FC2ブログ

日々物語fc2

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
日々物語fc2 TOP  >  脱原発 >  基準順守なら運転延長、原発40年原則越えても【狂気、老朽化原発は大爆発する】 原子力規制委

基準順守なら運転延長、原発40年原則越えても【狂気、老朽化原発は大爆発する】 原子力規制委

基準順守なら運転延長、原発40年原則越えても【狂気、老朽化原発は大爆発する】 原子力規制委

☆ 老朽化原発の玄海原発は大爆発する【九州から大阪まで壊滅】


運転開始から40年以上が経過した敦賀原発1号機
=福井県敦賀市で2011年11月、本社ヘリから望月亮一撮影



毎日新聞より
…………………………

■原子力規制委:基準順守なら運転延長 原発40年原則で

原子力規制委員会は27日、原発の運転期間を40年とする原則について、
安全基準を満たし続けられると判断できれば、
最長20年まで運転の延長を認める方針を決めた。

4月までに具体的な要件を定めた政令・規則案を固め、
7月に施行することになっている。要件の定め方によっては
「40年廃炉ルール」が骨抜きになる恐れもある。

昨年6月成立の改正原子炉等規制法は、
原発の運転期間は40年を原則としつつ、
例外的に最長20年まで延長を認めることを規定していた。
この日の定例会で示された方 針案は、
事業者から40年超の原発の延長申請があった場合、
老朽化の影響を考慮しても、
延長期間中に安全基準を順守した状態を維持できると
規制委が判断できれば、認可する。

核燃料を収める原子炉圧力容器は時間の経過とともに
燃料から出る中性子を受けてもろくなり、
高温、高圧の水や水蒸気が通る配管も劣化する。

例えば、事業者が20年の 延長を申請する場合、
20年後も圧力容器が健全で配管は適正に交換するなどして、
基準を常に満たすことができる計画を示さなければならない。

国内の原発50基のうち、運転開始から40年を超えているのは
日本原子力発電敦賀1号機と関西電力美浜原発1、2号機の3基。

運転を継続するには、7月の改正原子炉 等規制法施行から
3年以内に審査を受け、規制委が可否を判断する。

【岡田英】 2013年02月27日 14時56分

毎日新聞より転載引用
http://sp.mainichi.jp/m/news.html?cid=20130227k0000e040176000c&inb=mo

玄海原発は大爆発する【九州から大阪まで壊滅】老朽化原発!!-gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/4d79e611f20acefd5dbb282cdfaeb28f
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年02月28日 09:35 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

日々物語FC2

Author:日々物語FC2
日々物語

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR