今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  脱原発 >  ロシア製『中性子検出器』は福島第一原発事故処理の救世主となりうる【放射能猛毒トリチウム】除染プロジェクト

ロシア製『中性子検出器』は福島第一原発事故処理の救世主となりうる【放射能猛毒トリチウム】除染プロジェクト

ロシア製『中性子検出器』は

福島第一原発事故処理の

救世主となりうる!

【放射能猛毒トリチウム】

除染プロジェクト!




ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

ロシア製中性子検出器は福島第一原発事故処理の救世主となりうる

ロシア製中性子検出器は福島第一原発事故処理の救世主となりうる © AFP 2017/ POOL / Issei KATO

2017年04月06日 07:31(アップデート 2017年04月06日 14:29)

先日ロシアのロスラオ(RosRAO)社(放射性廃棄物処理公社)イノベーション発展プロジェクトオフィスのリーダー、セルゲイ・フロリャ氏が、日本からロシアに帰国した。同オフィスは、日本で、小型中性子検出器開発プロジェクトについて紹介した。

© REUTERS/ TORU HANA

ロスラオは、2段階にわたる国際公開入札の結果、福島第一原発事故処理プロジェクトへ参加することになった。スプートニク日本記者は、帰国したフロリャ氏に、話を聞くことができた。以下その内容を、皆さんにお伝えする。

スプートニク:「プロジェクトはどのような目的でなされるのか?」

フロリャ氏:「プロジェクトは、福島第一原発が直接必要とする機器製造のためのもので、その機器は、原子炉内の燃料の分類上の所属を決定できる能力を持つものとなる。事故後、原子炉の中に残っている燃料がどのように分布しているのか、現在誰にもはっきり分からない。

しかしその活動が大変活発なことから、それらを見つける必要がある。まず第一に、それが今後の作業の継続を妨げないよう、除去しなければならない。ただ、燃料断片の放射能が高いため、原子炉内に入るためロボット機器を使う事はかなり難しい。」

スプートニク:「作業は、どのくらいの速さで進んでいるのか? 日本でのプロジェクトの直接の発注元はどこなのか?」

フロリャ氏:「小型中性子検出器製造の入札は、三菱総合研究所が資源エネルギー庁(ANRE)のために組織したもので、同庁もまた主要な発注元だ。入札は1月20日に発表され、我々は2月28日にすでに、直接のプレゼンテーションを持った。

そして3月半ばに、結果発表がなされた。現時点では、プロジェクトの入札参加者すべてが、福島第一原発用中性子検出器のあらゆるコンセプトを徹底的に検査する第一段階のみを通過している。

現在は、技術的経済的調査及び大量サンプルの準備がなされ、その後これらの性能調査が行われる。我々は、福島第一原発で使うため製造したいと思っている最終的な機器を絞り込んでいる。

我々は、モデル(ひな形)を作った後、あらゆるテストをし、そのモデルを今年末までに日本側に示す。

もし彼らがそれを気に入れば、我々は第二段階に進むことができる。そして中性子検出器の完全なシステムの製造に関する決定が下され、検出器はその後、福島で試験されることになるだろう。」

© SPUTNIK/ GRIGORIY SISOEV
日露 原子力プロジェクト討議の用意

日本がロシア企業ロスラオを、福島第一原発が抱えるアクチュアルな諸問題解決に向けた協力に引き込んだのは、何も今回が初めてではない。以前日本政府は、ロスラオを汚染水からトリチウムを除去する技術検証プロジェクト実施のため選んだ3つの外国企業のうちの一つに含めている。

スプートニク:「現在、トリチウム除染プロジェクトは、どの段階にあるのか? 世界はまだ、放射性物質に含まれるトリチウムを処理するという、これほど大掛かりな問題に直面したことはなかったのではないか?

フロリャ氏:「放射能に汚染された水からトリチウムを除いてきれいにする技術プロジェクトは、昨年終了した。しかし日本側はまだ、世界のどこにもない除染方法について、最終的決定を下していない。つまり問題が残っているという事だ、日本側は、排水をコントロールする方法を、おそらく検討することになると述べた。

しかし、本当に最後の決定は、やはりまだ下されてはおらず、その可能性について日本側は、調査を続けている。」

スプートニク:「放射能汚染水除染プロジェクトには、米国企業も参加している。今回の国際チームを代表しているのは誰なのか?」

フロリャ氏:「入札作業の現時点で、米国の代表者はいないが、フランスと日本自身が参加している。開発において我々にどれくらい強みがあるのか、自分自身について語ることは常に難しい。

しかし、もし我々が入札に勝ったら、我々の仕事が評価されると思う。恐らく、この分野での巨大な経験が、我々を助けている。長年にわたって実証済みの解決法もある。おまけに我々は、ある部分ではロスアトムと共に力を合わせている。」

核分野のリーダー役であるロシアは、原子炉の設計に関係した学術的技術的開発、そして核燃料開発のレベルにおいて、世界の先導役だとみなされており、またロシア製の原子力エネルギー設備も、世界で最も信頼性が高く安全なものの一つだと考えられている。

なお日本側は、原子炉解体を含めた完全な事故処理には、およそ40年かかるだろうと指摘している。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

ロシア、福島第一原発の汚染水を最大限効果的に浄化する装置を日本に提案!決定は、日本側にかかっている!安倍・官僚・原発ムラは果たして?/猛毒トリチウムを除去する技術、浄化の効果は日本側が必要とするものより100倍も高い水準!


ロシア、放射能を中和させる方法を発見!福島の汚染水を浄化させることも可能か!短時間で…/ロシア科学アカデミーA.M.プロホロフ一般物理研究所の研究グループが、わずか1時間で放射能を中性化、安全化させる方法を発見した。福島原発事故で知られているセシウム137の半減期は30年だが、整えられた条件のもとでは、1時間以内に中性バリウムに変わる。タンクからトリチウムやセシウムを含む汚染水が流出し続けている福島で、この開発が多くを是正するかもしれない。とシャフェエフ所長。


安倍政府は、黙って国民を「トリチウム」を含む毒に、さらし続けている!放射能汚染の壮大な人体実験場!これほど夢のない、明日に希望のない国になったのは、戦後、初めてのことである。なにしろ安倍晋三が首相なのだから。兵頭正俊氏…/深刻なのは、福島第1原発も、放射能汚染も考えない家畜化された国民である。


フクイチ核燃デブリ「地底臨界」を収束できる能力と技術をもつのはロシアしかない!恐怖の中性子線やトリチウム… 飯山一郎氏… 

原発取材2000日… お笑い芸人『おしどりマコ&ケン』ジャーナリスト超え!山本太郎、素晴らしい番組…泣いてしまった!子ども達や原発作業員の健康問題!NNNドキュメント!フクイチの地下から危険な中性子放射性・猛毒トリチウム殺人水蒸気!を東電に認めさせたおしどりマコ!





ロシアの無線電子兵器が【核戦争】をこの世から排除する!ロシアの科学技術は凄い…新兵器は世界の平和に寄与します!プーチンは第三次世界戦争を避けるため…できる限りのあらゆる事をしている!戦争を望んではいない!/ユダヤ米国は軍事面でも優位性を失い、ついに貧困率以外では世界一の座を明け渡しました! richardkoshimizu official website



プーチン大統領、世界のテロ攻撃の95%が【CIAによって指揮されている】CIAこそが影の政府の謀略機関であり「世界寡占と、NWO新世界秩序」の意志を表明していると主張!世界に広がるCIAネットワーク! - みんなが知るべき情報/今日の物語



シリアでの化学兵器攻撃はヤラセ!アサド政権が化学兵器を使ったのではなくて政権が攻撃したテロリストの倉庫が毒ガス貯蔵所だったという事!化学兵器を廃棄済みのシリア政府を西側は批判する合唱を始めた!日本にはこうした米国の有力メディアの嘘を有り難がっている人が今でもいるようだ!おそらく確信犯であるだろうマスコミはともかく、日本国民もいい加減、目を覚ましてもらいたいものである! - みんなが知るべき情報/今日の物語


http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/608cac8e0c4fd1fb7b0cefd2d83e3442

フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017年04月13日 08:13 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR