FC2ブログ

日々物語fc2

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
日々物語fc2 TOP  >  脱原発 >  福島第1原発、遠い廃炉 【汚染水貯水タンク群、拡張の一途いつか限界が】 原発ムラは死に神!!

福島第1原発、遠い廃炉 【汚染水貯水タンク群、拡張の一途いつか限界が】 原発ムラは死に神!!

福島第1原発、遠い廃炉

【汚染水貯水タンク群、拡張の一途いつか限界が】

原発ムラは死に神!!

汚染水が増えている以上、処理施設の増設は仕方がないが、

増える一方ではいつか限界が来るのではないか。


放射能拡散防止にも金も対策もケチる国、東電。

原発ムラは【国民の死に神、悪魔か!!】



☆事故を起こした原発を廃炉にするために
☆関連施設が増える事態はチェルノブイリ原発で も見られ、
☆原子炉を閉じ込める巨大なコンクリート製の「石棺」が建設された。

☆石棺の老 朽化が進み、さらに鉄製の巨大ドームで覆っている。

東電福島原発の汚染水処理が「破綻寸前」 タンク増設間に合わず、信頼性欠く施設で保管継続


東電、汚染水設備の試運転開始 福島第1原発【水と同じ性質を持つ猛毒トリチウムは除去出来ない】


原発事故 「これではもう漁師はやっていけない」と自殺の船主がいる実態! 消えた汚染水どこに?|happyluckyのブログ |Ameba (アメーバ)


河北新報 2013年04月30日火曜日より


福島第1原発 遠い廃炉 貯水タンク群、拡張の一途

福島第1原発の施設規模が原発事故後、拡大し続けている。

廃炉作業で大型の関連施設が次々に新設された。

原発をなくす作業のために、
かえって施設が肥大化する裏腹な経過をたどっ ている。

新設施設は(1)貯水タンク(2)地下貯水槽
(3)多核種除去設備(4)貯蔵プールに代わって

使用済み燃料を保管する乾式キャスクの 仮保管設備-など。
タンクは放射能汚染水をためる。

大きさは主 に直径12メートル、
高さ11メートル、容量 1000トン。

数は940基に上り、配列されたタンク群は構内を覆い尽くす勢いだ。

汚染水は1日400トン排出され、2日半でタンク1基が満杯になる。

そのタンクに代 わる貯蔵設備が地下貯水槽だ。

最大で縦60メートル、横53メートル、
深さ6メートル の7基が設けられた。

だが、4月に水漏れトラブルが相次ぎ、
東京電力は使用を中止。巨大施設が無用の長物になった。

東電は使用中止を受け、貯水槽の水をタンクに移す対策に乗り出した。

600基以上の タンクが増設される見通しで、タンク群は拡張を続ける。

多核種除去設備は汚染水から放射性物質を取り除く。

縦横60メートル、高さ20メー トルで
無数のタンクと配管が白い巨大テントに覆われている。

乾式キャスクの仮保管設備 には設置場所として
縦95メートル、横80メートルのスペースを確保した。

原発敷地は350ヘクタールで、事故前は大半が森林だった。

事故後は関連施設の用地 を確保する必要に迫られ、
敷地全体の6分の1を超す60ヘクタールの森林を伐採した。

事故を起こした原発を廃炉にするために
関連施設が増える事態はチェルノブイリ原発で も見られ、
原子炉を閉じ込める巨大なコンクリート製の「石棺」が建設された。

石棺の老 朽化が進み、さらに鉄製の巨大ドームで覆っている。

福島市に避難する元原発作業員男性(57)は
「汚染水が増えている以上、処理施設の増設は仕方がないが、
増える一方ではいつか限界が来るのではないか。

収束どころか施設がどんどん増えるようでは

避難者の帰還が遠のく」と話した。

東電は「廃炉作業を迅速、着実に行うために設備を設置している。
今後も必要な物を設 け、作業を進める」としている。

河北新報 2013年04月30日火曜日より
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/04/20130430t63021.htm

“汚染水”今日の物語ブログ一覧



【原発は金だ。放射能汚染で生まれる子供達が、障害者でかまわない】原発ムラの基本理念!!|happyluckyのブログ

防災、保存食、保存水

http://blog.livedoor.jp/kimito39/lite/archives/26217231.html

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年04月30日 20:04 ] カテゴリ:脱原発 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

日々物語FC2

Author:日々物語FC2
日々物語

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR