今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  政治 >  加計【受託収賄事件】安倍晋三容疑者!?この国の分水嶺「暗黒政権」の恐怖支配を許すのか!今こそ狂乱政権を倒す勝負どころ!前川氏の言動をたたえる声は複数挙がった!なぜ、前文科次官は腹を固めて告発したのか!そうしなければ消されてしまうからだろう!

加計【受託収賄事件】安倍晋三容疑者!?この国の分水嶺「暗黒政権」の恐怖支配を許すのか!今こそ狂乱政権を倒す勝負どころ!前川氏の言動をたたえる声は複数挙がった!なぜ、前文科次官は腹を固めて告発したのか!そうしなければ消されてしまうからだろう!

加計【受託収賄事件】安倍晋三容疑者!?

この国の分水嶺「暗黒政権」の

恐怖支配を許すのか!

今こそ狂乱政権を倒す勝負どころ!

前川氏の言動をたたえる声は複数挙がった!

なぜ、前文科次官は腹を固めて告発したのか!

そうしなければ消されてしまうからだろう!



加計疑惑はこの国の分水嶺 暗黒政権の恐怖支配を許すのか(日刊ゲンダイ) 赤かぶ(記事は下記に)



安倍晋三容疑者の加計グループ受託収賄事件:「前川氏の言動をたたえる声は複数挙がった。」 – richardkoshimizu official website(記事は下記に)





ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

加計疑惑はこの国の分水嶺 暗黒政権の恐怖支配を許すのか(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

加計疑惑はこの国の分水嶺 暗黒政権の恐怖支配を許すのか(日刊ゲンダイ)

加計疑惑はこの国の分水嶺 暗黒政権の恐怖支配を許すのか|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL
2017年5月26日 日刊ゲンダイ 文字お越し


繰り出される“前川爆弾”(C)日刊ゲンダイ

 安倍首相の“腹心の友”が理事長を務める「加計学園」をめぐる疑惑で、ついに文科省の大物OBが公の場に出てきた。

 週刊文春や朝日新聞で「文科省の文書は本物」と証言した前文科事務次官の前川喜平氏が、25日、東京の弁護士会館で記者会見。あらためて文書について「在職中に共有していた文書で、確実に存在している」と断言したのだ。

 獣医学部新設についても“加計ありき”を「暗黙の共通理解だった」と吐露し、文書にあった〈官邸の最高レベル〉については「総理か官房長官かと思った」と当時の印象を語った。証人喚問に呼ばれた場合は「あれば参ります」と明言する腰の据わった会見だった。

「極めて薄弱な根拠で規制緩和が行われた。公平公正であるべき行政のあり方が歪められた」と、冷静な語り口ながらも怒りがにじみ出ていた。もはや、どこにでも出て行ってやる、という決意が見てとれた。

 前川氏の反乱に安倍官邸は逆上、徹底して潰す気だ。菅官房長官はきのうの定例会見で、天下り問題で前川氏が辞職した経緯について、「地位に恋々としがみつき、世論の批判にさらされて、最終的に辞任を承知した」と自ら進んで言及。驚くべき人格攻撃までやってのけたのである。

■国家権力によるリークはまるで北朝鮮

 官邸による“前川潰し”は、朝日新聞のスクープで文科省文書が明るみに出て以降、「北朝鮮か」というほどの尋常ではないレベルにある。

 22日付の読売新聞の〈前川前次官 出会い系バー通い〉という記事について、きのうの参院農水委員会で桜井充議員(民進党)がこう言っていた。

「国家権力を使ってあんな記事を書かせる。これ恐怖政治ですよ」

 普通、一般紙は犯罪行為があったわけでもない“下ネタ”スキャンダルなど記事にしない。桜井議員は、官邸が捜査当局から得た情報を読売にリークしたものだという見方を示したのだ。

 きのう発売の週刊新潮もこの出会い系バーの一件を報じているが、〈安倍官邸は警察当局などに前川前次官の醜聞情報を集めさせ、友好的なメディアを使って取材させ、彼に報復するとともに口封じに動いたという〉と内幕を明かしている。

 確かに前川氏は、出会い系バーに出入りしていた。「女性の貧困などを知るための社会調査だった」と会見で説明したが、それがきれいごとだったとしても、事件化もしていない醜聞で内部告発者を抹殺。手段を選ばない暗黒政権は、「何でもアリ」の狂気だ。

■個人攻撃への抵抗と義憤に駆られた行動

 共鳴”“同志”と呼んだ森友学園の籠池泰典前理事長をトカゲのシッポ切りで抹殺したのと同じ構図。会見で「読売の記事は権力の脅しだと思うか」という質問に対し、前川氏は「そんな国だとは思いたくない」と答えたが、今回、腹を固めて告発に踏み切った背景に、こうした個人攻撃への抵抗があっただろうことは想像に難くない。

 併せて、現役文科官僚のために自らが盾になる捨て身の作戦の一面も見える。

 元経産官僚の古賀茂明氏はこう言う。

「文科省は、加計問題では抵抗したのに押し切られ、文科行政を完全に否定された。天下り事件では他省庁も同様のことをやっているにもかかわらず、文科省だけ詰め腹を切らされ、『安倍政権が天下りに厳しい』という演出のために自分たちが利用されたと思っている。このままでは文科省は虐げられたままで這い上がれない。そこで前川氏は、文科省全体を代表し、義憤に駆られて動いた、という意識なのではないでしょうか。実際、文科省内には前川シンパがたくさんいるそうです。ただ官邸はこれで、前川氏の個人攻撃を徹底的に強めるでしょう」

 前川氏を“見せしめ”にすることで反逆官僚の芽を摘む。内部告発により動かぬ証拠が出てきても、いまだすっとぼけて、事実をねじ曲げる。空恐ろしい政権の実態に、多くの国民も気づいたのではないか。


残酷な人間性(C)日刊ゲンダイ

霞が関に対する恐怖支配の源泉は人事と醜聞
 安倍官邸が官僚組織を恐怖政治で牛耳ることができるのは、強い人事権を持っているからとされる。2014年に発足した内閣人事局で霞が関の幹部人事を握って以降、全省庁が完全屈服の状態。我が身かわいさで官邸の顔色をうかがうまでになってしまった。

 個人の醜聞も霞が関に対する恐怖支配の源泉だ。首相動静を見ると、安倍首相は内閣情報調査室のトップ、北村滋情報官から頻繁に報告を受けている。「情報官が部下に収集させた“下世話なネタ”を首相や官房長官に上げている」(官邸事情通)というから、それらが前川氏の「出会い系バー通い」のリークのように利用されているのは間違いない。

 前出の古賀茂明氏がこう言う。

「個人的な醜聞で攻撃するのは安倍政権の常套手段です。私が報道ステーションで『I am not ABE』を掲げた際にも、私のスキャンダル情報が流され、一部メディアが取材をしたものの、何も出てこなかったため記事にできなかったと聞きました。まもなく『日本中枢の狂謀』という新著を出しますが、今も私のスキャンダル探しが行われているから気をつけてと忠告をしてくる記者もいます。霞が関の官僚が安倍首相と菅官房長官を恐れるのは、ただ単に人事を握られているからだけではありません。彼らの残酷な人間性をよく理解しているからです。官邸の意向に逆らったら、個人攻撃で徹底的に踏み潰され、息の根を止められる。だから官僚は全く抵抗できなくなっているのです」

■今こそ狂乱政権を倒す勝負どころ

 しかし、それでは行政が歪められる。そこで立ち上がったのが前川氏ということだが、安倍官邸に逆らったことによる粛清人事は至るところで渦巻いていて、同様の怒りがくすぶっている。

 毎日新聞が21日付の1面トップで、「退位」をめぐる政府の有識者会議について、「天皇が強い不満を表し、その考えは首相官邸にも伝えられている」と報じた一件は、宮内庁の逆襲とみられる。天皇の「お気持ち」表明を止められなかったとして昨年9月に風岡典之長官が更迭されたことへの意趣返しだというのだ。

 暗黒支配の下でも良識ある官僚はいるはずだ。これ以上、狂乱政権に国政を私物化させてはならない。そういうムードが広がれば、次々と告発が相次ぐだろう。加計疑惑は、まさしくこの国の分水嶺なのである。

 上智大教授の中野晃一氏(政治学)がこう言う。

「怪文書と断定し、きちんとした内部調査もしない。さらには前文科次官に対する人格攻撃。官邸がここまでやるということは、あの文書が明らかに事実だという証左です。現場の記者は文書が『本物』だということをわかっている。あれだけの証拠と前次官の証言が出てきたら、これまでの政府なら認めざるを得なかった。ところが、安倍官邸は『事実はない』で根拠もなく切り抜けようとする。なりふり構わぬ態度に背筋がゾッとします。自由な民主社会では、報道機関が事実かどうかの『ファクトチェック』をする。ところが報道機関が事実だとしたことを政権が何の根拠もなく否定し、逆に、政権側が『ファクトチェック』をしているのが現状。政権が事実認定するなんて、旧ソ連や北朝鮮と同じであり、かつての軍国主義時代に逆戻りです。メディアを取り込んだ官邸は、傲岸不遜に突き進む。これ以上、安倍官邸の暴政を許したら、本当に全体主義になってしまう。絶対に許してはいけない」

 朝日の報道と文科省の反旗が潰されてしまったら最後、ナチスのゲッベルスのごとき闇支配が常態化し、正義は駆逐される。ここが勝負どころだ。安倍を追い詰め、倒閣しないと大変なことになる。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

安倍晋三容疑者の加計グループ受託収賄事件:「前川氏の言動をたたえる声は複数挙がった。」 – richardkoshimizu official website

安倍晋三容疑者の加計グループ受託収賄事件:「前川氏の言動をたたえる声は複数挙がった。」

「前川氏の言動をたたえる声は複数挙がった。」

前川さん、言い評価を得ています。ネット住民の支持も得られそうです。

別件で前川さんを必死に誹謗中傷する馬鹿が哀れに見えます。

「証拠ばなければ無罪」で逃げようと企む、安倍愚鈍晋三。許すまじ。人間のクズ。

会津藩士

2017年5月27日 2:13 AM 編集

(´・ω・`)クズは沢山いても国民の役には立たない・・・、前川氏の行動でこれから更に旗を持ち帰る官僚達が出てきそうですね。・・・やはり人心の動きは戦国の時代から変わらないんだ。

立派・許せない・なぜ今… 前川氏会見、霞が関に衝撃
朝日新聞デジタル 5/26(金) 22:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000125-asahi-soci

官邸と各省庁の人事決定の関係
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000125-asahi-soci.view-000

 「行政がゆがめられた」。学校法人「加計(かけ)学園」をめぐる問題で記者会見した前川喜平・前文部科学事務次官の証言は、霞が関の官僚たちにも衝撃を与えた。事務方の元トップの告発は、現役官僚や元官僚の目にどう映ったのか。

 「すごい、異様、勇気」

 国土交通省を審議官級で退職したOBは、顔と名前を公の場にさらした前川氏の会見に驚いた。

 前川氏は「(自分の発言で)文科省としては困ったことになると思う」と言った。役人の世界では再就職先や現役に配慮して、古巣に不都合なことは言わないのが常識。「今までの官僚人生や人間関係を切ってでも訴えたかったのだろう」とOBはその覚悟を見る。

 前川氏の言動をたたえる声は複数挙がった。

 局長級だった国交省OBは現役時代、官邸に足しげく通った。「官僚は時の政権の使用人。有形無形の圧力に忖度(そんたく)しなくてはならない。その中で、当たり前の事実を顔を出して証言した。腹が据わって立派だ」。外務省の50代の現役職員も「よほどの思いがあったのだろう」と驚きを隠せない。事務方トップの事務次官は組織防衛を熟知しており、自分の発言が組織にどういう結果を生むか、わかっているはずだからだ。

 ただ、前川氏が会見で「行政のあり方がゆがめられた」と話したことについては否定的な見方も多い。

 「許せない。ゆがめられたと感じたなら、止めないといけない」。国交省の現役幹部は憤る。「仕事を全うできていなかったことを証明するような発言だ。全ての官僚が官邸の意向だけで動いていると思われると迷惑だ」と話す。金融庁の40代の男性幹部も「なぜ辞任してから言うのか。文科省に残っている部下が大変ではないか」と語った。

 政権から省庁への圧力が強まったとされる要因は、第2次安倍政権発足後の2014年に内閣官房に設置された「内閣人事局」の存在だ。事務次官や局長ら各省庁の幹部人事は従来、各省庁側がまとめた人事案がほぼそのまま通っていた。だが「政治主導」を重視するために設置された内閣人事局が、首相の意向を反映して幹部人事を一元管理し、実質的な幹部の人事権を握るようになった。
.
朝日新聞社


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

即刻辞任せよ【安倍晋三】もう言い逃れは不可能「森友・加計事件」前川爆弾もさく裂…財務官僚も決起!自民党にも安倍打倒の動き!安倍の犯罪に霞が関が反乱!もはや安倍の嘘は通用しない! - みんなが知るべき情報/今日の物語


「加計問題」金銭癒着浮上!安倍首相【辞任せざるを得なくなる】という声が大へ、自民党内!昭恵夫人も絡んだ「汚職・刑事事件」を臭わせている!首相は加計氏について「俺のビッグスポンサー」と話していた!安倍晋三は過去、加計グループで監事を務め、報酬を得ていたという!加計孝太郎氏は安倍夫妻の私的な訪米や、昭恵夫人の米国旅行にも同行していた!いわゆるタニマチである! - みんなが知るべき情報/今日の物語




「安倍・加計学園」文書なかった事にできない!文部科学省前次官会見【証人喚問があれば参ります】行政歪められた、総理の意向!極めて薄弱な根拠で規制緩和が行われた!




加計「総理のご意向文書は本物」文春の前次官証言報道で新聞・テレビが一斉取材へ!発狂官邸は「口封じ逮捕?」で恫喝!検察当局が重大関心・捜査着手、政局大混乱へ「多臓器不全」の安倍晋三…情緒は極めて不安定! - みんなが知るべき情報/今日の物語





加計問題【国民の敵】読売新聞「安倍政権広報紙」前川前次官発言で「官邸の謀略丸乗り」の事実が満天下に「忖度新聞」は民主主義の敵だ!会食を繰り返す渡邉恒雄主筆と安倍首相、蜜月はピークに達す!森友学園問題でも官邸擁護!赤っ恥、読売は前川会見を、どう報じたのか?ちりばめられた官邸擁護!戦争・原発屋CIA読売新聞! - みんなが知るべき情報/今日の物語



【キャシュバック】安倍晋三の「森友学園・加計学園」疑惑は土地ころがしビジネス利権!いよいよ退陣加速!昭恵夫人の関与も濃厚、圧力強まり!政治家+大手銀行合作の土地ころがしビジネス!土地ころがしに関わった政治家は、値下げ額の15%から10%を土地取得者からキック・バックを受けるのが、常識! 板垣英憲氏- みんなが知るべき情報/今日の物語




安倍・自公は悪魔の使い【共謀罪】人権・表現の自由・言論弾圧【国連の警告に抗議した安倍】これに沈黙する日本人は【日本人ではない】共謀罪は旧・米戦争屋CIAネオコンの傀儡・ブッシュ・ジュニア政権が、9.11偽旗テロのドサクサに紛れて成立させた米国愛国者法の日本版!腹心の友「 加計学園」400億円以上を懐に! - みんなが知るべき情報/今日の物語




非人道兵器に【日本の年金投資】クラスター爆弾!三菱UFJ、三井住友、オリックス、第一生命…約2200億円に上る!安倍日本は【悪魔の国家・死の商人】クラスター爆弾は何百もの子爆弾を含む巨大な爆弾!ほとんどの犠牲者は一般市民、製造企業への投資は許されない!非人道兵器製造に貢献することになる!- みんなが知るべき情報/今日の物語








フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017年05月27日 09:01 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR