今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  政治 >  安倍晋三家の戦争ビジネは【明治維新の武器商人】に繋がる!米国による日本支配の原点!吉田茂の養父=明治維新から岸~安倍に繋がる!いま北朝鮮紛争ビジネス!先の戦争『アヘンで大儲け』

安倍晋三家の戦争ビジネは【明治維新の武器商人】に繋がる!米国による日本支配の原点!吉田茂の養父=明治維新から岸~安倍に繋がる!いま北朝鮮紛争ビジネス!先の戦争『アヘンで大儲け』

安倍晋三家の戦争ビジネは

【明治維新の武器商人】に繋がる!

米国による日本支配の原点!

吉田茂の養父=明治維新から

岸~安倍に繋がる!

いま北朝鮮紛争ビジネス!

先の戦争『アヘンで大儲け』


先の戦争を指導していた人たちが、

戦後また支配的な地位に

留まり続けた日本!

明治政府は長州と薩摩の

クーデター政権である!

明治からの日本は日本では無い!


吉田茂


安倍晋三、徴兵制度の復活は【私の歴史的使命】2013年8月13日、後援会主催会合 /あなたの子、孫が安倍軍隊!

安倍首相の家系は『アヘン戦争に加担』『明治維新の武器商人』吉田茂の養父。米国による日本支配の原点!? 吉田茂の養父である吉田健三氏は、アヘン戦争に深く加担したと言われ、明治維新を陰で操ったと見られているイギリスの武器商社であるジャーディン・マセソン商会の横浜支店長をしていた人物である。
吉田茂の立脚点は、日本の側にではなく、米国、米国資本の側にあったのだと考えるべきであろう。日本の戦後民主化にブレーキをかけ、日本の思想統制を実行したのが吉田茂である。 植草一秀の『知られざる真実』 - みんなが知るべき情報/今日の物語
(抜粋引用)

吉田茂の養父である吉田健三氏は、

アヘン戦争に深く加担したと言われ、

明治維新を陰で操ったと見られている

イギリスの武器商社である

ジャーディン・マセソン商会の

横浜支店長をしていた人物である。

吉田茂の立脚点は、

日本の側にではなく、

米国、米国資本の側に

あったのだと考えるべきであろう。

日本の戦後民主化にブレーキをかけ、

日本の思想統制を実行したのが

吉田茂である。

この吉田茂時代に、

米国による日本支配が

固められていった事実を

見落とすことはできない。

日本の既得権益の中心に

位置するのは米国である。

そして、いまなお「終わらない占領」

という現実が横たわっている。

抜粋引用…

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/588b8a9f0b4d4386e52fe6a010d4a26d


維新から大戦、敗戦から現代に連なる不断の水脈: 植草一秀の『知られざる真実』

維新から大戦、敗戦から

現代に連なる不断の水脈…

私たちは『戦後史の正体』を

確認する必要がある。

戦前は戦後につながり、

明治は昭和につながっている。

そして、明治維新についての

真相解明が強く求められている。

現代日本を正確に理解するには、

明治維新の謎を

解き明かすことが必要である。

支配者は「民主主義」の装いを

纏(まと)うが、

現実には民主主義を敵視している。

岸信介も、賀屋興宣も、正力松太郎も

CIA協力者リストに名前があがっている。

全文は下記に…

日本の中のCIAエージェント、一覧表


明治維新から岸~安倍に繋がる、先の戦争を指導していた人たちが、戦後また支配的な地位に留まり続けた日本!現代日本を正確に理解するには、明治維新の謎を解き明かすことが必要である。支配者は「民主主義」の装いを纏(まと)うが、現実には民主主義を敵視している。岸信介も、賀屋興宣も、正力松太郎もCIA協力者リストに名前があがっている。 - みんなが知るべき情報/今日の物語より

ブログランキング・にほんブログ村へ

明治維新から繋がる安倍晋三らの戦争・侵略主義!三菱、三井、東芝、松下! 創価学会・神社本庁・日本会議・統一教会!日本政治の後進性… !明治政府は長州と薩摩のクーデター政権である。

満州国で安倍の祖父・岸信介もアヘンで大儲けし、巨大な富を築いた!生体人体実験の731部隊の指揮も岸信介!安倍晋三は死の商人の家系! 昭和天皇が嫌っていた松岡洋右と安倍晋三は親戚だった!


日中戦争は安倍晋三の祖父「岸信介のための第二次アヘン戦争」阿片戦争でぼろもうけした!麻薬/死の商人/暴力団、手下は 朝鮮人ヤクザ…

安倍首相の家系は『アヘン戦争に加担』『明治維新の武器商人』吉田茂の養父。米国による日本支配の原点!麻生太郎も…/まさしく非民主主義者『死の商人』の家系である。原発、戦争、増税など、非民主主義者らの暴政、暴挙が、これで理解出来る!植草一秀の『知られざる真実』

安倍がしがみつく“日本の国家主義”は「明治に確立」したものであろう〈富国強兵・ 殖産興業・財閥誕生〉武器輸出・原発輸出、そのための集団的自衛権の行使・派兵へと突き進むという。安倍の言う「強い国」だ。19世紀・20世紀の価値観である。暴利に励む財閥の意志でもある。

明治維新とは/明治からの日本は日本では無い!即ちこの「開国」とは「植民支配受容」と云うことである!

安倍首相の祖父・岸信介衝撃発言!先の戦争は「侵略戦争だった!!」日中戦争は岸信介の第二次アヘン戦争、莫大な利益!安倍家は死の商人!

安倍晋三は日本国民にとって、最も危険な存在である!戦争ビジネスのために若者を殺そうと…集団的自衛権。 戦争は、 1%にとってはビジネスで あり、莫大な金儲けに直結している!

安保法案成立で、血税が強奪され、武器・防衛費が増大!社会保障費はさらに削減!安倍の兄は軍需産業・三菱…死の商人の家系!


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

維新から大戦、敗戦から現代に連なる不断の水脈: 植草一秀の『知られざる真実』

維新から大戦、敗戦から現代に連なる

不断の水脈…

植草一秀の『知られざる真実』


維新から大戦、敗戦から現代に連なる不断の水脈
2015/05/07 15:59:40

哲学者の内田樹氏と政治学者の白井聡氏による対談書


『日本戦後史論』(徳間書店)
http://goo.gl/rkFHcI

おもしろい。

帯には

「タブーなしの徹底対談!」

とある。

「タブーなし」

とあるように、本書では、

「天皇の戦争責任」

が論じられている。

第二次大戦の敗戦後、日本は新しい時代を迎えたと思われているが、その実、戦前の日本を引きずっている。

二人の著者は占領下の日本の徹底検証が必要であると強調する。

白井氏は

『永続敗戦論』


http://goo.gl/yibEL5

で、大いなる注目を浴びている。

白井氏は、戦後の日本が、第二次大戦の純然たる敗北、文句なしの負けをごまかしてきた、と指摘する。

白井氏はこれを「敗戦の否認」と呼ぶ。

なぜ敗戦を否認しなければいけなかったのか。

白井氏はこう指摘する。

「あの戦争を指導していた人たちが、戦後また支配的な地位に留まり続けるためです。

彼らは間違った指導をしたのですから、本来は損な地位に就けるはずがない。

だから敗戦という事実をできる限りあやふやにしなければならなかった。」

戦後の日本は戦前と断絶し、新しい時代に切り替わったと学校では教えている。

しかし、内実は違う。

戦後の日本は、内実のところで、戦前を引きずっているのである。

そして、旧体制が自己保身するために、すべてを米国に寄り添ってきたのである。

内田氏は同書末尾で次のように述べる。

「フランスの場合を似ているのは、占領期に占領軍と通じていた人間たちが、その後の日本政府の中枢を占めているということです。

自民党のある部分は敗戦時に軍隊の物資を私物化したフィクサーとCIAの合作です。

ですから、そこにかかわる話は日本の保守政界でも、保守系メディアでも完全なタブーですね。

しかしいまだに当時の関係者たちの末裔たちが政権中枢に居座っている。

占領期にアメリカと通じた人たちとその係累たちが今も続いて日本の支配層を形成している。

占領期における対米協力者というのは、フランスにおける対独協力者と機能的には同じものですよね。

岸信介も、賀屋興宣も、正力松太郎もCIA協力者リストに名前があがっている。

アメリカは公文書を開示してくれますから、日本人自身がどれほど隠蔽しようとしても、外から情報が漏れてきてしまう。

岸と正力がCIAのエージェントだったことを知れば、安倍晋三と読売新聞がつるんでいるという政治的絵図は1945年から変わっていないということがわかります。」

情報を開示する米国ではあるが、岸信介に関する情報は、いまだに十分開示されていない。

白井氏は、

「CIAの情報は自動的に何年か経てば公開していくはずなんだけれども、岸ファイルについては例外扱いで、公開されていなのだそうです。

戦後の日米関係の根幹、ひいては現在の日米関係を揺るがしかねないという反なのでしょう」

と指摘する。

私たちは、『戦後史の正体』を確認する必要がある。

戦前は戦後につながり、明治は昭和につながっている。

そして、明治維新についての真相解明が強く求められている。

現代日本を正確に理解するには、明治維新の謎を解き明かすことが必要である。

支配者は「民主主義」の装いを纏(まと)うが、現実には民主主義を敵視している。

民主主義の装いを纏い、いかに人民を欺くかに腐心しているのである。

その内実、カラクリを見破り、支配の構造を打破、刷新しなければならない。

民衆を指揮して、日本政治の構造を打破する「運動」の始動が求められている。

続きは本日の
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

植草一秀の『知られざる真実』より
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1001861/1026314/99471697

========

『明治維新の闇』と『安倍一族』安倍晋三の戦前への回帰。日本を戦前に引き戻す「狂気の政権」/植草一秀の『知られざる真実』http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1001861/1026314/92258199

天皇を元首とする国家というのは

必ずしも天皇崇拝の国にすることではない。

天皇の権威を利用して、

独裁政治を行う状況を生み出そうとするものである。

そもそも、明治維新には重大な疑惑がつきまとっている。

明治の新体制は天皇の権威を利用して

独裁政治を行うシステムとして構築された疑いがある。

そのシステム構築に深く関与しているのが長州である。 

安倍晋三氏の祖父にあたる岸信介氏が

戦犯容疑者として収容される際、

ある人物は「いずれ総理になる」と告げたという。

その人物が創設した宗教の本部が

山口県熊毛郡田布施町にある。

私たちは明治維新の真実を

もう一度見つめ直す必要に迫られている。

- みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

明治維新から繋がる安倍晋三らの戦争・侵略主義!三菱、三井、東芝、松下! 創価学会・神社本庁・日本会議・統一教会!日本政治の後進性… !明治政府は長州と薩摩のクーデター政権である。

日本国家の真相 明治維新で長州藩田布施一味に…安倍晋三、岸信介、小泉純一朗…『日本のいちばん醜い日』

米軍の北朝鮮攻撃に参加?自衛隊と米空母カールビンソン共同訓練の裏で安倍政権が進める恐怖の計画!安倍は戦争回避や平和的解決へ向けた声明を一度でも出しただろうか!いや、皆無だ!この宰相は自らの野心のために戦争と国民の命すら利用しようというのである!稲田朋美が自衛隊とカールビンソンの共同訓練について答弁拒否!国民不在で進められる北朝鮮戦争参加計画! - みんなが知るべき情報/今日の物語



米兵器を買え【トランプ北朝鮮紛争】日本の防衛予算吊り上げ、自衛隊の任務を拡大が狙い!日本の社会保障も消えていく!北と一戦を交える気は毛頭なし!元外交官の会見に透けた米国の本音! 金正恩暗殺を一笑!危機を煽る安倍政権、日本のメディア! ーみんなが知るべき情報/今日の物語


明治維新とは/明治からの日本は日本では無い!即ちこの「開国」とは「植民支配受容」と云うことである!

明治維新はロスチャイルド、ロックフェラーの陰謀!子分の日本の若者たちが維新をつくった!戦争の歴史…


ついに明治維新からの日本植民地化が完成するのである!安倍晋三の米議会における売国演説!日米同盟、TPP… 兵頭正俊氏/米のTPPターゲットは、わが国の郵貯マネー約270兆円、医療保険、個人資産700兆円である!


小沢健二の父・小澤俊夫が共謀罪と安倍政権批判!オザケン自身も権力の詐術を暴く鋭すぎる論評!健二の祖父…日本から満州に来た官僚の中で一番悪いのは岸信介(安倍の祖父)だと!岸はアヘン取引による莫大な利益アヘンマネーを、国家経営や戦争遂行、謀略工作に回す一方、一部を私的に着服していったという!地上げをし、現地人は苦しめ、賄賂を取って私財を増やしたと。岸が自民党総裁になったときにこんなヤツを総裁にするなんて、日本の未来はない!とハッキリ言った。その岸の末裔が首相になって、日本は本当に未来がなくなっちゃったね。 - みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍晋三と創価学会とオウムと統一教会の闇の絆!サリン、北朝鮮、文鮮明、CIA…生体実験731部隊…

安倍のオトモダチ内閣の正体、ファシスト団体「日本会議」統一教会信者が19閣僚のうち15人!売国に拍車が

三井財閥が牛耳る日本政府!三菱・東芝・日立の財閥が安倍内閣をリモコンに!原発・軍事・戦争・右翼に金を流しているのも財閥!


牙をむいた安倍・自公内閣と日本財閥<核・原発・武器の売人に変身>日本衰退を軍国主義でカバー !

なかにし礼、平和憲法は“300万人の死者の血と涙”によって得たもの!日本が各国に運動すべき憲法! 安倍首相は祖父・岸信介教の狂信的信者にすぎない!


日米軍産複合体が、戦争で食っていくために、中国脅威論という物語が必要なのだ!戦争で食べていく国への堕落!戦争で食べていく国への堕落!兵頭正俊氏…安倍訪米、新日米ガイドライン!


米戦争屋は日中を衝突させ、日中紛争、戦争を狙っている!安倍ポチの中国敵視利用!東海シナ海に自衛隊!/日米軍産複合体が、戦争で食っていくために、中国脅威論という物語が必要なのだ!戦争で食べていく国への堕落!兵頭正俊氏…安倍訪米、新日米ガイドライン!


高齢者『早死に棄民計画』確信犯の汚染水垂れ流し、被爆隠蔽“高齢者扶養減らし”事故収束に本気でない

安倍晋三ら、バカな支配者によって日本は滅びる!棄民政策/自殺者「年間10万人」高齢者、若者にも、死ね! 兵頭正俊氏/原発中心の国家運営、 1%の多国籍企業に奉仕する国づくり…

安倍晋三は日本国民にとって、最も危険な存在である!戦争ビジネスのために若者を殺そうと…集団的自衛権。 戦争は、 1%にとってはビジネスで あり、莫大な金儲けに直結している!

安倍晋三、徴兵制度の復活は【私の歴史的使命】2013年8月13日、後援会主催会合 /あなたの子、孫が安倍軍隊!

ママ達は、原発作業員「徴兵制」について、深刻に考えた方がいいと思う『廃炉作業員臨時召集令状』可能性!



【北朝鮮ミサイル】予測も迎撃できない!安倍晋三は危機を煽る!ミサイルが発射されたら「7分」で原発、首相官邸に着弾!原発に撃ち込まれたら大参事になる!天皇陛下の親書によって安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相が、世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」(中心的存在は、小沢一郎代表、キッシンジャー博士)の信頼をすっかり失っている安倍晋三首相!役に立たない米国製ガラクタ武器を血税で買う安倍政権! - みんなが知るべき情報/今日の物語



テロ等準備罪、ネットで再稼働反対呼び掛けは【共謀罪】安倍政府のやることには一切逆らえなくなる!ここに戦時国家が誕生する言論の自由が完全に封じられる!徴兵制を発令しても、戦費調達のための増税を導入しても、国民は黙って従うしかない!この法案は絶対に阻止しなければならない!モーニングショー「そもそも総研」 - みんなが知るべき情報/今日の物語


【共謀罪】戦争をする国家は必ず反戦を訴える人物を押さえつける!作家・半藤一利氏(86)昭和史の第一人者…共謀罪&時代に警鐘【隣組】に密告され?父は3度も警察へ!戦争が始まる数年前までは明るかった!窮屈になるのは、あっという間だった!昔は治安維持法、今は共謀罪! - みんなが知るべき情報/今日の物語


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語


sohnandae Twitter→復活Twitter

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017年04月25日 16:35 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR