今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  2013年03月
月別アーカイブ  [ 2013年03月 ] 

≪ 前月 |  2013年03月  | 翌月 ≫

「彼が何故福島から避難したか。チェルノブイリ奇形児の死産を見てきたからか?」秋山元宇宙飛行士、孫崎

「彼が何故福島から避難したか。チェルノブイリ奇形児の死産を見てきたからか?」秋山元宇宙飛行士、孫崎 享

☆秋山 豊寛氏はチェルノブイリの取材について語った。

☆自分がチェルノブイリの取材を行って
☆放映できなかった部分があるのです。

☆ある場所にいったら、チェルノブイリの事故後、
☆死産の奇形児の 標本がずらっと並べられているのです。

☆日本人じゃとてもあんなことはできない。
☆あまりに残酷だったから、日本では放映しませんでした。

☆秋山豊寛氏はチェルノブイリの取材を通して、
☆直に、誰よりも福島原発事故の悲惨さを知っていたのだ。

☆秋山 豊寛氏は予測する。
☆「命に影響することが解ったら、福島県民の怒りは爆発しますよ。」

★孫崎享氏の視点ー(2013/03/29)★ :本音言いまっせー!より
http://blogs.yahoo.co.jp/hellotomhanks/63873443.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 3 月 29 日

秋山 豊寛氏「彼が何故福島から避難したか。奇形児の死産を見てきたからか?」 孫崎 享

秋山 豊寛氏はチェルノブイリの取材について語った。

「自分がチェルノブイリの取材を行って放映できなかった部分があるのです。
ある場所にいったら、チェルノブイリの事故後、
死産の奇形児の 標本がずらっと並べられているのです。
日本人じゃとてもあんなことはできない。
あまりに残酷だったから、日本では放映しませんでした」

秋山豊寛氏はチェルノブイリの取材を通して、
直に、誰よりも 事故の悲惨さを知っていたのだ。

日本人初の宇宙飛行士秋山 豊寛氏は、1995年にTBSを退社し退職した。
ウィキペヂアは「次第に会社での居場所がなくなって
いったことを退社した理由の1つに挙げている」と記述している。

敏腕ジャーナリストであっただけに、現場で活躍し続けたかったのであろう。
しかし、日本ではフリーのジャーナリストが活動できる場はほとんどない。
発言の場を持つにはしっかりとした財政的基盤を確立する必要がある。

1995年からは福島県に移住し、農業に従事した。 ここに原発事故が起こる。

毎日JPは次のように記述している。

「福島・滝根に移り住み、自給自足を目指して有機農業を始めた。
滝根では阿武隈山地の標高約600メートルの
山里に1ヘクタール の土地を購入。
シイタケの原木栽培をはじめ、コメや野菜づくりに 取り組んでいた。

そのさなかの東日本大震災だった。
原発から自宅までは約32キロ。
震災翌日には、近くの体育館に、
第1原発がある大熊町の住民が避難してきた。

テレビは「空中からセシウム検出」と報じ、 屋外に出ると、
以前から持っていた放射線警報器が鳴り始めた。
身の危険を感じた秋山さんは、郡山市の宿泊施設に避難、
事故が長期化するのを見越して、鬼石町の知人宅に身を寄せた。」

またブログ「みんな楽しくHappy?がいい♪」には
インタビューを次のように記述している。

「私も一応チェルノブイリとかスリーマイルとかの取材をしてますから、
それぞれ5年後だった訳ですけれども、
84年のスリーマイルですか、 5周年ね。

それからチェルノブイリ5周年が1991年の4月と やっていますから、
事故が起こったらどういう事が展開するか?っていうのは
大体基礎情報として持っていましたんでね、

空中からセシウムが検出されたっていうことは
炉心がやられないと出っこないはずなんですね」

何故急に避難したか、
危険をどのように判断していたかについては明確でない。

毎日放送ラジオ番組の打ち上げの後、
私は秋山 豊寛氏の隣に座り、 氏の話に耳を傾けた。
ここで、答えを見つけたと思った。
秋山 豊寛氏はチェルノブイリの取材について語った。

「自分がチェルノブイリの取材を行って
放映できなかった部分があるのです。
ある場所にいったら、チェルノブイリの事故後、
死産の奇形児の 標本がずらっと並べられているのです。

日本人じゃとてもあんなことはできない。
あまりに残酷だったから、日本では放映しませんでした」

秋山豊寛氏はチェルノブイリの取材を通して、
直に、誰よりも 事故の悲惨さを知っていたのだ。

秋山 豊寛氏は予測する。
「命に影響することが解ったら、福島県民の怒りは爆発しますよ。」

投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 3 月 29 日
阿修羅ブログより
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/894.html

image


image


image
スポンサーサイト
[ 2013年03月31日 10:08 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

禁断の原発 : 女川原発の下に大きな断層があるのを知ってますか!!

禁断の原発 : 女川原発の下に大きな断層があるのを知ってますか!!

女川原発 柏崎刈羽原発 危機一髪


禁 断 の 原 発ブログより
………………………………………

大飯原発の断層が活断層であるかどうか問題になっていますが、
女川原発でも大きな断層が敷地のまん中を走っていることを知ってますか。

過去に提出された女川原発の敷地の地質図にしっかりと断層が書かれています。



その中でもTF-1断層は一番大きく比較的新しいものです。

<原子力行政上の活断層の定義の経緯> 1.

1977年の国会答弁(当時の科学技術庁原子力規制課長)では
40~50万年前から現在までに動いた断層を活断層としている。
2.1978年の「発電用原子炉施設に関する耐震設計基準」で
10分の1の5万年前から現在までに動いた断層を活断層とすると変更された。

つまり、活断層と判定する時間的範囲が狭められ
5万年以前に動いていたとしても活断層とは言えないとされました。

しかし、活断層は数百年に1回動くものもあれば
数十万年に1回動くものもあるという見方があります。
断層があるということは、またいつか動くと考えたほうが妥当です。

また、断層には破砕部分があり
もろくなっているので大きな力が加われば、
断層が初めに動く可能性は大です。

結論として、断層は活断層か否かにかかわらず
断層でない部分より動く可能性が大きいと言えます。

断層が動いた場合、大きな揺れと地盤のズレが発生するため、
原発の立 地としては断層付近は絶対に避けるべきです。

過去の女川原発差し止め訴訟
(26回1989.7.4、27回1989.10.31、28回1990.1.30)の証言録に
断層について行われた証言が大変参考になりますので、
こちらをご覧ください。
女川原発生 越証言録1


禁 断 の 原 発ブログより抜粋転載
詳細、断層画像はコチラ↓↓
http://blog.livedoor.jp/kindannogenpatsu/lite/archives/7592496.html

女川原発、原発再稼働認めない!!防災計画【宮城県美里町】

浪江・小高原発を断念!!地元反発で、東北電が表明【女川、東通の再稼働方針は変えず】

【女川原発】ブログ
[ 2013年03月30日 21:50 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

東電、汚染水設備の試運転開始 福島第1原発【水と同じ性質を持つ 猛毒トリチウムは除去出来ない】

東電、汚染水設備の試運転開始 福島第1原発【水と同じ性質を持つ 猛毒トリチウムは除去出来ない】

狂気【福島第1原発:東電 処理後汚染水を海に放出計画 】猛毒放射性トリチウムは技術的に困難!!

image

広瀬隆氏資料

東京新聞 2013年3月30日より
…………………………………………

■東電、汚染水設備の試運転開始 福島第1原発

東京電力は30日、福島第1原発で増え続ける汚染水から
約60種類の放射性物質を取り除く
「多核種除去設備(ALPS)」の試運転を始めた。
約4カ月間、実際に 汚染水を処理して性能を確認し、本格運転に移る。

放射性セシウムしか除去できない従来設備に比べ、
ALPSはトリチウムという放 射性物質を除く
ほとんどの放射性物質を除去できる。
処理後の水を安全に貯蔵するた め、実施が急務となっていた。

当初、試運転は昨年内に実施する予定だったが、
汚染水処理後の廃液を入れる容器の強度不足が判明して延期された。

東電は容器の耐久性を高める対策を講じ、
原子力 規制委員会が試運転を了承した。

東京新聞より 2013年3月30日より
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013033001001729.html

殆どの人は知らない【トリチウムという除去不能な猛毒放射性物質が、水道水に混入している事】 今日の驚き/ウェブリブログ


放射性物質トリチウムの危険性【細胞の中にでもどこでも入ってきて。有機物に化合とDNAの一部に】|happyluckyのブログ |Ameba (アメーバ)


ふげん トリチウム11億ベクレル漏れへの提言


【トリチウム】の検索結果





[ 2013年03月30日 18:51 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

TPP首相に焦り 参加表明2週間 米手続き停滞 【すでに交渉の余地ない!?】

TPP首相に焦り 参加表明2週間 米手続き停滞【すでに交渉の余地ない!?】

☆日本政府には、民主党政権当時から米国と事前協議を続けていたため
☆「議会への通知には、さほど時間はかからない」と楽観論があった。

☆ところが、いまだに米国は議会通知をしていない。
☆先行参加国は四月下旬にインド ネシアでの
☆閣僚級会合で日本の参加を協議する見通しだ。

TPPで日本は米国の植民地に決定:孫崎享氏




東京新聞 2013年3月30日
…………………………………………

■TPP首相に焦り 参加表明2週間 米手続き停滞

安倍晋三首相が環太平洋連携協定(TPP)交渉に
参加を表明してから二十九日で二週間が経過した。

米国などの先行参加国で
日本の参加を承認する手続きが思いのほか進まず、
交渉入りを急ぐ首相には焦りの色が出始めた。 (TPP取材班)

菅義偉官房長官や甘利明TPP担当相ら関係閣僚は二十七日深夜、
都内のホテルに急きょ集まった。

首相から「各国との事前協議を加速させるように」と指示を受けた ためだ。
各国から収集した交渉に関する情報の分析などを行ったという。

日本がTPP交渉に参加するためには、
米国やオーストラリア、ニュージーランド
といった先行参加国の承認が必要。

承認に向け各国と調整する政府内の動きが鈍いと
感じた首相が、ハッパを掛けたとみられている。

首相が急ぐのは七月に開かれるとみられる
参加国会合に日本も確実に参加するためだ。

その後の会合は九月になる。米側は年内に交渉をまとめたい意向。
日本の主張を通すためには早く参加する必要がある。

米国では、外交交渉を始める際は議会に通知して
九十日間協議する手続きを経る慣例がある。

七月の交渉に参加するには今月中か、
遅くとも四月半ばには日本のTPP交渉参加を
米政府から議会に通知してもらわなければならない。
首相が二週間前に参加表明したのも米国の九十日ルールを考慮したからだ。

日本政府には、民主党政権当時から米国と事前協議を続けていたため
「議会への通知には、さほど時間はかからない」と楽観論があった。

ところが、いまだに米国は議会通知をしていない。
先行参加国は四月下旬にインド ネシアでの
閣僚級会合で日本の参加を協議する見通しだ。

米通商代表部(USTR)のマランティス代表代行は
参加国間の議論を重視する姿 勢は示したため、
議会通知は四月下旬以降になるとの見通しが強まっている。

そうなれば、七月の交渉入りができない可能性が高まり、
首相が参加表明を急いだ意味がなくなる。

政府内では「七月から交渉に入らないといけない。
閣僚級会合の前に通知してもらうよう、
米政府にもう一度根回しをしなければいけない」との声が出ている。

東京新聞 2013・2・30より
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013033002000138.html


アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは【TPPの本質は企業による世界統治】|happyluckyのブログ
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11483726878.html

【TPP】関連ブログ


TPP関連記事のスクラップです。 - 今日の驚き - Yahoo!ブログ
[ 2013年03月30日 09:46 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

日本で計画中の新設原発は10基

日本で計画中の新設原発は10基

浪江・小高原発を断念!!地元反発で、東北電が表明【女川、東通の再稼働方針は変えず】


東北電力は2013年3/28(木),福島県で進めていた
浪江町・南相馬市の原発新設を断念発表(1968年に計画)

共同通信2013年3月28日 13時47分

東北電力は青森県の東通原発2号計画は維持する.
しかし,活断層の可能性が高くて計画は見通せない状況.

日本では10基が建設・計画中

建設中 島根県松江市 島根3号 中国電力 青森県大間町 大間原発 Jパワー

東通1号 東京電力と東北電力

青森県東通村

計画中 青森県東通村 東通2号 東京電力と東北電力

静岡県御前崎市 浜岡6号 中部電力

上関1号 中国電力

山口県上関町

中国電力 工事中断中

上関2号

山口県上関町

川内3号 九州電力

鹿児島県薩摩川内市

敦賀3号 日本原電

福井県敦賀市

敦賀4号 日本原電

福井県敦賀市

転載元 : 茨城(キ)県那珂市近郊の歯科:中川デンタルクリニック
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8726324.html
[ 2013年03月29日 22:53 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

希望者少なく…原子力規制庁へ新卒たった1人

希望者少なく…原子力規制庁へ新卒たった1人【あたりまえでしょう、原子力推進庁ですから】



2013年3月29日(金)読売新聞
…………………………………………

■希望者少なく…原子力規制庁へ新卒たった1人

原子力規制庁に4月1日付で入庁する約70人のうち、
大学新卒者は1人しか いないことがわかった。

昨年9月に発足した規制庁にとって初の新卒職員だが、
29日に記者会見した 森本英香次長は
「もう少し採りたかったが、希望者が少なかった。
共感度が低かった点は反省している」と残念がった。

規制庁は、環境省の外局として発足した原子力規制委員会の事務方組織。

新卒 の職員は環境省枠で採用され、規制庁に出向する形となる。

環境省に今年度採用 された新卒は21人いたが、
採用活動の始まりが規制庁発足前だったことなどか ら、
「認知度が低く、希望する学生がいなかった」という。

規制庁によると、4月1日付の入庁者の大半は、
文部科学省や傘下の独立行政 法人からの出向組。

原発事故で世論の風当たりが厳しい原子力規制行政にとっ て、
若い人材は貴重な存在で、規制庁幹部は
「我々にとっては金の卵。大切に育てたい」と話した。

2013年3月29日(金) 読売新聞 @niftyニュースより
http://s.news.nifty.com/domestic/societydetail/yomiuri-20130329-01258_1.htm
[ 2013年03月29日 22:26 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

脱原発で経済成長「原発ゼロノミクス」 【原発の不採算性が明らかで、経済的にもプラスにならない】

脱原発で経済成長「原発ゼロノミクス」【原発の不採算性が明らかで、経済的にもプラスにならない】

☆「原発の不採算性が明らかで、経済的にもプラスにならない」

☆停止原発維持に年1・2兆円 経産省試算、利用者が負担。

☆原発への依存が廃棄物処理などの理由で日本の足かせになっている。

原発ゼロノミクス | アベノミクスより原発ゼロノミクスで経済成長!


【電力会社】


2013年3月29日(金)地球のココロより
……………………………………………………

■脱原発で経済成長「原発ゼロノミクス」

原発に依存しないで日本経済を成長させようという
「原発ゼロノミクス」キャン ペーンが、このほど始まりました。

同キャンペーンは宣言で
「原発の不採算性が明らかで、経済的にもプラスにならない」と訴えています。

安倍内閣が進める経済政策「アベノミクス」では、
金融緩和や財政出動などに よって経済成長を実現しようとしています。

また、同内閣は国民的議論を経て打 ち出された
「原発稼働ゼロ」方針を「ゼロベース」で見直すこと表明し、
安全基準を満たした原発から順次再稼働することに前向きです。

これに対して「原発ゼロノミクス」では、
原発への依存が廃棄物処理などの理由 で日本の足かせになっていると指摘。

原発依存とエネルギー輸入にたよる古い経 済の仕組みを見直し、
自然エネルギーを核とした地域分散・ネットワーク型経済に
移行することで経済成長できると主張します。

同キャンペーンは脱原発を目指す市民グループらが呼びかけており、
2013年6月 までに10万人の賛同を集めることなどを当面の目標としています。

公式キャラクター「ゼロノミクマ」も登場しました。

2013年3月29日(金) 地球のココロ @niftyニュースより
http://s.news.nifty.com/economy/economyalldetail/chikyu-20130329-16121_1.htm

【停止原発維持に年1・2兆円 経産省試算、利用者が負担】

経済産業省は28日、停止中の原子力発電所を維持するために、
原発のない沖縄電力を除く電力会社9社で
年間計1兆2千億円程度の経費が必要との試算を明らかにした。

超党派の国会議員でつくる「原発ゼロの会」が
東京都内で開いた会合で示した。
各社ごとの経費は明らかにしていない。

原発は稼働していなくても人件費や
減価償却費などをすぐには削れないため、

巨額コストが継続的に発生する。
原発関連費は電気料金の原価に含まれるため、
最終的には利用者 が負担している。

28日の会合では、出席した有識者から
「必要でない費用が含まれているのではない か」と削減を求める声があった。

47newsより 2013・3・29
http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013032801001846.html
[ 2013年03月29日 19:42 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

浪江・小高原発を断念!!地元反発で、東北電が表明【女川、東通の再稼働方針は変えず】

浪江・小高原発を断念!!地元反発で、東北電が表明【女川、東通の再稼働方針は変えず】

☆同社の原発計画撤回は、
☆2003年に地元の反対などから
☆断念した巻原発(新潟県)に次いで2例目。

☆停止中の女川原発1~3号 機(宮城県女川町、石巻市)と
☆東通原発1号機(青森県東通村)の
☆再稼働を目指す方針は変えなかった。

☆運転開始後29年となる女川原発1号を含む既存の全4基で、
☆住民が納得できる形での安全対策実現のハードルは決して低くない。

☆安全対策の実施には巨額の投資が必要となる。
☆新設計画を残したままの
☆東通原発2号機建設の行方にも大きく影響する。



女川原発 柏崎刈羽原発 危機一髪|happyluckyのブログ
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11325854884.html?

女川原発、原発再稼働認めない!!防災計画【宮城県美里町】


河北新報 2013年03月29日より
…………………………………………………

■福島事故、地元反発で浪江・小高原発を断念 東北電が表明

東北電力は28日、浪江・小高原発
(福島県浪江町、南相馬市)の新設計画の撤回を表 明した。

予定地が東京電力福島第1原発事故後に警戒区域となったのに加え、
原発事故で 被災した地元自治体や住民らが計画中止を求めており、
実現は不可能と判断した。原発事 故後、
大手電力事業者が原発の新設計画を取りやめるのは初めて。

東北電の海輪誠社長は同日、仙台市青葉区の本店で記者会見し
「地元の心情を踏まえる と、計画を進めるのは極めて困難。
経営として適切ではないと判断した」と述べた。

予定 地の活用は「地元と相談する」とした。
浪江・小高原発は出力82万5000キロワット。
浪江町と南相馬市小高区にまたがる 予定地
(約150ヘクタール)は原発事故後、全域が警戒区域となった。

小高区側は昨年 4月に避難指示解除準備区域になり、
浪江町側も4月1日に同区域に変わる。

地元では原発事故を受け11年12月、
浪江町議会が誘致の白紙撤回を、南相馬市議会が
計画中止要請をそれぞれ決議した。

馬場有浪江町長、桜井勝延南相馬市長も建設反対の 考えを示していた。

東北電は1968年に建設計画を発表。
用地買収は一部地権者の強い反対で完了してい なかった。
昨年3月には原発事故を踏まえ「16年度着工、21年度運転開始」
としてい た計画をいずれも「未定」とした。

同社の原発計画撤回は、2003年に地元の反対など から
断念した巻原発(新潟県)に次いで2例目。

海輪社長は運転停止中の
女川原発1~3号機(宮城県女川町、石巻市)と
東通原発1号 機(青森県東通村)について
「重要な電源で安全対策に取り組む」と述べ、
再稼働を目指す姿勢を示した。


東北電は浪江・小高原発の計画断念に伴い、
2013年3月期の連結純損益を下方修正 した。
用地取得費費をはじめ関連の特別損失
180億円を計上するなどした結果、赤字幅 は
昨年10月の公表時より50億円拡大し、
純損失は1050億円になると見込む。

◎福島の現実 当然の判断/東北電原発の存廃、さらなる「選択」も

東北電力は28日、浪江・小高原発(福島県浪江町、南相馬市)の新設計画を断念した 。

東京電力福島第1原発事故の影響を受ける地元では、計画中止を求める声が拡大してい た。

撤回は当然の判断と言えるが、結果的に電力事業者として事故後初めて、
福島県が目指す「脱原発」に協力する形となった意味は重い。

東北電の海輪誠社長は撤回の理由を
「今も(原発事故の)避難者がいる福島県の厳しい 現実を踏まえた」と説明。

創業以来の電力供給地・福島への配慮をにじませた。
一方で計画撤回はあくまで「福島固有の理由」と強調した。

停止中の女川原発1~3号 機(宮城県女川町、石巻市)と
東通原発1号機(青森県東通村)の再稼働を目指す方針は 変えなかった。

それでも東北電は浪江・小高の計画撤回に続き、
原発事業の「選択」を迫られる可能性 がある。
原発事故を教訓に原子力規制委員会が
7月に導入する原発の新安全基準は、
過酷事故に 備えた大規模な安全対策を求める方向。

運転開始後29年となる女川原発1号を含む既存 の全4基で、
住民が納得できる形での安全対策実現のハードルは決して低くない。

安全対策の実施には巨額の投資が必要となる。
新設計画を残したままの東通原発2号機建設の行方にも大きく影響する。

東北電は原発停止に伴う火力燃料費の増大で財務が悪化。
7月からの電気料金引き上げ (家庭向け平均11.41%)を政府に申請している。
原発の安全対策費を含め、料金原価となる費用には厳しい目が向けられている。
東北電には原発事業に対する丁寧な説明が求められている。 (解説=報道部・小沢邦嘉)


河北新報 2013年03月29日より
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/03/20130329t63026.htm


河北新報 2013-03-29

浪江・小高原発断念/「現実」に即した妥当な判断
河北新報 2013-03-29

 東北電力がきのう、計画していた浪江・小高原発
(福島県浪江町、南相馬市)の建設断念を正式に表明した。
同社にとっては、巻(新潟県)に次ぐ原発新設計画の断念となる。

 浪江・小高の実現可能性は以前から相当に低かった。
用地取得に手間取ったのに加え、福島第1原発事故が決定的な影響を及ぼした。

 地元了解を得るのがほぼ不可能になっていたことを考えれば、
いたずらに計画だけを残すのは意味がない。
思い切って軌道修正を図ったことは、適切な判断だと言える。

 取得済みの広大な用地をどうするかが課題になるが、
原発事故からの地域再生を念頭に活用していくべきだ。
原子力以外の新たな電源なども検討する価値があるだろう。
地元雇用への貢献につながる。

 浪江・小高の建設計画が明らかになったのは1968年だった。
東北電力の女川(宮城県女川町、石巻市)、
東京電力の福島第2(福島県楢葉町、富岡町)と
同じ60年代後半の高度成長期に当たる。

 東北電力は70年から本格的な用地取得に乗り出したが、
地元地権者の反対も根強く、40年以上たっても終わっていない。

 東日本大震災と原発事故は、建設をさらに遠のかせる結果になった。
重大な放射能汚染を被った福島県内で、脱原子力の動きが強まるのは当然だ。

 原発事故後、浪江町と南相馬市の議会が
白紙撤回などを決議して、反対姿勢を鮮明にしていた。

さらに「県内にある全原発10基の廃炉は県民の総意」
(佐藤雄平知事)という状況であり、
新規原発が受け入れられる余地はなかった。

 運転開始時期を先送りしながら計画を存続させる方法もあり得るが、
原発事故の犠牲になった福島県でやるべきことではない。
東京電力はいまだに、福島第2原発の廃炉方針を示していないが、

それは福島県民の思いを逆なでする振る舞いだ。

 原発事故後の県内世論を意識してか、東北電力は昨年3月、
それまで明示していた着工と運転開始の時期を初めて「未定」という表現に変えた。

 客観情勢からはもっと早く決断できたとも思えるが、
原発事故後の「地元の心情」(海輪誠社長)も
理由に断念を決めたのは正しい選択だ。

 東北電力は大幅な電気料金引き上げを申請し、国の審査を受けている。
新たな負担を求める一方で、
実現可能性のない原発計画に固執することは東北の人たちにとって理解し難い。

 福島第1原発から20キロ圏内にある
浪江・小高原発の予定地は来月、避難指示解除準備区域に再編される。

 取得済みの土地の今後の活用方法について、
東北電力は「地元の発展に役立つ方向で自治体などと協議していく」という。

 周辺の地域では、いまだに住民が戻れないでいる。
地元電力としてぜひ、被災地の生活再建に貢献できるような活用策を実現すべきだ。

河北新報 社説より2013-03-29
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2013/03/20130329s01.htm
[ 2013年03月29日 10:02 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

東電の13年度供給力「未定」 柏崎刈羽の再稼働見通せず 【原発ムラの劣悪なウソの脅迫が続く】

東電の13年度供給力「未定」 柏崎刈羽の再稼働見通せず【原発ムラの劣悪なウソの脅迫が続く】

なんと【電力は2倍あ なんと【電力は2倍あった】武田邦彦

【原発ゼロで電気代2倍の大ウソ】★火力発電は低コスト★
http://kimito39.at.webry.info/201209/article_12.html

【原発なくても電気足りてることが証明されたのに、新規原発を造りたい安倍晋三という男の謎】
http://kimito39.at.webry.info/201210/article_102.html

BIGLOBEサーチ:“柏崎刈羽原発”
http://cgi.search.biglobe.ne.jp/cgi-bin/search-adrgad?c=%8C%9F%8D%F5&clid=1&q=%94%90%8D%E8%8A%A0%89H%8C%B4%94%AD&btn=%8C%9F%8D%F5&sitesearch=kimito39.at.webry.info&ie=sjis

東京新聞2013年3月28日より
…………………………………………………

■東電の13年度供給力「未定」 柏崎刈羽の再稼働見通せず

東京電力は28日、2013年度の供給計画を発表し、
供給力の見通しを12年度 に続いて「未定」とした。

停止中の柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働時期が見通せな いため。
経営再建策を盛り込んだ総合特別事業計画では
4月から同原発を順次再稼働する方針を示したが、計画変更に追い込まれた形だ。

原子力規制委員会が7月に新安全基準を施行するまでは原発の再稼働は事実上できない。

東電の担当者は「4月(の再稼働)が難しいというのは認識している」と説 明。
「できるだけ早く原発の安全対策を進める」と述べ、
引き続き再稼働を目指す姿 勢を示した。

東京新聞2013年3月28日より
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013032801001526.html
[ 2013年03月28日 22:47 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

武田邦彦 (中部大学): 「正しい」とはなにか?横糸編(2) スギ花粉症

花粉症、アレルギー、アトピーの原因【 日本の家庭生活が衛生的になり「体内異物濃度」が下り】

正しいとは何か?武田邦彦

1.大勢の人にとって良ければ少数の人は犠牲になっても良い(野蛮)
2.子供のような力の弱い人が苦しんでも無視すれば良い(野蛮)
3.科学的なことは考えずに好き嫌いでやれば良い(野蛮)
4.人が言っていたらその空気に従っておいた方が良い(野蛮)


Amazon.co.jp: 「正しい」とは何か?: 武田教授の眠れない講義: 武田 邦彦: 本

武田邦彦ブログより
……………………………

「正しい」とはなにか?横糸編(2) スギ花粉症

「tadashii02_kafuntdyno.109-(12:28).mp3」をダウンロード

スギ花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピーなどが増え始めたのは、
1970年代 からです。

この理由は「スギ花粉症」については二つあります.
一つは高度 成長によって日本の家庭生活が格段に衛生的になり、
「体内異物濃度」が下がったので、体内の免疫系が崩れて、
少しの異物が入っても激しく反応する 人が出てきたことです。

もともと人間は土ほこり、田畑の蒔いた汚穢が
乾燥して飛んでくる異物、土の中の微生物や
ミミズの排泄物が舞い上がって入る
異物など多種多様の異物が 体内に入る
「汚い環境」で生活するようにできていました。

ところが、水洗トイレ、下水道、舗装道路、
冷蔵庫などが完備して衛生的にな ると、
「医学的に衛生的にすることは
アレルギー疾患を増やすことだということがわからず、
さらにはその治療法も不明」という状態に陥ったのです.

人間の知恵は浅はかで、「衛生的な環境」というのが
人間にとって全体とし て良いことがわかっても、
それをすることによってどのような副作用が起きるかまでは
「わからない」か「考えない」ものです。

だから、「衛生的にする」 というのは誰もが賛成しますが、
そのことによってアトピーになって困る
子どもの事まで心配する人はいないのです.

つまり、アトピーで苦しんだ人はある意味では
「衛生的な環境が良い」と主張した医師の被害者ということがわかります。

この考え方(全体が正しけれ ば、一部の被害者は無視するのが正義)

はかなり根強く、今回の福島の原発や原発再開問題でも顕著に見られます.

また「正しい」というのはかなりいい加減で、
人間は「現在正しいこと」を 追求しがちであり、
「正しいことが行われた後でも、それは正しいか」
などとは考えないということもわかります。

・・・・・・・・・

スギ花粉症はさらにもう一つの原因がありました。
それは「環境団体が森林 を破壊した」ということです。
マイ箸運動や紙のリサイクルが森林を破壊す る原因を作りました.
植林したスギは適切に伐採して利用しないと
30年か ら40年経つと子孫を残すために花粉を出します .

また、森林は1平方キロメートルあたり、
1年に150立方メートルの「樹木」 が育ちます、
育つ樹木のほとんどが間引き、枝打ち、枝、
材木を取るときに樹木 は丸いけれど材木は四角などの原因で
「材木としては使えないもの」で、そ れは120立方メートルにも及びます .

つまり、森林に植える樹木の利用率は 20%しかないので、
森林を破壊しないた めには以下にして80%の「端材や枝など」を
利用するかにかかっています .それが割り箸、紙、合板だったのです。

将来、遺伝子の操作によって
「間引かなくても良いスギ」というのができる かも知れませんが、
自然の状態のスギは小さい頃は過密に植えて、
それを 徐々に間引いていかないと太いスギができず、従って材木がとれません。

また時々枝打ちをしないと節ばかりの木材になってしまいます。
このような 森林の実体を全く考えず、
利権や天下りのために環境団体が「伐採するな」と 叫んだことが
日本の森林の破壊につながったのです.環境団体による犯罪と言 えます.

1960年には日本人が使用する紙は 100%、
すべて日本の森林から取っていた のですが、
今では10%しか利用されていません。

つまり日本の環境団体は日本の森林を破壊したばかりで無く、
外国の発展途上国の森林の乱伐にも手を貸したのです.

比較的良心的な人が多い環境団体がなぜこのような
環境破壊と犯罪を起こし たのでしょうか?
この場合の「正しさ」とはなんなのでしょうか?

「環境を守る事は正しい」ということは、
百歩譲れば正しいかも知れませんが、
「環境を守るとはどういうことか?」を考えなければならず、
「日本の 森林はどうあるべきか?」も必要です。

ところが「環境を守る事は正しい」までは良かったかも知れないのですが、

「俺たちが正しいと思うことは正しいのだ。
だって、環境を守るという正し いことをしているからだ」
という循環論法に陥っていたのが環境団体だったと言うことになります。

環境を大切にしたいという人は「良い人」が多いので、
「環境運動は悪だ」 とは言いにくいところがあります。
しかしそれが落とし穴になることがあ り、
「地獄への道は善意で舗装されている」ということも思い出す必要があ ります。

・・・・・・・・

スギ花粉症は「人知の及ばざることが起こった」のでは無く、
「シッカリ考えて議論すればわかったことを
強引にやったから多くの人を苦しめた」問う ことであり、
明らかな「悪」が存在します。次のことを厳しく考えることで しょう。

1.大勢の人にとって良ければ少数の人は犠牲になっても良い(野 蛮)、
2.子供のような力の弱い人が苦しんでも無視すれば良い(野蛮)、
3.科学的なことは考えずに好き嫌いでやれば良い(野蛮)、
4.人が言っていたらその空気に従っておいた方が良い(野蛮)

そしてみんなで首からマイ箸をぶら下げ、森林を破壊しました。
そして今まだ 「花粉が爆発する」
(花粉が普通にはじけること)などと不適切な
発言をする専門家とそれを報道する
情けないメディアが手を貸したことも不幸でし た。

日本のような森林国家の場合、
子どもや孫の時代も含めて森林とどう生活す るかは大切な問題です。
そのためには、

1)森林の所有権を統合する、
2)公共物としての森林を合意する、
3)人間と自然が共存できるように地形を変える、
4)植物が生育し、人間が利用するという原則を確認する、
5)山奥の自然林と麓の人工林を区別する、
などのあたり前の「正しさ」をまずは議論する必要があり、
それでこそ始め て「花粉症の被害を食い止める」
ということができると考えられます。

正し さに到達する道は時として遠回りです。
金網の向こうにバナナがあるからと 言って金網から直接、
手を伸ばす下等哺乳類のような行動(花粉の少ないス ギ)では無く、
金網を回って取りに行くこと(森林の利用)が到達ルートと いうわけです。

(平成25年3月17日)

武田邦彦

(C)武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ
より転載引用、音声もコチラ↓↓
http://takedanet.com/2013/03/post_9009.html
[ 2013年03月28日 18:55 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

★ 非科学的デタラメ【福島第一原発「地震での損傷なし」…学会調査委】

非科学的デタラメ【福島第一原発「地震での損傷なし」…学会調査委】

☆「十分な現場確認ができていない」と、言うのに、
☆非科学的な、 日本原子力学会の調査委員会。
☆デタラメさは変わらない。

☆真っ当な学者、専門家は、地震で損傷と。。

☆原発新聞、読売新聞の記事です。


「十分な現場確認ができていない」としながらも、
原子炉のデータなどから、
地震の揺れで重要設備に深刻な影響を与える損傷はなかったと判断。

そのうえで 「(原子炉の)耐震設計は安全確保に、
寄与したことを示している」としている。

津波では無く地震で壊れた福島原発事故【地震で炉心溶融に至ったのです】避難前の住民が高線量に


地震で壊れた福島原発 地震・地質の専門家 塩坂邦雄氏に聞く taked4700


浜岡原発2号は東海地震に耐えられない 設計者が語る:MyNewsJapan


2013年3月27日(水)読売新聞より
……………………………………………………………

■福島第一原発「地震での損傷なし」…学会調査委

東京電力福島第一原子力発電所事故を調べている日本原子力学会の調査委員会

(委員長=田中 さとる 知 東大教授)は27日、
原発の重要設備について
「地震の揺れによる深刻な損傷はないと推定される」
との見解を盛り込んだ中間報告を発表し た。

原子炉の冷却にかかわる重要設備の損傷を巡っては、
津波のほかに、国会の事故調査委員会が
地震の揺れによる損傷の可能性を言及しており、焦点となってい た。

大阪府東大阪市の近畿大で開催中の同学会で報告した。中間報告によると、

「十分な現場確認ができていない」としながらも、
原子炉のデータなどから、

地 震の揺れで重要設備に深刻な影響を与える損傷はなかったと判断。

そのうえで 「(原子炉の)耐震設計は安全確保に寄与したことを示している」としている。

@niftyニュース 2013年3月27日(水) 読売新聞より
http://s.news.nifty.com/headline/detail/yomiuri-20130327-01173_1.htm
[ 2013年03月28日 09:20 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

★武田邦彦 (中部大学): 集中講義録・エネルギー資源を理解する(3) 化石燃料の基本

日本以外の国では「化石燃料が枯渇する」などという話を聞かない【化石燃料資源の基本】武田邦彦

☆「化石燃料が枯渇する」などという話しを
☆日本以外の国では聞かないのも、
☆この原理原則が日本以外の国では
☆しっかりと報道されるからでもあります。

☆多くの日本人が考えているような「本当の寿命」ではありません。

☆石油メジャーや鉱山会社は資源製品の
☆暴落を防ぐために常に資源を公表しません。
☆それは不当なことでは無く正統な商売行為と考えられています.

☆その意味でエネルギー騒動は世界の中で
☆日本だけが枯渇を恐れているのですが、
☆それは「寿命」という日本語の問題とも言えます。

石油・石炭は、500万年分残っている


【化石資源は8000年は大丈夫】原発はいらない!!こんなことも記者、政治家も知らない?


武田邦彦ブログより
…………………………………………

■集中講義録・エネルギー資源を理解する(3) 化石燃料の基本

「energy03jymyoutdyno.98-(11:52).mp3」をダウンロード

さて、これまで 2回の講義で、
1)エネルギーは輸入するものでは無くなった こと、
2)新エネルギーは石油の価格を下げるものが無く、
むしろ高止まり の材料に使われている、ということを解説しました。

ここでは、もともと化石燃料
(石油、天然ガス、石炭、メタンハイドレード などの「炭素系資源」)は
どこから来たのかという話から始めます。
なぜ、 「炭素系資源」というのが膨大にあるのかということです。

音声を主体として解説をしますが、地下 資源は、
1)もともとは大気の中のCO 2からできた、
2)地球の中で比重 が1.1ぐらいのものが
どこにあるかは決まっている、という原理原則がありま す。

地球が誕生したときには温度などから見て
炭素系資源は無かったと考えられますが、
その後、生物の作用などでCO2が 徐々に分解され、
空気中に酸素がでるとともに、炭素が地下に沈みます。

CO2の固定は酸化カルシウムCaOに
トラップされたりしていますが、それでも理論計算しますと
今の消費量なら2000万年分ぐらいあることになります。

そのうちの多くが、人間が容易に
手に入れることができる場所にあると考えられます。

それは「地球の時間」というのはとても長いので、
「地球規模の時間では固体中の拡散係数が、
人間の人生では液体の拡散係数と同じぐらいになる」ということで、
地球に存在するものは、比重の順番になっていることからです。

地球の中心は比重の大きい金属、その表面に比重 2.2の地殻、
その上に比 重1.0の水、そして大気なので、
比重が 1.2ぐらいの炭素資源は、
地殻な ら2000メートルぐらいした(堆積による)、
海なら海底の浅いところという ことになるからです。

日本以外の国では「化石燃料が枯渇する」
などという話を聞かないのも、
この原理原則がしっかりと報道されるからでもあります。

また、主として鉱山会社から発表される、
いわゆる「資源寿命」というのは
現実に存在することが公表されているものを消費量で割ったもので、
多くの日本人が考えているような「本当の寿命」ではありません。

石油メジャーや鉱山会社は資源製品の
暴落を防ぐために常に資源を公表しません。
それは不当なことでは無く正統な商売行為と考えられています.

その意味でエネルギー騒動は世界の中で
日本だけが枯渇を恐れているのですが、
それは「寿命」という日本語の問題とも言えます。

(平成25年3月20日)

武田邦彦
(C)武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ
より転載引用、音声もコチラ↓↓
http://takedanet.com/2013/03/post_c857.html

「武田邦彦」のブログ記事一覧
[ 2013年03月27日 17:42 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

動燃を所管する科技庁がNHKの番組に抗議していた 【プルトニウム大国・日本】

動燃を所管する科技庁がNHKの番組に抗議していた【プルトニウム大国・日本】

☆93年5月21日と23日、NHKは2回シリーズでドキュメンタリー番組
☆「NHKスペ シャル 調査報告 プルトニウム大国・日本」を放送した。

☆しかし、アメリカなど諸外国からは、
☆核兵器に転用可能なプルトニウムを日本が保有することは
☆「核武装」につながりかねないと危惧する 声があがっていた。

☆また、高速増殖炉の開発は海外で次々と頓挫しており、
☆その 実現性や経済性などに疑問符がついていた。

ナゾの死を遂げたもんじゅ調査担当者 死の直前の言葉【動燃のさまざまな“暗部”】

2013年3月27日(水)dot.(ドット)より
………………………………………………………

■動燃を所管する科技庁がNHKの番組に抗議していた

動燃の元総務部次長・西村成生(しげお)氏が残した資料「西村ファイル」。

ジャーナリストの今西憲之氏と週刊朝日取材班がこれまで報じてきたように、
旧 動燃(動力炉・核燃料開発事業団=現・日本原子力研究開発機構)を
中心とした 「原子カムラ」のさまざまな「工作」が記録されていた。

そして今回、動燃の所 管官庁だった科学技術庁
(現在は文部科学省に統合)が、
原発を扱ったNHKの番組に抗議していた資料を発見した。

〈科学技術庁とNHKとのやりとり(概略メモ)〉という
タイトルのA4用紙1枚分の文書は、
1993年5月28日に動燃広報室が作成したものである。
欄外には「取扱注意」の印が押されている。
内容は、NHKの番組に関するものだ。

93年5月21日と23日、NHKは2回シリーズでドキュメンタリー番組
「NHKスペ シャル 調査報告 プルトニウム大国・日本」を放送した。

当時、国内では91年に高速増殖原型炉「もんじゅ」が試運転を開始するなど、
燃やした核燃料からプルトニウムとウランを取り出す
「核燃科サイクル」の試み が本格スタートした。

しかし、アメリカなど諸外国からは、
核兵器に転用可能なプルトニウムを日本が保有することは
「核武装」につながりかねないと危惧する 声があがっていた。
また、高速増殖炉の開発は海外で次々と頓挫しており、
その 実現性や経済性などに疑問符がついていた。

こうした問題点を国内外の取材で浮き彫りにしたのが、この番組だった。

だが、2回目の放送から5日後の5月28日、
NHKの担当ディレクターと科学文化部記者2人が
科技庁の原子力局長室で抗議を受けたのだ。

資料には〈16:30~17:50 原子力局長室にて〉とある。
会談は、科技庁側 が一方的に話す展開だったと思われる。

〈NHKスペシャルに対する不満・誤りは全て言った〉

強い怒りが文面から伝わってくる。
資料には、次のようなやり取りが記載され ている。

科技庁「技術的に間違いだった。説明の場を設けるべきである」

NHK「その予定はない。しかし上司には伝える」

NHK「番組に対するクレーム、指摘はなかった」

〈STA(科技庁の略称)が報道姿勢を非難したところ、NHKは反論。
他の指摘に ついては聞くだけ〉

会談は80分にも及んだものの、
両者の主張は平行線を辿り、結論は得られな かった。

番組にかかわったNHK関係者が語る。
「放送後、科技庁に担当ディレク ターらが
呼ばれて抗議を受けたと聞いている。

番組は当時のNHKが総力を挙げて 取り組んだもの。
隙がないように相当、知恵を絞って作ったが、
国策に正面から疑問を呈する放送内容に納得できなかったのでしょう」。

※週刊朝日 2013年4月5日号
2013年3月27日(水) dot.(ドット)@niftyニュースより
http://s.news.nifty.com/domestic/societydetail/dot-20130327-2013032600036_1.htm



プルトニウム関連ブログ
BIGLOBEサーチ:“プルトニウム”での検索結果


ナゾの死を遂げたもんじゅ調査担当者 死の直前の言葉【動燃のさまざまな“暗部”】 - 今日の驚き - Yahoo!ブログ

☆そのファイルを読むと、西村さんが長年、家 族にも話さなかった
☆“秘密の業務”に従事させられていたことがわかる。
☆西村氏は、動燃のさまざまな“暗部”に触れざるを得ない立場だったのだ。

☆亡くなる直前、珍しく会社の話をしたときは、
☆『もんじゅの事故調査を命じられたが、もうイヤだ』と言っていた。

☆残された資料を見 て初めて、夫がさまざまなトラブル処理や
☆“工作”にかかわっていたことがわかり、驚きました」
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8670109.html


「仕事ほしければ言うこと聞け」動燃から協力要請か 【“原子力ムラ”の暗部】 今日の驚き/ウェブリブログ
http://kimito39.at.webry.info/201303/article_92.html

「NHK堀潤アナの退職の真相」から� - 今日の驚き - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8685277.html
[ 2013年03月27日 10:14 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

★TPP参加悲観論】甘利担当大臣 呆れた無知

【TPP参加悲観論】甘利担当大臣 呆れた無知【安全保障、 遅れて参加する日本】

☆TPP参加は、安全保障の観点からすれば、明らかにマイナスなのだ。

☆これを受け、TPP応援団の大新聞は
☆「強力布陣」などと持ち上げているが、どうも怪しい。
☆なにしろ、トップの甘利からして、
☆ホントに分かってるの?という感じなの だ。

☆本人は「日本にとって都合のいいルールをつくった方がいい」と勇ましい。
☆しかし、昨年12月から参加した
☆カナダとメキシコは、すでに口出しできない状態。
☆遅れて参加する日本がルールをつくれる可能性は低い。



TPPで日本は米国の植民地に決定:孫崎享氏




ゲンダイネットより
…………………………………………

【TPP参加悲観論】甘利担当大臣 呆れた無知

2013年3月26日

「安全保障の役割も果たす」 TPP参加交渉に向けた政府の体制が整ってきた。

安倍首相は100人規模の対策本部の設置を決定。
甘利TPP担当相を本部長に据え、
対外交渉担当の70人を指揮する首席交渉官に鶴岡外務審議官、
国内対策担当の30人を束ねる国内調整総括官に
佐々木豊成官房副長官補を起用する方針だ。

これを受け、TPP応援団の大新聞は
「強力布陣」などと持ち上げているが、どうも怪しい。
なにしろ、トップの甘利からして、
「ホントに分かってるの?」という感じなの だ。

本人は「日本にとって都合のいいルールをつくった方がいい」と勇ましい。
しかし、昨年12月から参加した
カナダとメキシコは、すでに口出しできない状態。
遅れて参加する日本がルールをつくれる可能性は低い。

国会でも、「公的医療保険のあり方は議論の対象となっていない」
「食品安全の緩和は議論されていない」と答弁していたが、
TPPはすべての分野を議論するはず。
にわか に信用できるものではない。

極めつきはNHKの番組での発言。
「東アジアの安定化要因になっていく」
「安全保障の役割も果たす」と強調したが、
専門家はむしろ、安全保障が脅かされると危惧してい る。

関税の撤廃は、サトウキビや肉用牛、豚の飼育が盛んな
鹿児島以南の南西諸島の島々にとって大打撃だ。
石垣島などの離島は人口減少が避けられない。

そのため、東海大の山 田吉彦教授は著書
「日本国境戦争 日本の海をめぐる攻防」で、
人口減は離島の防衛力を低下させると指摘。
尖閣防衛の最前線が危うくなると警告している。

<離島防衛はガタガタ>

また、TPP参加で南西諸島の住民が激減した場合、
陸上自衛隊と海上保安庁の1万人規模の人員増が必要になると予測。
その費用は人件費だけで毎年845億円、
それ以外 の装備費で約9000億円に及ぶと見積もっていた。

TPP参加は、安全保障の観点からすれば、明らかにマイナスなのだ。

この問題を甘利大臣に会見でぶつけたジャーナリストの横田一氏が言う。
「政府は関税撤廃の試算を公表しています。

それなら、離島防衛のマイナス効果も試算していなければ不十分。

そのことを甘利大臣に問いただすと、
『風が吹いたら桶屋が儲か るという
論理展開をしていくと際限がなくなる』と答えています。
あまりの知識不足に呆れました」

この程度の大臣が、これからTPP交渉の陣頭指揮を執っていくのだ。
日本の国益が守られる保証は全くない。


ゲンダイネット 2013・3・26 より
http://spweb.gendai.net/articles/view/syakai/141616

★★★★★★★★

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは【TPPの本質は企業による世界統治】|happyluckyのブログ |Ameba (アメーバ)


TPP関連記事のスクラップです

TPPブログ
【tpp】
[ 2013年03月26日 21:20 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)

仏からの放射性廃棄物搬入延期へ 国の耐震審査進まず【 耐震安全性なく、原発の巨悪!!】

仏からの放射性廃棄物搬入延期へ 国の耐震審査進まず【 耐震安全性なく、原発の巨悪!!】

☆青森県六ケ所村
☆原子力規制庁によると12年、東日本大震災を受け、
☆耐震安全性を再検討するよう原燃に通知したが回答がなく

☆廃棄物は、日本の原発から出た使用済み核燃料を
☆再処理した際に出る、燃料の被覆管や燃料集合体の切断片など。

★もともと、耐震性は脆弱で、、改修には巨額。




Amazon.co.jp: 「最悪」の核施設 六ヶ所再処理工場 (集英社新書): 小出 裕章, 渡辺 満久, 明石 昇二郎: 本


東京新聞 2013年3月26日より
……………………………………………

■仏からの放射性廃棄物搬入延期へ 国の耐震審査進まず

フランスから返還され、
日本原燃の高レベル廃棄物貯蔵管理センター(青森県六ケ所村)で
受け入れる低レベル放射性廃棄物は、
年内に予定されていた搬入開始が20 14年以降に遅れる見通し。

26日、原燃などへの取材で分かった。
受け入れに必要な国の審査が進んでいないため。

原燃は10年、受け入れに必要な事業変更許可を国に申請。
原子力規制庁によると12年、東日本大震災を受け、
耐震安全性を再検討するよう原燃に通知したが回答がなく、審査が進んでいない。

廃棄物は、日本の原発から出た使用済み核燃料を
再処理した際に出る、燃料の被覆管や燃料集合体の切断片など。

東京新聞 2013・3・26より
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013032601002024.html

六ヶ所再処理工場 : ざまあみやがれい!


【六ヶ所村核燃料の再処理工場】と経団連会長、 米倉弘昌(住友化学)】 今日の驚き/ウェブリブログ


“六ヶ所村”


[ 2013年03月26日 18:49 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

関電、MOXの来秋使用を想定 【核兵器工場という巨悪!!】

関電、MOXの来秋使用を想定【核兵器工場という巨悪!!】

2013年3月26日(火)共同通信
…………………………………………

関西電力が家庭向け電気料金値上げの原価を算定する際に、
プルトニウム・ウ ラン混合酸化物(MOX)燃料を
2014年秋ごろから福井県の高浜原発3、4 号機で
使用すると想定していたことが26日、分かった。

関電は13~15年度 内に、
使用済み核燃料を再処理したMOX燃料を使う
「プルサーマル」を実施す るとしていたが、
具体的な時期が明らかになるのは初。

関電は「原価算定上の仮定」で、実際に使うかどうか未定と説明。

2013年3月26日 共同通信@niftyニュースより
http://s.news.nifty.com/economy/economyalldetail/kyodo-2013032601001590_1.htm

★★★★★★★

青森県も驚いたMOX(混合酸化物)で核兵器ができるという事実 - 今日の驚き - Yahoo!ブログ
[ 2013年03月26日 17:16 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

米西海岸に放射能マグロで巨額賠償金の可能性【その額は天文学的な数字】国民負担、原発は巨悪!!

米西海岸に放射能マグロで巨額賠償金の可能性【その額は天文学的な数字】国民負担、原発は巨悪!!

■世界の漁業に被害が発生

☆それによると、太平洋のほぼ全域が高濃度で汚染されており、
☆汚染の東端はハワイにまで達している様子がわかる。

☆今後、米国だけでなく太平洋で漁業を営む
☆あらゆる国から損害賠償請求される可能性があり、
☆その額は天文学的な数字にのぼるものと予想される。

☆被告は東電だが、賠償については
☆政府が補填することになっており、
☆そのまま国民の負担となる。


福島第一原発事故『放射能汚染の太平洋地図』(2012年7月11日現在)



税金と保険の情報サイトより 2012年7月28日
………………………………………………………………

■消費税どころじゃない! 米西海岸に放射能マグロで巨額賠償金!


世界の漁業に被害が発生

国会は消費税増税論争に明け暮れているが、
それより優先して決議をおこなうべきことがある。
今週、米西海岸の放射線セシウム濃度が上昇したため
漁が禁止された、との報道があった。

巨額の賠償金訴訟に発展する恐れがあり、早急に対策が必要だ。

カリフォルニア州で出漁禁止

米カリフォルニア州海岸でセシウム濃度が上昇している。
現地では日本近海を遊泳中に汚染されたクロマグロが
漂着し始めたため、と見ており、漁が禁止された。

今後の推移を見守る方針だが、
状況によっては賠償問題に発展する可能性が高い。

その場合、裁判地は米国になるが、
米国の民事賠償金は桁外れの高額になることもある。

「懲罰的賠償金」という独特の制度があり、
被告側の過失が大きいときには、損害分の賠償にこれが加算されるためだ。

裁判地を日本にできる条約に未加盟

実はこういったケースで、
損害賠償訴訟を自己発生国でおこなうよう定めた国際条約がある。

国際原子力機関(IAEA)が採択した
「原子力損害の補完的補償に関する条約」(CSC)がそれだ。

日本はこれまで米国から条約への加盟を求められてきたが、
被害者になった場合の裁判管轄権を失うことを危惧して、これを拒否してきた。

加盟には国内法の改正なども必要とされるため、
政府は昨年から法改正を目指してきたが、いまだに実現できていない。

訴訟を起こされる前であれば、事故後に加盟しても、
相手国との交渉次第では、裁判の管轄権を日本に置くことができるという。

世界の海に拡散する放射性汚染物質

先ごろ、ドイツのキール海洋GEOMAR研究ヘルムホルツセンターが作成した海洋汚染図が発表された。

福島第1原発事故から16か月後の今月7月11日現在、
放射能汚染が世界の海にどのように拡散しているか、示すものだ。

それによると、太平洋のほぼ全域が高濃度で汚染されており、
汚染の東端はハワイにまで達している様子がわかる。

今後、米国だけでなく太平洋で漁業を営む
あらゆる国から損害賠償請求される可能性があり、
その額は天文学的な数字にのぼるものと予想される。

被告は東電だが、賠償については政府が補填することになっており、
そのまま国民の負担となる。

消費税の前に、まずこの賠償額を少しでも抑えるべく、
条約加盟に向けた法改正が 求められる。

外部リンク
ABC News http://www.abc.net.au/news/

税金と保険の情報サイトより 2012年7月28日
http://www.tax-hoken.com/smart/detail.php?pid=aefaB0l2sI
[ 2013年03月26日 16:24 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

室井佑月氏が東電に「おなじこといってみ?」米国軍兵士にも【因果関係は認められませんと】

室井佑月氏が東電に「おなじこといってみ?」米国軍兵士にも【因果関係は認められませんと】

☆我々日本人に対する放射性物質の影響の説明とおなじく、
☆アメリカ人にも胸を張って、
☆「因果関係は認められない」といい切れよ。

☆山下俊一教授あたりを証人に立てて、
☆せっかくのトモダチ作戦、ニコニコ笑っていれば
☆放射能の被害は受けなかったはず、などといわせてみ?

トモダチ作戦従事の米海軍兵士8人が、東京電力の「虚偽の放射能情報で健康被害を受けた」と米で訴訟。健康被害補償等4000万ドル請求へ。日本政府も「情報操作に加担」と非難


2013年3月26日dot.(ドット)より
…………………………………………………

■室井佑月氏が東電に「おなじこといってみ?」と助言すること

昨年末、米空母ロナルド・レーガン乗組員ら9人が
「嘘の情報で被曝した」として東京電力を訴えた。
3月14日の段階で、その原告数は115人を超えたとい う。

こうした報道を知った作家の室井佑月氏は、怒りをあらわにしてこういう。

* * *

我々日本人に対する放射性物質の影響の説明とおなじく、
アメリカ人にも胸を張って、「因果関係は認められない」といい切れよ。

山下俊一教授あたりを証人に立てて、
「せっかくのトモダチ作戦、ニコニコ笑っていれば
放射能の被害は受けなかったはず」などといわせてみ?

みなさんは覚えているだろうか。

以前、福島第一原発から45キロほど離れた
二本松市のゴルフ場が、東京電力に汚染の除去を求め、
東京地裁に仮処分を申し立 てた。

その時の東電側の主張は、
「原発から飛び散った放射性物質は、
東電の所 有物ではない」というものだった。

たしか「無主物」という言葉を使ったんだ。
無主物とは、ただよう霧や、海で 泳ぐ魚のように、
だれのものでもない、という意味だ。
そして、東京地裁ではそのとんでもない東電の言い分が認められた。

米連邦地裁にも、その言い分が通じるかしらね。
「被曝したっていわれても さ、
事故で飛び散った放射性物質は無主物で、
東電のものではないんだもん」っ て。

ま、認められるか認められないかは置いといて、
とにかくおなじことをいって みろというのだ。でないと、
アメリカ人の命や健康の価値と、
日本人の命や健康 の価値に違いがあるみたいで、あたしは面白くない。

トモダチ作戦で太平洋沖の船に数週間いた米兵より、
福島第一原発周辺に住む人たちや福島県以外の
ホットスポットに住みつづけている人のほうが、
どう考え ても被曝してる。

日本人には「大丈夫」といい、
アメリカ人には賠償金を払うようなことがあったら、あたしは許せない。

※週刊朝日 2013年4月5日号
2013年3月26日dot.(ドット)より
http://s.news.nifty.com/domestic/societydetail/dot-20130326-2013032500063_1.htm


★★★★★★★

室井佑月氏が「ほんと虫酸が走る」と思った相手【福島原発事故、甲状腺ガン・・】-gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/91c678579f866a4f7a2fa86f30b4f788

室井佑月氏、核燃料再利用問題に「限界、無 理無理」【全原発停止を恐れ、無理な核燃再利用】

核燃再利用なぜ止めない。
再処理から撤退→
工場に貯蔵中の使用済み核燃料が各原発に送り返される→
収容しきれなくなり→全原発が即時停止。
というシナリオを国も電力会社も最も恐れているからだという。

今日の驚きブログより、詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/8baf646099449e2241838011c0af5f9a

室井佑月が苦言「メディアは首相の原発収束撤回を流せ」とても収束と言える状況ではないと安倍政権!?|happyluckyのブログ |Ameba (アメーバ)
[ 2013年03月26日 16:05 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

★室井佑月氏が東電に「おなじこといってみ?」と助言すること 【放射能、米国空母原告にも】

室井佑月氏が東電に「おなじこといってみ?」と助言すること【放射能、米国空母原告にも】

☆我々日本人に対する放射性物質の影響の説明とおなじく、
☆アメリカ人にも胸を張って、
☆「因果関係は認められない」といい切れよ。

☆山下俊一教授あたりを証人に立てて、
☆せっかくのトモダチ作戦、ニコニコ笑っていれば
☆放射能の被害は受けなかったはず、などといわせてみ?


2013年3月26日dot.(ドット)より
…………………………………………………

■室井佑月氏が東電に「おなじこといってみ?」と助言すること

昨年末、米空母ロナルド・レーガン乗組員ら9人が
「嘘の情報で被曝した」として東京電力を訴えた。
3月14日の段階で、その原告数は115人を超えたとい う。

こうした報道を知った作家の室井佑月氏は、怒りをあらわにしてこういう。

* * *

我々日本人に対する放射性物質の影響の説明とおなじく、
アメリカ人にも胸を張って、「因果関係は認められない」といい切れよ。

山下俊一教授あたりを証人に立てて、
「せっかくのトモダチ作戦、ニコニコ笑っていれば
放射能の被害は受けなかったはず」などといわせてみ?

みなさんは覚えているだろうか。

以前、福島第一原発から45キロほど離れた
二本松市のゴルフ場が、東京電力に汚染の除去を求め、
東京地裁に仮処分を申し立 てた。

その時の東電側の主張は、
「原発から飛び散った放射性物質は、
東電の所 有物ではない」というものだった。

たしか「無主物」という言葉を使ったんだ。
無主物とは、ただよう霧や、海で 泳ぐ魚のように、
だれのものでもない、という意味だ。
そして、東京地裁ではそのとんでもない東電の言い分が認められた。

米連邦地裁にも、その言い分が通じるかしらね。
「被曝したっていわれても さ、
事故で飛び散った放射性物質は無主物で、
東電のものではないんだもん」っ て。

ま、認められるか認められないかは置いといて、
とにかくおなじことをいって みろというのだ。でないと、
アメリカ人の命や健康の価値と、
日本人の命や健康 の価値に違いがあるみたいで、あたしは面白くない。

トモダチ作戦で太平洋沖の船に数週間いた米兵より、
福島第一原発周辺に住む人たちや福島県以外の
ホットスポットに住みつづけている人のほうが、
どう考え ても被曝してる。

日本人には「大丈夫」といい、
アメリカ人には賠償金を払うようなことがあったら、あたしは許せない。

※週刊朝日 2013年4月5日号
2013年3月26日dot.(ドット)より
http://s.news.nifty.com/domestic/societydetail/dot-20130326-2013032500063_1.htm


★★★★★★★

室井佑月氏が「ほんと虫酸が走る」と思った相手【福島原発事故、甲状腺ガン・・】-gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/91c678579f866a4f7a2fa86f30b4f788

室井佑月氏、核燃料再利用問題に「限界、無 理無理」【全原発停止を恐れ、無理な核燃再利用】

核燃再利用なぜ止めない。
再処理から撤退→
工場に貯蔵中の使用済み核燃料が各原発に送り返される→
収容しきれなくなり→全原発が即時停止。
というシナリオを国も電力会社も最も恐れているからだという。

今日の驚きブログより、詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/8baf646099449e2241838011c0af5f9a

室井佑月が苦言「メディアは首相の原発収束撤回を流せ」とても収束と言える状況ではないと安倍政権!?|happyluckyのブログ |Ameba (アメーバ)
[ 2013年03月26日 11:06 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

子宮頸がんワクチン被害拡大防止 連絡会設立【 副反応の問題を広く知ってもらい被害者救済を訴えて】

子宮頸がんワクチン被害拡大防止 連絡会設立【副反応の問題を広く知ってもらい被害者救済を訴えて】

子宮頸がんワクチンには問題がある。。

東京新聞2013年3月25日 より
……………………………………………………

■子宮頸がんワクチン被害拡大防止 連絡会設立

子宮頸がんワクチンの接種後に重い副反応が出た
娘を持つ親と支援者の約40人が 25日、
「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」を設立した。

被害の拡大防止を目的とし、情報を共有するとともに、
副反応の問題を広く知ってもらい被害者救済を訴えていく。

東京都内で同日開かれた記者会見には
5人の親が出席し、娘の症状を語った。
体の 激痛やけいれん、せきなどのため、
学校に行けないケースや、病院で原因が分からず、
精神科に案内されることもあったという。

問い合わせは連絡会事務局、電話042(594)1337。

(共同)
東京新聞2013年3月25日 より
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013032501002058.html
[ 2013年03月25日 20:33 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

安倍晋三首相原発・TPP・辺野古拙速処理の真相: 植草一秀の『知られざる真実』

安倍晋三首相原発・TPP・辺野古拙速処理の真相【 号外、衆院選は無効 一票の格差訴訟で広島高裁】

号外、昨年の衆院選は無効 一票の格差訴訟で初判断 広島高裁 朝日新聞 2013・3・25
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8693279.html

【7月参院選の意味を再確認しておきたい】

☆何よりも重要な点は、7月参院選で
☆安倍政権支持・補完勢力が参院で過半数、 絶対多数を確保すると、
☆2016年までの3年間に、日本の諸制度、国のかたちが、
☆書き換えられてしまう可能性があることだ。

植草一秀の『知られざる真実』ブログ
2013年3月25日 (月)より
……………………………………………………

■安倍晋三首相原発・TPP・辺野古拙速処理の真相

7月参院選の意味を再確認しておきたい。

何よりも重要な点は、7月参院選で安倍政権支持・補完勢力が参院で過半数、 絶対多数を確保すると、2016年までの3年間に、日本の諸制度、国のかたちが、書き換えられてしまう可能性があることだ。

昨年12月16日の総選挙は違憲選挙である。

違憲選挙だから、当然、無効選挙にならねばならない。

裁判所は選挙の無効を宣言するべきである。

しかし、この国の司法は、政治権力から独立していない。

司法は、行政権の支配下に置かれているのが実態である。

行政権の支配下に置かれている司法が、総選挙を無効とする判断を示すことは ないだろう。

つまり、現在の安倍政権が衆院を解散しない限り、2016年夏まで、国政選 挙が行われない、「空白の3年」が生まれることになる。

政治勢力は多党乱立のように見えるが、これは一種の「偽装」、=「目くらま し」の策謀であると思われる。

同種同根の政治勢力が多党に分立して、それぞれが一定の投票を獲得し、議席 を占有する。

国民の多様な意見を吸収しているように見せかけて、実は、これらの勢力が同 種同根だとすると、特定の政治勢力が国会を支配することになる。

結論を先走って述べれば、自公 +みんな維新は広い意味で同種同根である。

民主の大半も同種同根である。

この自公+みんな維新+同根民主によって国会が占領されてしまえば、大政翼 賛政治になる。

参院選の結果、この大政翼賛体制が構築される可能性が高まる。

「同種同根」の根本は、「対米隷属」である。

当面の具体的なテーマは、辺野古・原発・TPPだが、この三大問題につい て、対米隷属を軸にものごとが決着してしまう可能性が生まれている。

安倍晋三氏は、すでにこの三大テーマである、辺野古・原発・TPPについ て、地雷を埋め込んだ。

重要なことは、その地雷が火を噴くタイミングが、すべて、参院選後に設定さ れたことだ。

安倍氏が三つのテーマについて、前のめりの姿勢を示した理由は、地雷の埋め 込み作業を、できるだけ参院選と引き離すためであったと思われる。

早い段階で地雷を埋め込んでしまい、参院選のころには、この地雷についての 認識を薄れさせるのだ。

この三大問題を参院選の焦点から外し、参院選を乗り越える。

地雷が火を噴くのは参院選が終わってしまったあとだから、地雷が火を噴いて 主権者が後悔しても、もう手遅れである。

批判が強まっても、国政選挙がないから、主権者が意思を表示する機会は存在 しない。

2016年までその怒りを持ち続けるほど、主権者の意思は強固でない。

主権者はそのように見くびられている。

政権のシナリオに全面協力しているのがマスメディアである。

TPPも政権が創作したイメージストーリーが流布されて、主権者を丸め込む ことに成功しつつあるかのように見える。

「TPPを正確に説明すると世論はTPP反対に変わる」

http://uekusak.cocolog -nifty.com/blog/2013/03/post-4d4a.html

主権者は真実を知らされず、政府が創作した虚偽のイメージによって誘導され てしまっている。

こうした、イメージによる誘導こそ、「情報操作」そのものである。

政治権力がマスメディアを動員して実施するイメージ操作=大衆誘導こそ、大 政翼賛体制の政治の大きな特徴である。

TPPにおいては、政府が美辞麗句を並べ立て、日本の主権者が被害を蒙る肝 心のポイントについては一切触れずに、抽象論だけで情報操作を展開した。

その象徴が安倍晋三氏の記者会見発言内容だ。

「世界の国々は、海外の成長を取り込むべく、開放経済へとダイナミックに舵 を切っています。

日本だけが内向きになってしまったら、成長の可能性もありません。

TPPはアジア・太平洋の「未来の繁栄」を約束する枠組みです。

全ての関税をゼロとした前提を置いた場合でも、我が国経済には、全体として プラスの効果が見込まれています。

TPPの意義は、我が国への経済効果だけにとどまりません。日本が同盟国である 米国とともに、新しい経済圏をつくります。そして、自由、民主主義、基本的 人権、法の支配といった普遍的価値を共有する国々が加わります。

こうした国々と共に、アジア太平洋地域における新たなルールをつくり上げて いくことは、日本の国益となるだけではなくて、必ずや世界に繁栄をもたらす ものと確信をしております。

共通の経済秩序の下に、こうした国々と経済的な相互依存関係を深めていくこ とは、我が国の安全保障にとっても、また、アジア・太平洋地域の安定にも大 きく寄与することは間違いありません。

今がラストチャンスです。この機会を逃すということは、すなわち、日本が世 界のルールづくりから取り残されることにほかなりません。

残されている時間は決して長くありません。だからこそ、1日も早く交渉に参 加しなければならないと私は考えました。」

抽象的な美辞麗句だけで押し切ってしまうという不誠実な姿勢が鮮明に示され たものだ。

「核心に触れず美辞麗句で TPP押し売りの不誠実」

http://uekusak.cocolog -nifty.com/blog/2013/03/tpp-766e.html

メディアが肝心な具体的問題点を明らかにせず、主権者をムードだけで洗脳し てしまう。

この状況が維持されて、参院選を迎えれば、安倍政権支持勢力・補完勢力が参 院でも多数を握ってしまうだろう。

参院選後、辺野古、原発、TPPの地雷が火を噴くことになる。そのときに なって後悔しても遅いのだ。

この事態を回避するには、「対米隷属」勢力に対抗し得る政治勢力が、最低で も参院3分の1議席を守ることが必要だ。

そのための方策を打ち立てないと手遅れになる。

続きは本日の メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」
第526号「辺野古・TPP・原発反対の「静かなる革命」を展開」
「植草一秀の『知られざる真実』」ブログより
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-7d95.html
[ 2013年03月25日 17:58 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

★電力業界:原子力委員NPOに1800万円 震災後 【洗脳資金か?!‥‥高額電気代から】

電力業界:原子力委員NPOに1800万円 震災後【洗脳資金か?!‥‥高額電気代から】

★原子力委員会委員の秋庭(あきば)悦子氏(64)が設立した
★NPO法人に、東京電力や電気事業連合会など
★電力業界側が毎年多額の事業資金を提供していたことが分かっ た。

【給与は高額】電力5社が次々と電気料金一斉値上げの怪【脅迫】


毎日新聞 2013年03月25日 より
………………………………………………

■電力業界:原子力委員NPOに1800万円 震災後

原子力委員会委員の秋庭(あきば)悦子氏(64)が設立した
NPO法人に、東京電力や電気事業連合会など
電力業界側が毎年多額の事業資金を提供していたことが分かっ た。

原子力委員を巡っては東電出身の尾本(おもと)彰氏(64)が
福島第1原発事故後も東電から顧問料を受領していたことが判明、
安倍晋三首相が「国民の理解を得るのは難しい」と述べ、尾本氏は委員を辞任。

秋庭氏が設立したNPO法人は原発事故後、
東電や電事連から少なくとも1800万円受領しており、議論を呼ぶのは必至だ。

このNPO法人は「あすかエネルギーフォーラム」(東京都中央区)。
消費生活アドバイザーだった秋庭氏が01年に設立し、03年にNPO法人格を取得。

10年1月の 原子力委員就任に伴って秋庭氏は理事長を退き、
顧問となったが、現在もNPO運営の相談にのっているという。

東京都に提出されたあすかの事業報告書によると、
09~11年度に2000万~4000万円余の事業収入があり、
あすか関係者らによると、この多くは東電や、
電力10社でつくる業界団体の電事連などからの提供だったという。

このうち原発事故後の11年度は2283万円の収入があり、
うち600万円余を電事連から受領し、東電から 163万円余、
日本原子力文化振興財団(原文振)から約250万円受け取っていた。

原文振は原子力の知識普及を目的に、
原子力産業界と学会を中心に設立された財団法人で、
現在、中部電力出身者が理事長を、関西電力出身者が専務理事を務めている。

あすかは12年度にも電事連から600万円余、
原文振から約150万円を受領し、これらを合わせると、
原発事故後に電力業界側から少なくとも1800万円を受領して いた。

非営利のNPOにもかかわらず、
11年度末時点で3800万円余の正味財産がある。

これらの資金を元に、あすかは主婦層を対象に
原発や放射線などの勉強会開催や機関誌発行などの事業を展開。
東電からは消費者アンケート事業を委託され、
11年5月ま で毎月80万円余受領し、
09、10年度は同事業で年間960万円余受け取っていたという。

あすかはこの他、高レベル放射性廃棄物について
国民の理解を得るための経済産業相認可法人の事業を下請け受注し、
11年度には約1000万円が支払われた。
この事業 受注についてはある程度公開されているものの、
東電と電事連、原文振からの資金受領は公開していない。

あすかの事務局は「相手のある話なのでうちから名前は出せないが、
私たちから『こういう事業をしたい』と言って、事業報告書を出している。

あくまで中立に勉強する場 を作るということで、
電力業界の意向に沿った活動ではない」と説明。

「秋庭氏は無報酬。情報や人脈があるので困った時に相談している」と話す。

原文振は「提供資金の範 囲内で活動してもらう『事業委託』という認識」、
東電と電事連は「個別取引については回答を差し控えたい」と答えた。

秋庭氏には再三取材を申し込んだが、応じていない。

【杉本修作、町田徳丈、向畑泰司】

◇原子力委員会

1956年設立。委員長と委員計5人で構成され、
「原子力政策大綱」を策定する。福島第1原発事故後、
組織の見直しが政府内で議論されている。
原子力規制委員会の委 員らには、過去3年間に
原子力事業者から年間50万円以上の報酬を受け取っていない
▽研究室などへの寄付は公開する--などの基準があるが、原子力委員にはない。

毎日新聞 2013年03月25日 より
http://sp.mainichi.jp/m/news.html?cid=20130325k0000m040122000c&inb=mo

★★★★★★★

検討会15人が資金受ける=原発関連から6830万円超―新基準策定に関与・規制委


原発事故「最悪の事態」がいかに回避されたかを明かした書【関東軍の如き劣悪東電幹部】
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8677983.html
[ 2013年03月25日 17:23 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

電気代から‥‥電力9社、原発維持に1兆2千億円 12年度稼働は2基【核兵器工場のために……】

電気代から‥‥電力9社、原発維持に1兆2千億円 12年度稼働は2基【核兵器工場のために……】

朝日新聞デジタルより
……………………………………

電力9社、原発維持に1兆2千億円 12年度稼働は2基



【 渡辺淳 基、津阪直樹】東京、 関西電 力など原発を持つ
9電力会社 が2012 年度に原発維持のために合わせて
約1兆2 千億円をかける見通しになった。

国内の原発50基は関電 大飯原発 ( 福井県 )の
2基しか動いていないにもかかわらず、
中国電力 の1年間の売上高に匹敵する。

原発はいったんつくると巨額の維持費がかか るためで、
これらは 電気料金に上乗せされて家庭や企業が負担している。

原発のない沖縄電力 を除く9電力の決 算を朝日新聞が調べた。

電力会社 には 「原子力発電費」という費用があり、
原発を動かさなくても必要な維持・管理のための修繕費、
そのための人件費などが盛り込 まれている。
9電力が12年4~12月に使った
原子力発電費は計7876億円に達した。

さらに東京、関西、中部、北陸、東北の
5電力は原発専業会社の 日本原子力発電(東京)から電気を買い、
「購入電力 料」として12年4月から半年間で計757億円を支払った。

日本原電の原発3基は12年度はすべて 止まっている。
それでも5電力は長期契約を結んでいるため、
日本原電の原発維持などのために払い続けている。

朝日新聞デジタル 2013・3・25より
http://www.asahi.com/business/update/0324/TKY201303230360.html

★★★★★★

原子炉は、発電のためではない【 小出裕章さんにお話をきく】原爆をつくるために!!|happyluckyのブログ
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11484425943.html
[ 2013年03月25日 10:00 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

武田邦彦氏が「石油はあと8000年は大丈夫」というその根拠は

武田邦彦氏が「石油はあと8000年は大丈夫」というその根拠は

☆私の計算からすると、いまのペースで消費しても、
☆あと8000年は大丈夫なのです。

☆ではなぜ「あと8000年」が「あと40年」になってしまうのでしょうか。



「正しい」とは何か? 武田教授の眠れない講義/武田邦彦/著 本・コミック : オンライン書店e-hon
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032892050&Action_id=121&Sza_id=A0

NEWSポストセブン
………………………………

■武田邦彦氏が「石油はあと8000年は大丈夫」というその根拠は

節電意識の高まりの背景にはエネルギー問題があり、
例えば石油など「あと40年で枯渇する」などといわれることも多い。

ところが、中部大学教授の武田邦彦氏(工学博士) によると、
「石油をいまのまま使い続けてもあと8000年は大丈夫」だという。
新刊『武田教授の眠れない講義 「正しい」とは何か?』
(小学館)を上梓したばかりの武田氏が解説する。

* * *
学者として「8000年」という根拠を説明しましょう。
そもそも石油は、
さまざまな生物の死骸が長い年月をかけて変化したものです。
このおおもとは、炭素(C)です。46億 年前に誕生した地球は、
ほとんどが二酸化炭素(CO2)でした。

その後、ラン藻類のような、二酸化炭素を体内に取り込み、
炭素だけ残したまま、酸素(O2)を放出するという
生物が登場しました。そのおかげで、われわれ人間のような 、
酸素を取り込んで呼吸する生物が誕生したというわけです。

炭素を体内に取り込んだ生物は、通常、死ぬと体外に
炭素(C)放出するのですが、中には炭素を抱え込んだまま、
死骸となって海底に埋まってしまうものがいました。
これが、長い年月をかけて石油となったわけです。

地球が誕生したときには空気の95%がCO2だったのに、
二酸化炭素が減って、酸素の割合が増えたということは、
それだけ炭素を抱え込んで死骸となった生物がいるというこ とです。

つまり、炭素の量を計算すれば、どれだけ石油があるか、
大まかな総量がわかってしまうというわけです。

私の計算からすると、いまのペースで消費しても、
あと8000年は大丈夫なのです。

ではなぜ「あと8000年」が「あと40年」になってしまうのでしょうか。

実はカラクリがあって、「あと○年」という数字は、
「いま採掘している、あるいは石油メジャーがある作戦のもとに
採掘可能な石油を公表している数字、
それをもとに計算すると……」ということなのです。

故意に隠していたり(これがもっとも大きい)、
新たに採掘可能な油田が見つかったり、
それまで採掘が難しかったものが技術力で
採掘可能になったりすると、一挙に「あと ○年」が増えるのです。

つまり、「あと○年」というフレーズは、
石油で商売をしている石油産出国と石油メジャーにとって、
都合がいいから使っているというだけなのです。

※武田邦彦/著『武田教授の眠れない講義 「正しい」とは何か?』より

NEWSポストセブンより 2013・3・24
http://m.news-postseven.com/archives/20130324_176782.html
[ 2013年03月24日 22:13 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

汚染水 流出継続【福島第1港湾、17兆ベクレル汚染水流出か、東電発表の100倍】東京海洋大試算

汚染水 流出継続【福島第1港湾、17兆ベクレル汚染水流出か、東電発表の100倍】東京海洋大試算

☆東電は、11年4月に1週間で意図的に海に放出した
☆汚染水に含まれる放射性物質の総量を、
☆約1500億ベクレルと推計しているが、その100倍以上に当たる。

☆神田教授は、現在も地下水や配管を通じて流出が続いている可能性がある。

【原発汚染水専用港に流出し続けていた可能性】 東電は絶対に許せません!! 漁師の死活問題、人命も
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8638398.html

河北新報より
………………………

■福島第1港湾、17兆ベクレル汚染水流出か 東京海洋大試算

東京電力福島第1原発の港湾内で海水の
放射性セシウムの濃度が下がりにくい状態が続いていることに関し、

汚染水の海への流出が止まったとされる
2 011年6月からの約1年4カ月間に、
計約17兆 ベクレルの放射性セシウムを含む
汚染水が海に流れ 込んだ恐れがあるとの試算を、
東京海洋大の神田穣 太教授がまとめた。

東電は、11年4月に1週間で意図的に海に放出 した
汚染水に含まれる放射性物質の総量を、
約1500億ベクレルと推計しているが、その100倍以上に当たる。

神田教授は「現在も地下水や配管を通じて流出が続いている可能性がある。

すぐに調査すべきだ」と 指摘。これに対し東電は

「11年6月以降、大規模な汚染水の流出はない」とした上で
「 放射性物質を拡散させない対策をしているため、
港湾内の濃度が下がらないのでは」と反論している。

神田教授によると、港湾内の放射性セシウム137の濃度は、
11年6月~12年3月 にかけて下がったが、
12年4月以降は下落傾向が鈍くなった。

東電が発表した11年4月のデータを基に、
港湾内の海水の44%が1日で湾外と入れ 替わると推定。
11年6月1日~12年9月30日の放射性セシウム濃度になるには、
計 約17兆1千億ベクレルが新たに流出したことになると指摘した。
1日当たり81億~9 32億ベクレルとなる。

2013年03月24日日曜日
河北新報より
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/03/20130324t65007.htm

★★★★★★

狂気【福島第1原発:東電 処理後汚染水を海に放出計画 】猛毒放射性トリチウムは技術的に困難!!
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11484726050.html

原発事故2年、安全論理【事故後の原発をどうするのかも、わからず。汚染水は流しっぱなし】武田邦彦
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8683040.html

殆どの人は知らない【トリチウムという除去不能な猛毒放射性物質が、水道水に混入している事】 今日の驚き/ウェブリブログ
☆トリチウムを内部被曝すると、
☆遺伝子を根本から破壊するチカラがある事も知られていない。
http://kimito39.at.webry.info/201303/article_19.html





[ 2013年03月24日 19:44 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

★ 汚染水 流出継続【福島第1港湾、17兆ベクレル汚染水流出か、東電発表の100倍】東京海洋大試算

汚染水 流出継続【福島第1港湾、17兆ベクレル汚染水流出か、東電発表の100倍】東京海洋大試算

☆東電は、11年4月に1週間で意図的に海に放出した
☆汚染水に含まれる放射性物質の総量を、
☆約1500億ベクレルと推計しているが、その100倍以上に当たる。

☆神田教授は、現在も地下水や配管を通じて流出が続いている可能性がある。

【原発汚染水専用港に流出し続けていた可能性】 東電は絶対に許せません!! 漁師の死活問題、人命も
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8638398.html

河北新報より
………………………

■福島第1港湾、17兆ベクレル汚染水流出か 東京海洋大試算

東京電力福島第1原発の港湾内で海水の
放射性セシウムの濃度が下がりにくい状態が続いていることに関し、

汚染水の海への流出が止まったとされる
2 011年6月からの約1年4カ月間に、
計約17兆 ベクレルの放射性セシウムを含む
汚染水が海に流れ 込んだ恐れがあるとの試算を、
東京海洋大の神田穣 太教授がまとめた。

東電は、11年4月に1週間で意図的に海に放出 した
汚染水に含まれる放射性物質の総量を、
約1500億ベクレルと推計しているが、その100倍以上に当たる。

神田教授は「現在も地下水や配管を通じて流出が続いている可能性がある。

すぐに調査すべきだ」と 指摘。これに対し東電は

「11年6月以降、大規模な汚染水の流出はない」とした上で
「 放射性物質を拡散させない対策をしているため、
港湾内の濃度が下がらないのでは」と反論している。

神田教授によると、港湾内の放射性セシウム137の濃度は、
11年6月~12年3月 にかけて下がったが、
12年4月以降は下落傾向が鈍くなった。

東電が発表した11年4月のデータを基に、
港湾内の海水の44%が1日で湾外と入れ 替わると推定。
11年6月1日~12年9月30日の放射性セシウム濃度になるには、
計 約17兆1千億ベクレルが新たに流出したことになると指摘した。
1日当たり81億~9 32億ベクレルとなる。

2013年03月24日日曜日
河北新報より
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/03/20130324t65007.htm

★★★★★★

狂気【福島第1原発:東電 処理後汚染水を海に放出計画 】猛毒放射性トリチウムは技術的に困難!!
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11484726050.html

原発事故2年、安全論理【事故後の原発をどうするのかも、わからず。汚染水は流しっぱなし】武田邦彦
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8683040.html

殆どの人は知らない【トリチウムという除去不能な猛毒放射性物質が、水道水に混入している事】 今日の驚き/ウェブリブログ
☆トリチウムを内部被曝すると、
☆遺伝子を根本から破壊するチカラがある事も知られていない。
http://kimito39.at.webry.info/201303/article_19.html





[ 2013年03月24日 19:25 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

★福島原発停電について。小出先生「現場は過酷な被曝環境。自民は原発を作った責任を取れ!」

福島原発停電について。小出先生「現場は過酷な被曝環境。自民は原発を作った責任を取れ!」

mimiの日々是好日ブログより

☆現場は下請けの人が苦闘し、大変な被曝環境、
☆すぐに本格的なものは出来ない、
☆仮設仮設で対処するしかないのです。

☆防ぐには電源の二重化、配電盤をちゃんとしたものを
☆もっとましなところに置くべきであるが、
☆出来ないほど厳しい現場なのです。

☆仮設の配電盤、これもトラックの荷台で現場は被曝
☆(300マイクロシーベルト /時間、管理区域基準の5000倍)、
☆それが300マイクロで入れない、トラブルがあっても見られない、
☆修理は無理、「バックアップはいるが、出来ない」のです 。

☆福島原発の停電事故、今回のことを東電は
☆「事故」と言わずに「事象」と言い、
☆平野さんも事の重大さを矮小化しようとしている

☆「同じようなことは他の原発でもあり得る」、
☆自民は安全と言って原発を54基つくり、実際に事故が起きた。

☆「日本の政府に能力なし」、
☆ 自民党は反省しないといけないのです。


mimiの日々是好日ブログより
2013・3・24
……………………………………………

■福島原発停電について。小出先生「現場は過酷な被曝環境。自民は原発を作った責任を取れ!」

報道するラジオより (永岡さんの書き起こしで・・)

原発の停電、29時間冷却なし(泣)。
福島原発の停電事故、今回のことを東電は「事故」と言わずに
「事象」と言い、 平野さんも事の重大さを
矮小化しようとしていると言われました。

この福島停電事故について、小出先生のお話です。

まず、上田崇順さんが福島県いわき市に行かれて、
現地の模様を報じられました。

原発から40km、停電は地元FM局で取り上げたが、
「ローカルの方が取り上 げ方が小さい」。
情報はテレビで知った人が多く、公表も3時間遅れ。

自治体 、東電の緊急連絡はなく、放射能は見えず、
情報の伝わり方がマンネリ化している。

憤る人もあり、温度が規定以上なら逃げないといけない、
福島の人を馬鹿にしている、

原因はねずみか、それも怪しいとの声もありました。

原発内の作業員、配管、タンクも仮設のまま(泣)、
整備しないといけない設備が放射線で放置、
保安設備は全部仮設(泣)です。

今日も中で仕事をした人、汚染粋タンク、鉄をボルトで止めて、溶接なし、
漏れるタンクもあると言うのです。それほど急いだ仮設だというのです。

停電は、冷却システムに影響したので大騒ぎだが、
停電は今までもたくさんあり、

配管もタダの耐圧ホース=仮設ホースであり、何人か、
急遽土日出勤、 何が中であるか分からないのです。
昨日震度3の地震があり、ちゃんと情報を出して欲しいというのです。

小出先生、これを聞いて、
「現地の人のことが目に見えるようだ」と言われ 、
仮設だらけについて、2年経っても無理、
「こんな事故を誰も想定しない」
+4つの原子炉か融けることは過去にないことで、
これを収束させないといけない、

現場は下請けの人が苦闘し、大変な被曝環境、
すぐに本格的なものは出来ない、仮設仮設で対処するしかないのです。

リスナーより、バックアップは出来ないのか、
3・11は停電がアカンとわかったのに、その教訓は?

小出先生
仮設の配電盤、これもトラックの荷台で現場は被曝
(300マイクロシーベルト /時間、管理区域基準の5000倍)、
(放射線管理区域の小出先生のところで も高線量区域が20マイクロ)、

それが300マイクロで入れない、トラブルがあっても見られない、
修理は無理、「バックアップはいるが、出来ない」のです 。

平野さんより、たこ足配線、これしかアカンのか?

小出先生
あまりに過酷な事故であり、事故は落ち着いていない、
全く違うのです。「仮設以外のものを備えられない」のです。

今回は大気への放射能放出はなかったので、
通り過ぎたように思えるが、最悪ならどうか?と聞かれて、

小出先生
使用済みプールの冷却アウト=大変深刻、
事故から2年、使用済みプールの崩壊熱はかなり減っている、
そのため仮に冷却が止まってもプールが干上がるのに余裕はある。

4号機は65度を越すのは4日、
しかし65度なら人はやけどする、100度で沸騰 したら、
3・11はともかく水を入れようとした。

そのときより崩壊熱は減って おり、小出先生は余裕はあったと思う。
今回のことだけなら、まだ良かった。

しかし、いついかなる時も乗り切れるかは不明、
バックアップもいるが、被曝を伴う作業で、
ロボットでは代わりはできない。

ロボットは教えたことしか出来ず、わからないことをやれない。
そうすると、冷却装置停止に8800本の核燃料…

あれもこれも仮設、ねずみの仕業として、
ねずみ1匹で不安なことになる・・について、
「仕方ない」、事故は収束していない、ただ水で冷やすしかない、

平野さん、
東電の情報隠蔽について聞かれて、
直後に規制委に言ってもメディ ア、県には言わなかった、
規制委も発表しろと言うべきか?

小出先生
「マスコミも東電の発表を待たず、
積極的に情報を得ないといけない」
地元の人、避難に時間のかかることについて、
菅長官は心配ないというものの、

国は、事故当時もそうであり、
今回は余裕はあったが、思わぬことが今回も起きて、
危機感を持って対応しろ、
情報を早く住民に知らせないといけないのに、知らせない、

「日本の政府に能力なし」、 自民党は反省しないといけないのです。

東電の、原因はねずみということについて、

小出先生
東電の説明に合理性はある、
しかしねずみ1匹でこの始末、それほど厳しい現 場。

防ぐには電源の二重化、配電盤をちゃんとしたものを
もっとましなところ に置くべきであるが、
出来ないほど厳しい現場なのです。

平野さん、政府の言うことを批判し、30,40年の値ではなく、
30,40年経って使 用済み燃料を処理しても、
まだ事故は続く、何十年も放射能の拡散を防がない といけないのです。

リスナーより、収束作業何十年に気が遠くなる

また「同じようなことは他の原発でもあり得る」、
自民は安全と言って原発を54基つくり、実際に事故が起きた。

「どんなに政府が安全のおすみつきを与えてもダメ、
福島だけの問題ではない 」。

世界の地震の10%が日本にあることを
深刻に受け止めないといけない。

以上 、小出先生のお話でした。

2013・3・24
mimiの日々是好日ブログより転載引用
http://blogs.yahoo.co.jp/sayuri2525maria/32388114.html

★★★★★★★★

東電に廃炉を任せていたら、いつか北半球は死の灰で壊滅【次の過酷事故が起きるのも時間の問題だ】|happyluckyのブログ
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11497019701.html

小出祐章氏が収束担当大臣だったら【残念ながら原発事故事故をどうやって収束したらいいのか】|happyluckyのブログ
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11496898044.html

原発事故2年、安全論理【事故後の原発をどうするのかも、わからず。汚染水は流しっぱなし】武田邦彦 - 今日の驚き - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8683040.html
[ 2013年03月24日 16:52 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

東電に廃炉を任せていたら いつか北半球は死の灰で壊滅 - ネタニュース:@niftyニュース

東電に廃炉を任せていたら、いつか北半球は死の灰で壊滅【次の過酷事故が起きるのも時間の問題だ】

日刊ゲンダイより

☆もし停電があと3日も続き、冷却する
☆他の手立ても全て失っていれば、プールの水は蒸発。

☆冷却不能で9000本近い燃料がメルトダウンしていた。
☆高線量の放射性物質が再びダダ漏れとなり、最悪の場合、
☆日本はもちろん、北半球 に“死の灰”が降り注ぎ、
☆「壊滅」状態に陥っていたかもしれないのだ。

☆それなのに、二重三重の安全対策を施すべき
☆燃料プールを冷やす電源がなぜ 「仮設」だったのか。
☆事故直後ならともかく、
☆2年経ってもホッタラカシだったとは呆れるばかりだ。

☆汚染水の処理タンクや配管にも仮設が目立ちますが、
☆廃炉作業は40年も続くのに、
☆いつまで『仮設』のままにしておくのか。

☆東電の体質は事故当時とナ~ンも変わっていない。
☆事故が起きれば、「想定外」と
☆以前に聞いたような言い訳を繰り返すだけだ。

■次の過酷事故が起きるのも時間の問題だ。

原発回帰の将来は日本発世界滅亡


2013年3月24日(日)日刊ゲンダイより
…………………………………………………
東電に廃炉を任せていたら いつか北半球は死の灰で壊滅

背筋が凍りついた人も多かっただろう。
東京電力福島第1原発で停電が発生し、
1、3、4号機の使用済み燃料プールの冷却設備などが
約30時間にわたって停止した事故のことだ。

事故原因は3、4号機の仮設配電盤の不具合とみられ、
配電盤の端子と壁に焦 げ跡が見つかった。
東電は20日朝から、25人態勢で本格的な調査に乗り出したが、
相変わらず後手後手のデタラメ対応である。

何と言っても、冷却機能が失われた1、3、4号機の
燃料プールには、使用済 み燃料が2100本余り、
共用プールにも6300本余りがそれぞれ保管されて いる。

もし停電があと3日も続き、冷却する
他の手立ても全て失っていれば、プールの水は蒸発。

冷却不能で9000本近い燃料がメルトダウンしていた。
高線量の放射性物質が再びダダ漏れとなり、最悪の場合、
日本はもちろん、北半球 に“死の灰”が降り注ぎ、
「壊滅」状態に陥っていたかもしれないのだ。

それなのに、二重三重の安全対策を施すべき
燃料プールを冷やす電源がなぜ 「仮設」だったのか。
事故直後ならともかく、
2年経ってもホッタラカシだったとは呆れるばかりだ。

「東電によると、福島原発では現在、
津波対策工事が行われていて、ふだんは
別々の送電網2系統が連結されていた。

つまり、過剰電流で仮設配電盤がショー トしたなら、
『タコ足配線が事故原因』のようなもの。
東電は日ごろ、一般家庭 に
『タコ足配線は火事の原因になる』と
注意を呼びかけているクセに、何をやっ ているのか」
(経済誌記者)

仮設配電盤の近くには、ネズミのような死骸も
見つかっていて、小動物が接触した可能性もある。

しかし、原発は朽ちかけた古民家とは違うのだ。
こんなズサンな管理で、今後40年ともいわれる
長い廃炉作業に耐えられるのか。

原子炉格 納容器の設計に携わっていた
元東芝技術者の後藤政志氏はこう指摘する。

「重要なポイントは、復旧までに約30時間も費やしたことです。
これはバック アップの態勢が整っていなかったということ。

原発の冷却機能は本来、瞬時に回 復するべきもので、
遅くとも2、3時間以内に復旧しなければなりません。

汚染水の処理タンクや配管にも仮設が目立ちますが、
廃炉作業は40年も続くのに、 いつまで『仮設』のままにしておくのか。

東電の対応は、アクシデントを
まったく想定していなかったとしか思えません。
今後の作業にも非常に不安を覚えま す」

東電の体質は事故当時とナ~ンも変わっていない。
事故が起きれば、「想定外」と
以前に聞いたような言い訳を繰り返すだけだ。

次の過酷事故が起きるのも時間の問題だ。

(日刊ゲンダイ2013年3月21日掲載)より
http://spweb.gendai.net/articles/view/syakai/141548
2013年3月24日(日)ニフティニュースより
http://s.news.nifty.com/item/detail/gendai-000184479_1.htm

★★★★★★★★★

小出祐章氏が収束担当大臣だったら【残念ながら原発事故事故をどうやって収束したらいいのか】|happyluckyのブログ
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11496898044.html

原発事故2年、安全論理【事故後の原発をどうするのかも、わからず。汚染水は流しっぱなし】武田邦彦 - 今日の驚き - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8683040.html

【原発重大事故神話はじまる】<柏崎刈羽原発>重大事故を想定、
1500人参加し初の訓練
【原発は必ず重大事故が起きますと、政府】
【原発重大事故神話はじまる】
【原発重大事故は日本国政府お墨付きです。】
【日本全滅の可能性を日本国政府がPRしました】
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8677368.html

[ 2013年03月24日 13:31 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

原発事故2年、安全論理【事故後の原発をどうするのかも、わからず。汚染水は流しっぱなし】武田邦彦

原発事故2年、安全論理【事故後の原発をどうするのかも、わからず。汚染水は流しっぱなし】武田邦彦

☆今の日本の原発の安全議論は石油コンビナートで言えば
☆消防車や救急車は要らない。燃えたらそのままにしておいて良い。
☆火傷をした市民は知らない、という状態です。

☆つまり福島原発が爆発した時、
☆巨大な施設にほとんど「事故を抑える消防や防御」がなく、
☆「事故後の原発をどうするのか」 もわからず、
☆「汚染水は流しっぱなし」になっています。

☆核廃棄物、、環境省という役所は
☆本当にどうにもならない役所で、相手が弱いとなると
☆「ゴミはかたづけろ!排水は自分で処理しろ!」と言うのに、

☆相手が東電となると、「良いですよ。原発からでる核廃棄物は
☆環境省とは関係がありません」と知らぬ顔で来たのです。
☆国民を環境汚染から守るために税金をもらっ てきたのに、
☆「例外」が多いのです。

☆被曝と健康、、法治国家で
☆なぜこのような事が起こったのかというと、
☆被曝と健康の問題が広島長崎の原爆以来、
☆まだ「学問的な結論」がでていないからです。

武田邦彦ブログより
……………………………

■原発2年02 安全の論理(間接)

「genshiryoku_kansethuanzentdyno.106-(9:07).mp3」をダウンロード

原発の安全を守る主要な論理の内、間接的なものとして、
4)事故処理システム
5)核廃棄物処理
6)被曝と健康 の3つがあります。

●「安全」というととかく
「原発が爆発したり事故を起こしたりしないこと」 と思いがちですが、
どんなものでも「安全を守る」というのは、
付随的なことも完璧になっていなければなりません。

たとえば、石油コンビナートには必ず専属消防隊がいます。
もちろん石油コ ンビナートは安全に万全を期し、
事故が起こらないようになっていますが、
それでも火災などが起きます。
その時に市営消防では手に負えない
化学物質の火災があるので専属の消防隊が必要です。

そんなことはあまりにも当たり前で、
「事故が起こったときどうするか、
事故を起こしたものをどのように処理するか」が
決まっていないで「安全だ」 と言っても笑われてしまいます。

でも、今の日本の原発の安全議論は石油コンビナートで言えば
「消防車や救 急車は要らない。燃えたらそのままにしておいて良い。
火傷をした市民は知 らない」という状態です。
つまり福島原発が爆発した時、
巨大な施設にほと んど「事故を抑える消防や防御」がなく、
「事故後の原発をどうするのか」 もわからず、
「汚染水は流しっぱなし」になっています。

●核廃棄物の処理は「安全以前」と言えます。つまりどんな工業でも
「そこか らでる環境汚染物質をどのように安全にするのか
決まっていないで操業が許可される」ということはないからです。

環境省という役所は本当にどうにもならない役所で、
相手が弱いとなると
「ゴミはかたづけろ!排水は自分で処理しろ!」と言うのに、

相手が東電となると、「良いですよ。原発からでる核廃棄物は
環境省とは関係がありません」と知らぬ顔で来たのです。

国民を環境汚染から守るために税金をもらっ てきたのに、
「例外」が多いのです。

私がテレビで「安全な原発推進派」と言ったら
「核廃棄物の処理が決まってい ないのに、なぜ安全なのか」と
いう読者からのお叱りがありましたが、
読者の方も日本社会の歪みの影響を受けてしまったようです。

核廃棄物の処理が原発の安全にかかわることは当然ですから、
「核廃棄物の処理と処理するところが決まっていて始めて
「システムとして安全」にな る」からです。

●最後にもっとも大きな問題は「被曝と健康」の
問題がハッキリしていないことです。

日本は長く「原爆反対運動」を続けてきました。
その理由は「単な る爆弾では無く、その後、
被爆によって原爆症で苦しむ人がいるから」と
いうのが主たる理由でした。

つまり「被曝と健康」の問題を世界に訴え続けてきたのです。

そして、原発の基準として、
1)平時は 1年1ミリ以内、
2)きわめて希に起 こる(国際的には10万年に一度程度)事故では 1年5ミリまで、
3)土壌汚染 は1平方メートル4万ベクレル以下、
4)クリアランスレベル(自由に取り 扱って良い)は
1年0.01ミリシーベルト、などと決めてきたのです。

しかし、福島の事故ではこれまで日本国が
自ら決めてきた基準を簡単に放棄し、
ICRPという外国のNPO(任意団体)が言ったという
数値や個人の医師が自らの経験に基づいて
「大丈夫」という値を採用してきました。

法治国家でなぜこのような事が起こったのかというと、
被曝と健康の問題が 広島長崎の原爆以来、
まだ「学問的な結論」がでていないからです。

このような間接的な問題についても、
固有安全性、多重防御、耐震性とい う3つの直接的な
安全概念とともに、ハッキリと決めておかないと
原発の安全 指針を決定することはできない。

(平成25年3月21日)

武田邦彦

(C)武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ
より転載引用、音声もコチラ↓↓
http://takedanet.com/2013/03/2_633e.html

★★★★★★★★

【原発重大事故神話はじまる】<柏崎刈羽原発>重大事故を想定、
1500人参加し初の訓練
【原発は必ず重大事故が起きますと、政府】
【原発重大事故神話はじまる】
【原発重大事故は日本国政府お墨付きです。】
【日本全滅の可能性を日本国政府がPRしました】
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8677368.html

原発事故「最悪の事態」がいかに回避されたかを明かした書【関東軍の如き劣悪東電幹部】 - 今日の驚き - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8677983.html

【世界の電力の主流は化石燃料】脱原発の代替えは化石燃料がベスト★再生エネルギーは官僚天下り先|happyluckyのブログ


【化石資源は8000年は大丈夫】原発はいらない!!こんなことも記者、政治家も知らない?|happyluckyのブログ
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11432961901.html?

「除染」に見られる日本社会の幼稚性!! あまりにも当然のことが行われず!!武田邦彦。|happyluckyのブログ |Ameba (アメーバ)

http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11494982175.html

狂気【福島第1原発:東電 処理後汚染水を海に放出計画 】猛毒放射性トリチウムは技術的に困難!!|happyluckyのブログ |Ameba (アメーバ)
http://s.ameblo.jp/kimito39/entry-11484726050.html
[ 2013年03月24日 11:08 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)

★小出祐章氏が収束担当大臣だったら【残念ながら原発事故事故をどうやって収束したらいいのか】

小出祐章氏が収束担当大臣だったら【残念ながら原発事故事故をどうやって収束したらいいのか】

☆ただし、残念ながら
☆この事故をどうやって収束したらいいのかという事に関しては、
☆わからないのです。

☆人類が遭遇して初めての経験で
☆4つの原子炉が同時に壊れてしまっていっているという、
☆大変厳しい状況です。


みんな楽しくHappy♡がいい♪ブログより
……………………………………………………………

Sawada: あの、良くみなさんからお聞きになるかもしれませんけれども、

「小出先生が収束担当大臣だったら良かったのに」と言う事が、
常にみなさんの願いとしてあると思い ます。

いろんな制約がある中、多分費用もそうですし、
人の問題、被曝の問題、いろいろありますが、
小出先生がもし収束担当大臣になった場合、
たとえばそういういろんな制約がある中、

「こういうものをもう少し優先してやっていけたらいいのにな」というのは、
何か先生のお考えってございますか?

小出: もちろん沢山あります。
事故直後に汚染水が次々と溢れて来た時には、
私はとにかくその汚染水が漏れないように
しなければいけないという事を考えまして、

巨大タンカーを福島に走らせて、そのタンカーに汚染水を溜めて
それを東京電力の柏崎刈羽原子力発電所に輸送すると、
そうすると柏崎刈羽原子力発電所には廃液処理装置がありますので、
それを使って何がしかの、
やはり放射能の補足という事が出来ると思いましたし、
やって欲しいと発言をしました。

もし私が収束の大臣だったとすれば、それをやったと思いますし、
今聞いていただいたように、地下に遮蔽の壁をつくるという作業も、
私はやるべきだと思いますし、 私に権限があるなら、やります。

ただし、残念ながら
この事故をどうやって収束したらいいのかという事に関しては、
わからないのです。

人類が遭遇して初めての経験で
4つの原子炉が同時に壊れてしまっていっているという、
大変厳しい状況です。

もちろんやらなければいけない事はわかっています。
溶け落ちた炉心が環境に汚染を広げないようにするとか、

今現在も危機にある、
4号機の使用済み燃料プールの崩壊を食い止めなければいけないとか、
さまざまに言える事はありますけど、
どれ一つをとっても大変な作業だし、
必ず被ばく作業になってしまうという困難を抱えています。
目の前にある重大な問題一つ一つに向き合って、
重大さという事を考えながら、
とにかくこれ以上の悲劇が来ないように
出来る事を一つ一つやる事しかないと思います。

Sawada: そうですか。 ありがとうございました。

みんな楽しくHappy♡がいい♪より
詳細はコチラ↓↓
http://kiikochan.blog136.fc2.com/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

原発事故「最悪の事態」がいかに回避されたかを明かした書【関東軍の如き劣悪東電幹部】 - 今日の驚き - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8677983.html

【原発重大事故神話はじまる】<柏崎刈羽原発>重大事故を想定、
1500人参加し初の訓練
【原発は必ず重大事故が起きますと、政府】
【原発重大事故神話はじまる】
【原発重大事故は日本国政府お墨付きです。】
【日本全滅の可能性を日本国政府がPRしました】
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/8677368.html



どの国でも、母は不安です。
[ 2013年03月24日 09:48 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR