FC2ブログ

日々物語fc2

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
日々物語fc2 TOP  >  政治 >  安倍政権で『食べものが劣化する日本』 脱農薬社会に転換しなければ取り返しのつかないことになる!医療が進歩しているのに病気の人が増え続けている背景に国民が摂取する食べものの質の劣化が関係している!安田節子著『食べものが劣化する日本』安倍政権で『売り渡される食の安全』

安倍政権で『食べものが劣化する日本』 脱農薬社会に転換しなければ取り返しのつかないことになる!医療が進歩しているのに病気の人が増え続けている背景に国民が摂取する食べものの質の劣化が関係している!安田節子著『食べものが劣化する日本』安倍政権で『売り渡される食の安全』

安倍政権で『食べものが劣化する日本』 脱農薬社会に転換しなければ取り返しのつかないことになる!医療が進歩しているのに病気の人が増え続けている背景に国民が摂取する食べものの質の劣化が関係している!安田節子著『食べものが劣化する日本』安倍政権で『売り渡される食の安全』遺伝子組み換え・グリホサート(ラウンドアップ)・ネオニコ系農薬・抗生物質投与・成長ホルモン剤・ラクトパミン・食品添加物・放射能汚染!


『食べものが劣化する日本』: 植草一秀の『知られざる真実』(記事は下記に)



安倍政権で『売り渡される食の安全』山田正彦箸/自国農業の壊滅に手を貸している!国民の食の安全も食料自給も売り飛ばして恥じない売国政府!自家採種の原則禁止!農薬基準400倍に緩和、遺伝子組み換え表示なしでOK!日本だけが世界と逆行!子どもや孫たちの未来のためになにができるかを考えさせる一冊!韓国の給食は有機野菜、日本は…- みんなが知るべき情報/今日の物語





『食べものが劣化する日本』: 植草一秀の『知られざる真実』


『食べものが劣化する日本』

植草一秀の『知られざる真実』

2019年9月18日 (水)

『食べものが劣化する日本』

オールジャパン平和と共生の顧問、ならびに運営委員を務められている安田節子氏が新著を出版される。

『食べものが劣化する日本』
(食べもの通信社、本体1400円)

食べものが劣化する日本 | 安田節子 |本 | 通販 | Amazon

アマゾンではすでに新著購入の予約受付が開始されている。

食の安全・安心が壊されている。

安田氏は本書冒頭で次のように指摘する。

「かつて日本は、食品公害事件を教訓に、世界でも厳しい食品安全規制が行われている国だった。

しかし、農産物輸出大国である米国が、日本に農産物の輸入拡大と農薬などの食品安全規制の緩和を要求し続けてきた。

国際的には、農薬や遺伝子組み換えなどによる健康や環境への影響が明らかになり、規制や禁止する国々が広がっている。

それに逆行して、日本の食品業政が規制緩和を続けていることは大きな問題である。」

安田氏は長年にわたり、生活者として遺伝子組み換え食品などの食の安全を求めて運動してきた。

その安田氏がいま、かつてない危機感を持たれている。

2018年3月末に主要農作物種子法(種子法)が廃止され、コメなどの穀物種子が内外のアグリビジネスに明け渡された。

日本の食糧安全保障の根幹を揺るがす重大な事態である。

現在の日本の食料自給率は37%。

遠からず日本は食料の自給能力を失い、米国に食料を握られ、従属化が総仕上げの段階を迎える。

本書は、日本の食料の安定供給と安全性が危機に瀕している実態を明らかにするとともに、日本の食事上が粗悪な輸入食品の吹き溜まりになっている現実を明らかにする。

日本の医療費は増大し続け、2017年度には過去最高の42兆円に達している。

この水準は50年前の100倍をこえるものである。

安田氏は医療が進歩しているのに病気の人が増え続けている背景に、国民が摂取する食べものの質の劣化が関係していると指摘する。

私たちはいまこそ、脱農薬社会に転換しなければ取り返しのつかないことになる。

この社会をこのまま次代に引き渡すわけにはいかない。

子どもたちを安心な食べもので守る必要がある。

安田氏の訴えは切実であり、極めて重要なものだ。

韓国のソウル市は、2021年からすべての小・中・高校で「オーガニック無償給食」を施行すると発表した。

安田氏は、日本でも全国で有機・無償の学校給食を実現するなら、日本の有機農業が大きく広がると指摘する。

未来の世代のために、日本の食の安全を保障し、日本が有機農業国に転換することを目指すことに、私たちが思いを共有することを願い、本書を刊行されたという。

食は命の源であり、命に直結する重要性を帯びている。

すべての市民が強い関心を持つ分野であり、本書によって重要事実を把握し、問題意識を共有する意義は極めて大きい。

食の安全、安心に関して、近年強い関心を集めているのが、

遺伝子組み換え
グリホサート(ラウンドアップ)
ネオニコ系農薬
抗生物質投与
成長ホルモン剤
ラクトパミン
食品添加物
放射能汚染

である。

本書では、これらの重要事項について、項目毎に分かりやすく解説が示されている。

主要な論点、データが網羅されており、それぞれの問題についての百科事典の役割を果たしてくれる。

TPPで米国産牛肉のステーキが安く食べられるようになる。

権力の御用機関に堕落してしまっているテレビメディアは、このようにしか伝えない。

しかし、米国産の牛肉には成長ホルモン剤やラクトパミンが投与されており、その影響で乳がんなどに罹患するリスクが著しく上昇することも懸念されている。

米国では、毒であることが「科学的に」立証されるまでは「有害ではない」と判定して摂取に規制を設定しないという行政が行われている。

これを「科学主義」と称するが、大量に摂取してがんになってしまった後で、因果関係が科学的に立証されたので使用を規制するとされても、後の祭りということになってしまう。

リスクが認識されているものについては、安全性が「科学的に」立証されるまでは摂取を制限する、あるいは禁止するのが適正な対応ではないか。

この姿勢を「予防原則」と呼ぶ。

欧州では「予防原則」が基本に置かれるが、日本の行政は米国の圧力を受けて「科学主義」に急旋回している。

これでは私たちの命と健康を守ることはできない。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

安倍内閣に命令して「種子法」を廃止させたモサントの【除草剤】がん性で320億円賠償責任「ラウンドアップ」安倍政権の売国政策!種子法廃止「食料主権」を売り渡す「遺伝子組換え作物」の氾濫国へ!グリホサートは100円ショップ、東急ハンズでも販売! - みんなが知るべき情報/今日の物語

「発がん物質入り」100円除草剤ダイソーの「グリホサート」東急ハンズ、島忠など7社は販売続行!米裁判…末期がんに約320億円の支払い命じる陪審評決「モサント除草剤」オランダ、フランスが販売禁止「WHO発がん評価」風にも飛び、口、鼻、肺に入る、他人にも!除草は手でやればいいでしょ! - みんなが知るべき情報/今日の物語ダイソーでは販売中止に。

アベノ【凄まじい売国】安倍政府は【農産物】数百億円規模の購入を検討か!トランプ氏、安倍総理に【巨額購入を要求】貿易交渉とは別枠で!日本農家、農業破壊、日本経済危機、食物自給率も下がり、米国の遺伝子改良食品だらけに!参院選が終わったらとトランプが発言していた!安倍政治の目的は日本破壊!  - みんなが知るべき情報/今日の物語



安倍晋三が【関税密約】で日本農業を壊滅させた!許すまじ、国家反逆の関税密約!今それを言うと参院選で負けるので、参院選の後に交渉させてください」と尻を突き出して哀願!これで日本の農業、畜産業は大打撃!トランプ大統領のご機嫌を取りたい一心の統一教会Moonie安倍晋三。この朝鮮邪教奴隷が、国家反逆の関税密約。- みんなが知るべき情報/今日の物語



ドイツのTV局/日本国民は、放射性廃棄物と同レベルの汚染された食物を食べている!日本国民は騙されたまま! 日本:食べて応援!国民皆殺し政府。台湾:放射能から国民を守る政府。



がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって変わる!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる…食事、運動、生活環境で!薬が病気をつくる!自分を守るのは医者ではなく自分自身!新説は癌治療の常識を変えるか!- みんなが知るべき情報/今日の物語




遺伝子は変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する! - みんなが知るべき情報/今日の物語


重曹は癌に有効!ロシアの研究でもガン治療の助けになる<たまご>は癌、糖尿病、心臓疾患、認知症に有効!細胞新生には良質な蛋白質、ミネラル、ビタミンが必要!砂糖、過剰糖質が癌はじめ病気の元凶!糖質、抗がん剤は癌の応援剤!卵アレルギーの人はトリムネ肉!癌患者の血液中のアルブミンが不足しています、アルブミンの宝庫が卵です!炭水化物より動物性脂肪を多めに、バター、ラードは脳の栄養、体に良い、最新研究です!太りたくなければ脂肪を! - みんなが知るべき情報/今日の物語


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

重曹でガンが治る!?歯科医とイタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ/医学的根拠あり!放射線被曝にも


「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!元ハーバード大学准教授・荒木裕/癌は熱い風呂、味噌、重曹で治る位の病気!ガン細胞は糖質が大好物「三大療法」ではガンは治らない!減塩は悪魔のささやき!純ココア・高カカオチョコレート、カレー粉など!糖尿病、認知症、動脈硬化…生活習慣病!高齢者は、魚には必ず、卵か肉を、アミノ酸バランスが魚は不十分です。動物性蛋白質・脂肪で体を作り体温を上げて免疫力がアップします。プロティン、アミノ酸サプリメントの人工食品はは腎臓に負担をかけ副作用があります。卵はスーパーフードです。スポーツマン、受験生にも最適です。急ぐ時は生卵で。食品のコレステロールは余分な分は排出されます。- みんなが知るべき情報/今日の物語




フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



関連記事
スポンサーサイト



[ 2019年09月19日 21:58 ] カテゴリ:政治 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日々物語FC2

Author:日々物語FC2
日々物語

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR