今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  2013年02月
月別アーカイブ  [ 2013年02月 ] 

≪ 前月 |  2013年02月  | 翌月 ≫

日本のマスメディアが他に類をみないまでに【アメリカの宣伝機関に成り下がった】

日本のマスメディアが他に類をみないまでに【アメリカの宣伝機関に成り下がった】

長周新聞より
……………………

■米国の戦争に尽くすメディア 昔大本営、今ペンタゴン

「昔大本営、今ペンタゴン」といわれるゆえんである。
日本のマスメディアが他に類をみないまでに
アメリカの宣伝機関に成り下がった構図は、
第2次世界大戦後アメリカの占領期に形成されたものであることが、
近年の歴史研究のなかでも明らかにされてきた。

GHQは日本占領後、原爆投下などアメリカを批判する言論を一切封じる
「プレスコード」を発令し、ラジオ・新聞に直接介入し、
雑誌、書簡の検閲をおこない、 違反者を厳罰に処して恫喝を加えた。

『朝日』『NHK』などがその先頭に立って、
「内部規範」を作製して自主規制をおこなってきたこと、
それが占領後も続いてきたことも明らかになっている。

また、アメリカのCIA(中央情報局)が、
戦前『朝日』の主幹で戦犯とされた 緒方竹虎と、
同じく読売新聞社主の正力松太郎を
「暗号名を持つ有力なエージェン ト」に組織して、
アメリカの原発受け入れとともに、
アメリカ文化を日本に注入し ていったことも暴露されている。

メディア研究者の有山輝雄・東京経済大学教授は、
「日本のジャーナリズムが、 戦前も戦後も言論報道の統制に
ひたすら適応することに専念していたことが如実に うかがえる」と指摘している。

大手マスコミの報道が信用できるものではないというのが、
国民的な常識とな り、中学校でさえ、メディアリテラシー
(メディアを批判的にとらえる教育)を 「新聞教育」として
カリキュラムにとり入れるまでになった。

それほどウソがはびこっているのである。

このことは、アメリカや売国的な支配層がもはや、
真理真実を代表できるもので はなく、
ウソやハッタリで人人をだます以外にやっていけないこと、
その代弁機関 としてのマスメディアの極度の腐敗、腐朽を示すものである。

それは、歴史を創造する原動力である生産人民のなかにこそ
なにものにもかえが たい真実があること、
そこに流れる新しい時代を代表する世論を組織し、
腐れ切っ た支配階級のデマゴギーをあばいて
勝利させる大衆的な言論機関の必要性と
その重大な歴史的役割を教えるものとなっている。

長周新聞 2013・2・20より抜粋引用
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/beikokunosensounitukusumedelia.html
スポンサーサイト
[ 2013年02月28日 19:56 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

米国の戦争に尽くすメディア 昔大本営、今ペンタゴン

日本のマスメディアが他に類をみないまでに【アメリカの宣伝機関に成り下がった】

長周新聞より
……………………

■米国の戦争に尽くすメディア 昔大本営、今ペンタゴン

「昔大本営、今ペンタゴン」といわれるゆえんである。
日本のマスメディアが他に類をみないまでに
アメリカの宣伝機関に成り下がった構図は、
第2次世界大戦後アメリカの占領期に形成されたものであることが、
近年の歴史研究のなかでも明らかにされてきた。

GHQは日本占領後、原爆投下などアメリカを批判する言論を一切封じる
「プレスコード」を発令し、ラジオ・新聞に直接介入し、
雑誌、書簡の検閲をおこない、 違反者を厳罰に処して恫喝を加えた。

『朝日』『NHK』などがその先頭に立って、
「内部規範」を作製して自主規制をおこなってきたこと、
それが占領後も続いてきたことも明らかになっている。

また、アメリカのCIA(中央情報局)が、
戦前『朝日』の主幹で戦犯とされた 緒方竹虎と、
同じく読売新聞社主の正力松太郎を
「暗号名を持つ有力なエージェン ト」に組織して、
アメリカの原発受け入れとともに、
アメリカ文化を日本に注入し ていったことも暴露されている。

メディア研究者の有山輝雄・東京経済大学教授は、
「日本のジャーナリズムが、 戦前も戦後も言論報道の統制に
ひたすら適応することに専念していたことが如実に うかがえる」と指摘している。

大手マスコミの報道が信用できるものではないというのが、
国民的な常識とな り、中学校でさえ、メディアリテラシー
(メディアを批判的にとらえる教育)を 「新聞教育」として
カリキュラムにとり入れるまでになった。

それほどウソがはびこっているのである。

このことは、アメリカや売国的な支配層がもはや、
真理真実を代表できるもので はなく、
ウソやハッタリで人人をだます以外にやっていけないこと、
その代弁機関 としてのマスメディアの極度の腐敗、腐朽を示すものである。

それは、歴史を創造する原動力である生産人民のなかにこそ
なにものにもかえが たい真実があること、
そこに流れる新しい時代を代表する世論を組織し、
腐れ切っ た支配階級のデマゴギーをあばいて
勝利させる大衆的な言論機関の必要性と
その重大な歴史的役割を教えるものとなっている。

長周新聞 2013・2・20より抜粋引用
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/beikokunosensounitukusumedelia.html
[ 2013年02月28日 19:54 ] カテゴリ:日本 | TB(0) | CM(0)

日本人の野蛮性(原発事故の現象)【原発事故で見られたような残虐さは歴史的あったのだろうか?】

日本人の野蛮性(原発事故の現象)【原発事故で見られたような残虐さは歴史的あったのだろうか?】


【ナチスがアウシュビッツで 大量虐殺をしたときの社会現象】

☆ナチスがアウシュビッツで
☆ユダヤ人の大量虐殺をしたときの社会現象とまったく同一である。

☆それは、
☆1)権威(政府)が認めたこと、
☆2)大勢が参加すること、によって残虐な 行為や野蛮なことが、
☆「自分の責任では無い。みんながやっているから」という
☆言い訳ができるということによる
☆人間の野蛮性、残虐性の発現である。

☆これまでの日本社会でも部分的には野蛮で残虐な行為があったが、
☆原発事故で見られたような残虐さは歴史的あったのだろうか?
☆日本史、日本社会の 研究をされている学者の方の研究を期待したい。


武田邦彦ブログより
………………………………

■野蛮と文明(2) 日本人の野蛮性(原発事故の現象)

「tdyno.70-(5:37).mp3」をダウンロード

ヨーロッパ人は残虐で野蛮だけれど、日本人は心優しく、
誠実で、礼儀正し く、人なつっこく、好奇心が強く、
そしてすこし狡い民族で、全体としては 他民族から信頼される
「愛すべき人たち」だと思っていた。

でも、原発事故の後、日本人の野蛮性を目にして、現在ではかなり認識は違う。

原発事故の後、民主党政権ばかりではなく野党だった自民党、
福島県をはじめとした自治体、東大教授などの専門家、気象学会や医学会など、

本来なら国民から尊敬されなければならない
日本の指導層に深い野蛮性が見られたからである。

原始的な野蛮性は、問答無用で暴力的に殺害したり、
女性をさらったり、人 の土地を取り上げたりする行為であるが、
少し狡猾になると「風評を立てて人に被害を与える」ということになる。

たとえばヨーロッパ中世で猛威を振るった「魔女裁判と死刑」があった。
天変地異などがあると、普通に生活している女性を
「魔女」に仕立て上げて火 あぶりや縛り首にして、
それで不運を解消しようとした。

まさに、「正当なこと」をせずに「風評を立てて押し切る」という手法である。

原発事故に関しては、次のような風評がはびこった。
1)原発は危険なのに安全という風評を立てた、
2)日本人を被曝から守る法令があるのに「無い」と言って風評を立てた、
3)法令で被曝限度が 1年1ミリと決まっているのに
「決まっていない」と 言って風評を立てた、
4)1年1ミリは「外部被曝+内部被曝」なのに、
内部被曝をもたらす食品の 安全基準を1年1ミリとした、

5)販売してはいけない汚染された食材を販売し、
それに反対する人に「風 評をまき散らすな」という風評を立てた、
6)法令で退避させなければならない危険地帯にいる人に「大丈夫」と言った、
7)「法令を守れ」という人を排除し、あるいはバッシングした、
8)法令があるのに、その 20倍の被曝でも良いという
外国の任意団体を持ち 出して日本の子どもに被曝させた、 などである。

まさに、野蛮な行為そのものである。
なぜ、日本人がこのように突如として 野蛮な行為に走り、
理性を持って呼び掛ける人をバッシングしたのは、
それにはいくつかのトリックが使われた。

1)自然放射線が 1年1ミリより高いというトリック
(被曝による健康障害は 「足し算」だから比較することはできない)、
2)世界には自然放射線の高いところがあり、健康だというトリック
(中 国、インド、ブラジルなどの自然放射線の高い地域の
発ガン率は明らかでは無い(寿命が短い、統計データがないなど)、

3)広島原爆でも大したことはなかったというトリック
(福島の爆発によっ てでた放射性物質が77京ベクレル
(広島原爆の 186倍)という政府発表をしながら、
口コミで指導層を抑えた、
4)スピーディーの計算値を隠したり、ベント前の漏洩を隠したり、
放射線 量を少なめに発表したり、
ストロンチウムなどの測定値を公表しなかった り、
さまざまなデータ隠しをした、
5)食材の多くの測定をせず、また汚染された食材の行く先を公表しなかった、
6)気象学会が「福島の風向きなどを発表するな」と学者に制限した。

現実に、法令に反する被曝、食材、土壌汚染があるにも関わらず、
「みんな で風評を立てれば、それで押し通せる」という
魔女狩りと全く同じ手法を 採ったのである。

このことについて今後も解析を進めていくが、
ナチスがアウシュビッツで
ユダヤ人の大量虐殺をしたときの社会現象とまったく同一である。

それは、
1)権威(政府)が認めたこと、
2)大勢が参加すること、によって残虐な 行為や野蛮なことが、
「自分の責任では無い。みんながやっているから」と
いう言い訳ができるということによる人間の野蛮性、残虐性の発現である。

やや楽天的で、それほど丁寧ではない私でも、この 2年、
日本で生活する精神的苦痛は大きかった。
このような野蛮な行為を見て、辛かった人が大勢おられるだろう。

これまでの日本社会でも部分的には野蛮で残虐な行為があったが、
原発事故 で見られたような残虐さは歴史的あったのだろうか?
日本史、日本社会の 研究をされている学者の方の研究を期待したい。

時々、記事を書いている内になにかイヤになってくることがありますが、
日本人というのはこうだったのか?

それともアウシュビッツの後で
ドイツ人も同じ感覚を持っていたのかと複雑な気持ちでした。

(平成25年2月22日)

武田邦彦
(C)武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ
より転載引用、音声もコチラ↓↓
http://takedanet.com/2013/02/post_42da.html
[ 2013年02月28日 18:51 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

首相、原発再稼働を明言 TPP参加も事実上表明【再び原発事故が襲う日本】米国ポチ安倍首相】

首相、原発再稼働を明言 TPP参加も事実上表明【再び原発事故が襲う日本】米国ポチ安倍首相




東京新聞 2013年2月28日
……………………
首相、原発再稼働を明言 TPP参加も事実上表明

安倍晋三首相は28日午後、
衆院本会議で第2次安 倍内閣発足後、初めての施政方針演説を行った。

エネルギーの安定供給とコスト低減を図る立場から、
安全確認を前提に原発を再稼働させる方針を明言する。

環 太平洋連携協定(TPP)は政府の責任で判断すると して、交渉参加を事実上表明。

東日本大震災の復興加 速に全力を尽くすと約束する。

2007年の第1次内 閣での施政方針演説と同様、憲法改正へ議論促進を呼び掛ける。

首相は、東電福島原発事故の反省に立ち
「原子力規 制委員会の下で、安全性を高める新たな安全文化をつくる」と説明。
その上で「安全が確認された原発は再 稼働する」と打ち出す。

(共同)東京新聞2013年2月28日より
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013022801001146.html

首都圏に忍び寄る震源 栃木県北部で震度5強の不気味【何となく震源が首都圏に寄ってきている】-gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/75c53071aff673165fe1ad44297a2770

玄海原発は大爆発する【九州から大阪まで壊滅】老朽化原発!!-gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/4d79e611f20acefd5dbb282cdfaeb28f

基準順守なら運転延長、原発40年原則越えても【狂気、老朽化原発は大爆発する】 原子力規制委-gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/0bfff1c69aa8073d1fb434393ec06621
[ 2013年02月28日 17:25 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

基準順守なら運転延長、原発40年原則越えても【狂気、老朽化原発は大爆発する】 原子力規制委

基準順守なら運転延長、原発40年原則越えても【狂気、老朽化原発は大爆発する】 原子力規制委

☆ 老朽化原発の玄海原発は大爆発する【九州から大阪まで壊滅】


運転開始から40年以上が経過した敦賀原発1号機
=福井県敦賀市で2011年11月、本社ヘリから望月亮一撮影



毎日新聞より
…………………………

■原子力規制委:基準順守なら運転延長 原発40年原則で

原子力規制委員会は27日、原発の運転期間を40年とする原則について、
安全基準を満たし続けられると判断できれば、
最長20年まで運転の延長を認める方針を決めた。

4月までに具体的な要件を定めた政令・規則案を固め、
7月に施行することになっている。要件の定め方によっては
「40年廃炉ルール」が骨抜きになる恐れもある。

昨年6月成立の改正原子炉等規制法は、
原発の運転期間は40年を原則としつつ、
例外的に最長20年まで延長を認めることを規定していた。
この日の定例会で示された方 針案は、
事業者から40年超の原発の延長申請があった場合、
老朽化の影響を考慮しても、
延長期間中に安全基準を順守した状態を維持できると
規制委が判断できれば、認可する。

核燃料を収める原子炉圧力容器は時間の経過とともに
燃料から出る中性子を受けてもろくなり、
高温、高圧の水や水蒸気が通る配管も劣化する。

例えば、事業者が20年の 延長を申請する場合、
20年後も圧力容器が健全で配管は適正に交換するなどして、
基準を常に満たすことができる計画を示さなければならない。

国内の原発50基のうち、運転開始から40年を超えているのは
日本原子力発電敦賀1号機と関西電力美浜原発1、2号機の3基。

運転を継続するには、7月の改正原子炉 等規制法施行から
3年以内に審査を受け、規制委が可否を判断する。

【岡田英】 2013年02月27日 14時56分

毎日新聞より転載引用
http://sp.mainichi.jp/m/news.html?cid=20130227k0000e040176000c&inb=mo

玄海原発は大爆発する【九州から大阪まで壊滅】老朽化原発!!-gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/4d79e611f20acefd5dbb282cdfaeb28f
[ 2013年02月28日 09:35 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

首都圏に忍び寄る震源 栃木県北部で震度5強の不気味【何となく震源が首都圏に寄ってきている】

首都圏に忍び寄る震源 栃木県北部で震度5強の不気味【何となく震源が首都圏に寄ってきている】

☆2011年3月11日に東日本大震災が起きてから、
☆死者行方不明が2万人近い大災害を起こした、

☆この東北地方太平洋沖地震につい て、
☆日本人は早くも関心が遠ざかっているのではないだろうか。

ZAKZAK2013.02.26より
…………………………………

不気味な衝撃だった。
25日夕方に栃木県北部で強 い地震が起き、最大震度5強を観測した。



今年に入っ てから関東の内陸を震源とする地震が目立ち、
何となく震源が首都圏に寄ってきているような印象も受け る。

東日本大震災以降、
「マグニチュード(M)7級 の首都直下はいつ起きてもおかしくない」
(地震学 者)とされるだけに「気のせい」では済まされない。

突き上げるような強い揺れに悪夢がよみがえった。

25日午後4時23分ごろ、栃木県日光市で震度5強 の地震があった。
規模はM6・2(推定)で、
この地震前後に同じ栃木県北部を震源とする体に感じる
(有感)地震が相次ぎ、震度4を観測するなど有感の余震は30回を超えた。

先の震災以降、宮城・福島沖での地震は珍しくはないが、
1月28日には茨城県北部を 震源とする震度5弱(M4・9)、
同31日にも同県北部で5弱(M4・7)、
2月1日 には茨城県南部で3(M4・2)が起きた。

そして今度は栃木県北部。首都圏の手前まで震源が寄ってきているような感じもする。

前兆なのか。

『直下型地震 どう備えるか』(花伝社)などの著書がある
武蔵野学院大の島村英紀・ 特任教授(地震学)は

「先の震災で東日本全体の地下がリセットされて
地震が起きやすい 状態になっている。

1930年に北伊豆地震(M7・3、最大震度6)を起こした活断層
(丹那断層など)をみるだけでも先の震災以降、
地震発生の頻度が66倍。

これに現れているように内陸の地震が活発化している」と解説する。

島村氏によると、首都圏は関東ローム層が複雑に堆積し、
地下の状態が見えにくいた め、
「大規模な直下型地震のリスクは相変わらず内包している」という。

いつきてもおかしくないを肝に銘じて、

できる限りの防災態勢を整えておきたい。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130226/dms1302261538015-n1.htm

『直下型地震が東京(首都圏)を襲う--どう備えるか』 島村英紀

島村英紀 『直下型地震 どう備えるか』 花伝社

「前書き」と「後書き」と「目次」など

2012年3月20日発行。花伝社。本文223頁。四六版ソフトカバー。
ISBN 978-4-7634-0629-3 C0044。1500円+税
この本の前書き

2011年3月11日に東日本大震災が起きてから、
この本の執筆時までに一年がたとうとしている。
しかし、死者行方不明が2万人近い大災害を起こした、
この東北地方太平洋沖地震につい て、
日本人は早くも関心が遠ざかっているのではないだろうか。

あれだけの大地震を受けて、立ち止まってじっくり考えること、
そして将来も襲って来るに違 いない次の大地震に、
なにを、どう備えればいいのかを考えることこそが大事なのだろうが、
それら必要なことが、東北地方太平洋沖地震によって引きおこされて、
まだ終息にはほど遠い。

東京 電力福島第一原子力発電所の事故の陰に隠れてしまおうとしているのではないか。
それを地震学者として怖れている。

じつは1995年に起きた阪神淡路大震災のときもそうだった。
地震は1月17日に起きて、6400 人以上の犠牲者を生むという、
日本では約70年ぶりの震災が起きた。

しかしそのすぐあと、そ の年の3月にはオウム真理教教団が起こした地下鉄サリン事件、

そして12月に福井県にある高速 増殖炉の原型炉
「もんじゅ」でナトリウム漏洩という重大事故があり、
当時の動燃(いまの核燃 料サイクル開発機構)の
事故隠しもあって大きなニュースになって、
地元や関係者以外の多くの 日本人は、地震のことから関心が遠ざかってしまった。

この本に書いたように、日本列島のどこを、次に地震が襲うかは分からない。

しかし、震災と地震とは別のものだ。

地震は、日本人が日本列島に住み着くはるか前から
繰り返し起きてきた自然現象であり、震災は、
そこに人間社会があってはじめて起きる、いわば社会 現象である。
つまり震災は地震と社会の接点で起きる出来事なのである。

自然現象としての地震はこれからも襲ってくる。
それを避ける方法はない。

人類が起こるべき 地震を制御することも不可能である。
だが、震災は、備えがあれば、小さくも、また防ぐことも できるはずのものだ。

この本にも書いたように、あいにくなことに、
いままでの震災の歴史は、地震の歴史のあとを追いかけてきた歴史でもあった。

大地震のたびに、いままではなかった災害が生まれてきたので ある。

今回も、原発震災という、いままでに警告されながらも
備えが不十分だった原子力発電所が破壊された事故が起きてしまった。
その事故の終息はいまだ見えず、解決には途方もない時間がか かる。

今度襲って来る大地震のときに、
それが大きな震災を生まないですむような備えが出来るかど うか、
そこに人間の知恵が試されているのである。

この本の後書き

この本に書いたように、地震は弱者を選択的に襲ってきた。
弱者とは、古くて弱い家に住み続けなければならない人たちや、高齢者や障害者である。

阪神淡路大震災のときに神戸大学では39名の学生が亡くなった。
そのうち37名が下宿生だっ た。

これは神戸大学が特別に下宿生の割合が高かったのではなくて、
下宿生が、古くて弱い住宅 に住まわされていたからなのである。

住宅密集地である首都圏をはじめ、
各地にはまだ古い家に住み続けなければならない人たちも 多い。
これから襲ってくる地震で、
また弱者が痛めつけられる構図が繰り返されることを心配し ている。

そして、日本を襲う二つの地震のタイプのうちの片方、
直下型地震のときの局地的な地震の揺 れは、
もうひとつの地震のタイプ、海溝型地震よりも大きいことが多い。

このため、阪神淡路大震災で明らかになったように、
もし次の直下型地震が住宅が密集してい る都会を襲ったら、
また大震災が繰り返される、
あるいはもっと巨大な震災が起きるという可能 性が高いのである。

この本に書いたように、山地が多い日本では、
わずかな平地に人々が集まって都会や町を作っ ているのが普通だ。
しかしこれらの平地は、どれも地震に弱い「わけあり」な土地なのである。

しかも、以前は人々が住んでいなかった、
あるいは住むのを避けていたところにも、住宅が拡 がっている。
谷を埋めたり傾斜地を削って作った宅地造成地、
かつての海や沼や砂州を埋め立て た土地、川や海よりも低い低地帯。
都会や町は、前よりも一層、地震に弱くなっているの である。

ここで、「前書き」の最後を繰り返さなければならない。
今度襲って来る大地震のときに、
そ れが大きな震災を生まないですむような備えが出来るかどうか、
そこに人間の知恵が試されてい るのである。

この本は昨年『巨大地震はなぜ起きる これだけは知っておこう』を
出してくださった花伝社 の平田勝社長からのお薦めで世に出ることになった。

また具体的な編集作業は同社の佐藤恭介さ んが手際よくやってくださった。
このお二人がなければ、この本が生まれることはなかった。深 く感謝したい。

この本の目次

第1章 東北巨大地震とはどんな地震だったのだろう
第2章 直下型地震の怖さとは
第3章 首都圏を襲う直下型地震
第4章 日本で起きた内陸直下型地震
第5章 直下型地震の被害が増えている
第6章 地震予知はお手上げ
第7章 活断層はどのくらい警戒すべきだろうか
第8章 震災を押さえ込むのは人類の知恵

(出版社による)この本のキャッチコピー

直下型地震についていま分かっていることを全部話そう
海溝型地震と直下型地震 直下型地震は予知など全くお手上げ
地震は自然現象、震災は社会現象
大きな震災を防ぐ知恵、地震国・日本を生きる基礎知識

読者からの反応

2012.3.18 「気象庁のマグニチュードは問題がありますので早急に変更すべきだと思います」 (気象庁のOBから)

いろいろ考えながら読んでいます。

気象庁のマグニチュードは問題がありますので早急に変更すべきだと思います。
気象庁がどう考 えているのかも現在は分かりませんが、
出来るだけ早く変えないないとならないと思います。

東京が大震災に遭った場合、日本は本当に大変なことになります。
対策は何もとられていない 現在、とても怖いです。
何か動きがあってもいいと思うのですが今のところ何も見えていませんね。

2012.3.27 「もっとセンセーショナルなタイトルにして行政に
本格的な地震対策の必要性を感 じさせるようにしても良かったのでは」

『直下型地震 どう備えるか』を読みました。
ここのところ、毎日のようにテレビに地震速報が 出ますが、
東京が地震多発箇所であることを改めて認識し、興味深く読みました。
島村さんの考 えとは違うかも知れませんが、
もっとセンセーショナルなタイトルにして行政に
本格的な地震対 策の必要性を感じさせるようにしても
良かったのではないかと、思っています。
なぜ、いまの場所に首都を置くことになったのかについて書いてありますが、
私の意見の追加です。

徳川実記では「秀吉に家康が命じられた」とありますが、
僕は明治維新の時、金のない政府(大 久保利道)が前嶋密の建議で、
「狭い大阪でなく官庁を収容できる大名屋敷が多数残っている江 戸が良い」と
判断してしまったことに直接の原因があると思います。

実際そういう問題はあった のでしょうが、
幕臣であった前嶋にとっては江戸がゴーストタウン化している事に
寂しさがあっ たのではないでしょうか。

花伝社より
http://shima3.fc2web.com/kaden2.htm

地震発生を時系列で見ると日本列島の歪みが分かる
http://blog.goo.ne.jp/hirat55/e/2a282b674c597ccfc280e9fb356f5839
[ 2013年02月27日 20:34 ] カテゴリ:日本 | TB(0) | CM(0)

シロアリ官僚【官舎・復興と無関係の危機管理要員が豪華な宿舎に無料で住む】

シロアリ官僚【官舎・復興と無関係の危機管理要員が豪華な宿舎に無料で住む】

NEWSポストセブン2013.02.27
……………………………………………

■官舎・復興と無関係の危機管理要員が豪華な宿舎に無料で住む

「シロアリ官僚」の象徴というべき存在が、彼らが住みつく公務員宿舎である。
民間の数分の1の賃料で住むことができる官舎は、役人特権の代表格といえる。

その中でも、とんでもないのが、
都心の一等地・千代田区の三番町(110戸)と四番町(113戸)にある合同宿舎だ。

間取りは2DK~4DKで、周辺の不動産業者によると
「賃料 は4DKで月額40万円は下らない」という。
この豪華宿舎は廃止指示を受けたにもかかわらず、
震災を口実に「危機管理用宿舎」に指定することで、
そっくりそのまま存続させる ことになったのである。

財務省国有財産調整課の担当者は、
「東日本大震災や福島原発事故を受けて、
内閣官房の防災担当職員の増員を検討しており、
危機管理要員が入居することになっている」と 説明するが、
それが何名なのかを質すと「各省で議論中なのでわからない」
という答えが返ってきた。

そればかりではない。「危機管理要員」という理屈によって、
今後は「入居費無料」になるというのだ。
「危機管理担当の職員は負担なしで入居している」(同前)と説明す るが、
これまでは4DKで月額約6万7000円を払わなければならなかった宿舎に
“危機管理要員”として入居すれば「タダ」となるのである。

ちなみに同課の担当者は、
「震災が起きて公務員住宅が被災したらすぐに
新たな宿舎を探す必要があるため、私も入居資格があります」とのたまう。

もうおわかりだろう。官僚が繰り返す危機管理とは、
「霞が関の既得権を危機から守る」という意味なのである。

※週刊ポスト2013年3月8日号より
http://m.news-postseven.com/archives/20130227_173415.html
[ 2013年02月27日 18:35 ] カテゴリ:日本 | TB(0) | CM(0)

室井佑月氏が「ほんと虫酸が走る」と思った相手【福島県立医大の鈴木真一、検討委の山下俊一座長】

室井佑月氏が「ほんと虫酸が走る」と思った相手【福島県立医大の鈴木真一、検討委の山下俊一座長】

☆あたしはさ、この人たちのこの問題に対する対応に、ほんと虫酸が走る。

2013年2月27日(水)dot.(ドット)より
…………………………………………………
室井佑月氏が「ほんと虫酸が走る」と思った相手

福島県は2月13日、東京電力福島第一原発事故の発生当時に
18歳以下だった3人が甲状腺がんと診断され、7人に疑いがあると発表した。

しかし福島県の県民健康管理調査検討委員会は、
原発事故との因果関係はないとした。

作家の室井佑 月氏はこのことについて次のように話す。

* * *

3万8千人の子供たちの中から、甲状腺がんの子が3人、
疑いのある子が7人っ てどうなのか。

だって、通常では子供に甲状腺がんが見つかる可能性は
100万人に1人か2人なんだという。

しかし、このことに対し、
福島県の県民健康管理調査検討委員会の方々は、
こんな風にいっている。

福島県立医大の鈴木真一教授は、
「甲状腺がんは最短で4 ~5年で発見というのがチェルノブイリの知見。
今の調査はもともとあった甲状 腺がんを把握している」。
つまり、福島第一原発事故による放射線の影響じゃないんじゃない、
ってことをいいたいんだ。

検討委の山下俊一座長は、
「数だけ見ると心配するかもしれない。
しかし20 代、30代で見つかる可能性があったものが、
かなり前倒しで見つかった」とまで いいきった。

通常より、子供たちに甲状腺の異常が多かったことを指摘されると、
「(比較 する)前例がない」だってさ。

あたしはさ、この人たちのこの問題に対する対応に、ほんと虫酸が走る。

福島 第一原発が事故を起こした。

そして、人体に悪影響を及ぼす放射能が漏れた。
原発周辺に住む人々は、事故後に国から適切な情報を貰えず、大なり小なり被曝した。

その事実は決して変えられないことだ。

変えられないことだけに、反省し、
被曝した可能性がある人たちの側に立って、
これから物事を考えていかなきゃいけないと思う。

※週刊朝日 2013年3月8日号 niftyニュース より転載引用
http://s.news.nifty.com/domestic/societydetail/dot-20130227-2013022700003_1.htm



福島の子供10人,甲状腺がん【更に200名程度の二次検査対象者がいる!既にチェルノブイリ超え】
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ba75ec9f231b13f5b9f5c628a2298213

山下俊一の嘘が暴かれた
2012年10月08日阿修羅ブログより
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/799.html

<原発被曝の健康被害> 驚愕すべき事態が周辺で発生している【福島原発事故チェルノブイリ症候群】-gooブログ
☆放射能被曝による健康被害は、既に現れている。
☆これから本格化するとも認識すべきではないだろうか。
☆「風邪か」 と信じ込んでいた中高年の隣人が「肺がん」と診断されたのだ。
☆<頻発するチェ症候群> 驚愕すべき事態が周辺で発生している。
☆いうところのチェルノブイリ症候群である。
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/0788791eeaeab691766f6370e6fd7a93

【日本国民を被爆から守るために】放射線関連技術者に・・・信念ある職業倫理を求めます。-gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/8947050c6c88a475fd6ff0749f6f2be8/?cid=c1470598fecc300cd847ca19ab806e69&st=0
[ 2013年02月27日 16:32 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

肉・タマゴを食べる人は長生きする【体を作るアルブミンタンパク質】筋肉、血管、免疫細胞、体温上昇

肉・タマゴを食べる人は長生きする【体を作るアルブミンタンパク質】筋肉、血管、免疫細胞、体温上昇


image



肉を食べる人は長生きする | 書籍 | PHP研究所
http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-80894-9

※アルブミンを多く含む食品は、タマゴ、牛肉、豚肉、鶏肉、チーズなどです。


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image



『医学博士が提唱する“肉食のメリット”とは?』

モーニングバード02月25日(月)より
…………………………………………………

「アカデミヨシズミ~元気な高齢者は肉食? “肉のパワー”を科学する」
担当リポーター / 石原良純 番組で紹介した情報は以下のとおりです。

『医学博士が提唱する“肉食のメリット”とは?』

人間総合科学大学 保健医療学部
住所/埼玉県さいたま市岩槻区太田字新生寺曲輪354-3 TEL/048-758-7110
※柴田博学部長の著書「肉を食べる人は長生きする」
発行/PHP研究所 価格:1470円(税込)

番組登場の焼肉店「焼肉やっちゃん 城北店」
住所/埼玉県さいたま市岩槻区南辻120-1 TEL/048-749-2929

番組登場の介護付き有料老人ホーム「センチュリーシティ 大宮公園」
住所/埼玉県さいたま市見沼区大和田町1-1275 TEL/048-686-8088

「年をとったら粗食がベスト。脂っこい肉類は避けるべき」と
考えている方は少なくないようです。
けれども一方で、当番組の人気コーナー 「Gウーマン」や「A男子」に
ご登場くださったパワフルなご高齢者は ほとんどが“肉好き”という事実もあります。

そこで今回のアカデミヨシ ズミでは「肉食と長寿の関係」について徹底検証してみました。

肉の持 つパワーについて伺うべく石原良純さんが訪問したのは、
医学博士でも ある「人間総合科学大学 保健医療学部」の柴田博学部長です。

「日本の平均寿命が右肩上がりに延びたのは肉を食べたおかげ」と
柴田学部長はおっしゃいます。

日本人に長寿をもたらしたのは「アルブミ ン」という、
肉類に多く含まれるタンパク質の一種なのだそうです。

このアルブミンは「筋肉」や「血管」、
さらには人間を様々な病気からを 守る「免疫細胞」等を
作るのに不可欠な物質であるといいます。

アルブ ミンが不足すると細胞が弱ってしまうのですが、
体内でアルブミンを作 り出す力というのは加齢に伴い衰えるのだそうです。
「だから高齢の方 は積極的に肉を食べ、アルブミンを補給することが大切」と
柴田学部長 は指摘します。

柴田学部長は「肉を食べると、他の物を食べた時よりも体温が高くな る」
とおっしゃいます。

番組ではそれを検証すべく、2人の方に 「200kcalの肉」、
もう2人の方に「200kcalの白米」を食べていただ き、
食後の体温変化を比較してみました。

食後1時間の段階では双方と も同じように体温が上昇していましたが、
2時間経つと白米を食べた方 は元の体温に戻ってしまいました。
けれども肉を食べた方の体温は高い ままでした。

この理由を柴田学部長は
「肉のタンパク質を消化吸収する ときは他の食品のときよりも
胃腸の動きが活発になり、発熱量も増え る。

だから白米を食べた場合よりも体温が高い状態が長く続く」と説明 してくださり、
「体温が上がると免疫力が上がり、それが長寿につなが る」ともおっしゃいました。

柴田学部長は「高齢者が肉を積極的に食べるようになってから、
平均寿 命が延びた村がある」とも教えてくださいました。

番組では現地におも むき、その実態を調査しました。
お邪魔したのは、秋田県・大仙市南外 (旧・南外村)。
お話を伺ったご夫妻(夫83歳、妻77)は
「毎日必ず食 事に肉を取り入れている」のだそうです。
こちらの村の平均年齢は1985 年の段階では74.67歳で
「全国で3番目に寿命の短い村」だったそうで す。

けれども柴田学部長をはじめとする研究チームが足を運び、
肉を食
べる機会が少なかった高齢者に「積極的に肉を食べるように」と
直接指 導にあたった結果、
5年間で男性1.3歳、女性1.8歳も平均寿命が延びたといいます。

『肉食とコレステロールの関係性』

肉食を避ける方の中には、「悪玉コレステロールの数値が高くなる」や
「中性脂肪が増える」といった理由を挙げる方がおられます。

けれども 柴田学部長は
「コレステロールについて多くの方が思い違いをしている」とおっしゃいます。
柴田学部長によれば「コレステロールというの は1種類のみ」で、
単に「全身から余分なコレステロールを回収して
肝臓に戻ってくるものが“善玉”と呼ばれ、
逆に肝臓から全身に送られるも のが“悪玉”と呼ばれているだけ」だそうです。

悪玉と呼ばれるほうのコレステロールが多すぎると、
確かに「血管の内 側に余分なコレステロールがへばりついてしまい、
脳梗塞や心筋梗塞の 原因になりかねない」そうですが、
かといって少なすぎても
「コレステ ロールを材料に作られる細胞の壁が弱体化して
ウイルス類が侵入しやす くなったり、
血管の壁が薄くなって脳出血を起こす場合がある」のだそ うです。

「高齢者は体内のコレステロールが少なすぎる場合が多いため、
積極的に肉を食べたほうが良い」と柴田学部長は指摘します。

「バランス良く何でも食べることが長寿の秘訣」とおっしゃる柴田学部長は、
●魚と肉との摂取量は1:1。
●様々な種類の肉を食べる。
●緑黄色野菜などの、多種の野菜を食べる。
●食欲がないときは、おかずを先に食べてご飯を残す。
●色々な味付けをして食べる。 というのを
「柴田流・肉食のススメ5カ条」と名付けて提唱されているそうです。

モーニングバード2013・2・25より転載引用
http://www.tv-asahi.co.jp/onair/info.php?b=morning&id=3251

◎蛋白質 たんぱくしつ
http://www3.ocn.ne.jp/~eiyou-km/newpage123.htm

■老化予防&アンチエイジングに効果的!アルブミンを増やす方法
【奇跡の地球物語6月24日】

2012年6月24日放送のテレビ朝日・
奇跡の地球物語ではアンチエイジング~生命を守る筋肉の力~ということで、
老化予防に効果的なアルブミンを効果的に増やす方法などが紹介されていました。

アルブミンとは?

アルブミンはとは一群のタンパク質に名づけられた総称で、
血液中を流れるたんぱく質のおよそ60%を占めている。

血液内の老廃物を腎臓に運び分解させたり、
体のすみずみまで栄養を運ぶなど、身体の再生や修復に不可欠なたんぱく質。
しかし加齢にともない、アルブミンの量は少しずつ低下していく。

人間総合科学大学の熊谷修教授によると最近老化指標として血液中のアルブミンが注目されているそうです。アルブミン量は、
血液検査で簡単に知ることができ、この値が高ければ、筋肉の量が多いということ。

体の栄養状態の為には4.3g以上が望ましいと言われていて、
この値が減少するということは、基本的には老化が進んでいる。

アルブミンが減っていくとまず、体が乾いて縮み、老化の変化が早く進む。
何より怖いのが筋骨格系の躯体組織が弱くなって、
歩行脳力や危険回避脳力が衰えてしまうこと。

教授の調査検証によると、アルブミンの数値が低くなるにつれて、
介護が必要になるなどの老化のリスクが増していくことがわかった。
これは歩行能力や危険回避の能力が衰えているためだそうです。

アルブミンを効果的に増やす方法

熊谷修教授によると、アルブミンは高齢になっても食事から取らざるをえないそうです。

私たちが年をとっていくと食事の量が減っていく。
口から取り入れるたんぱく質の量も減ると同時に、
老化によってたんぱく質が体から抜けていくので、きちんと食事からこのたんぱく

質の重要性を意識して、意図的に摂取していくことが重要。

どの様な食品から、どれぐらいの量をとったら良い?

肉70g、魚80g、牛乳1本、卵1個。これをきちんと主菜、副菜に織り交ぜて三食でとると良い。

老化の予防には、年齢を重ねても、たんぱく質の重要性を認識し、
上手に摂取することが大切。
年をとったからもう食べなくても良いというようなことは、老化を早めてしまう。

人間総合科学大学のホームページで熊谷教授が執筆した文章を読むことができます。
http://trendnews1.com/tokuban/3447/

糖尿病、運動で死亡のリスク半分以下に【脳卒中を発症、4割近く低い】 早歩き30分、死亡半減。
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/cc5479311775ae2140f3482ed82f7aad

食べる順、「まず野菜」がおすすめ 血糖値抑制に効果。ダイエット!!-gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/cf4c5afff0b8e94dc2dd02735fa63316


Amazon.co.jp: 糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい (講談社プラスアルファ新書): 牧田 善二: 本

【腸腰筋エクササイズ】で、ダイエット・腰痛・肩こり・姿勢改善!!実行。。|happyluckyのブログ
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11397863566.html?frm=theme

さかなの缶詰めが絶品に。。。これを振りかけるだけで、魔法の粉!!
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/bb0abaf4e51cfc447c7d952102aac88d
[ 2013年02月27日 09:55 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

水俣病患者認定訴訟:環境省が医師に「虚偽証言」要請か【官僚犯罪か!?】

水俣病患者認定訴訟:環境省が医師に「虚偽証言」要請か 【官僚犯罪か!?】

※原発事故犯罪と同じ国家の犯罪行為か!?

毎日新聞より
…………………

水俣病患者認定訴訟:環境省が医師に「虚偽証言」要請か

熊本県水俣市出身の女性(87)=大阪府=が
水俣病患者としての認定を求めた訴訟の控訴審で、
「女性は水俣病」と法廷で述べる予定だった医師に環境省が、
認定申請を棄却した県側の判断は妥当と証言するよう要請していた
疑いがあることが分かった。

医師が拒否したため出廷は見送られ、
大阪高裁は別の医師による「水俣病ではない」とする意見書を採用した。

高裁は昨年4月、女性を水俣病患者と認めるよう
熊本県に命じた1審・大阪地裁判決を覆して請求を棄却。

女性は上告しており、代理人弁護士は
「国は虚偽証言をさせよう とした」として26日、
医師本人が経緯を説明した文書を最高裁に提出した。

この医師は、千葉県市川市の国立精神・神経センター
国府台病院院長などを務めた神経内科医の佐藤猛さん(80)。

原告側が最高裁に提出した書面などによると、佐藤さ んは70年代、
関東地方の水俣病の検診などに携わり、環境省は11年6月、
医師証人としての出廷を要請した。
佐藤さんが検診結果などを基に「水俣病」とする症例検討記録を
提出したところ同省職員らが何度も自宅を訪問。
「申請を棄却した熊本県認定審査会の判定が間違っていたとなるのは困る」として
「判定は妥当だった」と証言するよう要請したという。

佐藤さんは拒否。同年9月に省内であった面談でも拒否後、接触は途絶えたという。

結局、佐藤さん作成の記録は高裁に提出されなかった。

判決後、佐藤さんが
「明確に水 俣病と診断できる症例が否定され同情を禁じ得ない」と弁護団に訴え発覚した。
環境省は「要請した事実はない。係争中でありコメントできない」と述べた。

佐藤さんは「取材は受けない」としている。

女性は78年、県に認定申請したが棄却され、07年に大阪地裁に提訴。
亡くなった母親の認定を求める別の裁判とともに係争中で、
いずれも国の認定基準の是非を争点に している。
2件の原告と被告双方の意見を聞く弁論が3月15日、最高裁である。

【西貴晴、石川淳一】

毎日新聞2013年02月26日 より転載
http://sp.mainichi.jp/m/news.html?cid=20130227k0000m040072000c&inb=mo
[ 2013年02月26日 23:11 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)

米国が用意した台本通りに茶番演じる安倍害交【米国の僕(しもべ)たちが、三文芝居】

米国が用意した台本通りに茶番演じる安倍害交【米国の僕(しもべ)たちが、三文芝居】

☆完全なる「やらせ」、「出来レース」、「三文芝居」、「茶番」である。

☆米国がシナリオを描き、米国の僕(しもべ)たちが
☆台本通りに三文芝居を演じ ているだけに過ぎない。

☆さすがは、「やらせ」と「仕込み」を
☆専売特許とする日本のマスメディアである。

☆こうした報道を繰り返し、安倍訪米が成功であったとの
☆イメージ・キャンペー ンが展開されている。

植草一秀の『知られざる真実』
……………………………………………

米国が用意した台本通りに茶番演じる安倍害交

日本のマスメディアは安倍晋三氏の訪米を持ち上げる
報道を懸命に展開しているが、
壮大な三文芝居、茶番の域を出ていないことは誰の目にも明らかだ。

安倍晋三氏がオバマ大統領にゴルフのパターを贈呈し、

Get in the hole! Yes, we can!

とジョークを飛ばしたとメディアは伝える。

そのうえで、こうした当意即妙のやりとりがあったおかげで、
日米首脳会談で 「聖域なき関税撤廃」を前提としないことが確認され、
日米共同声明が発表で きたのだという。

さすがは、「やらせ」と「仕込み」を専売特許とする日本のマスメディアである。

こうした報道を繰り返し、安倍訪米が成功であったとの
イメージ・キャンペー ンが展開されている。

ここまでやると、よほど間の抜けた人でなければ、
逆に報道に対する不信感が 増幅されるばかりである。

スポンサー収入が減ったテレビ局と出演料が減少したタレントの
タイアッププ ログラムである、テレビを活用した通販番組、
別名、「売りつけ番組」の仕様 とほとんど変わらない。

「青汁○○」の売りつけ番組などでは、飲食店を経営する主人が出てきて、
朝から晩までの激務で成人病体質になり、ついに脳卒中で倒れてしまう。

ところが、その後に「青汁○○」に出会ったおかげで、
いまでは元気はつらつ、 血糖値も血圧も下がって、健康三昧の生活を送っている。

あるいは、床に鍋の汁をこぼしてしまってカーペットを汚してしまった。

しかし、この「○○クリーン」を使って、
カーペットをひとつまみするだけで、 あらびっくり。
カーペットのシミもすっかりきれいになった。

スタジオの観客が一斉に感嘆の声をあげて拍手喝采。

こんな「やらせ」プログラムが専売特許というのが、
日本のテレビメディアで ある。

安倍晋三氏は「聖域なき関税撤廃を前提とする限り、
TPP交渉には参加しない」とのフレーズを、
常に一字一句違わぬように発言してきた。

そして、年が明けて、日米首脳会談が
2月末に先送りされてしまうと、今度は、
「聖域なき関税撤廃を前提とするのかどうかを
日米首脳会談で直接私が確かめて判断したい」と言い始めた。

完全なる「やらせ」、「出来レース」、「三文芝居」、「茶番」である。

「TPPに聖域を設ける」

「日本の国内事情を鑑み、コメ、小麦、乳製品、牛肉、砂糖については例外措置を認める」

ことを安倍氏が交渉を通じて勝ち取ったというなら、
それは一定の成果と言えるだろう。

しかし、一連のやり取りで明らかになったことは、

「一方的に全ての関税を撤廃することを
あらかじめ約束することを求められるものではないことを確認」

しただけである。

その一方で、

「全ての物品が交渉の対象とされること」が明記された。

さらに、

「日本が「TPPの輪郭(アウトライン)」において
示された包括的で高い水準の協定を達成していくことになること」

も確認されている。

つまり、消費税増税法案に賛成する条件として、景気条項をつけるような話でしかない。

「例外なく消費税率を引き上げることを前提とする以上
消費税率引き上げ法案には賛成できない」

と主張していた人が、

「例外なく消費税率を引き上げることを
あらかじめ約束することを求められるものではない」

ことを確認したとして景気条項を付けた消費税増税法案に賛成するようなもの だ。

景気条項とは、「2013年10月までに経済状況を踏まえて
消費税増税の実 施を最終判断するもの」というもの。

これが「単なるお飾り」で、消費税増税を強行実施するための、
一種の「偽装工作」であることは誰もが知っている。

「聖域なき関税撤廃」を前提とはしないということだから、
たったひとつでも 例外品目が設定されることになるのだろう。

しかし、そんな些細な一事とTPP参加という重大事を
取引できるわけがない。取引すべきでもない。

言葉の偽装、レトリック、一種のペテン=詐欺を用いて、
このような重大事を押し通し、その欺瞞を糊塗するために、
メディアが政府絶賛報道を展開する。

これは小泉竹中政権による「りそな銀行救済劇」のパターンとまったく同一 だ。

「自己責任原則の貫徹」が崩壊して
「公的資金による銀行救済」に堕落した政策対応を
日本経済新聞が「画期的な金融改革」と偽装報道した。
これで汚点と なる政策対応が正義の政策対応に塗り替えられた。

米国がシナリオを描き、米国の僕(しもべ)たちが
台本通りに三文芝居を演じ ているだけに過ぎない。

植草一秀の『知られざる真実』2013・2・26より転載引用
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-a40d.html
[ 2013年02月26日 22:56 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)

老化予防&アンチエイジングに効果的!アルブミンを増やす方法【奇跡の地球物語6月24日】

老化予防&アンチエイジングに効果的!アルブミンを増やす方法【奇跡の地球物語6月24日】

2012年6月24日放送のテレビ朝日・
奇跡の地球物語ではアンチエイジング~生命を守る筋肉の力~ということで、
老化予防に効果的なアルブミンを効果的に増やす方法などが紹介されていました。

アルブミンとは?

アルブミンはとは一群のタンパク質に名づけられた総称で、
血液中を流れるたんぱく質のおよそ60%を占めている。

血液内の老廃物を腎臓に運び分解させたり、
体のすみずみまで栄養を運ぶなど、身体の再生や修復に不可欠なたんぱく質。
しかし加齢にともない、アルブミンの量は少しずつ低下していく。

人間総合科学大学の熊谷修教授によると最近老化指標として血液中のアルブミンが注目されているそうです。アルブミン量は、
血液検査で簡単に知ることができ、この値が高ければ、筋肉の量が多いということ。

体の栄養状態の為には4.3g以上が望ましいと言われていて、
この値が減少するということは、基本的には老化が進んでいる。

アルブミンが減っていくとまず、体が乾いて縮み、老化の変化が早く進む。
何より怖いのが筋骨格系の躯体組織が弱くなって、
歩行脳力や危険回避脳力が衰えてしまうこと。

教授の調査検証によると、アルブミンの数値が低くなるにつれて、
介護が必要になるなどの老化のリスクが増していくことがわかった。
これは歩行能力や危険回避の能力が衰えているためだそうです。

アルブミンを効果的に増やす方法

熊谷修教授によると、アルブミンは高齢になっても食事から取らざるをえないそうです。

私たちが年をとっていくと食事の量が減っていく。
口から取り入れるたんぱく質の量も減ると同時に、
老化によってたんぱく質が体から抜けていくので、きちんと食事からこのたんぱく

質の重要性を意識して、意図的に摂取していくことが重要。

どの様な食品から、どれぐらいの量をとったら良い?

肉70g、魚80g、牛乳1本、卵1個。これをきちんと主菜、副菜に織り交ぜて三食でとると良い。

老化の予防には、年齢を重ねても、たんぱく質の重要性を認識し、
上手に摂取することが大切。
年をとったからもう食べなくても良いというようなことは、老化を早めてしまう。

人間総合科学大学のホームページで熊谷教授が執筆した文章を読むことができます。

http://trendnews1.com/tokuban/3447/http://trendnews1.com/tokuban/3447/
[ 2013年02月26日 22:25 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

日銀総裁 黒田元財務官の能力、評判、忌まわしい過去

日銀総裁 黒田元財務官の能力、評判、忌まわしい過去

ゲンダイネット2013年2月25日より
…………………………………………………
日銀総裁人事は、元財務官の黒田東彦アジア開発銀行総裁(68)の起用で固まったという。副総裁は岩田規久男・学習院大教授(70)と日銀内部から中曽宏・理事(5 9)か雨宮正佳・大阪支店長(57)のいずれかが検討されている。黒田総裁が誕生すれば、財務省にとっては悲願の重要ポスト奪還となるが、黒田氏は一体、どんな人物なの か。就任のネックになりそうな“忌まわしい”過去もある。

黒田氏が大本命に躍り出た一番の理由は、「国際金融界との太いパイプ」だ。欧州や新興国には、依然「アベノミクスは円安誘導が目的」という懸念がくすぶる。こうした批 判に反論できる英語力と発信力が必要で、黒田氏なら各国の金融当局者と渡り合えるというわけだ。

「財務官在任中から、物価目標の導入によるデフレ脱却が持論。日銀が2%の物価目標を導入したことを『非常に画期的』と手放しで支持しています。国際金融には詳しいもの の、主計畑ではなくどちらかというと政策には疎い。元財務官僚にしては政治的な動きもあまりしない。安倍首相にとって“扱いやすい”総裁になるでしょう」(経済ジャーナリ スト)

黒田氏は福岡県大牟田市生まれ。幼少時に公務員の父親の転勤で神戸へ移り、中高は東京の教育大(現・筑波大)付属駒場。同級生には自民党の細田博之元官房長官がいる。 東大法から1967年大蔵省入省。英オックスフォード大に留学し、30歳でIMF(国際通貨基金)に出向した。「通貨マフィア」と呼ばれる財務官には99年から03年ま で3年半務めた。小泉政権時代に内閣官房参与を務め、官邸に出入りしていたから「安倍さんとは面識がある」(自民党関係者)という。スポーツは不得意で読書が唯一の趣味 らしい。

<息子が麻薬所持で逮捕>

妻と長男、次男がいるが、1997年春、家族をめぐってあるスキャンダルが起きた。

「当時、会社員だった20代前半の息子が、南青山の路上でLSDを所持していて、麻薬取締法違反で逮捕されたのです。6月下旬になって事件がマスコミに漏れ、新聞沙汰に なり騒ぎになりました。7月の霞が関人事の直前で、黒田さんを国会対策のポストに回すという話もありましたが、『息子のスキャンダルがあるのに政治家相手はまずい』とい うことで、国際金融局長になったそうです」(財務省OB)

黒田総裁でマーケットはどう動くのか。 「黒田氏は、金融緩和に積極的なので、マーケットは歓迎するでしょう。ただ外国人の見方は厳しい。彼らは財務官僚と日銀出身者のタスキ掛け人事に強いアレルギーを持って います。中央銀行の独立性に疑問符が付くからです。黒田総裁だと、外国勢による『円売り』の流れが止まる危険性があります。円安傾向がストップすれば株価も急落します」 (経済評論家・杉村富生氏)

「リフレ派ですが、財務省OBなので『ダブル岩田』よりネガティブな反応になりそう。株価はニュートラルか、小幅な下落になるのではないか」(楽天証券経済研究所客員研 究員・山崎元氏)

お手並み拝見だ。

ゲンダイネットより
http://spweb.gendai.net/articles/view/syakai/141141
[ 2013年02月26日 20:54 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

玄海原発は大爆発する【九州から大阪まで壊滅】老朽化原発!!

玄海原発は大爆発する【九州から大阪まで壊滅】老朽化原発!!

もっとも危険な原発— それは疑いなく、この玄海原発だ。
☆もし事故が起きれば、その被害は福島第一の比ではない。
☆予想される「大爆発」は、人々の命も日本の未来も、
☆根こそぎ吹き飛ばしてしまう。



玄海原子力発電所 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%84%E6%B5%B7%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80

☆九州から大阪まで壊滅!!
☆井野博満東大名誉教授が警告。玄海原発は爆発する!!

☆もしも玄海原発1号機が爆発を起こした場合、
☆周辺にどれほどの被害を及ぼすのか。
☆元京都大学原子炉実験所講師の小林圭二氏は、こう語る。

☆「原子炉の脆性破壊は、いまだかつて世界が
☆経験したことがない、巨大な事故になります。
☆ 福島第一の事故は深刻ですが、それでも放射性物質の9割は
☆圧力容器内に残っていると思われます。

☆しかし、脆性破壊で爆発が起きれば、圧力容器は空になり、
☆ほぼすべての放射性物質が放出されてしまいます。
☆被害は玄海原発がある九州だけでなく、東は大阪にまで及ぶでしょう。

☆大阪は現在の福島県の一部のように、避難区域になって住めなくなります。
☆しかも、事故の進展が早い ので、退避することも難しい。
☆さらに、被害は中国など近隣のアジア諸国はもちろん、
☆欧米にまで及ぶ ことになるでしょう。

☆老朽化した原発がいくつも使われているのは、日本だけです。
☆こうした、世界 に類を見ない老朽化原発の象徴的存在といえるのが、
☆玄海原発の1号機なのです。


『美味しんぼ』原作者 「日本は原発事故を忘れている」-gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/4d9bc2c9fc2bad657524e1b870ae6855


今日の驚きブログより 転載元: My Spaceブログより
……………………………………………………………………

12/2 九州から大阪まで壊滅 井野博満東大名誉教授が警告 玄海原発は爆発する

もっとも危険な原発— それは疑いなく、この玄海原発だ。
もし事故が起きれば、その被害は福島第一の比ではない。
予想される「大爆発」は、人々の命も日本の未来も、根こそぎ吹き飛ばしてしまう。

チェルノブイリ以上の大爆発

「原子炉は老朽化するにつれ、圧力容器が中性子線によって脆化(ぜいか)=劣化していきます。

すると、ある条件に陥った場合に、容器がバリン、と割れてしまう危険性があるのです。
圧力容器の破壊は、原発にとって究極の大事故と言うべきものです。
圧力容器が割れたら核反応の暴走を防ぐ手立て はほとんどなくなります。
原子炉が、福島第一原発でも起きなかったような大爆発を起こすのです。
その危険が、いま玄海原発(佐賀県・九州電力)に迫っています」

そう指摘するのは、金属材料学の権威で、東京大学名誉教授の井野博満氏だ。

東京電力福島第一原発のメルトダウン事故を受け、
政府は浜岡原発(静岡県)の全面停止を決めた。
理由は、M8超とされる東海地震が発生する可能性が高まっているからだという。
しかし、果たして「危険な原発」は、浜岡だけなのか。

井野氏は、日本で最も古い原子炉の一つ、
玄海原発1号機の危険性を強く警告し続けている研究者だ。

「一般にはあまり知られていませんが、日本は『原発老朽化の先進国』です。
アメリカは日本より10年 早く、'60年代に原発を稼働させましたが、
大半はすでに廃炉になっていますし、ドイツも同様です。

その頃に建設され、運転を開始した原発がいくつも使われているのは、日本だけです。

こうした、世界に類を見ない老朽化原発の象徴的存在といえるのが、
玄海原発の1号機なのです。」

玄海原発では、もっとも古い1号機と、
'97年に運転開始の4号機が現在稼働中。 2号機、3号機は定期検査中だが、
その再稼働を巡って地元は紛糾し、 玄海町は稼働を承認するも、
佐賀 県は慎重な姿勢を崩していないなど、議論が続 く。
また、3号機は、'09年に日本初のプルサーマル発電を開始した原子炉としても知られる。

「'75年に稼働した玄海原発1号機は、
いまや日本一危険な原子炉であるといっても差し支えありません 。
なぜなら、地震や故障など、何らかの原因で通常の冷却機能が停止し、
緊急炉心冷却装置(ECCS)が 作動して原子炉圧力容器が急冷されると、
その際に容器そのものが破壊されてしまう危険性があるから です。

玄海原発1号機のような加圧水型軽水炉(PWR)は通常、
圧力容器内が150気圧、300度以上の高圧・高温 で運転されています。
もし、この150気圧の圧力容器が壊れ、爆発したらどうなるか。
容器内の放射性 物質はすべて噴出し、空高く舞い上がり、
広大なエリアに降り注ぐことになります。

福島第一どころか 、チェルノブイリ以上の大惨事になるのは間違いありません。

では、なぜそれほど玄海原発1号機が危険なのかを説明していきましょう。

原発の老朽化をはかるうえで重要な指標に、
圧力容器の「中性子照射脆化」というものがあります。
原 子炉内で核分裂が起きると、炉内に発生した中性子が飛んで、
圧力容器の内壁にぶつかり、金属にダメ ージを与えることになります。

年月がたつにつれて、これが圧力容器を脆(もろ)くしてしまう。
それが中性子照射脆化と呼ばれる現 象です。

一般に原子炉というと、非常に頑丈で、
何か特別な材料でできているように思われがちですが、
実はま ったくそんなことはありません。

圧力容器は鉄にニッケルやモリブデンなどを多少加えた鋼(はがね)でつくられていて、
配管にいたっ てはステンレス製で、これは家庭用の流し台の素材と同じです。
原子炉というのはそういうごくありきたりの金属でできています。

したがって、他の一般的な機械と同様、経年によってガタもくれば、老朽化もする。
しかも、その老朽 化において原発特有の原因があり、それが中性子照射というわけです。

原子炉があっさり割れる

「では、その「脆化=劣化」とはどういうものなのでしょうか。
簡単に言えば、中性子線によって金属の柔軟性・弾力性が失われて
「硬く」 なり、壊れやすくなる、と いうことです。

人体にたとえれば、動脈硬化によって血管が破れやすくなるのをイメージしてください。
金属の場合、 劣化が進むと、「ある温度」
(脆性遷移[ぜいせいせんい]温度と言います)より低くなると、
まるで 陶磁器が割れるように、小さな力であっさりと割れてしまうようになります。
この現象が、玄海原発1 号機のような老朽化原子炉では進んでいるのです。

通常、鋼の脆性遷移温度はマイナス20度くらいです。
しかし、中性子線を浴びることによってこの温度 がだんだんと上昇していきます。

この温度が高いほど、原子炉は危険になります。
なぜなら、地震等で緊急炉心冷却装置が作動し、
圧力 容器を冷やさねばならなくなった場合、
この「冷やす」という必要不可欠な操作自体が、危険を招くこ とになるからです。

玄海原発1号機の場合、この温度が、なんと「98度」になっているのです。

ガラスのコップに熱湯を注ぐと、割れてしまいますよね。
これはコップの内側と外側の温度差によって 生じる力に、
ガラスが耐えられなくなるからです。原子炉の場合は、これと逆になります。

高温の原子炉の中に、緊急冷却のために水を入れる。
すると、それによって圧力容器が破壊されてしまう。
「脆性遷移温度」が高いということは、その際、
より早い段階で容器が壊れる危険性が出てくる、割れやすい、ということになります。

ちなみに九州電力が公表している玄海原発1号機の脆性遷移温度は、
'76年が35度、'80年が37度、'93年 が56度でした。

ところが最新の'09年の調査で、それが一気に98度へと跳ね上がりました。
なぜこれほど急激に上昇し たのか原因は不明です。

ただ、圧力容器の鋼材に銅などの不純物が混ざっていると、
老朽化が早く進み、この温度が高くなるこ とがわかっています。

以前は関西電力の美浜原発1号機の脆性遷移温度が最も高かった
(81度)のですが、ここの圧力容器に は銅成分が少なからず含まれています。

玄海原発の場合、単純には説明のつかないところがありますが、
どうも鋼材そのものが均一な材質では ない、という仮説が成り立ちそうです。
つまり、圧力容器自体が一種の不良品だった可能性も捨て切れ ません」

安全・保安院は知らなかった

もしも玄海原発1号機が爆発を起こした場合、周辺にどれほどの被害を及ぼすのか。
元京都大学原子炉実験所講師の小林圭二氏は、こう語る。

「原子炉の脆性破壊は、いまだかつて世界が経験したことがない、
巨大な事故になります。 福島第一の事故は深刻ですが、
それでも放射性物質の9割は圧力容器内に残っていると思われます。

しかし、脆性破壊で爆発が起きれば、圧力容器は空になり、
ほぼすべての放射性物質が放出されてしま います。
被害は玄海原発がある九州だけでなく、東は大阪にまで及ぶでしょう。

大阪は現在の福島県の一部のように、避難区域になって住めなくなります。
しかも、事故の進展が早い ので、退避することも難しい。
さらに、被害は中国など近隣のアジア諸国はもちろん、
欧米にまで及ぶ ことになるでしょう。

呆れたことに、原子力安全・保安院は、
玄海原発1号機の異様に高い脆性遷移温度のことを、
昨年12月 に私たち「原発老朽化問題研究会」が指摘するまで、把握していませんでした。

九州電力はこの情報を保安院に伝えておらず、
保安院も電力会社に問い合わせる義務がないので知らな かったと言うのです。
福島第一原発の事故で、原子力の管理・監視態勢が
まったく機能しなかったことが問題になっていますが、ここでも同じことが起きている。

安全性が顧みられないうちに、日本の原発の老朽化はどんどん進んでいます。
脆性遷移温度が危険域に あるのは玄海1号機だけではありません。

美浜1号機は81度、 同2号機が78度、 大飯(おおい)2号機が70度、 高浜1号機が54度

と、ワースト2位から5位まで、福井県にある関西電力の原子炉が占めています。
また、6位の敦賀1号機 (日本原子力発電・51度)も福井にあります。

老朽化原発は一刻も早く、廃炉にする必要があります。
玄海1号機のように、本来40年の使用を想定していたのを
強引に60年に延長して使おうなどというのは、もってのほかです」

九州電力広報部は本誌の取材に対し、
「試験片による脆性遷移温度は98度ですが、容器本体の推定値は 80度、
60年間運転を続けても、91度と推定されています。

この数値は『日本電気協会』の定めた基準(93度)を下回っており、
安全性に問題があるとは考えておりません」 と回答した。

だが、同じように安全性に問題がなかったはずの福島第一原発は、
地震と津波の前に「神話」が脆くも 崩れ去り、多重メルトダウンという惨状を呈している。

今度、原発の過酷事故が起きれば、日本は完全に破滅する。
そのリスクを冒してまで老朽化原発を使用する理由がどこにあるのか。
(週刊現代7月2日号)

今日の驚きブログより 転載元: My Spaceブログより転載引用
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8488185.html
[ 2013年02月26日 19:20 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

奴隷根性丸出しの安倍首相【今、日本国民が拍手喝さいしているのです。奴隷国家日本の面目躍如】

奴隷根性丸出しの安倍首相 【今、日本国民が拍手喝さいしているのです。奴隷国家日本の面目躍如】

☆マッカーサー自身、次のように書いています。

☆私は日本国民に対して、事実上無制限の権力をもっていた。
☆歴史上いかなる植民地総督も征服者も、
☆私が日本国民に対してもったほどの権力をもったことはなかった。

☆間接統治では、政策の決定権は米国がもっています。
☆しかし米国の指示を執行するのは日本政府です。
☆「米国が日本政府に命令している場面」は国民に見えません。
☆見えるのは日本政府が政策を実行しているところだけです。

☆日本は事実上、軍人をボスとする封建組織のなかのドレイ国であった。

☆現在のわが占領軍のもとに切りかわったわけである。

☆こうして、今も綿々と奴隷の精神が受け継がれているのです。

阿修羅ブログより 投稿者 赤かぶ
★孫崎享氏の視点ー(2013/02/25)
★ :本音言いまっせー!ブログより
…………………………………………………

■奴隷根性丸出しの安倍首相

今、日本国民が拍手喝さいしているのです

安倍首相は、2月22日、米国訪問時にCSISでの政策スピーチを
次のスピーチで始めました。

「 ハムレさん、ご親切な紹介ありがとうございます。
アーミテージさん、ありがとうございます。
グリーンさんもありがとうございました。
そして皆さんがた本日は、おいでくださいましてありがとう ございます。」

そして次のように続けました。

「昨年、 リチャード・アーミテージ、ジョゼフ・ナイ、マイケル・グリーンや
ほかのいろんな人たちが、日本についての報告を出しました。
そこで彼らが問うたのは、日本はもしかして、
二級国家になってしまう のだろうかということでした。
アーミテージさん、わたしからお答えします。」(出典;首相官邸ブログ)

驚愕です。

演説の冒頭は、重要な来客に向けて行うものです。
CSISでの政策スピーチを聞く聴衆はよほど、貧弱な層だったのでしょう。

主な来客が、ハムレ、アーミテージ、グリーンです。
とても一国の首脳が行う時の主要ゲストのレベルではありません。
現役の政治家や政権担当者が挨拶には不在なのです。
よほどこうした人々には安倍首相の関心はないのでしょう。

ハムレ氏 は米戦略国際問題研究所(CSIS)所長 と言っても、
元米国防副長官レベルです。

アーミテージ氏は元国務副長官ですが、2003年7月に、
CIAリーク事件で 糾弾された人物です。

ウイルソン元大使が、イラク戦争に関して2003年7月6日付けの
ニューヨーク・タイムズ紙に、イラクの核開発についての
情報が捻じ曲げられていると寄稿して世論に訴えた。

2003年7月14日ウイルソンの妻がCIAエージェントであると
報ずる制裁措置をとったが、結局このリークは
アーミテージが関与したことを認める。
こうしてアーミテージの威信は一気に低下した。

マイケル・グリーン氏はジョージタウン大学外交政策学部准教授に過ぎません。

ナイもハーバード大学名誉教授であっても、 公的には国務次官補経験者にすぎません。

このレベルに冒頭お礼を言わなければならない程、
来客のレベルが 低かったのでしょうか。

ハムレ氏、アーミテージ氏、マイケル・グリーン氏には共通点が あります。
彼らは、日本を操る人々、ジャパンハンドラーと呼ばれるグループに属しています。

つまり、一国の首相が、米国の公の研究所でお礼を言う、 ご主人様にお礼を言う姿です。

全く奴隷精神そのものです。

更に「アーミテージさん、わたしからお答えします」と演説を始めている。
ジャパンハンドラー・アーミテージに報告という形で、演説を進めています。
この神経は一体何でしょう。

しかし、こうした姿は日本の歴史を見ると、
決して異例と言えない所が 日本の悲しさです。

以下は私の『戦後史の正体』からの引用です。

「日本は米国の保護国である」といえば、
多くの人は「そんなバカな」 という反応をされると思います。

日本には天皇もいる、首相もいる、国会議員もいる。
その日本がなんで「米国の保護国」なのか、
むやみに挑発的な言葉を使うなとお叱りをうけるかもしれません。

しかし米国人の発言のなかには、たしかに保護国という言葉が出てくる のです。

米国で外交・軍事面でもっとも重要なポストは、 国務長官と国防長官ですが、
このふたりに劣らず重要なのが 国家安全保障担当の大統領補佐官です。
つねに大統領のそばにいて、 ときに国務長官や国防長官よりも重要な役割を演じます。
いちばん有名なのはキッシンジャーでしょう。

ブレジンスキーはカーター大統領時代、
国家安全保障担当の大統領補佐官として辣腕をふるった人です。
最近でもオバマ大統領の選挙で外交顧問をつとめ、
オバマ大統領から 「もっとも卓越した思想家のひとり」とよばれています。
日本でも彼の本は一〇冊以上出版されているのでないでしょうか。

そのなかに『グランド・チェスボード』(”The Grand Chessboard”) という本があります
(日本語訳は『ブレジンスキーの世界はこう動く ――21世紀の地政戦略ゲーム』)。

ブレジンスキーはこの本のなかで、日本をアメリカの
「セキュリティ・プロテクトレイト」(a security protectorate)、
つまり米国の「安全保障上の保護国」と書いています。

この「日本が米国の保護国である」という状況は、占領時代に作られ、
現在までつづいているものです。
ではなぜ、「日本が米国の保護国である」という状況が、
一般国民の眼には見えないのでしょう。
それは実にみごとな間接統治が行なわれているからです。

間接統治では、政策の決定権は米国がもっています。
しかし米国の指示を執行するのは日本政府です。
「米国が日本政府に命令している場面」は国民に見えません。
見えるのは日本政府が政策を実行しているところだけです。

その部分だけを見ると、日本は完全に独立しているように見えます。
しかしだれが安全保障政策を決定し、命令しているかとなると
それは米国です。
日本はただ従属しているだけというケースが 多いのです。

米国の国務・陸軍・海軍から構成された調整委員会で
「連合国最高司令官の権限に関する通達」が検討されました。
一九四五年九月六日、トルーマン大統領の承認を得て、
この文書は マッカーサー元帥に送られました。
「連合国最高司令官の権限に関する通達」は、
米国が日本を どのように占領するかについて定めた基本文書です。

第一項で「天皇および日本国政府の国家統治の権限は、
連合国最高司令官としての貴官〔マッカーサー〕に属する」と規定して います。
日本がこの時点でGHQの属国であることを明確にのべているのです。

第二項で「日本の管理は日本政府を通じて行なわれるが、
それはこのような措置が満足な成果をあげる限度内においてである。
そのことは、必要とあれば直接に行動する権利を妨げるものではない」 としています。

マッカーサー自身、次のように書いています。

「私は日本国民に対して、事実上無制限の権力をもっていた。
歴史上いかなる植民地総督も征服者も、
私が日本国民に対してもったほどの権力をもったことはなかった」

「軍事占領というものは、どうしても一方はドレイになり、
他方はその主人の役を演じはじめるものだ」(『マッカーサー回想記』)

天皇も総理大臣も、マッカーサーからみれば「ドレイ」なのです。
つまり自主的には判断ができない存在です。

しかし「ドレイ」だからといって、イコール悲惨な生活ということにはなりません。
ドレイは財産です。しっかり働いてもらわなければ ならないので、
虐待されるとはかぎりません。

古代ギリシアでも一九世紀の米国でも、
財産であるドレイが大事にされるケースは数多くありました。
しかし主人に嫌われれば命をなくするのもドレイの宿命です。
運命は御主人様次第なのです。

さらにいえば、ドレイには上級ドレイ(日本人支配層)と
下級ドレイ(一般市民)が存在し、前者が後者を支配するという構図が存在します。

吉田首相は、上級ドレイが下級ドレイに対して尊大に接する様子を、
一般の人びと相手によく演じていました。
しかし、夜陰にまぎれ、帝国ホテルにこっそりとしのびこんで、
主人であるウィロビーと会っていた姿は国民にはみせていません。
かろうじて犬丸帝国ホテル社長のような人が見ているだけです。

トルーマン大統領は次のように書いています。

「マサチューセッツ工科大学の総長コンプトン博士は、
〔日本から〕帰国したあとホワイトハウスに来て私に説明した。
彼にまとめてもらった覚書は次のとおりである。

日本は事実上、軍人をボスとする封建組織のなかのドレイ国であった。
そこで一般の人は、一方のボスのもとから他方のボスすなわち
現在のわが占領軍のもとに切りかわったわけである。
彼ら多くの者〔にとって〕はこの切りかえは、
新しい政権のもとに生計が保たれていければ、別に大したことではないのである」
(『トルーマン回顧録』)

こうして、今も綿々と奴隷の精神が受け継がれているのです。

演説だけに終わっているならまだいい。

しかし、今回は国民の生活を犠牲にするTPPという貢物を提供しています。
安倍首相はどうも、祖父岸信介の考え方より、
吉田茂の生き方を受け継いでいるようです。
そしてこの安倍首相を今、日本国民が拍手喝さいしているのです。
奴隷国家日本の面目躍如です。


孫崎享氏の視点ー(2013/02/25)
本音言いまっせー!ブログより転載引用
http://blogs.yahoo.co.jp/hellotomhanks/63817598.html
h阿修羅ブログ 2013 年2 月25日 より
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/403.html


Amazon.co.jp: 戦後史の正体 (「戦後再発見」双書): 孫崎 享: 本
[ 2013年02月26日 17:16 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)

糖尿病、運動で死亡のリスク半分以下に【脳卒中を発症、4割近く低い】 早歩き30分、死亡半減。

糖尿病、運動で死亡のリスク半分以下に【脳卒中を発症、4割近く低い】 早歩き30分、死亡半減。

NHKニュース2月25日より
…………………………………



新潟大学などの厚生労働省の研究班は、
全国59の医療機関の糖尿病患者1700人余りを対象に、
仕事や日常生活以外での1週間の運動量が多い順に
3つのグループに分けて8年間追跡調査しました。

その結果、心筋梗塞など糖尿病の合併症などで死亡するリスクが、
運動量が最も多かったグループは、ほとんど運動していない
運動量が最も少 ないグループの0.47倍と、半分以下になっていました。

また、脳卒中を発症するリスクも、
最も運動量が多いグループが最も少ないグループの0.57倍と、
4割近く低いという結果になりました。
最も運動量が多いグループは、
時速6キロの早歩きに相当する運動を毎 日30分以上していた人たちで、
運動時間の平均は1時間10分程度だ ということです。

主任研究者の新潟大学医学部の曽根博仁教授は、
運動の効果は今まで考えられていたよりも大きいといえる。
臨床の現場 では、運動の指導は栄養指導などと
比べて専門家も少なく遅れていて、
国を挙げて対策に取り組むべきだ」と話しています。

運動指導を行う病院

運動の治療効果に着目し、糖尿病の患者1人1人の体力や
生活習慣に応じたプログラムを作って実践している病院があります。

福島県郡山市の太田西ノ内病院は糖尿病患者専門の「運動指導室」を設け、
週5日、運動プログラムを行っています。
専属トレーナーが4人いて、患者が運動をしても問題がないと診断され ると、
詳しい体力検査を行います。

どのくらいの歩行速度が適しているのか、
心肺、筋力や柔軟性をはじめ、機能の程度を調べます。

その結果に基づいて、生活習慣を聞き取ったうえで、
その人に合った運 動プログラムを組み立てます。
70歳の藤田公平さんは10年前、重い糖尿病と診断され、
運動指導室に通い始めました。

指導は、まず、楽しみながら運動することに慣れてもらいました。
そのうえで、「ややきつい」と思う程度まで運動量を増やしていきまし

藤田さんは運動を続けた結果、体重は15キロ減り、
筋力は20%アッ プしました。 体力もついたため、
今では毎日朝と夕方、大型犬を連れて30分、散歩 をしています。
血糖値も落ち着いているといいます。
病院では、頻繁に通えなくても数か月に1度、
定期的に運動量が合って いるかどうかをチェックし、
運動を続けてもらうことを目指しています。
藤田さんは、「やはり体調がよくなったのと体も軽くなりました。

これからも年齢に合った運動を続けて、
糖尿病とうまくつきあっていきたい と思います」と話していました。
運動指導室の星野武彦室長は、
「糖尿病をきっかけに運動を始めて、
体 力が向上して体調も改善する方がたくさんいるので、
運動の効果につい て改めて知ってほしい」と話しています。

NHKニュース2013・2・25より
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130225/t10015750551000.html

■早歩き30分、死亡半減 糖尿病患者を8年間追跡

サンケイ新聞2013.2.25より
…………………………………………

毎日30分以上の早歩きに相当する運動をしている2型糖尿病の患者は、
ほとんど運動 しない患者に比べて死亡の危険性がほぼ半分だったとの研究結果を、
厚生労働省研究班 (代表、曽根博仁・新潟大教授)が24日までにまとめた。

40~70歳の患者約1700人を8年間追跡。脳卒中発症のリスクも半減した。
効果 は年齢や性別に関係なく、食事療法や薬に比べ軽視されがちな運動の重要性を示した。

曽根教授は「運動は血糖値やコレステロール値の改善以外に、
心理的ストレスを軽減し ている可能性がある。
患者さんの取り組みをもっと支援するべきだ」と話している。
欧州 糖尿病学会誌に近く発表する。

研究班は、仕事や日常生活以外にどんな運動をしているかを尋ね、
種類や時間から1週 間当たりの運動量を推計、3グループに分け比較した。

その結果、運動量が多いグループ は、少ないグループに比べ、
死亡リスクが51%、脳卒中の発症リスクは45%、それぞれ低かった。

サンケイ新聞より
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130225/bdy13022500220000-n1.htm

~ 楽やせ・健康・キレイなカラダ ~ 歩き方レッスン !! > 早歩きをマスター > 早歩きをマスター 一覧

http://walkinglesson.hypernomad.net/briskwalking/list.html

食べる順、「まず野菜」がおすすめ 血糖値抑制に効果。ダイエット!!-gooブログ

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/cf4c5afff0b8e94dc2dd02735fa63316

早歩きの人は、頭の回転が速くなる。 | 成功者の30の条件 | HappyLifeStyle
http://www.happylifestyle.com/193

さかなの缶詰めが絶品に。。。これを振りかけるだけで、魔法の粉!!

Amazon.co.jp: 糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい (講談社プラスアルファ新書): 牧田 善二: 本

【腸腰筋エクササイズ】で、ダイエット・腰痛・肩こり・姿勢改善!!実行。。|happyluckyのブログ
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11397863566.html?frm=theme
[ 2013年02月26日 10:16 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

食べる順、「まず野菜」がおすすめ 血糖値抑制に効果。ダイエット!!

食べる順、「まず野菜」がおすすめ 血糖値抑制に効果。ダイエット!!

朝日新聞デジタルより
………………………………
【須藤大輔】食事のメニューが同じで も、
最初に野菜を食べると血糖値 の上がり方がゆるやかになるとする報告を、
大阪府 立大の今井佐恵子教授(臨床栄養 学)らのグループが論文にまとめ、
英国の糖尿病 専門誌に掲載された。

「食べる順番」は ダイエット の手法としても注目 されているが、
効果の一端が数値で確認さ れた。


image



2型 糖尿病 の患者19人と健康な21 人に、
血糖値 を連続して測定できる装置 を身につけてもらい、
同じ食事内容で野菜 を先に食べたときと、
炭水化物 を先に食べたときとで 血糖値 の変動がどう違う か、調べた。

「野菜が先」は、500グラムの野菜を5分かけて食べた後、
肉や魚などのたんぱ く質を食べ始め、
さらに5分してからご飯やパンなどを食べるという条件。

朝日新聞デジタルより
http://www.asahi.com/tech_science/update/0223/OSK201302220152.html
[ 2013年02月25日 20:58 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

福島だけで10万人以上の甲状腺癌が発症する可能性!3人の甲状腺癌は始まりに過ぎない!

福島だけで10万人以上の甲状腺癌が発症する可能性!3人の甲状腺癌は始まりに過ぎない!

正しい情報を探すブログより
…………………………………………
福島原発事故と放射能2013/02/24

2週間前に福島では新しい甲状腺調査結果が発表され、
新たに2人から甲状腺癌が発見され、
他7人に甲状腺癌の疑いがあると公表されましたが、
この甲状腺癌はまだ始まりに過ぎないと言えるでしょう。

残念ながら、福島原発事故の対応の遅さと、
その後に行われた「食べて応援キャンペーン」などで
多くの方が放射能被曝をしてしまっ ています。
このようなことを考慮すると、
福島原発事故による放射能被害は
チェルノブイリを遥かに超えると言わざるをえない状況です。

image


image


正しい情報を探すブログ 2013/02/24
より抜粋引用、詳細、データ画像もコチラ↓↓
http://s.ameblo.jp/kennkou1/entry-11477809938.html

福島の子供10人,甲状腺がん【更に200名程度の二次検査対象者がいる!既にチェルノブイリ超え】

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ba75ec9f231b13f5b9f5c628a2298213

<原発被曝の健康被害> 驚愕すべき事態が周辺で発生している【福島原発事故チェルノブイリ症候群】-gooブログ
☆放射能被曝による健康被害は、既に現れている。
☆これから本格化するとも認識すべきではないだろうか。
☆「風邪か」 と信じ込んでいた中高年の隣人が「肺がん」と診断されたのだ。
☆<頻発するチェ症候群> 驚愕すべき事態が周辺で発生している。
☆いうところのチェルノブイリ症候群である。
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/0788791eeaeab691766f6370e6fd7a93

戦後のガンと糖尿病の急増は【原発稼働による放射性物質が要因】さらに福島原発事故の低線量被曝-gooブログ

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/be206bbc3154b04dcbcefa0ee7cc79ab

低線量汚染地域からの報告、26年後【甲状腺がん、心臓疾患、 白内障、慢性疾患の増加】放射能汚染

☆子供の甲状腺がんはもちろん、大人や子供を問わず、
☆循環器系疾患をはじめ、消化器系、神経系・感覚器系、
☆および呼吸器系疾患などあらゆる病気が、
☆事故後顕著に増えている。

☆チェルノブイリから26年後のコロステンの現状は、
☆目をそらすことなく凝視すべきだろう。

☆しかし、子供たちの75%以上が何らかの
☆疾患を抱えているという「現実」はあまりにも重すぎる。

☆特に、健康な子供たちが
☆ほとんどいないという驚くべき事実には、心が痛む。

☆本書は、低線量被曝でも健康に大きな影響を及ぼしうる、
☆というチェルノブイリの痛切な経験から日本人への警告の書である。

今日の驚きブログより 詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/5ed93daffdd08f8ee5241c6cb50f8e02/?cid=f7835ea1757dadc7333898ccd550674c&st=0



Amazon.co.jp: 低線量汚染地域からの報告―チェルノブイリ 26年後の健康被害: 馬場 朝子, 山内 太郎: 本
[ 2013年02月25日 18:16 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

科学者よ、屈するな【科学者、医師、メディアは、何をしてきたか】公害や原発事故。

科学者よ、屈するな【科学者、医師、メディアは、何をしてきたか】公害や原発事故。

東京新聞 社説2013-02-24より
…………………………………………

週のはじめに考える 科学者よ、屈するな

 科学は進歩をもたらすが、時に害悪ももたらします。公害や原発事故などです。

それらを避けるには、科学者たちの屈しない姿勢がまず欠かせません。

 原発については目下、活断層の評価などで、
原子力規制委員会と電力会社との間で意見が分かれたりしています。
日本は地震国なのだから、国民の納得のゆく結論がぜひほしいところです。

image


 国策でもあった原子力をめぐっては、当初から学者たちの激しい議論が起きていました。

◆湯川、坂田の委員辞任

 日本初のノーベル賞受賞者湯川秀樹は、
請われて就任した原子力委員会の委員(非常勤)を短期で辞任し、
やはり物理学者の坂田昌一が原子力委員会の専門部会委員を中途で辞めています。

 湯川の場合、病気静養を理由とし、また引き受けても
一年程度という約束もしていたのですが、
早期の原子炉導入にはもともと慎重な立場でした。

 坂田の場合、辞任の理由は明白でした。

 自ら委員を務める、原子炉導入を審議する委員会にあてて手紙を出していた。
英国コールダーホール型原子炉の東海村導入をめぐり
近隣住民の退避を決める際の放射線量の明示と、
それをどういうふうに決めたかの審議の内容が
公開されないままでは国民に責任がもてない、という内容でした。

 学者として、安全を保証できない、というのです。

 当時科学者らに原子力発電への反対は見られなかったのですが、
世界に遅れまいとする積極派と、
それよりも安全を重視する慎重派とがありました。
積極派は原発推進の政治に同調的でした。

 慎重派は坂田らに代表される動きですが、
原子炉ならその設計から材料、万一の放射能漏れへの対処まで
自分たちでしっかりとつくるべきだという立場です。

◆政治に負かされたよう

 しかし残念ながら、湯川も坂田も辞めるという行動でしか
抗議の意思を表明できなかった。
その後を見れば、まるで政治に打ち負かされたようにも思われます。

 いくつもの公害の中でも熊本・水俣病はひどいものでした。

 住民に、メチル水銀の被害が現れ、
一九五六年に熊本大医学部は原因としてチッソの工場排水に着目した。

その三年後、厚生省(当時)の部会が原因は有機水銀化合物との答申を出す。
ところが毒の廃水は海に流され続け、政府の公害認定はさらに九年後でした。

 一体、医師は、科学者は何をしていたのか。
科学は人の苦しむのを見て見ぬふりをしていたのか。

 一体、政治、行政、またメディアは何をしていたのか。
科学者の責任だけにしておいたのか。

 化学肥料を量産するチッソ水俣工場とは、食料増産を支える国策に違いなかった。
しかし、それは苦しむ人々を放置したことにおいて、
技術の進歩でも国家の発展でもなかったといえるでしょう。

 原子力は、より大きな国家的目的を与えられてきました。
草創期は被爆国ゆえの核の平和利用、
オイルショック後には石油の代替、
最近の温暖化対策ではクリーンエネルギーであるというように。

 夢のような言葉によって危険は覆い隠されてきたのです。

 原子力規制委は、原発の新基準をつくりつつあります。

 冷ややかに見るのなら、
欧州などの国際基準並みにするということなのですが、
基準が厳しいほどその達成には当然ながら多額の費用と時間を要します。
過去の“欠陥”を直さねばならないのです。

 田中俊一委員長は、
「コストがいくらかかるかについて私は全く頭にない」と会見で言い切った。
脳裏には科学者の責任があるでしょう。

image

【広瀬隆さんより】東京地検包囲行動と山下俊一の正体

 思い出されるのは、昨年の米国原子力規制委、ヤツコ委員長の辞任です。
福島の事故の後、原発の電源喪失対策を厳しく求め、
米国の原子力業界と対立していました。規制委の中で孤立していたともいわれます。

 彼自身に業界や政治を説き伏せるだけの力量がなかったのかもしれません。
それは、あまりにも巨大な敵でもありました。

◆科学技術は人のため

 しかし、どうでしょう。

 もし、科学者が日和見になったり、骨抜きにされたら、
科学は害悪をもたらすのではないか。

 それこそが公害の歴史でした。見るべきものを見逃し、
唱えるべきことに沈黙してきたのです。

 現代科学の巨大化複雑化は、
もはや科学自身が解決できないことすら生んでいるのではないか。
そんな議論も聞きます。
中でも核エネルギーとは恐るべき破壊力と消えない毒性をもたらすのです。

 科学技術とは、人のためにあるべきものです。
だから今度こそ科学者が屈することなどあってはならないと強く思うのです。

東京新聞 社説2013-02-24より転載引用
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013022402000118.html

【日本国民を被爆から守るために】放射線関連技術者に・・・信念ある職業倫理を求めます。-gooブログ

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/8947050c6c88a475fd6ff0749f6f2be8/?cid=c1470598fecc300cd847ca19ab806e69&st=0


「新聞・テレビはデータでウソをつく」原因【言論によるテロリズム】武田邦彦

テレビ、週刊誌、新聞がその気になれば、
日本人の劣情に訴えるキャンペー ンを張り、
それに異議を唱える人や団体を徹底的に叩けば何でもできるし、
それが視聴率や販売部数を増やすことになる、

今日の驚きブログより 詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/cb522dba90a5647619b3d9f919cbd8a6/?cid=2d8c558ec58d6135d8f03683658b6efd&st=0



必見!『真実は闇の中 政府は必ずウソをつく? 』同時多発テロ、東日本大震災、福島原発事故、TPP

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ad289ff0a8b412f17ff42bc4536a6862/?cid=12273e66008cffed9cb9966ad24f7762&st=0
[ 2013年02月25日 17:20 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

『美味しんぼ』原作者 「日本は原発事故を忘れている」

『美味しんぼ』原作者 「日本は原発事故を忘れている」

☆日本や世界の食文化をテーマにしてきた『美味しんぼ』で、
☆福島第一原発事故後の福島の過酷な現実を伝えているが、
☆「日本人は原発事故を忘れている」と 嘆く。

☆『美味しんぼ』で、今年始まった「福島の真実編」が話題だ。

image


週刊朝日 2013年3月8日号
dot.(ドット)ニュースより

『美味しんぼ』原作者 「日本は原発事故を忘 れている」

2013年2月25日

週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)での連載30年を迎えた
『美味しんぼ』で、今年始まった「福島の真実編」が話題だ。

原作者の雁屋哲さんは、1988 年にオーストラリアに移住し、
日本と行き来しながら創作、執筆活動をしてい る。

日本や世界の食文化をテーマにしてきた『美味しんぼ』で、
福島第一原発事故後の福島の過酷な現実を伝えているが、
「日本人は原発事故を忘れている」と 嘆く。

* * *

オーストラリアにも日本食材のスーパーマーケットがあり、
日本からの輸入食 材がたくさん売られています。
特に風評被害などは聞きません。

しかし、こちら ではいまも、熱心に福島第一原発の状況が報じられている。

原発が爆発したとき の映像が流され、しばしば危険性にも言及する。

最近では、日本では爆発の映像もあまり出さないんでしょう?
日本以外の国の人たちはいまも、強い危機意識 を持っているのに、
肝心の日本人が、事故のことを忘れつつあるように感じるんですよ。

新聞などの報道は、どうしても断片的になってしまいます。
それに対して漫画 は、ある物事を全体的にまとめられますし、記録性も高い。

『美味しんぼ』は30 年続いていますが、
30年前の漫画をいまだに読んでいただけています。
だからこ そ、安直なメッセージは発したくないんです。

取材を通じ、なにが「福島の真実」かについてぼくなりの考えはできました。
しかし、それを押しつけるのでは なく、
ぼくがこの目で見た真実だけを漫画で読者に突きつけ、
それからあとは、 読んだ人に考えていただきたい。

いまはそう願っています。

※週刊朝日 2013年3月8日号 @niftyニュースより
http://s.news.nifty.com/domestic/societydetail/dot-20130225-2013022500002_1.htm
[ 2013年02月25日 14:32 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

さかなの缶詰めが絶品に。。。これを振りかけるだけで、魔法の粉!!

さかなの缶詰めが絶品に。。。これを振りかけるだけで、魔法の粉!!

いま缶詰めが、おいしいと売れ行きがいいようです。
その中で、さかなの缶詰めは、魚料理が苦手な人にも
手軽で、、さらに、魔法の粉を振りかけると
絶品の味になります。。。

魚の缶詰め


さかなの缶詰め


その魔法の粉は、台所にもあります。。

これ。。。



image




これです。。




image


サンショ、山椒です。

山椒の粉を、3振り位かけ、さかなを裏返しにして
混ぜると、、さかなの缶詰めが、さらに美味しくなりました。。

お試しあれーー。。

山椒は冷凍庫に保存がいいそうです。


S&B エスビー食品株式会社

肉食のススメ五ヶ条(肉と魚は、1対1)
[ 2013年02月25日 13:50 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

社会調査:働き盛りで「孤立無業」162万人に:毎日新聞

働き盛りで「孤立無業」162万人に【20~59歳の働き盛りで未婚、無職】

毎日新聞より
……………………………

社会 -社会調査:働き盛りで「孤立無業」162万人に

孤立無業者数の推移=共同

20~59歳の働き盛りで未婚、無職の男女のうち、
社会と接点がない「孤立無業者」が2011年時点で
162万人に上るとの調査結果を、
玄田有史・東大教授のグルー プが17日までにまとめた。

景気低迷に伴う就職難やリストラなどが響き、
06年(112万人)と比べて4割強増えた。

職探し中の孤立無業者は半数にとどまり、事態改善に向けた動きは鈍い。
玄田教授は「孤立に陥ると職探しへの意欲が失われがちだ。

今は家族が支えても将来、経済的に厳 しい状況に陥る」と指摘。

生活保護費など社会保障費の増加を抑えるためにも、
訪問支援など政府や自治体による対策が急務だと訴えている。

毎日(共同) 2013年02月17日 21時53分より
http://sp.mainichi.jp/m/news.html?cid=20130218k0000m040045000c&inb=mo&fm=rnk01
[ 2013年02月24日 20:20 ] カテゴリ:日本 | TB(0) | CM(0)

消費税とTPPペテン師的内閣続く日本国民の悲劇【国民皆保険制度の危機】

消費税とTPPペテン師的内閣続く日本国民の悲劇【国民皆保険制度の危機】

☆予想通りの茶番が演じられている

☆国民の多数がTPP参加に反対しているからである。

☆しかし、安倍氏の言い回しは、一種の「罠」であることを指摘してきた。
☆その「罠」が明らかになっている。

植草一秀の『知られざる真実』より
……………………………………………………
2013年2月23日 (土)

消費税とTPPペテン師的内閣続く日本国民の悲劇

予想通りの茶番が演じられている。

「聖域なき関税撤廃を前提条件とする限りTPP交渉には参加しない」

安倍晋三氏はこのように述べてきた。

昨年12月16日の総選挙でも、多くの自民党候補者が
「TPP参加反対」の 方針を掲げて選挙戦を戦った。

国民の多数がTPP参加に反対しているからである。

しかし、安倍氏の言い回しは、一種の「罠」であることを指摘してきた。

その「罠」が明らかになっている。

日米首脳会談で安倍氏は「聖域なき完全撤廃を前提とはしない」
ことを確認したと強調している。

共同声明には次のように表現された。

「両政府は、日本が環太平洋パートナーシップ(TPP)
交渉に参加する場合 には、全ての物品が交渉の対象とされること、
及び、日本が他の交渉参加国と ともに、
2011年11月12日にTPP首脳によって表明された
「TPPの 輪郭(アウトライン)」において示された包括的で
高い水準の協定を達成して いくことになることを確認する。

日本には一定の農産品、米国には一定の工業製品というように、
両国ともに二 国間貿易上のセンシティビティーが
存在することを認識しつつ、両政府は、
最終的な結果は交渉の中で決まっていくものであることから、
TPP交渉参加に際し、一方的に全ての関税を
撤廃することをあらかじめ約束することを
求められるものではないことを確認する。」

三つの重要事項が含まれている。

第一に、「全ての物品が交渉の対象とされること」が明記されたこと。

第二に、「TPP交渉参加に際し、
一方的に全ての関税を撤廃することをあら かじめ
約束することを求められるものではないことを確認する」とされたこと。

第三に、「日本が「TPPの輪郭(アウトライン)」に
おいて示された包括的 で高い水準の協定を
達成していくことになること」が確認されたこと。

安倍氏が繰り返し強調してきた

「聖域なき関税撤廃を前提とする限りTPP交渉には参加しない」

との言葉は、日本の国益を踏まえたときに、
どうしても例外的に扱わなければならないいくつかの
重要品目があることを踏まえたものである。

2006年12月の衆参両院農林水産委員会は、日豪EPAに関して、

コメ、小麦、牛肉、乳製品、砂糖

などの重要品目を例外・再協議扱いするよう求める
決議を全会一致で成立させている。

「聖域なき関税撤廃を前提とする場合には交渉に参加しない」
との公約は、言 い換えれば、
少なくとも上記5品目については例外とすることを獲得できなけ れば、
交渉には参加しないとの意味と受け取れるものである。

日米首脳会談で明らかになったことは、

「すべての関税を撤廃することをあらかじめ約束することを求められるもので はない」

というものである。

つまり、あらかじめ約束することは求められないが、
結果としてすべての関税が撤廃されることを否定するものとはなっていない。

「あらかじめ約束することを求められない」
ということだけでTPP交渉に参加して、結果としては、
「あらかじめ約束させられるということはなかったが、
結果としてはすべての 関税を撤廃することになった」
などというのではお話にならない。

国民をペテンにかける行為である。

重要なことが三つある。

第一は、交渉内容が日本の国益にかなわない場合には、
いつでも、いかなるペ ナルティーを負うことなく、
TPPに参加しないことを決定できる裁量権を日本政府が完全に保持すること。

第二は、例外品目については、最低でも

コメ、小麦、牛肉、乳製品、砂糖

の五品目については、完全撤廃の対象としないことを獲得すること。

第三は、関税問題以外に自民党が総選挙公約で掲げた5項目
(関税問題を含め ると6項目)を確実に守り抜くこと。

これが、日本がTPP交渉に参加するための最低条件である。

気になるのは、上記の第三の重要事項だ。

「日本が「TPPの輪郭(アウトライン)」において示された
包括的で高い水準の協定を達成していくことになること」を
確認したというが、これが、
「交渉に参加する場合には協定に参加することがそのまま予定される」
ことを意味するなら重大な問題だ。

自民党が選挙の際に国民に提示した公約は、
「聖域なき関税撤廃を受け入れな い」ことだけではない。
6項目の公約を提示している。

これを守らねばならないことは言うまでもない。

安倍自民党が総選挙に際して掲げた「TPPに関する6項目」とは次のもの だ。

(1)「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り交渉参加に反対。

(2)自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れな い。

(3)国民皆保険制度を守る。

(4)食の安全安心の基準を守る。

(5)国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。

(6)政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。

日本がTPP参加交渉に入る場合には、
主権者国民とのこれらの契約を守りきることができない場合には、
TPPそのものに参加しないことを明確にすることが最低限必要である。

安倍氏が帰国後、国会でこの点を確認する必要がある。

この点に明確な回答がない限り、TPP交渉への参加は日本国民が許さない。

植草一秀の『知られざる真実』2013年2月23日 (土)
より転載引用
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-ea15.html




必見!『真実は闇の中 政府は必ずウソをつく? 』同時多発テロ、東日本大震災、福島原発事故、TPP
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ad289ff0a8b412f17ff42bc4536a6862/?cid=12273e66008cffed9cb9966ad24f7762&st=0


Amazon.co.jp: 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!: 植草一秀: 本

安倍首相、憲法修正の意向!96条改正はするべきではない【本当の目的は基本的人権!!】
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/740f4288d163cb8633735f1c9d646d39


Amazon.co.jp: 戦後史の正体 (「戦後再発見」双書): 孫崎 享: 本
[ 2013年02月24日 18:34 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)

安倍首相、オバマ米大統領との会談で“原発ゼロ”見直しを約束【米国とは原子力協力のパートナーとして】

安倍首相、オバマ米大統領との会談で“原発ゼロ”見直しを約束【米国とは原子力協力のパートナーとして】

☆己たちが招いた原発事故の責任も取らず。
☆原発を無くそうとする国民の意思を騙し・蔑ろにして、
☆国民の安全を担保に原子力維持に邁進する。

☆米国のポチ的役割を果たしているという事の現われでしかない。
☆これホント夏の参院選でこの前同様に自民が議席取った日本は終わるね。

日々雑感より
…………………………………

安倍首相、オバマ米大統領との会談で“原発ゼロ”見直しを約束
「米国とは原子力協力のパートナーとして緊密に連携していきたい」

安倍首相、原発ゼロ見直しを伝達=シェールガス輸出要請-日米首脳会談

【ワシントン時事】
安倍晋三首相は22日午後(日本時間23日未明)のオバマ米大統領との会談で、
2030年代の原発稼働ゼロを目指すとした民主党政権の政策について
「ゼロベース で見直し、責任あるエネルギー政策を構築していきたい」と説明した。

「米国とは原子力協力のパートナーとして緊密に連携していきたい」とも語った。
首相はまた、「わが国では東日本大震災後、
増大する燃料費の削減が喫緊の課題になっている」として、
安価な米国産シェールガスの対日輸出早期承認を要請。

大統領は「同盟国としての 日本の重要性は常に念頭に置いている」と応じた。
(2013/02/23-10:23)
時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013022300134

己たちが招いた原発事故の責任も取らず。
原発を無くそうとする国民の意思を騙し・蔑ろにして、
国民の安全を担保に原子力維持に邁進する。

事故で何を学んだんでしょうね。

原発が無いと電力不足になるのはウソだったと明らかになってるし、
電気料金値上げも結局は原発に拘ってきた歪が招いたものだし。

それでも原発にこだわるのは、明らかに原発関連の利権と、
米国のポチ的役割を果たしているという事の現われでしかない。

これホント夏の参院選でこの前同様に自民が議席取った 日本は終わるね。

日々雑感 : 投稿者:heart_ikki 2013/02/23より
http://hibi-zakkan.net/lite/archives/23829579.html

日米首脳会談でのTPP参加表明は万死に値する【米国の米国による米国のための仕組み】
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/2b36420cea16eff07f310c6adf783070

TPPで国民健康保険が崩れていく仕組み【日本は国民健康保険を崩す方向に動いている】 孫崎 享
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/98f20e87ca2bc4017a6617e6e8515c14/?cid=12273e66008cffed9cb9966ad24f7762&st=0
[ 2013年02月24日 18:15 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

「日本は3.11より大きな危機の必要あり」 NYタイムズ支局長【旧態依然とした“原子力ムラ”の体制】

「日本は3.11より大きな危機の必要あり」 NYタイムズ支局長【旧態依然とした“原子力ムラ”の体制】

あれほどの災害でも東京電力はまだそこにあり、
旧態依然とした“原子力ムラ”の体制、
やり方に戻っていってしまっているのですから。

官僚は原子力関係への天下りを温存し、
学者は原子力業界からの研究資金を得続けて。

メディアは原子力を推進する企業の広告をいまだに数多く扱っている。
これでは変わり ようがありません。

日本のシステムを変革するには、
ある意味で3.11より大きな危機に直面する必要があるのかもしれません。

NEWSポストセブン2013.02.22より
…………………………………………………

NYタイムズ支局長「日本は3.11より大きな危機の必要あり」

経済ではアベノミクス、外交では強気の対中姿勢で
高い支持率を維持している安倍政権は、
果たして世界にはどのように映っているのか。
日本研究の第一人者であるK.V.ウォ ルフレン氏と、
ニューヨーク・タイムズ東京支局長のM.ファクラー氏が初対談。
「世界から見た安倍政権」の実態を語り合った。

ファクラー:自民党がもし、旧態依然のままなら、
いつの選挙かわかりませんが、新たな政権に取って代わられることでしょう。
国民は官僚システムを打破し、
国民の中にある閉塞感を打ち破るものを望んでいる。

ウォルフレン:この前の選挙結果における投票数を見れば、
自民党は第一党を占める議席数を獲得したが、
実際の得票数は2009年選挙よりも少ない。
これはつまり、2009年に 民主党に投票した人々は、
この前の選挙では自宅にいて投票しなかったということ。

彼らは裏切られたと感じ、マニフェストで約束したことを
履行しなかったと憤りを感じたんです。
もちろん、自民党の圧勝を演出した新聞が、
そうした事実を指摘することは なかった。
反民主党の新聞にとっては願ってもないことですからね。

それでも、自民党に入れたくもないし、
投票したくもなかったため自宅にいた人が大勢存在するのは間違いありません。

もし安倍政権が、日本の進むべき方向性について
国民が納得できる形で示すことができなければ、
この先、予測しがたいタイプの新たな政治家、
政治グループが登場していくことになるでしょう。

ファクラー:維新の会がそれを担うのかもしれないし、
そうでないかもしれない。

ただ私は、日本は今後、
この国の制度・システムに対する本当の危機が起こり、
それに対NEWSポストセブン処する形で変革せざるを得なくなるだろうと考えています。

外的要因としては領土問題などを抱える中国、
内部要因としては日本の財政危機でしょうか。

その意味では、3.11の東日本大震災、
福島原発事故でさえ日本にとって真の危機にはならなかったわけです。
なぜなら、あれほどの災害でも東京電力はまだそこにあり、
旧態 依然とした“原子力ムラ”の体制、
やり方に戻っていってしまっているのですから。

官僚は原子力関係への天下りを温存し、
学者は原子力業界からの研究資金を得続けて、
メディアは原子力を推進する企業の広告をいまだに数多く扱っている。
これでは変わり ようがありません。
日本のシステムを変革するには、
ある意味で3.11より大きな危機に直面する必要があるのかもしれません。

ウォルフレン:官僚を中心とした権力構造が改革を妨げる。まさに私が指摘してきた「人間を幸福にしない日本というシステム」ですね。安倍氏も「戦後レジームからの脱却」 を唱えながら、全くその思考から逃れられていません。

■カレル・ヴァン・ウォルフレン ジャーナリスト、アムステルダム大学名誉教授。1941年オランダ生まれ。1972年にオランダ『NRCハンデルスブラット』紙の東アジア特派員として来日以来、日本研究を続 けている。近著に『いまだ人間を幸福にしない日本というシステム』(角川ソフィア文庫)など。

■マーティン・ファクラー ニューヨーク・タイムズ東京支局長。1966年米国生まれ。ブルームバーグ東京支局、AP通信社各支局を経てニューヨーク・タイムズ日本支局記者になり、2009年より現職。 昨年、『「本当のこと」を伝えない日本の新聞』(双葉新書)がベストセラーになった。

※週刊ポスト2013年3月1日号
2013.02.22 NEWSポストセブンより転載引用
http://m.news-postseven.com/archives/20130222_172264.html


Amazon.co.jp: いまだ人間を幸福にしない日本というシステム (角川ソフィア文庫): カレル・ヴァン・ウォルフレン, 井上 実: 本

【原発は金だ。放射能汚染で生まれる子供達が、障害者でかまわない】原発ムラの基本理念!!|happyluckyのブログ

[ 2013年02月24日 09:24 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

安倍首相、オバマ米大統領との会談で“原発ゼロ”見直しを約束【米国とは原子力協力のパートナーとして】

安倍首相、オバマ米大統領との会談で“原発ゼロ”見直しを約束【米国とは原子力協力のパートナーとして】

☆己たちが招いた原発事故の責任も取らず。
☆原発を無くそうとする国民の意思を騙し・蔑ろにして、
☆国民の安全を担保に原子力維持に邁進する。

☆米国のポチ的役割を果たしているという事の現われでしかない。
☆これホント夏の参院選でこの前同様に自民が議席取った日本は終わるね。

日々雑感より
…………………………………

安倍首相、オバマ米大統領との会談で“原発ゼロ”見直しを約束
「米国とは原子力協力のパートナーとして緊密に連携していきたい」

安倍首相、原発ゼロ見直しを伝達=シェールガス輸出要請-日米首脳会談

【ワシントン時事】
安倍晋三首相は22日午後(日本時間23日未明)のオバマ米大統領との会談で、
2030年代の原発稼働ゼロを目指すとした民主党政権の政策について
「ゼロベース で見直し、責任あるエネルギー政策を構築していきたい」と説明した。

「米国とは原子力協力のパートナーとして緊密に連携していきたい」とも語った。
首相はまた、「わが国では東日本大震災後、
増大する燃料費の削減が喫緊の課題になっている」として、
安価な米国産シェールガスの対日輸出早期承認を要請。

大統領は「同盟国としての 日本の重要性は常に念頭に置いている」と応じた。
(2013/02/23-10:23)
時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013022300134

己たちが招いた原発事故の責任も取らず。
原発を無くそうとする国民の意思を騙し・蔑ろにして、
国民の安全を担保に原子力維持に邁進する。

事故で何を学んだんでしょうね。

原発が無いと電力不足になるのはウソだったと明らかになってるし、
電気料金値上げも結局は原発に拘ってきた歪が招いたものだし。

それでも原発にこだわるのは、明らかに原発関連の利権と、
米国のポチ的役割を果たしているという事の現われでしかない。

これホント夏の参院選でこの前同様に自民が議席取った 日本は終わるね。

日々雑感 : 投稿者:heart_ikki 2013/02/23より
http://hibi-zakkan.net/lite/archives/23829579.html

日米首脳会談でのTPP参加表明は万死に値する【米国の米国による米国のための仕組み】
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/2b36420cea16eff07f310c6adf783070

TPPで国民健康保険が崩れていく仕組み【日本は国民健康保険を崩す方向に動いている】 孫崎 享
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/98f20e87ca2bc4017a6617e6e8515c14/?cid=12273e66008cffed9cb9966ad24f7762&st=0
[ 2013年02月23日 23:03 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)

安倍首相、オバマ米大統領との会談で“原発ゼロ”見直しを約束 「米国とは原子力協力のパー

安倍首相、オバマ米大統領との会談で“原発ゼロ”見直しを約束【米国とは原子力協力のパートナーとして】

☆己たちが招いた原発事故の責任も取らず。
☆原発を無くそうとする国民の意思を騙し・蔑ろにして、
☆国民の安全を担保に原子力維持に邁進する。

☆米国のポチ的役割を果たしているという事の現われでしかない。
☆これホント夏の参院選でこの前同様に自民が議席取った日本は終わるね。

日々雑感より
…………………………………

安倍首相、オバマ米大統領との会談で“原発ゼロ”見直しを約束
「米国とは原子力協力のパートナーとして緊密に連携していきたい」

安倍首相、原発ゼロ見直しを伝達=シェールガス輸出要請-日米首脳会談

【ワシントン時事】
安倍晋三首相は22日午後(日本時間23日未明)のオバマ米大統領との会談で、
2030年代の原発稼働ゼロを目指すとした民主党政権の政策について
「ゼロベース で見直し、責任あるエネルギー政策を構築していきたい」と説明した。

「米国とは原子力協力のパートナーとして緊密に連携していきたい」とも語った。
首相はまた、「わが国では東日本大震災後、
増大する燃料費の削減が喫緊の課題になっている」として、
安価な米国産シェールガスの対日輸出早期承認を要請。

大統領は「同盟国としての 日本の重要性は常に念頭に置いている」と応じた。
(2013/02/23-10:23)
時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013022300134

己たちが招いた原発事故の責任も取らず。
原発を無くそうとする国民の意思を騙し・蔑ろにして、
国民の安全を担保に原子力維持に邁進する。

事故で何を学んだんでしょうね。

原発が無いと電力不足になるのはウソだったと明らかになってるし、
電気料金値上げも結局は原発に拘ってきた歪が招いたものだし。

それでも原発にこだわるのは、明らかに原発関連の利権と、
米国のポチ的役割を果たしているという事の現われでしかない。

これホント夏の参院選でこの前同様に自民が議席取った 日本は終わるね。

日々雑感 : 投稿者:heart_ikki 2013/02/23より
http://hibi-zakkan.net/lite/archives/23829579.html
[ 2013年02月23日 22:52 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)

「日本は3.11より大きな危機の必要あり」 NYタイムズ支局長

「日本は3.11より大きな危機の必要あり」 NYタイムズ支局長【旧態依然とした“原子力ムラ”の体制】

あれほどの災害でも東京電力はまだそこにあり、
旧態依然とした“原子力ムラ”の体制、
やり方に戻っていってしまっているのですから。

官僚は原子力関係への天下りを温存し、
学者は原子力業界からの研究資金を得続けて。

メディアは原子力を推進する企業の広告をいまだに数多く扱っている。
これでは変わり ようがありません。

日本のシステムを変革するには、
ある意味で3.11より大きな危機に直面する必要があるのかもしれません。

NEWSポストセブン2013.02.22より
…………………………………………………

NYタイムズ支局長「日本は3.11より大きな危機の必要あり」

経済ではアベノミクス、外交では強気の対中姿勢で
高い支持率を維持している安倍政権は、
果たして世界にはどのように映っているのか。
日本研究の第一人者であるK.V.ウォ ルフレン氏と、
ニューヨーク・タイムズ東京支局長のM.ファクラー氏が初対談。
「世界から見た安倍政権」の実態を語り合った。

ファクラー:自民党がもし、旧態依然のままなら、
いつの選挙かわかりませんが、新たな政権に取って代わられることでしょう。
国民は官僚システムを打破し、
国民の中にある閉塞感を打ち破るものを望んでいる。

ウォルフレン:この前の選挙結果における投票数を見れば、
自民党は第一党を占める議席数を獲得したが、
実際の得票数は2009年選挙よりも少ない。
これはつまり、2009年に 民主党に投票した人々は、
この前の選挙では自宅にいて投票しなかったということ。

彼らは裏切られたと感じ、マニフェストで約束したことを
履行しなかったと憤りを感じたんです。
もちろん、自民党の圧勝を演出した新聞が、
そうした事実を指摘することは なかった。
反民主党の新聞にとっては願ってもないことですからね。

それでも、自民党に入れたくもないし、
投票したくもなかったため自宅にいた人が大勢存在するのは間違いありません。

もし安倍政権が、日本の進むべき方向性について
国民が納得できる形で示すことができなければ、
この先、予測しがたいタイプの新たな政治家、
政治グループが登場していくことになるでしょう。

ファクラー:維新の会がそれを担うのかもしれないし、
そうでないかもしれない。

ただ私は、日本は今後、
この国の制度・システムに対する本当の危機が起こり、
それに対NEWSポストセブン処する形で変革せざるを得なくなるだろうと考えています。

外的要因としては領土問題などを抱える中国、
内部要因としては日本の財政危機でしょうか。

その意味では、3.11の東日本大震災、
福島原発事故でさえ日本にとって真の危機にはならなかったわけです。
なぜなら、あれほどの災害でも東京電力はまだそこにあり、
旧態 依然とした“原子力ムラ”の体制、
やり方に戻っていってしまっているのですから。

官僚は原子力関係への天下りを温存し、
学者は原子力業界からの研究資金を得続けて、
メディアは原子力を推進する企業の広告をいまだに数多く扱っている。
これでは変わり ようがありません。
日本のシステムを変革するには、
ある意味で3.11より大きな危機に直面する必要があるのかもしれません。

ウォルフレン:官僚を中心とした権力構造が改革を妨げる。まさに私が指摘してきた「人間を幸福にしない日本というシステム」ですね。安倍氏も「戦後レジームからの脱却」 を唱えながら、全くその思考から逃れられていません。

■カレル・ヴァン・ウォルフレン ジャーナリスト、アムステルダム大学名誉教授。1941年オランダ生まれ。1972年にオランダ『NRCハンデルスブラット』紙の東アジア特派員として来日以来、日本研究を続 けている。近著に『いまだ人間を幸福にしない日本というシステム』(角川ソフィア文庫)など。

■マーティン・ファクラー ニューヨーク・タイムズ東京支局長。1966年米国生まれ。ブルームバーグ東京支局、AP通信社各支局を経てニューヨーク・タイムズ日本支局記者になり、2009年より現職。 昨年、『「本当のこと」を伝えない日本の新聞』(双葉新書)がベストセラーになった。

※週刊ポスト2013年3月1日号
2013.02.22 NEWSポストセブンより転載引用
http://m.news-postseven.com/archives/20130222_172264.html


Amazon.co.jp: いまだ人間を幸福にしない日本というシステム (角川ソフィア文庫): カレル・ヴァン・ウォルフレン, 井上 実: 本


【原発は金だ。放射能汚染で生まれる子供達が、障害者でかまわない】原発ムラの基本理念!!|happyluckyのブログ
[ 2013年02月23日 21:51 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

原発事故・福島告訴団 「検察は起訴しろ、東電は自首しろ」 我々は土地を追われて何もない!

原発事故・福島告訴団 「検察は起訴しろ、東電は自首しろ」 我々は土地を追われて何もない!

☆東電は国の責任といい、国は東電の責任という。
☆捜査されていないからそんな ことが言えるんだ。
☆我々は土地を追われて何もない。分かりますか?この気持ちが。

☆強制捜査をして下さい。東電に罪を認めさせて下さい」。
☆鬼気迫る渡部さんの 訴えは検察庁のビルに突き刺さるように響いた。


image


田中龍作ジャーナルより
……………………………………

■原発事故・福島告訴団 「検察は起訴しろ、東電は自首しろ」

福島の住民たちが原発事故を引き起こした東電の旧・現経営陣と
政府の役人を業 務上過失致死傷などで検察庁に告訴・告発して8ヵ月が経つ。

だが肝心の検察庁が本気で捜査しているようには見えない。
その気で取り組んで いるのであれば、東電や経産省の
原子力安全・保安院に家宅捜索が入っていたはず だ。

東電の事故隠しに手を貸していた保安院は、
昨年9月原子力規制庁に衣替えし、霞が関から六本木に引っ越した。
住民らが告訴・告発して3か月後のことだ。

都合の悪い書類はすべてシュレッダー処分したに違いない。
これでは検察庁が保安院の証拠隠しに手を貸したようなものだ。

「検察は何をしてるんだ?」。

業を煮やした福島の告訴団や市民たちがきょう、
検察庁を大挙して訪れ、「しっかり捜査するよう」要請した。

バス3台を仕立てた福島住民、全国各地に避難している
福島県出身者、告訴・告 発に加わった市民ら
約700人で検察庁前の歩道は埋め尽くされた。

『検察庁は起訴しろ、東電は自首しろ』。
参加者たちが手にしたシングルイ シューの
プラカード数百枚が霞が関にひるがえる。

被曝し住み慣れた土地を追われ た人々の怒気が検察庁前に充満した。

大熊町で有機農業を営んでいた渡部隆繁さん(63歳)は、
事故後、会津若松市に 避難した。

「東電は国の責任といい、国は東電の責任という。
捜査されていないからそんな ことが言えるんだ。
我々は土地を追われて何もない。分かりますか?この気持ちが。

強制捜査をして下さい。東電に罪を認めさせて下さい」。
鬼気迫る渡部さんの 訴えは検察庁のビルに突き刺さるように響いた。

バス3台を仕立てて駆け付けた福島の住民や支援の
市民たち約700人が、検察庁前の歩道を埋め尽くし た。
=写真:諏訪撮影=
image


福島市の佐々木慶子さん(元教師)も怒りをぶつけた。
「東京地検の皆さん、私 たちの必死の叫びが届きましたか?
私たち国民のために仕事をしているんじゃな いんですか?
どうして大きな罪を犯した東電に捜査が入らないんですか?」。

怒りは福島だけにとどまらない。
「真っ当に捜査して東電と政府を告訴すべ し」、
全国から集まった4万256筆の署名を、
佐藤和由副団長と河合弘之主任弁護士が検察庁舎に入り提出した。

検察庁へのアピールを終えた一行は、
“主犯格”である東電に移動した。
東電側は 広報部原子力センターの會田満男所長らが対応した。
場違いなほどパリッとした高 級スーツが、東電のありようを象徴していた。

前出の渡部さんが激しく迫った。
「会長、社長を出せ。私たちはあなたたちに強制移住させられたんだ。
土地全部を汚染された。今すぐ返して下さい。
それなのに あなたたちは責任を取らないんですか? 自首して下さい」。

佐々木慶子さんが要請文を読み上げた。
「貴社は自ら進んで真実を明らかにし、 その罪を認め、刑罰に服するように求めます」。

「巨悪を撃つ」はずの検察が仕事をしないため、巨悪はのさばる。
住民が検察の 尻をたたき、無理と知りながら巨悪に自首を迫る。

巨悪にメスが入らなければ、もはや法律をたのみとすることは不可能となる。
日本は法治国家でなくなるのだろうか。

《文・田中龍作 / 諏訪都》

田中龍作ジャーナル2013・2・22より転載引用
http://tanakaryusaku.jp/


日本を滅ぼす電力腐敗 (新人物往来社文庫):Amazon.co.jp:本


http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ffe8185ceaf1e0dc8d001c648e8a61e1


「原発にもメーカー責任を」キャ ンペーン始まる
[ 2013年02月23日 20:58 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

戦後のガンと糖尿病の急増は【原発稼働による放射性物質が要因】さらに福島原発事故の低線量被曝

戦後のガンと糖尿病の急増は【原発稼働による放射性物質が要因】さらに福島原発事故の低線量被曝

【戦後のガンと糖尿病の急増は原発稼働による放射性物質が要因】

日本では、戦後から現在にかけて、すい臓がんが12倍にもふくれあがっている。

日本にある原発が放出する放射性ガスや放射性物質の粒子は
美しい山脈に降り注ぎ、環境汚染をもたらしてきた。

原発が放出する放射性ガスや放射性物質の粒子は
『日本の美しい山脈に降り注ぎ!ガン、糖尿病など』

★★★★★★
※54基の原発稼働からの放射性ガスや放射性物質の粒子
※さらには福島原発事故、、低線量被曝が極めて気になります。
★★★★★★



Amazon.co.jp: 低線量汚染地域からの報告―チェルノブイリ 26年後の健康被害: 馬場 朝子, 山内 太郎: 本

低線量汚染地域からの報告、26年後【甲状腺がん、心臓疾患、 白内障、慢性疾患の増加】放射能汚染

☆子供の甲状腺がんはもちろん、大人や子供を問わず、
☆循環器系疾患をはじめ、消化器系、神経系・感覚器系、
☆および呼吸器系疾患などあらゆる病気が、
☆事故後顕著に増えている。

☆チェルノブイリから26年後のコロステンの現状は、
☆目をそらすことなく凝視すべきだろう。

☆しかし、子供たちの75%以上が何らかの
☆疾患を抱えているという「現実」はあまりにも重すぎる。

☆特に、健康な子供たちが
☆ほとんどいないという驚くべき事実には、心が痛む。

☆本書は、低線量被曝でも健康に大きな影響を及ぼしうる、
☆というチェルノブイリの痛切な経験から日本人への警告の書である。

今日の驚きブログより 詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/5ed93daffdd08f8ee5241c6cb50f8e02/?cid=f7835ea1757dadc7333898ccd550674c&st=0

<原発被曝の健康被害> 驚愕すべき事態が周辺で発生している【福島原発事故チェルノブイリ症候群】-gooブログ
☆放射能被曝による健康被害は、既に現れている。
☆これから本格化するとも認識すべきではないだろうか。
☆「風邪か」 と信じ込んでいた中高年の隣人が「肺がん」と診断されたのだ。
☆<頻発するチェ症候群> 驚愕すべき事態が周辺で発生している。
☆いうところのチェルノブイリ症候群である。
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/0788791eeaeab691766f6370e6fd7a93

福島の子供10人,甲状腺がん【更に200名程度の二次検査対象者がいる!既にチェルノブイリ超え】
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ba75ec9f231b13f5b9f5c628a2298213


山崎淑子の「生き抜く」ジャーナル!より
…………………………………………………………

見逃せない重大証言!
【戦後のガンと糖尿病 急増は原発稼働による放射性物質が要因】

原発が放出する放射性ガスや放射性物質の粒子は
日本の美しい山脈に降り注ぎ!ガン、糖尿病など。。

※原発事故の事でなく、原発稼働の事です。

※原発は常に【放射性ガスや放射性物質の粒子を放出している】と
※これが日本でガン、糖尿病の急増の原因と
※放射線医学名誉教授スターングラス博士。

image


☆原発が放出する放射性ガスや放射性物質の粒子は
☆発表よりはるかに大量で、日本の美しい山脈に 降り注ぎ、
☆それがきれいな湧き水に混入して田んぼや畑、飲み水に混入。

☆風向きに関係なく、これが日本でガン急増している要因のひとつだ。

☆ストロンチウム90から出来るのがイットリウム90。

☆これは骨じゃなくて、すい臓に集中する。

☆すい臓というのは糖尿をおさえるホルモン、
☆インスリンを分泌しているから、ここに異常が出る と糖尿病になる。

☆世界中で糖尿病が急増しているが
☆日本はすでに人口比でアメリカの二倍もいる。

☆そのアメリカだってイギリスより発病率が高いのだ。

☆日本では戦後から現在にかけて、
☆すい臓がんが12倍にもふくれあがっている。

★スターングラス博士インタビュー
……………………………………
山崎淑子の「生き抜く」ジャーナル!より
:引用開始

見逃せない重大証言!
【戦後のガンと糖尿病 急増は原発稼働による放射性物質が要因】

放射線医学名誉教授スターングラス博士、
「日本にある原発が放出する放射性ガスや放射性物質の粒子は
美しい山脈に降り注ぎ、環境汚染をもた らしてきた。

これが日本でガン急増している要 因のひとつ。
ストロンチウム90から出来るイットリウム90は
すい臓に集中し、糖尿病を引き起 こす。
日本は人口比でアメリカの2倍に急増。
戦後からすい臓がんが12倍に激増した」と重要 証言(転載)。

放射線医学名誉教授スターングラス博士インタビュー(転載)。

【戦後のガンと糖尿病の急増は放射性汚染物質による被曝が原因】

「日本にある原発の八割はアメリカ製原子力発電所。

原発が放出する放射性ガスや放射性物質の粒子は
発表よりはるかに大量で、日本の美しい山脈に降り注ぎ、
それがきれいな湧き水に混入して田んぼや畑、飲み水に混入。

風向きに関係なく、これが日本でガン急増している要因のひとつだ。

ストロンチウム90から出来るのがイットリウム90。

これは骨じゃなくて、すい臓に集中する。

すい臓というのは糖尿をおさえるホルモン、
インスリンを分泌しているから、ここに異常が出ると糖尿病になる。

世界中で糖尿病が急増しているが日本はすでに人口比でアメリカの二倍もいる。

そのアメリカだってイギリスより発病率が高いのだ。

日本では戦後から現在にかけて、すい臓がんが12倍にもふくれあがっている。

◆スターングラス博士インタビュー
「僕と核」 (2006)
shing02
http://www.e22.com/atom/page08.htm

■アーネスト・J・スターングラス博士

【戦後のガンと糖尿病 急増は原発稼働による放射性物質が要因】

日本では、戦後から現在にかけて、すい臓がんが12倍にもふくれあがっている。

日本にある原発が放出する放射性ガスや放射性物質の粒子は
美しい山脈に降り注ぎ、環境汚染をもたらしてきた。

これが日本でガン急増している要因のひとつ。
ストロンチウム90から出来るイットリウム90は
すい臓に集中し、糖尿病を引き起 こす。

日本は人口比でアメリカの2倍に急増。
戦後からすい臓がんが12倍に激増した」と重要 証言(転載)。

S博士「繰り返すが、日本の八割はアメリカ製の
原子力発電所であるからして、まず間違いないだろう。

原子力発電所の放射性ガスや放射性物質の粒子は、
日本の美しい山脈に降り注ぎ、 それがきれいな湧き水に混入して、
田んぼや畑、飲み水に入って行ってしまうのだよ。

風がどっちに吹いていようが関係なく、
これがいちばん起こりうる被ばくの方法で、
私はこれが日本でがんが 急増している要因のひとつだと考えている。

ちなみに、ロレン・モレーが日本で集めた乳歯のサンプルからも
ストロンチウム90が充分なレベル検出されている。
これはどこで産まれたか、ど こで育ったかによって大きく異なるし、
もっと大規模な研究が必要だが、アメリカと同じような 状況であると予想される。

小児がんを主に、健康な発育が妨げられる確率が数割は高くなるということだ。
もちろん、放射性物質による害は成人にもあてはまることだ。」

そうなんですか。

S博士「ついでに、もう一つ重大な話をしよう。
ストロンチウム90から出来るのが、イットリウ ム90だ。
これは骨じゃなくて、すい臓に集中する。

すい臓というのは、糖尿をおさえるホルモン、
インスリンを分泌しているから、ここに異常が出ると糖尿病になる。

世界中で、糖尿病が急 増しているのは知ってるね。
日本は、すでに人口の割合から言えば、アメリカの二倍もいる。
そのアメリカだって、イギリスより率が高いのだ。

日本では、戦後から現在にかけて、すい臓がんが12倍にもふくれあがっている。

50年代の終わりにドイツの動物実験で発見されたのが、
ストロンチウム90が電子を放出してイットリウム90になると、
骨から肺、心臓、生殖器などに移 動するのだが、
すい臓に最も高い集中見られたのだ。
インスリンがうまく生産されないように なって、血糖値が上がってしまうのだ。

今までは放射能が糖尿病と繋がっているなんてまったく認知されていないのだ。
これで分かっただろう、国際放射線防護委員会(ICRP)は、
当初、放射 能の影響として、特定のがんと奇形児くらいしか認めなかったのだ。

未熟児、乳児の死亡や、 肺、心臓、すい臓、
これらの部位への影響はすべて無視されてきたのだ。」
はい。

S博士「民間エネルギーの最初の原子力発電所は、ピッツバーグに57年に、
私が15年間勤めた Westinghouse社によって建てられた。
私たちは、汚い石炭の発電所よりも、
安くて、きれいなエネルギーだと思っていた。

微量の放射性物質が逃げても、大したことないと思っていたのだが、
それは大間違いだった。

これと同じ原子炉が、今でも日本でたくさん稼働している。
70年 代にカナダのエイブラム・ペトカウ (Abram Petkau) 博士が発見した、
低レベル放射能によるフ リーラジカルの影響を、未だに反映できていないのだ。

フリーラジカルの性質を分かっていな かったのと、
放射線量と人体への影響が比例的な関係だと勘違いしていたのだ。

低レベルで起き る様々なことは、
ヒロシマとナガサキの生存者を調べただけでは、
うまったく予期できなかったの は当然のことだ。」
はい。
S博士「だから、原爆の生存者や、X線のデータによって
計算された国際的な許容量はまったく 間違っている。
これは、原子力発電所が大規模に建てられるようになって、
何十年も後に分かっ たことだが、
誰もその過ちを認めることが出来ずに、今日まで来てしまった。
その理由の一つと して、
すでにウラン鉱山に巨額の投資がされてしまっていたことがあるだろう。
だから、ウラン の利益を受けている人たちは、過ちを認めないどころか、
それを絶対に隠したいのだ。 ウランは 核分裂以外には役割がないから、
それがただの粉末のゴミになることを本気で危惧しているの だ。
世界中の政府や企業、イギリスの皇室などが所有しているウランは、
原子力発電所が他の燃 料で動くようになったら困るのだ。

放射線医学名誉教授スターングラス博士インタビュー(転載)。

【アーネスト・J・スターングラス博士(Dr. Ernest J. Sternglass)】

プロフィール:

1923年、ベルリン産まれ。 14才の時に家族とアメリカへ移住。若き頃に、既に世界的権威だっ たアインシュタインと議論を交わし、科学の志を新たにする。1960年から1967 年は、ウェス ティングハウス社の研究室でアポロ月面科学ステーションプログラムの局長を務める傍ら、アメ リカの大気圏核実験に反対するようになる。彼が国会で発表した 研究の成果は、ケネディ大統領 が’63年にまとめた部分的核実験条約(PTBT)の締結に大きく貢献した。(ケネディはその僅か 三ヶ月後に暗殺されてしまう)70年代に入って 、今度はそれまで安全だと信じていた原子力発 電所の危険も公に問うようになる。’81年に出版した「Secret Fallout: Low-level Radiation from Hiroshima to Three Mile Island 」 (邦題:赤ん坊を襲う放射能)は、低レベル放射線研究の代 表的な本となった。1983年よりピッツバーグ医大、放射線医学名誉教授を務める。過去にスタ ンフォード大学 、インディアナ大学、フランスのアンリ・ポアンカレ大学、ジョージ・ワシント ン大学、コーネル大学で放射線医学と物理学の教壇に立つ。1995年より、Radiation and Publi c Health Project (放射能と公共健康プロジェクト)局長。

今日の驚きブログより 詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ba711e70289ff158e37ec36c8a28ec1c

image
[ 2013年02月23日 19:44 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR