FC2ブログ

ネット今日の物語

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
ネット今日の物語 TOP  >  政治 >  財閥が世論操作機関としての新聞テレビを制圧‥‥NHKの会長がなんと右翼的な財界出身者である。

財閥が世論操作機関としての新聞テレビを制圧‥‥NHKの会長がなんと右翼的な財界出身者である。

財閥が世論操作機関としての新聞テレビを制圧

公共放送であるNHKの会長が

なんと右翼的な財界出身者である。


NHKの報道も極まっている。

財閥の軍門に屈した日本の新聞テレビに対して

多くの市民は気付いていない。ここが怖いのだ。

何よりも、世論操作機関としての

新聞テレビを制圧してしまっている。

日本からジャーナリズムを奪い取ってしまっている。

民意を封じ込めてしまっている。

すなわち、民主主義を根こそぎ奪ってしまっている。


本澤二郎の「日本の風景」(1305)

<財閥とナショナリズム>2013/05/23より抜粋引用
…………………………………………………………………

<天下りで官界、金で政界・新聞テレビ>

三井・住友・三菱といった戦前からの旧財閥が
突出している日本財閥だが、それだけではない。

豊富な資金力で各国政府を買収する力を有している。

国内では、官僚の天下りで霞が関を抑え込んでいる。

政界は与党に限らない。
野党にも塩を送って、その影響力はただ事ではない。

何よりも、世論操作機関としての
新聞テレビを制圧してしまっている。

日本からジャーナリズムを奪い取ってしまっている。
民意を封じ込めてしまっている。

すなわち、民主主義を根こそぎ奪ってしまっている。

悲しいことは、このことに多くの市民は明瞭に認識していない。

新聞テレビのお陰である。

<産経論調は財閥の見解>

中国の日本研究者から
「日本の財閥はどこに向かっているのか」という質問をいただいた。

既に、その回答を示したつもりだが、具体的事例として
「産経新聞を見れば判明する」ともアドバイス 出来るだろう。

産経は当初は、ごく普通の商業新聞だった。
しかし、経営難に陥ってしまった。
そこに財界・財閥が公然と乗り込んできた。

まともな記者をはじき出して、
財閥主導の紙面を提供するようになっ た。

反共新聞である。これが財閥の本音なのである。
反共新聞にこそ財閥の意思がある。
必然的にワシントン右派の手先になり下がる。
リベラルとも敵対する。

この特異な新聞が、大きく人気を博すことはない。
しかし、そのスポンサーのお陰でフジテレビを傘下に置いた。

この産経路線を読売新聞・日本テレビが追随した。
同時に、財閥新聞ともいえる日本経済新聞・テレビ東京も。

公共放送であるNHKの会長が、なんと右翼的な財界出身者である。

NHKの報道も極まっている。
財閥の軍門に屈した日本の新聞テレビに対して、
多くの市民は気付いていない。ここが怖いのだ。

毎日・TBS、朝日新聞・テレビ朝日も揺らいでいる。

ややまともな新聞が東京新聞だ。

夕刊紙の日刊ゲンダイは、
ジャーナリズムの精神を彷彿とさせる紙面を貫いている。

「新聞が権力に屈したら日本の民主主義は崩壊する」

と予言していた宇都宮の懸念が、
財閥主導の下で、いま本格化している。

2013年5月23日7時35分記
本澤二郎の「日本の風景」(1305)より
http://blog.livedoor.jp/jlj001/lite/archives/52033444.html


この世はウソでできている 池田清彦/著【健康、安全、環境のため】大義名分を掲げて人びとを

情けない民族になりはてた日本人!! 【繰り返しウソをつかれても、偉い人なら信頼する】



新聞・テレビは「データ」でウソをつく「武田 邦彦著」 政府とメディアのデータ・トリックを見破る方法 今日の物語/ウェブリブログ


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年05月31日 18:18 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ネット今日の物語

Author:ネット今日の物語
日々物語

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR