FC2ブログ

日々物語fc2

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
日々物語fc2 TOP  >  健康 >  新型コロナウイルスよりも【ワクチン】や治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ!背後に【ビル&メリンダ・ゲイツ財団】ウイルスは生物兵器としても使われている!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など!コロナウイルスは一般的な風邪の病原体の1つで、全くもって珍しいものではない!

新型コロナウイルスよりも【ワクチン】や治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ!背後に【ビル&メリンダ・ゲイツ財団】ウイルスは生物兵器としても使われている!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など!コロナウイルスは一般的な風邪の病原体の1つで、全くもって珍しいものではない!

新型コロナウイルスよりも【ワクチン】や治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ!背後に【ビル&メリンダ・ゲイツ財団】ウイルスは生物兵器としても使われている!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など!コロナウイルスは一般的な風邪の病原体の1つで、全くもって珍しいものではない![フルフォード・レポート日本語版]



[フルフォード・レポート日本語版] “(新型コロナ)ウイルスよりも、今後展開されるワクチンや治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ” ~こうしたキャンペーンの背後に「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」 - シャンティ・フーラの時事ブログ(記事は下記に)

中国本土で新型コロナウイルスによる肺炎の患者数が拡大中! ~生物兵器だったSARS・エボラ・エイズと同様、今回の新型コロナウイルスも生物兵器の疑い - シャンティ・フーラの時事ブログ
 
伝染病は兵器としても使われる | 《櫻井ジャーナル》 - 楽天ブログ(記事は下記に)






中国で、新型コロナウィルスのワクチンが開発 - Pars Today



ビル・ゲイツ 「ワクチンで人口削減が可能」 - YouTube

新型コロナウイルスの主犯は【ビルゲイツ】か!ゲイツ財団は【コロナウイルス・パンデミック】は昨年2019年10月18日に計画およびテストされた!安倍晋三一味【人口削減計画】テロ目的の遺伝子組み換えウイルスの開発! - みんなが知るべき情報/今日の物語





[フルフォード・レポート日本語版] “(新型コロナ)ウイルスよりも、今後展開されるワクチンや治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ” ~こうしたキャンペーンの背後に「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」 - シャンティ・フーラの時事ブログ


新型ウイルスと「ダボス会議・ビルゲイツ」の動き

Benjamin Fulfordからのメッセージ

~抜粋引用~

現在、ハザールマフィアらはウイルス(生物兵器)をばら撒き、パニックと憎悪を煽って何とか生き残りを図ろうとしている。

その動きの急先鋒に立っているのが「新型コロナウイルス」について無責任な報道を発信している企業プロパガンダマスコミだ。

それと同時に今、僕のサイトを含め、真実を報道する独立系メディアが一斉に攻撃を受けている。
 
【 新型コロナウイルス騒動 】
現在、マスコミが発信している無責任な報道の1つは「新型コロナウイルス」という言葉そのものだ。

コロナウイルスは一般的な風邪の病原体の1つで、全くもって珍しいものではない。毎年のように新たな型のウイルスが出現し、持病のある人、また体が虚弱な状態で免疫力が低下している一部の人々が、それにより重症化もしくは死亡している。

今回の「新型コロナウィルス」の場合も、死亡率はそれと大して変わらない。

欧米の医療マフィアに詳しい論客らによると、そのウイルスよりも心配なのは今後「新型コロナウィルス対策」として展開されるワクチンや治療薬の投与キャンペーンだ。「それらの方が、よっぽど危険だ」と彼らは警鐘を鳴らしている。
 
ここで、マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツの動きをフォローしておきたい。

まず、ビル・ゲイツが会長を務める「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」と先週も...(以下有料部分)
—————————
中国で、新型コロナウィルスのワクチンが開発

転載元)

 Pars Today 20/1/26

中国の衛生部が、声明の中で、新型コロナウィルスのワクチンを開発したことを明らかにしました。

IRIB通信が25日土曜、報じたところによりますと、中国の衛生大臣はこの声明において、「今回開発されたワクチンは、実験の最終段階にあるとし、数時間後に、新型コロナウィルスのワクチンや医療薬が感染者に無償で提供される」と語りました。

中国の衛生部は26日、「抗HIV薬が新型コロナウイルスに効果があったとし、現在のところは、抗HIVの治療薬の使用は北京市内の病院で実施されている」と発表しました。
(以下略)
—————————
ビル・ゲイツ 「ワクチンで人口削減が可能」 - YouTube

新型コロナ肺炎、SARSの比でない日本経済への影響: 日本経済新聞


伝染病は兵器としても使われる | 《櫻井ジャーナル》 - 楽天ブログ


伝染病は兵器としても使われる

2020.01.22

 中国で大規模な流行が懸念されている新型のコロナウィルスは人から人へ感染するようだ。アメリカがイラクを先制攻撃へ向かって動いていた2002年から03年に37カ国で広がり、774名が死亡したSARSもコロナウィルスだった。

 2009年にはメキシコとアメリカの国境線地域で「豚インフルエンザ騒動」が起こり、1000人以上の人が感染して100人を超す人が死亡したと報道された。WHOも「緊急事態」だと認定している。

 過去に流行したインフルエンザには固有名詞のつけられたものもある。例えばロシア革命の直後、1918年から20年にかけて猛威をふるい、2000万人から1億人が死亡したと言われている「スペイン風邪」。名前だけで判断するとスペインで出現したように思えるが、実際はアメリカのカンザス州だった可能性が高い。

 このスペイン風邪と同じ型のインフルエンザが1977年に流行した。「ソ連風邪」と呼ばれている。このインフルエンザも出現した地名から名づけられたわけではない。これは中国の北西部で流行し始め、そこからシベリア、ソ連(当時)の西部、あるいは日本などへ広がったと言われているのである。研究室に保管されていたスペイン風邪のウイルスが何らかの理由で外部に漏れたとする説もある。

 話題になったという伝染病にはエボラ出血熱もある。2008年にコンゴ、11年から12年にかけてウガンダで患者が見つかっている。2014年にはギニアから始まり、リベリアやシエラ・レオネなどへ広がり、1万人以上が死亡したと言われている。

 その際、現地で治療にあたっていたふたりのアメリカ人、ナンシー・ライトボールとケント・ブラントリーも感染、アメリカへ運ばれて治療を受けた。これまで有効な治療法がなく、多くのアフリカ人が死んでいるのだが、​このアメリカ人ふたりは快方に向かい、血液中にウイルスの痕跡が見られなくなったブラントリーは入院先の病院から21日に退院した​という。

 両者はリーフバイオ社とデフィルス社が開発していZMappが投与されたほか現地で回復した少女の血が輸血されたとされ、リベリアでZMappを投与された3名のアフリカ人医師も快方へ向かっているという。エボラの治療法を知っている人びとがいたのではないかとささやく人もいる。

 アメリカには生物兵器研究を開発している機関が存在する。その中心地はフォート・デトリック(かつてはキャンプ・デトリック)という基地。日本に医学界を中心に実施された生物化学兵器の開発で生体実験を担当していた「第731部隊」の研究者を尋問、保護し、研究資料を持ち去ったのもこの機関だ。

 2001年9月11日に世界貿易センターと国防総省本部庁舎が攻撃された後にアメリカでは憲法の機能を停止させる愛国者法が制定されるが、その成立に反対する議員もいた。トム・ダシュル上院議員とパトリック・リーヒー上院議員だ。このふたりに炭疽菌で汚染された手紙が送られてくるのだが、その背後にフォート・デトリックが見え隠れしている。

 このフォート・デトリックやテュレーン大学の研究者がギニア、リベリア、シエラレオネのあたりで何らかの研究をしていたと伝えられている。2014年7月にはシエラレオネの健康公衆衛生省からテュレーン大学に対し、エボラに関する研究を止めるようにという声明が出た。

 バラク・オバマ政権は2014年にウクライナでクーデターを成功させたが、その前からロシア政府はアメリカやNATOが軍のバイオ研究所をウクライナ、ジョージア、カザフスタンなどロシア周辺で建設していることに懸念を示していた。こうした研究所がウクライナで最初に建設されたのは2010年だが、その後、リビウ、オデッサ、ルガンスクなどで作られていると言われている。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

新型肺炎が日本経済に本格影響!日経平均も大幅安に!感染症の専門家からも「感染規模はSARSの10倍以上になる」と危機感の声! | ゆるねとにゅーす

「新型肺炎の感染規模はSARSの10倍」香港の専門家、「武漢はすでに制御不能」と絶望 | Business Insider Japan

「新型コロナウイルスは容易に感染する」米専門家が警告 ウイルスの宿主はフルーツコウモリか?(飯塚真紀子) - 個人 - Yahoo!ニュース

エボラは人工ウイルス!バラマキ作戦本格化!治療薬アビガンと、ワクチン完成間近で!空気移動、生物兵器!

デング熱騒ぎに踊らされる日本人!人口削減を企む世界的寡頭勢力の実験台にされるだけだ!エボラもデングも!

インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな【危険】発がん性物質…薬事法上の劇薬です!国民は騙されている… -/ 医者がよく言うセリフに、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む。まったく科学的根拠のない発言です。インフルエンザは、風邪じゃないともいわれていますが、風邪です。どれだけ効かなくて、国民を騙しているか…!


卵で免疫力アップ【新型ウイルス肺炎】は怖くない!新型のコロナウイルス!毎日3個以上食べよう! 死者9人 患者【さらに感染拡大も】日本にも影響!卵はインフルエンザ、風邪、がん、糖尿病、心臓疾患、認知症 - みんなが知るべき情報/今日の物語


免疫力アップ【あいうべ体操】インフルエンザ、風邪予防!小学校で激減効果!唾液の免疫物質!健康に美容に!唾液の様々な免疫物質!若返りホルモン、老化防止ホルモン【パロチン】口呼吸を鼻呼吸に改善、顔トレ、顎関節症、ほうれい線、喉、声!考案者・今井一彰院長: 整筋整体



『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、腎臓病・胃潰瘍・便秘・痛風など、あらゆる病気を治す効果がある?コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、又は薬のように口に含み水でそれを飲むだけ!重曹=炭酸水素ナトリウム
- みんなが知るべき情報/今日の物語




フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術

整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020年01月28日 16:44 ] カテゴリ:健康 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日々物語FC2

Author:日々物語FC2
日々物語

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR