FC2ブログ

今日の物語F

日本が善き国になりますように
今日の物語F TOP  >  政治 >  【首相案件文書】で安倍首相の虚偽答弁が決定的に!安倍首相と加計理事長が会食で獣医学部新設を相談していた【相談会食】のあと、文科省と下村大臣の態度が一変!

【首相案件文書】で安倍首相の虚偽答弁が決定的に!安倍首相と加計理事長が会食で獣医学部新設を相談していた【相談会食】のあと、文科省と下村大臣の態度が一変!

【首相案件文書】で安倍首相の

虚偽答弁が決定的に!

安倍首相と加計理事長が会食で

獣医学部新設を相談していた!

安倍首相と加計理事長の

【相談会食】のあと、

文科省と下村大臣の態度が一変! 



首相案件文書で安倍首相の虚偽答弁が決定的に! 安倍首相と加計理事長が会食で獣医学部新設を相談していた - ライブドアニュース(記事は下記に)

面会メモ 首相・理事長の記述も/加計学園の獣医学部新設を巡り、愛媛県が作成した柳瀬唯夫首相秘書官(当時)との面会記録に、安倍晋三首相が加計孝太郎・加計学園理事長と会食した際の記述があることが、「週刊文春」の取材でわかった。(文春オンライン)(記事は下記に)


加計獣医学部新設 柳瀬首相秘書官が「首相案件」と発言(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ


首相案件文書で安倍首相の虚偽答弁が決定的に! 安倍首相と加計理事長が会食で獣医学部新設を相談していた - ライブドアニュース


首相案件文書で安倍首相の虚偽答弁が決定的に! 安倍首相と加計理事長が会食で獣医学部新設を相談していた

2018年4月11日 7時0分 

LITERA(リテラ)



 朝日新聞が朝刊でスクープした、加計学園問題での安倍首相の関与を決定づける「首相案件」文書問題だが、夕方になって、新たな"爆弾"が投下された。

 朝日新聞がデジタル版で、この文書の全文を公開したのだ。そこには、官邸や政権幹部の直接関与を裏付ける記述、さらには、これまで安倍首相が言い逃れしてきた答弁が完全に虚偽だったという事実が克明に刻まれていた。

 そもそも、朝日が朝刊で報じたのは、2015年4月2日、愛媛県や今治市の職員、加計学園幹部と、当時の柳瀬唯夫首相秘書官、内閣府の藤原豊地方創生推進室次長(いずれも当時)との面会記録。柳瀬秘書官の「本件は、首相案件」などの発言が記録されていたと報じた。文書が本物だとすると、柳瀬秘書官の昨年国会の「会った記憶はない」との答弁は虚偽だったことになる。

 そして、愛媛県の中村時広知事はきょうの会見で、担当職員が「備忘録」として作成していたと認めた。県職員が柳瀬秘書官と面会したかについては「コメントできない」と言葉を濁したが、「県の職員は文書をいじる必然性は全くない」「県庁職員は真面目な職員。しっかりと、報告のために記述したものであることは間違いない」」と明言して、逆に「国が正直に言ったらいいのではないか」と返した。文書の信ぴょう性は確実になったといっていいだろう。

 朝日が畳み掛けたのは、この知事会見のあとだった。朝日新聞デジタルで中村知事が認めた「備忘録」の内容を全文公開。それは、朝刊以上に決定的な内容が含まれていた。それは、こんな記述だ。

〈加計学園から、先日安倍総理と同学園理事長が会食した際に、下村文科大臣が加計学園は課題への回答もなくけしからんといっているとの発言があったとのことであり、その対応策について意見を求めたところ、今後、策定する国家戦略特区の提案書と併せて課題への取組状況を整理して、文科省に説明するのがよいとの助言があった。〉

●安倍首相は「加計理事長とは獣医学部の話をしたことがない」と言っていたのに

 そう、この首相案件文書に、安倍首相と加計孝太郎理事長の会食の席でのやりとりが書かれていたのだ。しかも、その記述を普通に解釈すれば、こういうことになる。愛媛県や今治市の職員、加計学園幹部と、当時の柳瀬唯夫首相秘書官らが官邸で面会した4月2日の少し前、安倍首相と加計孝太郎理事長が会食していた。その席で、安倍首相は加計理事長に「下村さんが加計学園は課題への回答もなくけしからんと言っている」と、下村文科大臣及び文科省への対策の必要性を伝えていた。そこで、加計学園幹部が4月2日の面談でこの件を持ち出し、県職員らが柳瀬秘書官に「対応策」を相談。柳瀬秘書官から、「国家戦略特区の提案書と併せて課題への取組状況を整理して、文科省に説明せよ」とのアドバイスを受けた。

 いくつもの重大事実がここには記されている。とりわけ注目したいのは、この記録によって、安倍首相の国会での虚偽答弁が立証されてしまったことだ。

 安倍首相は、昨年7月24日の衆院予算委の閉会中審査で、今治市が国家戦略特区に正式に決定した2017年1月20日に加計学園が申請者であると初めて知った、加計理事長との間で、獣医学部を作りたいといった話は一度もなかったと答弁していた。また、7月25日の参院予算委の閉会中審査でも、友人である加計理事長との関係を問われ、「相談や依頼は一切なかった。相手の立場を利用しようとするということなら、もう友人とは言えない」と語っていた。

 さらに昨年3月13日の参院予算委では、社民党の福島みずほ議員から追及された安倍首相は、激昂しながら、こう答弁していた。

「何か確証もつかずにこの国会の場において何か問題があったかのごとく、私と彼が会食、彼は私の友人ですよ、ですから会食もします、ゴルフもします。でも、彼から私、頼まれたことありませんよ、この問題について。ですから、働きかけていません。これはっきりと申し上げておきます」

 しかし、繰り返すが、愛媛県の面会記録によれば、安倍首相は加計学園が国家戦略特区に申請するよりも前、少なくとも2015年4月段階で、加計理事長に獣医学部新設をめぐる下村文科相の動きを伝え、文科省対策の必要性をアドバイスしていた。これはつまり、加計学園に特区申請の意志があることを知っていたのはもちろん、獣医学部新設について、加計理事長としっかり「相談」までしていたということではないか。

●安倍首相と加計理事長の"相談会食"のあと、文科省と下村大臣の態度が一変! 

 さらに、この面会記録の記述をめぐってはもうひとつ、重大な疑惑が浮かび上がっている。それは安倍首相と加計知事長が会食した時点では、文科省と下村大臣が加計学園に対して「けしからん」というくらい怒っていたのに、4月2日の面会時点では、柳瀬秘書官が〈文科省についても、いい大学を作るのであれば反対しないはず〉と明言するほど、状況が好転していたことだ。

 しかも、この4月2日の面会を昨年7月にスクープした「週刊朝日」によると、面会の途中、下村博文文科相がやってきて、「やあ、加計さん。しっかりやってくれよ」と挨拶したという。

 これはつまり、この間に、安倍首相が加計理事長だけでなく、下村大臣及び官邸にも働きかけをして、両者を手打ちさせていたということではないのか。今回、面会記録が出てきたことで、こうした安倍首相の直接的な働きかけも大きな問題になるはずだ。

 安倍首相は昨年3月13日の参院予算委ではこんな大見得も切っていた。

「(加計学園の獣医学部開設を)働きかけているというのであれば、何か確証を示してくださいよ。私は、もし働きかけて決ているのであれば、やっぱりそれは私、責任取りますよ。当たり前じゃないですか」

 ぜひ、責任をとってもらおうではないか。
(編集部)


面会メモ 首相・理事長の記述も (文春オンライン) - auヘッドライン


「柳瀬秘書官発言」文書に安倍首相と加計理事長が会食の記述

話題 文春オンライン

4/10 20:20

安倍首相 

 加計学園の獣医学部新設を巡り、愛媛県が作成した柳瀬唯夫首相秘書官(当時)との面会記録に、安倍晋三首相が加計孝太郎・加計学園理事長と会食した際の記述があることが、「週刊文春」の取材でわかった。

 記録によれば、2015年4月2日、柳瀬秘書官は首相官邸で、愛媛県地域政策課長や今治市企画課長、加計学園事務局長らと面談し、次のように発言したという。

<加計学園から、先日安倍総理と同学園理事長が会食した際に、下村文科大臣が加計学園は課題への回答もなくけしからんといっているとの発言があったとのことであり、その対応策について意見を求めたところ、今後、策定する国家戦略特区の提案書と併せて課題への取組状況を整理して、文科省に説明するのがよいとの助言があった>

 安倍首相は、昨年夏、国会で次のように答弁していた。

「(加計理事長からは)『獣医学部を作りたい』、さらには『今治市に』といった話は一切ございませんでした。(学部新設の計画は2017年)1月20日の国家戦略特区諮問会議で私が知るにいたった」

 面会記録に記載された内容が事実とすれば、安倍首相は加計学園の獣医学部新設計画について、2015年4月以前の段階で既に知っており、国会答弁は虚偽だったことになる。

 柳瀬氏は面談自体を否定するコメントを出しているが、愛媛県の中村時広知事は、記者会見で記録を県職員が作ったことを認めている。

 記録に名前が登場する下村博文文科相(当時)を電話で直撃すると「(文書を)読んでいないので、コメントできません」とし、改めて文書でも確認を求めたが、締切までに回答はなかった。

 4月12日(木)発売の「週刊文春」では、「柳瀬秘書官発言」文書の詳細や「加計優遇」の実態などについて報じる。

【写真】問題の発言が記録された面会記録

(「週刊文春」編集部)


東京新聞:会食時に獣医学部話題 15年4月以前、首相と加計氏:社会(TOKYO Web)


会食時に獣医学部話題 15年4月以前、首相と加計氏

2018年4月11日 07時00分

  学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が愛媛県今治市に開設した獣医学部を巡り、県と市、学園の幹部ら一行が二〇一五年四月二日、当時の柳瀬唯夫首相秘書官らと面会した際の記録文書を本紙は入手した。県の担当者が作成した文書には「先日安倍(晋三)総理と(加計孝太郎)同学園理事長が会食した際に、下村(博文)文科大臣が加計学園は課題への回答もなくけしからんといっているとの発言があった」と記されていた。

 安倍首相は学部開設計画を知った時期を「(加計学園が国家戦略特区の事業者に決まった)一七年一月二十日」と国会で答弁。「加計氏から獣医学部を作りたいという話は一切なかった」と関与を否定した。文書の記載内容が事実なら首相は一五年四月時点で、加計学園の計画を知っていた可能性があり、答弁の信ぴょう性が問われることになる。

 文書は一五年四月十三日付で、県地域政策課が作成した「獣医師養成系大学の設置に係る内閣府藤原次長・柳瀬首相秘書官との面談結果について」。一行が柳瀬氏と内閣府の藤原豊・地方創生推進室次長(当時)と面会した際の主な発言を記録している。

 首相や下村元文科相の名前が出てくるのは柳瀬氏との面会録。発言者は不明だが、記述の冒頭に「加計学園から」とあることから、発言したのは同席した学園幹部とみられる。

 文科省のある元幹部によると、獣医学部開設を希望する加計学園と、開設に慎重な文科省は当時、水面下で交渉を続けていた。文科省は加計学園に既存の獣医大学との差別化を図ることなどを求めていたが、「満足な回答が出てこなかった」(元幹部)という。

 文書の中の「安倍総理と同学園理事長が会食した際に、下村文科大臣が加計学園は課題への回答もなくけしからんといっているとの発言があった」との記述はそうした状況と符合する。

 文書には対応策として「国家戦略特区の提案書と併せて課題への取り組み状況を整理して、文科省に説明するのがよいとの助言があった」との記述があった。

 柳瀬氏の発言としては「本件は首相案件になっており、内閣府の藤原次長のヒアリングを受ける形で進めてほしい」「国家戦略特区の方が勢いがある」などと記されていた。

 藤原氏の発言では「かなりチャンスがあると思っていただいてよい」「獣医師会との真っ向勝負にならないよう、既存の獣医学部と異なる特徴を書き込んでほしい」などがあった。

 この面会から二カ月後、県と市は国家戦略特区での学部開設を内閣府に申請。提案書は藤原氏の助言に沿った内容になっていた。

 愛媛県の中村時広知事は十日、県庁で会見し、「当時の職員が説明のために作った備忘録。全面的に信用している」と説明した。

 本紙は十日、安倍事務所と下村事務所、加計学園に質問状を送ったが、いずれも同日中に回答はなかった。柳瀬氏は「自分の記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方に会ったことはない」とコメントを発表した。藤原氏はこれまでの本紙の取材に「内閣府に聞いてほしい」と答えている。

<国家戦略特区> 国が指定した地域に限り規制を緩和する制度。第2次安倍政権の目玉政策として2013年に創設され、これまでに「東京圏」「関西圏」など全国で10地域が指定されている。自治体からの提案を国が認証する流れの構造改革特区と異なり、事業を所管する官庁の関与を少なくし、内閣主導でテーマや地域を決めるのが特徴。



(東京新聞)


加計【本件は首相案件】安倍首相関与を決定づける!柳瀬唯夫首相秘書官と関係者との面会記録、愛媛県文書に記載!朝日新聞スクープ!「本件は首相案件」つまり、加計学園獣医学部新設は、国家戦略特区で議論される以前から「安倍首相マター」として特別扱いを受けてきた、出来レースだった。そのことがあらためてこれで証明されたのだ!昭恵夫人が関与した森友に、安倍首相が関与した加計。あとはすっぱりと、総理も国会議員も辞めてもらうほかない。- みんなが知るべき情報/今日の物語



*上記の記事が停止中の時はこちら↓
加計【本件は首相案件】安倍首相関与を決定づける!柳瀬唯夫首相秘書官と関係者との面会記録、愛媛県文書に記載!朝日新聞スクープ! : 気分上々/みんなが知るべき情報

【森友汚職事件】政界に流れた融資20億円の複数政治家!安倍晋三、麻生太郎、鳩山邦夫、鴻池祥 肇、中山成彬、平沼赳夫、北川イッセイ、である!特捜の本丸は政界汚職!安倍晋三が断崖絶壁からついに転落死する時がきた!大阪地検特捜部(女性特捜部長)の「秋霜烈日」鋭い追及の手が冴えわたり、安倍晋三首相が断崖絶壁からついに転落死する時がきた!- みんなが知るべき情報/今日の物語




#上記の記事が停止中の時はこちら↓
【森友汚職事件】政界に流れた融資20億円の複数政治家!安倍晋三、麻生太郎、鳩山邦夫、鴻池祥 肇、中山成彬、平沼赳夫、北川イッセイ!安倍が転落死する : 気分上々/みんなが知るべき情報


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

安倍首相、稲田元防衛相の被害者ヅラに唖然【自衛隊イラク日報隠蔽】隠蔽を引き起こしたのはお前らだ!南スーダンPKO日報隠蔽は安倍、稲田も把握していた!隠蔽は稲田防衛相の否定答弁を正当化するために行われた! そして、いつのまにか、政府が文書を改ざん・隠蔽することに国民のほうが慣らされ、問題にもならなくなっていく。これはけっしてオーバーな話ではない。民主主義が完全に崩壊してしまう前に、なんとしても安倍政権を止める必要がある。 - みんなが知るべき情報/今日の物語


「深くおわび」安倍総理!自衛隊イラク日報問題【国家反逆罪】安倍晋三、お詫びで許されるはずがない!自衛隊、防衛省、行政の最高責任者は総理である! - みんなが知るべき情報/今日の物語




アベノミクスは【悪魔の政策体系】労働者である一般市民にとって!アベノミクスは大資本の利益を極大化させるための方策である!さようなら国民の生活が台無しアベノミクス!「働き方改革法案」は「働かせ方改悪法案」と呼ぶのが正しい!これも「アベノミクス」の一環!植草一秀の『知られざる真実』 - みんなが知るべき情報/今日の物語





安倍政権のメンバーは 3.11の【津波核テロ】への関与で「戦争犯罪」に問われることを恐れている!安倍が犯罪者であるのは事実である!日本のお金を外国マフィアに渡しているのが安倍政権!安倍は逃げる場所を探している!東日本大震災~3.11の攻撃は4千万人を北朝鮮へ避難させるロスチャイルドの企て~ - シャンティ・フーラの時事ブログ - みんなが知るべき情報/今日の物語


*上記の記事が停止中の時はこちら↓
安倍政権のメンバーは 3.11の【津波核テロ】への関与で「戦争犯罪」に問われることを恐れている!安倍が犯罪者であるのは事実である!日本のお金を外国マフィアに : 気分上々/みんなが知るべき情報

大谷翔平式『肩甲骨ストレッチ』肩こり改善、スポーツに!背伸び体操と合わせると効果的です!簡単、いつでも、どこでも、小まめに!健康長生き、生活習慣病、体調不良、ダイエットなど! - みんなが知るべき情報/今日の物語

《朗報》高齢者でも脳細胞は甦っている!人が死ぬまで神経細胞が生成され続けていることを発見した!米コロンビア大学! - みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

気分上々物語


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


関連記事
スポンサーサイト
[ 2018年04月11日 09:02 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

今日の物語F

Author:今日の物語F
日々物語

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR