今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  政治 >  安倍側近【河井克行・補佐官】の暴力とパワハラ、秘書への傷害事件で刑事告訴も〈証拠写真入手〉地元広島で落選運動拡大!安倍周辺の醜聞、まだまだ在庫あり!犯罪集団、安倍晋三政権!

安倍側近【河井克行・補佐官】の暴力とパワハラ、秘書への傷害事件で刑事告訴も〈証拠写真入手〉地元広島で落選運動拡大!安倍周辺の醜聞、まだまだ在庫あり!犯罪集団、安倍晋三政権!

安倍側近【河井克行・補佐官】の暴力と

パワハラ、秘書への傷害事件で

刑事告訴も

〈証拠写真入手〉週刊文春!

地元広島で落選運動拡大!

(日刊ゲンダイ)

安倍周辺の醜聞、

まだまだ在庫あり!

犯罪集団、安倍晋三政権!




《告発スクープ》安倍首相〈河井克行〉 補佐官の暴力とパワハラ 秘書への傷害事件で刑事告訴も〈証拠写真入手〉(週刊文春) 赤かぶ(記者は下記に)



暴行を告発された河井首相補佐官の地元で“落選運動”急拡大【日刊ゲンダイ】 : どこへ行く、日本。(記事は下記に)



ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


真由子ちゃんの次のスターは、河井首相補佐官!安倍周辺の醜聞、あと、1000年分在庫がありますので、ゆっくり楽しみましょう。(^-^) – richardkoshimizu official website


真由子ちゃんの次のスターは、河井首相補佐官!安倍周辺の醜聞、あと、1000年分在庫がありますので、ゆっくり楽しみましょう。(^-^)

Date: 2017年6月23日Author: richardkoshimizu26 コメント

「パワハラ、セクハラ、殴る蹴る・・・辞めたスタッフ200人超」

豐田「ハゲー」真由子ちゃんに次ぐ、自民党の隠し玉、河井克行首相補佐官!

真由子ちゃんのシャ●中発狂パフォーマンスを凌ぐ、河井補佐官の蛮勇。さすが、朝鮮悪安倍ちゃんの手先!え、松下政経塾出身?もしかして帆茂寝技部ですか?

次から次にクズを輩出する安倍一味。何しろ、構成員全てがクズなので、人材に不足の心配はありません。全匹、筋金入りのクズ!

いやあ、安倍ちゃんスキャンダル、これからも、いくらでも出てきそうです。30年くらい。w

ブログランキング・にほんブログ村へ


《告発スクープ》安倍首相〈河井克行〉 補佐官の暴力とパワハラ 秘書への傷害事件で刑事告訴も〈証拠写真入手〉(週刊文春) 赤かぶ


《告発スクープ》安倍首相〈河井克行〉 補佐官の暴力とパワハラ 秘書への傷害事件で刑事告訴も〈証拠写真入手〉
http://9321.teacup.com/sinpo/bbs/2088

「週刊文春」2016年3月10日号 :東京新報

「地球儀外交」を掲げる安倍首相の手足というべき首相補佐官に重大な疑惑が浮上した。元秘書は「あの人だけは許せない」と過去の暴行事件を実名告発。別の秘書へのパワハラや記者へのセクハラも発覚した。この男に日本を代表して外交の舞台に立つ資格はあるのか。

 今年一月、首相官邸四階にある「補佐官室」に罵声が響き渡った。

「アンタ、俺がいったい誰だか分かってんのか!」

 罵声の主は、「ふるさとづくり推進および文化外交」担当の首相補佐官、河井克行氏(52)。相手は、内閣府の沖縄担当政策統括官である。

「怒りだした原因は、河井氏に対して沖縄振興策についての説明がないから、だとか。外交通を自認する河井氏は、沖縄にかなり入れ込んでいて、一昨年の沖縄知事選でも頻繁に沖縄入りしてます。ただ補佐官としての担当には沖縄そのものは入ってないのに、沖縄振興担当部局の事務方トップである統括官を怒鳴りつけるのは異様なこと。ましてや統括官が菅義偉官房長官の信任が厚い人物だったこともあって、霞が関で話題になりました」(官邸関係者)

 だが、河井氏にとっては、こんなことは日常茶飯事とある官僚は証言する。

「霞が関では、河井=役人を怒鳴る政治家という位置づけです。恫喝すれば役人を動かせると信じているようなところがあります」

 いったい河井氏とはいかなる人物なのか。

「松下政経塾出身で、広島県議を経て、一九九六年の衆院選に自民党公認で立候補して初当選しました。すでに当選六回の中堅議員。政治の師は橋本龍太郎元首相で、広島県議である妻の案里氏との結婚式の仲人を務めてもらったほどです」(政治部記者)

 鳩山邦夫氏が会長をつとめる政策グループ『きさらぎ会』の幹事長でもある。

「二〇一二年の自民党総裁選で鳩山氏とともにいち早く安倍支持を打ち出した論功行賞で昨年十月、補佐官に就いた。安倍官邸が掲げる地球儀外交の尖兵として、米国議会と関係を構築し日本の外交政策への理解を広げる役回りです。一方で外務省が官邸の意向を無視して勝手な動きをしないかを見張るという裏の役割もあるそうです」(同前)

 そうした背景もあってか、外務省は河井氏に秘書官を出していない。

「異例なことに、秘書官の一人は内閣情報調査室からの出向です。河井氏は内調トップの北村滋内閣情報官と親しく、北村氏から得た情報を『最新情報だ』と得々と吹聴して歩き、“永田町の梨元勝”を自称していたほど。この史上初の人事も北村氏に頼んで実現した。ただ、河井氏がパワハラまがいの苛烈な要求をするため、秘書官も相当追い込まれているとも聞きました」(別の官邸関係者)

 では、その河井氏は補佐官として実際に何をしているのか。

「松下政経塾在籍中に米国で研修したこともあって英語は堪能。『月の半分は外遊している』と本人が豪語するほど、頻繁に海外に足を運んでいます。今年一月には、安倍首相の名代として訪米し、慰安婦問題をめぐる日韓合意を米国政府関係者に説明して回ってます」(前出・政治部記者)

 とりわけワシントン訪問には補佐官就任前から熱心で、一三年からの三年あまりでその回数は十八回。

「本人は外相になることを目指しているらしく、その布石のつもりで力が入っています」(同前)

■運転中に後部座席から「蹴り」

 だが、ワシントンの日本大使館関係者からはこんな声があがる。

「アポをやたら詰め込みたがり、次の面会に遅れると大使館員を怒鳴り散らす。しかも、米国や中国の政治経済などについてのグローバルな知見がないので、議会関係者や研究者との話も盛り上がらず、深いネットワーク作りにつながっていない。何をしにこれほどワシントンにやってくるのか理解できません」

 河井氏が後援者に配っている冊子「月刊 河井克行」をみると、マイケル・グリーンCSIS副所長やクリストファー・ジョンストンNSC日本部長ら米政府要人とのツーショット写真が目白押しだ。

 とここまでであれば、秘書や官僚へのパワハラは問題があるにせよ、「チーム安倍」の外交パートを担う人間として、それほど大きな瑕疵(かし)があるとはいえない。

 だが、ある国会議員は、信じ難い話を披露する。

「河井氏の秘書に対する暴行の跡が一目でわかる“写真”が存在します。実際に私もこの目で見ました」

 これが事実だとすれば、安倍首相の補佐官としての河井氏の適格性が問われることになる。そこで小誌取材班が取材の結果、手に入れたのが、下に掲載した写真である。

「あの人だけはどうしても許せんのじゃ」

 記者にそう話すのは、広島市に住む中村秀雄氏(74)。九九年四月から七月にかけて河井氏の秘書兼運転手を務めた中村氏こそ、問題の写真に写った本人である。河井氏に暴行を受けた時の状況をこう説明する。

「あの人は私が車を運転しとると、運転の仕方や言葉づかいが気に入らんと言っては、『このやろう』と罵声を浴びせかけ、ハンドルを握る私の左腕めがけて後部座席から革靴のまま蹴ってきよるのです。こちらは運転中じゃけん、よけることもできん。私が運転手になった直後から暴力が始まり、毎日のように蹴られたのです」

 たまりかねた中村氏が病院に駆け込み、診てもらった病院の看護師に撮ってもらったのが、問題の写真だという。医師の診断は全治十四日間だった。

 だが河井氏による仕打ちはこれだけではない。同じ年の六月二十九日のこと。

「この日は広島に大きな被害をもたらした豪雨災害の日だったのでよう憶えとります。河井氏を乗せて山道を走っていると、いつものように些細なことで怒鳴り始めたんです。ついには『おまえ、車から降りい』と言い出したので、私は運転を代われという意味じゃと思って車を降りたところ、河井氏は運転席に乗り込むなり私を置いてそのまま車で走り去ったのです」

 豪雨のなか、傘もないまま山道を一時間も歩いてようやくJRの駅にたどり着き、ずぶ濡れのまま列車に乗って帰ったという。

「あの時のみじめさは決して忘れられんのです」

 そう振り返る中村氏は河井氏よりも二十二歳も年上。秘書と国会議員という立場とはいえ、親子ほど歳の離れた相手にこの仕打ちである。さらに河井事務所の秘書は、犯罪行為にも加担させられたという。

「私が秘書をしていた当時、河井氏の選挙区である広島三区には強力な対立候補がいました。河井氏は私が運転する車で選挙区内を夜中に回り、相手陣営のポスターを見つけるたびに破棄するよう指示したのです。剥ぎ取ったポスターは事務所でゴミに出すと問題になる恐れがあるけん、河井氏の母親が近くで経営しちょった薬局からゴミとして出していたのです」

 ひとたび秘書となったからには長く勤め上げなければならないと踏ん張っていた中村氏も、「三カ月が限度」と秘書を退職した。中村氏はその後、広島県警に傷害罪で河井氏を告訴し、県警はこれを受理。さらにポスター剥がしについても、器物損壊罪で告発した。

 だが、退職後の二〇〇〇年、その中村氏自身が河井氏の選挙ポスターをカッターナイフで切り裂くなどしたとして器物損壊の現行犯で逮捕されてしまう。

「私にはどうしても我慢がならなかったのです。今となれば、私がやった行為について深く反省しています。私が逮捕されてしまったことで、告訴した件も立ち消えになってしまいました」

 中村氏の行為は当然責められるべきであろう。だがその一方で、元秘書をして、そこまでの行動に走らせたものは何だったのだろうか。

■休職一週間後に急死した秘書

 中村氏が受けた仕打ちはレアケースではない。小誌では十人以上の河井氏の元秘書に取材を行ったが、口々に河井氏によって受けた暴力について明かし、秘書に対するパワハラが日常化していたことを証言した。

 その一つが〇五年に公設第二秘書として在職中に心筋梗塞で亡くなった男性のケースだ。男性は早期退職した後、地元の体育協会で副会長を務め、少年ソフトボールの監督などをしていた。当時五十九歳。健康そのものだったという。

 男性の妻は、涙ながらに小誌記者にこう語った。

「秘書になってからは、毎晩十二時を過ぎないと帰って来なくなりました。仕事の内容を聞いても詳しく話さないのですが、ある晩、全身ずぶ濡れになって帰ってきたので『どうしたん?』と聞くと、『河井に水かけられた』と。私はただ驚くだけでした。そのうち『眠れん』としきりに愚痴をこぼすようになったので、辞めるよう勧めたのですが、『ああ』と答えるだけ。あの時にもっと話を聞いてあげれば、あんなことにならなかったのです」

 男性が本格的に体調を崩したのを見かねて、休職を勧めたのは河井氏の父親だったという。だが自宅で療養に入って一週間後、男性は高熱を出し、帰らぬ人となった。
「葬式には河井先生の奥さんは来ちょったんですが、本人は今に至るまで一度も手を合わせに来てくれたことがありません。自分の秘書が在職中に亡くなったのに。夫の遺品の中に手帳があり、見てみると、先生にどんな仕打ちを受けたかびっしりメモしてありましたが、夫がこんな目に遭っていたのかと思うと辛くて燃やしてしまったのです」(同前)

 妻は記者にこう呟いた。

「政治家って皆あんな人なんですか」

 河井氏のあまりの傍若無人ぶりに事務所を離れる秘書は後を絶たない。

「私が河井事務所に入った時に『あなたがこれで二百何十人目だったっけ』と言われました。ブラック職場として有名になり、一時は職安に求人を出すこともできないほど。なかには最短で五分しかもたなかった秘書もいます。初日に運転手をやって、先生を送り出すなり、すぐ戻ってきて『辞めます』ですから。

 また別の秘書が退職を申し出たので、『辞めるなら何か理由を書いてからにしては』と勧めました。次の日の朝、事務所に来たら、壁一面に『恨みます』と書いた紙が貼ってあったのです」(元秘書のA氏)

 河井氏に苦しめられたのは秘書だけではない。

「河井さんには往生したんじゃ」

 そう語るのは、地元の「第一タクシー」の会長だ。

「運転する秘書がいないということで、うちの乗務員を出すようになったんじゃけど、誰を出しても三日ともたん。人を人とも思わずゴミのような扱いをする。何か気に食わんと後ろから運転席を蹴るし、助手席に乗ったら手で叩いてくる。暴言を吐くわ、無理難題を言うわ。『スピードを出せ』と怒鳴るから『法定速度を守るよう会社から言われています』と答えると『捕まったら俺がどうにかするから走れ』という。しまいには百二十人いた乗務員の誰もやりたがらなくなり、断るようなった」

 女性記者に対するセクハラ行為も発覚した。

 〇九年、河井氏行きつけの六本木の店で初めて食事をした記者の証言だ。

「食事中、いきなり『広島の県議にならないか』と聞いてきたんです。その気がないと答えると、『政令指定都市を選挙区にする県議はいいぞ。何もしなくても年収一千万だ』と。それだけならまだしも……」

■「俺には君ぐらいがちょうどいい」

 セクハラがあったのは二次会のカラオケでのこと。

「私の横にピッタリ座るなり膝を『の』の字を書くようにさすってくるんです。クッションを間においても、それを除けてまた密着して、気持ち悪い手つきで肩を揉んだり。『俺には君ぐらいがちょうどいいんだ』と手を握ろうとしてきたこともありました」

 夫をめぐる一連の問題を、妻で広島県議である案里氏はどう見ているのか。

――秘書の入れ替わりが激しいが、暴力やパワハラが原因なのではないか。

「暴力ということは一切ありません。(元秘書の)中村さんは主人を訴えましたが、事実無根なのでこちらも弁護士を立てて対応しました」

――ではパワハラは?

「秘書の入れ替わりが激しいのは事実なんですが、パワハラかどうかは受け止め方にもよりますよね。確かに厳しい仕事ですから」

 記者の質問に淡々と答えていた案里氏だが、女性記者に対するセクハラについて問うと、途端にメモを取りながら、こう言った。

「それは気持ち悪い思いをしたんでしょうね。ハハハ。事実なら申し訳ないことですね。私が行ってお詫びしたいくらい、ごめんねって」

 小誌は、河井氏本人に対して、再三再四に渡って取材を申し込み、説明を求めたが、これに応じることはなかった。代わりに弁護士を通じて以下のような「回答」が寄せられた。

〈(河井氏が)事務所に勤務していた者らに対し、暴力を振るった事実はありません〉

〈(河井氏の)暴力により中村氏が怪我を負った事実もありません〉

 女性記者へのセクハラについては、〈相当以前のことであり、その時の詳細についての記憶は定かではありません〉として、〈膝を撫で回したり、肩を揉んだりした記憶はありません〉。

 そのうえで、中村氏については、こう記す。

〈中村氏は、通知人(*河井氏)の言動を警察に被害申告等したり、通知人に対する迷惑行為により逮捕、起訴されて有罪になった前科を有していたりする人物であり、同氏が、通知人に対して強い怨恨の情を有しているであろうことは想像に難くなく、その供述の信用性については極めて慎重な検討が必要であることは明白です〉

 だが、中村氏と同時期に河井氏のもとで秘書を務めていた人物はこう証言する。

「私は中村さんが河井氏に蹴られているのを何度も目撃しています。これは一二〇パーセント、事実です」

 河井氏が小誌の取材から逃げ続ける中、こんな騒動もあった。

「文春で記事が出ることを知った“大物フィクサー”が、河井氏の事務所に『オレがやっているネット番組で取り上げるから、弁解を聞くために会いたい』と連絡したそうです」(別の官邸関係者)

 小誌は三月一日、本会議に出席する河井氏を国会内で直撃。「被害者がウソをついているんですか」と尋ねたが、河井氏は、頑なに記者と視線を合わせず、無言で議場へと消えて行った。

 そして本会議後、河井氏は羽田空港から“外遊先”のカナダへと飛び立った。

「外遊は前々から決まっていたようですが、議運に出された日程では現地でのアポまで結構な空き時間がある。与野党問わず『文春から逃げるために前倒しにした』と非難の声があがってます」(国対関係者)

 河井氏は果たして、日本政府の代表として外交を担うにふさわしい人物なのか。

■関連記事
【河井克行のパワハラ全貌(前半)】週刊文春が報じた安倍首相補佐官がとんでもない【画像あり】
http://zoot.blue/news20160303-1/
【河井克行のパワハラ全貌(後半)】週刊文春の中村秀雄「怪我の画像」と暴力証言がヤバすぎる。在職中に急死した秘書も。
http://zoot.blue/news20160303-2/


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

暴行を告発された河井首相補佐官の地元で“落選運動”急拡大【日刊ゲンダイ】 : どこへ行く、日本。

暴行を告発された河井首相補佐官の地元で“落選運動”急拡大
2016年3月13日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/177189 

中村氏の左腕に残る痛々しいアザ(左・提供写真)、河井氏の公式HPから削除された抗議文

「週刊文春」(3月10日号)に元秘書に対する「暴力とパワハラ」を報じられた安倍首相の“側近”河井克行首相補佐官。

 本人は公式ホームページで〈記事の内容はその大半が悪意に満ちた事実無根、事実誤認であり、非常に許しがたいものであります〉〈週刊文春への謝罪及び訂正記事掲載等を求める通告書を出した〉と反論したが、11日、ひっそりと“抗議文”が削除された。

 消された河井の“抗議文”に怒りをあらわにするのが、週刊文春に実名告発した元秘書の中村秀雄氏(74)だ。中村氏は1999年4月から7月にかけて河井氏の秘書兼運転手を務めた。その直後から、運転の仕方や言葉遣いが気に食わないと革靴のまま左腕を蹴りつけられ、全治2週間の大ケガを負った。日刊ゲンダイ本紙が入手したのは、その時の痛々しいアザが残る証拠写真である。

「私が河井氏に毎日のように殴る蹴るの暴行を受けたのは、紛れもない事実です。何が事実無根なのか。ウソと言い張るなら、週刊文春に通告書を出す前に、私に抗議すべきでしょう。なんなら、国会に呼んでもらって証人喚問してくださって結構ですよ。あの人はいつも平気でウソをつく。いつでも私に蹴りを入れられるよう、当時乗っていたセルシオの助手席をわざわざ倒すように命じていたじゃないですか。思い出すだけで鳥肌が立ちます」

 中村氏は広島県警に傷害罪で河井氏を2000年12月に告訴。県警はこれを受理したが、河井氏は不起訴処分となった。中村氏は今でも悔いていることがあるという。告訴前のまだ河井氏の秘書だった当時、河井氏の選挙ポスターをカッターナイフで切り裂き、器物損壊で現行犯逮捕されてしまったのだ。

「どうしても河井氏のことが許せずカッとなりやってしまった。そのことは反省しています。しかし、だからといって、私に暴行を加えたことが事実無根ということにはならない。今では、ただただ悔やまれます」

 河井氏の中村氏に対する“暴行”は事実無根なのか。河井氏の事務所は弁護士を通じてこう回答した。

「週刊文春に対して通告した理由のひとつは、記事中の中村氏の逮捕時と告訴時の時系列が違っていたからです。しかも河井氏は不起訴処分になったわけだし、15年以上前の話を今さら蒸し返す目的が不明です」

■地元広島には「嫌いな人」がいっぱい

 中村氏のように河井氏に迷惑を被った人は地元にたくさんいる。今、河井氏の選挙区「広島3区」では、「被害者の会」が結成されようとしている。その名も「広島KKK」。「河井克行が嫌いな会」を略したものといい、元秘書、地元県議、市議、創価学会員、元同級生などがズラリと名を連ねている。参加者のひとりがこう語る。

「私らは、本当に河井氏に辟易しとるんです。次の総選挙で保守系の無所属を擁立し、河井氏を蹴落とすために全力で応援するつもりです。創価学会婦人部も彼の横暴さを毛嫌いしています。約2万票ある学会票も対立候補に流れるように運動しとる最中です」

 地元では急速に落選運動が広がっている。安倍側近で安泰なんて思っていたら大間違いだ。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

暴行狂女「豊田真由子」議員、離党! 安倍チルドレン【絶叫暴行を秘書が告発】音声!運動中の秘書の顔面を数回殴打、診断書あり、傷害罪確実!議員辞職が当然「このハゲーーっ! 」秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話など…週刊新潮 - みんなが知るべき情報/今日の物語




安倍晋三【新利権スキャンダル】新谷正義・自民党議員の一族が経営する病院が事業者に選ばれていた【利権の巣窟】国家戦略特区の闇を暴く「AOI国際病院」の新谷幸義理事長 - みんなが知るべき情報/今日の物語




安倍政権・中川俊直【集団レイプ】疑惑報道『フライデー』父の元後援会長が実名証言!未だ中川俊直議員を隠蔽する安倍政権!自民党の世襲体制と安倍晋三のコネ優先人事!元後援会長・津山氏によると輪姦事件を知った父親の故中川秀直議員がかかわった息子らに説教していた!他に自民党内では、広島に愛人問題の危惧…バラエティー番組の報道もある! - みんなが知るべき情報/今日の物語



安倍晋三首相【肺ガンの末期】ステージ4「余命3か月」と告知される!リンパ節、脳幹に転移…慶応大病院で精密検査!板垣英憲氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語


前川喜平前文科次官、安倍国家権力とメディアが私物化された【日本の民主主義は死ぬ】監視社会化が進行していく危険性!加計学園問題…日本記者クラブ会見! - みんなが知るべき情報/今日の物語


強姦事件とTBSの責任【 山口敬之】悪魔の安倍官邸もみ消し人脈!女性にとって、強姦・レイプは殺人に相当する!<法治を排除する安倍―菅の官邸> 菅の秘書官から警視庁刑事部長になった中村格! - みんなが知るべき情報/今日の物語





乳がん、キャスター小林麻央さん34歳で死去!ご冥福を祈ります。2年8カ月…危険ながん治療が命を縮めたもかもしれません!癌より怖いがん治療【がんは自分で治せる】 ガン細胞「無限増殖説」はウソ!免疫力を高めれば癌細胞は消える!体に備わっている自然治癒力を高めて、がんを自然退縮させる!いまだ世界の医学教科書は「ガン細胞無限増殖説」を盲信!医者自身が癌になったら、抗がん剤、三大療法は受けず!食事療法・食養に走る! - みんなが知るべき情報/今日の物語








フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します




関連記事
スポンサーサイト
[ 2017年06月25日 00:01 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR