今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  政治 >  安倍晋三、政権ぶん投げカウントダウン!1次政権と酷似【肺がん末期】の総理!稲田防衛相の本質〈プラトニック枕営業〉サイコパス著書・脳科学者の中野信子氏!妙に胸にストンと落ちる解説!次から次へと大臣、政権中枢が火ダルマ!国民を舐め切ってきた驕る政権に「思い知らせてやるか」と有権者は手ぐすね!

安倍晋三、政権ぶん投げカウントダウン!1次政権と酷似【肺がん末期】の総理!稲田防衛相の本質〈プラトニック枕営業〉サイコパス著書・脳科学者の中野信子氏!妙に胸にストンと落ちる解説!次から次へと大臣、政権中枢が火ダルマ!国民を舐め切ってきた驕る政権に「思い知らせてやるか」と有権者は手ぐすね!

安倍晋三、政権ぶん投げカウントダウン!

1次政権と酷似【肺がん末期】の総理!

稲田防衛相の本質

〈プラトニック枕営業〉

「サイコパス」著書

・脳科学者の中野信子氏!

妙に胸にストンと落ちる解説!

次から次へと大臣、政権中枢が火ダルマ!

国民を舐め切ってきた驕る政権に

「思い知らせてやるか」と

有権者は手ぐすね!

ちなみに安倍晋三

【肺がん末期】多臓器不全です!



第1次政権と酷似 政権ぶん投げカウントダウンが始まるぞ(日刊ゲンダイ) 赤かぶ(記事は下記に)




政権ぶん投げカウントダウンが始まるぞ 第1次政権と酷似の展開(by 日刊ゲンダイ) ( 政界 ) - acaluliaのブログ - Yahoo!ブログ



安倍晋三首相【肺ガンの末期】ステージ4「余命3か月」と告知される!リンパ節、脳幹に転移…慶応大病院で精密検査!板垣英憲氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

第1次政権と酷似 政権ぶん投げカウントダウンが始まるぞ(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

第1次政権と酷似 政権ぶん投げカウントダウンが始まるぞ(日刊ゲンダイ)

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208400
2017年6月29日 日刊ゲンダイ 文字お越し


釈明まで同じフレーズ(C)日刊ゲンダイ 

 臭いモノにいくらフタをしても、とめどなくあふれ出してくる。安倍自民を取り巻く状況は、誰もが呆れた10年前の政権ぶん投げを彷彿させる展開だ。舌禍や醜聞が次々と飛び出し、政権中枢が火ダルマになっている。

 挙党態勢で臨む都議選の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてお願いしたい」と口にした稲田防衛相にはア然ボー然だ。弁護士出身で、当選4回。行革相や党政調会長などを歴任し、23万人を擁する実力組織のトップだ。それが、憲法、自衛隊法、公選法を蹂躙するトンデモ発言を堂々と言い放ったのだから、言葉を失う。

■政治評論家の森田実氏は言う。

「南スーダンPKO派遣部隊の日報問題ではデタラメ解釈を並べ立て、森友学園疑惑では教育勅語を礼賛し、顧問弁護士ではなかったとウソをついた。どれを取っても大臣の資格なしですが、今回はケタ違いのひどさ。本人が辞任を拒むのであれば、罷免が筋です。東日本大震災をめぐる問題発言で辞任した今村前復興相はどうでしたか。安倍政権は弁明の機会さえ与えずに容赦なく排除したのに、仲間とあれば憲法に背こうが法令に違反しようが頬かむり。そんなエコヒイキが許されるわけがないでしょう」

■釈明まで同じフレーズ

 演説後、報道陣に真意を問われた稲田は「あくまで自民党として応援している」と釈明。憲法記念日に読売新聞と日本会議の集会で「2020改憲」をブチ上げた安倍首相が国会で追及され、「自民党総裁としての考え」と取り繕ったのとソックリだ。

 ベストセラー「サイコパス」(文春新書)などの著書がある脳科学者の中野信子氏が28日、「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)で稲田の本質をこう分析していた。

「司法試験に受かってはいるものの、その基準で動いてこられなかったんでしょう。キーパーソンさえ押さえておけば生き延びられるという戦略だと思うんですね。言い方は良くないかもしれませんけど、〈プラトニック枕営業〉という言い方があって、そういう感じなのかなと」

 妙に胸にストンと落ちる解説である。

 結局、菅官房長官に叱責された稲田は深夜の発言撤回に追い込まれたのだが、そこに至るまでもグダグダだったという。

「官邸に情報が入ったのは、問題発言から1時間も経ってから。現場であれだけ騒ぎになれば、秘書官あたりが報告を入れるものですが、マスコミ各社の取材でようやく事態を把握したといいます。危機管理体制に相当な綻びが生じているのでしょう」(永田町関係者)

下村、萩生田、豊田と騒動連発、麻生は火に油
「これで辞任となったら、続けられる人は誰もいなくなるんじゃないか」

 お膝元を大荒れさせた稲田のトンデモ発言をこう擁護した下村博文幹事長代行には驚いたが、党都連会長で、都議選責任者のこの男もまた渦中の人である。安倍が“腹心の友”と呼ぶ学校法人「加計学園」の加計孝太郎理事長との家族ぐるみの親密関係が取り沙汰される中、文科相時代に後援会主催のパーティー券を加計学園が購入した疑惑を報じられた。その額、3年間で220万円に上るという。

 中間報告という禁じ手を使って「共謀罪」法を成立させ、安倍が力ずくで国会を閉じたのは、森友学園や加計学園をめぐる疑惑の追及から逃げるためだ。

 ところが、その直後に最側近の萩生田官房副長官の「総理は『平成30年4月開学』とおしりを切っていた」「官邸は絶対やると言っている」などの発言録が表沙汰になり、安倍チルドレンの豊田真由子衆院議員が「このハゲーーー!」と絶叫しながら元政策秘書に暴行をはたらいた騒動が発覚。政権ナンバー2の麻生財務相はフォローするどころか、「あれ女性ですよ、女性」と火に油を注いでいるからあきれるほかない。

 不都合な事実は手前勝手にルールを変更し、平然と闇に葬り去ろうとまでする。権力をはき違えているアベ友で固めた歪な政権だけに、蟻の一穴で崩れていくのである。


加計献金疑惑が飛び出した下村元文科相(C)日刊ゲンダイ

【“安倍ノート”で導き出した人事と監視】

 戦後3位の在職期間を数え、総裁任期延長に手を掛けた安倍だが、小泉元首相から禅譲された第1次政権は「ひ弱」「ボンボン」のそしりを受け、わずか366日で幕を下ろした。

「美しい国」というスローガンを掲げ、「戦後レジームからの脱却」を訴えたが、事務所費問題を「ナントカ還元水」でウヤムヤにしようとした松岡利勝元農相が自殺。後任の赤城徳彦元農相は「バンソウコウ大臣」とあだ名され、またも事務所費問題などで辞任した。閣僚の不祥事や失言が相次ぎ、参院選で大敗。結党以来初の参院第2党に転落し、安倍降ろしが急加速した。それでも安倍は秋の臨時国会を召集したが、代表質問の直前に突如、政権を放り投げ、逃げ込むように緊急入院。昭恵夫人が「私たちの人生において挫折というか、とてもつらい時期だった」と振り返っている。

 退陣後の安倍は反省ノートを書きため、「決断の瞬間に繰り返し読んでいる」なんて美談調で語られているが、過去の失敗から一体、何を学んだというのか。やったことといえば、内閣人事局を発足させ、官邸が部長・審議官級以上の約600人の人事権を掌握。公安警察をフル活用して、公権力による監視体制を強化し、権力機構の運営を意のままに操ることである。アベ友で周りを固め、仲間内だけで利権の甘い汁を吸う。そうして、国家の私物化を深めているのである。しかし、それももう限界だ。政権復帰させたこと自体が間違いだったことに多くの国民が気づいている。

「野党の要求はことごとく突っぱね、議会運営はデタラメで強権的。衆参で3分の2以上の勢力を盾にした安倍政権の驕り、たるみ、緩みは度を越えています。国民をバカにし、舐め切っているからにほかなりません。内閣支持率の急降下も、都議選の情勢が日に日に悪化しているのも、有権者が安倍政権とその周辺の政治家としての資質を問題視しているからです」(政治学者の五十嵐仁氏)

 野党4党首は共同声明を発表し、安倍に稲田の罷免を要求したが、菅が拒否。29日、安倍に臨時国会召集を促すよう大島理森衆院議長に要請する。野党4党はすでに憲法53条に基づき、衆参それぞれで総議員の4分の1以上の賛同者を集め、臨時国会召集を求める要求書を提出している。

 都議選へのダメージを食い止めたい安倍は街頭演説を避け、支援者相手のハコモノ集会をコソコソ回っているが、28日は「自民党に厳しいお叱りをいただき、党総裁としておわびしたい」とゴニョゴニョ言っただけで、稲田の一件には触れずじまい。都議選で鉄槌を下せば、憲法を踏みにじりながら改憲を狙う無知無教養な男も、その仲間も持たない。政権ぶん投げカウントダウンは始まっている。

=====

第1次政権と酷似 政権ぶん投げカウントダウンが始まるぞhttps://t.co/6D3n5zwG63 その前に森友・加計学園の関与を明らかにさせて、二度と安倍が政権の座につけないようにしてからだ。このまま幕引きさせては同じようなことが繰り返される。
― くろすけ (@55kurosuke) 2017年6月29日


政権ぶん投げカウントダウンが始まるぞ 第1次政権と酷似の展開 次から次へと大臣、政権中枢が火ダルマ 権力をはき違えているアベ友で固めた歪な政権だけにアリの一穴で崩れていく 国民を舐め切ってきた「驕る政権」に「思い知らせてやるか」と有権者は手ぐすね(日刊ゲンダイ) pic.twitter.com/0RH19Kta25
― KK (@Trapelus) 2017年6月29日

第1次政権と酷似 政権ぶん投げカウントダウンが始まるぞhttps://t.co/EXtwoB93vs #日刊ゲンダイDIGITAL
報道に飯を食らわせつつ、恫喝し、正しい報道をさせなかっただけで、政策も政権運営も無法地帯の安倍政権。何もかも「印象操作」だけの無能政権。
― モア・リベラル☆勘違い保守は不要 (@make_the_peace7) 2017年6月29日

第1次政権と酷似 政権ぶん投げカウントダウンが始まるぞhttps://t.co/EXtwoB93vs #日刊ゲンダイDIGITAL
森田実氏「今村前復興相は、弁明の機会さえ与えずに排除、稲田には憲法に背こうが法令に違反しようが頬かむり。そんなエコヒイキが許されるわけがない」
― モア・リベラル☆勘違い保守は不要 (@make_the_peace7) 2017年6月29日

日刊ゲンダイ|第1次政権と酷似 政権ぶん投げカウントダウンが始まるぞhttps://t.co/JY7BRwtB7k森田実氏「今回はケタ違いのひどさ。本人が辞任を拒むのであれば、罷免が筋です。東日本大震災をめぐる問題発言で辞任した今村前復興相はどうでしたか。」pic.twitter.com/uFx97pxDev
― rima *一般人 (@risa_mama117) 2017年6月29日


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

第一次安倍内閣の嫌なムードに似てきたと安倍首相こぼす│NEWSポストセブン

第一次安倍内閣の嫌なムードに似てきたと安倍首相こぼす

2017.02.28 07:00

【あの時の嫌なムードに似てきた?】

 国会では「戦闘行為」や「共謀罪」をめぐって答弁が迷走する稲田朋美・防衛相と金田勝年・法相が野党から辞任を要求され、文科省では高級官僚の天下り腐敗が表面化、さらに安倍晋三首相にも昭恵夫人が名誉校長を務める私立小学校への国有地格安売却という疑惑が発覚した。

「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」

 そう啖呵を切って自身の疑惑を否定した首相だが、政権丸ごとの火だるま状態に心中穏やかでいられるはずがない。

「総理は“あの時の嫌なムードに似てきたな”とこぼしている」(側近)

 安倍首相の胸中には、不祥事や失言で5人の大臣が辞任に追い込まれ、政権が沈没していった10年前の第1次内閣の苦い経験が蘇っているようなのだ。

 しかし、再登板後の安倍政権は10年前とは明らかに違う。この間、小渕優子・経産相と松島みどり・法相のダブル辞任(2014年10月)をはじめ、西川公也・農水相(2015年2月)、甘利明・経済再生相(2016年1月)が不祥事で辞任に追い込まれたが、政権基盤が揺らぐことはなかった。

 それがなぜ、急にガタガタになったのか。政治ジャーナリスト・野上忠興氏は「ファイアマン(火消し役)の不在」を指摘する。

「安倍政権が再登板後の数々の閣僚スキャンダルを乗り切ったのは、国会の数の力で押し切った面もあるが、それ以上に政権の危機管理に長けた菅義偉・官房長官の存在が大きい。

 菅氏が官邸の中心にどっかと座り、大臣が失言すれば呼びつけて厳重注意し、不祥事が発覚すれば持ち前の情報収集力で更迭すべきか、あくまで守るべきかを的確に判断して安倍首相に報告、うまく火消しをしてきた。ところが、最近は菅氏の影が薄く、政権の危機管理に大きな穴が開いている」

■確かに菅氏の対応にはかつての機敏さがみられない。

 防衛省が陸上自衛隊のPKO部隊の日報を1か月以上、稲田防衛相に報告しなかった問題では、記者会見で「厳重注意に値する」と他人事のような言い方だったし、金田法相が共謀罪の国会質疑を法案提出後にするよう求めた文書を出した問題では、火消しどころか、逆に菅氏が二階俊博・自民党幹事長から「緊張感を持ってやれ」と厳重注意を受ける始末だ。

 一体、菅氏はどうしてしまったのか? ジャーナリストの藤本順一氏が語る。

「菅さんは権力を持ちすぎた。安倍首相の再登板以来、歴代最長の3年以上官房長官として官邸中枢に座り、官僚機構を牛耳り、党の存在を軽んじて内政を思うままに操ってきた。しかも、先の改造人事ではポスト安倍に照準を合わせて幹事長のイスを狙って安倍総理の不信を買ってしまった。

 政権の重鎮である麻生太郎・副総理や二階幹事長も世代交代を促しかねない菅さんの突出ぶりを面白いはずがなく、影響力を削りにかかっています。党内に足場のない菅さんは身動き取れずに、官邸内に雪隠詰めの状態です」

 官邸の“存立危機事態”だ。

※週刊ポスト2017年3月10日号

第一次安倍内閣の嫌なムードに似てきたと安倍首相こぼす│NEWSポストセブン


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

都議選【稲田防衛大臣】自衛隊法、憲法違反!防衛省、自衛隊としてお願い…と応援演説!法にふれる発言!狂った議員だらけの安倍政権!法律が分からない弁護士大臣、議員辞職が妥当!自衛隊法で政治的行為は禁止! 国家公務員法違反!自民議員、後ろから鉄砲を撃たれたようなもの!- みんなが知るべき情報/今日の物語




下村博文元文科相に加計学園から200万円【違法献金】の疑い!安倍側近、都議選の司令塔!内部文書は本物と事務所関係者は認める!週刊文春が報道! - みんなが知るべき情報/今日の物語




臭いものにフタ主義の安倍晋三、本当に隠したいのは【肺ガン末期】余命3か月と主治医から告知され「ドクターストップ」をかけられていることだ「帰れコール」浴びる安倍晋三首相は公私ともに「隠し事」が多すぎる! 板垣英憲- みんなが知るべき情報/今日の物語


正気か?安倍首相「獣医学部の全国展開」宣言!加計問題ごまかしのため!厚顔無恥、自己保身、病的な嘘つきぶりには寒気すら覚える!あまりにに批判が続くから頭に来て言ったんだ…晋三! - みんなが知るべき情報/今日の物語





「小池劇場」が日本を滅ぼす!政策、ビジョンがない!ないない尽くしのワイドショー政治!豊洲移転延期、東京五輪・パラリンピック見直し、内実のない小池劇場!日本は心中するのか?「パフォーマンス女王」小池百合子!有本香著/「豊洲延期」は巨額損害を招いた!日本会議・CIA・創価学会!都議選は都民ファースト、自民党、公明党、維新以外に投票しましょう!- みんなが知るべき情報/今日の物語






副作用なし癌治療《光免疫療法》日本も今年中2017年に臨床試験開始!楽天・三木谷氏が取締役会長!末期癌、相当量の癌、転移した癌でも治せる!小林久隆主任研究員!世界同時実用化目指す!そもそも総研、2017年6月29日!小林久隆主任研究員・米国国立保健研究所、がんの3大療法、外科手術、抗がん剤、放射線治療の弱点、すべてクリア!-みんなが知るべき情報/今日の物語






『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも!胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず! - みんなが知るべき情報/今日の物語

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載

フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter




地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017年06月30日 13:24 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR