FC2ブログ

日々物語fc2

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
日々物語fc2 TOP  >  健康 >  高樹沙耶容疑者の逮捕は、医療大麻潰しが目的の狙い撃ちだ!大麻解禁の世界的潮流に危機感を抱く厚労省による国策捜査!カナダでは20回分300円…世界23カ国で使用!もはや危険な麻薬という 認識ではなくなりつつある!

高樹沙耶容疑者の逮捕は、医療大麻潰しが目的の狙い撃ちだ!大麻解禁の世界的潮流に危機感を抱く厚労省による国策捜査!カナダでは20回分300円…世界23カ国で使用!もはや危険な麻薬という 認識ではなくなりつつある!

高樹沙耶容疑者の逮捕は、

医療大麻潰しが目的の狙い撃ちだ!

大麻解禁の世界的潮流に

危機感を抱く厚労省による国策捜査!

カナダでは20回分300円

…世界23カ国で使用!

もはや危険な麻薬という

認識ではなくなりつつある!


欧州などでは既に90年代から産業、

医療用の研究が進み、

もはや危険な麻薬という

認識ではなくなりつつある!


高樹沙耶容疑者の逮捕は、医療大麻潰しが目的の狙い撃ちだ! 大麻解禁の世界的潮流に危機感を抱く厚労省による国策捜査 - ライブドアニュース(全文は下記に)

高樹沙耶が訴える【医療用大麻】がん、鎮痛、抗うつ、エイズなど万能薬!カナダでは20回分300円…世界23カ国で使用!高樹の訴えは真実…米国では麻薬患者の治療にも使われている!日本医療・製薬マフィアには邪魔だ!米国では麻薬患者の治療にも使われている!アンチエイジング、アルツハイマー…カナダが抗がん剤から脱出した理由も大麻でしょうか!米政府、合法大麻で年165億円の医療費を節約!Forbes JAPAN。(全文は下記に)







ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

高樹沙耶容疑者の逮捕は、医療大麻潰しが目的の狙い撃ちだ! 大麻解禁の世界的潮流に危機感を抱く厚労省による国策捜査 - ライブドアニュース

高樹沙耶容疑者の逮捕は、医療大麻潰しが目的の狙い撃ちだ! 大麻解禁の世界的潮流に危機感を抱く厚労省による国策捜査

2016年10月27日 12時3分

LITERA(リテラ)

 元女優の高樹沙耶容疑者が25日、大麻を所持していたとして石垣島の自宅で厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部(麻取)に逮捕された。

 高樹容疑者はこれまで医療用大麻解禁を訴えて活動していたことでも知られてきた人物で、今夏には参院選に出馬したことも記憶に新しい。そもそも女優活動を休止し、石垣島に移住したのもその活動のためであり、男性4人と共同生活を行っていたが、今回そのなかの男性2人も同時に逮捕されている。

 現在のところ高樹容疑者は容疑を否認しているというが、ワイドショーではさっそく石垣島で彼女の生活について「謎の生活の実態」「いかがわしい」などとセンセーショナルに報じている。

 しかし、今回の逮捕劇は狙い撃ちされたものである可能性が高い。というのも高樹容疑者に対して、以前から内偵が行われていたという。

「今回、高樹容疑者らを逮捕したのが沖縄県警などではなく、関東信越厚生局麻薬取締部がわざわざ出向いて逮捕したことが象徴でしょう。以前から高樹をターゲットに水面下で捜査を続けていたようです。しかも関東麻薬Gメン単独ではなく九州、近畿、四国の麻薬取締部による合同での捜査でした」(大手紙社会部記者)

 実際、25日の逮捕劇は、約30人もの捜査員が一斉に高樹容疑者の自宅に入るという異例のものだった。今回の摘発がいかに大規模かつ入念だったかがわかる。

 実は、高樹容疑者だけでなく、ここ最近、厚労省の麻取による医療用や産業用大麻に関連した逮捕者が立て続けに出ているのだ。

 たとえば10 月4日、厚生労働省中国四国厚生局麻薬取締部が、鳥取県智頭町で大麻栽培者の許可を得て町おこしに取り組んでいた大麻加工品製造業「八十八や」の家宅捜査を行い、代表の上野俊彦容疑者と従業員2人を逮捕したことが明らかになっている。また同月5日には岡山県真庭市で、同市の非常勤職員で、"地域おこし協力隊員"として産業用大麻を栽培するよう働きかけていた中村雄亮容疑者が近畿厚生局麻薬取締部に逮捕されている。

 医療用や産業用の大麻解禁、もしくはそれを扱っていた人々が次々と逮捕される。これらは決して偶然ではない。その背景について、麻薬の取り締まりに詳しいジャーナリストはこう証言する。

「今回の高樹さんの逮捕に象徴されるように、日本では大麻はまるで覚せい剤と同様の違法薬物という認識が強いようですが、国際的には危険な麻薬という認識ではありません。ドイツ、チェコ、フィンランド、カナダ、オーストリアなどの欧米各国では医療用大麻は合法化され、アメリカでも25州とワシントン自治区で合法化されています。世界的にも研究が進んでいる状況で、その考えはもちろん日本にも波及しつつある。しかし日本当局、とくに厚生局麻薬取締部はこの動きに大きな警戒心を抱いているのです」

 厚生労働省の地方厚生局麻薬取締部の麻薬Gメン。警察とは違い、厚生労働大臣の指揮監督を受けて全国9地区に存在する。そこでは司法警察員の身分と権利を持つ「特別司法警察官」が国内だけでなく、海外からの薬物押収も行っている。2016年現在、その人数は296人だ。しかも近年の危険ドラッグ(脱法ドラッグ)の蔓延との理由から、15年1月には麻取部の体制を強化、専任の取締官を16人から41人と約2.5倍の増員をするなどの組織強化を行った。

 だが一方で、麻取部が扱う大麻に関しては解禁の動きが世界的に活発となっている。

 先述のとおり、高樹容疑者は、これまで医療用大麻の解禁を訴えてきた人物であり、かつ発信力もある元女優でもある。11年頃から医療用大麻解禁を訴え、石垣島に移住し、12年10月には芸能界を事実上引退し、その活動に専念している。

 ブログなどでも「大麻は持続可能な暮らしをサポートする大切な天然資源」「お酒、たばこ、チョコレートよりも安心で安全」などと主張、また医療用としても認知症予防に期待できるとして「日本の法律は厳しく、麻薬と誤解を受けている。医療用大麻は世界で使われているが、我が国では研究すら厳しい」「海外の立証が真実なら、私たちの国で行われていることは、人権侵害にもつながるのではないか」と、日本の大麻政策を批判する主張も発信している。

 さらに今年7月には落選したものの、参院選に大麻取締法の改正を訴えて「新党改革」から出馬もした。参院選落選以降も、その活動を活発化。10月7日には『爆報!THEフライデー』(TBS)に出演し、同居人たちと共に大麻解禁を訴えている。

 また10月5日に逮捕された上野容疑者も、その支援者の一人が安倍首相の妻である昭恵夫人だったことから大きな注目を集めていた。本サイトでも報じているが、昭恵夫人は医療用大麻の可能性や町おこしに積極的で、15年7月3日のFacebookには「日本ではまだ認められていませんが、医療用としても大いに活用できると思っています」と上野容疑者を訪ねて大麻畑で微笑む写真をアップ。「SPA!」(扶桑社)15年12月15日号では、上野容疑者との対話が掲載されていたほどだ。彼もやはり、昭恵夫人の支援によるアピール力の高さから、目をつけられた可能性が高い。

「大麻解禁を訴えるこうした動きに麻取部、そして厚労省は相当な危機感を持っています。もし医療用といえども解禁になれば、組織の混乱や長期的には縮小、弱体化も懸念されます。また法整備、改正も必要ですが、厚労省はそうした動きを嫌っていますから」(前同)

 そう考えると、社会的影響力の大きい高樹容疑者の今回の逮捕と、麻取部の異例の体制での捜査も納得できる。つまり今回の高樹容疑者逮捕は、厚労省、そしておとり捜査も可能な麻取部が入念に練り上げた作戦であり、一種の見せしめ、国策捜査だった可能性が極めて高いのだ。

 そしてその思惑は、いまのところ大成功を収めている。実際、逮捕翌日26日のワイドショーを始めとするマスコミはこぞって高樹容疑者逮捕をトップで伝え、その論調もまるでヤク中の極悪犯罪者のように糾弾しているからだ。言っておくが、まだ高樹容疑者は大麻所持を認めてすらいない段階で、だ。

 また、昭恵夫人が支持していた上野容疑者の逮捕も大きな影響をもたらした。上野容疑者が逮捕されたことで、町は産業用大麻の販売自粛を要請。平井伸治鳥取県知事は県内の産業大麻栽培を全面的に禁止するための条例改正の方針を打ち出したからだ。

 これは全国では初めてのことだ。現在の日本では「産業用大麻」の栽培は決して違法ではない。大麻草を栽培するためには、都道府県知事が許可する大麻取扱者免許を取得すればいいし、栽培は各地で行われているが、今回はそれさえも禁止する措置を打ち出したことになる。

 しかし繰り返すが、大麻は欧州などでは既に90年代から産業、医療用の研究が進み、もはや危険な麻薬という認識ではなくなりつつある。

 大麻を研究・有効利用することで、数々の病気を治癒することができる可能性を指摘した『大麻解禁の真実』(矢部武/宝島社)でも、医療用大麻はアルツハイマー病や糖尿病、てんかん、多発性硬化症、PTSDなど様々な治療に役立つと指摘、日本で流布される大麻の危険性の誤りについて具体的に指摘している。(本サイト既報「参院選出馬、高樹沙耶の「大麻解禁」公約はトンデモじゃない! 世界各国で大麻の医療効果が認められ合法化進む」より)。

 大麻が医療用や産業用として有用であることは世界的潮流でもある。それを訴えた高樹容疑者の今回の逮捕の背景については、今後とも注視が必要だろう。(林グンマ)

LITERA(リテラ)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

医療用麻薬への誤解広がらないか… 高樹沙耶容疑者逮捕で医師の懸念 (沖縄タイムス) - Yahoo!ニュース

世界では、がん患者への医療用麻薬の処方が推奨されている。

日本でも医者と相談して正しく使えば痛みを軽減でき、患者を痛みから解放できる。

今回の事件で、その認識が損なわれてしまわないかと懸念している。

「麻薬」「大麻」に対する悪いイメージが広がり、医療用麻薬・大麻へのネガティブキャンペーンが起きる心配もあり、残念だ。

 神経難病などの痛みに効果的とされる医療用大麻も世界中いろいろな場所で使われている。

 日本では実用化が遅れており、普及に向けて真剣に研究している人たちもいる。

正確な情報が世の中に伝わることを願っているし、マスコミにも正しい報道をしてほしい。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

やく氏「捕まることを前提」?高樹容疑者に独自仮説 - 芸能 : 日刊スポーツ

やく氏「捕まることを前提」?高樹容疑者に独自仮説

[2016年10月27日19時25分]

 元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)が大麻取締法違反(所持)の容疑で逮捕されたことについて、漫画家のやくみつる氏(57)が大胆な仮説を展開した。

 やく氏は27日放送のフジテレビ系「みんなのニュース」で、高樹容疑者の逮捕報道に触れた際「むしろ奇異な印象を受けた」と語った。

 高樹容疑者が先の参院選に出馬した際に医療用大麻の解禁を訴えていたことから、「あれだけ公言してましたし、当然、麻取(※麻薬取締官)の取り締まりの手が伸びていることもわかると思う」とコメント。「むしろ捕まることを前提として、『捕まったら存分に己たちの主張をしよう』と、そこまでを視野に入れているのでは。これから起訴されれば主張が始まるのでは」と独自の仮説を語った。

 伊藤利尋アナウンサーはやく氏の仮説に「えー!?」と驚き、「だとすればそれはルール違反で悪質だと思います。違法だとわかってやっていたところが、やっぱり批判は免れないように思いますが」と反論した。

 なお、高樹容疑者は容疑について「私の物ではありません」と依然否認している。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

高樹沙耶が訴える【医療用大麻】

がん、沈痛、抗うつ、エイズなど万能薬!

カナダでは20回分300円…

世界23カ国で使用!

高樹沙耶の訴えは真実…

日本医療・製薬マフィアには邪魔だ!

米国では麻薬患者の

治療にも使われている!

アンチエイジング、

アルツハイマー…

カナダが抗がん剤から脱出した

理由も大麻でしょうか!

米政府、合法大麻で

年165億円の医療費を節約! Forbes JAPAN


ブログランキング・にほんブログ村へ


大麻、医療大麻の効能、作用について - tuyosi723teikoku ページ!(全文は下記に)














米政府、合法大麻で年165億円の医療費を節約 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

えっ??医療用大麻の効能って凄いやん!!医療用大麻の効果に関係人もびっくり/ 医療大麻賛成だね。海外みたく睡眠薬で処方できるようになってほしい/大麻は効能ありすぎで製薬利権から邪魔者扱いされている!しかも治るもしくは改善するので利権にならない!石油から精製される一般の西洋薬は治ることはなく依存するので莫大な利益を生む!そこが禁止せれている理由 大麻は麻薬じゃなくて薬草だ!/美と健康おいでやす

大麻、医療大麻の効能、作用について - tuyosi723teikoku ページ!


大麻、医療大麻の効能、作用について

大麻には鎮痛作用・沈静作用・催眠作用・食欲増進作用・抗癌作用・眼圧の緩和・嘔吐の抑制などがあり、アメリカ合衆国では慢性痛患者の8.9%が自己治療で大麻を使用しています。

また、モルヒネなどのオピオイド系鎮痛薬やイブプロフェンのような非ステロイド系抗炎症剤に十分な効果が見られない疼痛に対して大麻が有効です。ほかに、神経保護作用や、脳細胞の新生を促す作用が存在するらしいことが示唆されています。

さらに大麻は昔から万能薬として考えられ扱われており、大麻はHIV、アルツハイマー、うつ病、強迫性障害、不眠症、てんかん、気管支喘息、帯状疱疹、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、クローン病、パーキンソン病など、約250種類の疾患に効果があるとされています。

大麻が医療用途として価値があり注目されている理由には、主に以下の理由があります。

・身体的害(副作用)が少なく、第一選択薬として望ましい。

・法的規制の問題を除けば、本質的には製造・入手が容易かつ安価。

・嗜好植物としての大麻には多くの品種が存在しており、薬効成分(THC、CBDなど)のバランスが多様なため、患者の個人差・病状の差に適合した品種を見つけることができる(一種のテーラーメイド医療と言える)。

・既存の治療薬の効果が薄かったり、副作用が強い患者に対して別の選択肢となりうる。(代替医療)

・いまだ有効な治療薬が存在しない疾患、難病に対して効果が認められることがある。

などが挙げられます。特に医療大麻には様々な種類があるので、自分の疾患、症状に合う品種である医療大麻を選び、適切に薬として使用できる事ができる事。

また大麻は植物なので、ケミカルな薬である日本で処方されるような通常の薬と比べて副作用が少なく、肝臓などにも負担が掛かる事はないという事。

そしてまた後程くわしく説明しますが、ヴェポライザーという専用の道具で吸引すれば、有害なタールを吸引する事なく有効な成分のみを摂取する事ができるので、医療大麻摂取方法には様々な方法があるので煙の問題も摂取方法により解決できるという事。

など、大きく医療大麻が他のケミカルな薬(科学合成薬)よりも優れている事が見て取れます。

・緑内障

さらに医療大麻には緑内障にも効果を発揮します。幾つかの研究により、大麻の摂取が眼圧の低下をもたらすことが示されています。緑内障の原因として眼圧の上昇による視神経の損傷が挙げられており、これらの研究発表により多くの人が大麻摂取を用いた眼圧の低下が緑内障の治療法になると考えられています。

1970年代にアメリカ合衆国で行われた研究では、大麻の喫煙時に眼圧が低下することを示しました。

さらに大麻から抽出された薬物が緑内障治療としての効果を持つか否かを解明する試みの一環として、1978年から1984年にかけてアメリカ国立眼科研究所は調査研究を助成しました。それらの研究において経口的もしくは経静脈的に投与された時、もしくは喫煙をした時に、大麻の派生物は眼圧を低下させることが証明されました。

しかし、目への局部投与ではそれは証明されず、また、市場で流通するその他の治療薬に比べて安全にかつ有効的に眼圧を低下させるかについても証明されませんでした。

2003年、アメリカ眼科学会(American Academy of Ophthalmology)は「現在利用でき得る薬物に比べて、緑内障治療の為に大麻使用することによる軽減されるリスク、及び、増大する恩恵の証明を科学的な証拠は示さなかった」と見解を出しました。

・薬物依存症

また、他の薬物の依存症の禁断症状の抑制にも大麻は効果を発揮します。THCや2-AGがモルヒネ禁断を抑制するため、依存性薬物による依存症のアゴニスト療法としての治療薬の可能性があります。

コカイン、ヘロイン、覚醒剤、アルコールなどの依存症から脱却するための治療薬として、自己治療や、一部の医師やカウンセラーの指導の下で大麻が用いられており、エビデンスが確立してはいないが、高い効果が認められることがあります。

次に用法用量です。これにも様々な種類、方法が以下のようにあります。

まずは用量についてです。

医療大麻は乾燥大麻、ハシシ(大麻樹脂)、チンキ、合成THC、抽出大麻成分、鎮痛・消炎パッチ、クリーム、調理大麻など様々な形態で用いられています。

・乾燥大麻・大麻樹脂

大麻の品種ごとに含まれる大麻成分が異なり、得られる医療効果が違うため、疾患ごとに適した大麻を使用することが可能です。傾向としてはサティバ種にはCBDが多く含まれていて、インディカ種にはCBDが少なく、THCが多く含まれています。

次に用法についてです。

・喫煙パイプ及びジョイント

喫煙パイプやジョイント(大麻を煙草状にしたもの)などで乾燥大麻を燃やして煙を吸う方法です。

即効性があり、効率良く効果が得られるため、医療効果が極めて大きいです。欠点として有害なタールが発生するため、呼吸器官への損傷が懸念されますが、大麻の抗癌物質が作用して発癌リスクは低いとされています。

・ヴェポライザー

ヴェポライザーと呼ばれる器具を使って、乾燥大麻から大麻成分を気化させることによってタールを発生させることなく摂取する方法です。また即効性があり、効率良く効果が得られ、医療効果もジョイントとほぼ同等です。病院で用いられることが多いです。

・調理大麻

大麻をクッキーやチョコレートなどにして経口摂取する方法です。即効性が無い分、長く持続します。効果が現れるのは服用後約1時間以上かかります。摂取量の調整が難しいですが、得られる医療効果は大きいです。

次に大麻製剤についてです。

これは合成大麻成分や抽出大麻成分の錠剤・カプセルまたはスプレーなどにした医薬品です。

・ドロナビノール(合成THC)

アメリカ合衆国ではマリノールという製品名で販売されているTHCを化学合成したピル(丸薬、錠剤)です。即効性はなく、服用後約1時間以上かかります。また得られる医療効果も弱いです。さらに目眩、過度の多幸感、パラノイド反応、眠気、思考異常などの副作用が出ることがあります。

・サティベックス

大麻の全成分を抽出した液体状の医薬品です。即効性は少々遅いですがドロナビノールと比べると早いです。得られる医療効果は乾燥大麻と比べると劣っています。

では以上の事を踏まえてアメリカにおける摂取方法の評価の表を見てみましょう。

アメリカにおける摂取方法の評価(2006年) セキュリティ(10) 安全性(5) 使い易さ(10) 医療効果(25) 総合評価
(50)
ドロナビノール 10 5 5 2 22
クッキー及びチョコ 8 5 5 11 29
サティベックス 10 5 10 15 40
パイプ及びボング 7 3 8 23 41
ヴェポライザー 7 5 6 24 42
ジョイント 6 3 10 24 43

となっております。やはり大麻の成分を使っていても、人工的に作り出した医薬品は本来の大麻の良さを消してしまい、副作用も出てしまうようですね。

しかし勿論の事ですが、日本ではその人工的に作り出した大麻の成分が抽出されている医薬品である、ドロナビノールやサティベックスなども違法製品です。そもそも日本では臨床試験(簡単に言うと研究)すら禁止されていますからね・・・

適応疾患については約250種類程もあるので、先に副作用について記述します。

・副作用

通常の摂取では目の充血・頻脈・喉の渇きなどがあります。長期使用は精子の濃度が低くなることが観測されていますが、短期間の大麻や大麻成分の医療使用が生殖機能を妨げるといった深刻な懸念を指摘しているものは見られません。

また、トリップしてしまう閾値以下の用量に抑えることが、むしろ医療効果を最大に引き出すとされており、副作用は総じて問題になりにくいです。

大麻の医療使用では深刻な副作用が起こらないことが確認されており、煙による害を除けば、大麻使用による副作用は他の医薬品で許容されている副作用の範囲内にあります。

また大麻は依存性が低く、耐性も無いため、適正使用では依存症に陥ったり、摂取量が増えたりすることはありません。また、大麻が直接の原因(1次的死亡原因)による死亡例は無いです。

では副作用と関連して、分類別の表で死亡者数を見てみましょう。

分類別死亡者数(1997-2005年) 分類 1次的死亡原因 2次的死亡原因
大麻 0 279
制吐剤 196 429
抗痙攣剤 118 56
抗精神病剤 1,593 702
その他 8,101 492
合計
大麻 0 279
FDA承認薬(17種) 10,008 1,679

以上の表からも、大麻が直接の原因(1次的死亡原因)で死亡した人はゼロというのが分かります。

2次的死亡原因とは主に、他の薬物と併用して使用していたり、大麻を使用した状態で自動車の運転などをし、事故を起こし死亡したなどの例が多いでしょう。

つまり医療大麻のみの使用によって死亡した例はなく、死亡した人は居ないのです。

このような事実を日本のマスコミなどがきちんと報道しないのも、日本の医療大麻の合法化を遅らせている要因の一つと言えるでしょう。

・適応疾患

では先程記述した、医療大麻に適応している適応疾患約250種類の疾患を紹介します。

下記は文献や診察を元にして、大麻を用いる事で何らかの治療効果が得られた疾患の表です。疾患名は国際疾病分類第9版(ICD-9)に準拠します。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

抗がん剤が癌を治せないのは常識!名医たち、厚生省技官!米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている!/癌は砂糖、糖質が好き…がん治療にも糖質制限食が有効!そして食養生と栄養をしっかりとる…!合わせて適度な運動などで体温を上げ、免疫力を高める事が有効のようです!


自民党と麻薬利権?麻薬は国や民族を亡ぼす、それが今の日本でも!フィリピン大統領が決死の覚悟で、やくざ組織壊滅に命を懸ける!安倍自民は麻薬を野放しにしている!日本…成人40人に1人が覚醒剤、合成麻薬乱用者=13年調査…!日本には莫大な量の麻薬・覚せい剤が密輸されている。これをやくざ暴力団が扱って暴利を得ている。自民党と右翼・やくざの関係は、安倍の祖父・岸内閣のもとで公然化した。中国では、事柄の重大性から極刑だが、日本は罰金やせいぜい数年の懲役刑で済んでしまう。要するに、麻薬を野放しにしているようなのだ。


麻薬・やくざ退治を要請か!フィリピン・ ドゥテルテ大統領来日【麻薬やくざ利権の安倍晋三】に!フィリピンやくざは、日本やくざの下請け組織!ドゥテルテはアジアの救世主!【阿片戦争で大儲け岸信介】「ジャーナリスト同盟」通信/シャブ列島日本/成人40人に1人が覚醒剤、合成麻薬MDMA乱用者!13年、厚生労働調査…麻薬の大元締めは、CIA、ブッシュ、ヒラリー、そして安倍晋三は、暴力団利権を受け継いでいる!日本は麻薬犯罪に甘い法律、大物元締めが逮捕された記憶がない!やくざの親分と与党の要人が、麻薬販売を巡って裏取引していたことが、元自民党本部職員によって暴露されている!



長生きしたければ、がん検診は受けるな! がん検診で、癌になる…CTなどの検査には、こんなに害がある!/岡田正彦・新潟大学医学部教授/早期発見・早期治療で寿命は延びない。それどころか、CTなどの検査には、こんなに害がある。検診で微細ながんを見つけ出し、激しい治療を施される不利益の方が、放置しておくよりも、むしろ大きいかもしれない。これ一つをとっても、がん検診の有効性には大きな疑問符がつくのです。乳がん検診で、乳がんによる死を防げるのは、1,000人中1人ということです。

ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬!降圧剤、鎮痛剤、糖尿病の薬、抗血栓薬、抗うつ剤、認知症薬で暴力的な人格に!はげ薬でがんになる?新しい薬が新しい病気を作る…その「1錠」が脳をダメにする!薬、病院、医者好きの日本人は金づる、騙しやすい!



インフルエンザ予防接種で13人が死亡!イタリア、死者数は増加中/「あいうべ体操」小学校でインフル激減!

インフルエンザ予防接種で13人が死亡!イタリア、死者数は増加中/「あいうべ体操」小学校でインフル激減!

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載



重曹でガンが治る!?歯科医とイタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ/医学的根拠あり!放射線被曝にも

癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌など。ガン予防、再発防止にも「みそスープ」ダイエット、便秘、美肌にも!そして緑茶…



『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも!胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!




味噌汁は食事全体の塩分を減らす!がん、糖尿病、脳卒中、心臓疾患、痴呆症、高血圧などのリスクを下げる!食事の塩分量を減らすには味噌汁を飲め、実は万能な栄養源だった!

『抗がん』万能の薬効スパイス 『ターメリック』生活習慣病、抗腫瘍、抗潰瘍、消炎作用、肝臓、胆嚢、腎臓、心臓、糖尿病、認知症、動脈硬化、老化防止、美肌、便秘、冷え性、貧血…二日酔い、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎不全 、血栓予防、アレルギー、血液浄化、ピロリ菌除菌など


純ココアが【癌から身を守る】&良質ビターチョコ!糖尿病や心臓疾患など生活習慣病の軽減!ダイエット効果…がん予防に簡単便利…/カカオの抗酸化物質が正常細胞の損傷を予防するという!不飽和脂肪酸オメガ3も豊富…/普通のチョコレートは純ココアに砂糖など混ぜものを入れて作ります。また無糖ビターチョコレートより純ココアの方が安価です。砂糖、ミルクなしが癌予防に効果的です。ただし、バランスの取れた食事の一部としてチョコを使用する場合に限ります!

熱いお風呂で癌を殺せる!日本人のお風呂習慣が癌細胞を殺す!そして『重曹水』を飲む!癌は味噌がキライ、癌は砂糖、糖質が好き!

子宮頸がんワクチン「脳機能異常の副作用も」専門部会、副作用否定の流れ。金と利権!報道ステーション

恐怖の医療と安倍政権の貧困ビジネス!少しでも高い診療報酬を得るために、さしたる病気を持たない人に、長年にわたって入院生活を続けさせる医者とそのネットワーク!患者は金のなる木、ある意味餌食だ!たとえば病院とつるんだ手配師が、高齢の生活保護者を入院させる。病院は手術を繰り返し、金をとる。生活保護者には入院費用が国から出るので、取りはぐれがない。入院期間が2週間を過ぎると診療報酬が下がり、3か月過ぎると病院に支払われる入院医療報酬が激減する。だから、悪質な病院では、できるだけ回転率を上げるために3か月以内に殺して最後に臓器をとる。特定の葬儀屋に連絡して紹介料をとる。

病院に出回る【お年寄り毒殺マニュアル】これが「人殺し医療サギの実態だ」いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者!よくもここまで騙したな/船瀬 俊介, ベンジャミン・フルフォード


日本医師会、医療費をもっとよこせ!年収3000万円でも不足だと…安倍にバラマキ迫る!医療を食い物にする医師会!今夏の参院選挙をにらんで官邸はOKという!医師・病院は守銭奴そのものか!「ジャーナリスト同盟」通信。

「禁煙治療薬」はこんなに危険!米国では「重篤副作用件数ワースト1位」飲み薬バレニクリン!利権の闇… 日刊ゲンダイ/早死にしたくなければ『タバコはやめないほうがいい』禁煙すると肺がんが増える!武田邦彦!
タバコと肺ガンの医学的データはありません⇒「タバコが肺がんの主な原因」とは到底、考えられない。



米国では抗がん剤は癌を治さないと!1980年代から…かえって癌を酷くする!日本の癌治療は20年以上遅れ、代替療法の普及は30年以上遅れている!/アメリカでは、国家的規模で代替医療への取り組みが行われている!/日本の癌医療界はこれを一切無視してきました。意図的に無視していたのです。日本ではそれがいまだに続いており、抗がん剤によって多くの癌患者の生命が日々蝕まれ続けているのです。

米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! ガン死亡者を減らすことにアメリカは成功しつつある!日本では、国際的レベルにくらべて、抗ガン剤は 20倍、手術は 17倍も多い。米国で売れなくなった抗がん剤(ガン利権)の販売先が、全て日本になっている!/米国は「代替医療」の比重を高くすることを、国家プロジェクトとしておこなったためのようです。

抗がん剤は癌を逆に多発化させる!日本は欧米で売れなくなった抗ガン剤の在庫処分場!日本の癌ビジネスは、世界的に見ても最凶最悪の醜悪なビジネス!ガン患者に、絶望と不安と激痛と死を与えるビジネスなのです。/重曹や味噌、緑茶などで予防、再発予防…!/アメリカ食品医薬品(FDA)は、古い抗がん剤を禁止しています。

【放射能魚】千葉県の漁師、奇形魚は「回転寿司」などが激安でが買っていく!最低でも週2回、奇形魚が揚がる!胎児や赤ちゃん死亡は、なぜ多発する!周産期死亡率の上昇…妊娠22週から、生後満1週間までの間の死亡!奇形魚が週2回以上も揚がるという事は、正常な形?の魚も放射能汚染しているという事だろう!



sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

--
から送られてきた高速メモ帳
関連記事
スポンサーサイト



[ 2016年10月28日 17:13 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

日々物語FC2

Author:日々物語FC2
日々物語

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR