FC2ブログ

日々物語fc2

反戦、反核。健康情報。日本が善き国になりますように
日々物語fc2 TOP  >  政治 >  米軍が日本を守るは幻想!自衛隊に最前線をおっつけて、米軍は極東から撤退!トーマス司令官・米第7艦隊

米軍が日本を守るは幻想!自衛隊に最前線をおっつけて、米軍は極東から撤退!トーマス司令官・米第7艦隊

米軍が日本を守るは幻想!

自衛隊に最前線をおっつけて、

米軍は極東から撤退!

トーマス司令官・米海軍第7艦隊

安倍は中国敵視政策…

「中国AIISインフラ投資銀行」

参加見送り!経済と防衛の危機!


第7艦隊 (アメリカ軍) - Wikipedia


軍事費の削減が続くアメリカにおいて、

中東やウクライナよりも

緊急度の低い対中国戦略に

多くの予算が投じられる

可能性は決して高くないからだ。

自衛隊に最前線をおっつけて、

太平洋の東方へ“戦略的後退”を

していくシナリオも浮上するでしょう。

アウトレンジに撤退して無駄な

損害を避けるのは米軍の基本ですから。

今年1月末の米海軍第7艦隊の

トーマス司令官がロイター通信に

語ったコメントが以下だ。

将来的に自衛隊が南シナ海で

活動することは理にかなっている。

南シナ海の同盟国、盟友国は

ますます日本に期待するようになるだろう。

⇒例え、日本国内に戦闘があったとしても

米国は時の政治状況で、日本を守るも幻想だろう。

全文は下記に…




ブログランキング・にほんブログ村へ

米海軍幹部、自衛隊に中国・南シナ海での軍事作戦要請!自衛権以上の役割を…報道ステーション/安保法制で広がる米軍と共同作戦!さらに共同作戦要請の理由に、アメリカの懐事情と、国の予算が厳しくなっているのでアメリカが頼れる強力な同盟国が必要だ!とも。





宮崎駿、軍事力で中国の膨張を止めることは不可能!そのために平和憲法を作ったのだと思う!名言です…!憲法解釈を変えた偉大な男として、歴史に名前を残したいのだと思うが、愚劣なことだ…!




日米軍産複合体が、戦争で食っていくために、中国脅威論という物語が必要なのだ!戦争で食べていく国への堕落!戦争で食べていく国への堕落!兵頭正俊氏…安倍訪米、新日米ガイドライン!

自衛隊が目指すべきは「ジャストピース」国内外の防災復興協力での貢献を!専守防衛と災害救助…自衛隊の基地を拠点に!戦争加担じゃなく…

不戦の外交こそ国防、国益!安倍にはそれがない…集団的自衛権/攻撃したら、原発列島に倍返し、日本消滅!

950兆円規模の「AIIB創設メンバー」日本は放棄!安倍の幼稚さバカさ極まる!中国も、日本経済界も疑問視! 安倍は米国に同調、弱まる米の影響力…国益など考えない安倍政権。ただ米戦争屋のポチ…!


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

米軍が極東から戦略的後退、

中国の急速な軍拡に晒される自衛隊は?


週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

米軍が極東から戦略的後退、中国の急速な軍拡に晒される自衛隊は?

[2015年04月01日]

昨年、アメリカで1本の軍事レポートが発表された。

米海軍の対中国戦略について警鐘を鳴らすこの報告は、米国防省関係筋で大きな話題となった。

そのレポート名は『COMMANDING THE SEAS』。ワシントンの国防系シンクタンク「CSBA」の上席研究員、ブライアン・クラーク氏が執筆。急速な軍備拡張を行なう中国に対抗して、米海軍もミサイル迎撃システムを強化すべしと提言したものだ。

もしこの宣言どおりにいけば、自衛隊はこれまでどおり米海軍を頼ることができる。しかし、現実はそう甘くない。

軍事費の削減が続くアメリカにおいて、中東やウクライナよりも緊急度の低い対中国戦略に多くの予算が投じられる可能性は決して高くないからだ。

実際、イスラム国やロシアの脅威に手いっぱいのアメリカは「日本の自衛隊に期待する」と米海軍艦隊司令官が発言するなど引き気味…。(関連記事はこちら→http://wpb.shueisha.co.jp/2015/03/25/45567/)

在米の国防戦略コンサルタント・北村淳氏が指摘する。

「現状のまま中国側の戦力がさらに増大し、日米艦隊を凌駕(りょうが)していった場合、自衛隊に最前線をおっつけて、太平洋の東方へ“戦略的後退”をしていくシナリオも浮上するでしょう。アウトレンジに撤退して無駄な損害を避けるのは米軍の基本ですから」

前述した、今年1月末の米海軍第7艦隊のトーマス司令官がロイター通信に語ったコメントが以下だ。

「将来的に自衛隊が南シナ海で活動することは理にかなっている。南シナ海の同盟国、盟友国はますます日本に期待するようになるだろう」

すでに米軍の“戦略的後退”が始まっている…というのは、考えすぎともいえないはず。軍事ジャーナリストの古是三春(ふるぜみつはる)氏が語る。

「戦略というのは双方の戦力バランスで決まります。アメリカが『下がる』以上、勢いに乗る中国が『出る』のは必然。日本はそう覚悟すべきです。中国のミサイル戦力は、もう“ゲーム”を始められるほどに充実していますから」

ミサイルの雨あられが降り注ぐ対中最前線に自衛隊が取り残される——。考えたくはないが、仮にそんな状況下で日中間に不測の事態が生じたら?

その場合、自衛隊が最前線の“消耗部隊”となり、そこを中国軍が突破した後、初めて米軍が登場…ということが想定される。当然、自衛隊の被害は甚大だ。そう考えると、もし自衛隊が“矢面”に立たされるのなら現状の装備のままでは明らかに無理がある。

「まずは800基ほどのトマホークミサイルを手に入れて、海自艦艇に搭載。対艦・対地攻撃能力をつけ、中国側が『反撃を恐れて攻撃を躊躇(ちゅうちょ)する』という状況をつくらなければなりません。

さらに、日本列島各地に地上発射型長距離巡航ミサイル部隊を分散配置し中国を攻撃するというオプションも持つ必要があるでしょう。

米軍の持つトマホークの射程では日本本土から北京や広東を攻撃することはできない。中国側がこのレベルのミサイルを保有する以上、戦略的には同等のミサイルを開発するしかありません」(前出・北村氏)

中国は今年度も国防予算を10%増やし、ゴリ押しの海洋戦略を続ける。たとえミサイル攻撃が実際に行なわれなくとも相対的に日米同盟の力が下がれば、どんどん東側へ支配海域を広げていく。

するとますます米軍は後退し、いつの間にか日本列島は中国海軍の勢力圏内にスッポリ収まる——。そんなシナリオは十分に考えられるのだ。

「中国の支配層——共産党と軍の高級官僚集団及びそこに癒着する超富裕層は、国内外からブレーキがかからない限り、権益を得られる海域、領域の拡大に走り続ける。

アメリカがバックにいるから日本は安全だという理屈は、日米同盟の力が盛り返してこない限り意味を持ちません」(前出・古是氏)
日本列島は今さら中国という存在から逃れることはできない。
(取材・文/小峯隆生)

週プレNEWSより
http://wpb.shueisha.co.jp/2015/04/01/45828/


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

安倍首相にとって、自衛隊は私兵、税金は私有財産という感覚なのだろう!国民は“わが軍”の奴隷か召使い! 民主主義国の宰相の資格など欠片もない!

集団的自衛権を認めると、米国からの派兵要求は断れない!自衛隊員に多数の死者=徴兵制度/元防衛官僚


安倍晋三、徴兵制度の復活は【私の歴史的使命】2013年8月13日、後援会主催会合 /あなたの子、孫が安倍軍隊!

中国と日本と韓国を絶対に団結させない勢力がある=イルミナティ!明治維新とザビエル布教と安倍晋三の闇!日本は最終破壊目標/明治維新というのは完全なフリーメーソン革命!ザビエルの布教以来…安倍晋三らも徹底利用さてている!日本人が知らない「人類支配者」の正体~船井幸雄・太田龍


一発も弾を撃たず、一人も殺さない!これこそが戦後70年かけて築いてきた日本ブランドなのだ! 『亡国の集団的自衛権』柳澤協二・元防衛官僚が、安保政策を徹底批判!

エドワード・スノーデンは、イスラム国ISISの指導者バグダディは、モサドとCIAとMI6が育てたと暴露!アルカイダも米国が作ったとヒラリー・クリントンが暴露!米英イスラエル、ユダヤ国際金融!安倍晋三、日本官僚はロボット!

アメリカは、ISISの敗北地域に武器を支援!イラン外務次官/テロを金儲けの道具、米国のダブルスタンダード!


日本経済・防衛の危機!加と豪も「 AIIB・ 中国投資銀」参加へ稚拙すぎる安倍外交で、世界から日本孤立!天木直人氏、日刊ゲンダイ

原発核地雷配備の日本で、米国の戦争加担!安倍政権が続けば、日本は滅亡する!反撃テロと原発核地雷/ 原発テロ攻撃のリスクは、ミサイル等による直接的な破壊だけでなく、電源や冷却水供給が「原因不明で停止」

2015年に大地震は発生する!当たる予言者・科学者たちの見解を一挙紹介!富士山大噴火も…!日本列島大地動乱、関東大地震、東南海、富士山、桜島など!千年前の平安の地震、噴火大災害に似ている!


sohnandae Twitter→復活Twitter

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015年09月29日 16:05 ] カテゴリ:政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

日々物語FC2

Author:日々物語FC2
日々物語

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR