FC2ブログ

日々物語fc2

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
日々物語fc2 TOP  >  健康 >  卵で免疫力アップ【新型ウイルス肺炎】は怖くない!新型のコロナウイルス!毎日3個以上食べよう! 死者9人 患者【さらに感染拡大も】日本にも影響!卵はインフルエンザ、風邪、がん、糖尿病、心臓疾患、認知症など生活習慣病に効果!

卵で免疫力アップ【新型ウイルス肺炎】は怖くない!新型のコロナウイルス!毎日3個以上食べよう! 死者9人 患者【さらに感染拡大も】日本にも影響!卵はインフルエンザ、風邪、がん、糖尿病、心臓疾患、認知症など生活習慣病に効果!

卵で免疫力アップ【新型ウイルス肺炎】は怖くない!新型のコロナウイルス!毎日3個以上食べよう! 死者9人 患者【さらに感染拡大も】日本にも影響!卵はインフルエンザ、風邪、がん、糖尿病、心臓疾患、認知症など生活習慣病に効果!


新型ウイルス肺炎 死者9人 患者440人に 「さらに感染拡大も」 | NHKニュース

新型ウイルス肺炎 中国 武漢の患者1700人以上か 英大学が推計 | NHKニュース

新型ウイルス肺炎 死者9人 患者440人に 「さらに感染拡大も」 | NHKニュース(記事は下記に)

新型ウイルス肺炎患者 湖北省でさらに72人増 中国で291人に | NHKニュース

なぜ高齢者の私がインフルエンザに罹らないか『たまご』毎日4個以上!卵は『がん、糖尿病なども完治するスーパーフード】免疫力アップ!猛毒インフルエンザワクチンは打ちません!風邪も引きません! - みんなが知るべき情報/今日の物語




新型ウイルス肺炎 死者9人 患者440人に 「さらに感染拡大も」 | NHKニュース


新型ウイルス肺炎 死者9人 患者440人に 「さらに感染拡大も」

2020年1月22日 12時19分肺炎

新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の感染拡大以来、中国の保健当局は、22日午前初めて記者会見し、患者の数は、これまでに440人、死者は9人に上っていると発表しました。そのうえで、「ウイルスは変異する可能性がある」として感染がさらに拡大するリスクがあると指摘しました。

中国政府で保健衛生を担当する国家衛生健康委員会は22日、北京で新型の肺炎の感染拡大以来初めて記者会見しました。

この中で、李斌(り・ひん)副主任は、感染は湖北省武漢を中心に広がり、これまでに中国各地で440人の感染が確認され、死者は9人に上っていると発表しました。

そのうえで、「ヒトからヒトへの感染や医療従事者への感染が見られるほか、一部の住宅地などで地域的な感染が見られる」と述べました。

さらに、「感染経路は呼吸器感染が中心で、ウイルスは変異する可能性がありさらに感染が拡大するリスクがある」と述べました。

また、今後の予防対策について李副主任は国をあげて感染拡大を最小限に抑え込む方針を示したうえで、「他の地域の人は武漢には行かず、武漢の人も他の地域に出ないようにしてほしい」と述べより徹底した対策が必要だという考えを示しました。

~以下省略~

新型ウイルス肺炎 中国 武漢の患者1700人以上か 英大学が推計 | NHKニュース

新型ウイルス肺炎 中国 武漢の患者1700人以上か 英大学が推計 | NHKニュース

2020年1月20日 16時00分

中国、武漢を中心に相次いで確認された新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の患者について、イギリスの大学が今月12日の時点で武漢市内の患者は1700人以上に上る可能性があるという推計結果を発表しました。

中国湖北省武漢の保健当局は20日、新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の患者が、19日と18日の2日間に新たに136人確認され、このうち1人が死亡したと発表しました。

この結果、この肺炎での死者は3人になりました。

イギリスの大学「インペリアル・カレッジ・ロンドン」の感染症の専門家チームは、武漢とその周辺の人口、それに海外で見つかった患者の数と武漢の国際空港から海外に旅行する人の数などから患者の数を推計しました。

それによりますと、今月12日の時点で武漢では新型コロナウイルスによるとみられる患者が1700人以上に上る可能性があるとして「感染の実態を把握するために、調査の対象を武漢や周辺の都市で肺炎や重い呼吸器系の疾患で入院しているすべての人に広げるべきだ」としています。

また「これまで考えられている以上に人から人への感染が起きていることも否定できない」として、より一層警戒を強める必要があるとしています。

新型ウイルス肺炎患者 湖北省でさらに72人増 中国で291人に | NHKニュース

新型ウイルス肺炎患者 湖北省でさらに72人増 中国で291人に

2020年1月21日 18時37分肺炎

中国で新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎への感染が広がっている問題で、中国政府の専門家チームは「ヒトからヒトへの感染が確認された」と明らかにしました。感染が広がっている湖北省武漢は対策本部を設置し、感染の拡大防止に取り組む姿勢を示しています。

中国では、新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の感染が相次ぎ、国家衛生健康委員会は21日、患者が、武漢を含めた湖北省でさらに72人増えて270人になったと発表しました。

このほかにも北京で5人、上海で2人、広東省で14人の感染が確認されていて、患者は合わせて291人にのぼり感染が拡大しています。

このうち、感染が最も広がっている武漢では4人が死亡し、9人が重体となっているということです。また、医療従事者についても15人の感染が確認されていて中国政府の専門家チームのトップは、国営メディアの取材に対し「ヒトからヒトへの感染が確認された」と明らかにしました。

専門家チームは、新型肺炎「SARS」のウイルスよりも感染力は強くないとみられるとしていますが、警戒が必要だと強調しています。

こうした中、国営メディアは、武漢で20日、対策本部が設置され、患者への対応強化とともに感染拡大を抑え込む方針が示されたと伝えました。

今後、武漢では人が大勢集まるイベントを極力中止するほか、現地の旅行会社なども武漢以外へ旅行する団体ツアーを組むのを取りやめるということで、人の往来の管理が強化されています。

中国では今週24日から旧正月の「春節」に合わせた大型連休が始まり、人の往来が活発化するため、当局は感染拡大の防止に取り組む姿勢を示しています。

中国外務省報道官「国際協力を進め対応する」

 新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の感染拡大について、中国外務省の耿爽報道官は21日の記者会見で「中国は責任ある態度で、WHOや関係国、関係地域と、いち早く情報を共有してきた」と述べて、関係国や国際機関との情報共有を今後も重視する考えを示しました。

そして、「引き続き国際協力を深め、国際社会と手を取り合って対応していく」と述べ、国際社会と協力して取り組んでいく姿勢を強調しました。

武漢市内の医療機関では

国営の中国中央テレビが伝えた武漢市内の医療機関の映像では、マスクをつけたり、防護服のようなものを着たりしたスタッフの姿が映し出されています。

北京の有力紙「新京報」は、新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎の患者を受け入れている武漢市内の病院では、医師ら以外は患者が入院している病棟に入ることは許されておらず、患者の家族も入れないと伝えています。

香港や上海 株式が下落

中国で、新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎への感染が広がっていることを受け、香港や上海の株式市場は、消費が冷え込むことなどへの懸念から売り注文が広がり、株価が下落しました。

香港の株式市場では、代表的な株価指数の終値が、20日と比べておよそ2.8%下落しました。中国で、新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎への感染が広がっていることが、経済に影響を及ぼすことを懸念して、金融や不動産関連など幅広い銘柄が売られました。さらに、大手格付け会社が20日、香港の債券の信用度を示す格付けを引き下げたことも影響したとみられます。

また、上海の株式市場は、代表的な株価指数の終値が20日に比べておよそ1.4%下落しました。中国では、旧正月の「春節」にあわせた大型連休を前に感染が広がっていることから、旅行やホテル関連などの業種の銘柄が大きく下落し、中には21日の1日で6%余り値下がりした銘柄もありました。

一方、製薬や医療サービスといった業種では株価が上昇しました。

市場関係者は「人の移動が多い時期だけに観光業などへの直接の影響が懸念される。長期化すれば、春節の休暇が明けたあとの工場の操業などにも影響が出かねず、肺炎の感染の広がりを注意して見る必要がある」と話しています。

旅行会社 ホテルなどの無料キャンセル対応も

中国で新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎への感染が広がっていることを受けて、中国最大手の旅行予約サイト「シートリップ」は、各地の空港や港で感染が確認されたり感染が疑われたりした人やその同行者が旅行を取りやめざるをえなくなった場合、航空券を無料でキャンセルできる措置を始めました。

また、21日から今月末までの間、感染が広がっている武漢にあるホテルや観光地のチケットなどについても無料でキャンセルを受け付けるとしています。

中国は今月24日から、旧正月の「春節」にあわせた大型連休が始まりますが、肺炎の感染拡大の影響が旅行や帰省で移動する人たちに広がることが懸念されています。

武漢の日系企業 在宅勤務を指示する会社も

中国で新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の感染が広がっていることを受けて、日本企業も対策を進めています。

JETRO=日本貿易振興機構によりますと、中国の武漢やその周辺の都市には去年10月の時点で156社の日系企業が拠点を置いています。

このうち、ソフトバンクは武漢にいる子会社の社員1人について、在宅勤務にしているということです。

また、自動車部品メーカーのヨロズは今月9日から拠点を置く中国の武漢と広州への出張を見合わせています。

また、中国から帰国した社員に対しては病院で検査を受けるよう指示しているということです。

流通大手のイオンは、武漢にある大型の商業施設など8つの店舗で通常どおり営業を続けていますが、売り場の棚などの消毒を徹底するようにしているほか、従業員の健康に異常がないか確認しているということです。

いずれも武漢に拠点を置く日産自動車とホンダも現地の従業員や出張者に対して手洗いを徹底したりマスクを着用したりして、感染予防に努めるよう呼びかけています。

駐中国大使「在留日本人に丁寧な情報提供努める」

中国で新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の感染が広がっていることについて、中国駐在の横井大使は21日、北京で記者会見し、一層の情報収集に取り組み、中国に在留する日本人に対し、丁寧な情報提供を行うよう努める考えを示しました。

この中で、横井大使は「中国で患者数が増加し、日本を含む第三国での感染例も出ており、大使館としては高い関心を持って情報収集を行っている」と述べました。

そのうえで、大使館としては、これまでにも在留する日本人に対しメールやホームページなどを通じて、最新の情報の提供や注意喚起を行ってきたとしたうえで、「今後も一層の情報収集に取り組むとともに適切な情報提供や注意喚起を行っていく」と強調しました。

大使館によりますと、中国側から得ている情報では、今のところ中国国内での日本人の感染者は確認されていないということです。

北京の空港 マスク姿が増える

  中国で、新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎への感染が広がり、メディアが予防を呼びかけていることを受けて、北京の空港では予防のためにマスクをつけていると話す人たちが増えています。

中国では24日から旧正月の「春節」にあわせた大型連休が始まるのを前に、空港や駅ではすでに人の動きが活発になっています。

マスクをしていた20代の女性は「マスクを買いに薬局に行ったら最後の1つでした。みんなとても心配しているので予防のために買っているのだと思います。春節で人の移動が増えるので自分のためと、ほかの人に迷惑をかけないためにマスクをします」と話していました。

また、30代の男性は「気にしている人もいれば気にしていない人もいます。どうやって予防していくかが問題だと思います」と話していました。

上海の薬局 「マスク売り切れ」

中国で新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の感染が相次ぐ中、感染した患者が確認された上海では薬局にマスクを買い求める人が大勢訪れて、一部の店舗では品薄な状況となっています。

このうち、上海市の中心部にある薬局では、数日前からマスクが品薄になっているということで、21日は入り口に「売り切れ」という表示を張り出していました。それでも、店には在庫や入荷の状況などを確認しようと訪れる人が絶えませんでした。

マスクを買いに来た男性は、「これから飛行機に乗って、閉ざされた空間にいることになるので、安全のためにマスクを買いに来ましたが、ありませんでした。1つでも買いたいので別の店を探してみます」と話していました。

また、40代の女性は「家にあるマスクは、もうすぐなくなるし、ウイルスのこともあり、子どももいるので予防のために買いに来ました。手洗いのための消毒液も用意して、旧正月は出かけないようにします」と話していました。

別の女性は、「上海でも患者が出たので、安全、予防のため家族全員マスクをするようにしています」と話していました。

一方、上海の街中では、マスクをした日本人観光客の姿も見られました。

19日、愛知県から友人とともに訪れたという女性は、「旅行を計画したときは患者も出ていなかったので、上海に来ることには抵抗はありませんでしたが、周りからは反対されました。目に見えるものではないので怖いです」と話していました。

SARSの教訓は

2003年に新型肺炎「SARS」の感染が拡大した要因の1つとして、当初、中国政府がWHO=世界保健機関や各国の感染症担当者と、情報を十分に共有しなかったことがあると指摘されています。

重い肺炎を引き起こすSARSは2002年の11月に中国南部の広東省で最初の患者が確認されましたが、中国の保健当局がWHOに報告したのは3か月近くたった翌年、2003年の2月で、この時点で305人が発症し、このうち5人が死亡していたとされています。

その後、2003年3月には旅行者を通じて広がったウイルスによってベトナムや香港の病院で院内感染が起きるなど、感染は拡大し、WHOはSARS=「重症急性呼吸器症候群」と名付けたうえで、「世界規模の健康上の脅威」と位置づけるに至りました。

2003年4月になると、WHOは広東省と香港に対する渡航の延期を勧告するという強い措置に踏み切り、WHOの当時の担当者はこうした措置の背景について感染者の増加に加え、「中国側が肺炎についての情報を提供しなかったことも背景にあった」と述べています。

SARSのウイルスが特定されたのは2003年4月で、患者を隔離するなどの対応が取られた結果、WHOは2003年7月に「終息」を宣言しました。

WHOの報告によりますと、この間、症状が出た人は中国やアジア各地、カナダなどで合わせておよそ8000人以上、最終的に800人近くが死亡し、致死率はおよそ10%に上るとされています。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter
なぜ高齢者の私がインフルエンザに罹らないか『たまご』毎日4個以上!卵は『がん、糖尿病なども完治するスーパーフード】免疫力アップ!猛毒インフルエンザワクチンは打ちません!風邪も引きません! - みんなが知るべき情報/今日の物語


免疫力アップ、1個10円の【最強スパーフード】とは!がん完治、健康な体作り、インフルエンザ、風邪、糖尿病、認知症、筋肉増強、生活習慣病、学習能力アップ脳を活性化など!安価どこでも買える!【整筋整体職人】


エボラウイルスは生物兵器!?原油利権、欧米の闇の支配者と【日本軍731部隊】元Forbes太平洋支局長!

殺人ウイルスか!?ヒトの免疫システムを回避する!=日本人が作製に成功「人類は抵抗力を持っていない」

ガンにならない体【卵・肉・魚介の良質蛋白質】と【動物性脂肪】で免疫力アップ『元ハーバード大学准教授』荒木裕医師!癌は砂糖・糖質が大好き!癌は生命エネルギー発生装置の【ミトコンドリア】の故障!ほとんどの病気は『糖』が原因といってもいい!糖質が『代謝力』低下の最大要因!荒木裕医師は日本で開業!整筋整体職人



がん特効薬!?タマゴで【がん完治】糖尿病も簡単に完治!卵一日【10個から20個】ガンにならない体・健康向上には3個以上!タマゴは激安スーパーフード!卵アレルギーの人は肉で!生卵、ゆで卵、卵焼、卵料理中心の食事術!認知症、脳卒中、心臓疾患など …細胞をつくり、体を作る!- みんなが知るべき情報/今日の物語



インフルエンザ予防「あいうべ体操」小学校で激減効果!唾液の免疫物質が… お金をかけず、健康に美容に…!風邪、鼻呼吸、口臭、歯周病、いびき、顔のたるみ等、予防改善、老化防止ホルモン!考案者・今井一彰院長


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、腎臓病・胃潰瘍・便秘・痛風など、あらゆる病気を治す効果がある?コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、又は薬のように口に含み水でそれを飲むだけ!重曹=炭酸水素ナトリウム
- みんなが知るべき情報/今日の物語






フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します




関連記事
スポンサーサイト



[ 2020年01月22日 18:32 ] カテゴリ:健康 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日々物語FC2

Author:日々物語FC2
日々物語

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR