健祐(けんゆう)部長(現経産事務 次官)と
柳瀬唯夫課長(現首相秘書官)らはすぐに青森県に飛んだ。
柳瀬課長が回想する。

「三村申吾(しんご)知事、古川健治六ケ所村長と会った。
2人とも『あなたたち (国)、何をやっているんですか。
東京の人が無責任に振り回さないでほしい』と言っ た。
怒っているというより困っている感じだった」

六ケ所村は全国の原発から使用済み核燃料を受け入れている。

なぜか。それは、再処理工場でウランとプルトニウムを取り出して
再利用する核燃サイクル事業のため だ。

ところが当時、さまざまなマスコミが「国が核燃サイクル見直しへ」と報じ、
地元 は不信感を募らせていた。
柳瀬氏は「会談後、撤退するにせよ、維持するにせよ、
はっきり決めなければならないと感じた」という。

同月、電力側に再処理からの撤退を持ちかけていた
村田成二・経産事務次官が退 任。
すると翌月以降、水面下で動いていた経産省職員数人が次々異動した。

エネ庁職員 が解説する。
「当時、新体制になり上層部は『サイクル維持』で意思統一した。
そして 撤退派を更迭した」。粛清の嵐が吹いた。

同11月、内閣府原子力委員会の「策定会議」が
核燃サイクル維持を基本方針とす る中間報告をまとめた。
翌月には再処理工場で、初めて放射性物質(ウラン)を使った 試験が始まる。

「ついに施設が汚れた。廃炉費用が約1・2兆円増え、
撤退はさらに難しくなった」。更迭された職員は無力感に包まれた。



「再処理事業の確実な実施が著しく困難となった場合、
(工場を経営する)日本原燃 は使用済み核燃料の施設外への搬出を含め、
速やかに必要かつ適切な措置を講ず る」。
98年、日本原燃、青森県、六ケ所村が締結した覚書だ。
国も電力もこの文書に基づき

「再処理から撤退→工場に貯蔵中の使用済み核燃料が各原発に送り返される→
収容しきれなくなり全原発が即時停止」というシナリオを最も恐れる。

現職のエネ庁課長級職員が取材に答えた。
「核燃サイクルは恐らく完成しない。早 く撤退した方がいいと思う。
でも実際の政策となると無理」。
電力会社首脳も「『サイクルをやるべきだ』とは思わない。
しかし仕方がない」と言う。

04年、核燃サイクルの問題点と撤退に向けた方策を
まとめた経産省職員のメモが 残っている。

「国民的コストが大で安全性に関する懸念が強い。
反原発派のみならず原 子力推進論者の中にも批判がある」としたうえで
「民間任せの使用済み核燃料の取り扱いについて国の責任を明確にし、
立地自治体に対し血みどろになって説明、
撤退へ の了解を獲得する」と書かれている。

問題点は今も重なる。だが今、
撤退に向け奔走する人物はいない。

=おわり(肩書は 当時)

毎日新聞 2013年02月08日 東京朝刊より転載引用
http://mainichi.jp/feature/news/20130208ddm002040105000c.html

……………………………………

image

image


「原発にもメーカー責任を」キャ ンペーン始まる
詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ffe8185ceaf1e0dc8d001c648e8a61e1

image
[ 2013年02月21日 18:02 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

電気代値上げ反発、首相辞任に追い込む ブルガリア【日本人は、羊!!なぜもっと怒らぬ!!】

電気代値上げ反発、首相辞任に追い込む ブルガリア【日本人は、羊!!なぜもっと怒らぬ!!】

【米にシェールガス輸出許可要請へ 日米首脳会談で】

※もっと早く、安価なシェールガスの輸入もできたはず。。

朝日新聞デジタル 2013・2・20より
……………………………………………

■電気代値上げ反発、首相辞任に追い込む ブルガリア

【ウィーン=喜田尚】

東欧ブルガリアの ボリソフ首相は20日、辞任を表明した。
電気料金 値上げに反発するデモが全 国に広がった責任をとったものだが、
政権崩壊で混迷がさらに深まりそうだ。

デモは17日から拡大。内閣退陣を求めて政府関係庁舎にものを投げたり、
道路を封鎖したりした。

首相は19日、首都ソフィアなど同国西部の
送電を担うチェコ企業の事業許可を取り消し、
電気料金 の値下げも約束した。

しかし、焼身自殺を試みるデモ参加者も出るなど、
国民の怒りは収まらなかった。

朝日新聞デジタル:2013・2・20より
http://www.asahi.com/international/update/0220/TKY201302200333.html

【米にシェールガス輸出許可要請へ 日米首脳会談で】

2013年2月20東京新聞より
……………………………………

政府が22日の日米首脳会談で、米国産の新型ガス
「シェールガス」の日本向け輸出許可をオバマ大統領に
要請する方向で調整に入ったことが20日、分かった。
日本は原発の長期停止で火力発電の燃料費増加が問題になっており、
安価なシェールガス の調達で電気料金の引き下げなどにつなげたい考えだ。

米国で生産が拡大しているシェールガスをめぐっては、
運搬するための液化費用 や、日本への輸送費などを勘案しても、
原油価格に連動する従来の天然ガスよりも割安に調達できる見通し。

商社などの日本企業が米国でシェールガスを液化天然ガス
(LNG)にして輸出す る計画が複数ある。

(共同)
東京新聞 2013年2月20日 より
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013022001001294.html
[ 2013年02月21日 09:25 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

電気代値上げ反発、首相辞任に追い込む ブルガリア

電気代値上げ反発、首相辞任に追い込む ブルガリア【日本人は、羊か!!なぜ怒らぬ!!】

朝日新聞デジタル 2013・2・20より
……………………………………………

■電気代値上げ反発、首相辞任に追い込む ブルガリア

【ウィーン=喜田尚】

東欧ブルガリアの ボリソフ首相は20日、辞任を表明した。
電気料金 値上げに反発するデモが全 国に広がった責任をとったものだが、
政権崩壊で混迷がさらに深まりそうだ。

デモは17日から拡大。内閣退陣を求めて政府関係庁舎にものを投げたり、
道路を封鎖したりした。

首相は19日、首都ソフィアなど同国西部の
送電を担うチェコ企業の事業許可を取り消し、
電気料金 の値下げも約束した。

しかし、焼身自殺を試みるデモ参加者も出るなど、
国民の怒りは収まらなかった。

朝日新聞デジタル:2013・2・20より
http://www.asahi.com/international/update/0220/TKY201302200333.html
[ 2013年02月20日 23:04 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

廃炉産業が世界の潮流【原発解体、フランス原発58機の廃炉解体費は320億ユーロ、乗り遅れる日本 】

廃炉産業が世界の潮流【原発解体、フランス原発58機の廃炉解体費は320億ユーロ、乗り遅れる日本 】

☆どうせ日本の原発なんて1箇所も安全な所なんてないんだから!!

☆原発が無いとやっていけないと考えている原発立地自治体の人たちも、
☆原発廃炉になったって、40年は、廃炉で食っていける
☆(食い扶持が保障される)んだから。

☆米国で廃炉に追い込まれる原子力発電所が相次いでいる。
☆老朽化や東京電力福島第1原発事故を受けた規制強化に加え、
☆シェールガスの開発ブームで原発のコスト競 争力が低下しているためだ。
☆オバマ政権は原発推進の旗を降ろさず新規建設の動きもみられるが、
☆「シェール革命」が原発大国を揺さぶっている。

☆しかも、 海外では、
☆廃炉のノウハウをもった企業がドンドン増えてきている。

☆先を越されちゃうq(>_<、)q
☆「じゃぁ、いつやるの?」
☆「今でしょ!!」

image


image


「原発にもメーカー責任を」キャ ンペーン始まる
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ffe8185ceaf1e0dc8d001c648e8a61e1

【廃炉こそ新しい公共事業】 田中康夫候補。原発事故すぐさま南相馬に行った田中!!|happyluckyのブログ
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11427391577.html?

日々雑感より2013/02/20
……………………………………

【世界の潮流】大産業化する原発解体
フランス原発58機の廃炉解体費は320億ユーロ 乗り遅れる日本

投稿者:heart_ikki

早くしないと海外企業に全部もっていかれちゃうぞ☆(ゝω・)vキャピ

Les EchosのShigeko HIrakawa さんの訳文をそのまま転載

[大産業化する原発解体] フランス原発58機の廃炉解体費は320億ユーロ
(フランス財務省試算) “Retour à l’herbe”(草への回帰)とは、
原子力発電所を解体して、土地を自然に返す意味。

フランスの大会社VEOLIA(ヴェオリア)が今日、
原子力エネルギー委員会(Commissariat à l’énergie atomique/ CEA)と、
CEA管轄下の発電所や研究所などの原子力設備の
解体事業を受け持つことで合意し、調印した。…

VEOLIAは、もともと水道、浄水、清掃、エネルギー・サービス、
運輸関係を全国的に牛耳る株式会社で、
現在は原子力関係はごく一部の部門にとどまるが、
これからは解体する原子力施設の調査と評価、
解体、廃棄物の仕分けと容器への貯蔵など、
解体作業の全般にわたって資質を開発する意向だ。

VEOLIAグループ代表アントワンヌ・フレロ氏は
「3、4年もすれば、年間3から4億ユーロの年収となる」と明言した。

世界的規模で見ると、これから20年30年のあいだに、
約300の原子力発電所を解体する計算となることから、
フランス国内だけではなく世界市場へ必要不可欠、
かつ、産業としても有望なものになると確信する。
「フランスで役に立っていれば、世界市場でも必ず必要にされるようになる」とも。

これから20年のあいだに、
世界の原子炉解体費用は全体で2000億ユーロ(24兆円)を上回る 。

そのうちの320億ユーロはフランスの原子炉58機全部を
廃炉としたときに必要とする費用(フランス 財務省算出)。
「非常に近いうちに、廃炉産業は大きな市場となるはず」と、
すでに近未来の競争率の激しさを思わせる発言をした。

VEOLIAと原子力エネルギー委員会CEAの協定の最初の対象は、
CEAが管理する二箇所で、ブッシュ・デュ・ローニュ県の
カダラッシュ原子力研究所と、ガール県のマルクール原発(1954年建設)。

VEOLIAはすでに福島第一原発事故で破壊された除染システムのかわりに、
アレヴァ(ALEVA)と協力して汚染水の除染システムを導入した経験を持つ。
(Les Echosの記事)

-----

EDFフランス電気会社は現在、原子力発電所の9機を解体中で、2040年までかかる予定だ。

アルデンヌ県ショー(fr:Chooz)に所在する解体中のショー原子力発電所

フランスですらコレ

あの!産経新聞ですら ほら

「シェール革命」で岐路に立つ米国 コスト競争力低下、相次ぐ原発廃炉 2013年2月19日(火)08:14
■政権も“軌道修正” 新設先細り懸念

【ワシントン=柿内公輔】
米国で廃炉に追い込まれる原子力発電所が相次いでいる。
老朽化や東京電力福島第1原発事故を受けた規制強化に加え、
シェールガスの開発ブームで原発のコスト競 争力が低下しているためだ。
オバマ政権は原発推進の旗を降ろさず新規建設の動きもみられるが、
「シェール革命」が原発大国を揺さぶっている。

電力大手デューク・エナジーは今月5日、
フロリダ州のクリスタルリバー原発を廃炉にすると発表した。
同原発は格納容器のひび割れで2009年から稼働を停止中だが、
補修費用が巨額で工 事も長期間を要するために採算がとれないと判断した。

ロジャーズ最高経営責任者(CEO)は
「投資家や地元にとって最善の決定」と強調するが、
再稼働を目指していただけに、「判断は難し かった」と無念の思いもにじませた。

電力大手ドミニオンも昨年10月、
ウィスコンシン州のキウォーニー原発の閉鎖を決めた。
原子力発電最大手のエクセロンも、ニュージャージー州の
オイスタークリーク原発を10年前倒しで 19年に廃炉にする。

米国は世界最多の原発104基を抱えるが、
大半は1980年代以前に建設され、改修費用は年々かさむ。

福島第1原発事故を受けた規制強化も事業者の頭痛の種で、
米原子力規制委員会(N RC)は昨年、
米国内の原発に対して安全対策の強化を命じた。

さらに、米国ではシェールガス開発で
安価な天然ガスを使った火力発電が急増し、
原発のコスト競争力が相対的に下がっている。

デューク・エナジーはクリスタルリバー原発の代替施設に、
天然ガスを燃料とする火力発電所を検討中だ。

長年稼働し地元のエネルギー需要や雇用を支えた原発の閉鎖は、
地域経済に大きな影響を与えている。

だが、米国で進行する「シェール革命」のうねりは
「業界関係者の想像以上」(日系電力 会社幹部)の大きさで、
エネルギー政策の根幹を揺るがしている。

オバマ政権は当初、地球温暖化対策として
「化石燃料の依存脱却」を旗印に原発推進を強調し、
昨年はジョージア州で34年ぶりに原発建設を認可したが、
最近は「海外産原油の依存脱却」 に“軌道修正”。

今年の一般教書演説では
「天然ガスブームが米国をエネルギー自給に導いている」と力説したが、
原発には言及すらしなかった。

現在米国内に20基以上の原発計画があるが、
計画変更など先細りも懸念される状況で、米国の原発産業は岐路に立たされている。

【用語解説】シェール革命

地中の頁岩(けつがん)(シェール)と呼ばれる硬い岩盤に含まれる石油や天然ガスによってもたらされるエネルギー革命。
高圧水で岩盤に亀裂を入れて取り出す「水圧破砕」技術が確立されたことで採掘コストが下がり、開発しやすくなった。
米国は岩盤の質に合わせて水に混ぜる化学物質の量を調整するなど、効率的な採掘のノウハウを持ち、世界に先行。
2020年までに世界最 大の産油国となるという予測もある一方、
地下水汚染などの問題も心配されている。
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/snk20130219106.html

>世界的規模で見ると、これから20年30年のあいだに、
約300の原子力発電所を解体する計算となる

>これから20年のあいだに、
世界の原子炉解体費用は全体で2000億ユーロ(24兆円)を上回る。

ほら!日本の原発立地自治体も、原発関連企業も!
これから廃れていくに決まっているものにしがみ付いてると乗り遅れるぞ!

どうせ日本の原発なんて1箇所も安全な所なんてないんだから!!

原発が無いとやっていけないと考えている原発立地自治体の人たちも、
原発廃炉になったって、40年は、廃炉で食っていける
(食い扶持が保障される)んだから。

あきらから危険を孕みつつ(家族や国民を危険に晒しながら)
存続しながら食っていく or 危険を最小限まで無くし、
廃炉という新たな大産業で食っていく

しかも、 海外では、
廃炉のノウハウをもった企業がドンドン増えてきている。

先を越されちゃうq(>_<、)q

「じゃぁ、いつやるの?」

「今でしょ!!」

日々雑感 投稿者:heart_ikki 2013/02/20より転載引用
http://hibi-zakkan.net/lite/archives/23733055.html
[ 2013年02月20日 22:49 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

日本原電、借金返済でウラン売却 【東京電力も検討】

日本原電、借金返済でウラン売却 【東京電力も検討】

※電気代が安くなるはず!?
※シェールガス輸入と共に。。
※六ヶ所村、もんじゅ、なども売ればいい。。

image


2013年2月20日(水)19時51分配信 共同通信より
…………………………………………………………

■日本原電、借金返済でウラン売却

大手電力会社が出資する日本原子 力発電(東京)が、
原発の燃料であ るウランの一部を売却していたこと が20日分かった。

保有する原発3基が再稼働する見通しが立たず、
月に支払期限を迎える銀行からの借 金の返済資金を確保するため、
当面 使う予定がないウランの一部を手放 す方向となったとみられる。

資金繰りに苦しむ東京電力も保有する
ウランの売却が可能かどうか検討している。

電力会社が売却するのは異例。

@niftyニュースより
http://s.news.nifty.com/headline/detail/kyodo-2013022001002069_1.htm
image


image


image


image
[ 2013年02月20日 22:05 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

石炭火力発電 技術開発テコに活用続けたい【脱原発の切り札、超臨界圧石炭火力発電システム】

石炭火力発電 技術開発テコに活用続けたい【脱原発の切り札、超臨界圧石炭火力発電システム】

☆経済産業省がこの計画を支持しているのに対し、
☆石原環境相が難色を示すなど、政府内で評価が分かれている。
☆これでは、民間事業者は安心して石炭火力発電所の新設に乗り出せまい。

☆原発の新増設が難しい現状を踏まえ、
☆政府は石炭火力の活用を続ける方針を打ち出すべきだ。


2013年2月20日(水)1時38分配信 読売新聞
…………………………………………………
エネルギー資源を海外に依存している日本は、
安価な電力を安定的に確保する 必要がある。

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、大半の原発が停止している。
発電コストが安く、石油などより燃料の調達先が多様な石炭火力発電に改めて注目したい。

東電は経営再建の一環として、他社が新設する石炭火力発電所から電力調達を目指している。

経済産業省がこの計画を支持しているのに対し、
石原環境相が難色を示すなど、政府内で評価が分かれている。
これでは、民間事業者は安心して石炭火力発 電所の新設に乗り出せまい。

原発の新増設が難しい現状を踏まえ、政府は石炭火力の活用を続ける方針を打 ち出すべきだ。

石炭火力の最大の利点は、低コストにある。政府の有識者会議の試算では、
石 炭火力の発電コストは、1キロ・ワット時あたり9・5円で、
LNG火力の1 0・7円や石油火力の22・1円より安い。

image


一方、石炭火力は温室効果ガスの排出が多い欠点がある。
二酸化炭素(CO 2)の排出量はLNG火力の約2倍だ。

石炭火力でCO2発生を抑制する技術は進歩している。
弱点をいかにカバーす るかが問われる。

環境省はこれまで地球温暖化対策を理由に
環境影響評価(アセスメント)で 石炭火力の新設にブレーキをかけてきた。

2006年にオリックスと東芝が、10年には日本化成などが
「CO2の排出 量が多い」として計画の見直しを迫られ、
発電所建設が断念に追い込まれた。こ の10年、新設が認められた例はない。

許容されるCO2排出量に明確な基準がなく、
環境省が恣意的にストップをか けるのは問題だと指摘する声もある。

政府の規制改革会議が先週、石炭火力の新設要件の緩和・明確化を、
検討テー マとする方針を示したのは妥当だ。発電所の開発を事実上、
阻んできた規制の見 直しを急いでもらいたい。

日本は、電力の安定供給と温暖化対策の両立が課題だ。

原発事故で、この目標のハードルは一段と高くなった。
安全を確認できた原発を活用するとともに、石 炭火力を含め、
電源の多様性を維持することが重要である。

中国やインドなど新興国には効率の悪い石炭火力発電所が多い。
日本が新興国 に、高性能の石炭火力発電設備を普及させることは、
地球環境問題への有益な貢 献のあり方の一つと言えよう。

ニフティより
http://s.news.nifty.com/headline/detail/yomiuri-20130219-01664_1.htm

日本を救う【超臨界圧石炭火力発電システム】
原発で日本を危機に陥れ、騙す官僚と安倍政権!!

【脱原発の“切り札” 】
「超臨界圧石炭火力発電システム」クリーンで安い!!

「安い」「クリーン」「地方再生」の三拍子 。「脱原発」これが切り札だ!

■この技術には世界中が注目している。

■信じられないことだが、知らぬは日本の国民だけなのである。

今日の驚きブログより、詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/4a2a9e10aeaffc451bba8adc0552c21c

超臨界圧石炭火力発電プラント:環境への取り組み:日立

http://www.hitachi.co.jp/environment/showcase/solution/energy/thermal_power.html

image
[ 2013年02月20日 20:49 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

「原発にもメーカー責任を」キャ ンペーン始まる

「原発にもメーカー責任を」キャ ンペーン始まる

image

image



2013年2月20日(水)11時30分配信 地球のコロロ
……………………………………………………………

原発事故を二度と繰り返させないため、原発にもメーカー責任を――。
原子炉を作る企業にメーカー責任を
求めるキャンペーンが19日から始まりました。

同キャンペーンを行うのは国際環境 NGOのグリーンピース。
原発事故の責任が免除されている原子炉製造企業にメーカー責任を求める声を、
世界約20か国のグリーンピースのウェブサイトを通じて集め、
消費者とと もに各企業に対して働きかけを行う という内容です。

家電製品などで事故が起きれば製造 者に責任が問われますが、
日本では 原発事故の際の賠償責任は電力会社 に集中しており、
原子炉を作る企業 はメーカー責任を負っていません。

現行の「原子力損害の賠償に関する 法律」(原賠法)で、
製造者責任を免責する条文があるためです(同法 第4条)。

それにより、東電福島原発事故では 被害額が20兆円とみられ、
国民の税 金がすでに3.2兆円も投入される一 方、
原子炉を作った企業は賠償を 行っていません。

ちなみにグリーンピースが国内原発 メーカーに質問したところ、
各社は 「原子炉の製造を今後も続ける」 (日立)、
「当社は福島第一原子力 発電所事故につき法的に責任を
負担するものではありません」(東 芝)、
「国の法制度に関しては答える立場にない」(三菱重工)と回答 しています。

@niftyニュースより 2013年2月20日
http://s.news.nifty.com/economy/economyalldetail/chikyu-20130220-16075_1.htm


国際環境保護NGOグリーンピース
2013-02-19
………………………………………………

【原発にもメーカー責任を】

炊飯器だけでなく、原子炉もつくっている

日本企業で原子炉をつくっているのは、日立、東芝、三菱重工の3社。

炊飯器やエアコンでおなじみのメーカーですが、原子炉もつくっているのです。
福島第一原発の場合、発電所を運転していたのは東京電力、
原子炉をつくったのは日立、東芝、
そしてアメリカに本社があるGE(ゼネラル・エレクトリック)*でした。
(*GEと日立は現在、原発事業を経営統合しています)

新しい家電を発売するときには、あんなにいろいろ宣伝をするメーカーさん。
でも、大事故を起こした自社の商品=原子炉については知らん顔。
事故の責任をどう考えているか、公式見解も 発表していません。

(だから、グリーンピースは原子炉メーカー3社に直接聞いてみました。

責任をあいまいにできるから、原発ビジネスが拡大

つくった原子炉が大事故を起こしたにもかかわらず、
沈黙している原子 炉メーカー。 でも、原発ビジネスの拡大には積極的です。

日立は今後8年で原発ビジネスの売上高を2倍の3600億円に、
東芝は今後 5年で1兆円の売上達成をめざすと公式に発表しています。
(日立の2012年6月14日発表の中期経営計画、
東芝の同年5月17日発 表の中期経営計画より)

福島第一原発での燃料取出し技術の開発、新型原子炉の開発、
海外の原発推進国への原発の輸出を売り上げ拡大 チャンスと計画しているのです。

原子炉メーカーは責任を免れている?

家のストーブに問題があって火事になれば、
ストーブを作った メーカーが責任に問われます。
被害者の保護が第一に考えられているからです。

でも、原子炉は例外です。
なぜなら、原子炉メーカーの賠償責任を
問えないようにする法律の一文があるからです。
(原子力損害の賠償に関する法律 第 2章第4条)

「原子力損害の賠償に関する法律」(原賠法)は、
原発で事故が起きたとき、だれがどう責任をとるかが記されている法律。

この法律では、発電所を運転していた企業
(今回の場合は東京電力)だけに事故の責任があるとしています。
このため、事故につながるはっきりとした欠陥が証明できない限り、
原子炉メーカーが責任を問われることはありません。
賠償を負担することもありません。

原発にもメーカー責任を

16万人以上がふるさとを失い、
たくさんの人生を変えてしまった 福島第一原発事故。
補償のための賠償金は、東京電力だけでは払いきれず、
すでに3兆 2000億円の税金が投入されています。
(なお、被害総額は20兆円とも言われています)

一方で、つくった原子炉が大事故を起こしたにもかかわらず、
一切 の賠償責任を問われず、これからも原発ビジネスを拡大する原子炉メーカー。

あまりにも、不公平ではないでしょうか。

原発を推進するなら、責任も常にともなうべきです。
その責任を引き受けることができないならば、
原発をつくったり動かしたりする資格はないのではないでしょう か。
(ちなみに、法的にメーカー責任を問えるインドでは、
原発ビジネスの拡大が阻まれています)

原賠法は、今年8月末までに改正が予定されています。
原発事故を二度とくりかえさないために、
原発にもメーカー責任を問えるよう原賠法改正を求めましょう。

原発にもメーカー責任を。 まずは、オンライン・アクションにご参加を。
いっしょに変化の波を!

ご寄付でいっしょに変化の波を起こしましょう。

グリーンピースの調査をはじめとした活動は、
企業・政府からではなく一人ひとりの市民のみなさまのご寄付で 実現しています。
例えば、一日33円=毎月1000円の継続的なご支援が、
原発メーカーの責任を問う活動を可能にします。ぜひ、ともに行動しましょう。

まずは、オンライン・アクションにご参加。↓↓

国際環境保護NGOグリーンピースブログ
2013-02-19より >>詳しくはこちら↓↓
http://www.greenpeace.org/japan/ja/campaign/nonuke/main/
[ 2013年02月20日 19:06 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

洗脳>『放射能は安全です。福島の食べ物は安全です』福島の中学生達が訴えていたのを見てゾッとした

洗脳>『放射能は安全です。福島の食べ物は安全です』福島の中学生達が訴えていたのを見てゾッとした

☆これまで幾度となく彼らの前に
☆放射能を安全と謳う大人達がやってきては、

☆自分達は風評被害に遭っていると
☆刷り込まれてきたのだなと容易に想像がつきました。

☆そんな彼らの行く末にはどんな未来が待っているのだろう…
☆大人達に嘘を教え込まれ、

☆自分達の命よりも 経済を優先されたと知った時、
☆彼らはどれほど傷付き、
☆そして 自分達の未来に不安を持つのだろう。

☆子供達には何の罪もない。 全ては汚い大人達のせいなのに。

☆なんだかこの日本から、
☆どんどん希望が失われていっているのだと思わされた今日この頃です。


原発問題ブログより
…………………………

2013・2・17

洗脳>『放射能は安全です。福島の食べ物は安全です。』
福島の中学生達が訴えていたのを見てゾッとした。

洗脳>『放射能は安全です。福島の食べ物は安全です。』

福島の中学生達が訴えていたのを見てゾッとした。

Unknown (Unknown) 2013-02-15 00:49:49
先ほどニュースZEROで、

福島市の子供達と女性シンガーとの復興支援関連の交流の話題をやっていて

福島の中学生達が 『放射能は安全です。福島の食べ物は安全です。』
と訴えていたのを見てゾッとしました。

あと、風評被害払拭のため、 福島の果物を使ったゼリーに
ついてみんなで話し合おうと思っているとか何とか…。

これまで幾度となく彼らの前に
放射能を安全と謳う大人達がやってきては、

自分達は風評被害に遭っていると
刷り込まれてきたのだなと容易に想像がつきました。

そんな彼らの行く末にはどんな未来が待っているのだろう…
大人達に嘘を教え込まれ、

自分達の命よりも 経済を優先されたと知った時、
彼らはどれほど傷付き、 そして 自分達の未来に不安を持つのだろう。

子供達には何の罪もない。 全ては汚い大人達のせいなのに。

なんだかこの日本から、
どんどん希望が失われていっているのだと思わされた今日この頃です。

Unknown (Unknown)2013-02-14 13:57:55

孫埼享著、「戦後史の正体」を読むと、
この異常な事態が、だんだんのみこめてきました。

image


まだまだ、日本は、「アメリカの奴隷」の国なのです。
利用価値がなくなれば、棄てられる。

そして、福島の子供達が、あらゆる洗脳で、
内部被曝の人体実験の犠牲になっているのです。 おそらく。

まだ超高濃度汚染地帯福島に子供達がいるのは、 そうとしか思えないです。

あと、数か所の原発が事故ったら、
日本は、世界の核のゴミの墓場になるでしょう。
その為の再稼働かと思います。

最悪のシナリオですが、
アメリカは、日本を利用しようとしか考えていないように思います。

第二次世界大戦に負け、無条件降伏した日本。
これは、アメリカによる、人権蹂躙かもしれないです。

多くの日本人は、全くそれを知らないし、教えられてきませんでした。

アメリカの言いなりにならない日本の政治家は、消されています。
(社会的に)

「戦後史の正体」 孫崎 享著 内容紹介

日本の戦後史は、アメリカからの圧力を前提に考察しなければ、

その本質が見えてこない。

元外務省・国際情報局長という日本のインテリジェンス(諜報)部門のトップで、
「日本の外務省が生んだ唯一の国家戦略家」と呼ばれる著者が、
これまでのタブーを破り、日米関係と戦後70年の真実について語る。
元CIA長官がイタリアへの裏工作の手口を本に書きました。
同じような裏工作は、当然、日本にも行なわれていたと考えられます。

日本は降伏したのです。たんなる終戦ではありません。
九月二日、日本は降伏文書に署名しました みなさんは、
この降伏文書を読んだことがありますか
日本政府は「連合国最高司令官からの要求にすべてしたがう」こと 。
これが降伏文書の中身でした。

これが降伏文書の中身でした 「戦後史の正体」(PDF)
http://www.sogensha.co.jp/pdf/preview_sengoshi.pdf#search='%E6%88%A6%E5%BE%8C%E5%8F%B2%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93'



原発問題ブログ 2013・2・17より
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/4495084b43c8300a8eec38cfa0fae4ab

………………………………

低線量汚染地域からの報告、26年後【甲状腺がん、心臓疾患、 白内障、慢性疾患の増加】放射能汚染

image


☆子供の甲状腺がんはもちろん、大人や子供を問わず、
☆循環器系疾患をはじめ、消化器系、神経系・感覚器系、
☆および呼吸器系疾患などあらゆる病気が、
☆事故後顕著に増えている。

☆チェルノブイリから26年後のコロステンの現状は、
☆目をそらすことなく凝視すべきだろう。

☆しかし、子供たちの75%以上が何らかの
☆疾患を抱えているという「現実」はあまりにも重すぎる。

☆特に、健康な子供たちが
☆ほとんどいないという驚くべき事実には、心が痛む。

☆本書は、低線量被曝でも健康に大きな影響を及ぼしうる、
☆というチェルノブイリの痛切な経験から日本人への警告の書である。

今日の驚きブログより 詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/5ed93daffdd08f8ee5241c6cb50f8e02/?cid=f7835ea1757dadc7333898ccd550674c&st=0

………………………………………

【政府はこうして国民を騙す】情報操作は日常的に行われている!!長谷川幸洋。

image


驚くべき「霞が関とメディアの本当の関係」。
これを知れば、新聞 の読み方、ニュースの見方が劇的に変わる!

今日の驚きブログより 詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/28ce90925a340d317b60763906da29a9/?cid=2d8c558ec58d6135d8f03683658b6efd&st=0

日本の核兵器製造能力【核融合研究は核武装の準備そのものなのです】

日本の核兵器製造能力【核融合研究は核武装の準備そのものなのです】

日本人は、日本の核武装はアメリカが許さないと考えています。

☆しかし、アメリカはすでに方針を変更しています。

☆日本がアメリカの管理のもとに核兵器を作ることを許しています。

☆しかし、発電しないというのであれば、水を使う必要がなく、
☆『常陽』のようにほとんど事故を起こさず、軍用プルトニウムを生産できます。

☆さきほども述べましたが、『常陽』は今は
☆軍事用プルトニ ウムは作っていませんが、
☆いつでも復元改造すれば軍用プルトニウムを作ることができます。

☆発電用として使うには費用がかかり過ぎ、軍用にも使えないので、
☆日本以外の国では、使用済み核燃料は再処理せず、すべて廃棄する方針です。

☆日本は、軍用プルトニウムを生産できる
☆『もんじゅ』 と『常陽』を所有しています。

☆軍用ウランは六ヶ所の濃縮工場で生産できます。

☆しかし、日本にはトリチウムを作る装置がありません。
☆トリチウムを大量に持とうとすると世界中から疑惑の目で見られます。

☆そこで、トリチウムを作る口実が必要です。

☆そのため、日本は核融合実験炉ITER(イータ)を誘致しよ うとしているのです 。

☆ITERの建設が認められれば、トリチウムを1.5キロ所有することができます。

☆水爆に必要な量3グラムの500倍という巨大な量です。

☆トリチウム技術は大変なのですが、
☆これがITER の開発で取得できることになります。

☆核融合研究は核武装の準備そのものなのです。

image


image


晴耕雨読ブログより 6/3/9
…………………………
「日本の核兵器製造能力」

前エントリー「わが国の核政策史」の続編です。
槌田氏の2002年10月14日、盛岡での講演録からの抜粋です。

多くの日本人は、日本の核武装はアメリカが許さないと考えています。

しかし、アメリカはすでに方針を変更しています。
日本がアメリカの管理のもとに核兵器を作ることを許しています。

そのことは、高速炉『常陽』と『もんじゅ』の使用済み燃料を
再処理する技術をアメリカは日本に売ったことで明らかです。

【日本の核兵器製造能力】

核兵器は2種類あります、ひとつは広島型の原爆、
これはリトルボーイ(小さな男の子)と呼ばれています。

これは長さ5メートル程度の大砲をそのまま用います。

大砲の底に爆薬を詰め、その上に高濃縮ウランの円柱の弾を置きます。

大砲の先端は分厚い鋼鉄で覆い、その中に高濃縮ウラン の円筒を置きます。

そこで、この爆薬に点火するとウランの円柱は弾となって飛び、
ウランの円筒の中にはめ込まれます。

そうすると核分裂反応が臨界になり、核爆発するのです 。単純な爆弾です。

この広島型原爆はあまりに簡単な構造ですから、不発弾になることはありません。

したがって核実験は必要ありません。

簡単で爆発は確実という爆弾です。

しかし、ウラン235の濃縮度60%を超える軍用ウランを
数10キロも濃縮するには大量の電力が必要です。

だからアメリカはこの爆弾を終戦直前に一発しか用意できな かったのです。

それも最後のウランのひとかけらが届いたのは広島に投 下する2日前で、
テニアン基地でこの原爆を現地組み立てしたといいます。

蛇足ですが、北朝鮮にはこのウラン原爆を作る能力は ないと思います。

電力が不足しているからです。

そこで日本と韓国が重油や電力供給すれば、
それでウラ ン原爆を作ることになるでしょう。

それからもう一つの軍用プルトニウムを使うファットマン
(太った男)という長崎型爆弾、は構造が複雑です 。

この原爆も最初はウラン原爆と同じ大砲形で設計されました。

しかし、軍用プルトニウムに含まれる不純物プルトニウ ムのため、
プルトニウムの円筒の中にプルトニウムの
円柱の弾をはめ込む前に核分裂反応が始まり、
円柱の弾が 柔らかくなって円筒の穴にはめ込むことができないので す。

そこで、設計を変えて球形の爆弾にしました。

穴の空いたプルトニウムの球の外側を爆薬で包みます。

これを点火するとプルトニウムが中心に圧縮されて臨界になり、
核爆発することになります。

しかし、構造が複雑なので、アメリカはこのプルトニウム爆弾が
不発弾になることを恐れました。

爆薬の球形が上手に作れないと、爆発させた時ひしゃげ て、
プルトニウムを十分に圧縮することができないので す。

そこで、核実験して爆発するかどうかをネバダで核実験して確かめました。

しかし、それでも実際の場面で核爆発するかどうか不安 なので、
この爆弾と同じ大きさの核抜きの爆弾を50発こしらえて
パンプキン(かぼちゃ)爆弾と名付け日本の各 地にばらまきました。

プルトニウム原爆が不発弾になった時ごまかそうとした のです。

この長崎型爆弾でも軍用プルトニウムを
原子炉で得ることはやはり困難ですが、
濃縮ウランよりは電力消費量 が少なく安上がりで、
アメリカ、ロシア、フランス、イ ギリスなどは、
その後の核開発をもっぱらこのプルトニ ウム爆弾の製造に向けました。

しかし、中国、イスラエル、南アフリカ、パキスタンなど
技術力のない国は簡単な構造のウラン爆弾に頼りまし た。

そのためには巨大発電所が必要になります。

中国は黄河をせき止めて発電所を作りましたが、
現在は 、やはりプルトニウム爆弾を主体にしています。

しかし、軍用プルトニウムは原子炉で作るといっても 、
いわゆる軽水炉から得られるプルトニウムでは、
プルトニウム239が濃縮度60%程度でしかなく、
これでは到底核兵器を作ることはできません。

その理由はいくつもありますが、
たとえば不純物プルト ニウムをたくさん含むので
原爆はすぐに劣化してしまうのです。

また爆弾が大きくなり過ぎて運ぶことができないのです 。

さらに不純物プルトニウムの放射能のため発熱量が大き いので、
まわりを包む爆薬が自然爆発する心配もあります。

アメリカの最初のプルトニウム原爆は濃縮度が94%程 度というのですが、
重量は5トンもあってB29という大 型の飛行機が必要でした。

そして発熱量が大きくて、この爆弾を触った人が後で証 言しています。
「何か、生きたウサギを触っているようで温かかった」と。

ところでこのプルトニウム爆弾は、技術のある国では 簡単に作れます。

まず、濃縮度の高いプルトニウムを使えばよいのです。

軍用プルトニウムの濃縮度は94%以上ですが、
高速炉 で作ったプルトニウムは、
『もんじゅ』の場合濃縮度は 97.6%で、『常陽』では99.4%です。

高速炉を持っているフランスと日本は簡単に核兵器が作 れる国なのです。

だから先程フランスの核実験が、白人国家の連合として おこなわれたのです。

この高速炉で発電もすると、熱を媒介する物質としてナトリウムのほかに
水も使うことになるので、『もんじゅ』のように事故多発が悩みの種です。

しかし、発電しないというのであれば、水を使う必要がなく、
『常陽』のようにほとんど事故を起こさず、軍用プルトニウムを生産できます。

さきほども述べましたが、『常陽』は今は
軍用プルトニ ウムは作っていませんが、
いつでも復元改造すれば軍用 プルトニウムを作ることができます。

しかし、そろそろ『常陽』も寿命がきていることが問題 です。

ところで、軽水炉から作るプルトニウムが、
まったく原爆に使えないという訳ではありません。

軽水炉で得られるプルトニウムの濃縮度は60%ですが 、
これをレーザー濃縮で94%以上に高めればよいので す。

しかし、どうやらこれは失敗したらしいのです。

アメリカはこのレーザー濃縮でウランを濃縮するといっ ていましたが、
中止してしまいました。

日本もウランのレーザー濃縮については研究さえ中止しました。

ウランも濃縮できないような方法が
プルトニウム濃縮に使える筈もありません。

結局、軽水炉から得られるプルトニウムは
利用価値がないことになったのです。

発電用として使うには費用がかかり過ぎ、軍用にも使え ないので、
日本以外の国では、使用済み核燃料は再処理せず、すべて廃棄する方針です。

【中性子爆弾と水爆】

中性子爆弾や水爆はこのプルトニウム原爆で得られる
1億度という高温を利用して核融合させる爆弾です。

中性子爆弾は原爆を爆発させて中性子と高温を得、
これ によりトリチウムと重水素を核融合させ、
大量の中性子を発生させる爆弾です。

大きさは直径16センチ、長さ40センチ程度で、
兵隊が 持ち運ぶこともできて大砲で使えるきわめて小さい核兵器です。

これに用いるプルトニウムは2キロ、トリチウムは数10グラムです。

通常の水爆の核弾頭は、円錐形で高さが1メートル、
底辺の直径が30センチ程度、
その最下部に球形のプルトニウム爆弾が入っています。

これを爆発させて、中性子と高温を得て、
その上にある重水素化リチウムを核融合させます。

そこで得られる大量の中性子を最頂部にある濃縮ウランに当てて、
核分裂反応させるというものです。

つまり、原爆一水爆一原爆という3重の爆弾です。

トリチウムも必要ですが、その量は3グラム程度とごく 少量です。

日本は、軍用プルトニウムを生産できる
『もんじゅ』 と『常陽』を所有しています。

軍用ウランは六ヶ所の濃縮工場で生産できます。

しかし、日本にはトリチウムを作る装置がありません。
トリチウムを大量に持とうとすると世界中から疑惑の目で見られます。

そこで、トリチウムを作る口実が必要です。

そのため、日本は核融合実験炉ITER(イータ)を誘致しよ うとしているのです 。

ITERの建設が認められれば、トリチウムを1.5キロ所 有することができます。

水爆に必要な量3グラムの500倍という巨大な量です。

そして、トリチウムを製造するのに、原発を改造して、
トリチウム生産炉にすることもできます。

だから何としてでもITERが欲しいという事になります。
ITERさえあればトリチウムをいっぱい作ってもよいのです。

トリチウムを作る原子炉としては、
六ヶ所村の隣にある東通原発が利用できます。

この原発は消費地の東京から遠いため、遠方に送電することになるので、
電力の損失があり送電費用がかさみ、 経済的ではなく、
ITERのために国が買い上げてくれれば よいと電力会社は思っています。

このようにして、六ヶ所に建設予定のITERとともに
下北半島は核兵器工場地帯となるのです。

中性子爆弾は1発の値段は3億円です。
同じ大きさの小型原爆(戦術核)は1発1500万円ですから20倍もします。
その違いは、トリチウムの扱いが困難で費用がかさむからです。

それほどトリチウム技術は大変なのですが、
これがITER の開発で取得できることになります。

核融合研究は核武装の準備そのものなのです。

多くの日本人は、日本の核武装はアメリカが許さないと考えています。
しかし、アメリカはすでに方針を変更しています。
日本がアメリカの管理のもとに核兵器を作ることを許し ています。

そのことは、高速炉『常陽』と『もんじゅ』の使用済み燃料を
再処理する技術をアメリカは日本に売ったことで 明らかです。

これは、大きさが10センチ程度の小さい遠心分離機で すが、
使用済み燃料の硝酸溶液から
軍用プルトニウムを抽出するために必要な技術です。
軍用プルトニウムを現存の再処理工場で抽出することは 、
臨界の危険があるのです。

そこで、このように小さい抽出装置が必要なのです。
この軍用プルトニウムの再処理工場RETFが
現在東海村の再処理工場の隣に建設中です。

6/3/9

晴耕雨読ブログ 6/3/9 より転載引用
http://sun.ap.teacup.com/souun/53.html


image


【核融合炉 その危険性について】核融合炉とは何かが、一発でわかります『広瀬隆さんより』

今日の驚きブログより詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/efa45c4abb3af69876b43c7ad40c3bc9

核融合研究は止めるべきである:小出裕章氏【実現できると信じてる核融合研究者は1人もいない】

今日の驚きブログより 詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ee5d17764583d100ac7e38c744992013
[ 2013年02月20日 16:58 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

日本原電、敦賀への高額寄付継続 - 速報ニュース:@niftyニュース

日本原電、敦賀への高額寄付継続【異常さ極悪さの乱舞】

※高額な電気代の元凶の強欲な極悪な、原発ムラ、電力会社。。

2013年2月19日(火)共同通信より
………………………………………………………

敦賀原発3、4号機建設を見越し地元の福井県敦賀市に
道路建設費用を寄付してきた日本原子力発電が、
13年度も約6億7千万円を寄付することが
19日、 同市への取材で分かった。

原電は既に3、4号機の着工先送りを表明。
直下に活 断層があることを指摘された2号機は廃炉が取り沙汰され、
老朽化が進む1号機 も再稼働は困難な状況。

他の電力会社が払う基本料金だけで経営を続けている
原電の高額寄付続行は批判を呼びそうだ。

2013年2月19日 共同通信より
http://s.news.nifty.com/headline/detail/kyodo-2013021901002282_1.htm
[ 2013年02月19日 22:23 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

TPPで国民健康保険が崩れていく仕組み【日本は国民健康保険を崩す方向に動いている】 孫崎 享

TPPで国民健康保険が崩れていく仕組み【日本は国民健康保険を崩す方向に動いている】 孫崎 享

☆日本は国民健康保険を崩す方向に動いている。
☆喜ぶものは誰か。米国の保険会社である。

☆TPPで国民保険の崩壊が心配される。
☆どの様な形で、国民健康保険が崩れていくか。

☆米国がTPPで何を最も目指しているかが明確である。

☆国民健康保険が機能すれば、米国の医療保険に入る人はいない。
☆旗振りに米国の保険業界が先頭に立っていることは象徴的である。

☆こういた中、日本医師会や日本歯科医師会が医療を
☆TPPの対象にすることには強く反対しているが、
☆国民の中にほとんど、伝わっていない。

image


image


戦後史の正体「日米安保の目的-日本防衛のためは9%」 | カレイドスコープ

★阿修羅♪より
……………………

■TPPで国民健康保険が崩れていく仕組み

投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 2 月 18 日
http://blogs.yahoo.co.jp/hellotomhanks/63805049.html
★孫崎享氏の視点ー(2013/02/18)★

TPPで国民保険の崩壊が心配される。
どの様な形で、国民健康保険が崩れていくか。
勿論、TPPであからさまに、国民健康保険が消滅するというものではない。

問題は、実質的に機能しなくなっていくことである。

流れは次が予測される。

①現在でも米国は日本の医療改革を官民で激しく要求している。
それは2012年11月の日米財界人会議などで明確になっている。

②TPP参加の下においてはこの米側要求が一段と“正当性”を持つ。

③この中、日本の経済界、政治家、官界等で
国民健康保険を 実質的に崩壊させていく改革への動きが強くなる。

④ 最終的にはISD条項という裁判の形で要求を担保する。

日米の企業経営者らが、政治や経済情勢を討議する
日米財界人会議が2012年11月8日、都内のホテルで開幕した。
ここでは「日本がTPP交渉に参加することを強く支持する」

共同声明を採択した。

では米側議長は誰であったろうか。
米国側議長はアフラック日本のチャールズ・レイク代表である。

米国がTPPで何を最も目指しているかが明確である。

国民健康保険が機能すれば、米国の医療保険に入る人はいない。
旗振りに米国の保険業界が先頭に立っていることは象徴的である。

こういた中、日本医師会や日本歯科医師会が医療を
TPPの対象にすることには強く反対しているが、
国民の中にほとんど、伝わっていない。

医師会は従来より、 「日本医師会としても、米国が公的医療保険
そのものの廃止を要求して こないことは想定済みである。
株式会社の参入を要求したり、
中医協での薬価決定プロセスに干渉したりすることを通じて、
公的医療保険制度を揺るがすことが問題である」

さらに次の立場を表明してきた。

「TPP協定交渉では、多くの分野で分野別議論が進んでいるとの情報がある。
総論的に公的医療保険を俎上に上げないということになっても、
金融サービスで公的医療保険に対する民間保険の参入、
投資分野で 株式会社の参入、知的財産分野で
薬価や医療技術等が対象にならない 確証はない。
個別分野の規制改革が、蟻の一穴になるおそれがあることから、
全体的にTPPを否定する必要がある」。

そして次の方針を示している。

日本医師会が考える「国民皆保険」の重要課題

1.公的な医療給付範囲を将来にわたって維持すること
2.混合診療を全面解禁しないこと
3.営利企業(株式会社)を医療機関経営に参入させないこと
(日本医師会、2012年3月14日定例記者会見)

2013年2月7日日本歯科医師会は
「我が国の医療は、これを公助、共助、自助の精神で制度化されたもの、
つまり国民皆保険制度として歴史的に構築されてきたものである、
医療をTPPという国際市場の一部に乗せることはしてはならない」

見解を表明している。

米国は高額医療で進出してくる。

そして、米国が参加・経営する病院は高額医療であるが、
低額医療は国民健康保険の対象になっているが、

その対象になっていない、不平等であると主張する。

最悪のケースはISD条項({投資家対国家の紛争解決}に
米国企業が訴えるケースが想定される。

米国の投資家は日本への投資によって
一定の利益を得ることが 想定されるが、日本の政策、法律によって、
不当に歪められていると主張することが考えられる。

裁判という明々白々の事態を招かなくとも、

を受け入れる形の政策を作ればよい。

日本医師会は2012年11月15日医療の
営利産業化に向けた動きがあるとして懸念を表明してきている。

小泉構造改革の下で社会保障費のスリム化が図られた。
2012年7月31日野田内閣は「日本再生戦略」で
「社会保障分野を含め、 聖域を設けずに歳出全般を見直すこととする」

財務省の筋書きで野田政権は動いた。

そして安倍政権は官僚機構を極めて重視している。

日本は国民健康保険を崩す方向に動いている。
喜ぶものは誰か。米国の保険会社である。

★阿修羅♪ 2013/02/18より転載引用
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/145.html
[ 2013年02月19日 20:37 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)

太陽光発電に技術革新価格1/10万に【紙の太陽電池。透明で折り曲げ可能。価格がケタ違いに安い】

太陽光発電に技術革新価格1/10万に【紙の太陽電池。透明で折り曲げ可能。価格がケタ違いに安い】


image


凄いですね。 紙で出来た太陽光パネルです。

透明で折り曲げ可能ですから随分と用途が広がります。

防水は塗料や薄膜で何とでもなりますから用途は無限です。

何よりも価格が安く、軽いので、建物の屋根や壁に船や
飛行機の機体にも貼り付けたらと、何処にでも何にでもつかえそうです。

発電効率が低いようですが
価格がケタ違いに安いので問題はなさそうです。

実用化に数年後と言いますから大変明るい話題です。

<紙の太陽電池>製造コスト10万分の1 阪大グループ開発

毎日新聞 2月17日(日)11時14分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130217-00000011-ma i-sctch

能木准教授らが開発した厚さ1ミリ以下の紙の太陽電池
=能木雅也准教授提供 木材パルプを原料にした「紙の太陽電池」を、

大阪大学産業科学研究所の能木(のぎ)雅也准教授
( 材料学)らのグループが開発したと明らかにした。

太陽電池は小型、薄型化の研究が進むが、
今回は材 質上、環境に優しいことが特徴。
製造コストも従来の10万分の1に抑えられるという。

厚さ1ミリ以 下で折りたたむことができ、
災害時に被災地で使うなどの用途が考えられる。

太陽電池は、光エネルギーを電気エネルギーに変換する部分(素子)と
電気を運ぶ配線、これらを包 み込む基板で構成される。

基板は、素子に太陽光が届くように、
透明なガラスやプラスチックを使うこ とが多い。

今回、グループは、木材パルプの繊維を厚さ15ナノメートル
(ナノは10億分の1)と超極細にし 透明にすることに成功。

これを基板に使った。素子には一般的に使われるシリコンなどではなく
薄い膜 状になる有機物を、配線には細い銀のワイヤを用いた。

その結果、電気の変換効率は3%と、家庭の屋根に取り付ける
一般的な太陽光発電パネルの10~2 0%よりも低いものの、
今回と同じ素子を使ったガラス基板の太陽電池と比べると同程度。
今回、試作 したのは縦2センチ、横5ミリ。実用化した際の製造コストは、

ガラス基板の約10万分の1、プラス チックの500分の1~5000分の1。

製造方法も、加熱して配線を基板に付ける方法から、
圧力を加える方法に改め、消費エネルギーを少なくし、
環境に優しくした。数年後の実用化を目指している。

【吉田卓矢】

今日の驚きブログ2013・2・19より
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8438178.html
[ 2013年02月19日 18:46 ] カテゴリ:エネルギー | TB(0) | CM(0)

「国会事故調」に大ウソ 東電が隠したかったコト【これではまた事故が起きてもおかしくありません】

「国会事故調」に大ウソ 東電が隠したかったコト【これではまた事故が起きてもおかしくありません】

日刊ゲンダイより
………………………

☆この期に及んでもトップが国会で
☆トボける「盗電マン」体質は、今もなお変わってい ない。

☆「東電が事故調の立ち入りをかたくなに拒んだ理由は、
☆建屋内部が津波に襲われ る前にすでに地震で壊れていた――
☆ということを隠したかったためとみられています。

☆そもそも福島原発事故の原因が不明確なのに
☆新たな安全基準が検討されているのもヘンな話です。

☆事故が相次いだボーイング787型機だって、
☆事故原因が判明するまで飛行禁止です。
☆それと比べて原発はユルユル。

☆これではまた事故が起きてもおかしくありません。


image



日々担々」ブログ
日刊ゲンダイより
…………………………

「国会事故調」に大ウソ 東電が隠したかったコト
(2013/2/13)

「原発の中は真っ暗」

◆水素爆発の本当の原因は……

小学生の間では今、ウソつきを「盗電マン」と呼ぶらしい。
先週明らかになった福島原 発1号機の原子炉建屋内の
立ち入りを要望した「国会事故調委員」に対する
東電のウソ説明問題で、東電の広瀬直己社長はきのう(12日)、
参考人として出席した衆院予算委で、
「誠に申し訳なく思っている」と陳謝した。

広瀬社長は「(説明した)担当者は建屋内を暗いと思い込んでいた」
などと説明し ていたが、

担当者が何を根拠に「思い込んでいた」のかは、最後まで分からないまま。

この期に及んでもトップが国会で
トボける「盗電マン」体質は、今もなお変わってい ない。

「東電が事故調の立ち入りをかたくなに拒んだ理由は、
建屋内部が津波に襲われ る前にすでに地震で壊れていた――
ということを隠したかったためとみられています。

仮に水素爆発に至った原因が津波なら、
電力会社が主張しているように防潮堤などの設置で
お茶を濁せるが、もし地震が原因であれば、
原発の“耐震基 準”の大幅見直しが必要になる。

莫大なコストがかかる上、当分の間、日本中の原発 を動かせない。

これらは建屋内を確認すれば一発で分かるのです」(科学ジャー ナリスト)

もはや国政調査権が妨害されたのも同然。

担当者ら「盗電マン」はそろって偽計業務妨害で告発されても不思議じゃない。

事故原因を早く究明しないと、原発の新安全基準にも大きく影響する。

コトは重大なのだ。

「そもそも福島原発事故の原因が不明確なのに
新たな安全基準が検討されているのもヘンな話です。

事故が相次いだボーイング787型機だって、
事故原因が判明する まで飛行禁止です。
それと比べて原発はユルユル。

これではまた事故が起きてもおかしくありません」(前出のジャーナリスト)

東電の腐った体質は変わらない。早く潰した方が国民のためだ。

日々担々ブログ
日刊ゲンダイ2013/2/13より転載引用
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-8055.html
[ 2013年02月19日 13:38 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

アベノミクスがパスタ、オリーブオイルを直撃する【イタリアン受難の時代 円安で小麦また値上げ】

アベノミクスがパスタ、オリーブオイルを直撃する【イタリアン受難の時代 円安で小麦また値上げ】

☆給与の上がる可能性が低い中、ガソリン、小麦など。
☆アベノミックスの金融緩和は、まだ先の話しで
☆まだ、何もしていない。
☆大企業は、金資産をため込み、金は余っている。
☆市民だけに、しわ寄せが。。。


ゲンダイネットより
…………………………

■イタリアン受難の時代 円安で小麦また値上げ

アベノミクスがパスタ、オリーブオイルを直撃する

「イタリアン」受難の時代が来そうだ。
4月から、政府が一括して輸入し、民間企業に売る
小麦の価格が、10%程度値上げされるからだ。

小麦粉が上がればパンやパスタ、お菓子など生活に不可欠な食品に影響が出る。

それでなくても、円安でオリーブオイルなどが上がっている。
パスタにオリーブオイル。こりゃあ、イタリアン直撃だ。

中でも深刻なのは小麦だ。すでに国際的な価格高騰と、
円安で輸入価格が上昇。昨年10月以降、政府が輸入し、
民間企業に売る価格は3%上がっている。
それがまた上がり、10%になるのである。

日清製粉は、今年1月4日に価格を改定した。
「希望小売価格を設定していないため、小売店によって変わりますが、
家庭用小麦粉(中力粉、薄力粉)は出荷ベースで2~5%。

例えば、『フラワー』は、1キログラム23 8~245円から
同243~250円くらいに上がりました。
業務用は昨年12月20日に改定し、
25キログラム当たり115円(税別)の値上げとなりました」
(広報担当者)

3%でこうだから、10%になれば、推して知るべし。

しかも、小麦粉はパスタだけでなく、ピザの材料でもある。
ホント、イタリアンは大変だ。

経済ジャーナリストの有森 隆氏がこう言う。
「円安で輸入品はほとんど上がっていくでしょうが、
まずは小麦粉や油といった価格競争の少ない
業界から値上げを始めるのです。

競争がない業界であれば、談合して上げやす いからです。
オリーブオイルの値段はアメ横では昨年末の1~2割増です。

こうなると業務用、家庭用合わせて、
生活防衛のための買い占めが始まり、ますます価格は上がって いく。

店側は値上げに備えストックを始めていて、
多少の保管料を支払ってでも、買い占める状況が始まっています」

イタリアンレストランは高級店より、
むしろサイゼリヤのような庶民向けの
チェーン店の上げ幅が大きくなるかもしれない。

ギリギリの価格設定をしているからだ。同じ理屈で、
大衆向けの洋食店や学食なども一斉値上げになるかもしれない。

アベノミクスなんてウンザリだ。


ゲンダイネット2013年2月16日より
http://spweb.gendai.net/articles/view/syakai/140999
[ 2013年02月19日 10:35 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

電力会社も普通の会社として倒産させるべき:古賀茂明氏

電力会社も普通の会社として倒産させるべき:古賀茂明氏

最近,原発をなくして行きたいという国民世論が弱まっているように感じます.
事実を大手メディアが報道しない事に原因があります.

私(古賀茂明氏)に対する風当たりもまた強まって来ました.
でも,原発ゼロを目指すべきだという私の考えは変わりません.
(古賀茂明氏)

古賀茂明と日本再生を考えるメールマガジン2013年2月8日号より引用

現実味を増す電力会社の破綻は当然と考えるべし.
「電力会社も普通の会社として会社更生法で倒産させる」
電力会社が負担すべき金額が巨額になる事が原因で,
電力会社が経営破綻することが現実の問題として浮上している.

電力は,国民生活に欠かせないから
破綻はさせられないという意見があるが それは間違いです.

普通の会社と同じように,会社更生法を適用して
関係者間の負担の分担を決めて,再出発を図ることです.
ダイエーやカネボウもそうだったし,JALも会社更生法で再生しました.

----古賀茂明氏----

過去記事 政府の言う「東電国有化」はダメ:東電は倒産させるべき
http://blogs.yahoo.co.jp/permer4_4/27921423.html
東電国有化に2つのウラ有り:東電は倒産させるべき
http://blogs.yahoo.co.jp/permer4_4/28178843.html
東京電力を倒産させないのは経産省官僚の天下り先が無くなるから
http://blogs.yahoo.co.jp/permer4_4/26218363.html

転載元: 茨城(キ)県那珂市近郊の歯科:中川デンタルクリニック
今日の驚きブログ2013・2・18より
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8432045.html
[ 2013年02月18日 21:08 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

『メリットの法則 行動分析学・実践編』ダイエット、自閉症、恋愛、不安。あなたの行動、全て!

『メリットの法則 行動分析学・実践編』ダイエット、自閉症、恋愛、不安。あなたの行動、全て!

奥田 健次著 集英社新書 定価:777円(税込)

image


☆「人間は報酬がなくても行動することがある」と
☆考えている人が見落としていることにもお気づきいただけるだろう。

☆そもそも、「メリット」という言葉は、
☆「(目先の)利益」という印 象を抱かせるようであり、
☆「人間は自己利益のために行動している」と考えたくない人にとって、
☆受け入れがたいものなのかもしれない。

……………………………………………
【奥田健次の教育改革ぶろぐろ部】
NNNドキュメント'13『孤高の出張カウンセ ラー 自閉症の子どもたちとの500日』
http://kenjiokuda.cocolog-nifty.com/

奥田健次オフィシャルブログ
http://diamondblog.jp/kenjiokuda/

………………………………………………

『メリットの法則 行動分析学・実践編』

「ダイエット」「恋愛」「不安」……
あなたの行動、全てカンタンに説明できます
「すぐに弱音を吐いてしまう」「ダイエットに失敗する」

日常 ありがちな私たちの行動を分析するのに、難しい理論はいらない。

心理学のメインテーマともいえる
「なぜ、その人は○○をしてしまう のか」
という問いへの答えを「心」ではなく、
「外部の環境」に求 めるのが行動分析学だ。

「好子」「嫌子」「出現」「消失」。
あらゆる行動は、四つのキー ワードで分析可能であり、
不登校から潔癖症まで、様々な問題行動を劇的に改善することができる。

本書は、そうした改善の実例を豊富に揃えるとともに、
最新の知見も交えた実践の書である。

まえがき

以前、出演したテレビ番組で、
「人間は、その行動をした直後にメ リットが生じると、
またその行動をするようになるのだ」というテーマ から、
数ある心理学領域の中でもひときわユニークな「行動分析学」を紹介した。

番組ディレクターらは、視聴者にわかりやすく
「メリットの 法則」という番組用の造語を用いて、
行動分析学の専門用語を使わずに 番組を構成してくれた。

そのおかげもあって、
深夜帯であるにもかかわ らず大変な高視聴率であったという。
スタッフによれば、番組中にツイッターやら2ちゃんねるなどの
メディアでもかなりの反響があったそう である。

しかし、確かに視聴者にはわかりやすい
「メリットの法則」なのであるが、
一方では番組企画段階での予想通り、誤解を招いたところもある。

そもそも、「メリット」という言葉は、
「(目先の)利益」という印 象を抱かせるようであり、
「人間は自己利益のために行動している」と考えたくない人にとって、
受け入れがたいものなのかもしれない。

もしくは、人間は動物と違うので「報酬」がなくても
行動することがあると いう信念を持つ人も多い。

そうした感覚はおよそ真っ当なものである。

人間には、確かに人間以外の動物とは異なる特徴がある。
ただ、物事を印象や感覚だけでとらえることはよろしくない。
「人間 は、ネズミやハトなどの動物などと全然違う」
と言われる方にお聞きしたい。

「そうです、全然違いますね。では、
人間にもネズミやハトと共 通するところがあるとすれば、
それはいったいどんな部分ですか?
で きるだけたくさんの事実を挙げて下さい」。

このように問われると、どのように答えるのだろうか。

行動分析学には、多くの実験研究から膨大な知見が集積されていて、
そのおかげで、逆に人間が人間以外の動物と
どのような点で違うのかという知見についてもまた、
数多くの事実を明らかにしてきた。

そして、行動分析学が明らかにした行動の法則は、
それが人間社会に おける諸問題の改善に応用され、
大いに貢献していることもまた事実である。

集英社新書の杉山尚子氏のベストセラー
『行動分析学入門─ヒトの 行動の思いがけない理由』において、
その行動分析学の基礎から応用ま でが十分に概説されている。
本書では、行動分析学の基本を押さえつ つ、
日常生活上の諸問題から臨床事例を多めに解説していく。
もう少しやわらかく言えば、周囲の人や自分自身の
「よくある行動」に着目して 行動の原理に迫っていくので、
本書を読み終わってから杉山尚子氏の 『
行動分析学入門』を読まれると、きっと頭の中で整理できるようにな るだろう。

第1章の冒頭、頻発する発作で悩む親子への介入事例を取り上げるのだが、
こうした生理的・病理的な問題にすら、
行動分析学がどのように貢献できるのかをご覧いただき、
人の行動の裏に隠された法則を紹介した い。

それによって、「人間は報酬がなくても行動することがある」と
考えている人が見落としていることにもお気づきいただけるだろう。

本書では、数多くの日常例や症例などを取り上げた。
人間が目先のメ リットで動く場合も、そうでなさそうな場合も、
いずれも感覚ではなく、事実として行動分析学に対する
理解を深めていただければと願って いる。

特に、本書は行動分析学の諸原理だけで
強迫性障害などの精神疾患のメカニズムを解説した初めての解説書でもある。

全国各地、世界各 国を飛び回って数多くの臨床活動をしてきた中で、
思い出に残っている 事例から、行動の法則を浮き彫りにしたい。

奥田 健次(おくだ けんじ)

一九七二年、兵庫県生まれ。専門行動療法士、臨床心理士。
桜花学園大学大学院客 員教授、法政大学大学院非常勤講師。

二〇一二年に行動コーチングアカデミーを設 立。
代表を務め、発達障害、自閉症、不登校などの問題解決を行う。

緻密な指導プ ログラムで子どもの問題行動を改善させることから、
「子育てブラックジャック」 と呼ばれる。
著書に『叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本』(大和書房)、
『子育てプリンシプル』(一ツ橋書店)など。

集英社より
http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0664-e/
[ 2013年02月18日 19:53 ] カテゴリ:日本 | TB(0) | CM(0)

原発排泄物【各原発サイトでの貯蔵は早晩あふれかえる】行き場ない日本。

原発排泄物【各原発サイトでの貯蔵は早晩あふれかえる】行き場ない日本。

☆人体から出るモノの取り扱いも難儀ではあるが、
☆原発が排せつする放射性廃棄物の処理・処分はずっと厄介だ。

☆問題を放置したまま原発を再稼働させれば、
☆各原発サイトでの貯蔵は早晩あふれかえる。

☆使用済み核燃料の埋設【日本では難しい・地震国には】


北海道新聞 卓上四季より
…………………………………

これは不真面目なようで、真面目な話である―。
戦時中、南方戦線に投入された経験で知られる
漫画家水木しげるさんは、そう念を押して、

<世の中にたまった糞(くそ)ほど
始末に負えないものはないのだ>と力説する

▼戦地ではドラム缶を埋めて部隊の便所をつくったことがあるが、
10人が使えばたった3日であふれた。
その恐ろしさが身に染みているので、
災害時の用便に対する世間の無関心が気になって仕方がない、
と随筆「トイレ談義」に書いている

▼人体から出るモノの取り扱いも難儀ではあるが、
原発が排せつする放射性廃棄物の処理・処分はずっと厄介だ。

問題を放置したまま原発を再稼働させれば、
各原発サイトでの貯蔵は早晩あふれかえる

▼道北・幌延の地下深くうがたれている坑道は、
高レベル放射性廃棄物の処分法を探るためのものだが、
そこで基準値を超える濃度のメタンガスが漏れた。
作業員が一時避難し、掘削工事も中断したという

▼日本原子力研究開発機構は道と幌延町に連絡したそうだが、
住民にはその事実が公表されなかった。

立地段階から世論を大きく揺るがしたいわく付きの施設だ。
起きたトラブルは、すみやかに道民に知らせるのが筋ではないか

▼安心か心配か、安全か危険かは、
公開された情報を基に多角的に検証されてこそ意味を持つ。

風通しの悪い詰まった情報のパイプも始末に負えない。

北海道新聞 2013-02-16より
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/441916.html

………………………………

使用済み核燃料の埋設【日本では難しい・地震国には】フィンランドのオンカロは自然の地下要塞!!
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/29a4652b2c625ef7eba92b5c2fc9bf64

…………………………

■どうする核のゴミ<読者から> ともに考え続けたい

☆“先進地”と言われるフィンランドでも、
☆残念ながら明確なヒントを見つけることはできませんでした。
☆だからこそ、これからもずっと考え、提言してもゆこうと思っています。

東京新聞 社説より
………………………

 貴重なご意見をたくさんいただき、心より感謝します。

 東京都八王子市の木村雅英さん(64)は
「私は製造業に勤めていましたが、
製造で出たごみの処理方法が決まっていない製品は造れませんでした。

なぜ、原発は許されてきたのでしょうか」と、
あらためて疑問を投げかけます。

 江戸川区の女性はその意味で「少なくとも
『自分たちが出したごみは自分で片づける=生産者責任』の
モラルを果たしています」と、
核のごみの埋設施設を建設するフィンランドを評価します。

 そして「最終処分場は無理でも、最低限、
放射性廃棄物の暫定的な安定保管に
今すぐ取り組むべきではないでしょうか。
廃炉への工程も、真剣に考えるべきではないか」と訴えます。

 たとえ原発が止まっていても、
核のごみの貯蔵プールが天災などで破壊されれば、
放射能が降り注ぐ危険は残ります。

 名古屋市北区の女性は
「私は今まで見て見ぬふりをしてきたことを反省し、
私の生活を支えてくれてきたエネルギーに対して感謝します。
そして最終ではなく、これから私たちが
核のごみをどうするのかを考えていきたい」と当事者意識をのぞかせます。

 核のごみを増やし続けてきたのは誰でしょう。
核のごみ処理は、原発立地と同様、都会には無関係なのでしょうか。

 名古屋市中村区の佐藤秀夫さん(76)は
「核のごみの存在を意識し、これ以上増やさないために、
一市民一消費者として、なにができるのかを考え
続けなければならないと、あらためて思ったような次第です」と、
心中の決意を示してくれました。

 静岡市葵区の増井良夫さん(64)からは
「日本学術会議が提案したという暫定保管、総量管理については、
結局のところこれしか選択肢はないと考えるものの、
肝心の『安全性』に加え『時間』と『場所』について
言及されないのであれば説得力に欠ける」との指摘を受けました。

 どの文面からも未来の世代への責任感が、あふれ出てくるようでした。
まったく同じ思いです。

 “先進地”と言われるフィンランドでも、
残念ながら明確なヒントを見つけることはできませんでした。
だからこそ、これからもずっと考え、提言してもゆこうと思っています。

みなさんと、ともに。   

(論説委員・飯尾歩)

東京新聞 社説2013-02-11より
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013021102000151.html
[ 2013年02月18日 17:02 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

「ジャーナリスト同盟」通信 : 本澤二郎の「日本の風景」(1282)

教訓を学ばない日本・アジア【アジアに指導者がいない。日本には間違いなくいない】原発、公害

本澤二郎の「日本の風景」(1282)より
………………………………………………………

<教訓を学ばない日本・アジア>

工業化に比例する公害というと、高度成長期の日本そのものである。
四日市公害や川崎から千葉へと続く東京湾汚染地帯で人々は泣いた。
新聞も公害報道に紙面を奪われた。

悲劇の水銀中毒事件 など工業化の負の遺産は、
軽く富士山を飛び越えて天にも届く有り様だった。

いま同じ問題が中国やベトナムなどで発生している。
これは日本外交の失態である。

教訓を、真剣に学ぼうとしない日本・
隣人にそれを伝えようとしない日本、を裏付けている。

歴史認識で知られる村山談話や河野談話さえも見直すと
公言した安倍内閣に当惑する日本・アジアでもある。

<中国に注目する環境省>

新聞テレビは、いま中国の大気汚染を特別に大きく取り上げて報道している。
これによって、当局の取り組みが強化されることになれば幸いだが、
どうも狙いはそうではなさそうだ。

「日本の放射能汚染に蓋をかけようとしている」と見られがちだし、
現にそうかもしれない。

環境省は以前から中国の大気汚染を掌握している。

しかし、根気を入れたマスコミ向けデータ提供は、
石原大臣になった今年になってからだという。これがどうも胡散臭い。

中国大好きな心友は
「北京や上海など大都市への車の乗り入れを禁止する。
そうすれば事態は改善するだろう。
都心は公共交通に任せればいいだろう」と提言している。

中国にも車官僚が力を握っているのだろう。
電気自動車の普及が遅れているのかもしれない。

日本では脱硫装置がよく話題になったことがある。
石炭を完全燃焼させる技術などあるに違いない。

東アジア全体で取り組む態勢が不可欠だろう。

<ベトナムの環境汚染>

ベトナムに限らないだろうが、
経済発展と公害は比例しているのが不気味である。
日本の失敗をそっくり真似ている。

大地・大気・河川・海の汚染が急激に悪化している。
人間の健康を蝕んでい る。地球が泣いている。
それに手を打とうとしないASEAN諸国である。

日本の失敗がアジア全域に拡大している。それを放置している日本。

一部に民間がビジネスとして取り組んでいる。その程度である。
アジア人は連帯が苦手な民族なのか。
手を取り合って、お互いを助け合うことが出来ない心の冷たい人々の群れなのか。
わびしくも悲しいアジアであろう。

<日本外交に欠陥>

日本外交は何だったのか。考えさせられてしまう。
価値観外交は、ワシントンの指令に従った格差外交である。

これが日本外交の致命的ともいえる弱点だ。
ワシントンに服従しているといっても、少しひどすぎないだろうか。

いま日本政府と東芝連合は、ベトナムなどに原子炉輸出に懸命である。

福島の教訓など放り投げて、危険な暴利ビジネスに躍起である。

ベトナムどころか、中国への大量輸出にも意欲的と見られ ている。
核爆発させて電力を生み出す方法は、悪魔人間のやることである。

コスト面でもべら棒に高いことが判明している。

従って、欧米は閉炉へと舵を切っている。
核のゴミを処理できない人間なのだ から。

<欧米に服従するアジア>

アジア人の留学先の一番手にアメリカが選ばれている。日本もそうだ。

考えなくても不思議である。

戦争でアメリカに敗れた日本人が、アメリカ好きというのだから。

筆者にしても、つい最近まではその部類に属していた。

日本の政財官のエリート層は、群れをなしてアメリカ留学を経験している。
大英帝国の植民地政策の手口をワシントンも見習っている。

中国や韓国・台湾なども皆欧米留学が先行している。
留学生を上手に抱え込むワシントン・システムも確立している。
アジアの国々が自立できない原因であろう。

白人を崇拝する雰囲気は、アジア人に共通している。これもどうかと思う。

それでいて地球汚染にもっとも鈍感なアジア人なのである。

<ジャーナリズムの存在と自立人間>

アジアに指導者がいない。日本には間違いなくいない。
断定してもいいくらいだ。

金・資本に支配される指導層が余りにも多すぎよう。
人民の人民による人民のための政治が、まだ実現していないからなのだ。

芽は出ている。日本では沖縄県民だ。中国の地方都市にも現れている。

民主主義には背後にジャーナリズムの存在を見てとれる。
中国のネット社会の様子を知っているわけではないが、
どうやらこの中にもジャーナリズムが存在しているのではないだろうか。

沖縄県に注目したい。オスプレイ反対行動は新聞テレビと県民が連動している。

ここに大いなる民主の活力を感じることが出来る。

2013年2月17日23時15分記

本澤二郎の「日本の風景」(1282)より転載引用
http://blog.livedoor.jp/jlj001/lite/archives/52021812.html
[ 2013年02月18日 13:48 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

日々物語FC2

Author:日々物語FC2
日々物語

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR