今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  政治 >  医者に殺されない47の心得!がんの9割は癌治療するほど命を縮める!恐れるべきは癌ではなく【ガン治療】国、名医たちも「抗がん剤治療に延命効果なし」癌ほど誤診の多い病気はない!乳がん検診の結果は全て忘れなさい!抗がん剤を拒否する決心がついた!抗がん剤を使えば命が延びるという医者を信じるな!癌検診はやればやるほど死者を増やす!医師・近藤誠著氏

医者に殺されない47の心得!がんの9割は癌治療するほど命を縮める!恐れるべきは癌ではなく【ガン治療】国、名医たちも「抗がん剤治療に延命効果なし」癌ほど誤診の多い病気はない!乳がん検診の結果は全て忘れなさい!抗がん剤を拒否する決心がついた!抗がん剤を使えば命が延びるという医者を信じるな!癌検診はやればやるほど死者を増やす!医師・近藤誠著氏

医者に殺されない47の心得!

がんの9割は癌治療するほど命を縮める!

恐れるべきは癌ではなく【ガン治療】

国、名医たちも

「抗がん剤治療に延命効果なし」

癌ほど誤診の多い病気はない!

乳がん検診の結果は全て忘れなさい!

抗がん剤を拒否する決心がついた!

抗がん剤を使えば命が延びる

という医者を信じるな!

癌検診はやればやるほど死者を増やす!

ピンピン100歳への体づくりは

「毎日タマゴ」から、タマゴは

1日…5、6個食べてもOK!

医師・近藤誠著氏



Amazon.co.jp: 医者に殺されない47の心得: 本(記事は下記に)

がんを忘れたら、「余命」が延びました! | 近藤 誠, 高橋 三千綱 |本 | 通販 | Amazon(記事は下記に)




抗がん剤 - Wikipedia


サンデー毎日5月1日号「抗がん剤」は本当に効くのか?(記事は下記に)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


Amazon.co.jp: 医者に殺されない47の心得: 本


医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法 |「近藤 誠」

■内容紹介

◎著者・近藤誠『金スマ』出演!

◎高血圧、糖尿病、ガン、インフルエンザ…
その治療と薬は本当に正しいのか?
医療と薬を遠ざけて
元気に長生きするための47の心得

病院に行く前に、かならず読んでください

【構成】
■第1章 どんなときに病院に行くべきか
心得1「とりあえず病院へ」。あなたは医者の"おいしい"お客様
心得2「老化現象ですよ」と言う医者は信用できる
心得3 医者によく行く人ほど、早死にする
心得4「血圧130で病気」なんてありえない
心得5 血糖値は薬で下げても無意味で、副作用がひどい
心得6 世界一売れるコレステロール薬の「病気を防ぐ確率」は宝くじ以下
心得7 がんほど誤診の多い病気はない ほか

■第2章 患者よ、病気と闘うな
心得12 一度に3種類以上の薬を出す医者を信用するな
心得13 軽い風邪で抗生物質を出す医者を信用するな
心得14「抗がん剤を使えば寿命が延びる」と言う医者を信用するな
心得15 がんの9割は、治療するほど命を縮める。放置がいちばん
心得16「医者から薬をもらう」を習慣にしてはいけない ほか

■第3章 検診・治療の真っ赤なウソ
心得20 がん検診は、やればやるほど死者を増やす
心得21「乳がん検診の結果は、すべて忘れなさい」
心得22 胃を切り取る前に、知っておきたいこと
心得23 1センチ未満の動脈瘤、年間破裂率は0・05% ほか

■第4章 100歳まで元気に生きる「食」の心得
心得27 体重、コレステロールを「減らさない」健康法を選ぶ
心得28 ピンピン100歳への体づくりは「毎日タマゴと牛乳」から

注)※管理人、乳製品は癌の原因になるという研究があります。

心得29 ビールは1日にロング缶2本までなら「百薬の長」
心得30 ビタミン・ミネラルの摂りすぎで早死にする

■第5章 100歳まで元気に生きる「暮らし」の心得
心得34 22時から2時にどっぷり眠る。「超」早寝早起き健康法のすすめ
心得35 石けん、シャンプーを使わないほど、肌も髪も丈夫になる
心得36 大病院にとってあなたは患者ではなく被験者
心得37 「手当て」でストレスを癒す ほか

■第6章 死が恐くなくなる老い方
心得42 ポックリ逝く技術を身につける
心得43 いきなり進行がんが見つかったらどうするか
心得44 喜怒哀楽が強い人ほどボケない
心得45 100歳まで働き続ける人生設計をする ほか

=著者について=

■近藤誠(こんどう まこと)

1948年生まれ。73年、慶應義塾大学医学部卒業。
同年、同大学医学部放射線科入局。
79~80年、米国へ留学。83年より同大学医学部放射線科講師。

がんの放射線治療を専門とし、
乳房温存療法のパイオニアとして知られる。
患者本位の治療を実現するために、
医療の情報公開を積極的にすすめる。
著書に『患者よ、がんと闘うな』
『がん放置療法のすすめ』(ともに文藝春秋)ほか多数。

乳房温存療法のパイオニアとして、
抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性など、
がん治療における先駆的な意見を
一般の人にもわかりやすく発表し、
啓蒙を続けてきた功績をたたえられ、
2012年、「第60回 菊池寛賞」を受賞

近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


がんを忘れたら、「余命」が延びました! | 近藤 誠, 高橋 三千綱 |本 | 通販 | Amazon


■目次

第1章 苦しみたくなければ、がんは治療するな!
「え、がんの定義がない?」「そう、そこから問題が」
顔つきがあやしいのはみんな「がん」にされる
高橋さんのがんは、食道も胃も「がんもどき」ですね
健康診断で見つかったがんは、忘れなさい
食事がとれない、血痰などの自覚症状で見つかるがんは、本物が多い
人間ドックで命を縮めた有名人たち
血液検査で「前立腺がん」と言われたら、忘れなさい
前立腺がん末期宣告から14年生きた「奇跡のシェフ」
ホルモンの製造工場、睾丸をとる「除睾術」は正解
「がん」と言われると患者は頭の中が真っ白になる
18世紀にはもう「がんはこわい」が定説に
胃がんの手術で患者がバタバタ死んだ
いきなり「あなた肝硬変でもう治らない。40日で死ぬかも」
やっぱりあの手術はやらなくてよかったんだ
進行がんでも、無治療で10年ピンピンしている人も
「内視鏡でとろう」といわれる胃がんは、99%以上が「がんもどき」で転移がない
胃の全摘手術を断って1年半後、がんが消えていた
「手術しないと半年で大変なことになると……」「それはウソですね」
がんの治療医は全員がウソをつく
ふつうの医者は、がんを治療しないで様子を見たことがない
医者が2人で僕の奥さんを部屋に閉じこめて「恐喝」

第2章 「余命4カ月」病気のデパートが、がん治療を踏みとどまれた理由
がんの手術をした知り合いは、だいたい半年で死んでる
胃の内視鏡検査だけでも大出血で2日入院。もうこりごり
γ—GTPが4000? かなり飲酒してましたね
乳がん手術を文藝春秋で批判、「これは村八分になるな」
記事が出たとたん、院内からの患者の紹介がピタッとやんだ
30年前に「無治療も治療の1つ」と提唱
アルコール性肝硬変でも断酒すればよくなる人も
倒れても、酒とタバコをやめなかった知人はやはり……
血糖値は「低すぎる」方が命にかかわる
大学の医者は患者をだいぶ死なせて、意見が変わる
いきなり怒り出しちゃう医師なんて全然ダメ

第3章 人はなぜ、がんになるのか――
「がんから、今できましたという知らせは?」「全然ないです」
遺伝子に傷がたまって「がん細胞」の組み合わせが偶然生まれる
世界トップクラスの医学誌が「がん検診で死は防げない」
がん検診は日本の医療の屋台骨だからイケイケ一辺倒
若くしてがんになる原因と手術で「がんが暴れる」悲劇
本物のがんは、最初のメスが入ったらもうダメです
僕の娘が「子宮頸がんの疑いがある」と手術を勧められていまして
検診で見つかった子宮頸がんはほっときなさい
娘にはダンナも友人も医者もいて全員「手術がいい」と言うから、大変です

第4章 悪徳医療にだまされて
知人の勧めで幹細胞療法に500万円払ったけれど……
ちまたで「がんが治る」とうたってる療法はみんな詐欺です
100歳を超えて元気な人は肉や魚や卵をとっている
日本のオトコたちが短命なのは職場健診のせい?
最期の水も飲ませてあげられなかった曽野綾子さんの慟哭
老人病院に入ったら,、まわりがボケていて
点滴しない方がラクに逝ける。でも、点滴した方が儲かるから……
近藤先生のマネをしてリビングウィルに「救急車を呼ぶなよ」と書いた
どうせ死ぬなら肝臓がんがいい
人間は寝たきりで意識がなくても、食べものを口に運ぶとごっくんと飲みこむ
ボケて一人暮らしをしてると業者や「友だち」が寄ってきて…

第5章 がんへの「誤解」を解く
がんになってから死ぬまでの長い時間をいかに生きるべきか
ええっ、がんは基本、胃には転移しない?
胃袋、小腸、大腸、心臓には転移しない。しやすいのは肝臓、肺、骨、脳
3つのがんが、独立してできる? そういう話、初めて聞きました
手術で延命の可能性があるのは、大腸がんの肝転移ぐらい
開腹しないで肝転移を焼き切るラジオ波焼灼術
抗がん剤も分子標的薬も固形がんには効かない
明らかなインチキ論文なのに保険適用になるカラクリ
信頼できるデータを見ると、抗がん剤で生存率は上がらない
オヤジが抗がん剤の効能を翻訳したら“毒"だった

第6章 がんは放置して、上手につきあう
悪いヤツほど生き残る。がん細胞はしぶとい
国も「抗がん剤治療に延命効果なし」と認識している
医者は因果な商売で「治療やめたら」とは言えない
治療のベルトコンベアから降りるのは大変
細胞にプログラムされた自殺「アポトーシス」
皮膚を破って顔を出すがんとどうつきあうか
乳房を全摘した傷口に、がんがまた生える
自分の考えで徹底的に放置した人も、たくさん診てきた
「がんは痛む」というのは都市伝説です
男は金で自殺する。女は理由がいろいろ
人間、楽天家の方がラクですね
十二指腸潰瘍なのに、胃まで切られて長期入院


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

サンデー毎日5月1日号「抗がん剤」は本当に効くのか?

サンデー毎日5月1日号「抗がん剤」は本当に効くのか?
最近は「抗がん剤」の効果に疑問を呈する論評が増えてきましたが、
昨日発売のサンデー毎日 2016年05月01日号 [雑誌]では、
「抗がん剤」は本当に効くのか?というテーマで、
近藤誠医師と林和彦医師(東京女子医大がんセンター長)が対談しています。

サンデー毎日 2016年05月01日号 [雑誌]

今回は前回の「がん手術」に続く第2弾です。

まずは前回の抜粋からです。

◇「私は不誠実な外科医でした」

司会者: 林先生は外科医から腫瘍内科医に転じたと聞いています。なぜメスを捨てるに至ったのでしょうか。

林医師: がんを治すなら手術と、当時"神の手"と言われた故羽生富士夫先生のもとに入局しました。羽生先生は普通なら焦るような局面でも、素早く処理をして、術後もとてもきれいだった。しかし、その地点にたどりついたとしても、治らない人がいる。私は手先が器用で努力もしましたから、手術はよく任せてもらえました。でも、心のどこかで「この人、治らないな」と思いながら手術をしていた。不誠実な外科医でした。

司会者: 羽生先生は、スキルス胃がんで亡くなったアナウンサー・逸見政孝さんの執刀医としても有名です。近藤先生は、逸見さんの晴恵夫人とも対談し、無謀な手術だったと批判しています。

近藤医師: 逸見さんへの手術はするべきではなかった。当時、林さんを含めた、羽生さんの部下たちはどんな思いで見ていたんですか。

林医師: 逸見さんが末期であったにもかかわらず、羽生先生が手術をしてしまった理由は、正直私にもわかりません。私なら、おそらくやらない手術ではある。「なんとかなる」という思いがあったのかもしれません。

司会者: まず林先生が近藤先生に質問があるようですね。

林医師: 近藤先生はなぜ20年以上も「近藤誠」であり続けたのでしょう。発言に本心でない部分を感じます。日本のがん医療体制を変えたいという思いから、あえて極論に走っているのですか。

近藤医師: すべて本心です。僕が到達した考えと、日本の標準医療が大きくズレているから「極論」と言われるのでしょうが、自分としては正論。僕にとって大切なのは「真実に近づく」こと。「医者であるとともに学者」でありたいと思います。患者さんにより良い医療を提供するために勉強し、新しいことを知った時には世間に発表したくなる。それで世の中が変わるかどうかは、情報を受け取った社会側の問題でしょう。

サンデー毎日より
この続きはサンデー毎日 2016年04月24日号 [雑誌]をご購入ください。

以上のように、最初は近藤医師を懐疑的に見ていた林医師でした。

今回の第2弾も近藤医師と林医師の対談となっていますが、
第1弾と違って、完全に近藤医師が優位に立っていて、
なんと林医師は、近藤医師に同調するかのような流れとなっています。

その流れを以下に示します。

近藤医師: かつて僕は、日本で一番、抗がん剤を使っていた。現在も白血病や悪性リンパ腫などの血液がん、睾丸のがんなどに抗がん剤は有効だと考えます。しかし、食道がん、胃がん、乳がん、肺がんなど固まりをつくる「固形がん」への有効性は否定する。
当初は欧米のデータで「抗がん剤」の延命効果や治癒の可能性があると考えていた。
しかしそのデータに騙されていることに気づき、90年代後半からは「固形がん」への「抗がん剤」は否定するようになった。

林医師: 抗がん剤によってがんが小さくなれば、その分長生きにつながる。しかしすべての人に効果があるわけではなく、4割の人にだけ効果のある場合は、6割の人には毒を盛られるだけになってしまう。その場合、6割の人は抗がん剤不要論に同調するでしょう。

近藤医師: いや、がんが小さくなった人にも毒になっているわけですから「全員に毒となる」と言わなければならない。
1回の投与だけで間質性肺炎で死んでしまう人、一生呼吸の苦しくなる人もいる。

林医師: 副作用が苦しかったらやめればいい。無理強いはしない。

司会者: しかし現実は、治療を断れば病院から追い出されるのではないか、という思いが患者側にはあります。

近藤医師: 抗がん剤によって、臓器が破壊されてからでは間に合わない。
それに「抗がん剤が効く」という意味は、寿命が延びるということではなく、一時的にがんが小さくなるだけで、必ずリバウンドして増大する。
それに抗がん剤によって「わずかでも寿命が延びる」ことはない。延びる証明などどこにもない。平均すれば、抗がん剤によって寿命は短くなっている。

林医師: 抗がん剤による延命効果はあると思っている。私が医者になったときに余命が1年と考えられていたものが、今は2年を超えています。

近藤医師: 寿命が延びた様に見えるのは、がんをより早期に見つけるようになったからで、より早く見つけた期間を余命に上乗せしているだけなのです。
それに「延命効果がある」としている臨床試験の結果も欠陥があり、予後調査が不十分で、自宅で死んでいても把握できないから、データ上は延命していることになっている。さらに製薬会社による利益誘導問題のがある。
新薬の論文の著者に製薬会社の社員が名を連ねている。
医者が製薬会社から研究費をもらいながら、製薬会社のために研究して論文を発表する、これはおかしいとは思わないのですか?

林医師: おかしいですね。常識的に正しくない。

近藤医師: 製薬会社の社員が新薬の臨床試験に関わり、データを発表するのはどう思われますか?

林医師: 良くないですね。

近藤医師: ほぼすべての論文は製薬会社の社員が著者となっています。医者と製薬会社の癒着によるデータなど、信用できるわけがない。それを知らない患者は、今でも抗がん剤を打たれている。


司会者: 近藤理論では「再発した治らないがん」に、副作用を伴うあらゆる治療を施すのは無駄で、治らないものを相手に闘うのは辛いと言います。

林医師: 辛いです。ですから、10人に1人でも再発から救えるというデータがあれば、たとえ1人であったとしても救いたい。

近藤医師: 10人中1人が再発しないということも、固形がんが抗がん剤で治ったということも証明されていない。
抗がん剤治療を受けると骨髄が破壊され、北の海親方のように「多臓器不全」で亡くなることが多い。これはがんが引き起こしたのではなく、抗がん剤が引き起こしたのです。

このように、近藤誠医師の理論を完全に否定するどころか、
抗がん剤による延命効果を「理論的」に主張するのではなく、
「あると思っている」という「思想的」に切り替えて答えているところは、
かなり苦しそうに思いました。

製薬会社による恣意的な論文によって、無駄に治療費を支払わせ、逆に命を縮める治療を押し付けられているのではないか?

ということを教えられた対談でした。

これは、紹介した内容よりも、もっと長い対談ですから、購入して読まれてはどうかと思います。

次号は「検診」についての対談ということです。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

乳がん、キャスター小林麻央さん34歳で死去!ご冥福を祈ります。2年8カ月…危険ながん治療が命を縮めたもかもしれません!癌より怖いがん治療【がんは自分で治せる】 ガン細胞「無限増殖説」はウソ!免疫力を高めれば癌細胞は消える!体に備わっている自然治癒力を高めて、がんを自然退縮させる!いまだ世界の医学教科書は「ガン細胞無限増殖説」を盲信!医者自身が癌になったら、抗がん剤、三大療法は受けず!食事療法・食養に走る! - みんなが知るべき情報/今日の物語





芸能人のみなさん、SNSで安易にがん検診を勧めないでください!世界的に有効性が疑問視「早期発見・早期治療」のウソ!放射線被マンモグラフィは20、30代は原則的に放射線被ば受けるべきではない!がん検診を受けても寿命がのびる科学的根拠は一切ない!検診によって、命を奪わない病変を「がん」と過剰診断されてしまうため、無用な検査や治療による健康被害に遭う人が急増している!国ぐるみの【医療洗脳】がん検診を信じるな~「早期発見・早期治療」のウソ…鳥集 徹著/文春オンライン - みんなが知るべき情報/今日の物語


抗がん剤が癌を治せないのは常識!名医たち、厚生省技官!米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている!/癌は砂糖、糖質が好き…がん治療にも糖質制限食が有効!そして食養生と栄養をしっかりとる…!合わせて適度な運動などで体温を上げ、免疫力を高める事が有効のようです!


乳ガンの原因の一つも、砂糖、白米、パン、麺類、スイーツ等、血糖値を急激に上げる食習慣!晩婚、少子化… そして放射能…!⇒食べる順食事で血糖値の急激な上昇を和らげられます。南雲吉則・乳腺専門、ナグモクリニック総院長


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載

フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter




地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します



関連記事
スポンサーサイト
[ 2017年06月25日 12:37 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR