今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  脱原発 >  福島・浪江山林火災、放射能拡散中、風にのり!燃え続ける【高線量】消火活動阻む!火災が放射能を拡散させたチェルノブイリ事故!安倍政府はなぜ、もっと本腰を入れて消火に当たらないのか!

福島・浪江山林火災、放射能拡散中、風にのり!燃え続ける【高線量】消火活動阻む!火災が放射能を拡散させたチェルノブイリ事故!安倍政府はなぜ、もっと本腰を入れて消火に当たらないのか!

福島・浪江山林火災、

放射能拡散中、風にのり!

燃え続ける…

【高線量】消火活動阻む!

火災が放射能を

拡散させたチェルノブイリ事故!

安倍政府はなぜ、もっと本腰を

入れて消火に当たらないのか!



7日めも燃え盛る福島山林火災 放射能拡散の危険性はありうる(記事は下記に)


<浪江林野火災>高線量 消火活動阻む | 河北新報オンラインニュース(記事は下記に)


火災が放射能を拡散させたチェルノブイリ事故 環境ジャーナリスト山本節子さん「がれき焼却を続けると何が起きるのか」(記事は下記に)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

7日めも燃え盛る福島山林火災 放射能拡散の危険性はありうる

7日めも燃え盛る福島山林火災 放射能拡散の危険性はありうる

スプートニク日本

2017年05月05日

福島第一原発事故による帰還困難区域の山林火災は発生から7日めとなった5日も燃えている。

福島県浪江町井手の国有林では消防、自衛隊による消火活動が続けられている。4日には自衛隊ヘリコプターなど12機が空から消火剤をまき、地上でも消防、自衛隊のおよそ240人が放射性物質からの防護服を着用して消火にあたったが、鎮火のめどはたっていない。

チェルノブイリの森林火災の消火にあたったグリーンピースロシアの消防士、アントン・ベネスラフスキー氏は、次のように断言する。

「火災中、セシウム137やストロンチウム90、プルトニウムのような放射性核種が空中に上がり、風によって運ばれる。これは動揺を掻き立てずにはいられない。それは、この不安定な原子を人々が吸い込み、内部被爆を被るためだ。」

福島県は火災による周辺の放射線量に目立った変化はないと発表している。 福島の帰還困難区域で森林火災 40時間以上


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

<浪江林野火災>高線量 消火活動阻む | 河北新報オンラインニュース

<浪江林野火災>高線量 消火活動阻む


下山後、被ばく線量のチェックを受ける消防隊員=2日、福島県浪江町

 発生から1週間となった福島県浪江町の山林火災は、東京電力福島第1原発事故の被災地での災害対応の難しさを浮き彫りにした。現場は立ち入りが厳しく制限される帰還困難区域とあって消防団を投入できず、高い空間線量も消火活動の足かせとなった。

 延焼場所は最寄りの公道から徒歩で1時間半程度かかる山間部。住民の避難が6年以上続いていることもあり、山道は手入れが行き届かない。当初は倒木が消防隊の行く手を阻んだ。

 周囲には福島県内でも比較的、空間線量が高い地域が広がる。地元消防や自衛隊は火勢だけでなく、放射線防護にも注意しながらの活動を強いられた。

 隊員はそれぞれ、通常の活動服の下に白い防護服を着用。放射性物質の吸入を防ぐためのマスクは息苦しく、疲労感を増幅させる。下山後には、休憩前に被ばく線量を計測する列に並ばねばならなかった。

 近隣から駆け付けた消防ヘリも特殊な装備で臨んだ。航空隊を派遣した仙台市消防局は「空間線量、個人の被ばく線量の計測器を携行させた」と話す。
 態勢にも制約が生じた。消火活動の主力を担うはずの消防団は今回、装備不足などから投入が見送られた。地元消防本部の大和田仁消防長は「機動力とマンパワーに優れているのが消防団。連携できないのは痛手」と嘆いた。

 福島県は原発事故後、避難区域で山林火災の訓練を重ねてきた。だが、出火の想定は民家に近い里山。担当者は「ポンプ車が入れない山あいでの活動は想定していなかった」と語った。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

チェルノブイリでは森林火災が放射能を拡散! 半歩前へⅡ/ウェブリブログ

チェルノブイリでは森林火災が放射能を拡散!

<<   作成日時 : 2017/05/06 14:54   >>

▼チェルノブイリでは森林火災が放射能を拡散!

 環境ジャーナリストの山本節子が「がれき焼却を続けると何が起きるのか」の講演の中で、森林火災と放射能について触れている。

 福島の帰還困難区域で起きた山林火災と無縁ではないので重要な箇所だけピックアップして転載する。

 なお、福島の火災は鎮火の兆しがなく発生から8日目を迎えた6日も延焼中だ。

 安倍政府はなぜ、もっと本腰を入れて消火に当たらないのか?福島が危ない。日本がが心配だ。

********************
山本節子の講演

 私はいろんなことを発言する時、必ず出典を明らかにする。その出典を誰が見ても必ず後づけられるものばかり。裏情報は使わない。そうして公然とものを言わないと、反撃があった時に言い返せない。

 というわけで、きょうの出典は2つ、2009年に出た学術論文「チェルノブイリ立入禁止区域における、森林火災、煙の排出と放射性物質の拡散」と、その論文を元に追いかけて取材した去年7月のBBCニュース。

 論文の結論とは、チェルノブイリの放射能汚染は森林火災によって広がった。ひるがえって日本ではどうか。がれきの広域処理は焼却炉という特殊な施設を使うために、森林火災よりももっと広範で、もっと大きな汚染を周辺にまき散らす。

 チェルノブイリはどういう所かと言うと、ほとんどが針葉樹林地帯で70%、30%は農業地帯。立入禁止区域は約2600平方キロメートル。それに対して、福島県の立入禁止区域は1600平方キロメートル。

 チェルノブイリで1995年に大火災が発生した。この火災の煙の中に何があったのか。調査の結果、微小粒子状物質(PM)が放射能を含んでいることが分かった。

 森林火災で発生したPMにはいろんな核種が入っていることが分かった。最大の核種はプルトニウム。結局、PMを含む煙にさらされると、そこに住む住人、煙の進行方向に当たった住人は内部被ばくのリスクに常にさらされることになる。そして、煙は何千キロメートルも旅をする。

 原発事故は即時的な被害だけでなく、何年も経ってから起きる火災でダメージが増幅されていることが分かった。長期にわたる環境影響は否定できない。

 福島でもどこでも、森林や放射能を受けた草地や農地は、そのまま放っておけば悪さはしない。しかし、手を入れて除染したり、あちこちに動かして、持っていった先で高温処理をするとどうなるか。

 はっきりと放射能の拡散に手を貸していると言わざるを得ない。それが、論文が教えてくれていること。チェルノブイリの森林火災で放射能が拡散することが分かった。

詳しくはここをクリック
http://www.palge.com/news/h25/2/20130222kouen.htm


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


【驚愕】福島原発「建屋カバー撤去」で放射能汚染急増中【都内で4.5倍・福島で65倍】女性自身!2017年3月末 - みんなが知るべき情報/今日の物語



日本国は人類史上、最低・最悪・最凶の国民皆殺しの国家である!ドイツのTV局は日本国民は放射能を食べされている!


【残忍】福島の人が帰る…放射能、年間20ミリシーベルト「ドイツでは原発作業員の限度」とのこと!小学校に原発を作るのと同じ…ドイツで言われた【おしどりマコ&ケン】日本の国民はそれを受け入れたのか、と! お笑い芸人VS原発事故、マコ&ケンの原発取材2000日の記録



【捨て駒】福島住民、原発事故事故を起こしても大丈夫!セールストークのため福島の住民が自ら除染し住み続けるモデルケースを作る!オリンピック日本開催もその一環!おしどりマコ&ケンの原発取材2000日の記録!アジア等で50基以上の原発を作る事は世界で決まっていたしかし福島で3基が爆発!


放射能汚染…東京、日本の惨状!2016年現在…東京32カ所が10倍基準超え/食品汚染 …TVを信じて5年間食べ続けてる日本人!…もう住めないよ!東京は、この惨状だから、関東を含めた東日本は…日本中に食品汚染…



首都圏の急病人が異常に激増している!内部被曝が日本列島の人間に均等におき、被爆による疾病や突然死!首都圏の急病人が首都機能を止める…これが、爆発的に加速します。/駅や電車での急病人がさらに深刻化!血まみれの人や血だまりの目撃例多数、阿鼻叫喚の始まりか!


日露会談、福島原発事故の廃炉作業で協力する用意があるとプーチン大統領が明言した!放射能猛毒トリチウム除去、核燃デブリ「地底臨界」を収束できる能力と技術をもつのはロシアしかない! - みんなが知るべき情報/今日の物語



癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌など。ガン予防、再発防止にも「みそスープ」ダイエット、便秘、美肌にも!そして緑茶…




『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載


戦争国家へ【明治維新】を陰で操った安倍晋三の曾祖父!米国による日本支配の原点!アヘン戦争で大儲け【明治維新の武器商人】吉田茂の養父「吉田健三」イギリスの武器商社であるマセソン商会の横浜支店長!日本の戦後民主化にブレーキをかけ、日本の思想統制を実行したのが吉田茂である!安倍晋三も麻生太郎も死の商人の家系である! - みんなが知るべき情報/今日の物語






フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017年05月07日 09:13 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR