FC2ブログ

今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  健康 >  長く健康でいたけれ『背伸び』をしなさい!生活習慣病・心臓老人・体調不良・ダイエット・高血圧・腰痛・肩こり・頭痛・生理痛・慢性疲労・冷え性・めまい不安感・手足のしびれ・便秘・貧血・関節痛・うつ病/仲野孝明著!

長く健康でいたけれ『背伸び』をしなさい!生活習慣病・心臓老人・体調不良・ダイエット・高血圧・腰痛・肩こり・頭痛・生理痛・慢性疲労・冷え性・めまい不安感・手足のしびれ・便秘・貧血・関節痛・うつ病/仲野孝明著!



長く健康でいたければ

『背伸び』をしなさい!

生活習慣病・心臓老人・体調不良

・ダイエット・高血圧・腰痛・肩こり

・頭痛・生理痛・慢性疲労・冷え性

・めまい不安感・手足のしびれ

・便秘・貧血・関節痛・うつ病

/仲野孝明著!


背伸びするだけダイエット | 100歳まで美しく長生きする/背伸びすることで姿勢を正しくして、血流や体温を整えることで内蔵機能がアップする。内蔵機能が活発になると、新陳代謝が上がり、太りにくくやせやすい体になる。<必要な時間は?>1回1分×朝晩2回=1日2分<方法は?>
寝たまま思い切り背を伸ばす。その状態で呼吸する/エビデンス情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

長く健康でいたければ、

「背伸び」をしなさい

仲野孝明著


デスクワークの多い人をはじめ、
肩こりや腰痛などに悩む人はたくさんいます。
そしてそれを解消するために、
「姿勢」が大切であることが、言及されるようになりました。

しかし、「姿勢」は肩こりや腰痛を引き起こすだけではありません。
じつに多くの症状を引き起こす要因になっているのです。
たとえば、次のような症状が姿勢によって引き起こされています。

体調不良/高血圧/腰痛/肩こり/頭痛/ADHD
うつ病/生理痛/慢性疲労/冷え性/めまい
不安感/手足のしびれ/便秘/貧血/関節痛

では、なぜこれほどまで多くの症状に姿勢が関連しているのか。
それは、姿勢が悪くなることで骨が歪み、各部位につながる神経が圧迫されるから。
また、姿勢の歪みによって「内臓」や「脳」まで歪んでしまうからです。
姿勢は筋肉のコリだけでなく、
神経症状や脳に関わる症状まで引き起こしてしまうのです。

一見恐ろしい話のように思われるかもしれません。
でも、これは同時に、体にまつわる多くの悩みが、
「正しい姿勢」によって解消されるということでもあります。
その証拠に著者の仲野先生は、
0歳から108歳まで15万人以上の体を治療してきて、
体のさまざまな不調が治るのを実証してきました。
正しい姿勢は、私たちの健康を司る最重要ポイントなのです。

「正しい姿勢」といっても難しくはありません。
正しい姿勢をとるためにやるべきことは、
たった1つしかないからです。

正しい姿勢をもたらすたった1つの動作――、
それが「背伸び」です。

私たちの体は背伸びをしたときに、
「正しい姿勢」になるようにできています。
誰でも、たった30秒で理想的な姿勢になることができるのです。

腕を伸ばす「しっかり背伸び」
歩きながらでもできる「かんたん背伸び」
会議中や仕事中に座りながらできる「座りながら背伸び」

状況にあわせて背伸びを行えば、
無理なく習慣化でき、さらに効果的に健康に近づけます。
ウォーキングやランニングで活用すれば疲れにくくなるなど、
まさに、どこでもできる「最強の健康法」です。

日々の体調不良をはじめ、
健康でいられないというのはとてもつらいことです。
少しでも長く健康でいられるように、
ちょっと背伸びした習慣を送る。
そのための方法がたくさん詰まった一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

たった三〇秒の習慣が、健康でいられる時間を大幅に長くする



【たけしの家庭の医学】心臓老化物質(たんぱく質)を減らす方法!心臓まわりの脂肪を落として突然死・心不全を防ぐ。1時間に1度立ち上がってのびをするのがポイント♪ : 19860707(記事は下記に)

《心臓老化改善》

1時間に1回立ち上がり

【背伸び】をするだけで改善!

心筋梗塞・心不全、

動脈硬化、シワ、長生き!

心臓周囲脂肪…

心臓老化タンパク質

「アンジオポエチン」

背伸びは30秒くらい…




フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ


心臓老化タンパク質はアンジオポエチンL2 1時間に1回背伸びすると減らせる?


心臓老化タンパク質はアンジオポエチンL2 1時間に1回背伸びすると減らせる?

たけしの家庭の医学では、心臓の老化の新原因として心臓老化タンパク質のアンジオポエチンL2を取り上げていました。このアンジオポエチンL2の分泌をへらすためには、座る時間を減らして、最低でも1時間に1回は立ち、伸びをすることでこのタンパク質をへらすことができるそうです。

心臓老化のタンパク質 アンジオポエチンL2

心臓の老化タンパク質について詳しく教えてくれたのは熊本大学医学部の尾池雄一先生でした。

心臓老化が起きると、血液を全身に送るポンプ機能が衰えてしまう他、心不全などの心疾患にもかかりやすくなるとのこと。

この心臓老化の原因の一つには加齢があるとのこと。さらに、近年発見されたのが心臓老化タンパク質のアンジオポエチンL2でした。

このアンジオポエチンL2が増えすぎると心臓の筋肉に作用してそのポンプ機能を衰えさせてしまうんだそうです。

また、このアンジオポエチンL2というタンパク質は全身から分泌されるタンパク質で、皮膚から過剰に分泌されるとシワの原因になったり、血管の中で増えすぎると動脈硬化の原因になったりするとのこと。

心臓の周りに脂肪が溜まると増えやすい

この心臓老化タンパク質はどういった人に増えやすいのか気になるところ。

それは、心臓周囲脂肪といって心臓の周りに脂肪が溜まっているとこのアンジオポエチンL2が過剰に分泌されやすくなるとのこと。

座りすぎると心臓の周りに脂肪が溜まりやすくなる?

では、心臓の周りに脂肪がつく原因はなんなのか気になるところです。

その原因は、実は座りすぎにあるということでした。

ちなみに、番組で登場した1日のうちで10時間以上座っているという女性は、アンジオポエチンL2の分泌量が高く、心臓の年齢も70代という結果になっていました。

1時間に1回立ち上がり背伸びをするだけで改善

番組では、座り過ぎを防いで、アンジオポエチンL2の分泌を減らし、さらに心臓周囲脂肪も減らす方法を紹介していました。

その方法は2つでした。

一つは、1時間に1回椅子から立ち上がるようにすること。

2つ目は、立ち上がった時に背伸びをすること。

この2つのことを実践するだけでもかなり効果があるということでした。

【たけしの家庭の医学】心臓老化物質(たんぱく質)を減らす方法!心臓まわりの脂肪を落として突然死・心不全を防ぐ。1時間に1度立ち上がってのびをするのがポイント♪ : 19860707

2018年4月3日(火)にテレビ朝日系列で放送された「名医とつながる!たけしの家庭の医学」は「心不全の新原因スペシャル」でした。

「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」をリニューアルする形で始まった「名医とつながる!たけしの家庭の医学」。毎回いろんな健康情報を紹介してくれています。

今回番組が着目したのは、「心筋梗塞のリスクを上げる心臓老化物質」と「つまずき・転倒の予防法」の2つ。 この記事では、番組内でレクチャーされていた「心筋梗塞のリスクを上げる心臓老化物質」に関する情報をまとめています。

突然前ぶれもなく襲いかかり、ときに命を奪う可能性もある心筋梗塞(心不全)。

芸能界でも、ちょっと前まで元気だったのに、突然心不全で亡くなられる方がいて、びっくりされている方も多いかと。

心筋梗塞・心不全は、心臓の老化にとって引き起こされます。そして心臓の老化には、加齢や高血圧、コレステロールなどが深く関係していると考えられています。

もちろんこれらの要素は心臓の老化と関係があるんですが、近年の研究で、これら以外にも心臓を老けさせる新原因が存在することが判明したんです!

その新原因とは、ずばり「心臓老化物質」。この心臓老化物質が増えてしまうと、心臓の老化が進み、心筋梗塞になるリスクが上がってしまうとのこと。恐ろしいですよね~。

今回の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では、そんな新原因に着目。

心臓老化物質の正体や、これ減少させるおすすめの方法などがわかりやすくレクチャーされていました。

以下、それらの情報を簡単にまとめましたので、ぜひ参考&実践してみてください♪

心臓の老化に注意!

加齢などによって心臓の機能が低下すると、動きが鈍くなり、拡張と収縮の動きが小さくなってしまいます。

こうなってしまうと、全身に十分な血液が送れないという状態になってしまいます。この状態こそが「心臓の老化」。

心臓の老化が進むと、心不全による突然死のリスクが高まってしまいます。昨日まで元気だった方が突然命を落とす。その背景には、心臓の老化があるんですね~。

そんな心臓の老化を進める要因として、これまでは高血圧や高コレステロールなどが常識でしたが、近年の研究によって新たな危険因子が発見されたとのこと。それは「心臓老化物質」と言われるもの。

心臓老化物質=たんぱく質

心臓は、1日10万回動き、死ぬまで80年動き続けます。

心臓老化物質は誰の体の中にも存在するんですが、何らかの原因で心臓老化物質が過剰に作られて分泌されるようになると、心臓の筋肉に悪影響が出るようになり、心臓にとって一番重要な収縮・拡張の機能が落ちてしまうとのこと。

心臓老化物質は、心臓の動きの悪化を引き起こす危険因子と言えます。

この心臓老化物質の正体は、たんぱく質の一種。

たんぱく質と言えば、肉や魚などに含まれる栄養素と考える人が多いと思われますが、これとは別物。

食事で摂ったたんぱく質は体内で分解され、体の中で働く別のたんぱく質にたくさん作り変えられます。心臓の老化を進めるたんぱく質も、体内で作られるたんぱく質のひとつになります。

体内で作られる代表的なたんぱく質には、①ヘモグロビン、②インスリン、③コラーゲンなどがあります。

心臓の老化を進めるたんぱく質は「アンジオポエチンL2」と言います。通常は心臓の細胞から分泌され、細胞の状態を維持する役割を担っています。しかし何らかの理由で増えすぎてしまうと、心臓の筋肉に障害を与え、心機能を低下させてしまうとのこと。

「アンジオポエチンL2」は心臓だけでなく、全身の細胞から分泌されているので、増えすぎるとさまざまな不調の原因になってしまいます。たとえば動脈硬化、しわ、がんなど。

アンジオポエチンL2が増えてしまう原因

心臓老化物質が増えてしまう原因はいくつかあります。

まずは「加齢」。これは誰にでも当てはまる原因ですね。

もうひとつの原因が「脂肪」。心臓にまとわりつく脂肪が心臓老化物質を増加させる大きな要因と言われています。

近年の研究で、脂肪細胞からも心臓老化物質は分泌されていることがわかりました。そのため、心臓の周囲に脂肪が多いほど、心臓の機能をより低下させると考えられています。

心臓に脂肪がたまる要因としては、①食習慣の乱れ、②運動習慣がない、③座る時間が長い、の3つが挙げられます。

とくに注意すべきなのが、座る時間の長さ。運動習慣にかかわらず、座っている時間が長いほど、心臓周囲脂肪が累積しやすい傾向にあるというデータがあるんです。

1時間に一度立ち上がるだけでも、心臓のまわりの脂肪を減らす効果が期待できるとのこと。

心臓老化物質を減らす方法!

上述のとおり、1時間に一度立ち上がるだけでも減らす効果は望めるんですが、立ったときにのびをする(筋肉をのばす)と、さらにアンジオポエチンL2の産生を抑えられるとのこと。

座る時間を減らし、のびをすることで、心臓老化物質を減らせるわけですね。

番組ではこれが本当かどうか実験をしていました。

心臓まわりに脂肪が多く、心臓老化物質の量が多い方に、1時間に一度立ち、立ち上がったときはのびをするという生活を5日間送ってもらい、心臓老化物質の量をチェックしていました。

5日後、たった5日でも確実に心臓老化物質は減っているという結果に! 確かにこれは効果が期待できそうですね♪

さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「心臓老化物質を減らす方法」の簡単なまとめでした。

心臓を老化させるたんぱく質が存在することにまず驚き、さらに脂肪にまとわりつく脂肪がそのたんぱく質をたくさん分泌させているという事実に驚きました!

心臓につく脂肪って、自覚できないので非常に恐ろしいですよね~。

しかしながら、厳しい運動なしで行える方法で、心臓の脂肪&心臓老化物質を撃退できるというのは朗報!

突然死を防ぎ、元気に長生きしたい方は、ぜひ参考&実践してみてください♪



ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

タオル握るだけで血圧を下げる!米学会認めた『ハンドグリップ法』血管も強くなる!タオルを片手づつ…各2分間握る、1日2回! - みんなが知るべき情報/今日の物語


タマゴの効能!がん、糖尿病など「生活習慣病」認知症、動脈硬化、心臓病、アレルギー、ダイエット、便秘、貧血、記憶力増強、目、風邪…老化防止『若返り』ゼラチン・ラード・タマゴ・肉「食事法」私はタマゴを毎日、3個~6個食べています。体調、益々上々です。卵アレルギーの方は肉を主食にされると良いかと、その理由は…/炭水化物、砂糖の大食いが改善されます。糖質、炭水化物は自律神経を乱します。 - みんなが知るべき情報/今日の物語



末期がん患者の8割が改善!タマゴ・肉・脂質が主食『糖質制限』免疫栄養ケトン食!衝撃の最新科学研究!肉たまご、動物性脂肪…バター・ラードは体に良い…今までの説と真逆!良質なタンパク質と脂質を主食に!タマゴ肉の蛋白質が体・細胞を作り、体温を上げ、免疫力を高める!癌細胞は糖質が大好き、糖質、炭水化物の過剰摂取が自律神経を乱し、万病の元!動物性脂肪は脳の栄養!過剰摂取分は排出されます… 脳が疲れたら甘い物はウツの危険!肥満、体の脂肪は糖質の過剰摂取!動物性脂肪を摂取しない『糖質制限』は危険です! - みんなが知るべき情報/今日の物語



カレー粉の効能が凄い!癌、認知症、動脈硬化、糖尿病、生活習慣病、冷え症、貧血、ダイエット、美肌、若返り、加齢臭、幸せホルモンにIQが7も上がる! !漢方学の権威語る…カレーは食べる漢方薬!秘密はスパイスにあった! - みんなが知るべき情報/今日の物語


カレーで動脈硬化の予防!血管内皮機能を改善する効果をハウス食品が確認=カレー粉のスパイス。ハウス食品は広島大学・東幸仁教授との共同研究で、カレーに動脈硬化予防で重要な役割を果たす血管内皮機能を改善する効果があることを臨床試験により確認したと発表した。カレーには、スパイス由来の抗酸化物質が多く含まれており、高い抗酸化力が期待できる食品。

『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも!胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず! - みんなが知るべき情報/今日の物語





緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!




医者が実践のインフルエンザ・風邪予防『お茶』を一口二口こまめに飲む!お茶のペットボトルおき診察!患者さん一人のたびに!カテキン効果!
緑茶、ほうじ茶、抹茶、粉末緑茶、紅茶、ウーロン茶などの茶のカテキン効果!モーニングショー、2018年1月112日 - みんなが知るべき情報/今日の物語



【がん】は切ると暴れる!本物の癌でも、すぐには死なない「ガンもどき」はしょっちゅう消える、人を殺さない!治療しなけりゃ大往生できる!抗がん剤は猛毒、命を縮めるだけ!癌の9割は癌治療するほど命を縮める!癌治療するほど命を縮める!すぐ余命を言う医者から逃げろ!早期発見で5年生存率が延びるというトリック!近藤誠の家庭の医学/ ガン宣告されても、絶望しないでください!ガン宣告されても、医者の脅しに屈しないでください!がん検診「陽性」でも99%は問題なし!ガン宣告されても、手術・抗がん剤・放射線被曝をしないでください!血圧は年齢プラス110までクスリで下げるな! 塩が足りないと病気になる!- みんなが知るべき情報/今日の物語






急性心不全は典型的なセシウム内部被曝による病気です!チェルノブイリの時は5年後から激増し、7年8年目に発症ピークがありました!amaちゃんだ@tokaiama/放射能被曝対策は…味噌、重曹、緑茶など… - みんなが知るべき情報/今日の物語


重曹の効用は凄い!アメリカ合衆国陸軍は放射線障害防止に重曹を推奨【米軍も認める効用】癌・被爆・肝臓病・インフルエンザ・腎臓病・胃潰瘍・痛風・虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも!重曹は元々、胃の薬です!食品添加物の重曹でもOKです! - みんなが知るべき情報/今日の物語

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり




『パンと牛乳は今すぐやめなさい』パンは腸と脳をこわす!牛乳は骨と血管を弱くする!乳ガン患者はパンと牛乳が大好き!小麦のタンパク質『グルテン』の怖さ!疲れ、肥満、腸トラブル、うつ、湿疹なども改善!自傷行為や異常行動がおさまった!/小麦のタンパク質『グルテン』の怖さー未消化のグルテンは体内では『異物』だ!臓器を攻撃する抗体ができてしまうー人間の臓器には、小麦のタンパク質とアミノ酸配列が似ているものがある!/人は牛乳のタンパク質を分解できない!中毒を起こすモルヒネ様の物資に変化する!日本人に不足がちな鉄の吸収を阻害する!詳細は本を読んで下さい、お勧めです! - みんなが知るべき情報/今日の物語


副作用なし癌治療『光免疫療法』日本でも2018年3月から治験開始!末期癌、相当量の癌、転移した癌でも治せる!楽天・三木谷氏が取締役会長!8~9割の治療が可能に!小林久隆・米国立衛生研所(NIH)主任研究員、2020年世界同時実用化目指す!三木谷浩史会長が資金支援を即決!- みんなが知るべき情報/今日の物語





フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

気分上々物語


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

関連記事
スポンサーサイト
[ 2018年04月07日 18:58 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR