FC2ブログ

日々物語fc2

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
日々物語fc2 TOP  >  政治 >  在米日本大使館の内部文書から、安倍氏も小池氏も前原氏も米国ジャパンハンドラーのシナリオに沿って演技させられている国民だましの役者に過ぎないことが判明した!新ベンチャー革命

在米日本大使館の内部文書から、安倍氏も小池氏も前原氏も米国ジャパンハンドラーのシナリオに沿って演技させられている国民だましの役者に過ぎないことが判明した!新ベンチャー革命

在米日本大使館の内部文書から、

安倍氏も小池氏も前原氏も

米国ジャパンハンドラーの

シナリオに沿って演技

させられている国民だましの

役者に過ぎないことが判明した!

新ベンチャー革命


フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter




在米日本大使館の内部文書から、安倍氏も小池氏も前原氏も米国ジャパンハンドラーのシナリオに沿って演技させられている国民だましの役者に過ぎないことが判明した ( その他政界と政治活動 ) - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ



新ベンチャー革命2017年11月9日 No.1843

 タイトル:在米日本大使館の内部文書から、安倍氏も小池氏も前原氏も米国ジャパンハンドラーのシナリオに沿って演技させられている国民だましの役者に過ぎないことが判明した

 1.2017年10月22日の衆院選はすべて、日本を乗っ取る米国戦争屋ジャパンハンドラーの描いたシナリオに沿って行われた

  本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、今回の衆院選は、安倍氏による衆院冒頭解散から始まり、小池新党起ち上げ、前原氏による民進党解体、野党オウンゴールによる安倍自民の大勝まで含めて、すべて、米戦争屋ジャパンハンドラー(日米安保マフィア含む)のシナリオに沿ってコトが進んだと観ていました(注1)。

  さて、週刊朝日は最近、在米日本大使館の内部文書を入手したそうですが、小池氏、前原氏の失脚の裏には米国政府が控えていたことが判明しています(注2)。

 もしそうなら、モリカケ疑惑をモミケシしたい安倍氏の唐突な衆院解散劇は必ずしも安倍氏単独の意思ではなかった可能性があります。そして、小池氏や前原氏のみならず、安倍氏も含めて全員、米戦争屋ジャパンハンドラーのシナリオに沿って踊らされた役者に過ぎなかったわけです。

  その意味で、安倍氏も小池氏も前原氏も、米戦争屋ジャパンハンドラーの手のひらで踊らされる手駒に過ぎないということです。

 なお、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。

 2.われら日本国民は、今の日本の政治は、日本をステルス支配している米国戦争屋ジャパンハンドラーのシナリオに沿って動かされている現実をしっかり認識すべき

  われら日本国民がマスコミ経由で観させられている日本の政治劇は、まさに映画そのままなのです。安倍氏も小池氏も前原氏も、米戦争屋ジャパンハンドラーが演出している政治劇の役者に過ぎないのです。

  ところで、われわれが映画を観る際、目の前に見えるのは、役者のみですが、役者に振り付けしている監督も脚本家も、映画には登場しませんので、観客には見えません。今の日本の政治劇を観させられている日本国民は、単に米戦争屋ジャパンハンドラーのつくった映画を観ているに過ぎないのです。ほんとうにアホらしいことです。

 3.安倍氏は、日本を乗っ取る米国戦争屋ジャパンハンドラーがアゴで使う役者に過ぎない

  今の安倍氏は周知のように、国民に向かって平気でウソをつくし、ペラペラと饒舌ですが、国民の琴線に響くものは何もありません、当然です、彼は単に、役者として日本国総理の役を演じているだけだからです。

  ところで、映画の場合、その出演者は全員、もっともらしく演技しますが、すべてこれらはホンモノではありません。その意味で、映画の出演者はすべて、ある意味、観客をだましているし、彼らの演技はすべてウソモノなのです。

  映画の場合、観客は出演者が演技しているとわかって観ていますが、日本の政治劇の場合、それを観させられる国民は、日本の政治劇の出演者である安倍氏や小池氏や前原氏が単に演技しているだけとは思わず、それが真実であると錯覚してしまいます。

  未だに、安倍自民を支持している国民は、安倍氏を筆頭に、多くの日本の政治家が、日本を乗っ取る米戦争屋ジャパンハンドラーの振り付けに沿って演技している事実を知らないでしょう。

  もしそうなら、未だに安倍自民を支持している国民は、みんな、彼らにだまされているに等しいのです。

  いずれにしても、今の日本政治は、日本を乗っ取る米戦争屋ジャパンハンドラーによって振り付けされている究極の茶番劇だと知るべきです。

 にもかかわらず、多くの国民がみんな、彼らにだまされ続けていると、近未来の日本は国民の利益より、米国の利益(=米国戦争屋の私益)に沿って流されてしまいます。

  われら国民は日本の国益(日本国民ファースト)とは何か、もっと真剣に考えるべきです。

 注1:本ブログNo.1833『日本国民にとって、今回の衆院選の最大の成果:国民だましの振り込め詐欺師的な小池氏や前原氏の野党潰し行動が露呈したこと、みんなもうだまされない!』2017年10月29日
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37011134.html

 注2:ヤフーニュース“小池百合子、前原誠司の失脚の裏に米国政府 在米日本大使館の内部文書入手〈週刊朝日〉”2017年11月8日
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171107-00000009-sasahi-pol&p=1


小池百合子、前原誠司の失脚の裏に米国政府 在米日本大使館の内部文書入手〈週刊朝日〉 赤かぶ


小池百合子、前原誠司の失脚の裏に米国政府 在米日本大使館の内部文書入手〈週刊朝日〉

11/8(水) 7:00配信


小池百合子氏(左)と前原誠司氏 (c)朝日新聞社

 ゴルフ、最高級鉄板焼き、米兵器の“爆買い”とトランプ大統領の“貢ぐ君”と化した安倍晋三首相。だが、その裏で米国を巻き込んだ憲法改正、野党分断などの日本改造計画が着々と進行していた。本誌が入手した在米日本大使館の報告書に記された米国の本音とは──。

【トランプ大統領と安倍晋三首相の“蜜月”はこちら】

* * * 
 訪日中のトランプ米大統領は「日本は極めて重要な同盟国だ」と述べ、安倍晋三首相との5回目となる首脳会談に6日午後、臨んだ。

 安倍首相も「日米同盟の絆をさらに確固たるものにしていきたい」と応じたが、11月に発足した第4次安倍内閣の本丸はズバリ、憲法改正だ。

 政府筋は「安倍官邸は単なる9条3項の自衛隊の明記にとどまらず、『国際平和に貢献するために』という文言を付記して、自衛隊が海外で自由に集団的自衛権を行使できるという解釈にしたい」と明言する。

 元外務省国際情報局長の孫崎享氏も「米国が求めるように自衛隊を海外派遣できる環境づくりに北朝鮮の存在は絶好のチャンス到来だ」との見解を示す。

 総選挙後、在米日本大使館がまとめた内部文書を本誌は入手した。

《改憲勢力が発議可能な3分の2を確保した総選挙結果は米国には大歓迎の状況だ。むしろ米国が意図して作り上げたとみていい。民進党を事実上、解党させて東アジアの安全保障負担を日本に負わせる環境が改憲により整う非常に好都合な結果を生み出した》

 そして《日本が着実に戦争ができる国になりつつある》と分析。こう続く。

《米国には朝鮮有事など不測の事態が発生した時に、現実的な対応が出来る政治体制が整う必要があったが、希望の小池百合子代表が踏み絵を行ったのは米国の意思とも合致する》

 前出の孫崎氏は、16年6月に撮影されたラッセル国務次官補(当時)と森本敏元防衛相、小野寺五典防衛相、前原誠司前民進党代表、林芳正文部科学相、西村康稔官房副長官、自民党の福田達夫議員、希望の党の細野豪志、長島昭久両議員、JICA前理事長の田中明彦氏らが安全保障について話し合った国際会議「富士山会合」の写真を示しつつ、こう解説する。

「米国の政策当局者は長年、親米の安倍シンパ議員や野党の親米派議員らに接触、反安保に対抗できる安全保障問題の論客として育成してきた。その結果、前原氏が民進党を解体し、同じく親米の小池、細野、長島各氏らが踏み絵をリベラル派に迫り、結果として米国にとって最も都合のよい安倍政権の大勝となった」

 安倍官邸は圧勝した総選挙で、いかにも日米同盟によって北朝鮮問題が解決するかのような幻想を振りまいたが、先の在米日本大使館の報告書には“本音”と思われる記述もあった。

《むしろ、心配な点はイラク戦争に向かった当時と現在の朝鮮有事とでは、比べようがないほど米国民は関心がない。日本や韓国が(軍事)負担を負うことが確実にならない限り、米国は軍事行動には踏み切れないのではないか》

 安倍首相はトランプ氏との“蜜月”を武器に来年秋の総裁選3選を確実にさせ、「当初の東京五輪勇退の意向から、21年9月の任期いっぱいまで政権を全うする」と周辺に強気に語っているという。

 11月10日にも加計学園の獣医学部新設が認可され、安倍首相の「腹心の友」である加計孝太郎理事長が会見する段取りだという。

「森友問題は近畿財務局のキャリア官僚の在宅起訴で手打ちとし年内に両疑惑ともに終息させるつもりです」(官邸関係者)

 そして18年中に国会で改憲発議、19年春には消費増税先送り表明、同7月に参院選と同日の改憲国民投票のシナリオを描いている。

 米国の共和党系政策シンクタンク勤務経験もある外交評論家、小山貴氏はこう怒る。

「こんなときにトランプ氏とのんきにゴルフをしている安倍首相自体、リーダーとして世界の嘲笑の的です。安倍政権は日米同盟を堅持するため、憲法9条をいじり改憲で自衛隊を海外派遣したいのでしょうが、政策の優先順位が違う。国民生活無視の政治を続けるなら即刻辞めるべきだ。国民を馬鹿にするのもいい加減にしてほしい」

(本誌・村上新太郎)

※週刊朝日  2017年11月17日号より加筆


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

憲法9条がジャマだ!ジャパンハンドラー・アーミテージが安倍に命令!集団的自衛権、単独戦争も、原発再稼も命令!2012年のアーミテージ・レイ レポートに呼応してか2013年に、安倍晋三は米CSISで、「日本は戻って来ました、期待して下さい」と演説した。/報道ステーション2014年放送/侵略戦争を起こした岸信介の孫らしい演説である。 - みんなが知るべき情報/今日の物語





安倍政権や官僚を操る戦争屋「ジャパンハンドラー」は米国戦争を代表する勢力でない!ポチでいたい安倍政権、官僚と属企業!…孫崎享氏「ジャパンハンドラー」のポチでいれば既得権益を確保できるから安倍政権、官僚、、属企業は米国戦争のポチ安倍でいる!沖縄の米軍基地も国外に移転も可能なのだ - みんなが知るべき情報/今日の物語




安倍一味にキックバック!米国ポンコツ武器購入で、血税が財界と安倍一味に!安倍の米武器購入には裏がある!購入先から手数料が!これで莫大な政治資金を確保した人物が安倍の祖父・岸信介!本澤二郎「ジャーナリスト同盟」通信 - みんなが知るべき情報/今日の物語



『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策の記事も多数あり

『パンと牛乳は今すぐやめなさい』パンは腸と脳をこわす!牛乳は骨と血管を弱くする!乳ガン患者はパンと牛乳が大好き!小麦のタンパク質『グルテン』の怖さ!疲れ、肥満、腸トラブル、うつ、湿疹なども改善!自傷行為や異常行動がおさまった!/小麦のタンパク質『グルテン』の怖さー未消化のグルテンは体内では『異物』だ!臓器を攻撃する抗体ができてしまうー人間の臓器には、小麦のタンパク質とアミノ酸配列が似ているものがある!/人は牛乳のタンパク質を分解できない!中毒を起こすモルヒネ様の物資に変化する!日本人に不足がちな鉄の吸収を阻害する!詳細は本を読んで下さい、お勧めです! - みんなが知るべき情報/今日の物語

末期がん患者の8割が改善!タマゴ・肉・脂質が主食『糖質制限』免疫栄養ケトン食!衝撃の最新科学研究!肉たまご、動物性脂肪…バター・ラードは体に良い…今までの説と真逆!良質なタンパク質と脂質を主食に!タマゴ肉の蛋白質が体・細胞を作り、体温を上げ、免疫力を高める!癌細胞は糖質が大好き、糖質、炭水化物の過剰摂取が自律神経を乱し、万病の元!動物性脂肪は脳の栄養!過剰摂取分は排出されます… 脳が疲れたら甘い物はウツの危険!肥満、体の脂肪は糖質の過剰摂取!動物性脂肪を摂取しない『糖質制限』は危険です! - みんなが知るべき情報/今日の物語

フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter



地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

関連記事
スポンサーサイト



[ 2017年11月09日 17:37 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

日々物語FC2

Author:日々物語FC2
日々物語

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR