今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  政治 >  【日本破壊】安倍首相の異常な「ともちんラブ」稲田朋美【プラトニック枕営業】晋三…こんな稲田朋美を「弁舌に一目惚れ」安倍政権ぶん投げカウントダウン!日本を破壊し続ける「脳内お花畑ちゃん」

【日本破壊】安倍首相の異常な「ともちんラブ」稲田朋美【プラトニック枕営業】晋三…こんな稲田朋美を「弁舌に一目惚れ」安倍政権ぶん投げカウントダウン!日本を破壊し続ける「脳内お花畑ちゃん」

【日本破壊】安倍首相の異常な「ともちんラブ」

稲田朋美【プラトニック枕営業】

晋三…こんな稲田朋美を「弁舌に一目惚れ」

安倍政権ぶん投げカウントダウン!

日本を破壊し続ける「脳内お花畑ちゃん」


安倍晋三首相【肺ガンの末期】

ステージ4「余命3か月」と告知される!

リンパ節、脳幹に転移…

慶応大病院で精密検査!板垣英憲氏




こんな稲田朋美を「弁舌に一目惚れ」「次の総理」と...安倍首相の異常な”ともちんラブ”を改めて振り返る - ネタりか(記事は下記に)


ベストセラー「サイコパス」(文春新書)などの著書がある脳科学者の中野信子氏が28日、

「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)で稲田の本質をこう分析していた。

「司法試験に受かってはいるものの、その基準で動いてこられなかったんでしょう。

キーパーソンさえ押さえておけば生き延びられるという戦略だと思うんですね。言い方は良くないかもしれませんけど、

〈プラトニック枕営業〉という言い方があって、そういう感じなのかなと」

妙に胸にストンと落ちる解説である。

安倍晋三、政権ぶん投げカウントダウン!1次政権と酷似【肺がん末期】の総理!稲田防衛相の本質〈プラトニック枕営業〉「サイコパス」著書・脳科学者の中野信子氏!妙に胸にストンと落ちる解説!次から次へと大臣、政権中枢が火ダルマ!国民を舐め切ってきた驕る政権に「思い知らせてやるか」と有権者は手ぐすね!ちなみに安倍晋三【肺がん末期】多臓器不全です! - みんなが知るべき情報/今日の物語

柴田研三 @funabashishimiy: 「そもそも稲田朋美は自分自身を防衛できていない。 安倍晋三に守ってもらってばっかり。 防衛大臣のポストに、『プラトニック枕営業』で日本を破壊し続ける「脳内お花畑ちゃん」が居座るってどうなの? #ワイドスクランブル #プラトニック枕営業 #脳内お花畑 #安倍晋三 #都議選 #自衛隊 https://t.co/zLLCzvQewu」

チーちゃん @chilcochiko0121: 「#プラトニック枕営業 今日#ワイドスクランブルで脳科学者中野信子が稲田朋美防衛大臣を称して言葉は悪いがと断って#プラトニック枕営業と言っのけた!キーパーソンさえ抑えておけばいいと考えているとしか思えない稲田朋美の言動.もちろんキーパーソンは安倍!プラトニックじゃなかったりして😁」

株式会社フォース・ネットワーク @ForceNetwork_JP: 「「プラトニック枕営業」を流行語大賞になるように広めませんか。 企業(工場)の実力者の周りには、ゴマスリであったり忖度であったり、老若男女の区別無くプラトニック枕営業が行なわれています。これがいかに愚者の行為である事をに認知して欲しいと思います。 #プラトニック枕営業 https://t.co/DxlkDkzzVA」



安倍首相は稲田防衛大臣を即刻罷免せよ(三ヶ月ぶり二度目)(渡辺輝人) - 個人 - Yahoo!ニュース

安倍晋三首相【肺ガンの末期】ステージ4「余命3か月」と告知される!リンパ節、脳幹に転移…慶応大病院で精密検査!板垣英憲氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

こんな稲田朋美を「弁舌に一目惚れ」「次の総理」と...安倍首相の異常な”ともちんラブ”を改めて振り返る - ネタりか

こんな稲田朋美を「弁舌に一目惚れ」「次の総理」と...安倍首相の異常な”ともちんラブ”を改めて振り返る

2017/6/28 22:34 リテラ


稲田朋美オフィシャルサイトより

「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」──。昨日、都議選の自民党候補者の応援演説でとんでもない発言を行った稲田朋美防衛相。言わずもがな、自衛隊員は政治的行為が制限され、自衛隊法でも《特定の政党など支持する目的で職権を行使できない》と定められており、同時に公務員の選挙運動を禁じた公職選挙法違反発言だ。いや、それ以前に、防衛相が自衛隊を政治利用することなどもってのほかで、失言では済まされない大問題だ。

 だが、驚くべきことに、弁護士であるはずの稲田防衛相は発言後も問題と認識していなかったようで、演説直後は集まった報道陣に「どうしてこんなにたくさんいらっしゃるんですか?」と反応。夜中になってようやく事態の大きさに気づいて、しどろもどろになりながら発言を撤回したが、「これからもしっかりと職務をまっとうしたい」と辞任は否定した。

 稲田防衛相といえば、南スーダン派遣部隊の日報隠蔽に白紙領収書、森友学園疑惑に絡んだ国会における虚偽答弁など問題に問題を重ね、そのたびに大臣としての資質が問われてきた。本来なら「自衛隊としてもお願いしたい」発言など、「即刻、辞任」どころか「罷免」もの。今回ばかりは新聞だけでなくテレビも「問題あり」として大々的に報じている。

 にもかかわらず、信じがたいことにこの期に及んで安倍首相は稲田防衛相の「続投」を指示。稲田防衛相を辞任させれば、さらに政権にダメージが加わるのはもちろん、必ず総理の任命責任が問われ、自分にはね返ってくるからだ。

 たしかに、それも当然だろう。なにせ、稲田氏が当選4回で分不相応な大臣ポストまで登り詰めたのは、安倍首相の異様な寵愛と引き立てがあったからだ。いや、それだけではなく、安倍首相がいなければ稲田氏は政治家になることなどなかったのだから。稲田自身もこう語っている。

「安倍さんがいなかったら私は政治家になっていません。思想信条はほとんど一緒。総理は話しやすいし、相談しやすい人です」(「週刊文春」2015年10月15日号/文藝春秋)

●稲田氏の弁舌に一目惚れした安倍首相、政界入り後の異常なひいきぶり

 極右運動家を父親にもつ稲田氏だが、本人が言うには、「まったく政治に興味のない人間だった。新聞もろくに読まないし、政治についての意見などまったくなかった」(「The SEIRON WOMAN」産経新聞社)。彼女が保守に目覚めたのは、子育て中のこと。夫が講読していた産経新聞や「正論」(産経新聞社)を読みはじめ、藤岡信勝が主宰する自由主義史観研究会にも入会。「正論」などの読者欄投稿者となり、そこで生まれた縁から弁護士として百人斬り訴訟などに参加するようになっていったことだ。

 そんな極右道を爆走するなかで、運命の出会いが待っていた。当時、自民党幹事長代理だった安倍氏が、稲田氏に声をかけて自民党若手議連の勉強会に講師して招いたのだ。前出「週刊文春」では、安倍氏の側近議員が当時のことをこのように証言している。

「安倍さんは稲田さんの弁舌に一目ぼれした。女性の保守という点も珍しいと評価していた」

 そして安倍氏は、2005年の郵政選挙の刺客候補として稲田氏に出馬を自ら要請。初当選を果たした稲田は政治家の道を歩むようになったが、とくに安倍氏が稲田氏を重宝しはじめたのは下野時代だ。稲田氏は"ハガキ職人"として腕を鳴らした極右雑誌に登場しては安倍氏と同じように歴史修正主義発言を連発し、2009年に安倍氏が『創生「日本」』の会長に就くと稲田氏は事務局長代理を務めた。

 また、その一方で稲田氏は安倍派の"ヤジ将軍"として活躍。当時の民主党・菅直人首相にも「官僚の原稿を読まないで自分の言葉で答弁しろ」(いまならそっくりそのまま稲田氏に返したい一言だ)と迫るなど、ネット保守からの人気も高まっていった。

 そうして、安倍氏が2012年12月に政権を奪取すると、副大臣や政務官経験もない稲田氏をさっそく行政改革担当相に抜擢。つづけて公務員制度改革担当相に任命し、稲田氏は現在、加計学園問題の真相究明の大きな弊害となっている内閣人事局を発足させた。ちなみに稲田氏自らが「内閣人事局」と筆で書いた看板はあまりの字の下手さに「毎日見るのはしんどい」と職員からも苦情があがる代物だったが、それも安倍首相は「みずみずしい筆遣い」と評価。さらに、安倍首相は稲田氏を「次のスター」にするべく、2014年9月に自民党政調会長という党3役のポストに就かせたのだ。

「稲田は安倍首相の後継者」「日本初の女性宰相か」と騒がれはじめたのはこのころからだが、実際、安倍首相も稲田氏を「ポスト安倍」として育てようと財界人との会食にも同席させ、2015年1月には「財政再建に関する特命委員会」委員長に任命するなど、経験を積ませていた。

 一方、稲田氏は同年のアメリカ訪問時に「真のチャンピオンとは決して倒れない人ではなく、倒れても立ち上がる人」「安倍総理はその生きる証しだ」などと猛勉強した英語で安倍首相のアピールに回るなど、"愛情返し"に必死になってきた(「週刊現代」15年10月24日/講談社)。しかし、肝心の財政再建特命委では財務官僚の言いなりとなり、稲田氏の「能力不足」が党内から指摘されるように。「総理の意向」を振りかざすことからも評判は悪く、経産相のポストを考えていた安倍首相も折れざるを得なくなり、同年10月の第三次安倍改造内閣では政調会長に留まった。

 だが、それでも稲田氏が総理を目指していることを公言してきたように、安倍首相の下では自分は次期首相候補なのだと信じてきたのだろう。稲田氏は当時、自身が中心となって地元・福井と金沢間の北陸新幹線開通を推進。これは総理になるための地盤固めだと言われたが、安倍首相もこの計画に賛成していたといい、稲田氏からの要望を受けて安倍首相直々に福井駅の視察までおこなっている。

●ポンコツぶりを次々露呈も揺るがないともちんラブ

 そして昨年、安倍首相は悪夢のような人事を決行する。"命を捨てて国を守れ"と繰り返し口にしてきた稲田氏を、よりにもよって防衛相に任命したのである。この人事には、中国や韓国のみならずアメリカのワシントン・ポストほか多くの海外メディアが「極右」として稲田氏を紹介、警戒感を示した。しかし、そんな批判は安倍首相にとって想定内だったはずで、それよりも自分と同じ思想をもつ稲田氏に自衛隊トップを張らせたかったのだ。

 それでも、安倍首相が計算外だったのは、一目ぼれした稲田氏の「弁舌」が、まったくの役立たずだったことだろう。

 それが如実に表れたのが、南スーダンへの自衛隊派遣問題だ。稲田防衛相はそれまでも過去の極右発言を追及されて涙目になるなど狼狽えっぱなしだったが、昨年9月30日に自衛隊宿営地周辺で戦闘行為が起こったのかと国会で追及を受けても、まともに答えられないという失態を演じた。

 当時の「週刊現代」によると、同日夜、安倍首相は今井敬・経団連名誉会長と会食したが、なぜか意気消沈していたといい、自民党幹部議員はその理由を「昼間、ともちんがいじめられたからじゃないか」と分析している。

「ともちんをいじめから守らなくては」と安倍首相は考えたのだろうか。その数日後の同年10月3日には、野党から「米軍が日本に駐留する理由は米国の利益であり、日本を守るためではない」という過去の発言について追及された稲田防衛相に対し、安倍首相は「打撃力だね、打撃力」と助け船を出している場面が見られた。それを受けて稲田防衛相は「たとえば打撃力、そういった点においてもアメリカとの同盟は重要」と答弁したのだが、安倍首相に助けてもらわなければ答えられないとは、どれだけ稲田防衛相が低レベルなのかという話だ。

 しかも、今年に入り、前述したスーダンPKO日報隠蔽や森友学園問題の虚偽答弁などで、稲田防衛相が火だるまになった後も、安倍首相はそのまま守り続けるつもりだったのではないか、との見方もある。

「8月の内閣改造で更迭するという見方の一方で、永田町では、首相周辺から稲田氏を批判する声が全く聞こえてこないことから、留任させるつもりなんじゃないかという見方が流れていました」

 そして、今回の「自衛隊として」発言で自民党内からも「稲田氏はアウト」という声が上がっても、前述のように、安倍首相は稲田防衛相を辞任させるつもりはさらさらない。

「加計学園問題で支持率が急落して、都議選の大苦戦が伝えられているところに、このタイミングで稲田防衛相を辞任させたら、さらに報道が大きくなり、選挙はもっとひどい結果になる。そうなると、自身の任命責任論に発展し、政権が大きく揺るぎかねない。そこで、国会が開いていないのをいいことに、8月でなんとかごまかし、内閣改造でこっそり稲田防衛相や金田勝年法相を更迭してしまおうという作戦にしたようです」(大手紙記者)

 内閣改造でガラガラポンにすればいいと高をくくる安倍首相。だが、何度でも言うが、稲田防衛相に政治家としての資質などかけらもない。ただの極右雑誌ハガキ職人のネトウヨ弁護士を防衛相にまで引っ張り上げたのは、安倍首相なのだ。稲田防衛相の罷免はもちろん、自らの任命責任もしっかり取ってもらわなくてはならないだろう。(編集部)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

都議選【稲田防衛大臣】自衛隊法、憲法違反!防衛省、自衛隊としてお願い…と応援演説!法にふれる発言!狂った議員だらけの安倍政権!法律が分からない弁護士大臣、議員辞職が妥当!自衛隊法で政治的行為は禁止! 国家公務員法違反!自民議員、後ろから鉄砲を撃たれたようなもの!- みんなが知るべき情報/今日の物語




下村博文元文科相に加計学園から200万円【違法献金】の疑い!安倍側近、都議選の司令塔!内部文書は本物と事務所関係者は認める!週刊文春が報道! - みんなが知るべき情報/今日の物語




臭いものにフタ主義の安倍晋三、本当に隠したいのは【肺ガン末期】余命3か月と主治医から告知され「ドクターストップ」をかけられていることだ「帰れコール」浴びる安倍晋三首相は公私ともに「隠し事」が多すぎる! 板垣英憲- みんなが知るべき情報/今日の物語


正気か?安倍首相「獣医学部の全国展開」宣言!加計問題ごまかしのため!厚顔無恥、自己保身、病的な嘘つきぶりには寒気すら覚える!あまりにに批判が続くから頭に来て言ったんだ…晋三! - みんなが知るべき情報/今日の物語





「小池劇場」が日本を滅ぼす!政策、ビジョンがない!ないない尽くしのワイドショー政治!豊洲移転延期、東京五輪・パラリンピック見直し、内実のない小池劇場!日本は心中するのか?「パフォーマンス女王」小池百合子!有本香著/「豊洲延期」は巨額損害を招いた!日本会議・CIA・創価学会!都議選は都民ファースト、自民党、公明党、維新以外に投票しましょう!- みんなが知るべき情報/今日の物語






子どもの貧困率「7人に1人」夏休みは給食なくてガリガリ!強欲無法集団【安倍政権】は貧困問題に無関心!国有地、土地転がし「汚職・贈収賄」海外には100兆円超バラマキ!ガラクタ米兵器を購入するが子育て資金見送り続け、社会保障も削減!- みんなが知るべき情報/今日の物語



副作用なし癌治療《光免疫療法》日本も今年中2017年に臨床試験開始!楽天・三木谷氏が取締役会長!末期癌、相当量の癌、転移した癌でも治せる!小林久隆主任研究員!世界同時実用化目指す!そもそも総研、2017年6月29日!小林久隆主任研究員・米国国立保健研究所、がんの3大療法、外科手術、抗がん剤、放射線治療の弱点、すべてクリア!-みんなが知るべき情報/今日の物語

『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも!胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず! - みんなが知るべき情報/今日の物語

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載



フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017年06月30日 17:41 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR