FC2ブログ

日々物語fc2

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
日々物語fc2 TOP  >  政治 >  日本経済凋落、安倍も激怒か!日本のアジアインフラ投資銀行AIIB参加見送り、日本外交の敗北!増税、戦争の足音

日本経済凋落、安倍も激怒か!日本のアジアインフラ投資銀行AIIB参加見送り、日本外交の敗北!増税、戦争の足音

日本経済凋落、安倍も激怒か!

日本外交の敗北!

日本のアジアインフラ投資銀行

AIIB参加見送り、増税、戦争の足音!

日本経済衰退か!AIIB・アジアインフラ投資銀行に不参加!どこまで弱腰バカか安倍政権/戦略と国益なき日本外交!兵頭正俊氏/中国は、経済だけではなく、実は、安保でも構想を打ち出しているのだ!


安倍演説『希望の同盟』いっしょに戦争で金もうけしましょう!日本人の命と金を使って!日米同盟強化!


東アジアに軍事的危機はない!元米太平洋軍司令官が明言、米情報局の元締!安保法制の国民だまし、安倍政権! 日刊ゲンダイ


ブログランキング・にほんブログ村へ

「シルクロード構想」中国から欧州、

アフリカまでを陸と海で結ぶ、

世界主要57国参加。

2014年、中国経済、世界1位に!

愚かなネトウヨ、

安倍親衛隊ネットサポーターは

不参加を賛美しているが…

安倍晋三の本質は中国敵視、怨念!

満州国で安倍の祖父・岸信介もアヘンで大儲けし、巨大な富を築いた!生体人体実験の731部隊の指揮も岸信介!安倍晋三は死の商人の家系! 昭和天皇が嫌っていた松岡洋右と安倍晋三は親戚だった!


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

日本のAIIB参加見送り、

予想外の参加国多数で

安倍晋三首相も激怒か


ライブドアニュース 2015年4月4日 6時0分

ざっくり言うと

安倍首相が3月31日、山崎達雄財務官、淺川雅嗣国際局長らと面会した

AIIBに多数の国が参加することに関し「話と違うじゃないか」と言ったという

「いったい何処から情報を取っていたんだ」と怒鳴りつけたとのこと

AIIBは「中国外交の完全勝利」。間違った安倍首相は、官邸で財務省、外務省幹部を怒鳴った!

2015年4月4日 6時0分 現代ビジネス



維新の党の江田憲司代表は4月2日の記者会見で、中国主導によって発足するアジアインフラ投資銀行(AIIB)参加国・地域が50ヵ国・地域を超えたことについて、「中国外交の勝利、日本外交の完全敗北だ」と述べた上で「今からでも遅くないので(日本政府は)参加して欲しい」と要求した。

AIIB(資本金1千億ドル=約12兆円、総裁・金立群元中国財政次官)は、中国から欧州、アフリカまでを陸と海で結ぶ「シルクロード構想」に基づき2012年10月に習近平国家主席(中国共産党総書記)が提唱したものであり、3月初めに主要7ヵ国(G7)で初めて英国の参加を取り付けたことによって参加メンバーは雪崩を打って膨らんだ。

 G7構成国では英国、フランス、ドイツ、イタリアの4ヵ国。中国、ロシア、インド、ブラジルのBRICs。ASEAN(東南アジア諸国連合)はインドネシア、ベトナム、シンガポールなど加盟10ヵ国全てが参加。その他にもサウジアラビア、クウェート、カタールなど中東の主要資源国、中央アジアのウズベキスタン、カザフスタン、そしてオーストラリア、ニュージーランド、韓国、台湾も参加している。

その意味では、まさに「中国外交の勝利」と言っていい。ところが日本は、戦後の米国中心の金融秩序への中国による挑戦と捉えて、AIIBの①運営に不透明さが残る、②融資の審査が甘ければ焦げ付く可能性がある、③中国のアジアでの影響力拡大を助長する恐れがある、④独裁政権や環境に悪影響を与える事業への貸し付けに加担する恐れがある、⑤米国との関係悪化の心配がある―として参加を見送った。

では、想定外の参加国多数は外交当局の「誤算」、即ち日本外交の敗北であったのか。安倍晋三首相は3月31日午後、首相官邸で財務省の山崎達雄財務官(1979年旧大蔵省入省)、淺川雅嗣国際局長(80年同)、外務省の長嶺安政外務審議官(経済担当・77年外務省)と会った際、「聞いていた話と違うじゃないか。君たちは、いったい何処から情報を取っていたんだ」と怒鳴りつけたというのだ。

AIIB構想について、外務省(斎木昭隆外務事務次官・76年)はアジア大洋州局中国・モンゴル第2課が所管している。同省は英国の参加を誤算とするが、キャメロン首相は13年12月に訪中しており、さらに昨年3月のオランダ・ハーグで開催された核サミットの際も習近平・キャメロン会談が行われているのだ。情報収集・分析力が“甘かった”ということである。

一方、財務省の淺川国際局長は中国財政当局に独自の人脈を持っていることで知られており、アジア開発銀行(ADB。本部マニラ)副総裁経験がある金立群AIIB総裁にも通じているはずだ。同省には、勝栄二郎元財務事務次官(現IIJ社長・75年)のような傑出した中国通が少なくない。

それにしても、同省内ではAIIB発足でADBの存在感が希薄になることから参加消極論が支配的だったことが大きかった。ADB歴代総裁は、初代の渡辺武総裁(1930年)から中尾武現彦総裁(80年)まで9人が全て財務省(旧大蔵省)出身者である(因みに、黒田東彦日銀総裁は前総裁である)。

ADB総裁は財務省の既得権益なのだ。こうしたことから、端からAIIBを軽視した情報収集による読み違いとなったのではないか。これは、日米同盟を金科玉条とする外務省にも言えることだ。中国主導の新経済圏づくりと見る米国への過剰配慮が根っ子にあるので、どうしてもAIIB軽視の情報を優先し、それを基にした判断が「日本外交敗北」に繋がったのだろう。

いずれにしても、情報を収集・分析・評価する能力、つまりインテリジェンス機能がまたしても低かったことが露呈したということである。

これまでに「想定外」という言葉を何度聞かされたことか。

「総合情報力」を制度的に備えなければ、中国に太刀打ちできるはずがない。このままではアジアの巨大なインフラ需要は中国に吸引されてしまう。

ライブドアニュースより
http://news.livedoor.com/article/detail/9968302/

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

安倍晋三の本質は中国敵視、怨念!

岩上安身氏/憎悪復讐、ルサンチマンである!

セキュリティ・ダイヤモンド構想


みんなが知るべき情報/今日の物語

かつての大日本帝国が粉々に滅んだ、中国侵略の野望が潰え去った、

大東亜共栄圏の名の下、日本が極東に覇をなす夢が消えた、その復讐をしたくてたまらないのだ。

ここには、自国をどう発展させるか、というビジョンがない。

国民をどう豊かに幸せにするかというビジョンもない。

周囲の諸国といかに円満に友好と平和を保つか、というビジョンもない。

要するに、何かしらの愛や善良さや幸福や希望にもとづくビジョンが皆無なのである。

あるのは、まず、中国への敵視、憎悪。

それが彼の世界の中核を占めている。

その中国が未曾有の発展を遂げつつある。

中国が世界で最も富裕な経済超大国で、世界のすべての国家・地域にとって最大の貿易相手国である時に、

誰がわざわざことさら中国敵視、中国包囲戦略に加担するか。

中国との関係を悪化させて、自国と中国との貿易を止めるような愚かな選択を、日本に与するためにする国があるか。

詳細はこちら↓↓
安倍晋三の本質は中国敵視、怨念!岩上安身氏/憎悪復讐、ルサンチマンである!セキュリティ・ダイヤモンド - みんなが知るべき情報/今日の物語


2014年、竜の復活…中国経済が166年ぶりに世界1位に


[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
2014年12月08日
中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

日本経済衰退か!AIIB・アジアインフラ投資銀行に不参加!どこまで弱腰バカか安倍政権/戦略と国益なき日本外交!兵頭正俊氏/中国は、経済だけではなく、実は、安保でも構想を打ち出しているのだ!

南シナ海の領有権問題のフィリピンでさえも
フィリピンがTPP不参加を表明!米国よりAIIB中国との関係重視と宣言!米奴隷の安倍政権で日本経済衰退!


安倍晋三、日本財閥失墜!アジアインフラ投資銀行に乗り遅れ大失態 「軍国主義の日本の策略」世界から孤立!戦後70年にわたる「戦争放棄」の日本から、戦争する日本、すなわち軍国主義の日本にさせる。軍事国家として21世紀を生き延びようと考えたのだ。

日本経済・防衛の危機!加と豪も「 AIIB・ 中国投資銀」参加へ稚拙すぎる安倍外交で、世界から日本孤立!天木直人氏、日刊ゲンダイ


安倍首相の祖父・岸信介衝撃発言!先の戦争は「侵略戦争だった!!」日中戦争は岸信介の第二次アヘン戦争、莫大な利益!安倍家は死の商人!

なかにし礼、平和憲法は“300万人の死者の血と涙”によって得たもの!日本が各国に運動すべき憲法!


東アジアに軍事的危機はない!元米太平洋軍司令官が明言、米情報局の元締!安保法制の国民だまし、安倍政権! 日刊ゲンダイ

安倍首相訪米/米の戦争のに日本人替わり犠牲になる!いずれ徴兵/安保法制、集団的自衛権/地球規模地域の戦争!


日米同盟強化、自衛隊がアメリカ人を守るため命を差し出すこと!安倍の宣言と米戦争屋アーミテージが言う!


税金53兆円もの外為損失!米国債購入、約145兆7000億円、世界一!安倍政権は米国債売却を決断せよ!ツケは国民に!植草一秀氏/152兆円の元手で購入した米ドル資産の時価評価額が、なんと、たったの98兆円に減少してしまったのだ。日本政府の米国国債投機で、4年半で53兆円の巨大損失を計上したのである。このような投機損失など前代未聞である。


迫る国債暴落…ルール変更で始まる海外マネーの売り浴びせ!景気下降、金融不安…ツケは国民、社会保障カット、生活苦…!


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語


sohnandae Twitter→復活Twitter

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します



関連記事
スポンサーサイト



[ 2015年04月30日 21:49 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

日々物語FC2

Author:日々物語FC2
日々物語

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR