FC2ブログ

日々物語fc2

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
日々物語fc2 TOP  >  政治 >  もうすぐ【リーマンショック】より凄いのがやってくる!風雲急を告げる米欧、世界経済 !急変する経済指標が事態の深刻さを物語っている!そして【消費増税】日本の景気は真っ逆さまに落ちる可能性が高い!2019年9月29日記事

もうすぐ【リーマンショック】より凄いのがやってくる!風雲急を告げる米欧、世界経済 !急変する経済指標が事態の深刻さを物語っている!そして【消費増税】日本の景気は真っ逆さまに落ちる可能性が高い!2019年9月29日記事

もうすぐ【リーマンショック】より凄いのがやってくる!風雲急を告げる米欧、世界経済 !急変する経済指標が事態の深刻さを物語っている!そして【消費増税】日本の景気は真っ逆さまに落ちる可能性が高い!2019年9月29日記事


ベンジャミン・フルフォード氏:「リーマンショックより凄いのがやってくる!」: richardkoshimizu のブログ(記事は下記に)

世界経済が「リーマン・ショック並み」の危機に陥っているという現実(記事は下記に)

風雲急を告げる米欧経済。嵐は、すぐ近くまで迫ってきています。急変する経済指標が、事態の深刻さを物語っています。リーマンショックの倍のスケールです。/2019.9.27FACT BF・RK対談にご参加いただき感謝。次回は、2019.10.5(土) リチャード・コシミズ大宰府講演会です!: richardkoshimizu のブログ(記事は下記に)

【悲報】「もうすぐリーマンショック超えの金融危機」ジョージ・ソロス元相棒が警告! 2019年世界大恐慌、ノストラダムス予言と一致! (2018年10月5日) - エキサイトニュース(記事は下記に)




ベンジャミン・フルフォード氏:「リーマンショックより凄いのがやってくる!」: richardkoshimizu のブログ


ベンジャミン・フルフォード氏:「リーマンショックより凄いのがやってくる!」
richardkoshimizu のブログ

2019年9月29日 (日)

ベンジャミン・フルフォード氏 最新記事!

「リーマンショックより凄いのがやってくる!」

Many signs point to imminent, bigger than Lehman financial tsunami

By Benjamin Fulford Weekly Reports 358 Comments

https://benjaminfulford.net/Veteran 
financial market observers will tell you that anomalies in the financial markets last week point to some sort of black swan event on the horizon. This could be—cross your fingers and knock on wood—the signs of the long-awaited implosion of the U.S. Corporate government. It could also be the signal for a new Bretton Woods-style reboot of the world’s financial system.

To understand, take a look at these two graphs from September 19th. The first is the Repo market, and the second is SOFR (Secured Overnight Financing Rate)—the replacement for Libor.

overnight repo.png (706×496)

SOFR 9.18.jpg (1236×607)

The Repo market is basically a market where banks etc. use long-term high-quality financial instruments like U.S. government bonds as collateral to borrow here/now cash. The second is the rate at which banks lend to each other. The jump from 2% to 10% in the Repo market in a single day either means insiders think U.S. bonds are about to become worthless, or else some huge bank is about to go bust and so nobody wants to hand any cash over to them.

The second, SOFR, moved 282 basis points, in a market where people typically freak out over a move of even 20 basis points. The SOFR move, at the very least, indicates that a mega-bank or several mega-banks could not get money from other banks. This sort of move was last seen at the time of the Lehman shock.

日経のどこを読んでも、金融危機なんて書いてない!

書いたりしたら、日系の飼い主のDeepStateを追いつめることになるから。(RK私見)

続きは、会員になって読んでください!


世界経済が「リーマン・ショック並み」の危機に陥っているという現実


世界経済が「リーマン・ショック並み」の危機に陥っているという現実

2019/07/15

世界経済はリーマン級の危機に陥っている(ニューヨーク証券取引所。写真:Getty Images)

 内閣府は7月5日、5月の景気動向指数の速報値を発表し、基調判断を「悪化」から「下げ止まり」に上方修正し、景気後退の動きが下げ止まっている可能性が高いとした。だが、ここから日本の景気が回復傾向に向かうと楽観視することはできない。経済アナリストの森永卓郎氏は「秋以降、日本の景気は真っ逆さまに落ちる可能性が高い」と、次のように警鐘を鳴らす。

 * * *

 私は、安倍晋三総理が2019年10月に予定されている消費税率引き上げを再び取り止めると確信していた。その理由は、政府はずっと消費増税を止める条件として「リーマン・ショック並みの経済危機」を挙げていたが、世界経済はすでにリーマン・ショック並みの経済危機に陥っているからだ。

 IMF(国際通貨基金)が2019年4月に発表した世界経済見通しでは、2019年の世界の実質経済成長率が2019年1月発表の3.5%から3.3%へ下方修正された。さらに5月23日、IMFは米中貿易戦争が激化した場合、世界経済の実質成長率が0.3%押し下げられるとの試算を発表した。つまり、世界の実質的な経済成長率は3.0%まで下がる可能性があるということだ。

 実際、世界銀行は6月に、2019年の世界経済見通しをやはり下方修正して、成長率を2.6%まで引き下げている。

 振り返れば、リーマン・ショックが起こった翌年の2009年から5年間の世界経済成長率を平均すると3.3%だった。したがって、世界経済はすでにリーマン・ショックを超える経済危機に陥っていると考えられるのだ。

 世界的に景気が後退していることを示す指標はまだある。2018年11月まで米国債(10年債)の利回りは3%台だった。ところが、現状は2.2%まで一気に落ちている。同じ10年債の利回りでは、日本、ドイツ、スイス、デンマークではすでにマイナスとなっている。

 一方で、米国株はまだ上昇基調にあるように思える。しかし、私はこれは“砂上の楼閣”だと見ている。当然のことだが、債券の利回りが下がれば、債券価格は上昇する。この動きにヘッジファンドなどが迅速に反応して、債券価格が上がったところで売り払い、その資金でコモディティ(商品)を買う動きが加速している。米国株についても同じ現象が現われ、それほど時間を置かずに急落局面を迎えるのではないか、と予想している。

 市場では、すでにヨーロッパは景気後退に入ったという見方が支配的になっている。さらには、ヨーロッパ発による金融危機が発生するとの見方さえ出始めている。

 そうなればもちろん、日本株も大きなダメージを受けるのは間違いない。日経平均株価1万円割れもあり得るかもしれない。10月には消費増税も控えており、秋以降の日本の景気は真っ逆さまに落ちる可能性が高いだろう。


【悲報】「もうすぐリーマンショック超えの金融危機」ジョージ・ソロス元相棒が警告! 2019年世界大恐慌、ノストラダムス予言と一致! (2018年10月5日) - エキサイトニュース


【悲報】「もうすぐリーマンショック超えの金融危機」ジョージ・ソロス元相棒が警告! 2019年世界大恐慌、ノストラダムス予言と一致!

2018年10月5日 07:00 4

 投資の神様といわれるジョージ・ソロスの元ビジネスパートナーとしても知られる、著名投資家のスタンリー・ドラッケンミラー氏が、今後、2008年のリーマンショックを超える最悪の金融危機が世界を襲うと警告した。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/10/post_18345_entry.html】

https://tocana.jp/2018/10/post_18345_entry.html

■リーマンショックを超える金融危機がもうすぐ世界を襲う

 ロシア紙「Sputnik」(10月2日付)によると、9月28日、投資家向けメディア「Real Vision」が公開したインタビュー動画で、ドラッケンミラー氏は次のように語ったという。

「最後の金融危機(リーマンショック)よりも大きな危機が起こりつつあります。なぜなら、リーマンショックを引き起こす原因となったものをその3倍にもしてしまったからです」(ドラッケンミラー氏)

 ドラッケンミラー氏によると、元凶は「巨大な負債」にあるという。金融機関が簡単に金を貸してしまうため、市場に「安い金」が蔓延してしまったと苦言を呈しているのだ。この状況はリーマンショックと同じだろう。

 ご存知のように、巨大証券会社「リーマンブラザーズ」の破産に伴う世界的金融危機を引き起こしたのは、サブプライムローンの崩壊だ。財政的な信用のないサブプライム層(プライム=信用のある優良客以下の層)に、高金利の住宅ローンを組ませたことがその発端だ。最初のうちは低金利、数年後に倍以上の高金利となるシステムに加え、当時は住宅価格が右肩上がりに上昇していたため、購入者は高金利になるタイミングで住宅を売ってしまえば、ローンが帳消しになると考え、サブプライムローンは飛ぶように売れた。

 しかし、住宅価格が下落し始めると、家を売却してもローンが完済できず、多くの人が自己破産に陥った。その結果、アメリカの投資銀行から地方の銀行まで300行以上が倒産、遂には大手証券会社のリーマンブラザーズも倒産し、世界的な金融危機が引き起こされたのだ。

■ビル・ゲイツ、ベンジャミン・フルフォードも危機感を表明

 ドラッケンミラー氏に見立てでは、こういった安易な融資が今も横行しており、いずれ爆発するということだろう。他にも、マイクロソフト社創設者のビル・ゲイツ氏、アメリカのヘッジファンドマネージャーであるケネス・グリフィン氏、投資家のジェフリー・ガンドラック氏らも金融危機が間近に迫っていると警鐘を鳴らしており、現在の状況は「誰も気付かないうちに、氷山との衝突が避けられなくなった沈没直前のタイタニック号に酷似している」と、ロシア人エコノミストのイワン・ダニロフ氏は語っている。

 また、ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏もトカナのインタビューで金融危機の発生を警告していた。フルフォード氏によると、2008年のリーマンショックの裏には金融マフィアによる“金塊の脅し取り工作”が行われており、存在しないはずの金を元手にカネを生み出したことが元凶だというのだ。(詳細は<>uコチラ)

 そして、恐ろしいことに、同じような工作が今も秘密裏に行われており、2017年のビルダーバーグ会議の議題にも挙がっていたという。多くの投資家が金融危機の発生を危惧しているのも、そういった事情を知ってのことなのかもしれない。

■2019年から景気後退、ノストラダムスの予言とも一致!

 米誌「Newsweek」日本語オンライン版(9月27日付)によると、アメリカでは金利の引き上げが続いており、住宅ローンの月々の支払いが100ドル(約11500円)も増加する見通しだという。ローンを抱える人の家計が徐々に苦しくなってきているようだが、“その時”は具体的にいつになるのだろうか?

 経済金融メディア「ZUU online」(3月3日付)によると、「ヘッジファンドの帝王」と呼ばれているレイ・ダリオ氏は、金融危機が始めるのは2019年からと予測しているという。多くの投資家がこのタイミングで危機感を表明していることを考えれば、その時はかなり近いのは間違いないだろう。そして、ここで、さらに恐ろしい事実をお伝えしなければならない。

 なんと、あのノストラダムスも、2018年以降に世界経済が崩壊すると予言しているのだ!

 それに加えてブルガリアの盲目の預言者ババ・ヴァンガや、アメリカ最強の預言者エドガー・ケイシーも大規模な金融危機の発生を予言している。世界の投資家の予測と予言者の言葉が奇妙なまでに一致しているのだ。

 2008年のリーマンショックでは円高が進み、輸出が低迷、それに伴い日経平均株価が下落していった。人々の生活に与えた影響も大きい。非正規社員の解雇や就職難で失業率が5%台まで上がり、ボーナスカットなどで平均年収も大きく減った。これを超える金融危機が発生した場合、我々日本人も大きな苦境に立たされることになるだろう。安定した生活はいつまでも続くとは限らない。普段から経済動向を注視し、倹約を心掛けたいものだ。
(編集部)イメージ画像:「Thinkstock」より


2019.9.27FACT BF・RK対談にご参加いただき感謝。次回は、2019.10.5(土) リチャード・コシミズ大宰府講演会です!: richardkoshimizu のブログ


風雲急を告げる米欧経済。嵐は、すぐ近くまで迫ってきています。急変する経済指標が、事態の深刻さを物語っています。リーマンショックの倍のスケールです。

richardkoshimizu のブログ

2019年9月28日 (土)

2019.9.27FACT BF・RK対談にご参加いただき感謝。次回は、2019.10.5(土) リチャード・コシミズ大宰府講演会です!

2019.9.27FACT BF・RK対談にご参加いただき有難うございました。

風雲急を告げる米欧経済。嵐は、すぐ近くまで迫ってきています。急変する経済指標が、事態の深刻さを物語っています。リーマンショックの倍のスケールです。

でかいのが来ますよ!DS独裁帝国が音を立てて崩壊します!DS拠点のサウジは金欠、イスラエルはネタニヤフ失脚。損さんが、世界経済崩壊のスイッチを押したりして。w

次回は、2019.10.5(土)RK大宰府講演会です!阿鼻叫喚の経済的混乱の中の講演会?いいえ、再生のための戦いのさなかの講演会です!
損さん発、世界恐慌?: richardkoshimizu のブログ

richardkoshimizu のブログ

2019年9月28日 (土)

損さん発、世界恐慌?

↓この記事のBGM

https://www.youtube.com/watch?v=hMeXZl7EWWc

 (1)損さん、青い顔ニュース その1.

コラム:ソフトバンク、ウィーワーク追加出資で損失泥沼化も
https://jp.reuters.com/article/softbank-wework-breakingviews-idJPKBN1WC0JF

[ロンドン/ニューヨーク 26日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 無能なギャンブラーは損が出るとそれを取り返そうと賭け金を増やし、最後には茫然自失してしまう。ソフトバンクグループ(9984.T)の孫正義社長は、共用オフィス「ウィーワーク」を運営するウィーカンパニーへの追加出資によって、同じ間違いを犯す危険がある。

(2)損さん、青い顔ニュース その2.

◆ソフトバンクG2号ファンド、上位出資者が規模を再考-関係者

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-16/PXXLOD6VDKHS01
2019年9月17日 1:46 JST 更新日時 2019年9月17日 9:28 JST
ソフトバンクグループのビジョン・ファンド(VF)に巨額を投じた投資家は、VF2号に確約する出資額を再考している。シェアオフィス事業の米ウィーワークに対するVFの大型投資が裏目に出たことが背景にある。
VF1号に最大額の450億ドル(約4兆8500億円)を出資したサウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は、2号ファンドへの投資額は1号で上げた利益の再投資にとどめる計画だ。事情に詳しい関係者が述べた。
 1号に150億ドルを投じたアブダビ首長国のムバダラ開発公社も、2号に約束する出資額を100億ドル未満に抑える方向で検討しているという。

この二つのニュース、損さんの会社の信用不安のニュースかと思ったらちょっと違うかも。損さんのパートナーのサウジに金がないから、損さんの錬金術にお付き合いしかねる状況になってきたということらしい。原油が安すぎて、金にならない。「自作自演?」でドローン攻撃してみたが、原油価格は上がらない。代替えエネルギー花盛りにつき、見通し真っ暗。ない袖は振れないので、損さんの新規事業への投資を縮小。

で、損さん、ゥイ―ワークに投資はしたものの、実は、この会社、火の車で損さんの出資金をすぐに損失補填に使ってしまった。倒産されると、銀主のサウジが損さんを許すわけないから、仕方なく追加出資して破綻回避。本当は縁を切りたいけれど、サウジの手前、切るに切れない。ほかの事業パートナーも損さんがウィーワークを冷たく扱えば、離れていく。

ということで、米携帯会社スプリントの合併失敗、サウジの太陽光発電事業とん挫、象象のありゃりゃ勘違い買収、Yahoo安売り携帯乗り換え錬金術などなどと肥溜めにダイビングし続ける損さん。ほかにも結果の出ていない大型買収事案がたくさんあって、これから続々と列をなして破綻にまっしぐら。

18兆円の有利子負債の大借金王が倒れると、サウジも連鎖倒産?世界経済、大混乱?

一方、直近のニュースでは、米欧の経済指標が大きく動いているとのこと。信用不安?JPモルガン、ドイツ銀行、バークレー銀、コメルツ銀あたりが危機?金融システムがパンクする?リーマンショックよりも深刻な「予兆」。

Deep State裏社会さんが、夜逃げ準備に入った気配。住宅ローンのファニーメイ、フレディマックもローン保証で天文学的不良債権。来るぞー。日本のDS奴隷の皆さん、最近、親玉ユダヤ人上司の顔色、蒼くないですか?所在不明になっていませんか?六本木ヒルズの上司宅、もぬけの殻になっていませんか?

損さん、最悪の時期に矢継ぎ早の大型買収劇。損さん発、世界恐慌が起きる!

個人的には大歓迎です。( `ー´)ノ

リチャード・コシミズでした。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

世界恐慌に繋がる【ドイツ銀行破綻寸前】経営再建で1万8000人削減へ 全従業員の20% !株式売買業務から撤退、中国はじめアジアのほとんどの株式ビジネスを閉鎖へ!アベノミクスもリーマンショック級の出来事は起こりつつある!- みんなが知るべき情報/今日の物語



アベノミクス、もう【リーマンショック級の出来事】は起こりつつある!藤井聡・京都大学大学院工学部研究科教授!日刊ゲンダイ - みんなが知るべき情報/今日の物語

安倍という輩を、日本の敵とみなすべきである【消費増税】企業の内部留保を1%切り崩せば、幾らでも捻出できる【内部留保】は463兆円、消費税収は、せいぜい16-17兆円!日本弱体化のための消費増税!BYリチャード・コシミズ - みんなが知るべき情報/今日の物語


消費増税は【対日テロ】なんです!日本経済停滞が目的!安倍晋三は日本を壊す役割!未曽有の大不況がやってくる!?安倍はDSディープステイトの奴隷!消費増税と311人工地震が日本の消費を劇的に冷え込ませて景気を悪化させるという「同じ役割」を果たしているわけです!どちらも朝鮮悪とDSによる対日テロなんです! BYリチャード・コシミズ- みんなが知るべき情報/今日の物語


【必読】消費税5%引き下げで結束!れいわ新選組・山本太郎の全国行脚、北海道根室での意見交換会!全文起こし/野垂れ死ぬしかない社会を子どもや孫にバトンタッチできるだろうか!まずは日本経済を立て直し、人人の生活を底上げしていくためにぜひ力を貸していただきたい!ぜひ皆さんと繋がっていきたい。すでに支持政党がある方には、その野党議員のお尻を叩いてほしい。長周新聞 19/09/29 - みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍【消費増税】庶民は苦しみ【大企業は法人税逃れ】大企業優遇の不公平な税制が加速する!内部留保463兆円のカラクリ!山本太郎の消費税廃止論に全面的に賛成!不合理極まりない軽減税率!大企業には有利な制度がある!消費税増税は日本経済に大打撃を与える! - みんなが知るべき情報/今日の物語



野菜中心の生活が【脳卒中】の原因!オックスフォード大/食べれば食べればほど血管がボロボロに!抜けない疲労感、増すイライラ、肥満、冷え症【救いはタマゴ・肉】の良質動物性蛋白質が血管・全身の体を作る!動物性脂肪は体に良いが最新研究結果!ただし乳製品のカゼイン蛋白質は癌など病気の原因、多食は避けましょう!野菜は副食位がで良いようです。お国が奨める野菜1日350gは必要ないのです。当ブログの高齢者管理人はタマゴを1日4~6個で若返っています!世界的研究では1日3個以上が効果的と…忙しい時は生で!卵アレルギーの人は肉で!チーズは控えに、ラード、バターは脳、健康の味方です!甘い物が脳、疲れに良いは嘘でした!甘い物、糖質に多食が病気の元でした! - みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


関連記事
スポンサーサイト



[ 2019年09月30日 17:11 ] カテゴリ:政治 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日々物語FC2

Author:日々物語FC2
日々物語

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR